【無料配信♪】Renta !全タテコミ作品第1話

家中の壁または天井に、スピーカーを設置し、
1つのコントロールアンプ(または1台のパソコン)から、
すべて同時に音を流したいです(24時間)

家中となると距離は相当ありますが、
しかしスピーカーとアンプ(またはパソコン)との距離は
長い配線を天井に這わせれば全く問題になりませんよね?
AVスピーカーの配線は細く、しかも数十メートルの長さのものが千円くらいで市販されているし、
それを配線が露出した状態で天井に這わせることは100円均一の留め具で簡単にできます
また下記商品のようにスピーカーをモノラルサウンドで7台も接続できるAVアンプも中古で8千円くらいで市販されています。
https://www.amazon.co.jp/ONKYO-AVセンター-シルバー-TX-SA606X-S/dp/B001896G9G
ですから一見難しいようで、理論上、簡単にできるはずなのです。

どう思われますか、
またお勧めの機材や構成などございましたら、
お知恵をお貸しいただけないでしょうか。

仕方のない事情があるのです。

質問者からの補足コメント

  • うーん・・・

    スピーカー台数は多ければ多いほどよいです
    7チャンネルというのは7台スピーカーつけられるということを意味しますか
    HDMI機能付きAVレシーバーの意味がよくわかりません。
    パソコン側のHDMI出力から音を受け取って、それをレシーバーが家中の各スピーカーに流すことができるということでしょうか

      補足日時:2018/04/24 10:05

A 回答 (5件)

線を張り巡らせるということに関しては、2本の線にそれぞれのスピーカーを取り付ければよいだけなので、最低限に抑えることができると思われます。

 
http://download.yamaha.com/api/asset/file/?langu …
音質については、低音はあまり出ないと思いますが。 いわゆるPAシステムと考えてよいと思いますが、許容範囲だとは思いますが、要求事項って人それぞれですから、納得いくかどうかはわかりません。

スピーカーに関しては、
BOSEのほうは、リンクがうまくついていないので見れません。
YAMAHAのほうは、公称インピーダンス:6Ωとなっていますので、これはハイインピーダンスではないですね。

https://www.soundhouse.co.jp/products/detail/ite …
ハイインピーダンス対応の場合は、こんな感じで書いてあります。
100Vライン:330Ω(30W)、670Ω(15W)、1.3kΩ(7.5W)

安いものでしたら、このあたりかな?
https://www.soundhouse.co.jp/products/detail/ite …

アンプは、このあたりで行けると思いますが、音源のミキシングについては、いまいちわかりません。
https://www.soundhouse.co.jp/products/detail/ite …
ステレオ音源をモノラルにミキシングできるようですが、バランスのコントローラーらしきものが見当たりませんので、右左のバランスが崩れているような音源の場合、理想の環境を作り出すために、場合によっては、別途ミキサーが必要になるかもしれません。

まあ、ハイインピーダンスじゃなければ、もっとフレキシブルな機器選定もできるでしょうけど、一応、提示した商品は(アンプもスピーカーも)ローでも使えないことはない物のようです。 居宅のような複雑な構造の施設内のスピーカー類の設置調整は結構シビアなものがあると思いますが、そこまでこだわりを持たなければハイでも行けるんじゃないかと思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

何度もお時間を割いていただき、すみません。
有益なご回答をありがとうございます。

<質問1>
お示しのYAMAHA/MA2030a はコンピュータ上でどう操作するのか、
付属ソフトなどあるのでしょうか?
有線LAN端子があることから、おそらくスイッチングハブ経由でパソコンとLAN接続し
コンピューター上でその時に再生されている音が、そのままアンプを介してスピーカに伝わるということでしょうか。それともコンピュータ上でソフトウェアを立ち上げ、そのソフトがPC内のハードディスクやSDの音楽データを読み込むということでしょうか?前者の場合、WZ-608にあるようなプログラム機能はWA-HA031でもPCのタスクマネージャなどで実現可能と考えてよいでしょうか?
PANASONIC/ プログラムコントローラーWZ-608
https://sol.panasonic.biz/sound/gyoumu/alu-proco …

<質問2>
YAMAHA / MA2030a 、PANASONIC/ WA-HA031 とTOA/ A-5006 の3商品の値段がかけ離れているのは、定格出力ワット数の違いや堅牢性、コンピュータソフトウェアの有無によるものなのでしょうか?
WA-HA031
https://sol.panasonic.biz/sound/gyoumu/amp/wa-ha …
TOA/ A-5006 
https://www.toa.co.jp/products/prosound/amplifie …

お礼日時:2018/04/25 13:01

<1> 安いものを探しただけですので、仕様等は詳しく見ておりませんが、ただのアンプであると思われます。

 再生機能はなさそうですので、パソコンを音源とされたいのであれば、ヘッドホン端子をRCAに変換、外付けのDACを使う、サウンドカードを導入するなどいくつかの方法があると思います。 LAN端子についてもよくわかりません。 パソコン側のソフトの操作はできないと思いますよ。 というか、パソコンのウェブ画面か、もしくは特定ソフトからアクセスするためのものと想像します。 私は、この機器を所有しておりませんのであまり詳しいことはわかりません。 ネットでお調べになるかメーカーか販社にお問い合わせください。

<2> 付加機能及び、メーカーの違いによるものだと思います。 耐久性等についてもよくわかりません。 一般的な印象としては、TOAの業務用のPAアンプは、昔は20年くらい平気で動き続けるものが多かったですが、最近はそうでもないような気配もあります。 ダウンすることが許されないシステムが必要なら、冗長化、および保守体制でカバーしてください。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます、たいへん参考になりました。
有益な情報提供に感謝しております

お礼日時:2018/04/25 14:06

直前の質問では音楽を鳴らしたいとの仰せでした。


ところが今回は人の声?ちぐはぐな質問ですね。
「録音された人間の会話、音声を家中(1階と2階)に24時間再生させたい」
とは何の目的でそのようなことをしたいのか見当が付きません。
しかも会話内容を忠実に聴きとる必要がある?
ボイスレコーダーとイヤホンで事足りるのではないですか?

現実問題として
複数以上のスピーカーを不定間隔で設置し同時に同じ音を出した場合、
音の到達速度の違いにより混濁し不明瞭になります。
部屋や廊下の反射、残響も加わりますので会話内容を忠実に聴きとることは不可能になります。
これはスピーカー台数が増えれば増えるほど顕著になります。

ケーブルの長ささえ確保すればよいとの考えているようですが
ケーブルが長くなると抵抗成分や静電容量が無視できなくなるので音にも影響してきます。
オーディオ用アンプはそこまで長いケーブルの使用は考慮されていないので
音が悪くなるばかりかアンプの動作安定性にも影響が出ます。

あなたが候補に挙げたのはTX-SA606X-Sは準然たるAVアンプです。
このアンプにモノラル7ch出力機能があるとはどこからの情報ですか?
メーカーサイトにはそのような付帯機能があるとは記載されていません。
そうであるとするなら根拠の提示をお願いします。
TX-SA606X-Sは2008年発売なので既に10年経過しています。
出音の明瞭度を気にするならば劣化の進んだ中古機は選択から外すべきです。

~どう思われますか?~
荒唐無稽なプランなので考え直したほうが良いです。
先に書いたようにその方法でリスニングをやらなければならない理由が全く不明。
しかも家じゅうで24時間?同居家族にとっては迷惑な話ですね。
リスニングならばボイスレコーダー(スマホ)とイヤホンで必要十分です。

あなたの貼ったアマゾンのURLはすべて「入力したURLが当サイトのページと一致しません」と表示されます。
URLを貼るならば正確な物をお願いします。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

そう感情的になる必要もないでしょう。
見ず知らずの貴方に、いちいち事情と目的を説明しなければいけない理由とは何でしょうか。

お礼日時:2018/04/25 12:39

ラトックシステムから「複数台で同期できるミュージックレシーバー」が販売されていました。

これにアクティブスピーカでも接続すれば…。
http://www.ratocaudiolab.com/product/legacy/rex_ …

ただし、現在は生産終了のようです。どこかに在庫が無いか、探してみてはどうでしょう。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

情報提供ありがとうございます、
無線やblootoothは一切使用せずに、天井に有線をはりめぐらせて解決したいです
(天井の中ではなく、コードを露出させて張り付ける)

お礼日時:2018/04/24 12:13

音質にこだわりがないのであればPA用などに使われるハイインピーダンスアンプをモノラルで使えばよいのでは?


何カ所もスピーカー設置するなら、ステレオ効果は期待できませんしね。
https://www.soundhouse.co.jp/search/index?i_type …
https://www.soundhouse.co.jp/search/index/?x=0&y …
    • good
    • 1
この回答へのお礼

有益な情報をありがとうございます
ハイインピーダンスってそんなに音質悪いでしょうか?
私は録音された人間の会話、音声を家中(1階と2階)に24時間再生させたいのです。
音楽の鑑賞を目的としたものではありません。ただ、会話内容を注意深く耳を傾ける必要があるため、
一昔前のラジオみたいな、
あまりにも音質悪いものであればちょっと考えます。

いろいろ調べておりますが、
スピーカーとの具体的接続方法がよくわかりません。
並列接続するというのは分かりますが、
どのコードを使ってアンプ側と接続し、増設の際はどうコードとコードを接続するか、
そしてアンプとパソコンはどう接続できるのか等。


スピーカーはこういうのでもよいのでしょうか。
https://www.amazon.co.jp/Bose-surface-mount-loud …壁掛けブラケット付属-DS40SEB/dp/B004FPMU2M/ref=sr_1_1?s=electronics&ie=UTF8&qid=1524534292&sr=1-1&keywords=DS40SEB-CMB

こちらはなぜ2台あるのでしょうか、ステレオ(ローいんぴーダンス)用ということでしょうか。
それともモノラルステレオ2台分ということでしょうか。
https://www.soundhouse.co.jp/products/detail/ite …

ありがとうございました。

お礼日時:2018/04/24 12:11

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qミニコンポに複数のスピーカーを接続したいのですが…。

市販されているミニコンポに、さらに右左一つずつスピーカーを増やしたいのですが、その安全な接続方法を知っている方、教えて頂けないでしょうか?
 友達は、スピーカーと本体(アンプ?って言うのですかね…)をつなぐ配線を、アンプのその差込口に複数本、無理やり突っ込んで、左右3個づつスピーカーを使用していますが、何か危なっかしくてマネできません。また、以前、アンプとスピーカーのインピーダンスの大小関係で、どちらかが大きいとアンプに負担がいくという話も聞いています。ここらへんのことも踏まえて、良いアイデアをお持ちの方、ぜひ意見を聞かせて頂けたら幸いです。

Aベストアンサー

一般的に、アンプの定格よりも小さなインピーダンスのスピーカーを接続すると、アンプに過負荷がかかると言われています。
インピーダンスが1/2倍になると、アンプの出力は2倍になり、それだけ負担がかかります。したがって、アンプの定格よりも大きなインピーダンスのスピーカーを繋いでもまず問題ありません(真空管式などは除く)。
アンプは、定格インピーダンスのスピーカーに対し、最高出力で運転しても壊れないように設計してあります。つまり定格よりも小さいスピーカーを使用すると、最高出力時に設計よりも大きな電流が流れ、故障の原因となるのです。
ですから、安全策をとるのであればスピーカーを直列に繋ぐのが良いかと思われます。ただ、そんなに大きな音量で使うことがないのであれば、並列にしても問題ないかと思われます。

Q一つのアンプに四つのスピーカーを接続する方法

家にスピーカーが余っていたので、多重にスピーカーを接続しようと思うのですが接続する方法が分かりません。
スピーカーは全て6Ωです。
(片方のスピーカーにはライン?接続がひとつあり、その接続が8Ω 多分サラウンド用の端子です)
そしてアンプが6~8Ωと書いてあります。
接続する方法を教えて下さい。
回答お願いします!

Aベストアンサー

はじめまして♪

お気持ちはお察ししますが、事実上でムリです。

スピーカー4台が全く同じ機種で有るのならば、直列接続という方法が可能に成ります。
基本的に前の回答者様がおっしゃる事で、大筋正解ですが、直列時に関しては問題有りません。

真空管アンプや特殊な出力回路の場合は適正インピーダンス範囲内に収める必用が有りますが、一般的な半導体アンプの場合、対応インピーダンス値よりも高いインピーダンスに成った場合、得られる出力量が減るだけで、回路的には問題が有りません。
*ただし、極端な場合はボリュームを目一杯上げても充分な出力が得られず、電流量は少ないが電圧値でアンプ能力を超えた動作を強いると、アンプを壊す可能性は出て来ます。

直列接続する場合、相互のスピーカー固有特性が影響を与えますので、音質無視なら別ですが、一般的には「全く同じ物」の場合だけ、直列接続を可能とします。

まぁ、実験的に試すのであれば悪くは無いので、実際に試してみて下さい。
具体的な直列接続は、、、
アンプの+端子からスピーカAの+端子へ、スピーカーAのー端子からスピーカーBの+端子へ、スピーカーBのー端子からアンプのー端子へ。
という流れに成ります。

スピーカーが2ペアと言う場合、右の音にスピーカーAのペア、左の音にスピーカーBのペア、とすればアンプ側から見た場合は安定しますが左右の音が違って来ます。
そこで、上記のようにA/Bを左右に振り分けますと、スピーカー固有の特性が相互に影響し、アンプから見た場合は問題有りませんが音的には両方の弱点を強調した様な状況に成りがちなので、これもあまり好ましくは有りませんね。

インピーダンスが低いと、同じ電圧信号でも多くの電流を流します、アンプには適正出力範囲が有って、それを超えた動作は過電流により破損しますから、最低インピーダンス値を大きく下回る接続方法は厳禁です。(ショートしちゃうと0Ωですね。)
コレに対して、インピーダンス値が高い場合は電流が流れにくく成り、最大出力値が低く成ってしまいます。
単純に、インピーダンス値が2倍に成れば出力ワット数は半分と考えて下さい。
(理論値では、コレで正解。ただし現実は色々なロスや制約等も有るので、多少誤差はあります。概算としては理論計算値でモンダイは無いでしょう。)
例:50W/8Ωの場合、27W/16Ωと言う具合です。

なお、違うスピーカーの場合、スピーカーの「能率差」というものがあって、同じ電力信号でも実際の音量は大きく違う場合が有ります。
簡単な実験として、片方のスピーカーを繋ぎ変えてみれば、左右の音質差もさることながら、音量差が大きく違ってくる事も有りますので、まずは試してみるのが良いでしょう。

並列接続ですと同じ様な音量って感じていてもアンプ出力は2倍程度以上出ている事に成り、ちょっと音量を高めたらアンプ能力を超えてしまう、という危険性が出て来ます。
国産の有名機種であれば「過電流」を検出して「保護回路」が出力を遮断、これにより事故を防ぐのですが、運がワルイと保護回路が動作したけど一瞬遅く、アンプ回路が焼け飛んだ、なんて事もあり得ます。(並列接続では有りませんでしたが、同じ様な原理で100W+100Wのアンプを飛ばした経験が有ります、しかも購入して数ヶ月、、目の前真っ暗でした、、、、私の様な悲しい事態だけは避けるようにしましょう。)

実用面は無理でも、どんな音が得られるか。直列接続だけで試して下さい。
(アンプパワーは半減するので、音量的に充分な範囲で使えるかどうか、という点も試してみないと判りませんからね♪)

はじめまして♪

お気持ちはお察ししますが、事実上でムリです。

スピーカー4台が全く同じ機種で有るのならば、直列接続という方法が可能に成ります。
基本的に前の回答者様がおっしゃる事で、大筋正解ですが、直列時に関しては問題有りません。

真空管アンプや特殊な出力回路の場合は適正インピーダンス範囲内に収める必用が有りますが、一般的な半導体アンプの場合、対応インピーダンス値よりも高いインピーダンスに成った場合、得られる出力量が減るだけで、回路的には問題が有りません。
*ただし、極端な場...続きを読む


人気Q&Aランキング