アレルギー対策、自宅でできる効果的な方法とは?

DIATONEのスピーカー DS-66シリーズかDS-77シリーズの中古購入を考えている者です。

なかなかコストパフォーマンスで定評のある機種のようですが、ジャズ・クラシックを中心に幅広いジャンルを再生するのに向いていますか?

また、ある程度の能率のあるスピーカーですが、持っているアンプ(と言っても、どちらかというと高級指向のアンプ内蔵プレーヤー R-K711)が片側30W程度のアンプなので大きなウーファーをちゃんと駆動することができるのでしょうか?

もし、かなり困難なことであるならば、同じくらいの中古相場のスピーカーも教えていただけると幸いです。

よろしくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (7件)

ダイヤは37、57、66、77、200、300、500、1000、2000と合わせて10セット以上使いました。



ます、ジャズ・クラシックについてですが、正直荷が重いです。
これは向き不向きの問題ではなくコストの問題で、コストを無視すればジャズ、クラシックも聴けるオールマイティーに良いスピーカーだったといえます。
とはいえ、80年代のスピーカーは辞めたほうが懸命です。
殆どを友人に譲りましたが80年代で壊れていないのは2000だけです。使用頻度もあるとおもいますが何時壊れてもおかしくないといえます。調子が落ちて売り払われたものが中古市場で流れているケースも多いとおもいます。

片側30Wのアンプで大きなウーファーを駆動できるかですが、KENWOODのアンプは何故か価格を超えるものがあります。力不足かと言われれば力不足ですが、どんなスピーカーでも10万のアンプより20万がよいですし、50万ではもっと良くなります。スピーカーがクラスアップすれば再現性は高くなりますので、不満に感じてから買い換えれば良いとおもいます。ただし、ダイヤの3WAYは他メーカーのスピーカーと比べると低音が弱くトップエンドアンプでもその比は変わりません。(音がでてきないわけではありませんので音圧の強い楽器が苦手という方が正しいとおもいます。)iPodしか持っていないネーちゃんが弱いといいますから現代的なバランスではないとおもってください。

同価格の中古相場スピーカーとなると1~3万位でしょうか?
ダイヤでいえば90年代の2WAY、DS-200Zシリーズや500Nがお薦めです。
6、7シリーズと比べると定価が安いので不安におもうかもしれませんが、ユニットが1つ少なくボディも小さいのでコストクラスは変わりません。500Nでは6、7シリーズよりも高コストでしょう。
聞き比べると解像度は3WAYに劣りますが、2WAYの一体感は3WAYにはありません。私は6、7シリーズよりも200~500シリーズを高く評価しています。
    • good
    • 3
この回答へのお礼

詳細な回答ありがとうございます。

オーディオ機器の中では比較的壊れにくいといわれている、スピーカーでも、20年近く経てば、かなり劣化するものなのですよね・・・。

能率の良いスピーカーですが、30Wで音圧があまり出ないとなると、コントラバスのような音を豊かに響かせるのは難しいのですね。

90年代のものも探してみますね! ありがとうございました。

お礼日時:2008/06/22 12:24

DS-77Zを中古で購入して現在使用していますが、駆動力のあるアンプでないと鳴らすのは難しいと思います。



発売当時1本59,800円だった(と思う)ので、これに合わせるアンプは79,800~99,800円の価格帯のものが一般的でしたが、このクラスのアンプではまともに鳴らすことができたものは、ほとんどなかったと思います。
私も試行錯誤した結果、ONKYOのセパレートを中古で購入して、それに落ち着いています。
ちなみに定価10万円弱のAVアンプに繋いだことがありましたが、酷くショボかったです。

お手持ちのアンプでは厳しいような気がしますし、なにせ20年前の製品で経年劣化も避けられないと思いますので、もう少し新しめの別のスピーカーを選んだ方がいいような気がします。
    • good
    • 4
この回答へのお礼

返信ありがとうございます。

密閉型、大箱、大型ウーファーと三拍子そろったスピーカーを鳴らすのは並大抵の駆動力では困難なのですよね・・・。

勉強になりました。

お礼日時:2008/06/16 22:49

以前DS-77Zを所有していました。

はっきり言って鳴らすのが非常に難しいスピーカーです。

こう言っては失礼ですが、R-K711程度で鳴らしきれるものではないと思います。
このスピーカーはウーファーユニットが非常に重いそうで、並みのアンプではユニットを制動出来ず、締まりのない音になってしまいます。
アンプの出力うんぬんより、ダンピングファクターの高いアンプが必要です。私は20万円クラスのプリメインにつないでいましたが、そのアンプですらDS-77Zを鳴らしきっていたとは言えない状態でした。結局1年半で手放してしまいました。

またこのスピーカーで採用していたユニットは痛んでいるものが多いので注意が必要です。
R-K711でも鳴らしやすいスピーカーはもっと他にあると思いますよ。
    • good
    • 7
この回答へのお礼

返信ありがとうございます。

>R-K711程度で鳴らしきれるものではないと思います。

ズバリ仰ってくださいましたね。(笑)
やはりコストパフォーマンスが高く、レベルの高いスピーカーですからそれなりのアンプが必要なのですね。単に出力ワット数だけでなく、内部構造もしっかりしたものでないといけないんですね。
勉強になりました。

お礼日時:2008/06/16 22:47

DIATONEの中古購入はやめておいた方が得策です。



まず、片側30W程度のアンプでは大きな口径のウーファーを搭載した密閉型のDIATONEのスピーカーは鳴らしきれません。大パワーを放り込んで大音量で鳴らさないと低音はまったく出ません。

そして、良くも悪くもDIATONEのサウンドは個性的です。今のONKYOやDENONのスピーカーの音とはまったく異なる、いわば聴き手に緊張感を強いる厳しい音です。そこが昔のオーディオファンにとっては「しっかり対峙して聴く価値がある」という感じで、評判だったのです。試聴の出来ない中古品に手を出すのは、結果的にカネをドブに捨てることになるかもしれません。

最後に、DIATONEはすでに過去のブランドです。経年劣化は避けられません。私も何回か使ったことがありますが、10年程度でウーファーがヘタった例もありました。試聴が可能でアフターサービスも受けられる現行モデルの新品の導入をオススメします。
    • good
    • 5
この回答へのお礼

返信ありがとうございます。

やっぱ30Wには無理がありますよね。。。

別の機種ですが、AV向けのDIATONEのスピーカーを試聴したら、個人的には低音から高音までバランス良くでていて、すべての楽器がしっかりと存在しているような気がしたのですが、やはりちょっと特異なところがあるのですね。

お礼日時:2008/06/16 22:45

部屋のスペース上77が無理で66Zを発売していた頃に買いました。


30Wでも鳴りますが力不足にはなります。
たとえ30Wでも電源が強力で駆動が高ければ問題は無いと思います。
ただ、アンプが高級志向だからと言うだけでは上手く慣らせないアンプもあるでしょう。

ジャズやクラシックもいけますがアンプ次第でかなり良いところまでは出ると思います。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

返信ありがとうございます。

R-K711にはTAPE出力端子があるので、そこから別アンプに出力したりもできるようなので、中古で大容量なアンプを購入するという手もアリなんですねぇ~。

お礼日時:2008/06/16 22:41

DS-77Zは、現在リビングに置いて使っていますが、あまりお勧めはしません。



理由は、単純に、古いからです。

わが家のものは、スピーカーターミナルのプラスチックが経年劣化でボロボロになって、使い物にならなくなりました。また、内部のパーツ(電解コンデンサ)が完全に劣化して、およそ考えられないような特性になっていました(いずれも代替部品で修理しました)。

ターミナルの方は、丁寧に扱われていたものであれば問題ない場合も多いと思いますが、コンデンサは劣化していると見て間違いありません(電解コンデンサというものの特質上、劣化は避けられません。製造から20年近く経っているので、ほぼ間違いありません)。

もちろん、すでに劣化した後の音しか知らなければ「こんなもんか」と思うかも知れませんが、レストアすると見違えるほど良くなるのを知っている以上、お勧めすることはできません(あなたがレストアする知識と経験をお持ちなら、良いと思いますが)。中古で探すなら、せめて21世紀の製品にするべきです。前世紀のオーディオ機器は、すでに大きく劣化しているものがほとんどです。
    • good
    • 3
この回答へのお礼

返信ありがとうございます。
やはりネットワーク系の劣化は避けて通れないのですね・・・。

最近のもので使えそうなのを探してみますね。

お礼日時:2008/06/16 22:39

DS-77Z、DS-77ZX、DS-77ZA がオススメです。


66シリーズは77の廉価版ですが、製品のつくりが違います。

ONKYOの77シリーズとDIATONEの77シリーズはコストパフォーマンス抜群でした。
大型ブックシェルフなので置き場とスピーカー台に気を使いましょう。

ジャズでもクラシックでもそれなりに鳴ってくれるでしょう。
もっとも合うのはポップス、ロックだと思いますが。

R-K711はちょっと非力ですが、とりあえず鳴らせます。
低音の出方が物足りなかったらアンプ交換を考えればいいでしょう。
    • good
    • 3
この回答へのお礼

ご返信ありがとうございます。

とりあえず普通に鳴らすことは可能なのですね。いろいろと中古販売店をあたってみます。

お礼日時:2008/06/15 19:51

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

QDIATONEのウーファーが硬い

この度視聴を重ね、DS-V3000を中古で購入しました。
視聴した時にはヴァイオリンの音が本当に生音のように聞こえ、心臓を打ち抜かれた程衝撃を受けました。
ただし、DIATONEの特徴?問題であるウーファーのエッジが硬くなっており、低音が思ったように出ません。
ネットで検索するとアーマオールを塗るとやわらかくなり、低音が出るようになるとか、
薬品を塗ると音が変わるから止めたほうがいいとの文章も見かけどうしようか悩んでいます。
買った金額も決して安くはないので、こちらで質問させていただきました。

私の希望としてはもう少し低音が出せるようにしたいと思っていますが、エッジをやわらかくすれば低音が出るようになるでしょうか?
もしくは素人が触らない方がいいでしょうか?

私の環境は
CDプレーヤー Marantz SA-7S1
パワーアンプ Accuphase A-50
プリアンプ Accuphase C-275
TAOCのオーディオボードとスピーカーベースを使用してセッティングしてあります。

良きアドバイスをお願いします。

Aベストアンサー

低音不足の一因はウーハーエッジの硬化であることは間違いないので
取り合えず処置したいところですね。
DS-V3000のウーハーは
アラミド3軸織布にゴムコーティングという凝りまくったエッジを採用してました。
他社比同社比でも採算性が悪そうで贅沢なエッジと言えます。

アーマオールの他にクレポリメイトが候補に挙がってきます。
これらはプラスチック・ゴム製品の保護つや出し、ひび割れ・硬化防止目的で作られた商品です。
前述のごとくゴムコーティングされたエッジですから
下手な薬品よりははるかに安全で問題なく使えます。
ただしV3000ウーハーのエッジに弊害は無くとも効果があるかは分かりません。
私はDSー77Z、200ZXに使用しエッジの軟化を確認、
弊害もなく低音も出やすくなりました。

Q昔のスピーカーと現代のスピーカーの違いは

当方39歳です。中学から高校にかけてホームオーディオブームでした。
当時は1000M、GT2000、サエクC1、AU-D607X、NEC A-10、DS-3000、出たばっかりのソニーD-50、カセットのHF-PRO、MA-Rなどがブイブイいっていた時期でした。

最近、子供がレコード聞きたいと言い出したので、当時使っていたアンプDENON PMA-940とターンテーブルTechnics SL2000、A/T AT150Ea/Gを引っ張り出し、カルチャークラブのLPをかけたところスピーカーから出た音は最悪でした。

スピーカー以外の動作は確認しましたのでスピーカーに問題があるのは間違いありません。
「どうだい、レコードもいい音すんだろ?」
と言いたかった私の名誉挽回の為にスピーカーを買い換えることにしました。早速、当時の憧れだったYAMAHA NS1000Mをオクで探しましたが、未だにいい値段がするではありませんか!しかも、さすがに25年程前の機種です。現存しているものは大体がオーバーホールしなくてはならないそうです。

そこで質問なんですが、昨今の電気製品の進歩は目を見張るものがあります。NEC PC-98が50万円位したのに今では5万円位でデュアルコアのPCが組めます。当時の1000Mと同等の音を出せる機種(大きさは問いません)を教えて下さい。最後は自分の耳の判断なのは分かっていますが、機種選択の参考にしたいので宜しくお願いします。

当方39歳です。中学から高校にかけてホームオーディオブームでした。
当時は1000M、GT2000、サエクC1、AU-D607X、NEC A-10、DS-3000、出たばっかりのソニーD-50、カセットのHF-PRO、MA-Rなどがブイブイいっていた時期でした。

最近、子供がレコード聞きたいと言い出したので、当時使っていたアンプDENON PMA-940とターンテーブルTechnics SL2000、A/T AT150Ea/Gを引っ張り出し、カルチャークラブのLPをかけたところスピーカーから出た音は最悪でした。

スピーカー以外の動作は確認しましたのでスピーカー...続きを読む

Aベストアンサー

No.5です。なるほど、御事情はある程度つかめました。まず、何度も言いますけどNS-1000Mと同等の音はもちろん、ああいうタイプの音を出すスピーカーも存在しません。というのも、国内でスピーカーを作っていたメーカーやブランドが次々と無くなっているからです。DIATONEやCORALも消滅同様ですしね。YAMAHAもスピーカーはまだ作り続けていますが、NS-1000Mのような音のアプローチはしていません。

今ではまともに鳴るスピーカーを探そうとすると海外ブランドになります。ただし、海外製であるだけに国内製とは音の出方そのものが異なります。そのへんをどうスレ主さんが折り合いを付けるかですね。

それから、予算8万円ではNS-1000Mのような大型スピーカーは買えません。コンパクト型になってしまいます。
候補としてはKEFのiQ30
http://www.kef.jp/products/iq/iq30.html
ALR/JORDANのEntry M
http://www.imaico.co.jp/alr/entrym.htm
B&Wの685
http://www.bowers-wilkins.jp/display.aspx?infid=2301&sc=hf
JBLの4312MII
http://www.harman-japan.co.jp/product/jblhome/4312m2.html
。。。などが考えられます。

ただしこれらの製品は実売6万円ほどですから、残り2万円でスピーカースタンド(置き台)を調達されればよろしいです。 スタンドがないと上手く鳴りませんからね。

No.5です。なるほど、御事情はある程度つかめました。まず、何度も言いますけどNS-1000Mと同等の音はもちろん、ああいうタイプの音を出すスピーカーも存在しません。というのも、国内でスピーカーを作っていたメーカーやブランドが次々と無くなっているからです。DIATONEやCORALも消滅同様ですしね。YAMAHAもスピーカーはまだ作り続けていますが、NS-1000Mのような音のアプローチはしていません。

今ではまともに鳴るスピーカーを探そうとすると海外ブランドになります。ただし、海外製であるだけに国内製とは...続きを読む

Q80~90年代のアンプ名機は?

こんにちは。自分は今のオーディオのデザインがあまり好きではなくバブル期の黒を基調としたデザインの中古アンプを購入しようと検討しています。そこで80年から90年代初頭にかけてが国内オーディオメーカ最盛期だと思いますがその時代の各メーカのいわゆる名機と呼ばれているアンプを教えて下さい。できればその理由についても教えていただければ幸いです。

Aベストアンサー

自称オーディオマニアです

余りにも漠然としていますが、あくまでも私が所有しているか、聴き込んだ事のある物だけですが、「これは!」をあげておきます。
但し、何れも現在入手は困難で、一部は特注部品の入手すら不可能な物もあり、万一修理やメンテナンスにウン十万円と云うものもありますので、入手にはよほどの覚悟が必要です。
※機種名の後の( )内は販売年・当時の定価
【プリメインアンプ】 (1) SANSUI AU-X111 MOS VINTAGE(1985or6年・33万円)上位機種のX1111もありますが、跳んでもなく徹底的に回路や部品に凝った機で、クラシックからポップスまで「こんな音出すんだ!」と1聴で判る怪物機。後にこれを凌駕すると宣伝された2000台限定のAU-α907Limitedを新品で入手しましたが、X111には敵わないと思っています。
(2) NEC A-10(1983年10万円)この後TypeIVまで出ましたが、総合的にこのオリジナル機がベスト。なんと言ってもフロントフェースの美しさは1番。
(3) LUXMAN L-550XB(1984年27万円)メンテナンスや修理は比較的可能。
トランジスタで如何に球風の音を出すかにこだわった機種で、Xはかなり出回っているが、フロントフェースが黒のXBは超レア機種で、今まで1回しか見た事がない。LUXMANはこの550Xと最近のL-550Aしか持っていない。
【セパレート】 (1) 東芝Aurex SY-90Λ(失念しました)気が狂ったとしか思えない兎に角メーカーのメンツだけで販売した機種で、販売当時私も3台購入して1台は予備用もう1台は新品をばらして中の部品だけを取り出し、米国で売ったら販売価格の1.5倍で売れた。
そんな超高級部品特に(Λ=ラムダ)コンデンサは別格で、「他の柔なアンプに付け替えたら高級機の音がした」と云うもの。現在は修理に予備機の部品を取り尽くして部品探しをしても誰も譲ってもらえないので、今度壊れたら飾りとなりそう。
プリのSYにパワーのSC-90Λの組み合わせは、絶品ですが癖があるので賛否両論があるようです。
両機種とも完動品入手でもオリジナル部品での完全修理は諦めた方がいい。
(2) YAMAHA C2X(1986か7年20万円前後) シンプルで、これだけ小さい駆体に高性能MCイコライザーまで組み込んだ、私なりのヤマハの傑作プリアンプと思っています。
パワーの B2X(25~30万円) 背の低いプリに大きなパワーの組み合わせは、フルオーケストラを15インチのスピーカーで聴くと圧倒されます。現在も偶に灯を入れますが、その度に感激しています。

以上は全て独断と好き嫌い、国産に限りましたが海外製を含めるととんでも無い字数になるので・・・私自身は マランツ+タンノイ & McI+JBL(Lシリーズ)派です。
出来るだけご自身の耳で確かめてからにして下さい。
当時の機器は今の物に較べると、メーカーのこだわりと音質に結構癖があります。

自称オーディオマニアです

余りにも漠然としていますが、あくまでも私が所有しているか、聴き込んだ事のある物だけですが、「これは!」をあげておきます。
但し、何れも現在入手は困難で、一部は特注部品の入手すら不可能な物もあり、万一修理やメンテナンスにウン十万円と云うものもありますので、入手にはよほどの覚悟が必要です。
※機種名の後の( )内は販売年・当時の定価
【プリメインアンプ】 (1) SANSUI AU-X111 MOS VINTAGE(1985or6年・33万円)上位機種のX1111もありますが、跳んでもな...続きを読む

Qダイアトーンスピーカーの詳しい方

ダイアトーンDS-77HRを使用していましたが DS-800ZXに変更した所 
高音の綺麗さが甘くなり
中音ばかり出るようになり 女性ボーカルのピーク時の声が耳にキンときます。
DS-77HRはすごく綺麗な音してたのに DS-800ZXは、やっちまった!て、感じです
アンプは、マランツPM-80aを使用しています。
値段は同じ位のスピーカーで こうも音質が違うものなんですかね?
スピーカー ネットワーク すべて大丈夫です スピーカーのセッテイングも出来る限りのことをしています。
アンプのドライブ不足でしょうか? みなさん使用されているアンプはどの位の物(金額など)を使用していますか?
使用アンプでどのような音がでてますか

Aベストアンサー

No.3です。再度の投稿、失礼致します。

ZXシリーズがどうして中高域が耳障りになったかというと、たぶん前述のように無理にフラット方向に振ってはみたけれど、従来よりの音の硬さはそのまま放置されたため、チグハグな音になったのだと思います。

フラット傾向にするためには、それと共に全体の音色の練り上げが必要で、少しでも耳に突き刺さる箇所を一つ一つ潰していかなければならないと思うのですが、最後期のDIATONEのエンジニアはそこまで考えていなかったと思います。

実を言えば、私は同社の(同じZXシリーズである)DS-1000ZXを保有していました。その前もDIATONEの製品を使っていて、どうせ同じメーカーなのだから同傾向の音が出るのだろうと思い込み、あまり試聴もせずに購入したところ、全体に覇気が無く中高域ばかりが耳に突く展開で愕然としたものです。

当時我が家で繋げていたアンプはACCUPHASEのプリメイン型で、スピーカーの価格よりも高額な製品でしたが、それでも違和感は拭えません。そういえば何かのサイトで、DS-1000ZXを上手く鳴らすために適したアンプは(聴き比べの結果)ESOTERICのセパレート型だったという記事を読んだことがあったのですが、(あまり高くないくせに)ハイエンドクラスのアンプを持ってこないと満足に鳴らないスピーカーなんて、いったい何なのだろうと思ったものです。

さて、スレ主さんのシステムにおける耳障りな中高音をキャンセルする方法としては、まず「まったりした音のアンプ」を持ってくることが考えられます。一頃のLUXMANでも良いですし、TRIODEなどの真空管式アンプも適しているかもしれません。しかし、それによってDIATONE独特のワイドレンジ感がスポイルされる可能性も皆無とは言えません。

一番確実なのは、DS-800ZXをあきらめて新しいスピーカーを導入することです。言うまでもなく、システムの音の方向性を左右するのはスピーカーです。ショップでの試聴によって気に入ったスピーカーを選べば、それでOKです。

主なショップの一覧は以下のURLを参考にしてください。
http://www.esoteric.jp/support/store/
http://dynaudio.jp/?page_id=51
http://www.kef.jp/dealer.html
http://www.triode.co.jp/sales/index.html

ちなみに、数年前に私はDS-1000ZXから新しいスピーカーに買い替えました。その際は長期間にわたって徹底した試聴をおこない、結果として某欧州ブランドの製品を選んだのですが、それまでのスピーカーの音は何だったのかと思うほど闊達で伸びやかなサウンドを奏でてくれます。やっぱり、事前の試聴が一番大切だと痛感したものです。

No.3です。再度の投稿、失礼致します。

ZXシリーズがどうして中高域が耳障りになったかというと、たぶん前述のように無理にフラット方向に振ってはみたけれど、従来よりの音の硬さはそのまま放置されたため、チグハグな音になったのだと思います。

フラット傾向にするためには、それと共に全体の音色の練り上げが必要で、少しでも耳に突き刺さる箇所を一つ一つ潰していかなければならないと思うのですが、最後期のDIATONEのエンジニアはそこまで考えていなかったと思います。

実を言えば、私は同社の(同じZXシ...続きを読む

QDIATONEのスピーカー、DS-66Zの高音が左右とも殆ど出ません。

DIATONEのスピーカー、DS-66Zの高音が左右とも殆ど出ません。
オークションで入手したスピーカです。
ツイータに耳を近づけるとかすかに聞こえる程度です。
スコーカは十分な音量で鳴っています。
同じアンプで他のスピーカ(他3台で確認)では十分に高音が出るのでアンプの問題ではなさそうです。
ユニットに傷や破れはありません。
ネットワークの問題でしょうか?
どなたか原因と対策を教えていただけないでしょうか。

Aベストアンサー

再び iBook-2001 です♪

半田コテ準備されるのですね。がんばってください。

さて、簡易確認方法のユニット交換実験ですが、このスピーカーにはコーン型のミッドレンジ(スコーカー)が有るではないですか~(^o^)

高域の荒削りな音を出さないようにネットワークで切っていますが、ツイーター側へ配線を変えたらツイーター領域の高音が鳴るはずです。
音質は、本来使わない領域ですので、あまり期待は出来ませんが、耳で聞いて確認するチェックには十分に機能してくれるはずですよ~ん。

QDIATONEの音の傾向は

スピーカーのDIATONEの音の特徴とかはどのような感じでしょうか
また、ブランド事態が衰退(撤退)しているのはなぜでしょうか(高いのでネットのみの販売はあるそうですが)

Aベストアンサー

少し前まで、「DS-2000」を聞いていました。中古で購入。
ツイーターから音が出なくなってしまい、修理を断念し売却してしまいました。
なにしろ部品が無く修理できません。
音は良かったです。「DS-2000」を聞いた感想です。
緻密にして、艶やか。
馬力が有り制動感のある低音も良いです。
高音域も良く伸びています。

個人的な好みの音は、
制動感が有り、でしゃばらない低音。
透き通ったような高音。
気持ち良い歌声。(一番大事)
基本的に解像度の良い物が好き。

という事で「DS-2000」は、
やや固い高音(キレイですよ、もちろん)を除けば、もろに好みの音でした。

DIATONEの中古スピーカーは、入手には注意が必要です。
まず、部品がほとんど無いので、故障したら修理不能と思いましょう。
ウーファーのエッジですが、ウレタンの物は破れているか、
破れていなくても破れる寸前だと思いましょう。(年数的に)
ゴム引きの布エッジですが、
1000番台以上の高級スピーカーでは、硬くなっている物が多いです。
柔らかくする事はできるようですが、費用もそれなりに掛かります。
スコーカーとツイーターに、D.U.D(ダイヤトーン・ユニファイド・ダイヤフラム)を使っている物は、
梱包方法や輸送中の取り扱いが悪いと、輸送中に壊れる事が有るらしいです。

アンプを選ばないと、低音が良くないというのは事実です。
ただし、1000番台以上のスピーカー群の事で、66とか77のクラスなら、問題ないですよ。

有名なHPをURLに入れておきます。

主に聞く音楽。
国内、70~90年代のフォーク・ニューミュジック系。
アンプは、オンキョー「P-309」(プリ)「M-508」(パワー)
「M-508」の前は、パイオニア「M-90」でしたが、少し重い感じでした。

DIATONEというオーディオブランドの撤退は、売れなくなったからでしょう。
オーディオ全部が売れなくなったからで、特に三菱のせいではないでしょう。
オーディオマニア向けなら、Aurex(東芝)やLo-D(日立)は、もっと早かったですよ。
ネット販売の奴は、ブランド嗜好の金満家だけを相手にしているようですので、どうでもいいでしょう。

参考URL:http://www.niji.or.jp/home/k-nisi/index.html

少し前まで、「DS-2000」を聞いていました。中古で購入。
ツイーターから音が出なくなってしまい、修理を断念し売却してしまいました。
なにしろ部品が無く修理できません。
音は良かったです。「DS-2000」を聞いた感想です。
緻密にして、艶やか。
馬力が有り制動感のある低音も良いです。
高音域も良く伸びています。

個人的な好みの音は、
制動感が有り、でしゃばらない低音。
透き通ったような高音。
気持ち良い歌声。(一番大事)
基本的に解像度の良い物が好き。

という事で...続きを読む

QSANSUIのAMP。

 SANSUIの歴代プリメインアンプで音質的に良い、ベスト3を教えてください。 ちなみに当方AU-α907NRA
を所持しておりますが。 客観的な評価が気にもなりますので。 お願いします。

Aベストアンサー

自称オーディオマニアです。
本来は球中心ですが、marantzを中心に他メーカーの十数台のTr機も愛用しています。

SANSUIも好きなメーカーの一つです。

機器の完成度的には1994年の製品ですが[AU-a907 Limited]が一番だと思っています。
2000台の限定生産でしたので、もはや入手は諦めて下さい。(私は幸運にも昨年MJ誌の交換頁で未使用品を入手しましたが当時の価格41万円の5割増しでした)。
全段ワイドレンジDCアンプ構成のHYPER α-Xバランス回路とこの機の為の特製の部品等今では考えられない物量を投入してあり、中を見ると感激してしまいました。
音質はTr系アンプの国内ベスト10の1台に入れたいモノです。

2番手は1988年製の[AU-X1111 MOS-Vintage]でしょう。
AU-X1からはじまったXシリーズの最後を飾ったアンプで、スピーカーの-側も+側と同じ条件で両方向からドライブするダブル・プッシュプルが特徴でした。
MC入力に対応していない事が私には理解できません。
残念ながら、オーディオ仲間所有で現役でいい音を聴かせてくれています。

3番手は1977年製の[AU-20000]
大容量のトロイダルトランスやコンデンサを搭載した電源部。
パワーアンプ部は出力段に新開発の150W級のパワートランジスタをチャンネルあたり6個使用したトリプルプッシュプル回路を採用したりと、これも当時では破格の部品と回路構成でした。
なじみのオーディオショップのオーナーが自宅で未だにメインのTrアンプとして使っているので間違いがないでしょう

ご所有の[AU-a907NRA]ですが、私が1番としたものをベースにした製品ですのでかなり上位機であることは間違いありません。
残念ながら私の部屋で接続して聴いた事がないので判断は下せませんが、確か天板を外すと上からはトランスと数個のブロックコンデンサしか見えない機だったと思います。

以上独断と偏見のみのランクでした。

自称オーディオマニアです。
本来は球中心ですが、marantzを中心に他メーカーの十数台のTr機も愛用しています。

SANSUIも好きなメーカーの一つです。

機器の完成度的には1994年の製品ですが[AU-a907 Limited]が一番だと思っています。
2000台の限定生産でしたので、もはや入手は諦めて下さい。(私は幸運にも昨年MJ誌の交換頁で未使用品を入手しましたが当時の価格41万円の5割増しでした)。
全段ワイドレンジDCアンプ構成のHYPER α-Xバランス回路とこの機の為の特製の部...続きを読む

QDIATONE DS-3000を活かせるアンプは?

DIATONE DS-3000を持っていますが予算の関係で実力を引き出せるアンプを知りません。ジャズ・ロック以外の音楽を楽しんでいます。現在のアンプはONKYO A-1VLです。新品・中古でも結構ですので、このSPを活かせるアンプを教えて下さい。

Aベストアンサー

はじめまして♪

スピーカーの実力を引き出せるアンプと言っても、目標や満足度でいろいろなケースがあるでしょう。

私個人としてはA-1VLでも十分に鳴らしているはずと思います。

これより上を目指す場合は、利用者の趣味性、感性の領域となります。
デジタルアンプの低域処理能力はかなりの物で、大型スピーカーの低域に関しては数倍の価格帯のアンプでもそう簡単には太刀打ちできない面もあります。
しかし、音の最重要領域、中高音に関しては音の好みにより、評価は様々です。
トランジスタのA級が良い、いやFETが良い、いやいやBTLが良い、それより真空管が、、、等、、、

なにが良いかは、もはや音楽を楽しむ個人の感性領域に近い部分ですので、どんなアンプ、ドコのづランド等は自分で体験して自分の好みを見つけるしか無いでしょう。

低域のコントロールはアンプ側で行わずにスピーカー任せにするという、デジタルアンプの音色とは正反対方向の真空管、3極管の無期間アンプというのも面白いと思いますよ。

過去に(と言っても大昔、中学生の頃かな?)JBL4343Bを2A3のシングルで鳴らしたものを効かせてもらった事が有ります。固苦しさが無くて、かと言ってユルユルかと言えばそんな事は無くて中低域楽器やボーカルは熱いくらいの音だったと記憶しています。
まぁ、聴かせていただいた近所の方も、店から一時的に借りただけで、その時一晩しか聴いていませんけれど、結構印象に残っていたりします。(そのお宅の方はジャズのトリオ、特にウッドベースが好きだったようです。次回にお邪魔した時はオンキョーのトランジスタパワーアンプがラックの正しい位置に納まっていましたよ。たしかプリはアキュでプレーヤーはエクスクルーシブP3,針はEMTだったかなぁ? まぁ、パワーアンプとスピーカーは2年と同じ物を置いていないという、父の知り合い歯医者さんでしたけれどね。)


昔のオーディオファンの方々は、スピーカー1台分から2台(ペア)分の価格アンプが分相応と言ったそうです。(定価で考えたそうですよ。)
その意味から言えば、A-1VLは安過ぎでしょうかねぇw。スピーカーの定価が26万(1本)
20万から50万クラスのアンプが当時の考えから適したアンプとも言えるのでしょう。

ただ、最初の方に書いた通り、低域処理に関してはデジタルアンプは数倍の価格アンプにも匹敵しますので、定価16万のアンプですから、音の好みと言う趣味性を別にすれば問題ない、いや、かなり良い組み合わせとも考えられそうですよぉ~♪

はじめまして♪

スピーカーの実力を引き出せるアンプと言っても、目標や満足度でいろいろなケースがあるでしょう。

私個人としてはA-1VLでも十分に鳴らしているはずと思います。

これより上を目指す場合は、利用者の趣味性、感性の領域となります。
デジタルアンプの低域処理能力はかなりの物で、大型スピーカーの低域に関しては数倍の価格帯のアンプでもそう簡単には太刀打ちできない面もあります。
しかし、音の最重要領域、中高音に関しては音の好みにより、評価は様々です。
トランジスタのA級が良い、いやF...続きを読む

Q20年前の大型スピーカーの性能

中古のスピーカーを探しているのですが、80年代の大型スピーカーは
音質的にはどうなんでしょうか? YAMAHA NS-500やNS-200等。

今メインスピーカーにはYAMAHA NS-10MTを使っています。
ランクアップを考えていますが、20年前の大型スピーカーは
買う価値があるでしょうか?

Aベストアンサー

毎度のようですが、Yorkminsterです。

さすがに20年も昔の製品となると、今さら感が出てきます。ウレタンエッジのものだと耐久性に問題がありますし、わざわざ修理して使うなら新しいものをポンと買った方が良いのではないでしょうか。

現在はコンパクトなスピーカーが増えていますが、大きさは特に問題とはなりません。
低い音を再生するためには、ユニットの口径を大きくする必要があったため、一昔前のスピーカーは大型のものが主流でした。また、磁石やコイルの設計上、振動板は軽くなければ満足に駆動できませんでした。この相反する条件をクリアすることを謳って、大口径だが軽くて剛性が高いということをアピールするスピーカーが数多くありました。
現在は、口径を小さくする代わりに、振動板を重くしたり、ストローク(前後運動の幅)を大きくしたり、密閉やバスレフに替わるエンクロージャーの方式を採用したりして、小口径でも十分な低音再生能力を持たせようとするのが一般化しています。
(もちろん、大口径であるほど豊かで相似形の低音が再生できることに違いはありませんが、スペースファクターも考慮すれば小型のスピーカーでも十分に楽しめる音にはなる、ということです。)

くわえて、低音低音と言いますが、実際に低い音が再生されていなくても、その倍音に当たる音が過不足なく再生できていればあたかも低音が鳴っているかのように聞こえ、逆に倍音が乱れていると低音が濁って聞こえますので、ウーファーさえデカけりゃ良いというのはまったくナンセンスなのです。

ちなみに、よく「小型なのに驚異の低音が」といって紹介されるBOSEですが、その仕掛けは上で書いたとおり、振動板やエンクロージャーに工夫を凝らし、倍音の出方を突き詰めることで、上手くデフォルメしてまとめるということにあるようです。(したがって、用途によっては非常に重宝しますが、細かく耳をそばだてると足りない部分を感じることが少なくありません。)

もう一つ脱線すると、アンプの出力の大小とスピーカーの鳴らしやすさは、ほとんど関係しません。カタログには現れないドライブ力のようなもので、大ざっぱに言えば大出力のアンプほど強くなりますが、それはおそらく電源が強力だからでしょう。最大出力20W程度のICアンプでも、電源を奢れば大型アンプに引けを取りません。

中古も上手く使えば非常に高いコストパフォーマンスでシステムを組めますが、知識も必要ですし、品物の程度を見極めるには経験が必要です。
基本的には現行の製品や型落ち品で揃え、どうしても欲しいものがあって良い出物が目に留まったという場合にだけ中古で購入するというのが良いのではないかと思います。

毎度のようですが、Yorkminsterです。

さすがに20年も昔の製品となると、今さら感が出てきます。ウレタンエッジのものだと耐久性に問題がありますし、わざわざ修理して使うなら新しいものをポンと買った方が良いのではないでしょうか。

現在はコンパクトなスピーカーが増えていますが、大きさは特に問題とはなりません。
低い音を再生するためには、ユニットの口径を大きくする必要があったため、一昔前のスピーカーは大型のものが主流でした。また、磁石やコイルの設計上、振動板は軽くなければ満足に駆動...続きを読む

Qおすすめのダイヤトーンのスピーカーは

ダイヤトーンのスピーカーの購入を検討しているんですが、わりと小型でヤフオクで2万円くらいのやつで、おすすめは、ありますでしょうか

Aベストアンサー

何だか凄くしつこい事になってしまって御免なさい。
今回、又、書かせて頂いたのは、もうご存知の事とは思いますが、ご紹介したオークションの
「◆DIATONE!3WAYスピーカー!ダイヤトーン!DS-28B◆a001」
現在も、又、改めて出品されています。
前回、場合に因っては、私が入札に加わる旨、ご通知いたしましたが、オークション締め切り10分前に確認しましたら、新たなコメント「更新済み: 8月 29日 21時 7分 下記追記致します!! 片側のスコーカー(写真真ん中部分)には片方のみ潰れた箇所が御座いました。 以上、宜しく御願い致します。 」と、追記されていました。
当初、思っておりましたコンディションに疑問が起り、当方、結局、入札致しませんでした。
お宅様が、オークションにご参加されていないようでしたので、ご通知を致しませんでした。が、今回、お礼としてのご返事を頂きました事で、再度、お知らせするべきと思いました。
当初、ご紹介した時に、創造したコンディションより問題が有りそうですので、強くはご推薦致しません。
一聴では、さして、問題になる音にまで悪くはなっていないとは、想像しますが、折角、ご紹介したのに、少しでも問題を抱えたままの物を、ご推薦は出来ません。
エンクロージャーやネットの汚れや多少の痛みなら、音に直接の影響は無いでしょうが、スコーカーに僅かでも凹みが有るとなれば、気掛かりです。
今後、もう、これ以上は、お便りいたしません。
今まで、長々としつこくなってしまいました事を、お詫びいたします。

何だか凄くしつこい事になってしまって御免なさい。
今回、又、書かせて頂いたのは、もうご存知の事とは思いますが、ご紹介したオークションの
「◆DIATONE!3WAYスピーカー!ダイヤトーン!DS-28B◆a001」
現在も、又、改めて出品されています。
前回、場合に因っては、私が入札に加わる旨、ご通知いたしましたが、オークション締め切り10分前に確認しましたら、新たなコメント「更新済み: 8月 29日 21時 7分 下記追記致します!! 片側のスコーカー(写真真ん中部分)には片方のみ潰れた箇所が御座いました...続きを読む


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング

おすすめ情報