マルシェル新規登録で5000円分当たる

病院でヌードの写真を撮らせてしまいました。

女です。全裸でした。

もう、すごく後悔してストレスで眠れません。

この状況をどう捉えて、人生を進んで行ったらよいか

教えて下さい。

「病院でヌードの写真を撮らせてしまいました」の質問画像

A 回答 (1件)

体に異常が感じられなかったのなら、残りの人生に向かえます

    • good
    • 1

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q病院で学生(医師の卵)に見せ物のようにされることについて

病院のことを調べていたら大学病院では、学生達(医師の卵)に診察を取り囲まれて見られ見世物のようにされるという実体験がいっぱい出てきました。

若い女性が入院中に上半身裸で診察を受けている時に、男女の学生が周りを囲んで見学し、先生が治療の説明を学生にしたというもの。

妊娠している女性が陣痛で大学病院に運ばれ、帝王切開の場合もあり母体は危険という状態で、学生が分娩室に何人も見学の為に入っていったというものもありました。

産婦人科などは対象が女性なので、女性が見られるしかないのでしょうが、それでもいきなりこんな風にされるのはひどいと思います。
特に診察室なら拒否していいのならばできると思いますが、入院中や手術中の拒否も出来ない状態は患者に自由はないということですか?

たくさんの人に見られるのは、恥ずかしいし、怖い、不愉快、そう思う人が多いと思います。
たとえ相手が症例にしか興味なくても、勉強のためでもされる側は大勢の人に見られるんですから。

まだ目や手など外部なら我慢もできるでしょうが、胸、下半身や肛門は男女でも嫌だと思います。
見られたことで心に傷をおって精神的な病気になる可能性もありますよね。

医者にも見せたくないのに病気だからと勇気を出して、病院に来ている人もいると思います。
私もお医者様であっても裸など立派なものではないので、みせたくありません。
だったら大学病院以外を行けばいいというのも無理な話です。
技術などは素晴らしいし、小さな病院にいっても大学病院の紹介状書いてもらうことになりますし。

1.学生に見られることについて拒否はできないのでしょうか?

2.拒否をすると病院側としては研究に協力的ではない為に患者は冷たい扱いをされるのでしょうか?

3.入院中や手術中は見られることを断れないのでしょうか?
(全身麻酔だとわからないでしょうが)

ぜひ教えてください。

病院のことを調べていたら大学病院では、学生達(医師の卵)に診察を取り囲まれて見られ見世物のようにされるという実体験がいっぱい出てきました。

若い女性が入院中に上半身裸で診察を受けている時に、男女の学生が周りを囲んで見学し、先生が治療の説明を学生にしたというもの。

妊娠している女性が陣痛で大学病院に運ばれ、帝王切開の場合もあり母体は危険という状態で、学生が分娩室に何人も見学の為に入っていったというものもありました。

産婦人科などは対象が女性なので、女性が見られるしかな...続きを読む

Aベストアンサー

お気持ちはよくわかります。

いわゆる「ポリクリ」についてですね。
大学病院の用語で、医学部学生の臨床実習のことをポリクリと言います。
学生が何人かずつのグループに分かれて、各科を回ります。

ポリクリについては、昔からいろいろと批判も多いようです。中には誤解もありますが、たしかに改めて欲しいと思うことも多々あります。

私も経験があります。
私の場合は皮膚科で、アトピーがひどくなったので、当時大学院生として在学していた大学の付属病院に行きました。
まず、資格のある医師が見た後、「すみませんが、もう一度診察させていただきたいので、あちらの部屋にお願いします。」と言われました。
はは~ん、ポリクリだな、と私はピンと来ました。
そこに二人の学生(白衣を着ていて見かけは医師と同じですが、いかにも頼りない感じなので、一見して学生だとわかります)がいて、いくつか質問されました。
二人とも皮膚科の教科書をチラチラ見ながらでした(笑)。
で、結局、何の病気なのか結論は出ませんでした(笑)。
タイミングを見て先ほどの医師(講師か助手クラスの人)が入ってきて、学生の前でもう一度診察しました。
そのときには医師はもう答えがわかっているので、診察と言うより、学生に対する説明ですね。
医師は私が医学部ではないものの生化学が専門だと知っていたので、二人で生化学の用語で話し始めました。二人の学生は、ぽかんとして聞いていました。

まぁ、学生のときはそんなものでしょう(笑)。

さて、私が疑問に思ったのは、なぜ「学生の実習に協力してください」とはっきり言わなかったのか、ということです。
大学病院は、患者のための病院であると同時に教育訓練の場でもあるので、患者も(差し支えのない限り)協力すべきであろうと思っています。
しかし、病院である以上、やはり第一義的には患者の権利を尊重すべきであり、実習は患者の理解を得た上で行なうべきものであることは明らかです。
最近は大学病院でも、こういう認識が進み、ポリクリは患者に十分な説明をして、理解してもらってから行なう、という傾向が出てきていると聞いております。

私の場合は皮膚科だったので、さほど抵抗感はありませんでした。しかし、おっしゃるように、胸とか下半身だったら、たとえ同性でもあまり見せたくないですよね。
相手が医師だからこそ、見せる気にもなれるのです。
こういう分野では、特に医師がポリクリについての説明責任を果たすことが重要だと思います。

しかし、考えてみてください。
資格を持つ医師でも、昔は学生だったのです。
そして医師としての長い研鑽の最初の段階が、ポリクリであると言えます。
患者から見れば、何故こんな素人(あるいはそれ以下)の人たちの前にさらされなければならないのか、という気持ちになるのは当然です。
しかし、その段階を経なければ、その学生たちは、いつまで経っても未経験のままです。

座学だけで臨床実習経験のない医師など、いるはずはありませんが、仮にいるとして、そういう人に診てもらいたいと思われますか?

ですから、ポリクリが必要であることは間違いありません。
問題はただ一つ、十分な説明を行い、患者の理解を得て行なわなければならない、ということに尽きると思います。

さて、ポリクリへの協力を拒否した場合ですが、大学病院といえども病院である以上、患者の権利を第一義とする、というのが最近の潮流ですから、少なくとも表立って患者に不利益な取り扱いをすると言っているところはないでしょう。
ただ、医師が雅量の乏しい人物であった場合、患者との間の感情的なもつれは生じるかもしれません。

ポリクリのことを別にしても、私は大学病院というのは、あまりお勧めできません。
医療のレベルが、世間の多くの人が思っているほど高くはないからです。

なお、ポリクリの学生といえども、医師と同様に患者に関する情報についての守秘義務はあるものと思われます。

お気持ちはよくわかります。

いわゆる「ポリクリ」についてですね。
大学病院の用語で、医学部学生の臨床実習のことをポリクリと言います。
学生が何人かずつのグループに分かれて、各科を回ります。

ポリクリについては、昔からいろいろと批判も多いようです。中には誤解もありますが、たしかに改めて欲しいと思うことも多々あります。

私も経験があります。
私の場合は皮膚科で、アトピーがひどくなったので、当時大学院生として在学していた大学の付属病院に行きました。
まず、資格のある医師が...続きを読む


人気Q&Aランキング