アウトドアか、テーマパークか、どっちのカテに入るのか分からなかったのですが。

伊東シャボテン公園と千葉動物園にいる、ハシビロコウ。
好きな人はハマリまくる、ハシビロコウ。
ストーカーが予想外に多いであろうと推測されるハシビロコウ。

・・・そんなコウちゃんの、「私はこんな現場を見た!」「こんなコウちゃんに惚れた!!」・・・という報告を教えてもらいたいです。「コウちゃんにホレたあまりこんなことまでしてしまった!」・・・も無論構いません。

思い入れいっぱいなほどポイントつけてしまいそうです。
御願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (1件)

 tnytnytnytnyさん、こんばんは。



 ハシビロコウなんて、これまた随分マニアックですねえ。

 私もこの鳥に思い入れのある一人です。私がハシビロコウを実際に見たのは今から16年前のことで、小学校の移動教室で伊豆シャボテン公園に行ったときです。私は当時から動物が大好きで、移動教室に行く数日前に偶然学校の図書室で目にした鳥類図鑑に載っていたハシビロコウを見てから、この鳥に興味を持っていたのですが、本当にその数日後偶然と言うべきか、運命と言うべきか実物を見ることができました。

 私がハシビロコウに興味を持ったそもそものきっかけは、その特徴ある不恰好で大きな嘴もさることながら、ハシビロコウの食性でした。野生のハシビロコウは生息地のアフリカ(ウガンダ周辺)では、ハイギョ(肺魚)を丸呑みにして食べるというので、当時の私にはとても衝撃的だったのです。ハイギョは、熱帯魚に興味のある人なら結構メジャーな魚なのですが、古代魚と呼ばれて長い間水中にいると溺れて死んでしまうという奇妙な魚です。また繭を作って夏眠する魚としても知られています。大きさも50cmから、大きなものでは1mにもなると言われており、そんな魚をどうやって丸呑みにするんだろうと思ったのがハシビロコウを知るきっかけでした。

 私が伊豆シャボテン公園で見たハシビロコウはジ-っと一箇所に留まって微動だにもしませんでしたが、あの作り物のようなハシビロコウを生で見た感動は今でも思い出されます。周りにいたホオジロカンムリヅルなどの鳥と比べても桁外れに異彩を放っていました。

 因みに、私はハシビロコウを生で見られたことがとても印象深かったので、小学校の卒業文集には「ハシビロコウとの出会い」などというタイトルを付けてしまいました。これは本当の話しです。

 以上、長々と失礼いたしました。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

な、なんと食物のハイギョ自体そんなくせものだったなんて・・・。
ハイギョを食べるとは聞いていましたが、どんなサカナか知らなかったので、シャボテン公園で彼(彼女か?)が食べていた金魚みたいなのとそう変わらないのかと誤解していました。やはりコウちゃんは奥が深いですね。
私が彼に出会ったのは大人になってからですが、彼のためだけにシャボテン公園リピーターになってしまいました。だって、知らないうちに死んでしまったらどんなに悲しいことかと気になって。見た目は老師って感じだけど意外と若いのかな、と思っていましたが、16年前すでにいたということは相当な年齢ですね。(鳥の寿命がどのくらいかは知りませんが)
いろいろ参考になりました、ありがとうございました!

お礼日時:2001/07/17 08:48

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q伊豆シャボテン公園へのアクセス

今度、伊豆シャボテン公園に行ってみようと考えています。
行くとするならば電車での交通になります。

伊豆シャボテン公園のアクセスマップを見ると、伊東駅からのバスかタクシーの使用になっているのですが、このマップを見る限り、富戸などの方が断然近いように思えるのですが、実際はいかがなのでしょうか?
遠いと思われる伊東で降りる意味が何かあるのでしょうか?

お判りの方がいましたら教えてください。
よろしくお願い致します。

Aベストアンサー

シャボテン公園へのバスは伊東駅もしくは伊豆高原駅から出ています。
時刻は
http://www.tokaibus.jp/ttbl/20070401_TT_01.pdf
です。
伊東駅からのバスは途中で川奈駅の近くを通りますので川奈で降りるというのもあります。駅前から坂を上るように伊東方向へ500mで川奈口バス停です。
タクシーの場合は伊豆高原がいいでしょう。
富戸駅は駅附近へバスが入れません。またタクシーも常駐しておりません。

Q神奈川からのアウトドア

横浜や渋谷などによく遊びに行くのですが、都会的な遊びではなく、もっと野性的な遊びをしたいです。

自然に触れたいのです。この時期ですから海などではなく、山で山菜採りなんかしたいなぁと思うのですが、横浜を出発点としてどこかいいところありますか?

日帰りできれば山梨あたりまででも行けます。
近い順にいくつか教えていただけると幸いです。また、山菜はこの時期きのこの他に何か採れますか?

うちの田舎ではやまぶどうが取れたのですがこの辺で取れるところはありますか?時期的に遅いでしょうか。

また、なにかおもしろくてあまりお金のかからない遊び方があれば教えてください。

Aベストアンサー

横浜方面から日帰りなら山梨あたりでしょうか。
でも、山に入る場合は地形図、服装等それなりの準備をしないと
道迷いなど事故につながります。たとえ1,000m級でも。
下の方の言うとおり、植物の採取などは原則できないと思います。
山歩きだけなら、高尾山とか陣場山とか近場で遊べる場所があります。
このへんから始めてみるのも一考でしょう。
まず迷うことはないですし、北アまでとは言えませんが
自然も満喫できますよ。

Q雨天時のシャボテン公園

4歳児を連れて車で、東伊豆に明日行く予定です。
雨天の見込みですが、シャボテン公園は雨天でも楽しめますでしょうか?
急ぎで恐縮ですが、よろしくお願いします。

Aベストアンサー

チンパンジーショウは屋内です。あと、小さなおさるのいる地球環境館や食堂、土産物屋、シャボテンの温室も屋内ですのである程度は楽しめると思います。鳥のいるバードパラダイスも屋外ですが谷のようになっているので雨の影響はすくないかもしれません。
駐車場からは相模湾と伊豆七島の眺めが最高なのですが、雨ではそれが見れないのが残念です。

Qアウトドアなプレゼント

野鳥観察・ハイキングを趣味とする55才の女性と60才の男性人に
プレゼントをしようと考えています。
年だけ書くと年寄りのような感じですが、まだまだ壮年には遠く元気な人達です。
予算は5千円から9千円です。

フィールドスコープはもう持っています。
また本関係も持っています。
方位磁針にしようかと思ったのですが、予算ピッタリのものがありませんでした。

何かお勧めがあれば教えてください。
よろしくお願いします。
 

Aベストアンサー

 登山を趣味としている41歳の男です。野鳥観察の趣味はありませんが、学生時代はクマのフィールド調査をしていました。
 ということで、プレゼントにもらって嬉しいモノを考えてみます。
 持っている可能性が少ないものか、あるいは重複してもらっても嬉しいもの、という観点で・・・

 とりあえずモンベルとパタゴニアに絞って例をいくつか。
http://www.montbell.com/japanese/index.html
http://www.patagonia.com/japan
 「案」の後ろの数字は商品番号で、それぞれのサイトでこの番号で検索すると、その品物を見ることができます。

案の1)ツェルト (モンベル:1122272)
 万が一、道迷いや怪我などで野宿する羽目になったとき、被ったりして使う簡易テントです。本格的にやっている人は別として、持っていない可能性が高いものです。でも、いざというときあるとほんとに助かります。

案の2)野点セット (モンベル:1124245)
 アウトドアでお茶を点てるためのセット。これはまず持っていないでしょう。問題はそういう趣味があるかどうか・・・

案の3)ライトシェルジャケット (モンベル:1106377)
 いわゆるウインドブレーカーです。ハイキングの際、この手のウエアは1着持っていると非常に便利なのですが・・・それだけに既に持っている可能性は高いかも。

案の4)シャミースライニングジャケット (モンベル:1106342)
 薄手のフリースです。これも秋から冬のハイキングの際、非常に重宝します。なのでやはり持っている可能性は高いかなぁ。

案の5)キャプリーン3 ジップネック (パタゴニア:44440)
 ベースレイヤー、すなわち下着(シャツ)です。下着といっても、普通にアウターに来て何の違和感もないデザインですが。
 アウトドア用の下着はたいてい持っているはずですが、パタゴニアはもっていない可能性が高いです。値段が高いというイメージがあるし扱っている店舗も少ないので。下着は何着あってもいいものなので、これは喜ばれると思うのですが(私は欲しい・・)。

 ここに挙げた品番は全てメンズのものですが、全てウィメンズモデルもあります。

 まあとりあえず定番的なものを挙げたのですが、サイト内を探せば他に良い物が見つかるかもしれません。

 ちなみに私だったら、どれもらっても嬉しいです。ツェルトだけは持ってますが。(結局自分が欲しいモノを挙げてみたという・・)

 登山を趣味としている41歳の男です。野鳥観察の趣味はありませんが、学生時代はクマのフィールド調査をしていました。
 ということで、プレゼントにもらって嬉しいモノを考えてみます。
 持っている可能性が少ないものか、あるいは重複してもらっても嬉しいもの、という観点で・・・

 とりあえずモンベルとパタゴニアに絞って例をいくつか。
http://www.montbell.com/japanese/index.html
http://www.patagonia.com/japan
 「案」の後ろの数字は商品番号で、それぞれのサイトでこの番号で検索する...続きを読む

Q伊豆半島南部から見える伊豆諸島は?

先日伊豆半島に行き、伊豆諸島が見えました。大島は大きくて形からもわかります。
他にもいくつか島が見えましたが何島かわかりませんでした。
(1)ひとつは利島のようですが…あとは式根島?新島?または違う島?とわかりませんでした。何島ですか?
(2)普段は見えないが気象条件が良ければ見える伊豆半島から見える伊豆諸島はあるのでしょうか?
(3)伊豆諸島から伊豆諸島を見るには下田が一番近いのでしょうか?

以上、質問攻めになってしまいましたが…よろしくお願いします。

Aベストアンサー

最南端の石廊崎からだと視界の良い日にはこんな風に見えるようです。さすがに八丈は無理みたいですね。

http://static.panoramio.com/photos/original/6242993.jpg

Qアウトドア用品?

映画「トゥームレイダーに出てくるライト?というか明かり?ゲーム内ではフレアって呼ばれてたやつかな・・・?がほしいんですが・・・どこで手に入りますかね・・・?普通に売ってるような蛍光塗料?(ポキッて折るやつ)だったらわかるんですが・・・情報下さい

Aベストアンサー

フレアというのは正しい用語で言うと照明弾や発炎筒のことです。
ボートショップなどでは遭難装備として売られているのではないでしょうか。
手で持って使うタイプはカーショップにも有ります。
ミリタリーグッズショップなどでも扱っていると思います。

ポキッと折るのはルミライトと言うらしいですね。出店でよくって売ってるやつです。

Q伊豆半島 1周 小田原~

伊豆半島を小田原方面から、ぐるっと自転車で
1周しようと思います。

海沿いに行けば、道のりは、ほぼ平坦で行くことが
できますでしょうか?

Aベストアンサー

こんにちは。

経験から言うと、けっこう登りが辛いです。

北川温泉はじめ、休めるところがあるのが救いですが、けっこう辛いです。
7月ともなると、陽射しに気をつけないと脱水症状になりやすいです。
それから、特に西伊豆ですが、コンビニが少なかいエリアがあります。
食事の補給に困る時があるので、予備でウィダーやバームなどの
ゼリーを用意しておいたほうがいいかも知れません。
また、これからの時期はドライブ客も多いです。
そのため、食事処も混み合います。
並んでいる間に筋肉が固くなって疲労感を覚えるときもあるので、
注意したほうが良いかと思います。
店によってはエアコンがガンガン効いていますよ。

最後に、天気予報で波が高いとか風が強いという日はご注意を。
北川あたりとか、強烈な向かい風でぜんぜん前に進まない時があります。

Qアウトドア用品店

5月からお遍路へ行こうと計画しています。

そこで本などを買い集めお遍路に必要な物はわかったのですが、実際にどこで売られてるか分かりません。

町田~新宿近辺(町田在住なだけで、お勧めのお店があれば遠くても構いません)で大型アウトドアショップ、もしくは店員が親身に相談に乗ってくれるお店を教えていただきたいです。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

町田ならグランベリーモール
http://www.grandberrymall.com/top.php
内のモンベルクラブというショップがあります。
登山・スキー・自転車など、ひととおりのアイテムがそろっています。店員も親切です。


新宿であれば
コージツ
http://www.rakuten.ne.jp/gold/kojitu/annai/shinjyuku.html

SRC
http://www.y-spsys.co.jp/src/

ICI石井スポ-ツ
http://www.ici-ishiisports.co.jp/shop/list2.html

あたりがメジャーです。石井スポ-ツやコージツはいずれもプロも通うお店です。

Q伊東駅・シャボテン公園周辺でランチ

近々、静岡の伊豆に行くのですが、伊東駅又はシャボテン公園周辺で、なにか静岡や伊豆っぽくて美味しいお昼ごはんを食べられる場所を教えてください。
土地勘が全くないので場所や行き方なども詳しく教えて頂ければ幸いです。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

伊豆は大好きでよく行きます。

お勧めは、「本家鮪家」
http://www.honkemaguroya.com/

「海ほおずき」
http://umihoozuki.jp/home.html

「俵家」
http://www32.ocn.ne.jp/~tawaraya/info.html

「花吹雪」
http://www.hanafubuki.co.jp/ryouri/index.html

Qアウトドアジャケット

ハイキング程度の山登りなのですが、防寒・雨対策用件のジャケット
を検討しております。

ものによってですがノースフェイスは高いし
モンベルはちょっとデザインがきにいらなくて

普段着街用でも使えるようなジャケットは
どの辺を購入するのがよいでしょうか?
(仕様・価格等を教えてください。)

Aベストアンサー

 No.2のJagar39です。

 ポルカテックスというのは撥水処理の名称なので、防水透湿性素材であるゴアテックスとは根本的に異なります。
 撥水性というのは、水滴がウエアの表面を玉のようになってころころ転がる状態をいいます。
 ですから、長時間雨に降られたり強い雨に当たったり、または圧がかかったりすると結局浸水しますので、どんなに強力な撥水処理が施されたウエアでも、ソフトシェルは雨具としては使えません。まあ小雨くらいなら十分弾きますが。

 ゴアテックスなどの防水透湿性素材を用いたハードシェルでも、生地表面の撥水性が保たれていることが重要です。撥水性が失われて生地の表面で水が膜を作るような状態になれば、透湿性が著しく損なわれますから。

 ノマドパーカはソフトシェルなので、雨具としては使えません。
 ですから、ノマドパーカを着て山に行く場合は、他にレインウエアを用意しなければなりません。

 ちなみにゴアテックス以外の防水透湿性素材は、各社とも自社開発した素材をラインアップしています。

 モンベルはドライテック(ブリーズドライテック、ドライライトテック等のバリエーションあり)とスーパーハイドロブリーズ、パタゴニアはH2No、ノースフェイスはハイベント、ミズノのベルグテック、フェニックスのDiAPLEXなどなどです。

 パタゴニアとフェニックスは、たま~にゴアテックス製品を作ったりもしていますが、ほぼ自社素材でラインアップを構成しています。これらの製品では、価格は他社ゴアテックス製品とほぼ同等です。
 ノースフェイスのハイベントやミズノのベルグテックなどは、ゴアテックス製品よりかなり安く、「廉価版」という売り方をしています。
 モンベルはその中間で、「廉価版」も提供していますが、かなり本格的な造りの価格も高めの製品もラインアップしています。それでもゴアテックスよりは安いですが。

 これらの素材がゴアテックスと比べてどうなのかは、全ての素材を使ったわけでもない私にはよく判りません。単なる防水性、透湿性といった数値化できるスペックの他に耐久性も重要なファクターですから、実際に使用して比べないと判らないこともたくさんありますからね。
 また、素材も重要なファクターですが、ウエアとしての造りそのものも非常に重要です。その点ではゴアテックス製品は、ゴアテックス社が決めているストームテストをクリアしないと製品化できませんので、ウエアとしての性能はまず保証付きと考えて良いです。

 メーカーオリジナルの防水透湿性素材の製品は、まあちゃんとしたアウトドアメーカーの製品であればまず大丈夫でしょう。
 ですが、たまに防水透湿性素材を使いながらレインウエアとしての用途を想定していないウエアがあったりするので注意が必要です。

 まあ、総合的なウエアの見方や選び方は、相当経験を積まないと判らないことなので、ちゃんとしたメーカーの製品をちゃんとしたお金を出して買う、というのが無難ではあります。

 No.2のJagar39です。

 ポルカテックスというのは撥水処理の名称なので、防水透湿性素材であるゴアテックスとは根本的に異なります。
 撥水性というのは、水滴がウエアの表面を玉のようになってころころ転がる状態をいいます。
 ですから、長時間雨に降られたり強い雨に当たったり、または圧がかかったりすると結局浸水しますので、どんなに強力な撥水処理が施されたウエアでも、ソフトシェルは雨具としては使えません。まあ小雨くらいなら十分弾きますが。

 ゴアテックスなどの防水透湿性素材を用い...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報