見守り電球またはGPS端末が特価中!

古今著聞集の弓の腕前の現代語訳をお願いします。

一院、鳥羽殿に渡らせおはしましけるころ、みさご日ごとに出で来て、
から
給ひけるとなむ。
で終わる部分です。急いでいます。どうかよろしくお願いします。

A 回答 (1件)

一院(人名)、鳥羽殿(お屋敷の名)に渡らせおはしましける(おいでになった)ころ、みさご(鳥の名)日ごとに(毎日)出で来て(出てきて)、池の魚を取りけり(た)。

ある日、これを射させん(射させよう)と思ししめして(お思いになって)、「武者所に誰か候ふ(誰が控えているか)」と御尋ありけるに(お尋ねになったが)、折節(たまたま)むつる(人名)が候ひけり(控えていた)。召に(お呼び出しに)したがひて参りたりけるに(参上したところ)、「この池に、みさごのつきて(が棲み着いて)、多くの魚を取る。射とどむべし(弓で仕留めよ)。ただし射殺さんことは無慚なり(射殺はむごい)。鳥も殺さず、魚をも殺さじと思し召すなり(思いなさるである<自敬>)。あひ計らひてつかうまつるべし(慎重に処置せよ)」と勅定ありければ(ご命令があったので)、いなみ申すべきことなくて(お断り申すこともできず)、即ちまかり立ちて(すぐに退出して)、弓矢を取りて参りたりけり(参上した)。池の汀の辺に候ひて(控えて)、みさごをあひ待つ所に、案の如く(予期の通り)来て、鯉を取りてあがりけるを(飛び上がったので)、よく引きて射たりければ、みさごは射られながらなほ飛び行きけり(射られたままそれでもなお飛んでいった)。鯉は池におちて腹白にてうきたりけり。すなはち取りあげて(即刻拾い上げて)、叡覧にそなへければ(院にお見せしたところ)みさごの(が)魚をつかみたる足を射きりたりけり(魚を掴んだ足を矢で切り取ってあった)。鳥は足は切れたれどもすぐに死なず。魚もみさごの爪立ちながら死なず(爪が刺さったまま死んではいない)。魚も鳥も殺さぬやうにと勅定ありければ(ご命令があったので)、かくつかうまつりたりけり(このように処置申し上げていた)。凡夫のしわざにあらずとて(普通の人間のできることではないと思って)、叡感のあまりに禄を給ひけるとなむ(感動のあまりに褒美を下さったということである)。
    • good
    • 3
この回答へのお礼

本当に助かりましたありがとうございます!!

お礼日時:2019/01/08 13:28

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q可笑記の人の口の現代語訳をお願いします。 人の口は一切善悪の出で入りする門戸なり。 から始まり 少し

可笑記の人の口の現代語訳をお願いします。
人の口は一切善悪の出で入りする門戸なり。
から始まり
少しもこの番衆油断しては、大事出来すべし。
の部分です。
全文書けなくてすいません。

お願いします。

Aベストアンサー

人の口はあらゆる良いことも悪いことも出入りする出入り口である。だから、良い見張り番を置き出入りをチェックなさるべきである。その理由は口にしてはいけない人の噂を口にしてあざけり、作り話をして身を危険にさらす。これは口の中から外へ出る詰まらない事柄である。また食うべきでないものを食い、飲むべきでないものを飲み、病気になって身命を危険にさらす、これは口の外から内へ入る詰まらない者である。また金言や格言を口にし詩歌文章で雅びな文章を作るのは口の内から外へ出る良いことである。またもろもろの病気に苦しむとき、それに応じた薬を飲んで平癒し、あるいは飢え渇いたときに水を飲み食べ物を食べて普通の体に戻るなどは口の外から内へ入る良い者である。前述の見張り番と申すのは、それぞれの善者悪者が心におります間、しっかりとそれらの善悪を見分けて、善なる者を出入り自由にさせ、悪である者を出入り厳禁にしなければならない。少しでもこの見張り番が油断をしたならば、大ごとになるに違いない。

Q古今著聞集に収録されている【塞翁が馬】現代語訳

色々なサイトを見たのですが、漢文の訳が多く、あっても意訳だったりと、思ったとおりの現代語訳が見つかりませんでした;
意訳でない現代語訳を教えていただきたいですvv*

唐土に北叟といふ爺ありけり。かしこく強き馬をなんもちたりける。これを、人にも貸し、我も使ひつつ、世を渡る便りにしけるほどに、この馬、いかがしたりけん、いづちともなく失せにけり。聞きわたる人、いかばかり嘆くらんと思ひて訪ひければ、「悔いず。」とばかり言ひて、つゆも嘆かざりけり。
あやしと思ふほどに、この馬、同じさまなる馬を、あまた具して来にけり。いとありがたきことなれば、親しき疎き、喜びを言ふ。かかれど、また、「喜ばず。」と言ひて、これも驚く気色なし。
かくて、この馬あまたを飼ひて、さまざまに使ふあひだに、爺が子。今出で来たる馬に乗りて、落ちて、右の腕を突き折りて、聞く人、また驚き訪ふにも、なほ、「悔いず。」と言ひて、気色変はらず。
さるほどに、きはかに国に戦起こりて、兵を集められけるに、国の内にさもある者、残りなく戦に出でて、皆死にけり。この爺が子、この中に洩れにければ、片手は折れども、命は全かりけり。これ、かしこき例に言ひ伝へたり。唐土のことなれども、いささかこれを記せり。

色々なサイトを見たのですが、漢文の訳が多く、あっても意訳だったりと、思ったとおりの現代語訳が見つかりませんでした;
意訳でない現代語訳を教えていただきたいですvv*

唐土に北叟といふ爺ありけり。かしこく強き馬をなんもちたりける。これを、人にも貸し、我も使ひつつ、世を渡る便りにしけるほどに、この馬、いかがしたりけん、いづちともなく失せにけり。聞きわたる人、いかばかり嘆くらんと思ひて訪ひければ、「悔いず。」とばかり言ひて、つゆも嘆かざりけり。
あやしと思ふほどに、この馬、同...続きを読む

Aベストアンサー

ズバリ、回答そのものです。「塞翁が馬」は有名な故事ですのでそれもまた時間のあるときに調べて勉強してみて下さい。本文の訳は以下の通り。

唐土(もろこし)に北叟と言うお爺さんがいた。そのお爺さんは優れた強い馬を持っていた。その馬を人にも貸してやり自分でも乗っては使いながら生きていく手段(つまり馬を貸して少しのお金をとる、また馬で荷物の運搬などをして稼ぐことで、生計を立てていたということです)にしていたところ、この馬はどうしたのだろうか、どこへともなくいなくなってしまった。それを聞いた人は、お爺さんがどれほど嘆いているだろうと思って訪ねていってみると、お爺さんは「惜しくはないよ」とばかり言って、少しも嘆いていなかった。不思議だなぁと思っていると、この馬が同じような立派な馬をたくさん連れて戻って来た。たいそう珍しくありがたいことなので、親しい人も疎遠な人もみなおじいさんにお祝いの言葉を言う。しかしお爺さんはこの時もやはり「うれしくない」と言って、このおめでたい出来事にも心を動かされる様子がない。こうして、そのたくさんの馬を飼って色々なことに使ううちに、お爺さんの息子が、ちょうど出て来た馬に乗って落ち、右の腕を突き折って、それを聞いた人は、また驚いてお見舞いに訪れたのにも、やっぱり、「かまわないのだ」と言って顔色も変えない。そうしているうちに、突然、国で戦争が起こって兵隊を召集されたので、国内の若く健康な男子は一人残らず戦争に出て、皆死んでしまった。ところがこのお爺さんの息子は、怪我をしていたために召集されなかったので、片手は折ったけれども命は失わずに済んだ。これをすばらしいことのたとえとして中国では語り伝えられている。よその国のことではあるが、ほんの少しそのことを記した。

ズバリ、回答そのものです。「塞翁が馬」は有名な故事ですのでそれもまた時間のあるときに調べて勉強してみて下さい。本文の訳は以下の通り。

唐土(もろこし)に北叟と言うお爺さんがいた。そのお爺さんは優れた強い馬を持っていた。その馬を人にも貸してやり自分でも乗っては使いながら生きていく手段(つまり馬を貸して少しのお金をとる、また馬で荷物の運搬などをして稼ぐことで、生計を立てていたということです)にしていたところ、この馬はどうしたのだろうか、どこへともなくいなくなってしまった。そ...続きを読む

Q古今著聞集の現代語訳

どなたか現代語訳を教えてください。又はサイトがあれば教えてください。

中ごろ、六の葦毛といふあがり馬ありけり。
いづれの御室にか、大法をおこなはせ給ひけるに、
引き進ぜられにけるを、ある房官にたまはせてけり。
あがり馬ともしらで、のりありきける程に、ある時京へいでけるに、
しりたる人道にあひて、この馬を見て、
「いかにさしもあがり馬の名物、六のあしげにはかくのり給へるぞ」
といひたりけるに、臆して手綱をつよくひかへたりけるに、
やがてあがりてなげけるに、てんさかさまに落ちて、かしらをさむざむに
つきわりにけり。をかしかりけることなり。

よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

 助詞とか敬語とかを無視すれば、そんなに難しい話ではないのですが。

 辞書をひかないと分からないのは、「中ごろ」「御室」「あがり馬」など、固有名詞です。

 形容詞などは、いまでも時々使う言葉なので頭を柔らかくして、情景を考えつつ訳してみることをお勧めします。


●中ごろ、六の葦毛といふあがり馬ありけり。

 それほどではないが昔のこと、「六の葦毛」という駻馬(暴れ馬)がいた。

●いづれの御室にか、大法をおこなはせ給ひけるに、

 いずれの代の御室(仁和寺住職)のときか、大法の儀式を行われなさったのだが

●引き進ぜられにけるを、ある房官にたまはせてけり。

 (その駻馬を)進上されたのを、ある房官(僧坊担当官)に下げ渡した。

●あがり馬ともしらで、のりありきける程に、

 暴れ馬とは知らずに乗って回っていたのだったが

●ある時京へいでけるに、

 あるとき、京へ出たときに

●しりたる人道にあひて、この馬を見て、

 (事情を)知った人が道で出会って、この馬を見て、

●「いかにさしもあがり馬の名物、六のあしげにはかくのり給へるぞ」

 「なぜそほれほどの有名な暴れ馬の『六の葦毛』にそんなふうに乗っていらっしゃるのですか?」

●といひたりけるに、

 と言ったので、

●臆して手綱をつよくひかへたりけるに、

 (乗り手の房官は急に)怖くなって、手綱を強くひいたので、

●やがてあがりてなげけるに、

 (馬が二本足で)すぐ立ち上がって(乗り手の房官を)振り落としたので

●てんさかさまに落ちて、かしらをさむざむにつきわりにけり。

 (房官は)まっさかさまに落ちて、頭を、ゾッとするほどぶつけて切ってしまった。

●をかしかりけることなり。

 いぶかしかった(不審な)ことだ。


※ 割る は、頭蓋骨を割った=死んだという激しいものではないと思う(それだったら後続の内容が変わるだろう)ので、勝手に「切った」にしました。血が出た程度だろうと思います。

※ 「をかしかりける」は、「興味深い」と訳してもいいかもしれませんし、筆者の感情しだいで現代同様「おかしい」と訳してもいいかもしれません。

 私は、「落馬するなんて、わらっちゃったよ」というよりは、「それまではうまく乗りこなしていたのに事実を知ったら急に乗りこなせなくなるなんて一体どうしたことだ」という気持ちを優先して、いぶかしいと訳してみました。

 

 助詞とか敬語とかを無視すれば、そんなに難しい話ではないのですが。

 辞書をひかないと分からないのは、「中ごろ」「御室」「あがり馬」など、固有名詞です。

 形容詞などは、いまでも時々使う言葉なので頭を柔らかくして、情景を考えつつ訳してみることをお勧めします。


●中ごろ、六の葦毛といふあがり馬ありけり。

 それほどではないが昔のこと、「六の葦毛」という駻馬(暴れ馬)がいた。

●いづれの御室にか、大法をおこなはせ給ひけるに、

 いずれの代の御室(仁和寺住職)のときか、大法の儀式...続きを読む

Q古今著聞集の訳を教えてください!

古今著聞集の「衣のたて」の現代語訳を教えてください!!

Aベストアンサー

 こんにちは。
 どうやら学校の古文の教材に取り上げられているようですね。以前にも別の質問サイトで同じ内容のものがありました。
http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1412638559
ただ、残念ながらこの回答で紹介されているページは既にありません。
 代わりに簡略な注記がある本文ページを見つけましたから、そちらを参考にしてください。
http://oak.zero.ad.jp/teru/gakusyu/kokontyo/kinu/index.html
青字になっている部分は注記があるので、解らないと感じたら参照してみましょう。
 これ以上は全文の現代語訳も収録されている本があります。大方の図書館にはどれか1冊程度はあると思いますから、そちらに訊ねてください。

Qこの投影図ができる立体は三角錐でいいですか

この投影図ができる立体は三角錐でいいですか

Aベストアンサー

三角錐だと思いますよ!

Q3番の答えを教えてください。

3番の答えを教えてください。

Aベストアンサー

3は素数である。このことは、3が2で割り切れないことで確認できる。
素数とは、有理整数環の既約元が定義であるが、
有理整数環はユークリッド整域なので、既約元は素元となる。
よって、素数3がa^2を割り切るならば、3はaを割り切る。

√3 = a/b (a/bは既約分数) と表せたとすると、
3b^2 = a^2 より、3 | a^2 によって 3 | a である。a = 3c と置くと、
b^2 = 3c^2 より、同様に 3 | b である。これは、a/b の既約性に反する。

√6 = a/b (a/bは既約分数) と表せたとすると、
6b^2 = a^2 より、3 | a^2 によって 3 | a である。a = 3c と置くと、
2b^2 = 3c^2 より、3 | 2 または 3 | b である。
3 | 2 ではないから、3 | b となり、a/b の既約性に反する。

Q出口王仁三郎様はどんなお方ですか?

出口王仁三郎様はどんなお方でしょうか。
やはり神通力をもってらっしゃったのでしょうか。

どなたか詳しい方、ご回答宜しくお願いいたします。

またフリーメーソンとの関係もしりたいです。
伊達政宗、加藤清正、豊臣秀吉、スマートフォン、新幹線、徳川幕府、坂本竜馬、吉田松陰先生、そして出口王仁三郎様との関係はなにかありますか?

 なにかご存知の方はご回答宜しくお願いいたします。

 霊界物語は数ページしか読んでません。笑

Aベストアンサー

短歌を大量に詠んだ人。頭の回転はものすごく早い。
1日で何首詠めるか挑戦したこともあったという。数はともかく、作品としては素人レベルだったらしい。

弾圧されていた宗教で、風呂あがりに警察に踏み込まれた時、自分の股間を指差して、大本教はいじればいじるほど、大きくなるぞ。と、下ネタを披露。自信があったらしい。

Qどなたか消してしまったので、ここの部分教えて下さいませんか。 本当に申し訳ありません

どなたか消してしまったので、ここの部分教えて下さいませんか。
本当に申し訳ありません

Aベストアンサー

(確率)=(条件に合う回数)÷ (全体の回数) で表します。
サイコロは、1回につき 1 から 6 まで 6 通りの出方があります。
3回投げるのですから、ぜんぶで 6x6x6=216 通りの出方があります。

1又は2が出るのは、1回につき 6通りの内の2通り、つまり 2/6=1/3 ・・・① 。
1又は2が出ないのは、同じように考えて、4/6=2/3 ・・・② 。

X=0 は ② だけが 3回ですから (2/3)x(2/3)x(2/3)=8/27 。
X=1 は ① が1回で②が2回で、(1/3)x(2/3)x(2/3)=4/27 で、
    ① は1回目から3回目までのどこかに出れば良いので (4/27)x3=4/9 。
X=2 は ① が1回で②が2回、① の出る場所が3通りあるので、3x(1/3)x(1/3)x(2/3)=2/9 。
X=3 は ② だけが3回ですから (1/3)x(1/3)x(1/3)=1/27 。

Q2番がわかりません。 →よーく考えること の部分で詰まってます… おねがいします

2番がわかりません。
→よーく考えること の部分で詰まってます…
おねがいします

Aベストアンサー

P(x)=(x-1)^2・Q(x)+ax^2+bx+c まではよいと思う。
P(x) のうち、(x-1)^2・Q(x) の部分は (x-1)^2 で割り切れるのはわかると思う。
そして、P(x) を (x-1)^2 で割ったときの余りは 2x-1 だというのは(i)で言っている。
だから、P(x)を(x-1)^2で割った余りは、ax^2+bx+c を (x-1)^2で割ったときの余りと一致するはずである。それであれば、ax^2+bx+c=a(x-1)^2+2x-1と変形できることになる。これが「よ~く考えること!」の部分の解説である。

Qこの問題の証明をおねがいします!

この問題の証明をおねがいします!

Aベストアンサー

角CED+角EDC=角BCD  (1)

角EDC=角ABCより
(1)は、角CED+角ABC=角BCD (2)

AB=ACより、三角形ABCは二等辺三角形
よって、角ABC=角ACB

(2)より、角CED+角ACB=角BCD
     角CED=角BCD-角ACB
        =角DCA

弧ABより、角DCA=角DBA
よって、角CED=角DBA  (3)

角BAD=角EAB  (4)

(3)(4)より、三角形ABDと三角形BEAは相似

以上


人気Q&Aランキング