「夫を成功」へ導く妻の秘訣 座談会

私は人にを「屁理屈だ!」と言われるのが嫌いです。私は屁理屈を言ってるつもりはないのに屁理屈だと言われると私の意見を全否定されてるみたいで嫌です。私の言ってることが全て正しいとは思いません。しかし、全て間違っているとも思えないんです。私は
「屁理屈だ!」と言われる度に「私の意見が屁理屈だと言うなら屁理屈と理屈の違いを説明して、私の言った事のどこがどう屁理屈だったのかちゃんと説明してよ。私に非があったら訂正もするし謝るから」
と言っても「それが屁理屈なんだよ!」と
言われてしまいます。屁理屈とはなんですか?理屈と屁理屈の違いはなんですか?

A 回答 (20件中1~10件)

「屁理屈」


まるですじの通らない理屈。
https://dictionary.goo.ne.jp/jn/199780/meaning/m …
ですが、この場合の「すじ」とは「筋道」、すなわち、
1 物事がそうなっているわけ。
https://dictionary.goo.ne.jp/jn/118243/meaning/m …
のこと。つまり、
「屁理屈だ!」と言う人は、
『君の言ってることは、「物事がそうなっているわけ」の説明になっていない!』
と言っていることになる。
そうすると、本当に『「物事がそうなっているわけ」の説明になっていない』のか否か?ということが、論点として浮上せざるを得ない。
もし、本当にそうなら、そのような内容について何かを論じるほど不毛なことはないのだから。
その意味で、この論点は、その後の会話を続けるにあたっての最低限の前提とも言える。
よって、

本当に『「物事がそうなっているわけ」の説明になっていない』のか否か?

についての検討を避けたまま、闇雲に「屁理屈だ!」とだけ言う人は、その論点について考える能力が無いか、または、単に会話をそれ以上続けたくないために難癖をつけているにすぎないことになる。
そういう品性下劣な輩は巷間多数存在するが、前者の場合には、辛抱強く対応することで進展がみられる場合も、まったく無いわけではない。
    • good
    • 7

だらだら 説明が長いんじゃないかな


もっと相手に分かりやすいように話せば理解もしてくれるし屁理屈とは言われないのでは
聴き手も あーだこーだ言われるとめんどくさくなって いつまで言ってんだ屁理屈ヤローって思っちゃうんだよね
その理屈と屁理屈の違いの説明ってだけで 面倒くさい奴 って思えるもん
    • good
    • 1

言葉なんて!(実に良い加減なもの)、という人、私がしゃべりだすとすぐ「違う、違う」と横やり入れてきます。


無視して話続けて周囲が混乱すると、かの人「ちょと待て、ちょと待て」!、俺の話を聞け、って意味ですね。
俺の話、自身が常に否定している言葉を使いますね、矛盾も甚だしい。
そんな人も確かにいます。
注意したいのは、十分に自分で検証していない仕入れてだけの知識による理屈の組み立て、物理なんかでよく見かける、抵抗は無視することとする、の条件、理想気体なんて言葉もあります。
0.99・・以降無限に続く、無限である以上1ではない、無限の実態は不明、だが無限と言うからにはその彼方は1では・・?。
アキレスは亀を追い越せない、のパラドックスがあります、現実では追い越していますね。
理解を容易にするため、本来は条件を付ける必要のある理屈を現実の場面でそのまま適用すると屁理屈にもなります。
    • good
    • 0

「屁理屈だ!」は


理屈の間違いを見つけることはできないが感情的に承服できない…
といった論理的に考えることのできない人がいうセリフだと思ってます
    • good
    • 11

屁のように臭いだけで、役に立たない理屈のことです。


日本では、話の理論性よりも、聞き手にとっての話手の立場が重視されます。故に理屈が通っている話でも、聞き手にとって大して重要でない立場の人間の話は、屁みたいなものと見なされがちです。
    • good
    • 1

理屈ばかり言う人間はうるさいから「屁理屈を言うな!」で片付けようとしているだけだとおもいますよ。

私なんかもよく親父に「理屈を言うな!」の一言で話を聞いてくれません。まあ、私の親父の話を最後まで聞かずに「それはおかしいやろ!」と自分の理屈を言い始めるのが悪いのですが。。要はつべこべ言わず素直に自分の話を聞いて欲しいだけなんでしょうね。
    • good
    • 5

言われてみると、「屁理屈」って、案外難しいですね。



まあ辞書的には「筋が通らない理屈」と言うところですが、実際には、違う意味で「屁理屈だ!」などと言われている場合も多いと思います。
たとえば「つべこべ言うな!」的な意味で、「屁理屈を言うな!」みたいな使われ方も多いと思いますし、ご質問のケースもそんな感じでしょう。
あるいは、より上位の理屈に対し、下位の理屈であった様な場合も、「くだらない理屈」みたいな感じで、屁理屈と言われるかと。

従い、「どこがどう屁理屈だったのか?」と言う問いに、明確に答えられないのも当然で。
逆に「筋が通らない理屈」と言う、本来の意味の屁理屈であれば、「筋が通らない」の部分を明快に説明できる筈だし、「それが屁理屈なんだよ!」と言う、筋の通らない説明になる訳がないでしょう。

ただ、一方では質問者さんも、屁理屈と言う言葉に過敏に反応した結果、「つべこべ言うな!」と言う相手に、つべこべ言っちゃった格好です。
すなわち、火に油を注いでしまっているとは思いますし。
「私の言った事のどこがどう屁理屈だったのかちゃんと説明してよ。」はまだ良いですが、「屁理屈と理屈の違いを説明して」となど言うのは、話をややこしくする方向性かと思います。
    • good
    • 0

僕は文系ですから理屈で説明してしまいます。


それが筋が通っていても言い訳がましく聞こえてしまうようですね、、、恐らく。
屁理屈だとよく言われましたよ。
今はだいたいハイハイ聞いてますけどね~でも上司でも最近は僕にアドバイスを求めてくるようにはなりましたけどね。結局筋は通ってるので。
理屈も屁理屈も同じだと思いますよ。
相手の方のとらえようなだけですね
    • good
    • 0

理屈は筋が通っている言い分



屁理屈は自分に都合のいいことばかり言ってるだけだから相手が納得出来ない

ってことじゃないですかね

屁理屈って言われた時に
それを素直に認めないで

どこが屁理屈なの?説明して

なんて言うから ほらまた~
ってなるんですよ

要はかわいくないってことなんじゃないですか?
    • good
    • 1

屁理屈だと言ってくる人は特定の人ですか?例えば家族によく言われるとか。



特定の人に言われるのと、まったく他人で大多数の人に言われるのでは意味合いが異なります。

どういった方に言われるのでしょう?
    • good
    • 1

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q屁理屈とは何か?

よく上司に「屁理屈を言うな!」と言われますが、屁理屈とは何ですか?辞書には「道理に合わない勝手な理屈」書いてありますが・・・理解できません、釈然としません。例文とかあったら嬉しいです。

Aベストアンサー

屁理屈を言うなって言う人は、コミュニケーション能力が低いとしか思えないです。
例え屁理屈でも「理屈ではそうも言えるかもしれないが、今は違う」
とでもいってくれれば良いのに、
「屁理屈を言うな!」なんて言うのは自己顕示欲だけ高く中身の無い人間としか思えない・・・

でも屁理屈って一見あってそうでも突き詰めて考えると前提が間違ってたりするときもありますね。

・・・っと、「屁理屈」に嫌な思い出があるのでつい語ってしまいました。

Q理屈を言うのは悪い事?「理屈・屁理屈言うな」といつも言われます。(長文です)

はじめまして。
長文になりますが、宜しくお願いします。

私はよく「理屈ばっかり」「屁理屈言うな」と家族に言われます。しかし自分ではそうとは思いません。(場合によりますが)

「理屈ばっかり」
自分が理屈っぽいというのは自覚しています。ですがそれを注意される理由が分かりません。「理屈を言って何が悪いんだろう。むしろ理屈は正しいことなのでは?」これが私の考えです。
必ずしも正しいとは言いませんが、理屈を否定するのは間違ったことなのではないのでしょうか?
「理屈を言って何が悪い」と言い返すと「開き直るな」と言われます。実際開き直っているのでそう言われるのは仕方ないのですが、それだと「理屈を言うことは非だ」と相手に言われていることになりますし、自分でもそれを認めたことになります。

「屁理屈言うな」
屁理屈言った覚えは、この時自分にはありません。理屈っぽい事を言っているというのは自覚しています。自分が言った理屈を屁理屈と捉われているのが癪で、また補足で話すのですが、それがまた相手にとっては屁理屈に聞こえるようです。

家族の「理屈・屁理屈」の意味の捉え方が間違っているのだと思い、一度理屈・屁理屈の意味を(上記の言葉を言われた時にいつでも反論できるように、事前に調べておきました)家族に伝えると、気に食わなかったらしく、「そこが理屈っぽい」とまた怒られてしまいました。

自分のこの「理屈っぽい」という性格は、短所でもあり長所でもあると思っています。友人に多い感情で物事を判断・伝える。これは正確さに欠けますし、この時こそ情報を整理するために理屈っぽさが必要なのでは?と思います。(この考えの所為か私の理屈を頭ごなしに否定されると、事実をうやむやにされたような気分で、嫌になります)
ですがその反面、なんでもかんでもまず先に理屈でものを言う癖があるので、(私の言い方が悪いのか)癇に障ってしまうようです。

例をあげると。
自分「妹に新しい仕事のこと、内容をどこまで話したの?」
相手「今さっき話し終えたところ」
自分「だからどこまで話したのか聞いているんだけど」
相手「この前の仕事のこと」
自分「私が知りたいのは、この前の仕事のことを話したかでもなく、いつ話し終えたのかでもない。新しい仕事の内容をどこまで話したのかだ!」
といった感じです。こういうやり取りが頻繁にあるので、最近ではイライラしてしまい、怒り口調ですぐに最後の文を言ってしまいます。相手からしてみれば、最後の一言が「理屈・屁理屈っぽい」のだそうです。(言った時の態度が悪かったので、そう捉われてしまうのかも)私が正論を言っているのだと、自分ではそう思っているのですが・・・。

他には
相手「あなただって同じ事したことあるくせに」
自分「したことある人間が、それをした別の人を注意してはいけないの?私は謝ったし、それが悪いことだという事を理解したから、今注意しているんだけど」
などです。

自分の言っていることが本当は屁理屈ということに、自分では気がついていないのでしょうか?
屁理屈についての調べた質問の回答の中に、「屁理屈を言う人は、自論を他人に押し付け相手を言い負かしたい気持ちがある」というものがありました。・・・正直に言いますと、この気持ちが全くないというと嘘になります。ですがそれは正しい事を言っている時であって、変なプライドを守るための悪あがきの場合(相手の言い分が正当なものであると感じれば)はきちんと言った事を訂正し、謝っています。・・・と自分では思っていますが、結局それも私の思い込み(正当化)で、本当は正誤関係なく屁理屈を通そうとしているのでしょうか?

私が言い争いで反論するとすべて理屈・屁理屈で片付けられ、終いには話しを聞いてもらえなくなるので、いつも嫌な気持ちになってしまいます。

はじめまして。
長文になりますが、宜しくお願いします。

私はよく「理屈ばっかり」「屁理屈言うな」と家族に言われます。しかし自分ではそうとは思いません。(場合によりますが)

「理屈ばっかり」
自分が理屈っぽいというのは自覚しています。ですがそれを注意される理由が分かりません。「理屈を言って何が悪いんだろう。むしろ理屈は正しいことなのでは?」これが私の考えです。
必ずしも正しいとは言いませんが、理屈を否定するのは間違ったことなのではないのでしょうか?
「理屈を言って何が悪...続きを読む

Aベストアンサー

普通の会話で理屈を語ったら、嫌われるのはしかたないことでしょうね。
人はそれらを称して理屈とは言わず、蔑みの気持ちを込めて「能書をたれる」などと呼ぶのがいい例ですが、会話が成立するには、理論理屈が主体ではなく、コミュニケーションが主体でなければならないからです。
つまり、会話というのは、言葉を通じての心と心の触れ合いが主体なので、そこに理論理屈が入り込む隙はないといいましょうか、言葉で真理を語ってもしかたがないのです。
言葉を語るのはあくまで便宜上の話で、言葉と言葉のやりとりではないのです。
あなたの場合、おそらくその点を大きくかん違いしているのではないでしょうか?
会話が言葉と言葉で成立しているという表面だけで捉えているため、「どうして理屈が悪いのだ?」と思うのでしょうが、実は言葉と言葉のやりとりに見えて、そうではないのです。より深い心と心の交流が主体であり、暗黙の主目的になっているのです。
そもそも言葉にはロゴス的側面とパトス的側面が内在しているのです。あなたが、言葉のロゴス的面だけに捉われているために生じた問題だともいえます。簡単に言えば、言葉に捉われ過ぎているのです。
ある言語学者の論文によれば、人と人の会話の中で相手に伝わる部分の90%以上が言語によらないとしています。
つまり、どういうことかと言えば、どんなに活発に言語を使ってやり取りしていたとしても、言葉そのものでやりとりしている部分は極めて少ないというのです。
言語自体から伝わる部分は最大でも10%未満に過ぎないというのです。
その学者が言うには、言語自体が相手に伝わるというよりも、会話中の「間」即ち言語と言語の間に生ずる「沈黙」が言葉以上のメッセージを伝えているというのです。
文章で言えば、行間を読むのというのと一緒かもしれません。
私が思うに、沈黙が語るメッセージとは、相手が語った言葉と言葉の間に生じたその沈黙から、想像力を発揮して、聞く側がどれだけ言葉にならない言葉を理解するかと言う深さの尺度でもあると思うのです。有能な者を例える言葉に「一を聞いて十を知る」というのがありますが、深く考える者は、相手の微小な言葉や言葉の断片からでも、物事の本質や大きな全体像までも理解することができるのです。
そこには、言葉一つあれば十分であって、かえって下手な理屈は無用のものであることでしょう。
つまり、語り手が理屈を語ってしまったら、相手(聞き手)が想像して理解する部分を最初から奪い取ってしまうことになるので、
つまらないと思うし、それ以前に会話が成立しないので、相手に不快感を与えてしまうのです。
クイズの答えを相手が考える間もなくバンバン言ってしまったら、面白くないのと似ています。
相手に考えさせ、想像する部分を残すからこそ、会話もクイズも楽しいものとなるのです。
人は、考えに考え、悩みに悩んだ結果、どうしても自分で解が見つからなかった場合のみ、正解や真理を知りたいと思うのではないでしょうか?
理屈が悪いのではなく、理屈を言うならそれに相応しい時と場所、シチュエーションなどがあると思うのです。
たとえば、十を聞いても一すらわからない人には、その答えを求めている場合のみ、わかりやすく噛み砕いて理屈を語ってあげなければならない場合もあるかもしれません。
あなたの場合も同様なことでしょう。ご家族の皆さんがそれを聞きたいなら、喜んで理屈を聞きたいのです。
そうではないから歓迎されていないのです。
理屈がいくら正しくても、その時と場所と相手が、それを求めていなければ、会話やコミニュケーションが成り立たたなくなる場合があることを知っておいて下さい。

普通の会話で理屈を語ったら、嫌われるのはしかたないことでしょうね。
人はそれらを称して理屈とは言わず、蔑みの気持ちを込めて「能書をたれる」などと呼ぶのがいい例ですが、会話が成立するには、理論理屈が主体ではなく、コミュニケーションが主体でなければならないからです。
つまり、会話というのは、言葉を通じての心と心の触れ合いが主体なので、そこに理論理屈が入り込む隙はないといいましょうか、言葉で真理を語ってもしかたがないのです。
言葉を語るのはあくまで便宜上の話で、言葉と言葉のやり...続きを読む

Q屁理屈と理屈の区別がつかない。病気でしょうか?

相談に乗って下さい。
幼い頃からことあるごとに両親から「屁理屈を言うな!」と叱られてきました。思った事をそのまま言っても「屁理屈言うな」「もっと素直になりなさい」と言われるので、素直とは何なんだろう?と考える幼年期を送りました。

しかし成人しても、周りの反応は全く同じでした。
「変な事を気にする人だね」と言われ、気がつけば集団の中ではいつも「なんか変な人」ポジションでした。流石に出会う人出会う人皆「屁理屈言うな」と言うので、自分がおかしいのだと解りましたが、何が普通なのか全く解らないのです。

何か会話をしていると「屁理屈になっているよ」と言われます。
そうして会話をしているうちに、相手が悲しそうな顔で自分を見始めるので、何だかこちらが物凄く悪い事をしているような気になって、自分の意見、主張(世間的に見たらこれも100%屁理屈なのでしょうが)を押し殺す。これの繰り返しで、自分が嫌になってきます。

もしかして自分は深刻な脳の病気なのでしょうか?
他人とズレた考え方しか出来ない精神病なのでしょうか?

Aベストアンサー

かなりの負けず嫌いではないですか?

質問文を読ませていただくと、明快でわかりやすい文章から頭が悪くて区別ができないわけではなさそうですし、
>会話をしているうちに、相手が悲しそうな顔で自分を見始めるので…
というところから、場の空気が全く読めないわけでもなさそうですし、
>成人しても、周りの反応は全く同じでした。
というところから、周りがおかしい人ばかりというのでもないようです。

負けず嫌いなら、相手の忠告や反論に対しても言い返さずにはいられず、無理に理屈をこねてしまうかもしれませんね。
http://hunbook.hp.infoseek.co.jp/column/kiben.htm
こんなふうな答え方をしていませんか?

Q「理屈」の意味について。よく「お前は理屈っぽい」「お前の理屈は正しい」

「理屈」の意味について。よく「お前は理屈っぽい」「お前の理屈は正しい」「その理屈でいくと、こういうことになるよな」「理屈で物を語るな」・・・とか聞くんですけど、上記の使用例だけで結構ですので、理屈ってわかりやすく説明するとどういう意味なんですか?

辞書で調べると、「物事の筋道」とかなっていましたが、物事の筋道って何??って感じです。

Aベストアンサー

>「その理屈でいくと、こういうことになるよな」
:その理屈:(たとえば「(谷垣代表の)”考え方”」  でいくと民主党の考えは全部悪いということになりますよね。

>「お前の理屈は正しい」

これも上記と同様です。「お前の考え方は正しい」ということですね。

>「お前は理屈っぽい」
理屈っぽい:具体的な事例から離れて、とかく言葉だけで物事を抽象的に考えたり、頭の中だけで思いを展開させたりする傾向が強いことを指します。一般的には批判的ないいかたで、どちらかといえばよくないとされる傾向です。

「おまえは物事を頭の中だけで操作、処理してこねくり回しすぎる。もうすこし現実に沿って簡単に考えられないのか!」というような意味でしょう。この言葉自体は中間的な可もなく不可もないもの(発言者が悪いのか言われたものが悪いのか、これだけでは判断できない)です。

>「理屈で物を語るな」

これも上記と同様でしょう。理屈というのは言葉の世界ですから、物とは相容れないところがあるのは当然です。しかし、物はあくまで物に過ぎません。これをうまく転がし処理するのに言葉は不可欠のツールです。これがわかっていない、頭の固い、言葉を扱うのが不得意なひとが連発する苛立ち、悲鳴のような言葉である場合もよくある事例です。

>「その理屈でいくと、こういうことになるよな」
:その理屈:(たとえば「(谷垣代表の)”考え方”」  でいくと民主党の考えは全部悪いということになりますよね。

>「お前の理屈は正しい」

これも上記と同様です。「お前の考え方は正しい」ということですね。

>「お前は理屈っぽい」
理屈っぽい:具体的な事例から離れて、とかく言葉だけで物事を抽象的に考えたり、頭の中だけで思いを展開させたりする傾向が強いことを指します。一般的には批判的ないいかたで、どちらかといえばよくないとされる傾向です。...続きを読む


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング