ベルリン旅行の予習に最高な映画3選

株とFXの違いってなんですか?

A 回答 (4件)

まず、投資対象が違います。


株は企業が発行する株式。
FXは国家が発行する通貨です。

また、FXは証拠金取引なので取引を行っても現物を手に入れるわけではなく、差額だけで決済します。
株は信用取引で差額だけで決済することもできますが、現物を手に入れることもできます。
    • good
    • 1

株とは、企業のオーナー権利。

 それを売り買いすることを株式投資と言う。

FXとは為替の変動による差額で利益を得ようとする取引のこと。

要するに株は取り引きされるものそのもの、FXは取引する行為そのもので、両者は全く異なる。
    • good
    • 1

投資というものは、稼ぎ方や損失の出し方は同じです。



ただし、「何に」投資するかで内容は異なります。
No.1さんのおっしゃる通り、
「株は会社に」「FXはお金に」投資をします。
ただし、両者の値動きの仕方は要素的に異なります。
株は「券を購入し、今後の売値が上がるか下がるか」なのに対し、FXは「お金を両替し、価値が上がるか下がるか

ですので、株券は、会社の成績が上がれば価値が上がり、下がれば下がるのですが、
FXの場合は、両替する前のお金と両替した後のお金の相対的な差が、上がっているか下がっているかですので、
極端な話を言うと、ある国のの景気が良くなったからといって必ずしもその国の通貨の価値が上がるということではありません。
たとえば日本円をドルに両替したあと、アメリカの景気がかなりよくなったので、儲かるのかと思いきや、実は日本の景気のほうがもっとよくなり、
アメリカドルよりも日本円のほうが他の国にとって魅力的であると見られれば、両替したアメリカドルの価値は下がってしまいます(損をする)。

また、取引する場も、株であればその株式会社のある国の中の話ですが、FXでは国と国の間で行われるため、時差や気候など、変動要因がかなり複雑になります。

また、株は購入するといいましたが、正確には違います。
株券というのは、企業が融資を募るために発行したもので、この券を持っている人にお礼として配当であったりその会社の作った製品であったりを、買ってもらった券の枚数に応じて配布することで相互利益となるように買われるものです。

誰しもが「今から潰れます」という会社にお金を貸したくはありませんよね?

FXの場合は単純に両替だと思ってもらえればわかりやすいのですが、両替に損も得も発生しません。
両替後に国の景気に影響されますので、これにはどちらの損益もありません。
(その国の利率の違いによるスワップという差益差損はありますが・・・)

投資という方法としましてはどちらも有名ですし、予想をするためにやっていること(チャートを見る。景気の動向を推し量る、など)は同じようにみえるのですが、
根本的に投資の対象が違うので、投資の成功失敗のプロセスは全く異なりますので、もしこれから始めるつもりなのであれば、ご注意ください。
もっとお話ししますと文字数が足りません笑ので、この辺にしておきます。ご参考になれば幸いです
    • good
    • 1

投資対象の違いですね。


株→企業
FX→通貨
    • good
    • 1

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング