デジタルコンセはフィルムまたは刷版(CTP)出力の前段階作業と思いますが、
同じ会社に、デジタルコンセを依頼し、そのデジタルコンセを出力見本にして
CTP出力を依頼しました。ところが、違うものが出力されたのですが、責任は
どちらの側にあると思いますか。(データ情報も当然伝えてあります)
また、そのまま印刷に入ってしまいましたが、CTPの検版責任はどちらに有ると思いますか。
ご意見お寄せください。

A 回答 (1件)

違うものとは、何がどのように違うのでしょうか?


コンセと刷版で全く違うのであれば(例えば、色版が抜けていたとか…)、それは印刷会社または間に入っているエージェンシーの責任です。また、コンセ(またはその前段階の、いわゆる版下校了)で文字の間違いがなく、刷版で文字抜けが起こったのなら、それも相手方の責任です。
うちでこの間発生したのは、コンセで色校正のOK出して、現物の刷り直しをしました。やはりコンセでは、微妙な色のニュアンスが掴みにくく、色校正を飛ばしたいうスケジュール的制約もあって、現物でクレームとなりました。このときは、うち(クライアント)とエージェンシーとの再刷分費用折半となりました。うちの場合、間にエージェンシ-が入っていたので、費用折半が取れましたが、印刷会社と直取引の場合は難しいところだと思います。例えば、うちと同ケースが印刷会社とクライアントの間に発生した場合、色校正が抜けていたという点で、印刷会社側に落ち度があるといわれると文句の言えないところだと思います。
上記は、うちの例ですので、お尋ねの件とはずれてるかもしれません。もう少し詳しくお聞かせいただければ、また回答させていただきます。

この回答への補足

y-yossyさん 早速ご連絡いただき有難うございます。
デジタルコンセにある、文字の一部が抜け落ちたのです。
(文字ボックスの文字がりリフローして)
発注関係からいいますと、私が発注者で、セータ出力会社に
デジタルコンセとCTP制作を依頼しました。
印刷は、私のほうから別の印刷会社に依頼し、セータ出力会社から印刷会社へ
直接CTPを持ち込んでもらいました。
セータ出力会社へは、依頼の時、出力見本と、指定の指示書(OSのバージョンとか
使用ソフト、フォントの種類など必要データを記入)も提出しております。
以上の状況です。

補足日時:2001/07/18 10:54
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

QCTPを導入したいのですが何が良いのか

今度CTPを導入したいのですがCTPといっても様々なメーカー機種があって、何を購入していいのか分かりません。ぜひ、これは良いという機種を教えてくれませんか。参考にしたいです。

Aベストアンサー

ご存じと思いますが、CTPには、サーマルCTPとフォトポリマーCTPが有ります。前者は高出力レーザー(赤外線)を使うもので、後者は紫外線を使うタイプです。価格はフォトポリマーCTPシステムの方が圧倒的に安いです。しかしながら、実体験からは、どうも175線2%以下の網点の出力が安定しません。CTP出力の魅力であるハイライトの出力が安定しないので、再販物のハイライトで苦労した経験があります。高価な機器なので導入する際は、数日かけてテストさせて機種を選んでください。確認は最小網点を50倍ルーペで確認すれば直ぐにわかりますよ。私だったら、サーマルCTPをお勧めします。

参考URL:http://www.jfpi.or.jp/public/houkoku/h10_2.htm

Qイラストレーターでシルクスクリーン用4色刷の版の作り方

イラストレーター初心者です。
がんばってCS2を買い現在練習中なのですが・・・。

どうしてもわからなくお教え頂きたく質問させて頂きます。
DTP等も全くの初心者なのですがシルクスクリーンで
4色刷りのデザインをするため1色ごとの版を作る場合は
あらかじめレイヤーで色ごとに作るのはわかるのですが
その他の方法やプロの方の一般的な作業方法があれば
ご指導くださいますようお願いします。

私のデザインの作り方に問題があるものと思いますが
レイヤー1にすべてのデザインを作ってその後に色ごとに
後作業で設定する方法はございますでしょうか?

また、色分解を使い方法や考え方がイマイチ理解できませんが
ご指導頂けます様よろしくお願い致します。

刷りは外注ではなく自刷りを考えておりスクリーン印刷機と製版機は
11月に購入予定でデザインを今のうちから製作しようと思っています。

乱文でわかりにくいかもしれませんがどうぞよろしくお願い致します。

Aベストアンサー

趣味でされるのですよね?

当方CSを所有しており、説明書の100ページ当たりから解説されていますね・・・

って書くだけでは味気ないので

事前に必要数レイヤを作成しておく。
選択ツールでレイヤ移動させたいオブジェクトをクリックして、選択します。

すると、レイヤパレットの「レイヤ名」横にマーカーが表示されます。
そのマーカーを「移動させたいレイヤ名の横」までドラッグすることで、"オブジェクトのレイヤ間移動"ができます。

QCTPとゲラで太さが違ってしまう

あるDTPソフトよりMicrolinePSプリンタへ通常文字を
母体として作成した外字を印字すると通常文字より太く
印刷されますが、CTPへ印刷すると通常文字より細く
印刷されてしまいます。

どうやらCTPは鮮明に印刷できるのでそのような現象に
なるとの事ですが、それならば通常文字(ps書体文字)
も同様になるはずなのですが。。。

PSファイル出力時にはtype3という方法にて出力して
いますが、このタイプが影響しているのでしょうか?
type3やtype1,type42の違いも勉強不足にてよく
わかりません。また、解像度が影響しているので
しょうか?

CTP会社に問合せても、外字を出力する際の何かしらの
選択機能はRIP側に特に持ち合せていないとの事ですが、同じ出力機(ゲラプリンタとCTP)でこんなにも
差が出てしまうのは不思議で仕方ありません。

何かご存知の方がいましたら教えて頂ければ幸いです。

Aベストアンサー

Type3出力が影響しているものと思われます。

PS Type1フォントはフォントの外部(プリンタ等)にあるラスタライザーによって展開されます。
一方のType3はフォントデータ側に展開情報があります。
umeumさんの仰っている通常文字は100%type1でしょう。作成された外字のみがType3であればCTPでのRIP時の展開(ラスタライズ)の仕方が違う事になりますので、他の文字より細くなっても不思議ではありません。
作成した外字をType1で出力してはいかがですか?
Microlineでの出力の際、太るのは単に出力解像度の問題と考えられますが、type3の影響も有るかも知れません。

Type42はPSプリンタでTrueTypeフォントを出力する時の一時的な出力用フォーマットで、Type1や3のようなフォントそのもののフォーマットではありません。

Qデジタルコンセでの色文字修正。

デジタルコンセでの色文字修正。
デジタルコンセで色校を出してもらって、そこに入っている色文字に修正を入れた場合の訂正代金についてお尋ねします。

例えば、色文字を3版で作っていたとすると、3版分の代金がかかりますか?
従来のコンセでは製版を済ましているかと思いますが、デジタルコンセでは製版してませんよね?
だとしたら版代として3版分請求されることはなく、あくまでも文字訂正代だけだと思うのですが。

Aベストアンサー

デジタルコンセンサスは一種のプリンター出力で
フィルムも刷版も作りませんから
材料費としての修正費用は発生しません。

ただ、修正を先方でしてもらう場合にはデータ修正料はかかります。
再校正の場合はその費用もかかります。

QデジタルコンセとCTPについてご意見をお寄せください。

デジタルコンセはフィルムまたは刷版(CTP)出力の前段階作業と思いますが、
同じ会社に、デジタルコンセを依頼し、そのデジタルコンセを出力見本にして
CTP出力を依頼しました。ところが、違うものが出力されたのですが、責任は
どちらの側にあると思いますか。(データ情報も当然伝えてあります)
また、そのまま印刷に入ってしまいましたが、CTPの検版責任はどちらに有ると思いますか。
ご意見お寄せください。

Aベストアンサー

違うものとは、何がどのように違うのでしょうか?
コンセと刷版で全く違うのであれば(例えば、色版が抜けていたとか…)、それは印刷会社または間に入っているエージェンシーの責任です。また、コンセ(またはその前段階の、いわゆる版下校了)で文字の間違いがなく、刷版で文字抜けが起こったのなら、それも相手方の責任です。
うちでこの間発生したのは、コンセで色校正のOK出して、現物の刷り直しをしました。やはりコンセでは、微妙な色のニュアンスが掴みにくく、色校正を飛ばしたいうスケジュール的制約もあって、現物でクレームとなりました。このときは、うち(クライアント)とエージェンシーとの再刷分費用折半となりました。うちの場合、間にエージェンシ-が入っていたので、費用折半が取れましたが、印刷会社と直取引の場合は難しいところだと思います。例えば、うちと同ケースが印刷会社とクライアントの間に発生した場合、色校正が抜けていたという点で、印刷会社側に落ち度があるといわれると文句の言えないところだと思います。
上記は、うちの例ですので、お尋ねの件とはずれてるかもしれません。もう少し詳しくお聞かせいただければ、また回答させていただきます。

違うものとは、何がどのように違うのでしょうか?
コンセと刷版で全く違うのであれば(例えば、色版が抜けていたとか…)、それは印刷会社または間に入っているエージェンシーの責任です。また、コンセ(またはその前段階の、いわゆる版下校了)で文字の間違いがなく、刷版で文字抜けが起こったのなら、それも相手方の責任です。
うちでこの間発生したのは、コンセで色校正のOK出して、現物の刷り直しをしました。やはりコンセでは、微妙な色のニュアンスが掴みにくく、色校正を飛ばしたいうスケジュール的制約も...続きを読む

QCTPについて!

全然わからないんですけど、できればすぐに回答お願いします。


新しい技術でPS版とかを使わずにコンピュータだけで印刷が出来る
システムありますよね?
あれについいて詳しく教えてください!!

Aベストアンサー

もう少し情報を下さい。
・「コンピュータだけで印刷」と言うのは、「コンピュータから直接、印刷機の輪転部に印刷イメージを書き込んでそのまま印刷する物」のことですか?それとも、「コンピューターから巨大なプリンタのような機械に印刷イメージを送って印刷物自体が出力される物」のことですか?

QCTPについて

フォトポリマーCTPの版は、可視光域にも感光するので、明室では取り扱えない。○ですか×ですか?

Aベストアンサー

×ですね。

フォトポリマープレートは、暗室用のCTP用刷版。

用語集↓です。

参考URL:http://www.toubi.co.jp/words/words.html

QCTP印刷の際の色校正について

完全データ入稿でCTP印刷を発注し、本紙校正をお願いしました。
校正が上がってきた時に、その入稿データの中で写真(こちらデータで用意したもの)の
色補正を印刷屋さんに(色が青に転んでいるなど、、)指示することは可能なのでしょうか?
使用している写真自体は既に他の印刷(違う印刷屋さんです)に使われているものを転用しているので、
こちらではデータの色はいじってませんが、前回の印刷と今回とで違ってしまっている時は、
印刷屋さんに補正をかけてもらえるのでしょうか?

Aベストアンサー

「画像の色見、データ補正を頼めるか」は、
基本的には、発注した会社に尋ねることをお薦めします。会社によって対応が違いますので。

「完全入稿」をうたっている会社の場合、色見の責任を入稿者であるkprさんにゆだねている場合が多いです。
その場合「補正は受けない」という会社もありますから。

もし、その会社で引き受けてくれない場合は、kprさんの側で色見の調整を行って、再度完全原稿として入稿する必要があります。

kprさんの側といっても、御本人ではなくても、知合いの製版会社に画像の調整だけ頼む事も可能でしょう。

あまり発注経験が無いなら、いまのうちに訓練しておくのも手ですよ。最初はどうしても経験の為に出費がかかります。

たとえば御自分でフォトショップなどを使い、いろいろな画像調整をした写真を何枚かテストとして完全原稿入稿して本機校正 これでどの写真が良いか決定するとか。 その会社の傾向も分かると思います。

QAdobe Distiller 8.0へ CTP設定方法

Windows版 Adobe Distiller8.0 の中で
「Adobe PDF設定」にCTPを追加したいのですが、方法がわかりません。
どのような方法でやればよいのでしょうか?

ご教示よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

アプリの使い方として、各項目に必要事項を設定して「別名で保存」のところで「CTP」をいれて保存ということではないですよね?

CTPということは、オフセット印刷の現場で使われるなり、入稿される立場ですか?

入稿する立場であれば、印刷会社さんに設定項目を細かく聞けばよいかと。
また、
http://shakushaku.blog23.fc2.com/blog-entry-69.html
ここで紹介されているような本(初~中級向け)の印刷現場向けのpdfガイドなどを購入されたらどうでしょうか。

「現場で使えるPDF活用・入稿実践ガイド 」

奥が深いです。

Q見本市に行きたい

http://www.mesago-messefrankfurt.com/lifestyle/profile.html
のような見本市は個人では(デザイナー希望)みれますか?
またビックサイト等で個人でも見れるものと、企業専門との境はどのように見分ければいいのでしょうか?

Aベストアンサー

3日開催程度の見本市だと大抵の場合、初日が取引先などのご招待デー(商談メイン)あとの2日が土日などをあてて、一般のお客様ご自由にどうぞデーのようにわかれています。
一般どうぞの日には誰でも入れますし、商品をアピールしたい出展企業からいろいろなおみやげを貰えたり、サンプルをいじらせてもらえたりします。

ただし、極端に高度な内容や最先端の話題の場合、全部がクローズドの可能性もあるので、まず、主催企業にメールで問い合わせをなさるとよいと思います。
自分の立場や事情を伝えて、招待状が欲しいと頼むと大概の場合は送ってきてくれますよ。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報