「夫を成功」へ導く妻の秘訣 座談会

架空送電線の雷害対策で

「架空地線を多条化することで、架空地線と電力線間の結合率が増加し、鉄塔雷撃時に発生するアークホーン電圧が抑制できる。」

との記述がありました。

「架空地線と電力線間の結合率が増加する」とはどういう意味なのでしょうか?
また、架空地線を多条化することで、どうして結合率が増加するのでしょうか?

質問者からの補足コメント

  • ありがとうございます。
    結合率の増加というのは静電誘導による結合を指しているのですね。
    なんとか理解出来ました。

    ですが、多条化により架空地線と電力線間の結合が増加する事で、どうして鉄塔雷撃時のアークホーン電圧が抑制できるのでしょうか?
    もしよかったら教えてください。

    No.1の回答に寄せられた補足コメントです。 補足日時:2018/08/18 17:36

A 回答 (1件)

おそらく、架空地線と電力線間の結合とは架空地線と電力線間の静電結合を指しているんでしょうね。

つまり架空地線と電力線でコンデンサを構成しているわけ。架空地線を多条化すると、その架空地線と電力線間の静電結合が増えます。
この回答への補足あり
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q避雷針と遮蔽角(保護角)

高電圧工学の本における避雷針の解説で、「架空地線(=避雷針)の遮蔽角(保護角)は、小さいほど安全率が高い」との説明を読みました。

しかし、私としては、「遮蔽角が大きい方が、大地においては安全な場所の範囲が広いのでは?」と思えてなりません。

私が“安全率”の解釈を間違えているのかもしれませんが、どうしても腑に落ちないため、“遮蔽角が小さいほど安全”であることの説明をしていただければ、と思います。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

避雷針はあくまでも予防処置です。避雷針の高さが高ければ高いほどその直下に近い位置を保護します。つまり、高さの差があればその高い方に落ちる可能性が高まります。

その反対に、高さの差が半分程度であれば、避雷針にかなり近い部位では保護される可能性が高いのですが、避雷針の高さ程度の距離まで離れると、効果が殆んど無くなります。つまり、角度が45度程度も離れると効果が小さいのです。

ここでいういわゆる防護確率は、避雷針に近づければ高い確率で保護できるし、離れれば保護される確率が小さくなるということを表しているだけなので、避雷針のトップからの角度は大きくなれば防護確率が小さくなるというのは正しい表現になるのです。安全を中心に考えると、少しでも高い避雷針を用意し、防護するものを小さい角度内に収めた方が、より安全であるという表現というわけです。でも、落雷の危険度はゼロではありません。小さくなるだけです。

QOC線、OW線、DV線って何の略?

架空配電線路の名称であるOC線、OW線、DV線って何の頭文字でしょうか?簡単に調べましたが、出てきませんでした。よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

OC線:屋外用架橋ポリエチレン絶縁電線(Outdoor Crosslinked polyethylene)
OW線:屋外用ビニル絶縁電線(Outdoor Weatherproof)
DV線:引込用ビニル絶縁電線(Drop wire polyvinyl chloride)

※英語にちょっと自信がありませんのでご自分で掘り下げてください。


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング