中国のことわざだと思います。『難得湖塗』って、どういう意味なのでしょうか?。それと、どういうふうに、読むんですか?。
みなさん、どうぞよろしくおねがいいたします!!。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

>「難得糊塗」人名、清、乾隆帝初期の画家


ではなく、乾隆帝初期の画家「鄭板橋」の六分半書の題。の誤りでしたね。ごめんなさい。
湖塗=「一時しのぎにごまかすこと。その場をとりつくろうこと」の意味ですから

>どういう意味になったのか
「わかった振りは、本当に理解していることとは違う」とか、「取り繕ってもダメですよ」とか色々な解釈ができそうですね。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

うわあぁぁ~!!。こんなに丁寧に回答してくださって、大変ありがとうございます!!。
>「わかった振りは、本当に理解していることとは違う」
あっははは笑!、これは、自分にもよく当てはまります!笑。
kokirikoさん、いろいろ教えて頂きまして、本当にありがとうございました!!。

お礼日時:2001/07/25 20:29

こちらのサイトに出ていました。



漢詩の題名
難得糊塗     もの分かりが悪くすることはそう容易ではない
         「難得糊塗」人名、清、乾隆帝初期の画家

読み方は、ナンエコトでは?(自信ないです。)

参考URL:http://user2.allnet.ne.jp/nisino/kansi/182.html
    • good
    • 0
この回答へのお礼

kokirikoさん、調べて頂きまして、大変ありがとうございます!!。

「もの分かりが悪くすることはそう容易ではない」
なんか、むずかしいですね!!笑(^^ゞ。ん~、どういう意味なんだろう???。
なんだか、日本語も訳せないなんて、おれは、めちゃめちゃ情けなくなってきました・・・。
kokirikoさん、もしよろしければ、kokirikoさんなりに訳すと、どういう意味になったのか、教えていただけませんか?。もちろん、都合がよければでいいですからね!。すみません!!。

kokirikoさん、いろいろ教えて頂きまして、大ありがとうございました!!。

お礼日時:2001/07/24 22:17

このQ&Aに関連する人気のQ&A

ことわざ 中国」に関するQ&A: 王道の意味は?

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qイタリア語のことわざ

「初心忘るべからず」
この言葉をイタリア語に翻訳するとどうなるのでしょうか?
いろいろ無料web翻訳で試しましたが、多数出てきます。
お勧めサイトなどございましたら教えてください。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

Non bisogna mai perdere lo spirito iniziale.
(小学館「和伊中辞典」)

もっと簡単に
Non perdere lo spirito iniziale.
Non perdere lo spirito originario.
Non perdere l'entusiasmo iniziale.
Non perdere l'entusiasmo originario.
でもいいかな。

Qブラジルのことわざ

これらのことわざとしての意味を教えてください。
(アクセントなしです;)
1『Quem tem pressa come cru』
2『Quem avisa amigo e』
3『A cavalo dado nao se olham os dentes』
4『A uniao faz a forca』
日本のことわざに例えられるものは日本のたとえを教えてください。

Aベストアンサー

まったく自信ありませんが私の解釈です。

Quem tem pressa come cru
急いでいる者は生でも食べる。→pressaでも持っていればましだ、それもない者は飢えるしかない。

A cavalo dado nao se olham os dentes
貰った馬の歯を見るな→馬の年齢は歯で見るので、もらい物の価値を判断するようなことをするなという意味。

A uniao faz a forca
団結は力なり

Quem avisa amigo e これは分りません。 何か抜けていませんか。

Qロシア語で湖の深さ

ロシア語で「ここの湖の深さは3メートルあります。」
というのはどう表現しますか?
Озеро здесь имеет три метра глубины.では
おかしな文ですよね。どなたか ロシア語らしい表現を教えてください。

Aベストアンサー

ロシア語で「この湖の深さは3メートルです」という時、いくつか言い方があります。
(ここの湖=この湖と私は理解したので、そういう意味で書きますね)

◆主語に尺度を示す単語をもってくる場合

Глубина этого озера―три метра. (主語と述語を「 ― 」でつなぐ)

Глубина этого озера равняется трём метрам.(動詞равняться+与格)

Глубина этого озера равна трём метрам.(形容詞равныйの短語尾+与格)

Глубина этого озера составляет три метра.(動詞составлять+対格)

Глубина этого озера достигает трёх метров.(動詞достигать+生格)

◆主語に対象物を持ってくる場合

Это озеро глубиной (в) три метра.(尺度を示す単語の造格+数詞の対格/вは省略可)

Это озеро имеет три метра в глубину.(動詞иметь+数詞の対格+в+ 尺度を示す単語の対格)

Это озеро имеет глубину (в) три метра.(動詞иметь+尺度を示す単語の対格+в+数詞の対格)


思いつく限りではこのぐらいかと思います(まだあるかも)。一つの意味を伝えるにもたくさんの表現があるものですね。

会話するときにパッといろいろな表現を使えたら素晴らしいだろうなあと思う、今日この頃です(私も頑張らないと。。。)

ロシア語で「この湖の深さは3メートルです」という時、いくつか言い方があります。
(ここの湖=この湖と私は理解したので、そういう意味で書きますね)

◆主語に尺度を示す単語をもってくる場合

Глубина этого озера―три метра. (主語と述語を「 ― 」でつなぐ)

Глубина этого озера равняется трём метрам.(動詞равняться+与格)

Глубина этого озера равна трём метрам.(形容詞равныйの短語尾+与格)

Глубина этого озера составляет три метра.(動詞составлять+対格)

Глубина э...続きを読む

Qイタリア語で「どうぞ」

イタリア語で 英語の pleaseに相当し、「どうぞ」と意味する表現に per favoreと per cortesiaが ありますが、この二つは どう違うんでしょうか?

Aベストアンサー

感覚的な回答ですが、
"per cortesia"の方が丁寧さが大きい(よりフォーマルな言い方)であると感じます。
(イタリア人はよく"educato"という単語を使いますが、それを使えば、"per cortesia"が"più educato"ということですね)
"per favore"とほぼ同位置に"per piacere"という言い方もあります。この二者は「同じ」と感じていますが、人によって受け止め方が微妙に違いますので、「ほとんど僅差で"per favore"の方が丁寧」と言う方もおられるかもしれません。

なお、「"お願い"の"どうぞ"」(どうぞ~して下さい)の他に、「"勧める"の"どうぞ"」(お茶をどうぞ)もありますね、イタリア語だと"prego"です。

Qフィンランド語で…(少し形容し難い単語です)

ショップ名、ブランド名的な目的で付けたいと考えています。
フィンランド語で、

「おぼろげな光」、「(ロウソクの火の様な)ぼんやりとした灯り」、「薄明かり」、「仄かな灯り」と言った、少しほの暗く暖か味がある様子を何と綴ればよいのでしょうか?

直訳でも、それとなしな言い回しでも構いませんが、短めで、語呂がきれいな感じだとなお嬉しいです。

イメージ的な言葉で申し訳ありませんが、どなたかよろしくお願いします。

Aベストアンサー

そういう光は hämärä valo,また形容詞を名詞化して hämäryys ともいいます。文字化けしなければいいのですが。

ただ,ショップの名として適切かは疑問です。hämärä は「薄暗い」「ほのぐらい」といった感じで,中立的なイメージであり,暖かみを特に感じさせませんし説明的な言葉になってしまいます。

ショップ名としては,もっと具体的に kynttilä(ろうそく),lyhty(ランタン)なども考えられます。フィンランド人はろうそくやランタンを灯すのが大好きで,暖かくやさしいイメージがあります。その2つをつなげた,ろうそくが中にあるランタンは kynttilälyhty です。

冬,雪玉を積み上げて中にろうそくを灯して楽しむことがあり,「雪」という意味の lumi を前につけて lumilyhty といいます。想像しにくかったら画像検索してみてください。これは私も大好きなフィンランドの冬の風物であり,何か命名の機会があったら自分で使いたいと思うくらいの言葉です。

フィンランド語の発音はカナになりにくいものもあります。個々の単語の発音については Google翻訳や Forvo(http://ja.forvo.com/)で聞いてみてください。

そういう光は hämärä valo,また形容詞を名詞化して hämäryys ともいいます。文字化けしなければいいのですが。

ただ,ショップの名として適切かは疑問です。hämärä は「薄暗い」「ほのぐらい」といった感じで,中立的なイメージであり,暖かみを特に感じさせませんし説明的な言葉になってしまいます。

ショップ名としては,もっと具体的に kynttilä(ろうそく),lyhty(ランタン)なども考えられます。フィンランド人はろうそくやランタンを灯すのが大好きで,暖かくやさしいイメージがあります。その2つをつ...続きを読む


おすすめ情報