「dポイント」が最大20倍になるお得な情報

東京都鳥島でアホウドリの繁殖地を人工的に移動することに成功したというニュースが入りました。
ところで、アホウドリの名前の由来を調べてみますと、人間をおそれずにたやすく捕まるからということらしいです。
つまり阿呆ということですが、ところで本当にアホウなのでしょうか?
学習能力が他の鳥に比べてぜんぜんないのでしょうか?
仲間がつかまったら普通は逃げるのが本当です。
どうして逃げないのでしょうか?
体も大きく、顔つきもおばかさんには見えません。
この鳥の習性に関係があるとおもうのですが。
この鳥に芸をおぼえさすことは可能でしょうか?
そうすれば不名誉な名前を返上することができるのですけれど。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (5件)

 アホウドリというネーミングはこの鳥にとってはたいへんに悲劇的なものでした。

大型の海鳥は陸上では動作がのろく、彼らが進化を遂げた自然環境の中に天敵もいなかったため、俊敏な動作で危険を逃れる必要がなく、人間が近づいてもなすすべなく撲殺されたと言います。

 アホウドリは信天翁とも書き、一年に一個しか卵を産まないため、繁殖力はきわめて弱く、それでも明治時代の初めには伊豆七島の北鳥島をおもな繁殖地として数十万羽生息していたと言います。それがほとんどたった一人の羽毛業者のため100年後には50羽まで個体数が減ったと何かの本で読んだことがあります。

 アホウドリという呼び名は人間が勝手に名付けたものであり、生息環境の中で彼らなりの進化を遂げた結果、陸上では動作が鈍くなってしまっただけのことで、海鳥や他の鳥類の中で彼らが特に阿呆だったわけでは決してありません。

>この鳥に芸をおぼえさすことは可能でしょうか?

 鳥類は「飛ぶ」ということに体の全生理的機能を集中させています。胸の箱形の骨格、飛ぶための強靱な筋肉、長い首、羽の構造の一つ一つに至るまでその目的のために美しく進化を遂げているとも言えます。オームのように言葉を覚える鳥もいますが、それは彼らなりの生息環境が作り上げた生理的機能がたまたま人間にとって芸を仕込むのに都合がよかっただけの話です。

 確かに「芸」をする動物はかわいいですが、それができるからと言って賢いかというと一概には言えません。私も無芸ですが40年生きながらえております。うちの犬も芸などしないけれどかわいくてしかたがありません。野生動物は芸などしなくても生き残ってほしいし、その環境は人間が地球上に生き残れる数少ない条件かもしれません。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。
絶滅するほど捕り尽くされて、さらにアホウ扱いされるとは、かわいそうでなりません。
動物保護団体などが、名前の改称を求めないのが不思議なくらいです。
アホウドリに代わって代理裁判を起こせば勝訴しそうですが。

お礼日時:2004/11/19 02:38

こんばんは



ずいぶん前にテレビで見たようが気がするんですがもしかしたら違うかもしれないのであまり当てにしないでください;

昔アホウドリが住んでいた島には人間がまったく居なかったので人間が自分達を捕まえるという事を知らず、まったく逃げなかったそうです
そのため簡単に捕まってしまい阿呆だ、ということでアホウドリという名前になったと見ました

間違ってたらすみません;
    • good
    • 0

普通の鳥が人間に捕まりにくいからといって、その鳥に学習能力があるとは言えないのではないでしょうか?


ほとんどの鳥は近づくものがあれば本能として逃げるだけであって、仲間が捕まって学習していくわけではないと思います。
本能で逃げられないものは子孫を残すことができず、長い年月のうちに淘汰されたのでしょう。

学習か本能かは実験してみないと分かりませんが、他の鳥もアホウドリと同じくらい阿呆で、アホウドリも他の鳥と同じくらい賢い可能性はかなり高いと思います。
環境の変化があまりにも激しすぎたため、警戒心の高いアホウドリが増える前にほとんど死んでしまったのでしょう。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。
カラスは学習能力があり、頭がいいです。
そういえばカラスが頭がいいのは、森やビル街の空間を生活圏にしているからだという話を聞いたことがあります。障害物があり、脳が発達するようです。
海鳥は生活圏が大海原なので、脳は発達しなかったのでしょう。

お礼日時:2004/11/19 13:23

日本語ではアホウドリの彼ら、英語では albatross と呼ばれます。


ゴルフ用語としても使われていますね。
一口にアホウドリと言っても何種かいるそうで、所謂「アホウドリ」は英名が「SHORT-TAILED ALBATROSS」ということです。

同じような境遇で思い出すのが、オオミズナギドリです。
木に登って風をつかまないと飛び立つことができません。
こちらも乱獲されていたようです。

しかし、オオミズナギドリ(大水薙鳥)はともかく、アホウドリって・・・。
鳥好きとしては悲しい話です。

アホウドリ復活への軌跡
http://www.mnc.toho-u.ac.jp/v-lab/ahoudori/

アホウドリに関するQ&A
http://www.mnc.toho-u.ac.jp/v-lab/ahoudori/infor …

The World of Zoology
アホウドリ
http://eco.goo.ne.jp/wnn-z/files/data/japan/ahou …

SUNTORY ecoship
アホウドリって どんな鳥?
http://www.suntory.co.jp/eco/birds/cp/leaflet02. …

御蔵島の旅人
(「10.生物」→「オオミズナギドリ」)
http://www5b.biglobe.ne.jp/~mabuta/progra-m/
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。
いろいろ参考になりました。
世界に600羽しかいないとは知りませんでした。
長寿で、62歳で繁殖したメスの例もあるとか。
鳥の中でもっとも長寿かもしれませんね。
オキノタユウという別名がよいと思いました。

お礼日時:2004/11/19 13:19

 うろ覚えで自信なしですけど、たしか、アホウドリは、その巨体 ゆえにいきなり飛び上がることができず、高いところからグライダーのように気流に乗って、飛び立つ習性があったと 記憶しています。


 人間に襲われても、走るしかなくて、でも、鈍足で簡単にとらえられるところから、命名されたと記憶しています。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。
体が大きすぎて、すぐには飛び立つことができないのでは、すぐに捕まってしまいますね。
ハンターである人間からみると、アホウに見えたということで、一種の悲劇ですね。

お礼日時:2004/11/19 02:34

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qすずめの巣立ち

以前、スズメの雛を拾ってしまい、ここで質問させてもらった者です。残念な事に両足が動かなかった一羽は逝ってしまいました。しかし、ほとんど羽の生えていなかったチビ助のほうは現在とても元気に部屋の中を飛び回っております。テーブルの上からカーテンの上まで自力で飛び上がれるようになりました。ミルワームを置いておくと自分でつまんで食べます。くちばしの両端はまだ黄色が残っていますが、そろそろ外の世界にかえしてあげようかと思っています。でも、このタイミングで大丈夫かなあ?もっとしっかりと成鳥になってからのほうがいいのか、迷っています。心配したらきりがないのですが、ここまで育ってくれたので、ぜひ自然にかえってほしいです。いいお別れの仕方がありましたらアドバイスお願いします!

Aベストアンサー

断言できますが、そのスズメは放鳥して幾日もたたない内に死にますね。
ヒナの時に鳥は集団生活の中で色々なことを学びます。飼い鳥と野鳥の違いは、自分で餌を得られるか、危険を感知して避けられるか、の能力の差が大きいと思います。そのスズメは元は野鳥でも今は飼い鳥です。人間に慣れていると異質な生物に鈍感になってしまいますし、えさを得るスベも知りません。外に出るとカラスや猫の餌食になる運命にあります。第一、部屋の中しか飛んでいない小鳥に空高く飛ぶ筋力がついてるとは思えません。単独行動する大きな動物ならまだしも、小鳥をいまさら放鳥するのはかわいそうです。
野生動物を飼って、大人になったから里へお帰り、というのは当の動物にとってはかなり迷惑な話です。
飼うなら最後まで面倒をみてあげてください。

untyoさんは、瀕死のヒナを拾って育てる心優しい方です。
鳥を愛する私としては、放鳥しないで飼ってくださるようお願いします。

参考URL:http://homepage1.nifty.com/bird-edu/edu/hina.html

Q心は人工的に作ることはこの先できるのでしょうか? だとすると 今感じている私も人工物なんじゃないかと

心は人工的に作ることはこの先できるのでしょうか? だとすると 今感じている私も人工物なんじゃないかと思い怖いのですが

Aベストアンサー

機械が心的なものも持てるかどうかは、それが生まれなければわからないです。
ですから、回答としては、わからないとしか言いようがないわけです。
続いて、これが質問の真意かどうかはわかりませんが、人工物であろうと、別の存在が作ったものにしろ、それが心を持っているならば、その事自体には、何の問題もありません。(心がある事には変わりが無いからです)
心的機能には、その変動性と、変動しながらも、それが単一のものであるという認識が存在していると言えるでしょう。(自己同一性の継続)
現象的には、それが何から生まれたとしても、自己同一性として機能しているのであれば、そこに何の問題があるのでしょうか?
例えば、ロボットが心的機能を持ったとしても、それが心を人間が作ったと考えるか、心が宿ったと考えるかで、意味が違ってくるわけです。
また、心なるものが、単なる情報の結合による幻想であるとしても、そこに心としての機能があるとしたら、心は、自分が同一性を保持していると考えるでしょう。
実を言えば、医学的には、脳疾患、精神疾患などで、同一性を保持できない状態があり得るわけです。
そのような、疾患から回復した場合でも、記憶の障害がなければ、回復した人は、自己同一性を保持しています。
それが、何故、実現できるのかは、いろいろな考え方が出来ると思います。
質問者の恐怖の源泉は何でしょうか?
心が幻想で実体が無いのか?
心が機能だけならば、自己とは何か?
実体論とかは、哲学、宗教が扱う問題で、科学が扱う問題では無いでしょう。(少なくとも、科学的方法で、真の実体とは何かを解明する事は不可能です)
心とは、その外的反応や、内的な認識でしか、観測不能です。(そういう意味では、その機能しか認識出来ない事になります)
脳以外に、別の実体があり、それが脳に作用して、心を生み出すと言う考えは、論理的にあり得ない事象ではありません。
ただし、それを科学的に測定する事は不可能でしょう。
同様に、脳と言う物質の構造が、その動作によって、心と言う仮想実体を生み出し、それによって身体を制御する事が、環境に適応に有用なので、自然淘汰として、残ったと考えるのも、論理的にはあり得ます。
つまり、それは、現在では、同等に考慮出来ると言う事ですね。
たとえば、生物が子孫を残すことにしても、何がその原動力かは、わからないですよね?
ただ、結果として、子孫を残した生物以外は存在しないわけですから、そのような機能を持つものが、生物として自然淘汰された言う事は言えるわけです。
人間が何故、心を持っているかは、わかりませんが、結果的に心を持った人間だけが残ったわけです。(それは、自然淘汰の結果だとは言えると思います)
他の生物が、心を持っているかはわかりませんが、ある程度高等な生物ならば、何らかの感情は持っていそうです。
それは、人間のように、高度な言語化はなされていませんが、生物として淘汰に耐えるための機能は持っているでしょう。(高度では無い、言語機能は持っていると考えられる生物は存在します)

機械が心的なものも持てるかどうかは、それが生まれなければわからないです。
ですから、回答としては、わからないとしか言いようがないわけです。
続いて、これが質問の真意かどうかはわかりませんが、人工物であろうと、別の存在が作ったものにしろ、それが心を持っているならば、その事自体には、何の問題もありません。(心がある事には変わりが無いからです)
心的機能には、その変動性と、変動しながらも、それが単一のものであるという認識が存在していると言えるでしょう。(自己同一性の継続)
現象的に...続きを読む

Q雀の寿命など

1. 個体としての雀の寿命はどのくらいなのでしょうか?
2. 個体としての雀もそれぞれ個性みたいなものがあるのでしょうか?
3. 彼らは集団生活動物の一種だと思えますか?
4. 集団で生活(?)しているとすると、何かの知識や情報を伝えている可能性はありますか?
5. 彼らの感知力。同じ時間に私が自室から玄関に下りる(無論、戸は閉まっていて外部からは見えない)ことなどの家の中での移動を感知しているとしか思えないが、果たして感知しているのだろうか?

*実は数年前までは、残りご飯などを出してあげるようにという家内の指示で雀に出してあげていました。ここ数年、自分でくず米を購入して出してあげるようになっています。なんと彼らは私の動きを外部から察知しているかのように、窓の外にいて請求していて、私が玄関にいくと玄関の屋根や電線に移動し、下駄を履こうとすると、鳴くのをやめてさぁっと庭に移動するのです。そして地面に下りて私と一緒に地上をちょんちょんと歩くのです。私を警戒しないんです。それがもう数年続いているんです。

Aベストアンサー

成鳥雀を5年ほど傷病保護していました。

1.雛で保護すると長ければ10年ほどの寿命があるそうです。
ただ、野生下は厳しいので、1.2年程度だとTvで見ました。
でも、私が保護していた個体は保護時1.2歳という感じではなさそうでした。成鳥で保護した後5年生きましたが最後1年は痴呆状態になりまして介護しました。

2.あります。個体により性格は違います。

3.若鳥が親から離れる時期や繁殖期以外などは群れていますが常に群れているわけではありません。繁殖時はペアで行動しますし、必要に応じて単独でも行動します。

4.情報伝達はしていると思います。危険などへの警戒などは親や仲間からまず教えられます。
また、餌のとりかた、餌場なども親や仲間から学習します。
学習能力がありますので、仲間や親から安全な餌場だと情報を取得し、実際に安全だと学習すれば「安全な人間を識別して」警戒距離を縮めるようになります。

5.音とか振動にはかなり敏感なのだと思います。
雀だけではなくうちで飼育しているインコ類も車の音、玄関扉の開閉、階段を上る音などはすぐに聞きつけて反応しますので、玄関の音をききつけているのではないでしょうか?

永年で培った信頼関係がなせる技だと思います。庭に来てくれる雀たちといつまでも仲良くできるといいですね。

成鳥雀を5年ほど傷病保護していました。

1.雛で保護すると長ければ10年ほどの寿命があるそうです。
ただ、野生下は厳しいので、1.2年程度だとTvで見ました。
でも、私が保護していた個体は保護時1.2歳という感じではなさそうでした。成鳥で保護した後5年生きましたが最後1年は痴呆状態になりまして介護しました。

2.あります。個体により性格は違います。

3.若鳥が親から離れる時期や繁殖期以外などは群れていますが常に群れているわけではありません。繁殖時はペアで行動しますし、必要に応じて単独でも行...続きを読む

QウイルスのDNAを人工的に変化させることは可能ですか?

ウイルスのDNAを人工的に変化させることは可能ですか?

たとえば鳥インフルエンザウイルスと人インフルエンザウイルスを組み合わせて人に対して強力な病原性を発揮できるウイルスを人工的に作ることはできないのですか?

また、エンベロープはインフルエンザでも中のDNAはエボラ出血熱とか。

もし、こんなことが大学の研究室レベルでできるとしたら、北朝鮮の核ミサイルなんかよりよほど恐ろしいと思うのですが。

Aベストアンサー

 獣医師でウイルスに専門知識を有する者です。

 ウイルスの遺伝子(ウイルスにはDNAではなくRNAを遺伝子に持つものも多いです)を人工的に改変することは可能なのですが、当然ながらどんな改変の仕方でも同じ難易度というわけではありません。

 例えば、

>たとえば鳥インフルエンザウイルスと人インフルエンザウイルスを組み合わせて人に対して強力な病原性を発揮できるウイルスを人工的に作ることはできないのですか?

 これは容易でしょう。自然界でも起きていることですし、その意図がなくても鳥インフルエンザウイルスとヒトインフルエンザウイルスの組み替え体を作ってしまうリスクがあるので、「ヒト由来のインフルエンザウイルスと動物由来のインフルエンザウイルスを同じラボで取り扱ってはならない」というルールがあるくらいです。
 まあ、単に組み替え体を作るだけでなく、狙いどおりの性質を持ったウイルスを作るとなると、ずいぶん根気が必要でしょうけども、

>1つや2つではうまくできるかどうか怪しくても1000種類の組み換えウイルスを作って実験すれば一つくらいとんでもない強力なウイルスができる可能性があるのではありませんか?

 まさにそういうことになるでしょう。まあインフルエンザウイルスはよく研究されているウイルスなので、それぞれの遺伝子の働きや病原性との関わりもかなり理解が進んでいますから、まるきり当てずっぽうで作るよりよほど効率よくやれそうですし。

>また、エンベロープはインフルエンザでも中のDNAはエボラ出血熱とか。

 これは難しそう、というより可能性はなさそうに思えます。
 というのは、エンベロープにしてもHA蛋白やNA蛋白にしても、これらはウイルスの生活環と深く関わっているものなので、部分的にすげ替えても全体として機能しなくなるからです。
 インフルエンザウイルスのエンベロープを持ったエボラというのは、おそらく「インフルエンザ並みの感染力を持ったエボラウイルス」を想定しているのだと思いますが、これは組み替えバキュロウイルスに目的のタンパク質を発現させる、というのとはずいぶんレベルが違う話です。
 それにその目的だと本当はエボラウイルスに持たせるべきはHA蛋白でしょう。エンベロープは元からエボラウイルスも有していますから。

 インフルエンザウイルスの感染力が強いのは、ウイルスが上部気道の粘膜上皮にのみ感染し、そこで増殖するからです。すなわち、病原性が低く気道にも致命的なダメージを与えないので"飛沫"にウイルスを乗せて撒き散らせるわけですし、病原性が低く感染者や発病者でさえもうろうろ行動してくれるからこそ、感染者があらたに感染させる人数も多くなり、これらがトータルとして「感染力が強い」ということになるわけです。

 対してエボラは全身臓器に感染し、これらを速やかに致命的に破壊することによって高い病原性を示すわけですが、これにインフルエンザウイルスのHA遺伝子を組み替えても「気道限定」になるだけ、つまり病原性は弱くなってしまいます。
 まあ感染した気道粘膜は速やかに徹底的に破壊する、という性質が残っていても、感染すると「咳」ではなく血を吐き出して死ぬ、みたいな病気になるわけで、誰も怖がって近寄らないと結局「感染力」は弱くなってしまいます。

 これは「組み替えができたら」という前提で書いたわけですが、ウイルスではこれらの遺伝子全てが感染~増殖~出芽の生活環に密接に関わっています。またそれらの生活環はウイルスの種毎に大きく異なります。
 自分の遺伝子を細胞に読ませる方法ひとつとっても、自分のDNAをそのまま読ませて細胞にmRNAを作らせるもの、自分のDNAをmRNAに転写する酵素を自分で持ち込むもの、自分の遺伝子(RNA)がそのままmRNAになるもの、自分のRNAをもう一度RNAに転写してそれをmRNAにするもの、自分のRNAをDNAに逆転写して細胞のゲノムに組み込むものと非常に多種多様です。
 なので、異種ウイルスの遺伝子を組み換えても、それがウイルスとしてちゃんと機能するのは難しいでしょうね。

 なお、P4レベル云々はこのような話にはあまり関係ないでしょう。
 このレベル(正しくはバイオセーフティレベル:BSLという)は、「危険な病原体を万が一にでも外に漏らさない」ために制定されているものですから、こんなモノを作ろうとする輩がそれを守るわけもないですから。
 BSL4レベルの病原体でも、その施設がないと「必ず漏れる」というわけでもありません。どんな病原体でも不適切な手技で扱えば漏れますが、「目的のモノが完成する」のが早いか、病原体が漏れて死体の山ができるのが早いかは運次第ですし。
 ちなみにエボラはBSL4でなければ扱えないことになっていますし、インフルエンザウイルスは高病原性のH5N1亜型を除くとBSL2で扱えます(H5N1はBSL3)。
 ま、これは「法律」なので、こんなモノを作ろうとする輩がそれを守ってくれるとはとても思えませんが。

>なるほど、そうだとすれば、遺伝子組み換えウイルスは学生レベルでも作れるということですね。そうだとしたら、テロリストは自爆テロなんかするより、遺伝子組み換えウイルスを作ってばらまけばいいように思います。
>こういう危険性があまり話題にならないのはどうしてだと思われますか?

 なってますよ。
 生物化学兵器は開発が容易なことと経費がかからないことから(核兵器に比べて、ですが)「貧者の核」と呼ばれています。
 テロリストが生物兵器を開発・製造していたことはオーム真理教でも前例がありますし、それなりに話題になっていると思っているのですが。
 ま、そうは言っても、飛行機をハイジャックしてビルに突っ込むほど簡単にはできないのですけどね。

 獣医師でウイルスに専門知識を有する者です。

 ウイルスの遺伝子(ウイルスにはDNAではなくRNAを遺伝子に持つものも多いです)を人工的に改変することは可能なのですが、当然ながらどんな改変の仕方でも同じ難易度というわけではありません。

 例えば、

>たとえば鳥インフルエンザウイルスと人インフルエンザウイルスを組み合わせて人に対して強力な病原性を発揮できるウイルスを人工的に作ることはできないのですか?

 これは容易でしょう。自然界でも起きていることですし、その意図がなくても鳥...続きを読む

Q都内、キョロロ~と鳴くスズメ大の鳥なんでしょう

都内、キョロロ~と鳴くスズメ大の鳥なんでしょう
今日の朝、公園の木に10匹程の群れでスズメくらいの大きさ、
雀のような色目で背中に黒と白でハートのような模様になっている
鳥がものすごく綺麗な声でキョロロロ~キョロキョロキョロ~と
鳴いていました。
雀に似ていますが、顔に模様がありませんし、色味が雀より若干淡いです。
一体なんという鳥なんでしょう?知っている方はいらっしゃいますか?

Aベストアンサー

くちばしや足がオレンジではないですか。
ムクドリだと思います。

参考URL:http://www.yachoo.org/Book/Show/664/mukudori/

Qミニウサギの繁殖情報と大小の遺伝的特性

ミニウサギは「小さいものは1.5kgですが、先祖還りで3kgになっちゃうコもいます」と説明されます。

中学生物によると、エンドウマメの大小の遺伝確率は、大小×大小→大3:小1、小小×大小→大1:小1。大大×大大→大、大大×大小→大、小小×小小→小。
ヒトの身長も確か同様です。

ミニウサギの繁殖業界では、小小×小小の繁殖なら確実に1.5kgなので売りやすいと思いますが、あえてそういう繁殖方法によらないのは、小小はオトナになる前に死んでしまうか、体が弱く親になれないのだと想像できます。また、単価の安さから言って、恐らく、親の大小を管理せずテキトーに繁殖させているのだと想像できます。

すると、売られているミニウサギがめでたく1.5kgのオトナになる確率はゼロですね。

ところで、スーパーミニウサギというものが売られていました。ミニウサギとネザーランドドワーフのかけあわせだと説明されました。ネザーランドドワーフは小小、もう片方の親は大小か大大ですね(上記のように、ミニウサギで小小は親になれなさそうなので)。すると、売られていたスーパーミニウサギは、大小で3kgになるか、小小でオトナになる前に死ぬかのどちらか半々ということですよね。

なんだか腑に落ちないので、誰か教えてください。当方、生物学わかりますので専門用語の羅列でもOKです。

また、ミニウサギの体の大きさの遺伝的特性を説明してくれるサイト、本、専門誌、学会等はありますでしょうか。外国語でも構いません。

ミニウサギは「小さいものは1.5kgですが、先祖還りで3kgになっちゃうコもいます」と説明されます。

中学生物によると、エンドウマメの大小の遺伝確率は、大小×大小→大3:小1、小小×大小→大1:小1。大大×大大→大、大大×大小→大、小小×小小→小。
ヒトの身長も確か同様です。

ミニウサギの繁殖業界では、小小×小小の繁殖なら確実に1.5kgなので売りやすいと思いますが、あえてそういう繁殖方法によらないのは、小小はオトナになる前に死んでしまうか、体が弱く親になれないのだと想像できます。また、単価の安さ...続きを読む

Aベストアンサー

>体の大きさのみに絞っているので、遺伝子の場所はかなり限られる、もしくは1つと想像しています。

そうでしょうか?体の大きさはそんなに単純なものでしょうか?例えば成長ホルモンが関与しているとして(おそらくしているでしょうが)、その生成量、生成する時期、ホルモンのレセプターの発現の大小、発現時期などちょっと考えればいろいろあると思います。

>あくまで稀に起きる」ということですが、それが確かな情報でしたら、うれしいのですが、確かな情報でしょうか

これは不確かな情報です。商売にしている以上ある程度の管理はしているはずとの、私の思いから書きました。ですから、最初に推測で書く、と書いていたのです。
今、少し検索してみたら以下のような文がありました。
「ミニウサギは、ネザーランド・ドワーフなどの小型種と、そのほかの品種を交配させて作られたウサギで、いわゆる雑種です。」
もしかすると管理は比較的甘いのかもしれません。ただ、小さくなる確率はそれなりにあるものと思います。また、小型種とその他の種を掛け合わせてミニウサギができるのであればウサギにおいては体が小さいという因子は優勢であるのかもしれません。

>小の基準が厳しすぎますかね?2kgで考えたほうが良いでしょうか
小の基準は飼う人によりけりだと思います。たとえ2kgでも大きいと思う人はいるかもしれません。しかし、普通のウサギが3kg位のようなので2kg以下でミニというのはいい線だと思います。

最後に、私は高校レベルの遺伝はわかっていますが、決して高校レベルのことしかわからないというわけではありません。私の過去ログをよく見ればわかります。

>体の大きさのみに絞っているので、遺伝子の場所はかなり限られる、もしくは1つと想像しています。

そうでしょうか?体の大きさはそんなに単純なものでしょうか?例えば成長ホルモンが関与しているとして(おそらくしているでしょうが)、その生成量、生成する時期、ホルモンのレセプターの発現の大小、発現時期などちょっと考えればいろいろあると思います。

>あくまで稀に起きる」ということですが、それが確かな情報でしたら、うれしいのですが、確かな情報でしょうか

これは不確かな情報です。商...続きを読む

Qこの鳥はすずめ(雀)?ヒナ(雛)?教えてください

この鳥はすずめ(雀)?ヒナ(雛)?教えてください
この鳥はすずめ(雀)でしょうか?大人?ヒナ(雛)?教えてください。
夜どしゃ降りの雨の中マンションの玄関先でびしょ濡れになってうずくまっているのを発見しました。
触った際少しギーギー強めに?鳴きましたが逃げることなくすんなり手で捕まえれたのでハンカチにくるんで胸に抱いて暖めていると冷えきっていた体がほこほこになってきたのでとりあえず家に連れて帰りティッシュを敷き詰めた箱に移しました。数時間そっとしておき様子を見るためフタを開けたところ少し飛んで壁に止まってまた飛んで止まって落っこちたり(着地?)してました。雛で飛ぶ練習中なのか大人だけど弱ってるか怪我してるかでかかわりませんがちょこちょこしか飛べないようです。それ以前に何て言う鳥かもわかりません。
ただ保護したときよりは格段に元気になっています。
雨が止んだらもう元の場所に戻していいでしょうか?それとももうしばらく家で様子見た方がいいでしょうか?

Aベストアンサー

すずめの巣立ちビナです。
雨で親鳥とはぐれてしまったんでしょう。格段に元気になっているとのことなので、親鳥もさがしていますので、雨がやんだら元いた場所付近の茂みの中などに戻してきてあげてください。

できるのなら、放鳥前に食べさせてあげられるといいんですけどね。給餌などは下記のサイトが詳しいです。

参考/すずめっ子クラブ
http://asterisk-web.com/sparrow_club/

ちなみに・・・よく保護される野鳥類はほ乳類ほど臭いは気にしないと思います。
親鳥はヒナをそう簡単には見捨てないです。
子供が拾ってきたすずめの巣立ちビナを親元に帰したり、ムクドリの巣内ヒナの保護経験もありますが、人がさわったヒナでも、親鳥はちゃんと世話をして連れて行きました。
親鳥にしてみれば、人間は非常に怖い捕食者です。そのため、人が怖くてヒナに近寄れない場合は多々あります。
放野時にヒナが心配だからとはりついている人間を、親鳥は気にします。心配でも20m以上離れて隠れて見守りましょう。

また、繁殖期の野鳥は鳥獣保護法で保護されています。狩猟鳥でも捕獲・飼育は違法になると思いますので長期保護になる場合は都道府県の担当部署に連絡を取り、きちんと許可を貰いましょう。

すずめの巣立ちビナです。
雨で親鳥とはぐれてしまったんでしょう。格段に元気になっているとのことなので、親鳥もさがしていますので、雨がやんだら元いた場所付近の茂みの中などに戻してきてあげてください。

できるのなら、放鳥前に食べさせてあげられるといいんですけどね。給餌などは下記のサイトが詳しいです。

参考/すずめっ子クラブ
http://asterisk-web.com/sparrow_club/

ちなみに・・・よく保護される野鳥類はほ乳類ほど臭いは気にしないと思います。
親鳥はヒナをそう簡単には見捨てないです。
子...続きを読む

Q皇帝ペンギンの集団移動と営巣地についての質問

こんにちは、先日映画皇帝ペンギンを見に行って、
非常に気になったので質問させていただきます。
皇帝ペンギンはなぜ、営巣地に集まるのでしょうか?
(映画内ではオアモック(氷丘 のオアシス)と呼ばれていました)
ペンギンたちは交尾子育てのために、餌場からものすごく離れた場所に、移動するそうなのですが…
南極に住んでいる皇帝ペンギンのすべてが、一つの営巣地を使っているのでしょうか?
なぜ餌場の近くを営巣地にしないのでしょうか?

ご存知の方はよろしければお教えくださいませ。

Aベストアンサー

群れで生活するメリットとして天敵に襲われた時に標的を絞りにくくするためとかたくさんいるので天敵に食べられる子供が自分の子供である確率を下げるためなどが一般的に言われています。これがコウテイペンに銀の場合も当てはまるかどうか分かりません。
コウテイペンギンの場合寒いところにすんでいるのでみんなで体を寄せ合って暖めるために集団でいるのです。
>南極に住んでいる皇帝ペンギンのすべてが、一つの営巣地を使っているのでしょうか?
これも分かりません。
>なぜ餌場の近くを営巣地にしないのでしょうか?
これはあくまで推測なのですが餌場の近くには天敵が多いからではないでしょうか?

Q門前清一色のシャンテン数

11123456677778
これは門前清一色ホーラですが、素人には難しいです。玄人の頭の思考回路を推測してみました。
雀頭対子の候補は、11、66、77の3通り。
A.雀頭対子が11→123が必ず順子になる→456が順子→678が順子→777が刻子→ホーラ。
B.雀頭対子が66→777が必ず刻子になる→78が孤立→66は雀頭対子から除外。
C.雀頭対子が77→678が必ず順子になる→567が順子→234が順子→111が刻子→ホーラ。
・・・・・で、Aは跳満、Cは跳満、点数は同じだからAで申告。
こんな感じでしょうか?雀頭対子から考えるのがコツでしょうか?

その前のテンパイで2が抜けているとします。
1113456677778
待ち牌は2の他に35689があります。そして、14はハズレ牌ですが、仮に1が来たとして、
雀頭対子の候補は、11、66、77の3通り。
A.雀頭対子が11→他方の11が孤立→11は雀頭対子から除外。
B.雀頭対子が66→777が必ず刻子になる→78が孤立→66は雀頭対子から除外。
C.雀頭対子が77→678が必ず順子になる→567が順子→111が刻子→134が孤立→77は雀頭対子から除外。
・・・・・3通りの雀頭対子で孤立牌が残るから、1が来てもテンパイのままでハズレ。
みたいな事を考えて、他の牌でも同様の事を頭の中で考えて、待ち牌とハズレ牌を分けるのでしょうか?

ちょっとキツくないですか?慣れれば簡単ですか?

シャンテン数を数えるにしても、頭の中で槓子、刻子、順子×2、対子、塔子、中抜け対子×1を数えて8から引けば良いのでしょうが、組み合わせ方は複数あります。その最小値がシャンテン数なのでしょうが、時間要する気がする。

11123456677778
これは門前清一色ホーラですが、素人には難しいです。玄人の頭の思考回路を推測してみました。
雀頭対子の候補は、11、66、77の3通り。
A.雀頭対子が11→123が必ず順子になる→456が順子→678が順子→777が刻子→ホーラ。
B.雀頭対子が66→777が必ず刻子になる→78が孤立→66は雀頭対子から除外。
C.雀頭対子が77→678が必ず順子になる→567が順子→234が順子→111が刻子→ホーラ。
・・・・・で、Aは跳満、Cは跳満、点数は同じだから...続きを読む

Aベストアンサー

1113456677778

この形ならまずは777を抜いて考えます
1113456678

これはちょっと慣れた人なら一目で2369待ちと分かりますが、コツはまず678を抜いて
1113456
これなら236待ちは分かります

今度は111の方を抜いて
3456678
これで369待ちなので、2369待ちが分かりました

次に最初の形からこんどは678を抜いてみます
1113456777

これもちょっと慣れた人なら一目で23568が分かります
77を雀頭にすれば258が分かるからです

このように、一面子ずつ抜いて考えるのが分かりやすいと思います
多面待ちでも結局は基本パターンの複合なので、回数を重ねていくうちに「ああこの形は以前あったのと同じだな」と感じるようになり、慣れていくと思います

あとは練習しかないですね

Q一卵性双生児は人工的につくれますか

一卵性双生児を人工的につくることは可能ですか?
試験管内では可能と思いますが。
自然の子宮内でも可能な技術でしょうか。

Aベストアンサー

 出来ます。
 体外で人工受精させた後、受精卵が細胞分裂して、多数の細胞がくっついた状態になった段階で、その細胞の塊を2~4個程度に切り分けてから、母体の子宮内に入れます。(2~4つ子)
 家畜で実用化された方法で、人間に応用する際に妨げとなる様な、技術的な問題はおそらく無いと思います。(少なくとも猿では成功例があります)
 家畜では、良質の遺伝子を持った仔を、多数得るために使用される方法で、受精卵を取り出した母親とは、別の雌の子宮にも入れられて、同じ遺伝子を持つ仔が、複数の雌の代理出産によって、一頭ずつ別の雌から産まれる事も少なくありません。 但し、技術的には問題がなくとも、法律的には、おそらく問題があると思います。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報