出産前後の痔にはご注意!

Win10が何かの不調で立ち上がらなくなった時に、パソコンを立ち上げるための手段として「回復ドライブ」により立ち上げる方法と「インストールメディア」による方法との二通りがあるように聞いているのですが、この両者はどのような違いがあるのでしょうか?
この辺りの事情が、私にはよくわからないので、用心のために、修復ディスクを作成し、更に回復ドライブとインストールメディアも、共に、USBメモリーにて作成してあるのですが、なんか無駄なことをしているようで疑心暗鬼の思いです。 この点について、的確なご指導をいただきたく、よろしくお願いします。
因みに、修復ディスクとは、パソコンを工場出荷時のマッサラなOSだけの状態に戻すための手段、ということは理解しております。 なお、使用しているパソコンのOSは、Win10 Ver.1809 です。

A 回答 (7件)

修復ディスクとは、HDD から立ち上がらなくなった Windows の詳細オプションを立ち上げるためにあります。

この修復ディスクだけでは初期化できません。

【Windows10】システム修復ディスクの作成方法と、ディスクからの起動方法
http://yakudate.com/win10-repair-disk/

回復ドライブは、初期化ファイルを含んだ修復ディスクと同じものです。初期化ファイルを保存しない回復ドライブは、修復ディスクと全く同じです。回復ドライブ作成時に初期化ファイルを保存すると、8GB 以上の USB メモリが必要となります。

回復ドライブの作成とシステム復旧方法
http://jisaku-pc.net/hddhukyuu/archives/7112

回復ドライブによる初期化は、回復ドライブを作成したバージョンの Windows 10 に戻ります。また、メーカー製のパソコンの場合、メーカー独自の機能やソフト等は全て消えて標準の Windows 10 になってしまいます。これが、メーカー提供のリカバリと違うものです。

メーカーの提供するリカバリは、OS とドライバが一緒にインストールされて工場出荷状態に戻りますが、それと共に添付のソフトや独自の機能も復元します。もし、メーカー製の独自機能やソフトがあって、それが必要なら回復ドライブの初期かはしない方が良いですね。

あと、Windows 10 のインストールディスクによっても、詳細オプションは表示することができます。修復ディスクや回復ドライブが無い状態でも、インストールディスクで詳細オプションが使えます。

Windows 10 起動しない!インストールメディアで修復する方法
https://www.pasoble.jp/windows/10/088141.html

また、Windows 10 のインストールディスクは、Microsoft のサイトからダウンロード可能ですので、最新のバージョンで作成しておくことが可能です。
https://www.microsoft.com/ja-jp/software-downloa …

「修復ディスクとは、パソコンを工場出荷時のマッサラなOSだけの状態に戻すための手段、ということは理解しております。」
→ これはメーカー製のリカバリディスクです。メーカー製のパソコンでは、工場出荷状態に戻すにはそれしかありません。その代わり、出荷状態の OS なので Windows Update がかなりの量になります。それは結構な数になるでしょう。その代わり、メーカー独自の機能やソフトは取り戻すことができます。自作パソコンでは関係無い話ですね。
※リカバリディスクはメーカーが提供しますが、パソコンにリカバリディスクを作成する機能がある場合は、それでも作成可能です。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

とても深い点まで解説いただき、大変助かりました。 ありがとうございます。
ところで、インストールメディアの場合、「上書きインストール」という処置をすれば、パソコンメーカーが提供するリカバリーディスクと同じ機能(メーカー独自の機能やソフトも復元)になるのでしょうか? 
それからもう一点で恐縮ですが、インストールディスクは、OSがアップデートするごとに作成し直しておく、ということは有意義なのでしょうか?

お礼日時:2019/02/24 15:35

ANo.6 です。



最後に、差分と増分の使い分けですが、バックアップとしてはフルバックアップに対して別々のルートになります。

・差分は、フルバックップとの差でその都度バックップを行いますので、増分とは関係ありません。
・増分は、差分と混在してのバックアップはできません。増分で続けてバックアップを取る形になります。
・ただし、差分と増分はフルバックアップに対して、それぞれに取ることはできますので、目的によって使い分けることはできます。

サンプル:
フルバックアップ + 増分 + 増分 + 増分

フルバックアップ + 差分 1
    ↑    + 差分 2
    ↑    + 差分 3

私の場合、バージョン毎にフルバックアップを取って、Windows Update やソフトインストールのたび毎に増分が多いです。理由は単純で、判り易いからですが、バージョンが上がる前に差分を取っておいた方が、すっきりはするとは思います。

細かい履歴を取る場合は、増分が容量鵜的には有利なので、フルバックアップと増分の組み合わせになるでしょう。バージョンが上がるとフルバックアップを取り直し、そこから再び増分を重ねるようになっています。これは、いつまでも古いフルバックアップを使っているのも不安と言うことと、幾つかフルバックアップがあった方が、安全と考えているからです。差分は大元が失われると全てが失われますので、それならバージョン毎のフルバックアップと増分で良いのでは、と考えたからです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

増分と差分の概念については、私の理解が間違ておりました。 ご指摘に感謝申し上げます。  また、適宜フルバックアップを取っておくというお考え、大変参考になります。  ありがとうございました。

お礼日時:2019/02/25 17:43

ANo.5 です。



"各バージョンごとにイメージバックアップをとっておく場合、増分でバックアップする必要があるでしょうか? 差分では、各バージョンごとのバックアップは取れない、と考えてよろしいでしょうか?"
→ 差分は、フルバックアップとのその時の違いを全て入れますので、容量的には大きくなりますが、復元する時にフルバックアップとその差分だけで済みます。

増分は、フルバックアップに対して順次差を入れて行き、ある時点の増分の復元をする場合、それまでの全ての増分が必要となります。その代わり、個々の増分の容量は少なくなります。これが差分と増分の違いで、結果は全く同じものになります。

と言う訳で、各バージョン毎にフルバックアップを取ってそれに差分・増分を加えても良いですし、フルバックアップを一本取っておき、それに各バージョン毎の差分・増分を作成しても良い訳です。バックアップの形が一寸違うだけで、差分も増分もバックアップ自体の効用は変わりません。

Windows Update やソフトのインストール等に際にも細かくバックアップを取られる場合は、増分が容量が少なくて良いと思います。差分は、フルバックアップに対してバージョンアップ毎にとっても良いのではないでしょうか。これらは自由に使えます。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。 このようなバックアップ操作にあたり、具体的な注意事項や配意事項については、今までお目にかかったことがありませんでした。 
特に、差分と増分の使い分けについてのご指摘/ご提言、バージョンアップごとにフルバックで取り、あとの細かい変更は増分で という方法とか、あるいは、普段は増分でバックアップし、バージョンアップの際は差分でバックアップするというご指摘、これらの手法は肝に銘じておきましょう。  後々の参考に大いになることと思います。 ありがとうございました。

お礼日時:2019/02/25 11:16

ANo.3 です。



"インストールメディアの場合、「上書きインストール」 という処置をすれば、パソコンメーカーが提供するリカバリーディスクと同じ機能(メーカー独自の機能やソフトも復元)になるのでしょうか?"
→ 現状に Windows を上書きすることは可能です。形は一寸違いますが、アップグレードすると言うことです。詳細は下記に書かれています。ただし、これはリカバリディスクを使った場合と違って、工場出荷状態には戻りません。現状を見かけ上アップグレードする形です。

Windows 10 を上書きインストールする方法
https://freesoft.tvbok.com/win10/install/overwri …
 
"それからもう一点で恐縮ですが、インストールディスクは、OSがアップデートするごとに作成し直しておく、ということは有意義なのでしょうか?"
→ 最近は Windows 10 のままでバージョンが上がって行きますので、そう言うことになります。古いバージョンではアップグレードの意味がありませんので、最新を用意しておいた方が良いでしょう。また、一つ前のバージョンには 30 日以内なら戻せますが、任意のバージョンへ戻せるかどうかは判りません(笑)。多分、拒否されて無理でしょう(予想)。

そのような状態に備えて、各バージョンでイメージバックアップを取っておきましょう。システムをイメージバックアップしておけば、トラブルがあった場合、バックアップした時点に戻ることができます。下記のようなバックアップソフトを使って、システムバックアップやディスクバックアップを取っておきます。クローンとは違って圧縮して保存しますので、容量的には小さくなります。

「AOMEI Backupper Standard Edition」の使い方について
https://www.japan-secure.com/entry/blog-entry-51 …

これには、フルバックアップに対して差分や増分と言った履歴バックアップの機能もあります。私は、必ずメジャーバージョンアップの場合は、事前に古い環境をこれで残しています。購入直後をこれでバックアップしておけば、リカバリディスクの代用にもなります。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

とてもよい有意義なアドバイスをいただき、誠にありがとうございます。 各バージョンごとにイメージバックアップをとっておく場合、増分でバックアップする必要があるでしょうか? 差分では、各バージョンごとのバックアップは取れない、と考えてよろしいでしょうか?

お礼日時:2019/02/24 17:11

私のPCは、元はWin7、およびWin8.1で、その後の無償アップグレードでWin10にしたものですので、


そうしますと、回復ドライブは使用すべきでない、と考えるべきでしょうか?
(今更、Win7やWin8.1に戻っても困りますので) 従いまして、私の場合は、
インストールメディアの方を使うべき、と考えるのでしょうか?<

そうですね、Windows7はもうサポートが完全に切れていますしWindows8.1は最悪のWindows
ですから。
インストールメディアはUSBメモリだけでなくSDカードも作って置くと便利です。
唯、これはしょうがない事なのですがインストールメディア内のWindows10は素の10なので
更新に時間が掛かるのが欠点と言えます。
(最初の更新からやり直しになりますからかなり時間が必要です。問題無く更新は出来ますが)
    • good
    • 0
この回答へのお礼

そういう事情がありましたか! いろいろと、ありがとうございました。

お礼日時:2019/02/24 16:20

回復ドライブは、初期化のリカバリのデータをUSBメモリに記憶した物。



OSのインストールメディアは、OSをインストールしたり、バージョンアップしたときに利用する。
起動出来なくなったなら、修復ディスクの機能もあり修復やバックアップからの復元やOSを初期化することが出来る。

OS標準の作成の修復ディスクは、インストールメディアのOSのインストールなりバージョンアップの機能がなくなり、何かあったときに、修復や復元するために起動するることが出来るもの。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございました。  ご指摘の ”回復ドライブ” の部分における、「初期化のリカバリのデータを・・・」という事項ですが、「パソコンメーカーとしての工場出荷時点の状態」という意味でしょうか?

お礼日時:2019/02/24 15:14

1.「回復ドライブ」(リカバリードライブ)はPCを初期化(工場出荷状態)に戻す、詰まり


購入して電源を入れ、起ち上がった最初の状態に戻す機能でHDDにインストールされています。
例えば工場出荷状態がWindows7でWindws10にアップデートしていた場合は、「回復ドライブ」
からインストールしてWindows7が起ち上がる様になります。
2.「修復ディスク」はファイルの破損などに依りWindowsが起動しない場合にそのファイルなどを
  修復してWindowsが起動出来る様に直す為の機能を持ったメディアです。
3.「インストールメディア」は文字通りWindowsをインストールする為のメディアです。
  クリーンインストール出来ます。(USBメモリ、SDカード、CD/DVD等で作成出来ます)

ですから、USBメモリに作成した「回復ドライブ」は一見無駄に思えますがバックアップとして有って
も良いモノです。
元々の「回復ドライブ」の有るHDDが故障したら工場出荷状態にはそのままでは戻せなくなりますから
新しいHDDと交換して「回復ドライブ」又は「インストールメディア」の何方かを使用してWindowsが
起動出来る様になります。

但し、「インストールメディア」も「回復ドライブ」も元のWindows10なのでインストール後は更新が
必要になります。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございました。 いただいた情報/ご指摘はとても参考になりました。 私のPCは、元はWin7、およびWin8.1で、その後の無償アップグレードでWin10にしたものですので、そうしますと、回復ドライブは使用すべきでない、と考えるべきでしょうか?(今更、Win7やWin8.1に戻っても困りますので) 従いまして、私の場合は、インストールメディアの方を使うべき、と考えるのでしょうか?

お礼日時:2019/02/24 15:05

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q祖母から頼まれてパソコンの設定をしていますが私も疎くて困っています。力を貸してください。 今まで使っ

祖母から頼まれてパソコンの設定をしていますが私も疎くて困っています。力を貸してください。
今まで使っていたのがcatv-yokohama.ne.jpで終わるメアドなのですが、パソコンを新しくした時に知人にGmailでメアドを登録されたらしく、今までのメアドでないとこないメールもあって困るそうです。
パソコンのメールを開き検索して出てきたアカウントの追加の追加方法でやるとセットアップが完了しました。とは出るのですが私のスマホからテストメールを送っても「メアドが間違っているため送信できませんでした。」とリターンメールが来ます。どうすれば旧パソコンの時のように使用できるのでしょうか?

Aベストアンサー

では、お使いのパソコンの種類(Windows10など)
使っているメールソフトを明記してください
それに沿った回答の方がいいでしょ

一応、怪物くんのサイト
http://7n3nck.cocolog-nifty.com/blog/2017/12/windows10-ycv-9.html

Qマイクロソフトは、Windows10より上のグレードださないとのことですがということはアップデート…

お世話になります。

Windows10を使用しています。

先日、質問させていただき回答を得ましたが、

マイクロソフトは、Windows10より上のグレード
今後、ださないとのことですが、ということはアップデート

を続けていけば、パソコンを買い替えること、上のグレードにアップグレードすること
なしに、パソコンの家電製品としての限界まで使い続けられるという理解でよろしいでしょうか。

もちろん、マイクロソフトがWindows以外の製品を出せば話は別ですが。

Aベストアンサー

>パソコンの家電製品としての限界まで使い続けられるという理解
残念ですけれど、そうではないようです。
Windows10のアップデートで、いろいろ機能の変更や追加がされて、古い機種(機器)はドライバサポートがされす、使えなくなるものも出てくるようです。

Microsoft Windows 10 - Wikipedia(アップデートとサポート記載参考にしてください)
https://ja.wikipedia.org/wiki/Microsoft_Windows_10

複雑怪奇? Windows 10の大型更新とサポート期間を整理する:Windows 10 The Latest - @IT
http://www.atmarkit.co.jp/ait/articles/1804/13/news024.html

Qwin10でエラー画面が。

ここ1週間くらい前から、PCに異常が発生しました再起動します。
情報を収集していますとなりパーセント表示後再起動します。

最初はシャットダウン時だけでしたが、最近は突然その画面になります。
左側にQRコード画面と問い合わせはマイクロソフトへみたいな表示です。
小さい文字でエラー、メモリーなんとか???みたいな表示です。

エラー画面は10秒位で、内容は良く判りませんでした。
一応メモリーチェックをしましたが異常ありませんでした。

Aベストアンサー

KB4487029はWindows 10 Version 1803の累積アップデートです。
これの更新が失敗していたんでしょう。多分原因はこれじゃないかな。

Qwindows10のバックアップについて

回復ドライブは、windowsの大型更新の後に、定期的に作り直したほうがいいのですか?
購入時の状態に復元しても、その頃にサポート終了になっていては意味がないのではないですか。
復元をした後に、大量の windows update を避けるためには、どのような方法でバックアップをとっておけばいいですか?

Aベストアンサー

バックアップで、定期的にシステムイメージを作成するのが一番よいと思いますよ。
システムイメージですと、OSのデータを丸ごとバックアップされます。
また、プログラムファイルなりもバックアップされますので。
Windows Update/Microsoft Updateを行ってもそれもしっかりと反映されますし、バージョンアップを行ってもそれも反映されていますから。


一応、
Windows7/8は、以前は、大量にあったけども、Windows Update/Microsoft Update今はロールアップ方式になっております。
Windows10については、当初から、Windows Update/Microsoft Updateは、ロールアップ方式のみ
ロールアップ方式になってから、以前のパッチも含まれるようになっていますから、1年とかWindows Updateをしていなくても、Windows7とかの以前に比べて数が非常に少なくなっております。

もし、Windows10で以前の古いバージョンに復元したなら、いきなり最新のバージョンにバージョンアップすればよいだけです。
そのときに、Windows Updateも実行するようにすれば、最新の状態になりますので。

バックアップで、定期的にシステムイメージを作成するのが一番よいと思いますよ。
システムイメージですと、OSのデータを丸ごとバックアップされます。
また、プログラムファイルなりもバックアップされますので。
Windows Update/Microsoft Updateを行ってもそれもしっかりと反映されますし、バージョンアップを行ってもそれも反映されていますから。


一応、
Windows7/8は、以前は、大量にあったけども、Windows Update/Microsoft Update今はロールアップ方式になっております。
Windows10については、当初から...続きを読む

Q「Windows 10 のダウンロード」は、ライセンスが無い場合、どの位の期間使用できますか?

マイクロソフトの公式サイトで「Windows 10 のダウンロード」というのがあります。
https://www.microsoft.com/ja-jp/software-download/windows10

「Windows 10 をインストールするためのライセンスが必要」という記述がありますが、
これは「ライセンスが無いと、Windows 10は全く使用できない」ということでしょうか?
それとも「ライセンスが無いと、Windows 10は○○日間使用できるが、その後は使用できなくなる」ということでしょうか?

・・・というのも、ある解説動画で「ライセンスが無くても、使用し続けられる」みたいな話が出ていたので、質問してみました。

Aベストアンサー

アクティベーションの猶与期間は、30日。
アクティベーションを延期することもでき、延期すれば、さらに30日増える。3回までは出来る。
Vista以降基本的に変わっていなかったりします。

Windows10は、リセット回数が多いとかの噂はあるが詳細は不明。

QOneDriveについて

新しいパソコンを購入しデータを移動しました。その後適当にいじってて気づいたら画像フォルダーのショートカットができてました。が。これ削除してもすぐ元に戻ってしまいます。どうすれば削除できるでしょうか?多分OneDriveと同期?してるのが原因だと思うのですが

Aベストアンサー

未解決なら、参考にしてください。

(1) 通知領域または、隠れているインジケーターにある
 OneDriveアイコンを右クリックして「設定」を選びます。

(2)「アカウント」タブで、「フォルダーの選択」を選びます。

(3) 次の画面で、同期したくないフォルダーのチェックを外します。

Qwindows10のバージョンアップはいつですか?

windows10が次のバージョンにアップグレードされるのはいつですか?

Aベストアンサー

Windows10が最後とマイクロソフトは言っていますから、Windows11のようなアップグレードされた製品は出荷されないようです。
Windows10のバージョンアップは年に2回程度行われています。現在は1809というバージョンが最新ですが、もうじき1903のようなバージョンが出荷されるでしょう。もちろん無償で提供されます。(これをWindows updateと呼んでいます)

Qパソコンのクローンについて教えてください・・・

パソコンのクローンについて教えてください・・・ハード的な脆弱感はないですか???

Aベストアンサー

一般的にパソコンでクローンと言うと、HDD のクローンとか SSD へのクローンによる移行とかがありますが、そうでない場合は、特定のパソコンの機種に対してのコピーマシンの事を言うのかも知れません。かつて Mac OS を搭載したパソコンを出すような話がありましたけれど、それなどは Mac のクローンですね。Windows 機は多種多様なので、全体がクローンのようでクローンではないのですが ・・・・・

HDD/SSD のクローンについては、ハードウェア的な脆弱性は HDD や SSD そのものの品質ですね。そう簡単には壊れません。クローンを行ったものも同様です。オリジナルと全く同じ内容になるのが基本的なクローンなので、内容的には同一と言うことになります。従って、脆弱感と言うものがあるならば、それはオリジナルと同じと言うことになります。最近の HDD や SSD は結構丈夫ですが、それでもバックアップは必須という点は、昔から変わらないでしょう。

パソコンのクローンは、製品の作り方ですので千差万別、ピン・キリでしょう。ジョブズは、Mac のクローンを許さなかったので、地道ながら現在の Mac があります。そうでなかったら、Windows のパソコンに飲み込まれていたでしょう。きっと ・・・・・

脆弱(読み)ゼイジャク デジタル大辞泉の解説寄りの引用
ぜい‐じゃく【×脆弱】[名・形動]もろくて弱いこと。また、そのさま。「脆弱な地盤」「脆弱な神経」[派生]ぜいじゃくさ[名]

どんなものにも弱点はあるものです。

一般的にパソコンでクローンと言うと、HDD のクローンとか SSD へのクローンによる移行とかがありますが、そうでない場合は、特定のパソコンの機種に対してのコピーマシンの事を言うのかも知れません。かつて Mac OS を搭載したパソコンを出すような話がありましたけれど、それなどは Mac のクローンですね。Windows 機は多種多様なので、全体がクローンのようでクローンではないのですが ・・・・・

HDD/SSD のクローンについては、ハードウェア的な脆弱性は HDD や SSD そのものの品質ですね。そう簡単には壊れませ...続きを読む

Q【パソコン】タワー型と一体型、無線接続ではどっちが接続は速いでしょうか?

■現在のネット環境

・ADSL回線
・プロバイダYahooBB
・速度12M

一軒家で1階に無線LANルーターとモデムを置いて
2階でパソコンを使ってる状態です。

1階にしか電話のコードを差し込むのに
必要なモジュラージャックがないんで
電話線が必要なADSLは2階では有線接続は出来ません。
コードを引っ張って来るというのは階段で邪魔になりそうなんで
この方法はしたくないです。

あと、使ってる無線LANルーターの
「AtermWR8150N USBスティック」に付属してた
USBスティックは別の人間が使ってる状態なんで
デスクトップパソコン(タワー型)で無線LANが内蔵してない
パソコンを買う場合は別売りのスティックを買う事になります。

質問はこの環境では
どっちのパソコンを買う方が良いか教えて下さい。

①デスクトップパソコン(タワー型)をUSBスティックを挿して
無線接続をする

②一体型パソコン(無線LAN内蔵)で無線接続をする

ADSLなんで速度は似たような事は知ってますが
この2つの場合はどっちがネット接続では速度が
マシになると予想が出来るかという意味で聞きました。

タワー型の方が良いと思ったんですが
上でも書いた通りUSBスティックを既に使ってるのが居るんで
違うパソコンで更にそれを挿して使ったら電波障害かなんかで
速度が遅くなるんじゃないかと危惧してるんで
無線LANが最初から内蔵されてる一体型も視野に入れています。

回答宜しくお願いします。

■現在のネット環境

・ADSL回線
・プロバイダYahooBB
・速度12M

一軒家で1階に無線LANルーターとモデムを置いて
2階でパソコンを使ってる状態です。

1階にしか電話のコードを差し込むのに
必要なモジュラージャックがないんで
電話線が必要なADSLは2階では有線接続は出来ません。
コードを引っ張って来るというのは階段で邪魔になりそうなんで
この方法はしたくないです。

あと、使ってる無線LANルーターの
「AtermWR8150N USBスティック」に付属してた
USBスティックは別の人間が使ってる状...続きを読む

Aベストアンサー

無線 LAN の規格では、最低でも下記の速度は出ますので、IEEE802.11b 以外は ADSL の 12Mbps は難なくクリアできます。
https://www.iodata.jp/product/network/info/base/kikaku.htm

最近の殆どが IEEE802.11n 以上に対応していますので、安い USB アダプタ形式のものであっても 150Mbps あり、楽に ADSL の通信速度を超えています。従って、タワー型デスクトップも無線 LAN 内蔵の液晶一体型デスクトップでも ADSL の通信速度に対しては、余裕があることになります。故に、どちらが速いという比較はできません。

また、ADSL と言う縛りが無くても、アダプタ次第で高速通信は可能なので、これまた比較はできません。製品やパソコンに仕様によるとしか言えません。親機を含めて対応している無線 LAN の規格を見て判断して下さい。

http://amazon.co.jp/dp/B008IFXQFU ← ¥700 TP-Link WIFI 無線LAN 子機 11n/11g/b デュアルモード対応モデル TL-WN725N 150Mbps

http://amazon.co.jp/dp/B07J5GG28X ← ¥2,488 Anewish WIFI 無線lan 子機 1200M Wifi 子機 無線ラン アダプタ 親機 USB3.0 5dBi (5.8GHz/867Mbps+2.4 GHz/300Mbps)802.11ac技術 Windows 10/8/7/Vista/Mac対応

http://amazon.co.jp/dp/B07JKPDP63 ← ¥2,150 Acelink WiFi 無線LAN子機 1200Mbps USB3.0 5dBi 用 デュアルバンド 高速モデル アンテナ 無線lan アダプタ5.8GHz/867Mbps+2.4 GHz/300Mbps 802.11ac技術Windows10/8/7/XP/Mac/Vista/Mac対応

「① デスクトップパソコン(タワー型)をUSBスティックを挿して無線接続をする」 と 「②一体型パソコン(無線LAN内蔵)で無線接続をする」 では、通信速度の差は規格次第となります。両者とも同じ規格に対応していたら、後はアンテナの差になりますが、これも色々あるので何とも言えません。

通信の品位は、アダプタの設置場所や内蔵アンテナに影響を受けます。どれだけ見通しの良い場所に送受信アンテナがあるかによっても、通信速度や安定度は変わってくるでしょう。アダプタタイプではアンテナが付いているものを使えば、それだけ強力に接続することが可能です。因みに、液晶一体型はフレームの上部にアンテナが組み込まれていると思われます。

尚、パソコンを購入する場合は、無線 LAN を選択基準にするのではなく、性能自体や用途に合ったものを選らんが方が良いでしょう。タワー型ならゲームや高負荷の用途に合わせてグラフィックボードや HDD が追加できるようなもの、液晶一体型なら周辺がすっきり纏った接続形態になるようなもの等ですね。

無線 LAN の規格では、最低でも下記の速度は出ますので、IEEE802.11b 以外は ADSL の 12Mbps は難なくクリアできます。
https://www.iodata.jp/product/network/info/base/kikaku.htm

最近の殆どが IEEE802.11n 以上に対応していますので、安い USB アダプタ形式のものであっても 150Mbps あり、楽に ADSL の通信速度を超えています。従って、タワー型デスクトップも無線 LAN 内蔵の液晶一体型デスクトップでも ADSL の通信速度に対しては、余裕があることになります。故に、どちらが速いという比較はできません...続きを読む

Qwin10 cドライブ丸ごとバックアップ

LG ノートパソコン
gram 965g/Core-i5/13.3インチ/Windows 10/メモリ 8GB/SSD 256GB/USB Type-C搭載/ダークシルバー/13Z980-GA56J
を購入しました。万一に備え、バックアップします。

usbメモリ16GB 
余っていたSSD(sandisk ultra plus 256gb 2013購入)
     SSD(crucial bx200 480g 2016購入)

エクスプローラーを見ますと、ローカルディスク(c:)空き領域187GB/216GBです。

回復ドライブは、作成しました。比較的簡単に出来ました。
usb2.0でしたので、めちゃ時間がかかりました。

次にcドライブ丸ごとバックアップですが、
システムイメージ、復元ポイント、ファイル履歴 よくわかりません。

私はただ、現時点での内容で復元出来たら良いだけです。

①どのSSDを使用したら良いか。
➁初心者でもわかりやすい手順

どなたか教えてください。
お願いします

Aベストアンサー

通常パソコンのバックアップは、システム(C:ドライブ)が壊れる場合のリカバーとしてや、データを複数保存するために使います。これ別々に行うのは SSD と HDD に分かれている場合です。SSD には OS とアプリケーションがインストールされていて、HDD にはデータが収納されています。SSD と HDD を一緒にバックアップするのは効率的に悪いので、SSD はイメージバックアップとして適時(OS のバージョンアップ時やソフトインストール時等)行い、HDD はそのまま使えるように外付け HDD 等にバックアップします。

質問者さんの場合 SSD 256GB ですので、システムとデータが一緒に入っています。これだと、まとめて SSD 全体をイメージバックアップでしょうか。イメージバックアップは、全体を圧縮して保存しますので、容量が少なくて済みます。そのうえ、差分や増分といった履歴バックアップが取れますので、OS をバージョンアップする前やソフトインストールする時に取っておけば、何かトラブルが発生した場合、正常な時点に戻すことができます。

フリーでは、下記がお薦めです。ユーザーインターフェースが比較的使い安く、フルバックアップと差分・増分などが取れます。インストールの仕方や、ディスクバックアップとリストアの方法が書かれています。

「AOMEI Backupper Standard Edition」の使い方について
https://www.japan-secure.com/entry/blog-entry-513.html

これで定期的にバックアップを取っておけば、いつでも正常な時点に戻ることができますので、突然のトラブルにも対応が可能になります。バックアップというとこの方式になりますので、ある程度履歴が取れるように 2~4TB 等の容量大きな外付け HDD を使います。差分や増分のバックアップは、フルバックアップと比べて容量は少ないので、履歴は相当取れると思います。

"私はただ、現時点での内容で復元出来たら良いだけです。"
→ これは、時間がたつと意味がなくなりますが、それでも良いのでしょうか。現時点での置き換えを考えているのであればクローンですが、暫く使っていると Windows Update やウィルス定義ファイルの更新などが行われますので、古くなってしまいます。

① クローンする場合は 256GB です。これは、現在の SSD の内容をそのままコピーします。普通のコピーとの違いは、起動に関する部分やシステムファイルもコピーしますので、起動できるものを作成できます。システムを更新した場合は、再びクローンを行う必要があります。そうしないと、置き換えたときに古いものになってしまいます。

② クローンする場合の手順は下記です。ここでは小容量から大容量へのクローンなので、クローン先での編集項目がありますが、同容量の場合はこの操作は不要です。

【SSD換装】CドライブOSごと丸々コピー!HDD/SSDからSSDへの交換手順を画像付きで超詳しく解説
https://www.iyamaittane.com/entry/ssd-replace/

ただしクローンでのコピーは、HDD を SSD に置き換える際によく使われるもので、バックアップにはあまり使いません。通常バックアップと言えば、前述のシステムのイメージバックアップで履歴を取ったりすることが多いです。またデータは、圧縮せずにバックアップしておいた方がそのまま使えますので、外付け HDD 等に平で保存しますね。質問者さんの場合 256GB の SSD なので、まとめてイメージバックアップが早いでしょう。履歴も作成できますのでお薦めです。

通常パソコンのバックアップは、システム(C:ドライブ)が壊れる場合のリカバーとしてや、データを複数保存するために使います。これ別々に行うのは SSD と HDD に分かれている場合です。SSD には OS とアプリケーションがインストールされていて、HDD にはデータが収納されています。SSD と HDD を一緒にバックアップするのは効率的に悪いので、SSD はイメージバックアップとして適時(OS のバージョンアップ時やソフトインストール時等)行い、HDD はそのまま使えるように外付け HDD 等にバックアップします。

質問...続きを読む


人気Q&Aランキング