【先着1,000名様!】1,000円分をプレゼント!

雁は、海に浮いて休むための木片を口にくわえて渡るといういい伝えがあります。
これは事実でしょうか?
冬の間に死んだ雁の分が浜辺に残され、これを供養のため風呂に焚くのを「雁風呂」というらしいです。
これは伝説にすぎないのでしょうか。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (7件)

生物学的には全く根拠のないものと思います。

確かに創作された伝承でしょう。

この言い伝えは,裏日本(越前から山形あたりかとも思います。)に残るものです。冬の日本海はすさまじい程荒れ狂います。春になりますと波も穏やかになり,岩海苔詰みや昔は燃料とします流木拾いに浜に出ることが出来るようになります。ちょうどそのころこの地方は雁の渡りのコースですので,雁が日本海を北上して行きます。

春を迎える喜びと雁の渡りを1つにした伝承と思います。風流人が盛んに歌に詠みましたが,歌が先か伝承が先かはむろん解りませんが…
    • good
    • 1

No1です。



まさに、

「雁風呂の美しき嘘 枝供養」

ですね。
    • good
    • 0

No5です。



落語では函館が舞台になっていましたが、No1の方のウィスキーのコマーシャルを調べたら津軽ですね。
不思議ですねえ。

角瓶CMコピー:
(ナレーション)
「月の夜、雁は木の枝を口にくわえて北の国から渡ってくる。
飛び疲れると波間に枝を浮かべ、その上に止まって羽を休めるという。
そうやって津軽の浜までたどりつくと、いらなくなった枝を浜辺に落として、さらに南の空へと飛んでいく。
日本で冬を過ごした雁は、早春の頃再び津軽に戻ってきて、自分の枝をひろって北国へさっていく。
あとには生きて帰れなかった雁の数だけ枝が残る。
浜の人たちはその枝を集めて風呂をたき、不運な雁たちの供養をしたのだという。」

(山口瞳) 「あわれな話だなあ。日本人て不思議だなあ。」
    • good
    • 0

「雁風呂」は上方落語にもでてきますね。



参考URL:http://homepage3.nifty.com/rakugo/kamigata/rakug …
    • good
    • 0

他の回答者の方々のおっしゃるとおり。

伝説の領域で全く根拠がありません。

ガンはノンストップで海を渡ってロシアに至ります。日本最北の大量越冬地は北海道美唄市の宮島沼ですが、そこからノンストップで北上します。

何かのトラブルがあったときはどこかで降りているかも知れませんが・・・・。礼文島で観たことがあります。それでも数羽だけでした。
    • good
    • 0

海に浮いて休めるくらいの大きさがある木片を口にくわえて、長時間飛べるはずもないわ。


ホラ話よ。
    • good
    • 0

「外ヶ浜の雁風呂」伝説ですね。


ウイスキー会社のテレビコマーシャルでこの話が使われたことで結構有名になりましたが、残念ながら創作のようです。
ほんとにロマンティックなお話なんですけどね。

参考URL:http://www.choju-aomori.or.jp/info/tsugaru.html
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q雁は小枝を持って渡るの??

もう何年も前の洋酒のCMでしたか、
渡り鳥である雁は、小枝を持って帰郷すると。そして、海上では、この小枝を止まり木にして羽を休めると。ただ無事に帰れなかった鳥の分だけ、浜辺に小枝が漂着し、その小枝を集め供養すると。

これって、真実なのでしょうか??2点ほど?
まず、本当に小枝を持って渡るの?そんな習性があるのでしょうか。
また、小枝を集めて供養する風習があるのでしょうか?あったら、そこは、どこの地域なんでしょうか?

Aベストアンサー

どうやら、伝説のようです。

http://www.choju-aomori.or.jp/info/tsugaru.html

http://www23.big.or.jp/~lereve/saijiki/65-2.html

参考URL:http://www.choju-aomori.or.jp/info/tsugaru.html

Q何日も飛び続ける渡り鳥は、夜どうしているのでしょう?

海の上を何千キロも飛び続ける渡り鳥が多くいますが、夜は海で休むのでしょうか? その場合、眠るのでしょうか? 鳥目なので、夜飛び続けられないだろうし、眠らないと死んでしまうだろうし。

また、水鳥でない場合は、海に浮かべないとも思うのですが。

素朴な質問ですが、渡り鳥の生態について、よろしくお願いします。

Aベストアンサー

質問者さんが誤解をしているようですので一言…

渡り鳥は,自らの位置を,鳥の種類によりすべてではありませんが,風景などの目印,そこから発せられる低周波音などの音,におい,磁場,重力等から得ているようです。また,方位は,太陽の位置,光の偏光パターン,星,月などの位置,地磁気等といわれています。

昼夜を問わず渡る鳥は,当然これらのものを見たり,聞いたり,感ずることが出来るわけです。

また,渡りという行動は,渡らなければと思うことは確かに本能です。しかしながら,渡る経路については,親や群れで渡ることにより,学習して渡るものです。ですから一度も渡ったことのない渡り鳥は,自分だけで渡ることは出来ません。人間の経済活動で自然が変更されたりしますと,その地形変化に対応できずに渡れなくなる鳥もいます。この辺のことは参考URLをご覧ください。

渡りという行動は渡り鳥にとりましても大変な行動です。ツバメのように空中で餌を食べながら渡れる鳥は少数派と思います。殆ど飲まず食わず渡る鳥は,およそ渡りきれる鳥は80%程度といわれています。残りは残酷なことですが,力が尽きて海に落ちるか,渡りの経験のない幼鳥などは群れからはぐれますと迷子の鳥になってしまいます。

なぜ渡るのかと言うことは,諸説ありますし長くなりますからこの辺で…

○渡りの経路は学習による
http://www.kt.rim.or.jp/~hira/jawgp0/gt/gt42/gt42-4.html

質問者さんが誤解をしているようですので一言…

渡り鳥は,自らの位置を,鳥の種類によりすべてではありませんが,風景などの目印,そこから発せられる低周波音などの音,におい,磁場,重力等から得ているようです。また,方位は,太陽の位置,光の偏光パターン,星,月などの位置,地磁気等といわれています。

昼夜を問わず渡る鳥は,当然これらのものを見たり,聞いたり,感ずることが出来るわけです。

また,渡りという行動は,渡らなければと思うことは確かに本能です。しかしながら,渡る経路につい...続きを読む

Q雁は夜も飛び続けますか。

雁は夜 飛び続けますか。

Aベストアンサー

昼夜問わず24時間跳び続けます。
海の上やアルプス越えでは休むところも有りません。


人気Q&Aランキング