友人との間で大論争です。太るとしたら、外骨格はどうなるのでしょうか?くだらない質問かもしれませんが、どうか教えてください。

A 回答 (2件)

昆虫類は基本的に食べ過ぎることはありません。


幼虫の間は比較的無摂生に食べることができる限り食べ続けていき、そのサイズが成虫のサイズに比例するのですが、成虫になってしまうと、自分の容量に合った量以上は食べません。
ですから、肥満体のクワガタムシやカブトムシはいないのですネ。
もし、強制的に太らせようとすれば、外骨格は広がりませんので、自分の内臓が自分の種々の器官を圧迫してしまい、死に至ることでしょうネ。
以上kawakawaでした
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ずっと気になっていたことが解決できてよかったです。友達も喜んでくれることでしょう。ありがとうございました。

お礼日時:2001/07/29 20:17

昆虫類の外骨格を人間の骨に置き換えて考えてみては如何でしょう?


人はいくら食べても骨は太りませんし、カルシウムをいくら摂取(吸収)しても硬くなることはあっても大きさは変わりません。(成長期を除く)
その骨で身体が覆われているのだと考えれば、仮に食べ過ぎることがあっても外見は変わらず内臓だけが肥大し、kawakawaさんの仰るように体内圧力で死に至るのではないでしょうか。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

骨が無限に大きくなっていたったら大変ですよね。そもそも昆虫は寿命が短いから養分をためなくてよいのかもしれませんね。ありがとうございました。

お礼日時:2001/07/29 20:21

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q空を飛ぶ夢

空を飛ぶ夢

皆さんは空を自由自在に飛ぶ夢を見たことがありますか?
また、どんな時にそんな夢をよく見るような気がしますか?

かろうじて浮いていたり、飛ばされているのではなく、ドラゴンボールのみんなのように自由自在に飛ぶ夢です。
私はかろうじて浮いている夢を見た事はあるのですが、一度自由自在に空を飛んでいる夢をみてみたいです。

Aベストアンサー

空を飛ぶ夢は
現実社会で受ける様々な制約や抑圧、束縛から解放されたい時に見るようです。

ですから私は見ませんねぇ。。。

Q外骨格の特徴

もしもアンドロイドが出来るならと言う話をしていた時の事です。
人工筋繊維が開発されたとして、少ない数で大きな力を生むにはどうしたらいいかという話をしていました。
体型は人間と大きく変わらせたくないなら外骨格が良いのじゃないかという答えを相手方からもらいましたが、内骨格の筋力と外骨格とではどう違うのかがよくわかりません。
その上中学レベルの話なのかもしれませんが外骨格であると有利な事が「防御の際に有利」という程度しか思いつきません。
どなたかご教授お願いします。

Aベストアンサー

単純に言ってしまえば,外骨格と内骨格では実現できるからだのサイズが違いますといったところではないでしょうか。
私の知る限りではタカアシガニが外骨格生物の最大サイズではないかと思います。
これは海中でのことなので,浮力の補助を受けられない陸上では更に小さくなります。
なぜサイズに制限があるかというと,体長が全て2倍になった場合,体積は8倍になります。
ところが,筋力はその断面積に比例するものなので4倍にしかならないのです。
つまり,同等の運動性を確保するためには筋肉そのものの量を増やす必要があるわけです。
ところが,筋肉の量が増えるとその重量が増すため,それを支える外骨格の強度を上げなくてはいけなくなります。
材料が一定であれば強度を上げるにはその厚さを厚くするしかありません。
厚さが増せば重量が増えます。
重量が増せば・・・
と堂々巡りになるわけです。
その結果,現在の重力下では陸上外骨格生物のサイズは1m程度が限界といわれているようです。
無論,限界サイズの生物は俊敏に動くことはできませんから,その体を維持できるだけのエサを確保することは難しいと思われます。
それが存在していない理由の一つではないでしょうか。
ですから,アンドロイドであるなら装甲は超軽量の特殊合金製,筋肉も人間の筋力の数十倍の力を生み出す人口筋肉という選択肢もありかと思いますので,そのような条件であれば外骨格のヒューマノイド形態アンドロイドという物が内骨格よりも有利になることも考えられるのではないでしょうか。
あとは体の柔軟性という点でも外骨格は内骨格に劣りますね。

単純に言ってしまえば,外骨格と内骨格では実現できるからだのサイズが違いますといったところではないでしょうか。
私の知る限りではタカアシガニが外骨格生物の最大サイズではないかと思います。
これは海中でのことなので,浮力の補助を受けられない陸上では更に小さくなります。
なぜサイズに制限があるかというと,体長が全て2倍になった場合,体積は8倍になります。
ところが,筋力はその断面積に比例するものなので4倍にしかならないのです。
つまり,同等の運動性を確保するためには筋肉そのもの...続きを読む

Q空を高く飛ぶ夢と低く飛ぶ夢ではどっちがいいのか

空を高く飛ぶ夢と低く飛ぶ夢では
どっちがいいんでしょうか?

Aベストアンサー

#1です。
ほかにも検索結果では
「気持ち良く空を飛ぶ夢は、気力体力が充実 し、困難を克服できる兆し」
とか
「現実から逃避したいという欲求の表れ」
といった判断もあるようです。
(個人的には現実逃避欲求が合っているような気がしますが)

あとはこちらなどをご参考に(「参考URL」では文字数制限で不可)
http://naver34.naver.co.jp/browse/db_detail.php?dir_id=30402&docid=16263&l_url=aHR0cDovL25hdmVyMzQubmF2ZXIuY28uanAvbGlzdC9kaXJfbGlzdF9kYi5waHA/ZGlyX2lkPTMwNDAyJmxfc29ydD1nX2JfcG9pbnQmbF9hZD1BU0MmcGFnZT0x

Q昆虫の解剖(皮膚/外骨格をやわらかくする)

このところの質問に関連するのですが,昆虫を解剖することに興味があります.幼虫,蛹,成虫どれについても興味がありますが,疑問が湧きました.

針やメスを入れる際,皮膚を傷つけるわけですが,この際,ヒビやクラックが入ったりすることを防ぐために何か処理はしますか?特に成虫の外骨格に針を刺したり,メスを入れたりする際は,そのままでは難しいように思います.何かの薬品を塗ったりすることで皮膚を柔らかくしているのではないかと思いますが,いかがでしょうか.

Aベストアンサー

昆虫の皮膚はそんなに堅くもろいものではないです。柔らかく弾性があります。

切開するときは手術・解剖用ハサミを使うことが多いと思います。
眼科ハサミと呼ばれている器具は、刃の長さが2~3 mmくらいのものからありますので。

あるいは、細い金属針を研磨して使うこともあります。
また、ガラス管を引いて細くしたものの先を研いだり、割ったりして鋭くして使うこともあります(管になっているので移植などに使われます)。

Q空を飛ぶ夢

子供の頃は、平泳ぎで屋根くらいの高さをゆっくりと
飛ぶ夢をたまに見ることがありました。
皆さんは、空を飛ぶ夢を見ませんか。
どのような飛び方をしていますか。

Aベストアンサー

高校1年生女子です。私も空を飛ぶ夢を見ます。
飛ぶというより、質問者さまの夢のように「泳いで」いますが…
場所は、たいてい見覚えのない広い草原?みたいなところです。
一番最近見たものでは、広い草原に何故か1本の鉄塔が建っていて、
その周りを飛び(泳ぎ)まわっていました。

最初に見たのは小学生の頃だったと思いますが、
中学生になってからも同じように空を飛ぶ夢を見ました。
他の夢の場合、わりとすぐに内容を忘れてしまったり、
目が覚めたら既にどんな夢を見たか憶えていないということが多いのですが、
この空を飛ぶ夢というのは、見てから何年も経っているにも関わらず
はっきりと憶えています…何故でしょうかねぇ^^;

Q昆虫に外骨格の生物が多いのはなぜ?

外骨格と内骨格の生物がいますが、大きな生物はみな内骨格であるように思います。

そして、外骨格は昆虫に多いように思います。

なぜ、こういった住み分けがされているのでしょうか?

外骨格、内骨格のそれぞれの利点と欠点はどうなっているのですか?

筋肉の運動エネルギーを効率的に使うには、外骨格のほうが格段に有利だと思うのですが、なぜ、大型生物に外骨格はいないのでしょうか?

Aベストアンサー

外骨格は、外形が固まってしまうので、成長が難しいから。
成虫になって脱皮するのは、非常にリスクが大きい。
たいがいの昆虫は、骨格のない幼虫の時に成長を済ませ、
サナギの中で外骨格に“構造改革”して孵化した後は、
脱皮して成長したりしないものが多い。

Q宙に浮かぶ夢を見ますか? 皆さんは空を飛ぶ夢、宙に浮かぶ夢を見ますか? 乗り物に乗ってとか、落下する

宙に浮かぶ夢を見ますか?

皆さんは空を飛ぶ夢、宙に浮かぶ夢を見ますか?

乗り物に乗ってとか、落下するんじゃなく、
何も使わずに空を飛んだり宙に浮かんだりする夢です。

私は時々見るんですが、
鳥のようにバタバタ羽ばたいて数メートルほど浮かべる時と、
浮かび上がることに意識を集中すると、電柱くらいまで浮かび上がる+進みたい方向に進むの2パターンです
どっちもけっこう一生懸命です。
けどとても楽しいです。

どうして夢で飛べるのか?

フロイト的な夢解釈とか心理学的な理由づけはそれなりに聞きますが、

そもそも夢の内容はたいてい現実に見たものや自分で経験したことのツギハギであることがほとんどだと思います。

誰一人空を飛んだ経験がないのに、
たいていの人が空を飛ぶ夢を見る
とてつもなく不思議だと思いませんか??

実は人間には、宙に浮かぶ能力が存在するのではないかと、密かに思ったりしています(笑)

みなさんの空飛ぶ夢の内容や、考えをお聞かせください。

Aベストアンサー

私も、以前は、自由に空を飛べました。
電柱どころか、向こうの山まで飛べました。
ピーターパンにも負けません!
スイスイと鳥のように飛ぶ事もあれば、ビヨーンビヨーンと地面から飛び跳ねてビルの上にまで飛ぶことも楽勝でした。
完全にコントロールできましたが、凄く頑張らないと飛べなくなってきて、今ではすっかり空飛ぶ夢は見なくなりました。
何故かわかりませんが、残念です。

夢の内容も、それまでは自分が夢を見ている事を自覚していて、なおかつストーリーをコントロールできましたが、最近はそれもできません。

何故なのか、どうしたら戻るのか、どんな心理が働いているのか是非知りたいです。

ちなみに、私も、昔人は空を飛んでいたと思っています。
だって、水の中を泳いだり、宇宙を飛ぶ夢を見る話は滅多に聞かないのに、空飛ぶ夢はみな良く見ますよね。

太古恐竜がいた頃には、大きな鳥に乗って、馬のように馴らして飛んでいたに違いない!と勝手に信じています。

Q南国では太い女性が、ブラジルなどのラテン系も太くお

南国では太い女性が、ブラジルなどのラテン系も太くお尻が大きい女性がモテます。アメリカでも細い女性よりぽっちゃりしている女性がモテるようです。

日本は細い女性がモテます。

このモテる体格の差はどこから生まれたのでしょう?

人類の進化は同じなのに、産まれた場所で好みのタイプが違うのに興味を持ちました。

この体格のモテタイプの差は文化の発展でどこで分岐したのか分かりますか?

知っていたら教えてください。

自分はそう思うという感想でもいいです。回答をお待ちしております。

Aベストアンサー

人類の進化は同じ、メシ食って生きるも同じ。
メシ食わずには太れない。
細いということはメシが食えない。

ダイエット、ダイエットってメシ食えない人は
ダイエットなんかしない・・・という言い方は不適切だと思いますけど。

人間メシ食ってなんぼですよ。そんな意味で痩せている事に価値が見いだせない。

・・・という事じゃないの?

スタイル重視から食べるの重視か。それができる環境なのか・・・。
先進国の幸せボケなのかもね?

Q夢の中で空を飛ぶ人に質問!

空を飛ぶ夢を見る人に質問です。
皆さんは、夢の中で、どのくらいの高度、スピードでどのような飛び方をしますか? また飛んでいるとき何か気にかかることってありますか?

もしかして、見る夢によって飛び方は違うのでしょうか?


私の場合、
1.高度:
 地上スレスレ ~ 3メートルくらい

2.スピード:
 歩くスピード~速い自転車くらい

3.どんな:
 自分だけが触れる透明なはしごや道の上を手足を使って走ったり、滑ったり。

4.飛ぶ夢を見る頻度
 月に一回くらい

5.その他:
 時々、勝手に高度が下がる

です。

Aベストアンサー

私も時々見ます^^
1.高度:地上スレスレ~高いビルを越すぐらい

2.スピード:自転車ぐらいでしょうか…あまり考えたことがありませんでした^^;

3.どんな:何故かいっつも自分ピー●ーパンです(笑)夢によって楽しかったり、追いかけられて疲れたりです。でもいつも目的は「笑顔」ということです。歌まで歌っちゃってます(恥)作品上歌ってるか知りませんが「笑う為に生きるのさ♪笑顔を見る為に僕はここにいるのさ♪」みたいな感じです(汗

4.見る頻度:3ヶ月に1度ぐらいですね。

5.その他:夢によって場所が違います。今みたいにビルがある場合もあれば、テレビがない世界の場合があったり。一度フッ●船長にもお会いしてしまいました(笑)船に閉じ込められたのですが、何といますか…すごく汚い船でした^^;一番の驚きがお風呂の形がトイレだったということでしたね…(汗
別にピー●ーパンが好きというわけではないのですけどね…一体何故なのでしょう^^;

Q赤ちゃんは太らせると太りやすい体質になるって本当?

脂肪細胞の数は赤ちゃんのときに決まるといいます。
赤ちゃんの頃、その脂肪細胞が増えてしまうと将来太りやすい体質になり、
逆に脂肪細胞が少ないままであると将来食べても太りにくい体質になるといいます。
そこまでは納得しているのですが、

「その脂肪細胞は赤ちゃんの頃にたくさん食べさせて太らせることで増える」

と、テレビでもネットでもあちこちにみかけます。

しかし、これは本当でしょうか。

「食事の回数を減らすと太る」というのと同じような考え方になるのですが、
赤ちゃんを太らせるようにすると、つまり、たくさん栄養がある状態を長く続けさせると、人の体の判断としては「栄養は足りているので蓄える必要なし」となり、「脂肪細胞を増やす」ということはしないと思うのです。

栄養が足りてない痩せた赤ちゃんの体の方がむしろ「栄養を蓄えなければならない」と体が判断し、脂肪細胞を増やすように成長していくと考えるのが自然ではないかと思うのです。

もちろん人類の歴史を考えると、こんなに食べ物が常にある状態のほうが不自然であり、人の体は栄養の取りすぎを想定していない部分が多いというのは理解しています。
しかし、だからといって「栄養不足の赤ちゃんのほうが栄養を蓄えいくくなる」というのはどうも納得いかないんです。

実際、そんなデータとかあるんでしょうか??
そんな研究結果がないにしろ、なにかそうなると考えられる理屈でもあれば、と思います。

宜しくお願いします。

脂肪細胞の数は赤ちゃんのときに決まるといいます。
赤ちゃんの頃、その脂肪細胞が増えてしまうと将来太りやすい体質になり、
逆に脂肪細胞が少ないままであると将来食べても太りにくい体質になるといいます。
そこまでは納得しているのですが、

「その脂肪細胞は赤ちゃんの頃にたくさん食べさせて太らせることで増える」

と、テレビでもネットでもあちこちにみかけます。

しかし、これは本当でしょうか。

「食事の回数を減らすと太る」というのと同じような考え方になるのですが、
赤ちゃんを太らせるように...続きを読む

Aベストアンサー

No.4について訂正します。
「脂肪を取れば」→「脂肪細胞が増える」と何度か書いていますが、
「栄養が多ければ」「栄養量にしたがって」にして下さい。すいません。


それと、

この問題の正当化にはやはりデータがいりますね。というのも派生した話の全部を論理的な説明で済ませられないほど、拡張利用されています。馬鹿マスコミが騒いでるだけならともかく、リンク先の産科医のように臨床上、用いられている論理なのですから学問的な議論では済まされませんね。

実際問題としてはですね。
個人的には、食生活よりも遺伝的要因(先天的体質)が大きいと思います。遺伝の方が支配的ということです。
太りやすい体質の人が赤ちゃんの頃、いくら栄養を少なめにしても太るでしょうし、
太りにくい体質の人が赤ちゃんの頃、いくら栄養を過剰摂取しても太りにくいだろうと私は考えます。

同一個体で比較が出来ませんから、治療効果の欺瞞と同じです。統計的データでは、個人において果たしてどっちなのかが証明し切れません。

ですから、データが欲しいですね。いい加減である、飛躍している、その可能性が高いですね。

No.1お礼のリンク先では、
>「 出生2~3カ月前の肥満の妊婦では,その胎児も栄養過剰となり脂肪細胞の数が多くなり,生まれた後の肥満が運命づけられてしまいます.妊婦さんはくれぐれも肥満には気をつけましょう!」

とありますが、産科医は言いすぎですね。
臨床上、妊婦の太りすぎが良くない理由が別にあるのならば、これを理由にすべきではありませんね。運命なんて脅し文句を安易を使うべきではありません。本来、医療は霊感商法じゃないんだから。

第一、肥満の妊婦には太りやすい遺伝子の問題もあるでしょう(笑)
客観的な科学的議論になっていない恐れがありますね。


なお、論理的にも、果たしてどっちが正解かは分かりませんね。

No.4について訂正します。
「脂肪を取れば」→「脂肪細胞が増える」と何度か書いていますが、
「栄養が多ければ」「栄養量にしたがって」にして下さい。すいません。


それと、

この問題の正当化にはやはりデータがいりますね。というのも派生した話の全部を論理的な説明で済ませられないほど、拡張利用されています。馬鹿マスコミが騒いでるだけならともかく、リンク先の産科医のように臨床上、用いられている論理なのですから学問的な議論では済まされませんね。

実際問題としてはですね。
個人的には、食生活...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報