このカテゴリーでよろしいんでしょうか?
ウニモグとか、トヨタさんの「メガクルーザー」とか
これが四輪駆動のナンバーワンみたいなものございましたらば教えてください。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

再度、おじゃまします。


私はディーゼルが好きですが。
100は、80に比べて馬力アップしていますが、燃費は逆に2割ぐらい向上(改善)しています。(重量は、100が2割程度重くなっています。)
2500~3000付近のターボの活躍が何とも言えません。(100はインタークーラーターボ装着ですが、車体に表示?もなく、他車のようにボンネットに穴を開けて「ターボ装着!!!」といったアピールもしてありません。
80との違いは、80はフットブレーキをかけたままでNポジションから3へシフトして負荷をかけたときに、車体がグッと傾き、タコが200回転ぐらい下がりますが、100は油圧サスとエンジン回転数制御のためにこれが全くありません。何か物足りないような・・・。
やはり、ATだと思います。80のノンターボのマニュアルにも10年前頃、乗っていましたが極端なダートは別として、一般的にはATでも副変速とデフロックを使えば十分しのげると思います。80はL・1・2・3ですが、100ではL・1・2で、何れも2はセカンド発進となっています。
最近の100は、盗難防止のためのセキュリティーシステムが組み込まれました。
    • good
    • 0

四駆ナンバーワンは「ハマー」でしょ。


スタイル、機動力、個性、価格・・・。
欠点は日本では乗るのに不便って事ですか・・。
でも乗ってみたい一台です。
何をもってナンバーワンにするかは意見の分かれる
所でしょうが・・。
自身はサーフに乗ってます。
次に乗るなら80かな・・・。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

質問の要領も悪いのにありがとうございました。早速にありがとうございました。お忙しいところをありがとうございました。

お礼日時:2001/08/02 10:36

私はランクル100ディーゼルを使用していますが、ひいき目で実用性を含めてトータルに言えば、ランクルかな。


メガクルーザーの弱点はひ弱なエンジン。ウニモグは以前、国土庁時代の防災指令車がありまして、霞ヶ関の官庁の構内で何度かみました。公道向きではない。あのタイヤがパンクしたらどうやって交換するんだろう。ノーパンクタイヤなら別でしょうが。
もっと枠を広げれば、自衛隊の車両で3軸以上の駆動構造のトラックがたくさんあります。
変わったところでは、軽トラックの4輪駆動型ダンプ車など。雪道でも結構機敏に走りますよ。
以上は無改造の話ですが、非合法改造または公道走行不能の車はいろいろあるようです。
私の友人にもサーフの違法改造をして車高を40センチ以上高くしている人が居ますが、はっきり言って100万円近くかけて、馬鹿!です。本人も馬鹿だといっています。(笑い)
    • good
    • 0
この回答へのお礼

質問の要領も悪いのにありがとうございました。早速にありがとうございました。お忙しいところをありがとうございました。
ランクルはデイーゼルがよいか、ガソリンがよいか?
マニュアルシフトがよいか、オートマチックがよいか?
いかがなんでしょうね。

お礼日時:2001/07/29 13:13

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

専門家回答数ランキング

専門家

※過去一週間分の回答数ランキングです。

Q質問する(無料)

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

QF1って、四輪駆動?二輪駆動?

 タイトルそのままです。二駆だったら後輪駆動ですよね?

Aベストアンサー

では、レギュレーションのページをご紹介。

4輪駆動が許された時代もありました。しかし、前後に均等にパワーを配分すると、極端なアンダーステアが出てしまい、アンダーをなくすには、前輪側の駆動力の配分を減らし、後輪側のそれを増やせばいいわけですが、それではいったい何のための4輪駆動だったのか・・・
ってことで現在は4輪で後輪駆動がレギュレーションとなってます。

6輪ってのもあったっけなぁ。

参考URL:http://www.kurumade.com/entertain/f1/rule.html

Qエンジンバルブ駆動方式

Fワンエンジンのエアーバルブ方式とは、どうゆう仕組みですか?また、図解入りの、説明サイトなどありましたら、教えてください。

Aベストアンサー

ニューマチックバルブのことでしょうかね。

ピストンエンジンの吸排気バルブを駆動するのに、一般のエンジンでは閉じる時はカムで押し、開ける時は金属スプリングの反発力を利用します。

この金属スプリングは超高速回転でサージング現象を起こし、回転に追従できなくなるらしいです。これを嫌って、高圧の圧縮空気をスプリングとして利用することで、2万rpm近い回転数を実現できたそうです。日本語の図解がなかったので英語のサイトで我慢してください。

参考URL:http://www.pureluckdesign.com/ferrari/f1engine/

Qトヨタって

先日の日本GPの結果は明暗が分かれました。ホンダは
3,4位で入賞しました。表彰台にも立ちました。
一方は下から数えた方が早かったです。おまけに
間に流すCMはホンダがBARやNSXを出して
「ホンダのレーシングスピリッツが生み出す車
タイプR」などとF1を全面に押し出すのに対し、
トヨタは何の関係も無いミニヴァンのCMを
流していました。余計なお世話ながら何のために
F1やってるんだかと思いました。どうするつもり
なんでしょう?

Aベストアンサー

先の方もおっしゃってますが、何故F1GPに参加するのか?という主旨やレースに対する取り組み方、情熱が違うんじゃないですかね。
ホンダはご存知、故「本田宗一郎」さんの「レースで勝ちたい!1番になるんだ!」という夢からF1に参加しました。そして第2期ホンダ時代に「アイルトン・セナ」という天才ドライバーとの結びつきもあり黄金時代を築きました。その後F1界から一時撤退しましたが2000年に復帰しましたよね。復帰当初はさすがにブランクもあり中々強いホンダを見れませんでしたが、最近ようやく昔の強いホンダの復活が見えてきた気がします。

一方のメーカーは、国内業界NO.1という強みもあったしその地位にあぐらをかいていたんですが、「若者にはあまり人気がない」という欠点がありました。そこで若者に注目してもらうように「若者が好きなF1に参戦して勝っていけば振り向かせられるだろう」とこんな感じです。他のレースカテゴリーでは経験も実績もあったのでF1もまぁすぐ勝てるだろうと甘く見ていたのでこのような差が出てきたのではないでしょうか?

つまりホンダは「レースが大好きな人達が集まりで宗一郎さんの情熱を受け継いだ人達が参加している」のに対しあっちは「車が若者にもよく売れるようにするんだ!」というような感覚で参加しているんじゃないのかなという気がします。(もちろんホンダも宣伝広告の部分がない訳じゃないですがあっちとはその辺の情熱の持ち方が全く異なります)
その辺がCMにも影響してるんではないですかね。

ただし、強大なあの会社ですからね、莫大な資金やプライドもあるでしょうからこれから巻き返しくるかも知れません。

先の方もおっしゃってますが、何故F1GPに参加するのか?という主旨やレースに対する取り組み方、情熱が違うんじゃないですかね。
ホンダはご存知、故「本田宗一郎」さんの「レースで勝ちたい!1番になるんだ!」という夢からF1に参加しました。そして第2期ホンダ時代に「アイルトン・セナ」という天才ドライバーとの結びつきもあり黄金時代を築きました。その後F1界から一時撤退しましたが2000年に復帰しましたよね。復帰当初はさすがにブランクもあり中々強いホンダを見れませんでしたが、最近よ...続きを読む

Qホンダとトヨタ

1987年あたりよりF1を見ています。最近なんだかんだいってホンダもトヨタも勝利する感じがありませんね。特にホンダ「トヨタも」は毎回レースラップになるとルノー・フェラーリ・マクラーレンについていけませんね。なぜなんでしょう?・・・といつも思います。両者は巨額を投資しているでしょうし。ホンダはシャシー共の1年生だから?トヨタはドライバー悪い?バトンは勝てない星の人?どうなんでしょうか。ファンとしての意見です。教えてください。

Aベストアンサー

最近のF1は、総合力が無いとまず勝てません。つまり、エンジンや空力、タイヤ、ドライバーの技術といったスペック面はもちろん必要ですが、これにピットワークやチーム戦略、マシン開発などチーム全体の力が必要となってくるのです。

となると、必然的に経験がかなり重要なファクターになってきます。フェラーリはF1初参戦から50年以上、マクラーレンは40年、ルノー(ベネトン時代含む)は30年近くになります。対してトヨタはまだ4年ですし、ホンダは初参戦から40年以上たちますが、撤退していた時期もありますし、エンジンのみの供給がほとんどで、シャシーなど車体関係ではまだまだ経験不足です。

つまり、トヨタもホンダも、フェラーリやマクラーレンなどと互角に優勝争いするにはまだまだ時間が必要なのかもしれません。surukire様も仰るように、長い目で見ていけばいつかは勝てる…かもです。

QトヨタF-1

先日トヨタが来期ドライバーとしてオリビエと2年契約を発表しましたが現ドライバーのサロも確か2003年までの契約だと以前にトヨタから報道がありました。
マクニッシュも今期限りとの事ですが、それはいいとして
サロの契約は2003年はオプションだったのでしょうか。又はトヨタが違約金を支払う事で帰結したのでしょうか?

Aベストアンサー

あくまでも推測ですが、トヨタのイメージダウンを避けるために「違約金」などの負の要素を表に出さないようにしているのではないでしょうか。事実、契約は来期まであったようですし。(…といっても今回のような契約解除をした時点ですでにイメージダウンしているか…。)あと、雑誌等みていますが、残念ながら明確な回答に行き当たっていません。
 トヨタの巨大さや力というのは、よくも悪くもこういうところにでてくるような感じを受けます。
 補足として、こういう話も聞いた記憶があります。昨年J.アレジ、H.H.フレンツェンとの契約の話が出たとき、トヨタは開発にかかわってきた二人のドライバーを起用するのが当然であるとして2002年は現在の体制になったということです。
 なんだか複雑ですね。


おすすめ情報