教えてください、52歳です。国民年金に入ってるのですがこれだけでは不安なので、個人年金を考えてます。でもどんなのに入っていいのか、わからないので、国がしている国民年金基金に入ろうか、それとも年金とかではなく、投資信託とかしたほうがいいのか迷ってます。アドバイスお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

国民年金基金は、日本国内に居住している自営業者など国民年金の保険料を納めている60歳未満の方(国民年金の第1号被保険者)が加入できます。



この方が、国で一部負担もしていますから、有利でしょう。

投資信託も、うまく値上がりすれば良いですが、値下がりも有りますから、安全性を重視するか、ハイリスクハイリターンをとるかで違ってきます。

国民年金基金の詳細は、参考URLをご覧ください。

参考URL:http://www.npfa.or.jp/index.html
    • good
    • 0
この回答へのお礼

投資信託はやはり怖いので、安全性を考えて国民年金基金が私にあってるようなきがしました。
いろいろ有難うございました。

お礼日時:2001/07/30 22:39

1.年金基金に入られる余裕があれば入られたほうが良いと思います.


2.投資信託は損失もあります。 
3.税法上も好嬢社会保険控除を認めてくれます. 
    • good
    • 0
この回答へのお礼

やはり損失は怖いので、年金基金を検討してみます。有難うございます。

お礼日時:2001/07/30 22:32

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

関連するカテゴリからQ&Aを探す

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q国民年金の全額免除中ですが、国民年金基金に入ることはできるのでしょうか?

現在無職で、国民年金は全額免除にしてもらっています。
この状態で、国民年金基金に入り国民年金基金の掛け金は払うということはできるのでしょうか?

ご教示頂きたくお願い申し上げます。

Aベストアンサー

・ ただし、国民年金の第1号被保険者であっても、次の方は加入できません。
・ 国民年金の保険料を免除(一部免除・学生納付特例・若年者納付猶予を含む)されている方

とのことです。
http://www.npfa.or.jp/about/system/shikaku.html

Q国民年金基金の口数の変更/国民年金基金の種類について

いつも勉強させていただいております。

国民年金基金を検討しています。
http://www.npfa.or.jp/index.html

そこで質問をさせていただけないでしょうか。

●口数を途中で変えてもデメリットはないでしょうか?
数十年の間には資金的に厳しくなる事も予想されるので、
口数を変えた時のことも考えておきたいと思います。

●どの国民年金基金に入れば良いでしょうか?
いろいろな国民年金基金があると思います。
私は東京都在住、一人でコンピュータの株式会社を経営しています。
この場合、入れる国民年金基金の選択肢ってあるのでしょうか?
また、入る国民年金基金によって損得はあるのでしょうか?

それでは、よろしくお願いします。

Aベストアンサー

>私は東京都在住、一人でコンピュータの株式会社を経営しています。

株式会社の場合は、社会保険(健康保険、厚生年金)は強制加入です。国民年金に入れない以上、国民年金基金には入れません。

Q厚生年金と国民年金+国民年金基金

国民年金と厚生年金を単純に比較すると、厚年の方が有利な事はわかります。

1つお聞きしたい事は、
税込月額14万程の安いお給料(=掛け金)の厚年適用の仕事をする場合と、厚年適用外勤務(おそらくは扶養控除内勤務かバイトの掛け持ち)で国民年金と国民年金基金に加入する場合とでは、給付額はどちらが得でしょうか?

健保に関して考慮しない場合と健保を含めた場合の回答を頂ければ嬉しいのですが…。現在(昨年)の国保料は所得割のかからない最低額です。おそらく今年も大きくは保険料はアップしないとは思っているのですが。
健保は国保より組合又は政管健保の方が手当て等も良いとは思っているのですが、今は年金に関して知りたく思います。

未婚女性ですが、働き方に迷っています。それ以前に今上記のようなお給料で仕事をし始めてしまったのですが、この給与でこの掛け金なら(交通費込でも17万位です)、国年と国年基金で割りの良い仕事をした方が良いのかと思ったりしています。まだ今なら厚年の手続がされていないと思うので、早めに教えて頂きたいのですが…。

実際どうだと思われますか。数字的な頭の能力がなく困っています。無理なお願いで恐縮ですが、どうかお願いします。

国民年金と厚生年金を単純に比較すると、厚年の方が有利な事はわかります。

1つお聞きしたい事は、
税込月額14万程の安いお給料(=掛け金)の厚年適用の仕事をする場合と、厚年適用外勤務(おそらくは扶養控除内勤務かバイトの掛け持ち)で国民年金と国民年金基金に加入する場合とでは、給付額はどちらが得でしょうか?

健保に関して考慮しない場合と健保を含めた場合の回答を頂ければ嬉しいのですが…。現在(昨年)の国保料は所得割のかからない最低額です。おそらく今年も大きくは保険料はアップしないとは思っ...続きを読む

Aベストアンサー

細かな数字の話をしてもわかりにくいと思いますので端的に言いますと、

・厚生年金適用となる場合の手取りと同額の収入しか得られないのであれば国民年金+基金は損です。
・健康保険のことを考えるとさらに損です。
・もし外注として(つまり自営)働くのであれば(厚生年金加入は雇用されると強制なので)、収入が大きい場合は税金も大きく負担になります。(給与所得者の方が負担が少ないことが多い)

問題は手取りが社会保険加入よりも多い場合です。
結局のところこれはどれだけ同じ労働時間で高収入を得るのかという問題になりますので、収入が月に2割以上程度多いというのであれば、社会保険が無くてもそちらがお得という話が出てきます。

Q国民年金基金と厚生年金基金

我が家は現状は国保で国民年金を払ってます
国民年金基金に入ろうと資料をみたところ、
35歳を基準に受給額と納付額が変わるので入るなら35歳になるまでに と思ってました

最近になって、会社の厚生年金に入れると知り、悩んでます

夫が現在働いている会社で厚生年金に、もし入るとしたら国民年金基金には入れなくなりますが厚生年金基金には入れると思います(たぶん)

たとえば、厚生年金基金に入り、その後退職して国民年金基金へ移行というのは可能なんでしょうか?
もしその時に国民年金基金へは「新規加入扱い」となると損だと思います

夫は6月末で35になります
うちの場合は
国民年金のまま国民年金基金に入ったほうがいいのでしょうか?

自分で調べようとしたんですがちんぷんかんぷんでした

詳しい方教えてください

Aベストアンサー

VGRです。

厚生年金+厚生年金基金の方が、会社も半分以上負担してくれるのでお得ですが、ご主人のお考えが変わらないなら仕方ないですね・・・

>うちは年金保険に入っても生命保険との合算すると控除にならないようです。。。
なにか誤解があるようですが・・・
年金保険と生命保険は合算しません。それぞれが控除の対象になります。
保険会社から、年間保険料の証明書が秋頃に郵送されてくるはずです。
会社にお勤めなら会社に提出し、年末調整してくれます。
自分で確定申告するなら、申告書に添付し提出します。
1円以上(上限は10万円)支払っていれば控除されると思います。

http://www.taxanswer.nta.go.jp/1140.htm

私は素人なので、専門家にご相談してみてはどうでしょうか?
厚生年金+厚生年金基金の方が、本当に得なのかどうかわかりますし、ご主人も納得されるのではないでしょうか?

↓ご参考にして下さい。
http://www.h3.dion.ne.jp/~nan-nen/

国民の義務として私も年金を払ってますが、確実に貰いたいですよね(~_~)

参考URL:http://www.h3.dion.ne.jp/~nan-nen/

VGRです。

厚生年金+厚生年金基金の方が、会社も半分以上負担してくれるのでお得ですが、ご主人のお考えが変わらないなら仕方ないですね・・・

>うちは年金保険に入っても生命保険との合算すると控除にならないようです。。。
なにか誤解があるようですが・・・
年金保険と生命保険は合算しません。それぞれが控除の対象になります。
保険会社から、年間保険料の証明書が秋頃に郵送されてくるはずです。
会社にお勤めなら会社に提出し、年末調整してくれます。
自分で確定申告するなら、申告書に添付...続きを読む

Q付加年金と国民年金基金では、どちらが得ですか?

現在は自営業で、国民年金以外に国民年金基金に入っていますが、付加年金と比較した場合、将来的にはどちらが得なのでしょうか?
付加年金は月額400円で、受取額の利回りを考えたら得ではないかと思いますが、どうなのでしょうか?

Aベストアンサー

>付加年金は月額400円で、受取額の利回りを考えたら得ではないかと思いますが、どうなのでしょうか?
 ・利回りで考えれば、2年で元が取れるので、それ以降は全て+です
 ・問題は金額で、支給額は200円×加入月数=年額、ですから
  仮に40年(480ヶ月)全て加入した場合で、200円×480ヶ月=96000円(月額8000円)・・この場合の保険料の支払は、400円×480ヶ月で192000円・・上記の支給額の2年分に相当
  上記の支給額、年額96000円(月額8000円)が上限である事です
  (実際は40年加入よりは少ないでしょうから、さらに月額は減るわけです・・その金額で満足出来れば問題はありません)
 ・国民年金基金の場合、年金額等は自分で設計出来ますから・・年金額で保険料も違ってくる・・付加年金額以上の金額を得ようとすると基金に加入になると思います


人気Q&Aランキング

おすすめ情報