乳がんを患い、現在は化学療法(抗がん剤)→外科的手術(温存)→放射線治療を終えたばかりです。癌はほとんど消失している状態で手術を行いました。(何が効果的だったのかは不明ですが、プロポリスとアガリクスを飲んでいました)
再発が心配ですが、今後の治療として、身内の者から「ハスミワクチン」を勧められています。
副作用がないと聞いていますが、健康食品とは違って少し抵抗があります。
再発をどの程度防げるものなのでしょうか?
本当に副作用はないのでしょうか?
かなり高価ですが、どのくらい続ければよいのでしょうか?
教えてください。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

専門外の医師です


「Hasumi」「vaccine」「clinical trial」
などのキーワードで 英語や医学文献を検索してみました
癌研に蓮見氏と同姓でイニシャルが同じ研究者がおられるので若干紛らわしかったのですが(そちらは化学療法の報告が主です)
わたくしに分かる範囲のことを列挙しましょう
・PubMedで検索して免疫療法でHitしたのは↓この一件だけです。基礎研究であって臨床の話ではありません。
・蓮見癌研のHPなどいくつかみて回ったのですが、「40余年・13万人に治療した」とありますが、その成績については一切述べられていません。また、患者さんに対するメッセージのみで、医師に対するメッセージを発する形跡が全くみられません。
・蓮見賢一郎氏(蓮見癌研理事長)は第62回日本癌学会総会にも口演されているが、目覚しい成績を報告したと聞いたことがありません。
・副作用どころか、効果についても少なくともネット上では一切報告がありません。ものすごく閉鎖的な研究所だと思います

結局 蓮見癌研に問い合わせないとわからないということでしょう。

参考URL:http://www.ncbi.nlm.nih.gov/entrez/query.fcgi?cm …
    • good
    • 9
この回答へのお礼

大変参考になりました。もう少しじっくり調べてみます。相談は無料のようなので、直接問い合わせてみようと思います。

お礼日時:2004/12/07 14:37

私はガンの経験者で3回の手術を受けましたが、その過程で多くの代替療法を知り、再発予防の柱としてハスミワクチンを使用することとなりました。

結論から申し上げますと「ハスミワクチンの効果は高い」というのが私の実感です。

まず、ANo.1の方の記載内容と関連した事項について記述します。昭和20~30年代の昔のことを知っている方は、丸山ワクチンとならんでこのハスミワクチンがマスコミでも大きな話題に上ったことを記憶してる方も多いと思います。当時、丸山ワクチンと同様に「ガンに対するワクチンは存在しえない」と考える医学界やその影響下にある厚生省から異端視された経緯があったように聞いてます。現在の蓮見賢一郎先生のお父さんの蓮見喜一郎先生の時代です。丸山ワクチンはその後も厚生省に薬としての認可を申請し続けたのだと思いますが、一方ハスミワクチンはそうしなかったので次第にマスコミからも遠ざかっていったと推測します。そして、その優れた効果にも関わらず国内では宣伝らしいものもなされず、主として口コミで支持されて使用され続け現在に至っているのだと思います。そのような経緯から今後、ガンに対する薬としての認可申請するとすれば当初はアメリカなど日本以外の国になるのではないかと推測します。現在、蓮見賢一郎先生は米国蓮見国際研究財団、トーマス ジェファーソン大学、メリーランド大学、そして日本の蓮見癌研究所などを拠点にしてハスミワクチンの有効性の証明やさらに進歩したワクチンの研究などを行ってると思いますが、上記の経緯から日本の学会とは疎遠になっているようです。「現在、ブラジルにおいて臨床試験を実施中で第一相の臨床試験を終了し、現在第二相に入る準備をしており、米国FDAへの申請は現在準備段階にある」ようです。蓮見賢一郎先生の動向の一端を知る方法としては、Googleなどの検索エンジンに例えば「Maryland University Hasumi」 「Thomas Jefferson University Hasumi」 「Hasumi International Research Foundation」などをキーワードとして検索してみて下さい。下記は日本の「蓮見癌研究所」のURLです。

http://www.shukokai.org/index6.html

このHPに「2000年には米国メリーランド州立大学との共同研究において、ハスミワクチンのガンワクチンとしての生理活性が証明され、ハスミワクチンの客観的な評価基準をより明確にすることが可能になりました。この結果を受けて、海外での臨床試験が進められています。」との記載があります。

前述のように私は3回目の手術後「もうこれ以上の手術はイヤだ」との半ば悲壮な思いから代替療法としてこのワクチンを検討しました。私は既に30年前に当時話題になっていたハスミワクチンの本を読んでおりました。また、当時、地方で野村証券の外交員をしていた叔母が「ハスミワクチンのみを使用している人を3人知っており、3人とも全快した」という話しをしていたのを記憶してました。その叔母も私の度重なる再発を心配して電話をくれ、30年ぶりにその話しが出ました。それで私から叔母に「手数だけど、その3人が今どうなっているか、訊いてもらえないか」とお願いしました。その数日後、返事があり「三人の家に直接電話をしてみたら3人とも今でも健在である」との報告でした。後日、私はその中の一人と直接電話や手紙をやりとりするようになり、その方のハスミワクチン使用の経緯を詳しく知ることが出来ました。ただし、このように3人が3人ともこのワクチンのみで治ったという事例に私が出会ったことは極めて偶然なことだと思います。蓮見賢一郎先生は「手術など一般治療と併用してハスミワクチンを再発予防に使用するのが効果が高い」と述べ、そのような使用方法を推奨してます。この叔母の報告を訊いた結果、ハスミワクチンをやっている東京の中央線 阿佐ヶ谷 にある下記「珠光会」を訪ね、ハスミワクチンを始めました。私は初めの手術の後、1年後さらにその半年後と2回再発(リンパ節への転移を含む)し、計3回の手術(ガンセンターの専門医にて)を受けたのですが、ハスミワクチンは3回目の手術の直前から再発予防のために始めました。それから4年半の経過ではありますが、現在のところ、PET(=全身の検査方法の一種)などの検査の範囲で再発は認められておりません。尚、サプリメント(健康食品)も併用し、食事や睡眠などの生活にも気を配ってます。また、参考までに記載しますと手術以外の抗癌剤や放射線などの一般治療はやった経緯はありません。

http://www.shukokai.org/index3.html

ハスミワクチンを行っております「珠光会」では従来からのハスミワクチンの他に、今では別のワクチン療法なども行われており、私の知っている範囲で列挙しますと下記のとおりです。

1. ハスミワクチン
イ.「他人の同じ原発部位別のガン細胞の抗原膜から作成したアンプル(」と「アジュバンドとしてのアンプル(マグリナーゼと呼ばれます)」の2本を使用する場合を「一般ワクチン」と称しているようです。アジュバンドとは「自分の免疫系に癌を敵として認知させることを促進するもの」で「樹状細胞(抗原提示細胞)の成熟化を誘導するもの」と言い換えることが出来ます。
ロ. 上記に加え「自分のガン腫瘤や尿や膣などの洗浄液に流れ出てくる自分のガン細胞膜から作成したアンプル」の計3本を使用する場合を「自家ワクチン」と呼んでいるようです。一本の注射器にこれらを混ぜ5日ごとに注射するのが標準的な使用方法です。注射は自分でお腹にやるのがラクですが、近くの医院でしてもらうことも出来ます。糖尿病の方のインシュリン注射に比較したら・・・、と思ってやってます。これは約30万円/年の費用がかかるかと思います。健康保険が効かないにも関わらず、この費用でおさまることは私はとても良心的な価格だと感じてます。
ハスミワクチンを使用した乳ガンの212例の場合ですが、1990年から1997年までの間の「一般治療のみ(=手術、放射線、抗癌剤の治療など)とそれにハスミワクチンを加えたグループで5年生存率のデータの比較は下記のようです。カッコ内が一般治療のみの場合ですので比較下さい。
 ステージ1の場合・・・95.2%(93.8%)
 ステージ2の場合・・・96.0%(83.0%)
 ステージ3の場合・・・77.2%(67.7%)
 ステージ4の場合・・・61.6%(19.7%)
ハ. 上記のアジュバンドに関して今年の7月から強力なものが実用化され使用され始めました。これはスーパーマグリナーゼと呼ばれます。こちらを使用した場合は上記の治療成績はさらに上がることが期待されます。こちらを使用すると上記ロ.に記載した金額に6万円/月の費用が加算され、逆に通常のマグリナーゼは不用になりますのでその分は減額されます。月当たりの費用ですので高価だと思います。例えば当初だけとか、再発した場合、というような使い方もあると思いますが。

3.樹状細胞ワクチン(DCワクチン)
樹状細胞ワクチンを行うには、従来は患者さんから手術で取り出したガン細胞が必要でした。しかし、最近、ハスミワクチンの珠光会では、手術をしなくても可能な場合があり、効果的な方法が開発されたようです。基本的には患者さんの血液から樹状細胞を採りだし、それを培養活性化し、患者さんの体の中のガン細胞の腫瘤そのものに直接注射で戻してやる方法(DCAT療法)のようです。そうしますと樹状細胞がガンの中に注入されるのでガンの印(抗原)を容易に認識し、これをTリンパ球などに教え(=抗原提示)、結果リンパ球などがガンを攻撃することとなります。樹状細胞は、いわば免疫系に対して「敵が誰であるか」を教える役割をもつ司令塔です。上記のハスミワクチンが再発予防型であるのに対してこちらは強力で治療型とも称されています。

4.リンパ球療法(LAK療法)
「患者の血液約15?を採取し、この血液からリンパ球(白血球の仲間)と血清に分離します。得られたリンパ球に増殖因子(IL-2)を加えて二週間培養して増殖かつ活性化させます。これを患者に数回に分けて投与し、ガン細胞を攻撃させる」というものです。

以上がハスミワクチンをしている珠光会で行っている治療の主なもので、4.のリンパ球療法(LAK療法)では多少の発熱を伴う場合があるようですが、基本的にはどれも副作用はないと言ってよいようです。質問者さんの場合は、既に手術を終え、基本的に腫瘍は取り除かれているようですので「1.ハスミワクチンのイ.~ハ.」のどれかということになると思います。ちなみに上記の中で私が行っているものはハスミワクチン(ロ.の自家ワクチン)であり、副作用は全く感じておりません。使用期間ですが、10年は続けるつもりです。ガンではないのに予防のためにハスミワクチンをやっている方もいるので一生続けるかも知れません。一般的には、珠光会では「止めるときは相談下さい」と言ってます。

ガンに対する「免疫力」を考える場合、下記の二つに分けて認識する必要があります。
■一つは、能動免疫と言われるもので「リンパ球など体の免疫に対して、正常細胞とガン細胞の識別する力」です。「樹状細胞に対するガン抗原情報の伝達」とも言えます。
■もう一つは、受動免疫と言われるもので「リンパ球などの増殖と活性化(ガンと戦う力)」です。「CTL(=細胞傷害性Tリンパ球)の誘導」とも言えます。

前者に役立つものはハスミワクチンや樹状細胞ワクチンです。後者に役立つものは、上記のリンパ球療法(LAK療法)の他に丸山ワクチン(=アンサー20)、アガリクスなどキノコ類や漢方薬などです。役割が異なりますので両方を組み合わせるのがよいと言われてます。したがいまして私も「ハスミワクチンとサプリメントとの併用」を実行してます。下記HPの本は後者のサプリメントの記述として参考になると思います。

http://bookweb.kinokuniya.co.jp/guest/cgi-bin/ws …

一般治療の後、微少ではあっても残ってしまったかもしれないガン細胞を消し去るには免疫療法が適していると思います(例えばリンパ官の中など)。また、ハスミワクチンは主治医の許可がなくても使用できます。これらの使用を主治医のほうで理解してもらえない場合も多く、だまってやる場合も多いようです。ちなみに私の場合、ガンセンターの主治医には知らせてありますが、よく知っており評価しているようです。許可してくれない場合は、自分の責任でやろうと決めていましたが。

蓮見先生に見てもらう場合は、第一週目および第二週目の月曜日と木曜日が診察日と思いますので、その場合には確認してみて下さい。この日に行き、診てもらいたい先生名を希望すれば診てもらえます。特に費用が高いということなどはありません。とりあえず様子だけを見に行くことも可能です。ロビーではハスミワクチンに関するビデオが常時放映されており誰でも見れるようになってます。また、二階に置いてあります「免疫懇談会会報 ニューズレター」の1~3を是非もらってお読み下さい。無料です。また、「愛のガンワクチン」という一般向けの本や専門的に深く知りたい場合は蓮見先生とハミーソンという方との共著「ガンワクチン 免疫とガンの認知(日本語版)」がロビーに置いてあり読むことが出来ます。受付で買い求めることもできます。
    • good
    • 13
この回答へのお礼

たくさんの書き込み有難うございました。とても心強く感じます。直接相談に行ってみたほうがよさそうですね。とりあえず主治医に相談してみようと思います。
ありがとうございました。

お礼日時:2004/12/07 14:04

こんにちは、質問者様の書き込みで「化学療法」→「手術(温存)」→「放射線療法」とありますが、「手術」→「化学療法」→「放射線療法」の順じゃないですか??先に化学療法(ネオアジュバント)をやったというのが気になります。

下記サイトにあるとおり「このネオアジュバント療法は、微小転移のおきやすい、リンパ節がやや腫れている例や腫瘍の大きさが大きい例(Stage3)で行われており、従来の手術を先にする治療と同等(または少し生存率がよいというデータもあり)の効果が証明されています。」ですから「手術前に抗がん剤を使うことでしこりが小さくなって乳房が温存できる」事を目的とした訳なので「癌はほとんど消失している状態」とは考えにくいのですがいかがでしょうか。質問からは、はずれまして申し訳ございません。そこを明確(術前ステージと術後ステージ)にしてから標準的な再発予防の手段を考えるとよろしいと思います。

参考URL:http://www.tenseidatanet.co.jp/saiseikai/nyusen/ …
    • good
    • 1
この回答へのお礼

書き込み有難うございました。
標準的な再発予防について調べてみたいと思います。
ちなみに・・・
ご指摘の通り、私の場合はリンパの腫れがあり、しこりも温存手術がギリギリのラインで、そのままの手術だと傷がかなり大きくなるとのことでしたので、いちかばちかしこりを小さくすることに賭けるため、手術前に抗がん治療を行いました。結果、主治医の言葉によれば「ほとんど霞がかかったようにしか残っていなかった」という表現でした。

お礼日時:2004/12/07 14:34

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

QMRワクチン

こんにちわ。

小児ワクチンで
MRワクチンて
なんの略ですか?
教えてください。

Aベストアンサー

麻疹 (Measles)・風疹 (Rubella) ワクチンの略です。

Q乳がんで全摘手術後に放射線治療をしています。放射線治療室は高齢の方が多く40代の私がいるのが不自然な

乳がんで全摘手術後に放射線治療をしています。放射線治療室は高齢の方が多く40代の私がいるのが不自然な空間に感じる場所です。
治療室に入るとベットの上に座り放射線技師の男性の前で私は自分で検査着の前を外して胸を出さなくてはいけなくて…胸を出したら放射線技師の男性が私の背中に手を回して抱きつくような体勢でベルトを巻くんです。
毎日上半身裸になってベットに寝て腕を頭の上に上げた状態で照射するのですが…3人の男性の放射線技師さんに囲まれて身体にマーキングされたり…ベルトを巻いたあとはベルトの中に手を入れて健側のおっぱいの位置を整えたりするのでかなり恥ずかしい時間なんです。
乳がんだから仕方ないし…放射線技師さんたちは仕事として見ているんだと思うのですが…放射線治療は25回も続くためほぼ毎日病院なんです。
全摘してる胸は誰にも見せたくない気持ちなので…いくら治療とはいえ恥ずかしくて仕方ありません。
治療室の中には看護師さんもいなくて男性だけというのもかなり不安になります。
あからさまにセクハラ行為がある訳ではないのですが……数人いる放射線技師さんの中のひとりの男性は明らかに親近感を持ってる様子で話しかけるときもタメ口だし…おっぱいのベルトを巻く時も必ずその人が一番に部屋に入ってきます。ベルトの中に手を入れて健側のおっぱいの位置を整えるのもその人で、たまに他の技師さんがそっちに立った時はベルトの中に手を入れてくる事はありません。
でもこういう事ってギリギリのラインなのでクレームとして言うことは難しいですよね…。
まだしばらく毎日会うので話を大きくして気まずくなるのもイヤだけど…いくら治療とはいえ同じ男性に毎日全摘した胸を見られたり、触られたりするのは恥ずかしさを超えてかなり苦痛です…。

乳がんで全摘手術後に放射線治療をしています。放射線治療室は高齢の方が多く40代の私がいるのが不自然な空間に感じる場所です。
治療室に入るとベットの上に座り放射線技師の男性の前で私は自分で検査着の前を外して胸を出さなくてはいけなくて…胸を出したら放射線技師の男性が私の背中に手を回して抱きつくような体勢でベルトを巻くんです。
毎日上半身裸になってベットに寝て腕を頭の上に上げた状態で照射するのですが…3人の男性の放射線技師さんに囲まれて身体にマーキングされたり…ベルトを巻いたあとはベ...続きを読む

Aベストアンサー

毎日おっぱい見たり触ったりしているので何とも思ってないと思いますよ

この治療をしないとあなたはどーなりますか?

クレームとか考えるより
直す事に集中してください

考え方にもよりますが…
触られて治るもんなら大儲けと前向きな考え方もあります

病は気から…NKキラー細胞は前向きな考え方の人の方が活発になります。

不満を希望に変え完治してくだい

Q4歳児の初MRワクチンを自費でもすべき?

上の子はMRワクチンを打っていたのですが、
下の子(4歳)は公費でワクチンを打てる時期を
のがしてしまいました。

やはり、やっとくべきですか?

たしか、6歳でも公費でできますよね?
それまでおいとくのは危険ですか???

Aベストアンサー

危険と言えば、あなたのお子さんが感染した場合、お子さんばかりでなくまだMRワクチンを
打てないお友達の弟妹(1歳未満)まで危険になるということでしょうか。
何年か前に大学生に流行したことがありました。
またそういう流行が接種までに起きた時にうつるかも、うつっちゃった、というときには先に書いたように周りにうつす危険性もあります。

一か八かにするかどうかはkochikochi0206さん次第でしょう。

Q肺がん生検しなくても放射線治療できますか? 90歳の父に肺がんが見つかりました。放射線治療が良いみた

肺がん生検しなくても放射線治療できますか?
90歳の父に肺がんが見つかりました。放射線治療が良いみたいなのですが、生検と言って、針を肺にさして、細胞をとる検査をしなければ放射線治療できないということです。生検は、90歳にはリスクがあるそうです。生検をせずに放射線治療できるところ、ご存知でしたら教えて下さい。宜しくお願いします。

Aベストアンサー

妻70歳で肺がんに亡くしました。

一番副作用が少ないという放射線治療20回照射もしましたが、骨が弱ってしまい背骨骨折で激痛、今度は、骨を強くする点滴を毎月。

抗がん治療も。ハッキリ申し上げて、何もしなのが一番よかったと。90歳のお父さんを苦しめずに、余命を家族そろって楽しく暮らすのが一番です。妻は肺のガン潰瘍45mmから13mmに縮小しましたが、ガンでは死亡せず、治療のための副作用に心臓が耐えきれずに、逝ってしまいました。治療を始めるまでは通常生活でしたが、治療を初めてすぐに、ガンでない痛み、下痢、嘔吐、やけどのような皮膚のただれ、それでも、治したい希望で抗がん治療に。3年半、苦しみまくり、最後の半年は、自分で起き上がることもできずに。

最後は、医師の診断中、息子も私も立ち会っているときに、心臓停止、医師は、まだ蘇生できる可能性はあり、と心臓マッサージを始めましたが、息子も、もう逝かせてあげてください、と。

何もしなければ、1年以内余命宣言でしたが、せめて自分の足で歩ける、食事もおいしく頂ける、体に優しい旅もできる期間が長かかったのに残念です。

標本採集の生検は、手術室で全身麻酔をして標本採集で手術と同じ。体の負担もすごいです。

妻70歳で肺がんに亡くしました。

一番副作用が少ないという放射線治療20回照射もしましたが、骨が弱ってしまい背骨骨折で激痛、今度は、骨を強くする点滴を毎月。

抗がん治療も。ハッキリ申し上げて、何もしなのが一番よかったと。90歳のお父さんを苦しめずに、余命を家族そろって楽しく暮らすのが一番です。妻は肺のガン潰瘍45mmから13mmに縮小しましたが、ガンでは死亡せず、治療のための副作用に心臓が耐えきれずに、逝ってしまいました。治療を始めるまでは通常生活でしたが、治療を初めてすぐ...続きを読む

Q新型インフルエンザワクチンとMR、どちらを優先しますか?

11月末で1歳になる子どもがいます。

新型インフルエンザの予約をしました。
予約した病院から以下のことを言われました。

・今のところ、健康な幼児は、12月14日から接種予定
・しかし、前倒しになる可能性もある
・逆に、ワクチンの入荷量によっては、だいぶ遅れるかもしれない
・よって、今のところいつごろできるか全くの未定
・ワクチンの入荷数に応じて、予約の早い方から順に、電話連絡する。
・ワクチンのアンプルの関係で、接種日は病院側からの指示に従ってもらう。
・2回目の接種は、1~4週間の間に行い、それを過ぎる場合は、キャンセルとみなす。
・すでに、多数の予約が入っている(具体的な予約数は教えてもらえなかった)

そこで、悩んでいることがあります。
11月末に1歳になるので、MRの予防接種も控えています。
MRをすると、4週間、新型インフルエンザの予防接種はできなくなります。
しかし、新型インフルエンザ接種が12月14日ごろできる保障はありません。
インフルエンザは2回接種するので、1回目接種から少なくても2週間はMRが出来ません。
MRも1歳になったら、なるべく早く済ませるべきと言われているので、どうしたものかと悩みます。

みなさんでしたら、どちらを優先させますか?

ちなみにうちの子は、保育園などの集団生活はしていません。

11月末で1歳になる子どもがいます。

新型インフルエンザの予約をしました。
予約した病院から以下のことを言われました。

・今のところ、健康な幼児は、12月14日から接種予定
・しかし、前倒しになる可能性もある
・逆に、ワクチンの入荷量によっては、だいぶ遅れるかもしれない
・よって、今のところいつごろできるか全くの未定
・ワクチンの入荷数に応じて、予約の早い方から順に、電話連絡する。
・ワクチンのアンプルの関係で、接種日は病院側からの指示に従ってもらう。
・2回目の接種...続きを読む

Aベストアンサー

MRって、麻疹・風疹ですよね。確か、麻疹も風疹も流行時期はゴールデンウィーク前後ではありませんか?それに比べて新型インフルエンザは今ですよね。

どちらか選べるのなら今流行っていて今罹る可能性の高い物を優先した方が良いかと思われます。(専門ではないので、流行時期をネットで検索してみました。確か我が子の接種の時に主治医にこの様なことをいわれたように思いますが、私自身は専門家ではありませんので悪しからず。)
ただ・・・仰るとおり、新型インフルエンザもワクチン不足で接種できるかどうかも分からないので悩むところですね。

Q肺がん : 化学・放射線治療の副作用について

こんにちは。

(この場をお借りしていつもアドバイスを頂いている者です。)

肺がんの父は、8月中旬~10月頭まで

■抗がん剤
タキソール+?(名前忘れました)を3回でワンクール。

■放射線
計35回照射

という形で治療を受けました。

治療後は今まで自宅で療養中なのですが、
副作用がだんだんひどくなってきているようで
大変心配です。

具体的には、食欲不振、吐き気(むかむか感)、
全身倦怠感、あと、これは副作用かどうかわかりませんが、
胸をしめつけらるような違和感 などがあるようです。

それから、この前までは椅子に座ると楽だと
言っていましたが、もうどの姿勢も楽でなくなったようです。
(これって、がんが大きくなっているため
でしょうか。レントゲン上では変化がありません。)

---

上記の治療が終わって3週間くらい経っていますが、
いっこうによくならず、むしろ副作用がひどくなって
いるようで、家族として正直辛いです。

もう少しで良くなってくる可能性はありますか。
といいますか、もともろ副作用ってこんなものでしょうか。
もしそうならば悲観せずに時が経つのを待てる
と思いますが。。。

ご意見・アドバイスをいただけたら幸いです。
どうぞ宜しくお願いいたします。

※食欲がない中でもがんばって1日3回食事を取っています。

こんにちは。

(この場をお借りしていつもアドバイスを頂いている者です。)

肺がんの父は、8月中旬~10月頭まで

■抗がん剤
タキソール+?(名前忘れました)を3回でワンクール。

■放射線
計35回照射

という形で治療を受けました。

治療後は今まで自宅で療養中なのですが、
副作用がだんだんひどくなってきているようで
大変心配です。

具体的には、食欲不振、吐き気(むかむか感)、
全身倦怠感、あと、これは副作用かどうかわかりませんが、
胸をしめつけらるような違和感 などが...続きを読む

Aベストアンサー

タキソール、あります。イチイの木から取り出され、20世紀最高の抗がん剤といわれるそうです。
私の知人も、肺がんでこれを使っていましたが、副作用がきついらしいです。白血球の数が減るので、そんなときは、病室の外にも出ませんでした。タキソテールというのもあって、これはタキソールよりも副作用が弱いのですが、タキソールよりは効きも弱いとききました。

↓ご参考までに。
http://kawa2000.at.infoseek.co.jp/index-301.html

でも、治療終了後には必ず回復します。
治療、ご本人もご家族にとってもつらいものであると思います。
体力温存して、協力し合って支えあって(付き添う側にはこれくらいしかできないのが辛いところですが)乗り越えてください。一日も早いご快復を願っております。

QHibワクチンとMR・ポリオの予防接種

来月の8月21日で1歳の息子の予防接種に関して質問です。

Hibワクチンを予約した所9月25日以降でないとワクチンがこないといわれました。
丁度、ポリオ・1歳児で受けるMRが重なりました。
ポリオは、春の時期に下痢になってしまい
今回初めてのポリオになります。

ちなみにポリオの予定日は
9/16 9/30 10/7 10/14 のどれか一回です。

MRは予約なしで病院で接種できるので日にちの指定はありません。



初めての子育てで、訳が分からず・・・
期間をあけてなど、色々ありすぎて・・・(><)

このような場合、どんなスケジュールで予防接種を受けていけば
いいのでしょうか?
詳しい事ご存知の方、教えて下さい。
宜しくお願いします、

Aベストアンサー

ポリオとMRは生ワクチンのため、接種後4週間は空けなければなりません。
Hibは不活化ワクチンなので、接種後6日空ければ他の予防接種を受けられます。

なので、まずは1歳になられたらすぐ(8/25まで)にMRの接種を済ませて、
Hibが入荷したら9月末までに受け、10/7のポリオを受けられると、
仮に7日に調子が悪くて受けられなくても14日を予備日に残しておけますね。
念のため、かかりつけのお医者さんにも確認してもらうと
より確実に決めやすくなると思います。

予防接種のスケジュールは頭が痛いですが、あとちょっとです。
がんばってくださいねー。

Qアガリクスの副作用について

父(73歳)が悪性リンパ腫の再発で、胃と頚部のリンパが腫れています。昨年の11月より、首のところが腫れていたが、歯からきているのではとそのままになっていたところ、今年の3月に立てなくなって入院し、1ケ月の検査で判明しました。以前に脳梗塞をやっており、また不整脈もあることから、治療法としては抗がん剤治療が望ましいが、進行も遅いようだし、様子を見ましょうとのことでした。5月に入り、友人のすすめで、アガリスクを飲ませていましたが、首の腫れが大きくなり、固くなってきたため、本日より放射線治療を始めました。毎日付き添っている母が言うには、アガリクスを飲みはじめてから、大きくなったようだとのこと。先生に聞いても、アガリスクのせいではないでしょうとのことで、何かの原因で急に大きくなったのでしょうか。私もアガ゜リクスが原因ではないと思いますが、例えば免疫力がアップして、好転反応でリンパが腫れたということも考えられるのでしょうか。今はアガリクスをやめていますが、放射線治療による副作用軽減のためには飲んだ方がいいと思うのですが、どうしたらいいか困っています。今週大阪から熊本へ帰って確認しますが、どなたか同様の経験をされた方がいらっしゃいましたら回答をお願いします。

父(73歳)が悪性リンパ腫の再発で、胃と頚部のリンパが腫れています。昨年の11月より、首のところが腫れていたが、歯からきているのではとそのままになっていたところ、今年の3月に立てなくなって入院し、1ケ月の検査で判明しました。以前に脳梗塞をやっており、また不整脈もあることから、治療法としては抗がん剤治療が望ましいが、進行も遅いようだし、様子を見ましょうとのことでした。5月に入り、友人のすすめで、アガリスクを飲ませていましたが、首の腫れが大きくなり、固くなってきたため、本日より放射...続きを読む

Aベストアンサー

No.2のmi158です。
>「アガリクスで癌が治ったという本も出版されていますが、身近に体験した人がいると、個人差はあると思いますが試してみようという気になります。」

まさにその通りだと思います。私の回答の書き方がまずかったかなあ・・・。御気に触ってしまってたらすみません。
mhamada様がどちらにお住まいの方だかわからないので、この病院がいいですよなどのアドバイスはできないのですが、例えば、

http://www.mmjp.or.jp/kampo-ikai/

等の「臨床漢方医リスト」からお近くの病院を探して、相談なさるなどしてみてはいかがでしょうか?本人が行けなくても、家族が相談に行くことは可能だと思います。アガリクスより効く、漢方薬を紹介してもらえるかもしれませんよ!!(かなり高価だとは思いますが・・・・)
あるいは、漢方に関する雑誌を読んで(上記の病院に行けば、読みやすい雑誌が置いてあると思いますよ。)、そこに掲載されている論文や、コメントから、この先生に相談してみようなどと決めてみるのもいいと思います。(Yahoo!等の検索エンジンでどのような雑誌があるかは簡単に調べることもできます。)

確かに、アガリクスなどには神秘的な効力があるようです。
西洋医学では末期がんだということで医師から見放されてしまっても、治るケースがあるということを、私も先生から聞いております。
是非、お父様が漢方薬でがんを克服できるといいですね。
最後の最後まであきらめずにいろいろ試してみてください。

参考URL:http://www.mmjp.or.jp/kampo-ikai/

No.2のmi158です。
>「アガリクスで癌が治ったという本も出版されていますが、身近に体験した人がいると、個人差はあると思いますが試してみようという気になります。」

まさにその通りだと思います。私の回答の書き方がまずかったかなあ・・・。御気に触ってしまってたらすみません。
mhamada様がどちらにお住まいの方だかわからないので、この病院がいいですよなどのアドバイスはできないのですが、例えば、

http://www.mmjp.or.jp/kampo-ikai/

等の「臨床漢方医リスト」からお近くの病院を探して、...続きを読む

QMRワクチンについて

今度学校で「麻しん(はしか)に関する調査」というプリントを配られ、いくつか質問が書いてあるのですが、
その中に
「麻疹抗原ワクチンと麻疹混合ワクチン(MRワクチン)の2種類がありますが、どちらで接種されましたか?」
という質問があり、よくわからないので母子手帳を見てみたのですが、「タケダH224 シュワルツFF-8株」と書いてあるだけで
どちらかわかりません。
どなたか詳しい方回答よろしくお願いします。

Aベストアンサー

「乾燥弱毒生麻しん風しん混合ワクチン」と書かれてます。
http://www2.takedamed.com/content/search/doc1/128/tenpu/tenp128.html
ということは混合ワクチンでしょう。

Q子宮体癌の再発と放射線治療について

はじめまして。母の病気について相談します。
母は05年の11月に子宮体ガンの診断を受け、年末に子宮卵巣リンパ清を行ないました。ステージは3aでした。
その後抗癌剤治療を8クール行い、終了した後も量を減らしての抗癌剤治療を行なっています。

ところが先日、CT画像に影があり、家族のみ医師に呼び出されて再発を宣告されました。その時の話は
・腎臓の傍、大動脈付近に4センチ大の腫瘍があり、再発と思われる
・腫瘍に対し、放射線治療を行なうが、効果がない場合は二ヵ月ほどの 余命である
ということでした。また、母の病状の深刻さについては
・06年5月に腸閉塞のオペで開腹した際、腸内に少量の腹水があり、 その中にガンが含まれていた
・抗癌剤の量を減らしたのはあくまで母の体がもたないからであり、経 過が良好だからではない。予断許さず、やっかいな状況である
と、いうことでした。
私ども家族は放射線治療にかけるしかないと思い、準備にはいりましたが放射線治療の為、大学病院からきている放射線科医師が照射部位の特定をするために再びCTを撮ると「これは水だ。放射線をあてる必要はない」と言い、婦人科医師と協議の結果、放射線治療は中止。経過観察となりました。
その後婦人科医師からの説明がないので、私にはこれがよいこと(再発は婦人科医師の思い違い)なのか、悪いこと(もう打つ手がない)なのかよくわかりません。ご回答いただける方がいましたら、よろしくお願いします。

はじめまして。母の病気について相談します。
母は05年の11月に子宮体ガンの診断を受け、年末に子宮卵巣リンパ清を行ないました。ステージは3aでした。
その後抗癌剤治療を8クール行い、終了した後も量を減らしての抗癌剤治療を行なっています。

ところが先日、CT画像に影があり、家族のみ医師に呼び出されて再発を宣告されました。その時の話は
・腎臓の傍、大動脈付近に4センチ大の腫瘍があり、再発と思われる
・腫瘍に対し、放射線治療を行なうが、効果がない場合は二ヵ月ほどの 余命である
...続きを読む

Aベストアンサー

この文章からしか情報が得られないので、的外れなことかもしれないという前提で読んでください。
1つ目。先日のCTで指摘された、腎臓の傍らの腫瘤は、再発した腫瘍ではなく、現状では「効果がない場合は二ヵ月ほどの余命である」という差し迫った状況ではないということ。
2つ目。しかしながら、「腸閉塞のオペで開腹した際、腸内に少量の腹水があり、その中にガンが含まれていた」という、腹膜播種、再発があるということ。
3つ目。「抗癌剤の量を減らしたのはあくまで母の体がもたないからであり、経過が良好だからではない。」体力的には強い治療が不可能なこと。

結論は、腹膜播種がある以上は、根治した状態ではなく、癌細胞は体の中に残っていると思います。余命2ヶ月ではないにしても、長く見積もっても5年未満と考えたほうがよいのかもしれません。


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング