プロが教える店舗&オフィスのセキュリティ対策術

若干長めです。親が頭悪すぎて困ってます。
親と社会のこと経済のこと政治のことを話していると、無知すぎてイライラします。
テレビで会見反対のニュースがやっているといつも僕は、「日本のメディアはまだマッカーサーの駒やってんのかよ」と言います。そしたら母親が、「文句ばっかりでうるさい!」と叱ってきます。だから僕は、「憲法9条の改正なくして、日本存続はありえないからね?(以下省略)」と言います。
そうすると母親は、「そしたらあんたは戦争に行ってもいいわけ?」と聞いてくるのですが、このご時世戦争が起きてナショナリズムの思想が強まる国はガチの社会主義国(極めて少数)しかないですし、日本はアメリカとおなじ自由主義国家なので、ナショナリズムに陥ることはありません。なので、学徒出陣、徴兵令なんて有り得ません。
また歴史を振り返っても、自国または自分の領土を自分の力で守ることを辞めた国や地域は必ず滅んでます。あのローマ帝国ですら、自衛を怠った途端に100年も経たずに滅亡しました。
そもそも、この憲法はアメリカ人が作って押し付けてきたものなのに、日本国民が大事にしているこの状態が意味不明です。
なのに、母親は憲法9条は素晴らしいとうつつを抜かしています。これもGHQの弊害なのでしょうか?それとも母親が無学なだけなのでしょうか?僕はどう考えても後者にしか思えません。母親は他所でもそのようなことをデカデカと口走り、自らのムチを晒しあげるので、一緒に出かけるといつもヒヤヒヤしています。
どうにか、母親を説得し、学をつけて欲しいのですが、なにか方法はありませんか?

質問者からの補足コメント

  • 会見反対の→改憲反対の
    です。お詫びして訂正致します。

      補足日時:2019/11/27 00:58
gooドクター

A 回答 (10件)

憲法9条が、アメリカの軍事的要求から日本を守ってきたのは確かなので、十分日本の平和に貢献してますよ。


「アメリカの駒」化を進めているのは他ならぬ安倍政権です。
まともな情報公開すらできないこの国で、民主主義が存続できるのかの方が心配です。

母親に学を授けるなど無理です。
いかに無知、無学だろうと、あなたの母親であることは変わりありません。
その母親を、これからはあなたが守って生きていくしかありません。
そのためにどうしたら良いかを考えてください。
    • good
    • 3

こんばんは



何十年も掛かって、今の考えになったし、これで生きてきたので、変えたりするのは不可能にちかいでしょう。

学を付けさせるには、新聞沙汰になっている事について、あなたが色々質問して、「〇〇ってどういう意味?」「何でそうなっているの?」と聞く。ただし、絶対に責めてはいけません、知らない振りをして聞きまくる。

聞いたら、その場でノートを取り、「友達に質問されたんだ。これで友達に自慢できるぞ」と独り言。もしあやふやでも、間違っていても同じ様にする。

解らないと言われたら、明後日までに調べておいて下さい。と頼んでおく。

そうすれば、こんな無知な息子を放っておけない。また、間違った事を言って、友達に笑われると可哀想と思い、自ら勉強するかも。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。
この人はほんとうに勉強というものの価値を分かってないので、それを解らせたかったのです。
先日、尊敬して止まない学問のすゝめを読んでくれと頼んだのですが、大人は学ぶ必要は無い。勉強は学生の仕事だ!バカにするなと一蹴り。このように愚かなことを言っていたので、息子として情けなく思っています。

お礼日時:2019/12/03 21:34

女の姉妹がいれば相談する。

外で政治の話をするのだけでも止めさせたいね。

私は母親ですが、お母さんのような考えの方が周りに結構います。子供を戦争に行かせたくないと言っている方も多く。私は黙っていられず、「徴兵制などあり得ない時代も戦い方も違うよ~。訓練も受けてない今の若者が行って何の役に立つわけ?」と言うと上の年代は顔をしかめ、、下の年代は「YouTubeとかみてるとそんな感じに言ってるよね」な反応。あ~政治の話したくないんだけど、言っちゃった。って反省する私です。テレビなどのメディアに洗脳されている母親は多いなあと思います。

ちなみにウチの母(70代)は私や弟の意見をなるほどねって感じで柔軟に受け止めてます。あまりそんな話しない。ただ同年代の左翼的な考えを押しつける方には辟易しているようです。
私も改憲賛成ですが、外では話しませんね。家の中では子供はテレビ見ません。私もドラマぐらいです。あまり難しいことはわからないけど朝の情報番組などうるさくて嫌いです。
    • good
    • 0

まあ、どっちもどっちって気がします。


その親にして、この子ありって感じですかね。

「憲法9条の改正なくして、日本存続はありえないからね?(以下省略)」というのもよくわかりませんが、きっと「(以下省略)」の中に深い理論があるのでしょうと好意的に解釈します。

「戦争が起きてナショナリズムの思想が強まる国」って、戦争やってる国ってたいがいナショナリズムの思想が強いですよね。
というよりナショナリズムの思想が強まらないと戦争なんてできません。
日露戦争も、太平洋戦争も開戦時日本はナショナリズム一色でした。

現在戦争をやっている国となると、アメリカ、シリア、イスラエルなんかが思いつきますが、どれも「ガチの社会主義国」ではありませんよね。
それに、「ガチの社会主義国」が”極めて少数”なら、戦争なんて滅多に起きませんよね。
そもそも、今世紀になって「ガチの社会主義国」がやった戦争って何があるんでしょうか?

「日本はアメリカとおなじ自由主義国家なので、ナショナリズムに陥ることはありません。」
いやいや、明治日本は一応自由主義国家でしたが、日露戦争開戦時は超ナショナリズムでした。
アメリカだってイギリスだって、開戦時は超ナショナリズムでした。

「徴兵令なんて有り得ません。」っていうのも、いやいやそうとは言えません。
徴兵は、ベトナム戦争の時にアメリカだってやってました。
徴兵制を止めたのは、フランスが1996年、ドイツが2011年、イタリアが2000年で、つい最近です。
スイス、ノルウェー、フィンランド、デンマーク、スウェーデンは現在も徴兵制が続いています。
さらに、2015年からはノルウェー、2018年からはスウェーデンで女性も徴兵制の対象です。
「自国または自分の領土を自分の力で守る」ということの中に、必要であれば徴兵制を行う、ということも入っています。

「それとも母親が無学なだけなのでしょうか?」
という前に、あなたも充分無学と思います。

お母様の前に、まずはあなたが基本的社会常識を身につけるべきでしょう。

(誤解されないように、念のため書いておきますが、私は改憲すべきと考えています。)
    • good
    • 3

そうすると母親は、「そしたらあんたは戦争に行ってもいいわけ?」


  ↑
ウォー・ギルト・インフォメーション・プログラム
(英語:War Guilt Information Program、略称:WGIP)
に汚染されていますね。



と聞いてくるのですが、このご時世戦争が起きて
ナショナリズムの思想が強まる国はガチの
社会主義国(極めて少数)しかないですし、
 ↑
戦争になればどの国でもナショナリズムが
強くなります。
湾岸戦争では、大統領の支持率は90%を
超えました。



日本はアメリカとおなじ自由主義国家なので、ナショナリズムに
陥ることはありません。
 ↑
自由主義だろうが社会主義だろうが、
陥る可能性は常にあります。
ただ、ナショナリズムが総て悪い訳ではありません。
健全なナショナリズムは必要です。




また歴史を振り返っても、自国または自分の領土を自分の力で守ることを
辞めた国や地域は必ず滅んでます。
あのローマ帝国ですら、自衛を怠った途端に100年も経たずに滅亡しました。
 ↑
人類の理想といわれたローマ帝国ですが、
滅亡した原因については諸説あり、
百人いれば百の原因がある、とまで言われて
います。



そもそも、この憲法はアメリカ人が作って押し付けてきたものなのに、
日本国民が大事にしているこの状態が意味不明です。
  ↑
これは同感です。
憲法というのは、その国の理想や価値観を
著したものです。
それが外国製というのはとんでもないことです。



なのに、母親は憲法9条は素晴らしいとうつつを抜かしています。
これもGHQの弊害なのでしょうか?
  ↑
WGIPと、当時盛んだった社会主義思想が
化学反応を起こしたものでしょう。



それとも母親が無学なだけなのでしょうか?
僕はどう考えても後者にしか思えません。
 ↑
お母さんを責めてはいけません。
女性ってそんなモノです。
半径1メートルのことしか関心がありません。



どうにか、母親を説得し、学をつけて欲しいのですが、
なにか方法はありませんか?
 ↑
お母さんの歳が判りませんが、50歳だと
すれば、50年かけてそういう考え、レベルに
なった訳です。
ほとんど不可能です。

知り合いの中国人は日露戦争を知りませんでした。
存在を信じさせるのに10年かかりました。
    • good
    • 1

お母さんは、争いの無い平和な暮らしを望んでいらっしゃるだけなのです。

現在が平和なのでそれを変える必要は無いと思われているでしょう。私はあなたの考えを支持しますが、女性としてのお母さんの気持ちも分かります。お母さんがあなたの意見に耳を傾けるようになるには、身近な出来事に例えて日本と諸外国の関係の現状を説明してあげては如何でしょうか。
    • good
    • 0

>自国または自分の領土を自分の力で守ることを辞めた国



日本は辞めて無いですよ??
ローマ帝国だって広すぎて守れなかっただけじゃないですかね?
社会主義国の代表とも言えるソ連だって崩壊しています、内紛でバラバラになったようなものだから、社会主義国=ナショナリズムが強い国とも言い切れませんよ。
    • good
    • 0

人それぞれ考え方があって発言するのも自由です。


私も歴史の事、政治・経済の事は無知ですが、憲法九条は、改正される事を願っています。
なぜなら、それを武器として他国と交渉がし易くなると思っているからです。
色んな思考や思いがあっていいと思いますよ。
それぞれに価値観が違うのが当たり前なので。
ただ、お母様は、もしかして、戦争になってしまったら、大事な我が子が戦場へ行かなければならないかもしれない…
それは、絶対に嫌だ!
との思いが強いだけなのかも知れませんね。
私も息子と娘を持つ母親なので。
限りなく無いとは思いますが、こればっかりは誰にも分からない事ですから。
    • good
    • 0

前副大統領で大統領になろうとしているバイデンも公式な場所で、副大統領の時、日本の憲法はアメリカが作ったと言ってます。

日本は抗議すらしません、私は改憲大反対です。アメリカが作った憲法など一字一句いやです、改憲でなく、新憲法制定、今の憲法は破棄し、全く新しい憲法を日本人の手でつくるべきです。護憲は共産党も30年ほど前から言ってます、日本憲法が出来てから40年反対してたのにです。貴方のお母様は共産党よりはまだ、マシだと思います。
    • good
    • 0

頭が悪いのではなく、単なる意見の相違だと思います。


話が合わないなら、家を出ましょう。
    • good
    • 5

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

gooドクター

人気Q&Aランキング