先日、極真空手に入門したものです。
まだ3回くらいしか稽古に出てませんが、体力的には問題なさそうです。
問題があるとすれば、柔軟性をあげないといけないと痛感している点くらいです。
それでも稽古もそれなりに楽しいので週3回程度は行くつもりです。
ところで極真の昇級、昇段ってどういうシステムになっているのですか?
審査内容や昇級の規定等、知っていたら教えてください。
例えば、どんなに実力があっても、一級づつしか上がっていかないのですか?
そうすると、順調に行っても緑や茶帯になるには、2年くらいかかるってことですね。
個人的には、武道であり、”道”を極めるには、時間をかけて地道にとは思ってますが、気になります。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (4件)

直接質問とは関係ないかもしれませんが、極真空手ファンならこのお宝動画を見た方がいいよ。

あまりにもお宝すぎて、正直ビビりました!(汗)

http://www.kyokushin1.com/

参考URL:http://www.kyokushin1.com/
    • good
    • 4

押忍 追伸します。



もっとすっきりした考え方もあるかと思いますので追伸します。
2年弱で初段を取る人もいます。先にも出ていたように週に3・4回稽古して、尚且つまあ、空手に向いていた人ですね。

週3・4回ってことは、月で16~18回、年で192~216回程の稽古回数ですよね。つまり初段までに約400回くらいの稽古をしてる訳です。

これに対して週に2回くらいの稽古だと、月で8回~10回、年で120回くらいです。2年掛かっても稽古量は上の3分の2以下です。

これから稽古を続けていけばおのずと分かると思いますが、同じ稽古回数を重ねても早く上達する者と、そうでない者といます。2年弱で取ってしまう者は、もちろん前者の上に稽古の回数があるわけです。
    • good
    • 4

押忍 はじめまして。

極真に15年位います。ずいぶん昔に黒帯貰いました。

ToshiJPさんのおっしゃる通りですね。支部(師範)によって、ちょいとした違いがあるくらいです。昔の昇段は、10人組手で(黒帯が3~4人入って)半分以上の一本勝ちが必要でしたけど、いまはそんなことありません。昔は、入門者500人~1000人で黒帯び2人位って言いましたが、いまは人によって時間が掛かろうと取る事は出きるようになりました。

また、これは実感としてですが実力以上の帯をもしつけてるとしたら、その人自身がキツイだけだと思います。わたしも相手の帯のいろによって、組手を変えています。

中にはスパーがムチャクチャ弱い茶帯もいます。もちろん、白や黄色には負けることはありませんが、緑色とだと違いがあまりないような人です。そのような相手のときは、他の場合と違いそれなりに立てなくしたりしますよ。

それは、決していじめとかじゃなく他の道場や支部に行ったとき、本人が恥をかきますし当然道場としての体面もあるので、そのようなことのないように稽古してもらっているわけです。

自分の実力に合わせて昇給・昇段していけば良いんじゃないでしょうか。実戦で弱い黒帯じゃ意味ないですから。指導者の方から「そろそろどうだ」と必ず言ってきてくれますよ。
    • good
    • 1

押忍。

自分も同じく極真を習っている者です。

昇級、昇段の本当の細かい規定は知らないのですが、一般的に言うと・・・

基本、移動稽古、組手がそれぞれのレベルに応じた習熟度でこなせる。規定された型がしっかりと演じられる。というものです。これで審査の人が見て「よし」ということであれば昇級が許されます。

しかし例外もあり、白帯からいきなり青帯などを許される例もあります。基本・移動稽古、そして型などのフォームがすごく美しく、組手がものすごく強くて相手を圧倒した、などの人はたまに「飛び級」しています。以前どこかで格闘技を習っていたとか、すごく真面目に稽古に毎回出ているという人が多いです。そして上の級にいけばいくほどもちろんこれは起こりにくいです。

「昇段審査」はこれまた特殊です。これは支部によって規定がかなり変わります。よく聞くテストは「柔軟性(股割で胸がペタンと前につくことなど)」「逆立ち歩き」「天上のボール蹴りあげ」「拳立てXXX回」「基本・移動稽古」「型(数がすごく多いです)」そして10人組手です。

例外として城南川崎支部などは広重師範の考えからか茶帯⇒初段は大きな大会で優勝するのが条件らしいです。(少なくとも県大会レベルとか) 緑⇒茶帯のテストもどこかの道場では5人組手をやる所もあると聞きました。

基本的に昇級・昇段審査を受けて落ちる人はあまりいません。100人いたら数人いるぐらいです。それはなぜかというと審査を受けたいと師範(指導員)に申し込んだときに、受かりそうにないなら「やめときなさい」「ダメだ」といわれるし、また申し込みさせてくれないからです。

黒帯へは必死の努力をした非凡な才能のある人が1年半ほどでたどりつくといいます。普通の方なら数年どころかもっともっとかかると考えるのが妥当でしょう。私は時間を全然気にしないようにしてます。上のレベルにいけばいくほど自らテストを受けない人がでてきます。それは「まだ自分はそのレベルに到達していない」と感じるからです。私も何度か審査を辞退しています。

道のりは長いですが、がんばりましょう。 押忍
    • good
    • 1

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

専門家回答数ランキング

専門家

※過去一週間分の回答数ランキングです。

Q質問する(無料)

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q極真空手について

極真空手って最強?あと、極真空手より強くなれる格闘技なんですか?160cm、女です。

Aベストアンサー

#2の方の「ムエタイこそ再強」と

#3の方の得手があれば「剣道が最強」に賛成します

長年にわたって格闘技の指導員をしてきた経験上申し上げます

徒手空拳であればムエタイ

得手があれば剣道(正確にいえば剣術)が最強です。

Q少林寺拳法の昇級・昇段について・・・

以前何かで見たのですけど、昇級試験を受けて、合格をしてから
次の試験を受けるための条件は、合格してから2ヶ月経っていること。
合格してから24回練習に参加していること。と書いていました。
そこで質問ですけど、合格して2ヶ月が過ぎ、24回以上練習に参加をして、次の昇級試験を受けて合格した場合、条件が24回なので、
例えば、30回練習に参加していた場合、30回-24回=6回
この6回は次回に繰り越されて、2ヶ月以上、18回練習に参加を
することで、次の昇級試験を受けることができるのですか?それとも
また新たに1回からですか?ご教授よろしくお願いします。

Aベストアンサー

>合格してから24回練習に参加していること。と書いていました。
正確に言うと、最低でも24回以上参座していることです。
24回と言うのは
「昇級に必要な技術が規定されている科目表に書いてあることをちゃんと習得しようとしたら
 それくらいかかるよ」
という目安にしか過ぎず、学校の単位などとは意味合いが違います。

Q中国拳法と極真空手

1.中国拳法は、極真空手と違って、独特の動きとか構えがありますよね?
あれはなぜですか?
2.極真空手にそれがないのはなぜですか? 極真空手は中国拳法の使い手よりも、歩くスピードとか動作が遅いですか?
3.昔の空手は、寸止めなのはなぜですか? 極真空手は直接殴るから、試合でも相手が怪我をするのではないですか?

Aベストアンサー

(1)極真空手にも構えはあります。忘れましたが先生によっては前羽の構えとか教えてくれます。ここ20年くらいの傾向で組手がボクシング構えが主流となりそれを教える人が増えたために失われただけです。
(2)確かに一部の中国武術の流派は速度が速く本当に電光石火といった動きをするところがあります。その流派と比べると歩く速度や動作は遅く感じるかもしれません。ただし、実際に対面して戦うと中国武術もそういった動きはしずらいらしく、組み手で極真空手が大いに劣るといった話はあまり聞きません。
(3)昔の空手は特に急所狙いだったこともあって実際に当てては危険であるために研究の過程として極めが寸止めにしました。普及に従い競技化するに当たって危険防止のため寸止めを採用しました。
   フルコンタクと寸止めを採用した競技方式を比べると確かにフルコンタクを採用した場合の方がけがが多いです。寸止めの競技でもつい当たってしまって怪我というのは結構あったりします。

Q極真空手の昇級審査

 極真空手を始めて3ヶ月程になる者です。この度初めて昇級審査を受ける事になり、内容もあまり知らず不安でいっぱいです。
 筆記、体力測定、基本稽古、移動稽古、型、組手と言った審査を受けるらしいのですが、ご存知の方がいらっしゃったら何でもかまいません、色々と教えて下さい。
主には、以下のことを知りたいです。
 1、筆記試験は道場訓、人体の急所を問う問題が出題されると聞き、道場訓はなんとか覚えたのですが人体の急所って???何個くらい覚えればいいのか見当もつきません。また、資料などないのでどこが急所なのかも数箇所しか知りません。どうしたものかと思います。
 2、普段の稽古で型の稽古ってやったことありませんし、審査でいきなりってとても出来そうにありません。白帯の審査でも型ってあるのでしょうか?
 3、お恥ずかしいことに、ルールもあまり知りません。組手って勝ち負けを判断されるのでしょうか?だとしたら勝ち負けはどうやって判断するのか、あと、やってはならない事って何でしょう?組手で負けたら審査って落ちますか?
 4、審査って受ける時に、何級を受けるかを決めるのでしょうか、それとも受けた結果で、何級になるのかが決まるの?
 などなどです・・・よろしくお願い致します。

 極真空手を始めて3ヶ月程になる者です。この度初めて昇級審査を受ける事になり、内容もあまり知らず不安でいっぱいです。
 筆記、体力測定、基本稽古、移動稽古、型、組手と言った審査を受けるらしいのですが、ご存知の方がいらっしゃったら何でもかまいません、色々と教えて下さい。
主には、以下のことを知りたいです。
 1、筆記試験は道場訓、人体の急所を問う問題が出題されると聞き、道場訓はなんとか覚えたのですが人体の急所って???何個くらい覚えればいいのか見当もつきません。また、資料など...続きを読む

Aベストアンサー

空手には他の習い事やクラブと同じように、指導員とともに先輩と言う物があります.

道主に聞くのが一番はっきりしているわけですけど、指導員にも聞きにくいと言う事であれば、先輩に聞けばいいのです. そのための先輩でもあります.

分からない事は先輩、指導員、師範、道主に聞く事を許さない道場はあなたのためになるとは私は思いません. 

審査で何をしなくてはならないのか普通は知らせるはずです. 知らせなくとも(私の道場ではいつ試験があるかは知らせていないし、毎日がテストだと言っていますが)今まで習ったこと全てをチェックするのがテストだと思えばいいと思いますよ. いつどんな時にでも習った事は知っているしできるればいつでも昇級試験には受かると言うということです.

知らないのであればテストに受かる事は無いし、昇級する価値がないということでもあります. 運が良く昇給した所その級は自分のものではありませんね、その級の実力があるからその級なのです. もう少し誤解無く詳しく説明すると、白帯のときは白帯のことを習い、それが分かるようになればチェックする為にテストをし、受かれば次の級の事を教えてくれるわけです.

黒帯になれば黒帯の事を教えてくれるわけですね. ですから黒帯に始めたなっても黒帯の実力を持っているわけではないのです. だからこそ、初めての黒帯は一段とは言わないのです. 初段と言いますね. 二段からですね、数字がつくのは. なぜだか分かりますか? 段(黒帯)の訓練を始めさせてくれる最初のレベルだからなんですね. ですから、2段になってやっと本当の黒帯の実力を持ち始めたということになるわけです.

テストの事に戻りますが、昇級すればするほど教えなくとも分かるはずだと言うことテストに出てきても自然だとは思います.

テストの為の練習では結局付け焼き刃的な物となり実力に結びつかせよう事は難しいと思います.

これからは、毎日がテストだと思って指導員の教える事をみっちり練習してください. つまり、明日これをテストするぞ、と言われていると思えばいいわけです.

それが実力に繋がる物なのです.

使える空手を教えている者からの回答と願いでした。

空手には他の習い事やクラブと同じように、指導員とともに先輩と言う物があります.

道主に聞くのが一番はっきりしているわけですけど、指導員にも聞きにくいと言う事であれば、先輩に聞けばいいのです. そのための先輩でもあります.

分からない事は先輩、指導員、師範、道主に聞く事を許さない道場はあなたのためになるとは私は思いません. 

審査で何をしなくてはならないのか普通は知らせるはずです. 知らせなくとも(私の道場ではいつ試験があるかは知らせていないし、毎日がテストだと言っています...続きを読む

Q極真空手の三浦美幸がシカゴで13人相手に喧嘩の真相は?

極真空手の三浦美幸がシカゴで13人相手に喧嘩をしたとの話は本当だろうか!

他に極真空手の強さにまつわるエピソードを教えてください。

Aベストアンサー

同じタイトルの動画がネットで出回っていますよね。
私もそれを見ましたが、、、「やらせ」です(笑)

偶然居合わせたカメラが「そんな見事なアングルで
撮り続けられるか!」とツッコミ入れたくなるような
映像でした。約束乱取りみたいなもんでした。

伝説エピソード:信じる信じないはあなたしだいです
極真好きなのでいろいろと・・・

(1)北海道で極真の段持ちの白バイ警官が暴走族を
単独で引き止めたところ逆に囲まれ銃を構えたら
「腰抜け警官め」とバカにされたので、素手でかなりの
数の人数を病院送りにしてしまった。

(2)とある中国拳法の流派と揉め事になり
野試合のような形で5VS5の対決が屋外であった。
極真圧勝。シャレにならないことになりかけたので
あれは試合だったということで収束

(3)四国支部長をしていた例のケンカ十段の人が
極真を抜けたときに、血の気の多い大山総裁の側近が
「仕留めてきます」と四国へ殴りこみかけようとした。
総裁に「お前らじゃ返り討ちだよ」と言われたので
銃や日本刀を持ったヤクザ数人を送り込んだ。
ヤクザは彼の「自宅」に「深夜」に「殺す気」で
忍び込んだが、翌日ヤクザ数人は病院のベッドの上。


ちなみに空手バカ一代の中身は50%が梶原一騎の作り話です。
どこが本当でどこが作り話かはマニアや極真やっている
人から聞いて埋めていくのが楽しいですよ。

同じタイトルの動画がネットで出回っていますよね。
私もそれを見ましたが、、、「やらせ」です(笑)

偶然居合わせたカメラが「そんな見事なアングルで
撮り続けられるか!」とツッコミ入れたくなるような
映像でした。約束乱取りみたいなもんでした。

伝説エピソード:信じる信じないはあなたしだいです
極真好きなのでいろいろと・・・

(1)北海道で極真の段持ちの白バイ警官が暴走族を
単独で引き止めたところ逆に囲まれ銃を構えたら
「腰抜け警官め」とバカにされたので、素手でかなりの
数の...続きを読む

Q極真空手の昇級試験について

こんにちは!
娘が極真空手を4月から習っているのですが、昇級試験が12月までないそうです。極真って年に1,2回しかないのですか?私がしていたのは、昇級試験や大会での成績でも昇級することもありました。(極真ではない空手です)
ちなみに、岐阜の田舎のほうで週に二回(二時間)の練習です。心得があるので前もって教えていましたので、多少は出来るほうだとは思うのですが・・・。
お詳しい方、よろしくお願いします。

Aベストアンサー

♯3です

確かにその方は小学生ではありませんが
>5,6年生頃にうまく行けば黒!
と いうようなお子さんは 360日とは言いませんが
曜日によって2~3箇所の道場を掛け持ちされていたようで
やはり かなり熱心に稽古されていました

>極真もいろいろあって・・・、ねえ・・・。
そうですね 長男がお世話になり始めた頃とは だんだんと様子が変わってきたので
長男も次男も それまでのようには魅力を感じなくなったようで うちの子供たちは結局
退会しましたが namimanaさんのお子さんは やる気十分のようですし
きっと どんどん成長されることでしょう

頑張って 稽古に励んでください<m(__)m>

Q極真空手の月謝について

極真空手を始めるつもりです。
ネットで「極真空手」で調べたところ、「国際極真空手」と「極真空手総本部」(詳しくは覚えてないんですが・・・)の二種類ありました。この違いはあるのでしょうか?

それと、月謝なのですが、質問しても答えて頂けない道場がありました。10500円と記載のある道場もありましたが。相場はどれくらいなのでしょうか?
ギリギリの生活をしているのでとても気になります。
入会金や、スポーツ保険(?)なども、ご存知の方、教えてください。お願い致します。

Aベストアンサー

10年ぐらい前の話でよければ・・・

そのころはまだ大山倍達総裁も生きておられたので、組織はうまく行ってました。が、総裁が亡くなった後、揉め事があって組織が分裂してしまったために、極真が2つ(1時期は3つ)になってしまってました。
ひとつは3強時代を作り上げた松井章圭氏(第四回世界チャンピオン)、もうひとつは他の支部長たちがまとめようとしたものでした。
松井氏は、大山総裁の愛弟子です。
で、フィリョなどは前者の組織に所属してます。

今、新極真会というのがあるみたいですね。代表は緑健児氏です。小柄ながらも緑健児氏は、確か第五回世界チャンピオンだったかな?大山総裁もお気に入りの一人だったと思います。道場の歌を長淵剛さんが作曲しているのは、彼も彼の子供も極真をやっているからでしょう。

違いはそういうところですが、マス大山のいた極真の本部道場(池袋)はたぶん現在は前者に属します。前はみんな仲良くやっていた同士なのに・・・。

月謝は1万円ぐらいでしょう。学生ならばちょっとは割引もあるでしょうが。あと空手着も1万ぐらい。
スポーツ保険は5千円(掛け捨てで1年)。後忘れてならないのは、昇級試験に1万ぐらいかかると思います。
昇級試験は、4ヶ月に1度ぐらいだったような記憶があります。

道場に入ると道場訓なんかもあります。挨拶は"押忍"です。
真を極めるよう、がんばってくださいね。

参考URL:http://www.shinkyokushinkai.co.jp/

10年ぐらい前の話でよければ・・・

そのころはまだ大山倍達総裁も生きておられたので、組織はうまく行ってました。が、総裁が亡くなった後、揉め事があって組織が分裂してしまったために、極真が2つ(1時期は3つ)になってしまってました。
ひとつは3強時代を作り上げた松井章圭氏(第四回世界チャンピオン)、もうひとつは他の支部長たちがまとめようとしたものでした。
松井氏は、大山総裁の愛弟子です。
で、フィリョなどは前者の組織に所属してます。

今、新極真会というのがあるみたいですね。代...続きを読む

Q極真空手の昇級審査についてお尋ねします

私の息子は現在白帯ですが、今度初めての昇級審査に挑戦します。
そこで質問です。
白帯からオレンジ帯への昇級審査の内容を詳しく教えていただきたいのです。
基本動作であれば何を審査するのですか?
普段やっている基本動作すべて審査するのでしょうか?
他、移動、型に関しても同様に教えてください。
ちなみに少年部です。

Aベストアンサー

支部、道場によって違いが有るかもしれませんが私の知る範囲で。
昇級審査はいつも稽古をしている事をそのままやります。

準備運動から基本稽古、移動稽古、型、組み手(スパーリング)という感じではないでしょうか。あと補強(拳立て、スクワット、逆立ち歩行など)、柔軟も含まれます。

筆記試験も有るかもしれません。道場訓、技、立ち方などを筆記で回答します。

すべてやる場合も有りますし、時間の関係で抜粋してやる事もあります。

Q幼児に極真空手を習わせている親御さんに質問です

幼稚園児に極真空手を習わせようと考えています。

普段、友達とおもちゃの取り合いになると、すぐに諦めてめそめそしてみたり、
叩かれてやられっぱなしになることが多く、最初から気持ちの上で負けているのがみえてきました。

弟のほうは、放っておいても負けん気が強いのですが、
兄のほうを何とかしなければ、小学校中学校以降の荒波で辛い思いをする気がします。

このため極真空手を習わせることを考えています。
空手の技そのものよりも、痛くても立ち向かう気持ちの強さが身につくのでは、
と思いました。寸止めルールの空手だとそうはいかない気がします。

そこで、お子さん(幼児)に極真空手を習わせている親御さんにご質問です。
極真空手を習うことで、気持ちの強さを養うことは実際できるのでしょうか。
実際の体験談などあれば、教えていただけると嬉しく思います。

どうぞよろしくお願いします。

Aベストアンサー

私は違う流派の空手に所属していますが近所のお子さん(新1年)が極真に入会しています。
その子は入園当時気の弱い子供でしたが今は、どちらかといえば乱暴に育っています。

極真の教えで乱暴になったとは思えませんが、ある程度の痛みを知り攻撃の方法も知った今は
同年代で喧嘩に負けることはほとんどないかと思います。
 そういった意味での気持ちの強さは養えましたが空手や他の武術の理想である弱いものに優しく理不尽な事柄に対して立ち向かうといった方向性とは違うのかなと感じています。

単純にイジメに対しては強くなると思いますが、それ以上のことは本人次第だと思います。

Q極真空手について。昔の時代と今の時代の稽古内容等。

極真空手について質問します。私は現在、20代で子供の頃からの極真ファンで、大山倍達氏の著書を初めとして数多くの弟子達の著書を読んだり、インターネットで調べたりしているのですが、それらを読むと現在の極真空手と10年前20年前の極真空手はまるで違うような書き方が見られます。かつては、組手もガンガンに行い、稽古内容も非常に厳しくとても初心者にはついていけないような書かれ方を見ますが、実際の所はどうだったのでしょうか?やはり現在に比べてその武道性のような、厳しさ(稽古内容・組手のやり方等)は違うものだったのでしょうか?ご存知の方、教えてください。

Aベストアンサー

10年前というと1998年ですね?
すでに大山先生は既に亡く、分裂もはじまっていたので今の稽古体性と大差はないと思います。
おおまかにわけて
1)大会以前の大山道場時代
2)大会がはじまって初期の時代
3)空手バカ一代の全盛時
4)梶原一騎と手を切り、ある程度スポーツとしての極真が確立した時代
5)大山先生の死から現代に至るまで
とに大別されると思います。
おそらく一番無茶苦茶な稽古内容だったのは(3)の時代じゃないですかね。いきなり千回拳立て伏せをやらせたり、素人同然の相手を自由組手で病院送りにした、とかいう話を聞いたことがあります。いくらやめても次から次へと入門者が来るのですから経営側としては別にどうってことないでしょう。当時は見学不可、入会前に道着代を含め当面のお金を徴収した後なのでむしろ適度に退会者が出たほうが好都合だったのです。


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング

おすすめ情報