タイトル通りです。
ふと疑問に思ったのですが、赤血球は脳血液関門を通過できるのでしょうか?
出来ないとすれば、脳細胞はどうやって酸素の供給を受けるのでしょうか?教えてください。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (6件)

こんにちは,医学は素人ですが…



組織への酸素供給に関して勘違いなさっていないでしょうか。勘違いに既に気づいていらっしゃるようですが,赤血球は確かに酸素を運搬します。しかし,組織は,赤血球から直接酸素を得ているわけではありません。赤血球は酸素が少ない〈それ以外の要因もありますが…〉ところに来ますと酸素を放します。組織はその遊離した酸素を利用します。

ご質問のBBBですが,酸素のような分子量の小さなものは当然通過できます。また,BBBは何重もの細胞膜を通過しなければなりませんから,細胞膜に溶けやすいもの,つまり,細胞膜は脂質から出来ていますので,脂質に溶けやすいもの等が通過しやすい物質になります。

タンパクは分子量も大きく透過できないのではと思います。しかし,グルコースやアミノ酸等の脳に必要な物質は,各種のトランスポーターが輸送するようです。詳しくは参考URLをご覧ください。

私も昔,パーキンソン病の治療薬L-ドパは,直接必要なドーパミンはBBBを通過できないのに,その前駆物質であるL-ドパは通過できるのか不思議に思い,このサイトでも質問しましたし,調べたことがあります。

BBBには多くのベクトル輸送する〈方向性のある〉トランスポーター〈輸送タンパク質〉があるようです。グルコーストランスポーターや各種のアミノ酸トランスポーター等です。L-ドパはアミノ酸のチロシンから作られますから立体構造がチロシンに似るためにチロシントンスポーターが輸送するようです。

詳しくは,医学・薬学の専門家の回答をお待ちください。

参考URL:http://www.sam.hi-ho.ne.jp/tootake/ziten2.htm#p8
    • good
    • 0
この回答へのお礼

こんにちは。とても丁寧なご回答ありがとうございますm__m

>L-ドパはアミノ酸のチロシンから作られますから立体構造がチロシンに似るためにチロシントンスポーターが輸送するようです。
ナルホド!すごいですね!とても参考になります。この文章に到達した瞬間脳の中で快感物質がたくさん放出された気がします(笑)

>タンパクは分子量も大きく透過できないのではと思います。
>しかし,グルコースやアミノ酸等の脳に必要な物質は,各種のトランスポーターが輸送するようです。
ということは、脳血液関門による透過は、殆ど能動輸送によってなされると考えて良いのでしょうか?分子量の小さい物質でも弾かれてしまう事があると聞いたのですが…BBBにおいて受動輸送はどの程度起こるのでしょうか

>また,BBBは何重もの細胞膜を通過しなければなりませんから,細胞膜に溶けやすいもの,
>つまり,細胞膜は脂質から出来ていますので,脂質に溶けやすいもの等が通過しやすい物質になります。
つまり分子量の大きい物質は透過しにくくて、脂質に溶けやすければ解けやすいほど透過しやすいという認識でよろしいんでしょうか?
またどの程度分子量が大きくなってくると透過できなくなってくるのでしょう…←ウルサくてスミマセン^^;

とても丁寧なご回答、ありがとうございました^^
大変参考になりました。

お礼日時:2005/01/07 21:07

#1です。

すいません。私の学習不足で、BBBが脳の血管の特定の部位にあるものだと思い違いをしていました。他の人の回答と自分の調べの結果、脳の毛細血管の壁にあることがわかりました。よって最初の回答は間違っていることになります。毛細血管の中は赤血球は流れていますが、外へ出ることはありません。運ばれてきた酸素は水(この場合は血漿)に溶けて細胞壁さらにBBBを通過して脳の細胞に届きます。二酸化炭素の場合は逆に組織液に溶けて血管に入ります。
 化学物質といったのは薬品や物質によってはBBBを通過できないものがあり、それについては他の回答者が書かれているとおりです。詳しくはしたのURLを

参考URL:http://akimichi.homeunix.net/~emile/aki/medical/ …
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。
>私の学習不足で、BBBが脳の血管の特定の部位にあるものだと思い違いをしていました。
私も似たような勘違いをしていました。勘違いをしていたというか、そのあたりの事を考えてすらいなかったというか…"イメージ違い"ですね^^;
>化学物質といったのは…
一般的に言う"化学物質"と言う言葉の概念が良くわからなかったのです。全くの余談というか、独り言ですのでお気になさらずに。
大変参考になりました。ありがとうございました。

お礼日時:2005/01/07 21:38

#2です。


何か勘違いしていました。

赤血球は通過しませんね、失礼しました。
#3さんの回答を読んで「はっ」と我に返りました(笑)。

失礼しました・・・。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。
私も何か勘違いしていたみたいです^^;
ご回答ありがとうございました。

お礼日時:2005/01/07 21:15

一般に毛細血管の壁を通して赤血球は出入りしませんが,脳の毛細血管でも事情は同じだと思います。

むしろ他の部分の毛細血管に比べて脳は毛細血管の壁が物質を透過しにくくなっているため,特に脳血管関門と呼ばれますので,赤血球の透過は無いと思います。

脳血液関門は毛細血管から脳組織へのさまざまな化学物質の透過を制限するため,脳の組織液と体のほかの部分の組織液は組成が違います。脳血管関門では酸素は比較的透過しやすいようです。また#2さんが言われているよう,有機溶剤も透過しやすく脳に悪影響を与える原因となります。

参考URL:http://bme.ahs.kitasato-u.ac.jp:8080/docs/qrs/ph …
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。
なるほど、とても参考になりました。
別に脳血液関門というのは脳の入り口にあるとかそういう事ではなくて、脳の毛細血管壁の特異な構造・性質のことを指して言うのですね^^
よくわかりました。←私ってバカ?

ちなみにタンパク質も殆ど透過しないということですが、酵素や抗原・抗体のようなものも殆ど透過しないという認識でよろしいのでしょうか?
この類のタンパク質が脳に影響を及ぼすという事は考えられますか?

お礼日時:2005/01/07 19:44

BBBには選択性の透過性があります。


この作用は脳内へ有害物質が作用するのを防止するためのものですから、もちろん赤血球は通過できます。

ちなみに有害物質であるアルコールやシンナーなどですが、これらは分子量が小さく脂溶性なのでグリア細胞に対しては無条件で通過できます(一部は破壊されるようです)。

ですが小さければ無条件で通れるという訳でもないようで、分子量がものすごく小さな物質でもはじかれる事もあれば、逆に分子量が大きくてもすんなり通過できてしまうインスリンのような物質もあります。
分かっていないこともたくさんあり、BBBの仕組みはまだ研究途上です。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

>ですが小さければ無条件で通れるという訳でもないようで、分子量がものすごく小さな物質でもはじかれる事もあれば、逆に分子量が大きくてもすんなり通過できてしまうインスリンのような物質もあります。

かなりハイテクですよね!?涙が出るくらい感動します。←ホント

ご回答ありがとうございました!大変参考になりました。

お礼日時:2005/01/07 19:58

 出来なければ死にます。

生きている脳はピンク色をいているといいます。血流がめぐっているわけで、当然赤血球も流れています。脳血液関門というのは特定の化学物質に大して働くもので、血球には関係がありません。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。
脳の血管にはちゃんと赤血球は流れているのですね←あたりまえか^^
私はどうやら"脳血液関門"の意味を間違えていたようです^^;
ご回答ありがとうございました。

ところで余談ですが、"化学物質"ってなんだか微妙な概念ダナと思うのは私だけでしょうか…
人工的に作り出した物質のことを言うのでしょうか?
工業的に扱える物質のことを言うのでしょうか?
それとも"=純物質"ぐらいのとらえ方でよいのでしょうか?

お礼日時:2005/01/07 20:32

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q血液脳関門(BBB)を通過する物質の特徴をお教え下さい!

お目を止めて頂きありがとうございます。

血液脳関門(BBB)を通過する物質の特徴をお教え下さい。

・分子量が小さい
・脂溶性が高い
ものが、一般的に通過しやすいというまでは調べたのですが、

「帯電」に関しては分かりませんでした。
「帯電」はBBBの通過にどのように関与しますか?

「帯電が○○だと、BBBを通過しやすい」のようにお答え頂けると嬉しいです。

Aベストアンサー

wikipediaによれば、「帯電していないと、BBBを通過しやすい」ということのようです;
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E8%A1%80%E6%B6%B2%E8%84%B3%E9%96%A2%E9%96%80

「脂溶性が高い=帯電していない」(一般的には、帯電していると水溶性が高くなる)という
理屈から考えても、自然な結論かと思います。
(具体的な機構はわかりませんでしたが・・・)


・・・これだけだとなんだか寂しいので(笑)、検索中に見かけた情報もついでに挙げて
おきます。
http://www.nikkei-bookdirect.com/science/topics/bn0602_2.html

Qエクセル STDEVとSTDEVPの違い

エクセルの統計関数で標準偏差を求める時、STDEVとSTDEVPがあります。両者の違いが良くわかりません。
宜しかったら、恐縮ですが、以下の具体例で、『噛み砕いて』教えて下さい。
(例)
セルA1~A13に1~13の数字を入力、平均値=7、STDEVでは3.89444、STDEVPでは3.741657となります。
また、平均値7と各数字の差を取り、それを2乗し、総和を取る(182)、これをデータの個数13で割る(14)、この平方根を取ると3.741657となります。
では、STDEVとSTDEVPの違いは何なのでしょうか?統計のことは疎く、お手数ですが、サルにもわかるようご教授頂きたく、お願い致します。

Aベストアンサー

データが母集団そのものからとったか、標本データかで違います。また母集団そのものだったとしても(例えばクラス全員というような)、その背景にさらならる母集団(例えば学年全体)を想定して比較するような時もありますので、その場合は標本となります。
で標本データの時はSTDEVを使って、母集団の時はSTDEVPをつかうことになります。
公式の違いは分母がn-1(STDEV)かn(STDEVP)かの違いしかありません。まぁ感覚的に理解するなら、分母がn-1になるということはそれだけ結果が大きくなるわけで、つまりそれだけのりしろを多くもって推測に当たるというようなことになります。
AとBの違いがあるかないかという推測をする時、通常は標本同士の検証になるわけですので、偏差を余裕をもってわざとちょっと大きめに見るということで、それだけ確証の度合いを上げるというわけです。

Q原核生物と真核生物の違い

原核生物と、真核生物の違いについて教えてください(><)
また、ウイルスはどちらかも教えていただけると嬉しいです!

Aベストアンサー

【原核生物】
核膜が無い(構造的に区別出来る核を持たない)細胞(これを原核細胞という)から成る生物で、細菌類や藍藻類がこれに属する。

【真核生物】
核膜で囲まれた明確な核を持つ細胞(これを真核細胞という)から成り、細胞分裂の時に染色体構造を生じる生物。細菌類・藍藻類以外の全ての生物。

【ウイルス】
濾過性病原体の総称。独自のDNA又はRNAを持っているが、普通ウイルスは細胞内だけで増殖可能であり、ウイルス単独では増殖出来ない。



要は、核膜が有れば真核生物、無ければ原核生物という事になります。

ウイルスはそもそも細胞でなく、従って生物でもありませんので、原核生物・真核生物の何れにも属しません(一部の学者は生物だと主張しているそうですが、細胞説の定義に反する存在なので、まだまだ議論の余地は有る様です)。



こんなんで良かったでしょうか?

Q脳の構成成分

脳の構成成分は、脂質が50%以上含まれているとききました。
ということは、脂肪酸を積極的に摂取すれば、脳の発達にはいいのでしょうか。
でも、時々、料理系のサイトで、”頭の構成成分である、良質の蛋白質を
食べよう”という文句を見かけて、混乱してしまいます。
脳の構成成分は、どんな割合なのでしょうか。
そして、脳の発達を促したり、頭の働きを良くするには、どんな食べ物を
摂取すればいいのでしょうか。
詳しい方、みえたら教えてください!!

Aベストアンサー

脳の構成成分は、脂質約60%、タンパク質約40%です。そして、脂質の内訳はコレステロール約50%、リン脂質約25%、ドコサヘキサエン酸(オメガ3系)が約25%と言う具合です。コレステロールは神経細胞を守っています。ちょうど電気のコードは、電線の回りを絶縁体でくるんである様にです。リン脂質や、DHAは、神経伝達物質などに使われるので、積極的に補った方が良いでしょう。もちろん、yosinosugiさんのおっしゃるとおり、必要以上は摂りこまれませんが、十分な量を摂取する事は脳に良いはずです。そして、脳が働く時は、ブドウ糖がエネルギー源になりますが、ビタミンB1がなければ働きません。要はバランスの摂れた栄養摂取が、大切だと言う事ですね。

Qフェントン反応について

こんにちわ、タイトルの通りなんですが、フェントン反応について教えてください。どんな反応でどんなときに起こる反応なのか、何が生成されるのかなど教えてください。

Aベストアンサー

過酸化水素が、細胞中の鉄イオン(Fe2+)や銅イオン(Cu1+)などの触媒作用で、ヒドロキシルラジカル(HO・)に変化する反応です。
 Fe2++H2O2 →Fe3++HO- +HO・ 

活性酸素とかと関係がある反応です。
質問に合致してはいませんが、URLを1つ載せておきます。フェントン反応というか活性酸素が説明されています。。 

 

参考URL:http://www.geocities.co.jp/Beautycare/2308/sub2-kasseisanso.htm

Q人間に誤って塩化カリウムを注射したらどうなりますか?

塩化カルシウムを注射するはずが誤って塩化カリウムを注射したとします。患者はどうなりますか?また、塩化カルシウムを投与する理由を教えてください。

Aベストアンサー

こんばんは、最近「看護師の静脈注射」が公的病院や大学病院でも行われるようになりました。そこで、「絶対に静脈注射してはいけない薬剤」のナンバーワンが「塩化カリウム」です。これを静脈注射すると「心停止」します。この心停止は蘇生術で戻らない重篤なものです。塩化カリウムは、点滴のなかに混合して希釈してから用いる薬です。

「塩化カルシウム」この薬を使うのはさまざまな原因で「低カルシウム血症」を治療するためです。病気としては、「テタニー」等です。なじみのない病気ですね。体内の電解質(ミネラル)は、Na(ナトリウム)、K(カリウム)、Cl(クロール)、Ca(カルシウム)などが代表的なものです。そのバランスが崩れたときに点滴のなかに混合して使うか通常は、ゆっくりとした速度で静脈注射します。世間では、カルシウムが不足するとイライラするとか言われていますが実際に電解質は体の恒常性にあわせて自動的に調節されて極めて狭い範囲内に正常値があります。少なければ腎臓で排泄を抑制し、多ければ腎臓から尿へ出て行きます。

Qグルコースとグリコーゲンの違いは何ですか?

グルコースとグリコーゲンの違いはあるのでしょうか?私は糖が血液にいる間はグルコースで、糖が筋に入るとグリコーゲンに変わるという解釈をしています。具体的な違いを教えて頂ければ幸いです。

Aベストアンサー

植物は光合成などによりグルコースを合成しますが、人間や動物はグルコースの形のままで体内に貯蓄される事はほとんどありません。グルコースのままではかさばるからだと思います。たいていは脂肪や、筋肉や肝臓に貯えられるグリコーゲンの形で存在します。グルコースは糖を構成する基本的な単位であり、グルコースが何個もつながったものがグリコーゲンです。グリコーゲンはグルコースが何個も連なり、更に枝分かれして、大変貯蓄に適した形となっています。
糖をエネルギーに変える反応には、無酸素時に糖を分解する解糖系と、有酸素時に糖からできたピルビン酸を分解するTCA回路というものが存在します。人間でマラソンなどをするときは、はじめの7分くらい(はっきり覚えていないのでこの7分という時間には誤りがあるかもしれません)は、無機状態で糖を分解しますが、有酸素時にはTCA回路が主に働きます。
この有酸素時に筋肉にどれだけグリコーゲンが蓄えられているかで、運動の持久力も変わったりします。
以下のURLはとてもわかりやすく生化学が説明されています。どうぞ勉強してみてください。

参考URL:http://www11.ocn.ne.jp/~nutrbio/kanri-biochem.html

植物は光合成などによりグルコースを合成しますが、人間や動物はグルコースの形のままで体内に貯蓄される事はほとんどありません。グルコースのままではかさばるからだと思います。たいていは脂肪や、筋肉や肝臓に貯えられるグリコーゲンの形で存在します。グルコースは糖を構成する基本的な単位であり、グルコースが何個もつながったものがグリコーゲンです。グリコーゲンはグルコースが何個も連なり、更に枝分かれして、大変貯蓄に適した形となっています。
糖をエネルギーに変える反応には、無酸素時に糖を分...続きを読む

Q血液脳関門

ある物質が血液脳関門を通過できるか否かを知りたいのですが、どういう風に調べたらいいいのでしょうか?
例えば、ビタミンCはどうかとか、アミノ酸やペプチドはどうかとかです。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

脳の機能を維持するために必要な栄養素は、基本的に血液脳関門(BBB)を越えて脳細胞に供給されます。また、脂溶性の高い物質は細胞膜を通り抜けてしまうためBBBを通過してしまいます。例としてはヘロインがあります。
測定の方法ですが、目的の物質を放射性元素か何かでラベルして投与したあと、血液中の濃度と脳組織中の濃度を比較すれば良いのではないでしょうか。BBBを通過しないのであれば、脳組織中の濃度は上昇しないはずです。

Q血液脳関門透過性と疎水性の関係

お目を止めて頂きありがとうございます。

血液脳関門(BBB)を通過する物質の特徴として、脂溶性が高い
ものが、一般的に通過しやすいというまでは調べたのですが、

どの程度の疎水性(水-オクタノール間の分配定数などで表現)
であれば、血液脳関門を透過しないと言えますでしょうか。

そのような明確な基準はないのでしょうか?

Aベストアンサー

薬学部のものです。

薬剤学でBBBの透過性について学習しました。

確かに、脂溶性の高い物質はBBBを通過し、水溶性の高いものはBBBを通過しにくいのは学習しました。

しかし講義でも、基準のようなものは習いませんでしたね・・・

たしかに分配定数なども学習しましたが、BBBの透過性についてはかかれていなかったと思います。

また見つかれば報告します。

Q「是非~参加させて頂きます。」という言葉について

たとえば、会社の偉い人に飲み会を誘われたときに

・是非とも参加させていただきます。
・是非是非参加させていただきます。

と回答するのはどちらも正しい日本語ですか?
よろしくお願い致します。

Aベストアンサー

参加するが何かひっかかります。参加するって相手と平等の立場でしょう。
「喜んでお伴させていただきます。」「是非お伴させてください。」
はいかがですか。


人気Q&Aランキング