プロが教える店舗&オフィスのセキュリティ対策術

生産と消費の間に懸隔がある消費体験って例えば何がありますか??

A 回答 (2件)

http://www.cc.u-ryukyu.ac.jp/~kaorukom/oroshiuri …
私や家族、ご近所の方々が購入消費する[食材・食品・文具・紙・食器・電池・電球・電気製品・衣料品・家具・調理器具・自転車・自動車・化粧品・雑貨]ほとんどのものは、空間的懸隔があります。
私の主食は米飯・麺類・パン類ですが、これらの生育収穫などは通常年1回か2回であり、消費は毎日ですから、時間的懸隔があります。
現在の日本だと、グルーバルブランド、ナショナルブランドのものが多いです。生産にはそれなりの装置や技術ノウハウが必要であるだけでなく、量的に大量連続生産をすることで均一の高品質商品を低廉で生産できますが、消費の方は小口です。消費毎に購入するのではなく、トイレットペーパーなどは12ロールをまとめて購入するのですが、流通ではもっと大きな段ボールにまとめて入っていて、生産する方の規模は途轍もないです・ ガソリン、軽油、都市ガス、電気(家庭用の100V配電)、水道なども、量的に、消費と生産の間に懸隔がある消費体験ということになるのでしょうか。
    • good
    • 0

中古マンション購入。

    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!


人気Q&Aランキング