例えば、自分が購入して、読み終わった本や聴き終えたCD、
録画したテレビ番組のビデオテープを友達に貸してあげる、という行為は、
著作権違反にあたるのでしょうか?
(友達じゃなくても、家族内で本を回し読みしたりもしますよね)

CDなら、自分が購入→MDで聞きたいので録音した、のであれば
「個人で楽しむ範囲」で○だと思うのですが、
自分が購入→友達に貸す→友達もMDに録音、のような場合は
どうなんだろう??と思ったり…。

この場合、本来はどのように解釈すればいいのか知りたいです。
第三者の曲を自分のライブで無断で演奏して入場料を徴収した、とか、
他人の小説を無断で転載してしまった、といった行為は、著作権違反で
あることがしっかり分かるのですが、貸し借り程度の軽い気持ち
(著作権うんぬんを考える以前に、何気なく誰でもやったことが
あると思うの意)の場合はどうなのでしょうか。
ご存知の方、教えてください。
よろしくお願いいたします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

お礼をいただきありがとうございました。


お礼の中でいただいた質問なのですが、実はちょっと微妙なところです。

場合分けしてみましょう。
(1) 友達に頼まれて改めて入力用のメモを作った場合や友達の携帯に直接入力した場合
  楽譜のようなものを作ること自体が音楽の著作物(曲)の複製になります。友達に渡すことを目的としてメモを作った場合や友達の携帯に入力した場合には、個人的に使うために自分で複製したものではないので、厳密には著作権侵害になってしまいます。

(2) 自分で入力するときに書いておいたメモや入力データなどを友達に見せる場合
  最初の事例の2.と同じことで、著作権侵害にはなりません。

なんだか変なようにも思いますが、ちょうど侵害とそうではないところの境界線をまたいでいる場合だと思っていただければいいかと思います。
それから、曲を聴いてその曲を自分で「着信音」データとして作ることも、複製に当たりますし、その「着信音」もアーティストの著作物(の複製物)ということになります。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

お忙しいところ、丁寧なお返事を二度に渡って頂き、感謝しております。

自分で言うのもなんですが、私、和音の着信音を作るのが得意なんです。着信音の本に載っていない曲でも私に頼めば作れる、と、兄弟や友達によく頼まれます。なので、CDの貸し借りなどに並んでこのことも気になっていました。著作権はその程度や事例で○か×かの判断が難しいですが、今回お返事を頂いたことを気に留めてゆきたいと思います。

今回は大変お世話になり、本当にどうもありがとうございました。

お礼日時:2001/08/13 17:31

専門家の方の回答が寄せられていますので充分かと思いますが、このホームページもなにかの参考になるのではないかと思いましたので。



参考URL:http://www.geocities.co.jp/WallStreet/5862/cho.h …
    • good
    • 0
この回答へのお礼

お返事どうもありがとうございます。
参考サイトを見てみました。易しい言葉で色々な事例が書かれていてとても分かりやすかったです。ブックマークに入れて今後も役立てたいと思います。

お礼日時:2001/08/09 23:47

著作権が及ぶ行為というのは、著作権法という法律で定められています。

いろいろな行為に基づいて決められているのでややこしいかもしれませんが…。

あげていただいた事例でいえば、
1.読み終わった本や聞き終えたCDを友達に貸してあげる行為は、著作権の及ぶ行為ではありません。不特定の人や多数の人に著作物を貸す行為は著作権の対象となります(書籍雑誌については暫定的に例外とされています。また、非営利無償で貸す場合は除かれます)が、特定の一人の友人に貸す場合はこれに当たりません。

2.録画したテレビ番組のビデオテープを友達に貸してあげる行為も、著作権侵害ではありません。最初に録画したのは個人的に楽しむためということで著作権者の許可なくできるのですが、この目的を外れて「友達に貸す」ということをするのがどうか、という問題はあります。ただ、法律上、不特定の人又は多数の人に貸したり譲ったりした場合は、「録画」自体が著作権侵害とされますが、友達一人に貸しただけでは著作権侵害とはなりません。

3.CDで、自分→友達→友達が録音、という場合は、最初の貸してあげる行為は、1.で御説明したとおり、著作権の及ぶ行為ではありません。友達が自分自身で楽しむために録音することも、著作権者の許可なくできる行為です。ですから、これも、著作権者の許可がいらない行為ということになりますね。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

早速のお返事、どうもありがとうございました。私の書いた例に対して全て答えを頂き、大変分かりやすく助かりました。
普段何気なく行っていることが、侵害にあたらないと知ってほっとしています。

もしお時間がおありでしたら、お伺いしたいのですが、例えばこのような場合はどうなるでしょうか。
好きなアーティストの曲で携帯電話の着信音を作って、自分の電話に入力した(これは「個人の範囲」なのでOKだと思います)→それを偶然聞いた友達が気に入って「同じ着信音にしたいので教えて」と言われた。
この場合は「自分が作った着信音」で、アーティストの著作物そのものではありませんが、「友達に教える」のはどうなのでしょうか。もちろん利益は発生しませんし、その場で入力方法を教えるとか、紙に書く、という方法になると思います。
(着信音をWeb上で公開するのは違反だと聞いたことがありますが、それは不特定多数の人が見るので、ってことですよね)
…本当にお時間があったらで構いませんので、お返事いただけると嬉しいです。

お礼日時:2001/08/09 23:44

このQ&Aに関連する人気のQ&A

家族本」に関するQ&A: 胃ろうを拒否した場合

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q共謀罪が成立するとどうなる

共謀罪が成立すると以下の人達は何らかの影響受けますか。
共謀罪が成立すると以下の人達はどうなりますか。

1)広域組織暴力団
2)街宣右翼
3)在特会

Aベストアンサー

共謀罪がどの様な法律かどの様な運用の仕方をされるのか、国民のほとんどの皆さんわかっていません。
単にテロを未然に防ぐ為の法案ではありません。
大切なのは国会でまだまだこの法案を深める話し合いを充分に行う事です。
他の国にはあるが、日本にはない、などという単純なものではありません。まして、その事で他の国はテロが起こらない状況になってますか?現にテロは頻繁におこっています。この法案はテロ阻止が本当の目的とは言えないのです。過去この共謀罪が2度廃案になっている背景をもう少し考えて欲しいと思います、

Q著作権法違反(作品の無断使用)の量刑について

主に秋葉原などで「リフレ」店と呼ばれるサービス業があります。
女性とのおしゃべりやマッサージなどに加えて、ゲーム機を用意して一緒にプレイするというサービスが行われています。
ゲーム機やソフトにも著作権が存在すると思いますが、店員に聞いたところでは、製作者に許可を得ているわけではないそうです。
従業員や利用客の有志が提供したものだそうで、市販されているものを普通に購入しただけですが、営利目的で用いるのは法律的にどうなのでしょうか。

もしも訴えられた場合、おおよそで構わないのですが、どれくらいの刑に処されるのか知りたいです。

リフレ店はゲームを主目的としているわけではないようですが、主目的にしなければ問題ないのでしょうか。もし主目的にしていたら量刑は変わるのでしょうか。

ちなみに、自分が訴えようと思って質問しているわけではありません。

Aベストアンサー

○逮捕と聞くと、凄く悪いことをしたように感じてしまいますが、起訴とはそんなに違うものなのでしょうか


そうですね。確かにニュースで「逮捕」というと重大に思えますが、刑事手続のなかでは逮捕はあくまで手続のひとつの端緒、つまり始まりに過ぎず、そのあと警察の判断で微罪処分となって終わってしまうこともありますし、また、警察が検察に送致をしたとしても、その後検察の判断で起訴猶予になって終わってしまうこともあります。起訴されると現状ではかなり有罪の確率が高いですが、執行猶予もあるわけですし、その意味では逮捕だけでは「凄く悪い」のかどうかは分からないですね。

Qテロ準備罪が衆議院で成立しました。このいわゆる共謀罪を世界で法律制定してる国はありますか。 また、共

テロ準備罪が衆議院で成立しました。このいわゆる共謀罪を世界で法律制定してる国はありますか。
また、共謀罪を制定してない国で類似法律はありますか?

Aベストアンサー

韓国にも「国民保護と公共の安全のためのテロ防止法」というものが有り、
日本と同じく実際に犯罪を犯す前の謀議の段階で逮捕できるようです。

独裁政権の場合は、国際テロというより、自政府への反抗活動をしようと
する者を密告する事が求められたりします。

Q動画サイトで著作権違反のアニメを見る行為

ユーチューブやニコニコ動画に、著作権を侵害する動画(アニメや映画)がアップロードされているのを良く見かけます。
アップロードするのは違法だと思いますが、それを見る方も違法になるのでしょうか?
また、罪の重さはどの程度ですか?

Aベストアンサー

今のところは違法ではありません。
ダウンロードですら違法ではありません。
悪いことをしているのは著作物を送信可能にしている人たちなので。
極端な例ですが、殺人を見物していても罪にならないのと同じです。

しかし、著作権団体はダウンロードも違法にしようと画策しています。また、人権擁護の流れから、児童ポルノなどについては今後単純所持も違法にしようという動きもあるようですね。

また、幇助という考え方もあり、例えば暴走族の暴走を見物する行為を違法とする法律があります。見物することで暴走が助長される、という理屈です。

あまりにひどい状況が続けば、こうした理屈を使って見るだけでも違法とする法が制定されてしまうかも知れません。

Q共謀罪について

ちょっと前に共謀罪について騒がれ始め、最近聞かなくなったので調べてみたところまだ話題になってるんですね。

どのサイトも共謀罪について悪く書かれすぎなような気がするのですが、与党はどんなメリットがあるとして共謀罪を採択しようとしているのですか?又本当にこういう解釈(http://kyobo.syuriken.jp/case.htm)になるのでしょうか?自分はただ単に左翼連中が騒いでいるように見えるのですが・・・。

Aベストアンサー

犯罪を共謀して計画したり、犯罪を行うために集合する等の行為をしない善良な市民であれば、共謀罪が成立しても何ら不利益があるとは思われません。
しかし、共謀罪が施行されると都合の悪い人達(山口の母子強姦殺人事件の弁護を担当し犯人の死刑に反対した安田弁護士,日弁連等)や、組織(日本人拉致事件に共謀して加担した在日、朝鮮総連、共謀して国家の転覆を図る組織等)、団体(団体で押しかけ、しつこく析伏を強要する新興宗教団体等)が行動を規制される恐れがあるので反対しているのです。

国際連合総会で採択された、国際的な組織犯罪の防止に関する国際連合条約(国際組織犯罪防止条約)により、重大な犯罪の共謀、資金洗浄(マネー・ロンダリング)、司法妨害などの罪を防止することを、締結国に義務付けたため、日本としても国際連合加盟国の一員として、また独立国として、国内に在住する善良な国民をこれらの犯罪者から生命・財産の保護をするためにも共謀罪の成立が必要と思われます。

オーム真理教による松本サリン事件、地下鉄サリン事件、坂本弁護士殺害事件についても、警察は事前情報だけでは動けず、結局事件が起こってしまってから、やっと検挙を行っています。
また、北朝鮮や総連の共謀による、拉致事件も工作員やスパイが国内にうようよ活動していても、警察がこれを取りします法律もなく、たとえ、工作員を別件で逮捕しても旅券方違反など軽微な罰金刑で釈放されており、結果として25年間も放置されていたのです。
このように日本だけがこの法律を認めず、国内においてテロリストやスパイを放置しておけば、ダッカ・ハイジャック事件の時のように、テロリストに600万ドルの大金と凶悪犯人6名、それに未使用のパスポートまでつけて、アルジェリアまで送り届けたときと同じように国際非難をあびる結果となるのではないでしょうか。

参考URL:http://blog.yoshiko-sakurai.jp/archives/2006/05/post_439.html

犯罪を共謀して計画したり、犯罪を行うために集合する等の行為をしない善良な市民であれば、共謀罪が成立しても何ら不利益があるとは思われません。
しかし、共謀罪が施行されると都合の悪い人達(山口の母子強姦殺人事件の弁護を担当し犯人の死刑に反対した安田弁護士,日弁連等)や、組織(日本人拉致事件に共謀して加担した在日、朝鮮総連、共謀して国家の転覆を図る組織等)、団体(団体で押しかけ、しつこく析伏を強要する新興宗教団体等)が行動を規制される恐れがあるので反対しているのです。

国際連合...続きを読む

Qこの場合、著作権違反,そのほか何らかの違法行為となるか?

お世話になります。
次のような場合、著作権違反、もしくは何らかの違法行為となるか否か、を教えてください。

ある競馬のプロ予想家がいました。
この予想家は「曲り屋」「雨男」として有名で、予想はいつも外れ。むしろ「彼の予想を信じないほうが当たる」と有名でした。
これに目をつけたある人A氏が、そのプロ予想家とまったく反対の予想を発表し、有料で配信していました。
そして連戦連勝、大変な人気を呼びました。
うわさを聞いたかのプロ予想家がクレームをつけました。

「お前の予想は俺の予想を正反対にしただけじゃないか。
 ということは俺の予想をまるまる真似ている、といえる。
 法的手段に訴えてやるから覚悟しろ!」

たしかに種明かしすれば、A氏が発表し、有料配信している予想は、かのプロ予想家の予想を元にしたもの。
しかも何らかのアレンジを加える、とかの工夫があるわけではなく、正反対にしただけ。

さて、この場合、A氏は著作権違反、そのほか、何らかの商売妨害として違法行為を問われるのでありましょうか?(競馬の呑み行為とかは別とします)

ポイント
A氏は確信を持って、プロ予想家の予想を元にしている。よってそのプロ予想家が予想を発表しない限り、A氏は予想を発表できない。
しかし、
「俺はオリジナルの予想をしているだけ。お前の予想の裏返しになっているのは偶然の一致だ。
 発表の時間がプロ予想家の予想発表よりも後の時間になるのも偶然。
 そんなに真似ている、というなら、”真似た”という絶対万人が認める確実な証拠を法廷に出せ!」
と強硬に主張する。
元にしてはいるが、そっくりそのまま、とか一部を変えている、のではなく、正反対にしているだけ。
プロ予想家の予想と、A氏の予想は正反対であり、「もっとも遠い」とも言えるし、「反対にしただけだからもっとも近い」とも言えるような・・・

さらにA氏が折れて
「わかった、俺がお前の予想を裏返しにしていることは認めよう。
 しかし百歩ゆずって、それが何か違法性を問われることがあるのか?
 お前の予想を裏返しにすると、連戦連勝になること自体は俺自身が発見した。
 そのことは俺のオリジナルだ。」
との主張をした場合、どうなるか?


誰かの意見を参考にする、ということは誰でもやると思います。
もし先に発表したほうが他の人に「真似しただろ!」と妨害できるのであれば、競馬新聞は全ての予想家に対して
「わが社の新聞の予想を見てヒントを得ただろ!」
と言いがかりをつけることが可能な気がします。

かといって、A氏のほうが認められるのであれば、
たとえば
「モナリザの絵を左右逆に描いたら、それはオリジナルです」
「キティちゃんにひげを一本描き足したら、それはオリジナルです」
という主張がまかり通ってしまうような・・・

よくわからなくて大変困っています。
どなたか詳しい方、よろしくお願いします。

お世話になります。
次のような場合、著作権違反、もしくは何らかの違法行為となるか否か、を教えてください。

ある競馬のプロ予想家がいました。
この予想家は「曲り屋」「雨男」として有名で、予想はいつも外れ。むしろ「彼の予想を信じないほうが当たる」と有名でした。
これに目をつけたある人A氏が、そのプロ予想家とまったく反対の予想を発表し、有料で配信していました。
そして連戦連勝、大変な人気を呼びました。
うわさを聞いたかのプロ予想家がクレームをつけました。

「お前の予想は俺の予...続きを読む

Aベストアンサー

いろいろ書かれていますが、著作権侵害になるかどうかを考える上では、「そもそも著作物といえるか」が問題です。著作物に対する独占権が著作権なので、著作物性がなければ問題の埒外だからです。

ここに著作物とは、「人の思想・感情を創作的に表現したもの」をいいます(著作権法2条1項1号参照)。アイデア=着想は「表現」ではないので、著作物ではありません。著作権法の関心は、「あるアイデアをいかに表現するか」にあります。

しかるに、そもそも「どの馬が勝つか」というのはアイデアに過ぎないので、著作物足り得ません。ゆえに、この時点ですでに著作権の埒外なので、著作権の問題にはなり得ません。

なお、モナリザ云々、キティちゃん云々については、これらは「著作物」だといえるので、議論のレベルが異なります。Aの主張(予想屋の著作権は侵害していない)が認められるのは、そもそも予想屋に著作権がないからであって、著作権の認められるモナリザやキティちゃんについても同じ主張が通る訳ではありません(モナリザに関しては、今の法制度に照らせば、という前提なのは、もちろん)。

営業妨害は、いわゆる不法行為として構成するのがふつうですが、不法行為だといえるためには、相手方の具体的な権利・利益を侵害したことが要件です。

この点、Aは、予想屋がその予想を売るのを妨害している訳ではありません。予想屋は、自分の情報を売ること自体は可能です。売れなくなったのは、ただ単にその情報に価値がなくなった(と顧客が判断した)からに過ぎません。予想屋が儲けたければ「当たる予想」を売れば良いだけです。

まさか、まずいラーメン屋の隣に美味いラーメン屋を開店したからといって、それを悪いと考える人などいる訳がありません。それと、何ら変わりません。

「言い掛かり」は、まさに「言い掛かり」なのであって、法的に正当な要求ではありません。

いろいろ書かれていますが、著作権侵害になるかどうかを考える上では、「そもそも著作物といえるか」が問題です。著作物に対する独占権が著作権なので、著作物性がなければ問題の埒外だからです。

ここに著作物とは、「人の思想・感情を創作的に表現したもの」をいいます(著作権法2条1項1号参照)。アイデア=着想は「表現」ではないので、著作物ではありません。著作権法の関心は、「あるアイデアをいかに表現するか」にあります。

しかるに、そもそも「どの馬が勝つか」というのはアイデアに過ぎないので...続きを読む

Q共謀罪と治安維持法は同じですよね?

共謀罪法案は「テロ対策」と言いながら(戦争準備の為の)国民の口封じ法案だと思うのですが。

治安維持法は違憲ですが。共謀罪法案も基本的人権を無視した憲法違反法案だと思うのですが、何か違いがあるのでしょうか?

Aベストアンサー

首題の件でいえば、同じです。
両者とも、初期には「一般国民には関係が無いこと」と言われました。
しかし、国民全てが「一般国民」なので、結局は「全ての国民が対象」です。

「テロ対策等」というのは、結局は「デモ対策等」といってよいでしょう。
国策に反するデモは計画段階から監視され、実行前に束縛されるようになると思います。
治安維持法適用の最悪は、ある団体の慰労会(単なる飲み会)参加者全員逮捕投獄、です。
安倍晋三首相は中国よりもポスト金正恩(日本国掌握)を目指しているように感じます。

QYou Tube等から著作権のある動画や音声をダウンロードする行為は著作権法等の法律に違反しないのでしょうか?

 You Tubeに投稿されている著作権のある動画や音声をダウンロードすることは著作権法などの法律に違反しないのでしょうか?
 おそらく著作権のあるものを投稿するのは著作権法違反でしょうがダウンロードする行為についてはどうなのでしょうか? 

Aベストアンサー

著作権を侵害する行為は制作者に無断で使用することなので,ダウンロードすることに対しては違法性は問われません。

しかし,最近はダウンロード自体も違法となるような改正案が検討されているのも事実のようです。
http://trendy.nikkeibp.co.jp/article/column/20071030/1003993/

Q今日、Twitter見ていたんですがあるものが目に入りました、共謀罪法案 調べたらあまり分からないん

今日、Twitter見ていたんですがあるものが目に入りました、共謀罪法案 調べたらあまり分からないんですが簡単に言えば上司殴るとか暴言?言ったら逮捕されるってことですか?

共謀罪法案はまだ決定ではないですよね?

Aベストアンサー

ほとんど無関係ですね、一般国民が、普通の生活をしている分には無関係な法律です。
一部のグループやマスコミが、煽っているように思います。
独立国家なので、共謀罪(テロ防止罪)やスパイ防止法があるのは当然ですよ。
外国籍(特別永住者を含む)の人の一部が、政治活動やデモを正々堂々としている国は、多くないでしょう。
母国に帰って、そのような運動をして欲しいものです。

「憲法改正」という安倍総理の発言があったので、連休明けには、話題がそちらに移るように想像します。

Q写真の無断使用は著作権違反?

ここ5年間個人でブログを書いておりますが、じつは先日新聞の折込チラシを見ていたところホームセンターのチラシに私のブログの写真が勝手に使われていました。しかもそのホームセンターのホームページにも同じように私の撮った写真が無断使用されていました。写真は自分で作った作品の写真なんですがこれは完全に営利目的での使用です。私に何の断りも無く勝手に使用されていたと言うことは著作違問題として訴えられるのでしょうか?

Aベストアンサー

結論から言えばもちろん訴えて、損害賠償の請求等処罰(10年以下の懲役又は1000万円以下の罰金)を求めることができます。
質問者さんが撮影した時点で、その写真には著作権が、更に人物写真ならば被写体の人物の肖像権が発生します。また、その写真をブログに掲載した場合、例え著作権法三十二条(1)で「公表された著作物は、引用して利用することができる」としていても、それにつづく文言「その引用は、公正な慣行に合致するものであり、かつ、報道、批評、研究その他の引用の目的上正当な範囲内で行なわれるものでなければならない。」とあります。今回のご質問のようであるならば、この場合は営利目的かつ無断での転用なのでこれには当てはまりません。
ただ、(2)に「これを禁止する旨の表示がある場合は、この限りでない。」とあるので、何もブログに注意事項が書かれていないと、著作権フリーだと思われてしまいます。これからは「このブログに掲載している写真(文章もならば「記事」)の著作権は全てpurin1gouにあり、無断転用・転載は禁じます」等を書き加えた方が良いでしょう。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報