出産前後の痔にはご注意!

今地学の夏休みの宿題で地層観察にいきそのレポートをかき提出するという宿題が出されています。ですが、レポートのうまい書き方がわかりません。地層のレポートとはどのように書いたらいいのでしょうか?教えてください。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

去年まで高校で地学を教えていたものです。


kenta0102さんは,高校生でしょうか? それとも中学生でしょうか?
(公立中では地学という科目はなくて理科第2分野ですが,私立ではあるところもありますので。)
中学でしたら,第2分野の教科書の下巻に,地層観察に行ってレポートを書こう,みたいなコラムが載っていると思います。(たいていの出版社のにある)

観察の視点は,Eivisさんがお答えになっていらっしゃいますので,レポートの構成について少しお話ししましょう。

まず全体の構成としては,
導入(観察日時,場所を明記。なぜそこを選んだか,周りの環境,持参した道具,などもあるとよい)
本論(何が見えたか,どうなっていたか。)
考察(観察結果から何が分かるか,何が推測できるか。)
感想
といった感じで書くとよいでしょう。

また,観察地点もできれば1ヶ所ではなく複数の場所(歩いていける範囲で)だといいですね。前の観察地点で見えたものの続きが見えるかもしれません。

中学や高校のレポートでは,内容が学問的に正しいかどうかではなく,全体としてちゃんと筋が通っているか,見えた事実に基づいてきちんと考察をしているか,というあたりがポイントでしょう。
Eivisさんもおっしゃっているように,ある地域の地層のできかたをきちんと推理するのはなかなか難しく,どうかするとその地域を何ヶ月もかけて歩き回る必要があるかもしれません。
さらには,これまでの地質学者の研究論文を探したり,いろいろな文献を調べたり,ということにもなります。
(本格的にやって見たいと思ったら,ぜひ大学の理学部地学科に進んでみましょう。)

本論の部分(見えたもの)は,観察した範囲のスケッチと,観察地点を示す地図をつけましょう。写真もあるといいかもしれません。
スケッチといっても,美術でいう描写とはちょっと違って,全体の地層がどう見えているかという特徴が分かるように描きます。草や木の生え方などは適当で構いません。
必要があれば,全体図のほかに,部分的な拡大図もつけます。
そこに何が見えていたか(砂か,泥か,花崗岩か,石灰岩か…),また模様や色合い,化石があればその種類,なども記録していくのですが,実はこれが難しい。
教科書には岩石の分類表がなにげなくのっていますが,岩石を目で見て種類を識別するのには実際かなりの経験を積む必要があると思います。
(大学時代,私はこれが苦手で,先生にしょっちゅう直されていました。堆積岩だと思ったら火成岩だったことさえあります。)
今の時点では,必要ならば岩石の図鑑などを見て,分かる範囲である程度推定する程度でよいと思います。

自分の感じたこと,考えたことを,しっかりまとめれば,いいレポートになるのではないでしょうか。頑張って下さい。
    • good
    • 2
この回答へのお礼

はいがんばります!ホントに色々ありがとうございました!

お礼日時:2001/08/13 00:27

kentaさんは観察に行った時、なにに興味を持ちましたか?



ヒントしか差し上げられませんが、例えば...

何万年も前の地層がなぜ目の前に見られたのでしょう?

その地層はどうして「しま模様」になったのでしょう?

固そうな部分と柔らかそうな部分、砂?、砂礫?、粘土質?、岩石?

...それがどうして出来たのはなぜか???これは分らなくてもよいでしょう!

なぜなら、まだ勉強している生徒さんが自分で研究発表は出来ないのですから!

でも自分の思った考えを入れて書いていけば、それなりに先生は評価するはずです。
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q化石からわかること

今、学校のレポートで化石について調べています。
そこで、化石からは具体的にどんなことが分かるんでしょうか?
教えてください。
また、参考になるHPなどございましたら是非教えてください。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

こんにちは。

気の向くまま勝手に書くので、責任持てません。
ご自身でいろいろ検索などして調べて、
私の話がどの程度信頼できるか確認して下さい。
(レポートはやっぱり少しはアタマを使った方が身に付くしね)

○そいつがどんな生物であったか。
 現在生存している生物との類似性などから推測したり、
骨の形から筋肉の付き方を考えてそこから動きを予測したりします。
恐竜の足跡(これも生痕化石という立派な化石です)などから
その恐竜の運動の様子がわかったりもします。

○当時の地球はどんなだったか。
 同じ地層はほぼ同じ時代にできたと思われるので、
そこから算出する化石の生物たちをいろいろ調べて、
その当時の生態系の様子(動物相とか植物相とかいいます)を
ある程度想像できます。
 ただし、あまり繁栄しなかった生物や固い組織を持たない生物は
化石になりにくいので、その想像図から抜けちゃう可能性があります。

○その化石をふくむ地層ができたときの環境
 前の方が書かれているように、現在の生物からの類推で
暑かったのか寒かったのか、海の場合は深かったのか浅かったのか
などがわかります。単なる類推だけでなく、
例えば、小石などと一緒に出れば浅いところ、
泥などと一緒に出れば深いところなどとわかりますから、
こんどはそいつが単独で出たときにもわかることになります。

○その化石をふくむ地層ができた時代
 生物は時代とともに進化してどんどん姿を変えていくので、
逆に、ある特定の化石が出れば、その地層の時代がわかることになります。
ただし、
・長い時間あまり形を変えなかった生物の化石は使えません。
・わかるのは、本当は、生物の進化の順番のうちのこの段階(相対年代)と
いうことで、今から何年前(絶対年代)というのは、実は放射性元素を用いて
測定しました。でも、現在は両者の対応はほぼ分かっているので、
例えばある種のアンモナイトの化石が出れば、今から1億年前と分かるのです。

○生物の進化の様子
 どんなふうに進化してきたか、化石から分かります。
大繁栄した生物から、次に大繁栄した生物の間の化石が見つからない場合、
ミッシングリングなんて呼ばれたりします。
おそらく数が少ないからなかなか見つからないのでしょうね。

○環境の大激変
 ある地層を境にして、その上下(新旧)の地層から出る生物の化石が
まるで変わっている場合、何かとんでもない事件が起こったことが分かります。
たぶん環境が大きく急激に変化したのでしょう。
 特に、下の地層では豊富に化石が出るのに、上の地層ではしばらく
ほとんど化石が出ない場合、そこには大絶滅の痕跡があると考えられます。
実は現在まで、地球はこのような大絶滅を何回か経験しているのです。

○われわれの今後
 化石の研究を通して、地球の環境がどう変化してきたか分かれば、
今後の予測もある程度はできるでしょう。
 また、現在、人類により、今までのどの大絶滅をも上回るペースで、
さまざまな生物種が滅んでいるといわれています。火山の大爆発や、
隕石の衝突などと、同等な深刻さを、「人類の存在」というのは
持っているのかも知れません。
 我々が今後どうしたらよいのか、化石を調べることによっても、
いろいろ考えることができるでしょう。

それでは。

参考URL:http://www.museum.pref.mie.jp/miehaku/Tenzi/Chigaku/kasekinosekai/kasekisekai.htm

こんにちは。

気の向くまま勝手に書くので、責任持てません。
ご自身でいろいろ検索などして調べて、
私の話がどの程度信頼できるか確認して下さい。
(レポートはやっぱり少しはアタマを使った方が身に付くしね)

○そいつがどんな生物であったか。
 現在生存している生物との類似性などから推測したり、
骨の形から筋肉の付き方を考えてそこから動きを予測したりします。
恐竜の足跡(これも生痕化石という立派な化石です)などから
その恐竜の運動の様子がわかったりもします。

○当時の地球は...続きを読む

Qこれは地球科学のレポートテーマとして適切ですか?

大学のレポートについて質問です。地球科学のレポートで、テーマは地球科学に関することなら何でも良いのですが、
「岩盤浴に良く使われている石の種類とその特徴、その石が岩盤浴に適している理由」
というのはテーマとして適切でしょうか?

色々なテーマを考えて頭がこんがらがってしまい、情けないのですが自分で判断できません。

よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

非常のおもしろいテーマだと思います。
地学は地球のあらゆる現象・モノがテーマになり得ますので、
個人的にも大変興味があります。
石(岩石・鉱物)には様々な種類があり,化学組成や物性が違います。
同じ名前の岩石でも産出する場所によって組成が微妙に違ってきます。
石を調べるにも様々な観点がありますので、何か一つ焦点を当て調べ上げることが大事だと思います。
がんばってください。


人気Q&Aランキング