最大35,000円進呈!IPoEはOCN光

本人の思想を理解可能であれば、世界平和が訪れると豪語しています。

http://www2u.biglobe.ne.jp/~yuniko37/


この人、一体何者なんですかね。

質問者からの補足コメント

  • クロスタニンという造語を由仁子氏は造っています。

    私は苦労したという意味だそうです。

    学術用語ではないのに、勝手に造語を作り出すとはいったい、彼は何様のつもりなんでしょうか。


    ゆっくり進化、ゆっくり進化と彼は強調しますが、己本位だけじゃないんですかね。

      補足日時:2020/06/27 00:00
  • 彼の思想を批判したら、彼は腹痛悪化に苛まされたそうです。

    腹痛に苛まされるようになったら、私の責任だと彼は言います。

    この人物、自分以外のことは批判するのですよね。

    ですが、蒼馬由仁子氏は、自分自身が批判にさらされると、相手が悪いと言います。

    正常な意識を持つ人なのでしょうか。

    問題は、全て、自分以外にあって、自分自身は批判に晒されるような言動はとってないと言い切ります。

    反省の無い人で、1999年から存在性理論を自らが発表。

    存在性理論は、非常に難解で理解できるものではないと、本人は言い切ります。

    この人物は思想がどうのこうのというより、極端に自分を肯定し、他者は批判するのです。

    存在性理論


    蒼馬由仁子を理解しない、世界が悪いというスタンスで、同じ姿勢をとっている人物です。

      補足日時:2020/06/27 00:14
  • ムカリンさん、キサラギXさん、あなたがたのような知識人と会話ができて、光栄の限りです。

    私は、三十年以上、悪夢を見ている者です。

    ※ 精神障害を労災に訴える人は、過去最高だそうです。

    お気をつけてください。

      補足日時:2020/06/28 20:51
  • 反省するもなにも、彼自身が自分に何が問題があるのか、分からないようです。二十年近く投稿姿勢を再三、注意された人がある日突然、目覚めたとは到底思えません。

    No.27の回答に寄せられた補足コメントです。 補足日時:2020/06/29 05:24

A 回答 (27件中1~10件)

平気で嘘をつくですか。

息をする様に?
それは私にも共感出来ません。心理的に危ない感じはします。嘘が平気な人は、自分自身を騙すのもきっと上手だと思うからです。逆に、嘘が上手いので騙されない、と言う見方もできますが。信頼出来る人間関係も少なくなりそうですね。

それにしても、ユニコさんに対しては正直で信頼出来るとは、素晴らしい評価ですね。同感です。
彼流に習って言いましょう。

嘘をつくことが社会性なら、そんな社会性は欠落した方がいいのだ!

それは一面の真理であるでしょう。
しかし、やさしい嘘と言うものが存在する事を、彼は理解していない。嘘が人を守ることになる事を、心を護る事を、理解することができない。嘘が社会に円滑性をもたらす事も理解していない。時に創造性さえ発揮する事も理解出来ないでしょう。

例えば重篤な患者が運び込まれて来たのに、医者が、「手遅れですね」と言って"正直に"匙を投げる事に、ユニコさんは疑問を抱くことができないと思う。それは人間としては冷たいことになるのを、彼は理解出来ないと思う。彼が妙に政治的に見える時があるのは、この冷たさに起因すると思う。

さて、遅くなりましたね。今日はこれくらいにして休みませんか。もし質問者さんの問題が解決したなら良かったです。まだ未解決なら、また後日QAを覗きに来ます。
おやすみなさい。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

若い時というのは、残酷な時代でもありますからね。

多くを失敗し、多くを失い、多くを得て、大いに羽ばたく時。

私は加齢とともに、知性が後退しましたが。

ユニコ氏はそういう意味では信頼が置けます。

キサラギXさんの人柄が窺えて何か私は救われたような思いです。

有難うございました。

お礼日時:2020/06/29 04:17

そう言えば 最近 見ないですね。



やっとのことで反省をした? のでしょうか。




哲学の問題としては 批判は徹底的に成すのが 人間性
にふさわしいと思っている者です。(=わたし)

(人間や人格に対してではなく その思想・振る舞いに
対して とうぜん 批判します。ただし ゆにこ氏の場
合は 人格の問題に及んでいるかと思われますが)。


この批判を かれにブロックされるまでやるのがよいと
思っています。みんなが ブロックされればよいわけで
す。


ここまで言ってやるのが ベストだと思っています。





弱点は 自分の仮説につごうのわるい別の仮説について
は いっさい聞く耳を持たないところです。

聞き置いたという姿勢は見せますが あとは 無視です。

からだの状態についてのみんなによる心配りは じゅう
ぶんであるとわたしは思っていますから あとは 批判
のみでしょう。
この回答への補足あり
    • good
    • 1
この回答へのお礼

メビウスリング掲示板が閉鎖されて、彼の動静は分からなくなりました。

goo にはいないみたいですね。

彼の場合、批判されると意固地になるので、困りものです。

お礼日時:2020/06/29 05:22

夜分遅くにも関わらず、お礼ありがとうございます。



質問者さんがユニコさんと具体に何を話されたのか分かりませんが、状況に察しはつきます。
私は最近、ユニコさんに言いました。
当たり前ってのは、当たり前やないんやで、と。
当たり前の有り難さを示唆した言葉でしたが、理解はされませんでした。
私はもう、彼に理解することは求めていません。話ができればそれで良いと思っています。それはビオスではなくゾーエーの供給です。

かつて私は障害者福祉の仕事に従事していました。業界では、スペクトラムという言葉が使われ、黒か白か、障害者か健常者か、ではなく、幅広いグレーゾーンがあることを認めていました。そして、社会生活に障害がある者を障害者と一応に規定するのです。重度心身障害の方から軽度の知的障害者まで見てきましたが、ユニコさんには軽い知性の未発達と偏りを感じないではない。世に言う馬鹿ですが、しかしそれは自身でも仰っている事です。
一般的なことでも、彼には出来ないことがあるのでしょう。内省もその一つかも知れません。内省するには自身の中にもう一人の自分を持つ必要がありますが、それには高度な抽象能力と客観性を必要とします。出来ない人がいても不思議はないし、むしろしっかりと内省出来る人が世にどれくらいいるものなのか。

でも、そんな知性の若干劣るユニコさんにも良い面があることを私は知っています。それは、たまに的を得た正直な発言ができる点です。一つエピソードを紹介しましょう。

ある人が、国際首脳会議の晩餐会に出された豪華な食事の、メニューの意味や作法の政治的意味について細かに説明されていた時です。オバマ大統領が寿司を残したのには意味があって云々という下りで、ユニコさんは、
「大統領が寿司を残した?そんなことはどうでもいい。それより世界の困窮者に食料配れよ!」
みたいな旨のことをのたまい、私は大変スッキリした気分になったのです。
そらそうだと思いましたね。ユニコさんの言う通りだと。
国際首脳会議では、晩餐会のメニューは世界の貧困者に送られる支援物資の一つである銀紙?で包まれた栄養食にすべきだと思いつきましたよ。その方が、通例の品も知性も欠いた豪華で洗練されたメニューよりも百倍優れてる。世界の首脳が、最貧層の人々のことを本気で考えてると言うメッセージを発信することになるし、不味い栄養食を夕飯に食べることで、世界のリーダーにも思うところが出るであろうから。


さて、私も恵まれたにも関わらず病気なったのは、有り難みに思い至らなかった節もあるのではないかと思っています。つまり、恵まれない人のことに思い至らなかったのだと。
質問者さんはどうでしたか?
若い頃、優れた自分に比べて劣った人々について思い至ることはありましたか?
    • good
    • 1
この回答へのお礼

若い頃は、嘘を平気でつくところが私にはありましたが、

年を取るにつれて、(病気の為も勿論ありますが)知性が衰えたことにより、

嘘を付かなくなりました。

由仁子氏は信頼のおける人間だとは思えます。彼は決して嘘をつきません。

嘘をつかねばならぬところで、嘘が付けないという、社会性の欠落もありますが。

私が彼の長所(見方によっては、短所)だと思うのは、何事に対しても、正直なところです。

お礼日時:2020/06/29 03:22

そうでしたか。

私には想像できないほど過酷だったのでしょう。

話を元に戻しましょう。ムカリンさんとのやり取りからも情報を流用させていただいてよろしいでしょうか。
No.20のお礼内容については、彼と長く対話した少なからずの人が同じような気持ちを持っていると思います。
私もその気持ちは理解できます。しかし、私にとっては彼に理解してほしいと言う気持ちよりも、自分が理解したいと言う気持ちの方が強く、以前のように口を酸っぱくして彼に何かを言うことは無くなりました。彼の存在性理論の、彼視点による理解も、私はある程度出来ていると思います。彼は認めないので彼には言わないが、特に革新性やオリジナリティはありません。既出の論説をやりくりすれば構成できる考えです。その完成度は既出の論よりもずいぶん劣ると思います。その内容は、人間の脳にある存在性と、外部世界にある存在性が共鳴して存在が現れる、と言った感じだと思います。彼は違うと言うかもしれませんが。カントのカテゴリや、アリストテレスの形相の雑種のような考えなのかなと思っています。もちろん両者の論のように整理も付いてないですが、その考えの内容が如何であるかは今は重要ではないでしょう。

彼が、自説を聖典のように扱って聞く耳持たないと言うのが重要なのでしょう?質問者さんはそこに腹が立つ。
しかし、宗教に埋没する人は概してそのような傾向があります。彼だけではありません。私だって、増上慢に陥ったことはある。
なぜ彼がそのようであることに質問者さんが腹を立てるのかは、彼と二十年も話して来たという時間が虚しく感じられたのかなと思います。そりゃ腹も立つと思います。他の人以上に腹が立つし、悔しいのではないでしょうか。

ところで、精神病理と宗教と言う細々とした学問領域があるようで、一つネットに落ちてあるレジュメを読んでみました。
ゾーエーとビオスと言う古代ギリシャの”生”を意味する単語を介して、少し説明がなされています。
ゾーエーとは”生存”と言う意味であり、ビオスとは”意味ある生”、と言うような意味だそうです。
このレジュメでは、基本的には精神医学はゾーエーが主領域であり、宗教はビオスが主領域であるという認識に落ち着いていますが、社会のニーズでは、精神医学にビオスの領域での活動が求められているのが時代の流れだとの話も出ています。
ユニ子さんの例では、自作した宗教でゾーエーを満たそうとしているので矛盾が生じる。
満たされたゾーエーとは快活な動作=生活です。
彼は世の役に立ちたい、戦争や飢餓を無くしたいのだと連呼するでしょう。誇大妄想はありますが、それ自体は普通の欲求です。
しかし、丸い穴に四角いものを通そうとしているので出来ないでいるのです。ビオス的なものでゾーエーを満たそうとするので、矛盾が生じる。

https://core.ac.uk/reader/233954060
    • good
    • 1
この回答へのお礼

私は蒼馬氏に多くを望んだのではありません。

只、極当たり前の人であってほしかっただけです。

彼は、正直、一人の人間として人格を疑いたくなるほど、抜け落ちています。

彼は自分の外にしか目を向かない人です。

内省心が全く欠落しているのです。

そのことを正直に書いたところ、詫びるどころか、反撃の姿勢をとりました。

この姿勢は私に対する態度だけではなく、誰に対しても同じです。

段々、彼に対して、怒りを覚えるようになりました。

お礼日時:2020/06/29 01:48

幻聴の内容には意味がないと言う見解が主流の医療界ではありますが、もしかしたら意味はあるかも知れないと思ったのでお尋ねしました。

    • good
    • 1
この回答へのお礼

私の場合は、心的外傷後ストレス障害から統合失調症に病名が変わりましたが。

お礼日時:2020/06/29 00:30

上司との拗れですか。

。それで言うなら私は親父との拗れです。

まだ、会社に行く気?
ですか。
当時、他にやりたいことがあったのですか?
    • good
    • 1
この回答へのお礼

正直、無かったですね。

私は、大企業に入社できたので、ここで頑張ろうと思っていました。一日、十四時間以上は労働していました。

身体が限界を超え、精神に悲鳴が走ったのだと思われますが。

お礼日時:2020/06/29 00:30

読書感想文、読みたくてネット上を探しましたが在庫がないようです。


代わりに現代の中学生の読書感想文文部科学大臣賞受賞作を読みました。”舟を編む”という書籍の感想文で、言葉についてが主題でありました。ところで、私の母校では頭が良すぎてドロップアウトする人がいました。当時、そのドロップアウトした彼女の読書感想文と私の読書感想文を比べた時、大人と子供ぐらいの差があり、驚愕して笑いが込み上げてきたものです。
 
私は、絶対ではないけれど成績や賞の評価は価値証明であると思います。ご自身も持ち前の能力だけでなく、相当の努力を重ねてこられたのでしょう。
質問者様もいくらか事情を話してくださいましたので、私も話そうかと思います。あまり偏見を受けたくないので語ることは少ないのですが。
私は19歳の時に(後代の禅で言うところの)見性し、二十代前半の頃は有頂天でありました。澄み渡った夜に冴える月のような心持でもあり、正直、悦に入っていたと思います。26歳の頃に瞑想に失敗して統合失調症になり、地獄を見ました。三回ほど急性期を再発しましたが、ここ十年近く妄想や幻覚も無く、今は薬もほとんど飲んでいません。当時の幻覚や妄想の内容をご参考にお知りになりたい場合は、話しましょう。ただ、質問者様に幻聴が今年の三月まであったと言う事で、他の人の妄想や幻覚の話を聞くことが、体調に良くない場合も考えられます。大丈夫だと思われるなら、お尋ねください。

自分のようなケースで病気を発症するパターンを調べますと、幾つか似たような体験談をネット上に散見することが出来ました。
自分を過信していたと言うのはあったと思います。一方で実力不足という現実もありました。二つの乖離、そして自分の精神的な領域(パーソナルスペース)を侵されたことがきっかけとなり、このギャップが病気の発症、精神の亀裂を生じたものなのではないかと今は振り返って思います。
ですので自信過剰であることを抑制し、実力をつけ、自分の精神のパーソナルスペース(=独りの世界)を護ることが病気からの快復になると思われるのですが、自分の心の癖が強くついているために、これがなかなか難しい。
今は、意志を発揮することによって一つの流れを生じさせ、心身全体の統合を進めているところです。

精神的なパーソナルスペースについて
例えば臓器には細菌やウイルスに極端に弱い部位があり、そのためそこには強固な防疫システムが備えられているようなもので、精神(心)のパーソナルスペースに張り巡らされているシールドを不用意に解いてしまうと、そこに他の人が入って来て、拒絶反応が起こります。私の病気の発症のきっかけについては、今はこのように解釈しています。

 私は病気になり青春の多くを失いましたが、病気になったことは後悔していないのです。例えば予防接種を受けて、一時的に病気に罹患することで、より深刻な大病を防いだようなものだと思っています。これはあながち、当たらずとも遠からずの解釈かなと思います。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

私の場合は、上司との相性が悪く、(私にも責任の一端はあります)それが拗れたのが原因だと解釈しています。

ある朝、起床して、社員寮から企業に向かおうとしたら、

突然、

女性のような声で、

まだ、会社に行く気?
お前なんか、殺してやる!
死ね!
ゴミ!

と、私を罵倒する声が聴こえ始めたのが最初の症状だと思います。統合失調症ですね。

お礼日時:2020/06/28 23:46

ところで質問者さんは蒼馬由仁子さんに期待していた仰っていますが何を期待されていたんですか?

    • good
    • 1
この回答へのお礼

少なくとも、相手の話は尊重してほしかったです。この段階ですら、蒼馬氏はクリアできませんでした。

蒼馬氏にとって、持論は絶対なのです。

聖典に文句をつけるようなものです。

自分の論は絶対である。

その上で、聖典を書き著した、自分(蒼馬氏)に意見を問うてほしいとの旨を受けた途端、怒りが心中から込み上げてきました。

お礼日時:2020/06/28 23:42

質問さんのコメントを見て言えることはどのコメントにおいても「主観的な発言」が無いのです


行動基準を自分では無く他人においているからですかね
    • good
    • 1
この回答へのお礼

私は自分を全面に押し出すことについては、余り、良い印象を持っていません。

世の中にいる、誰かさんの一人です。

お礼日時:2020/06/28 23:05

問題の本質は


質問者さんの飾りでしかない事柄(成績)即ち「価値観」を質問者さん自身の「価値」と質問者さんが捉えてしまった事ですね
大事な事は世界中で質問者さんはただ一人しかいないって事です
    • good
    • 1
この回答へのお礼

私は、世間を疑うことを知らずに育った、坊やでした。今はもう、53歳ですが。

私は、大企業人としては、資質を疑われたのだと思います。

上司は端から私を敵視していましたし。

企業の首切り役人だと思われます。

私は、兎に角、頑張ることが第一だと教えられた人間です。

ですが、世の中はそう割り切れることではないこと(狡猾さが主ですが)で、一人の人間の人生を棒に振らされることもしばしばあるのだと、気づいた時は既に、私は病人になっていました。

お礼日時:2020/06/28 22:16

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

関連するカテゴリからQ&Aを探す


人気Q&Aランキング