プロが教えるわが家の防犯対策術!

社会的セーフティネットがなぜ社会保障としての機能に欠かせないのですか??具体的な生活問題に引き寄せて見解を教えてください。

A 回答 (3件)

民間保険なども社会的セーフティネットに含む場合もありますが。


質問では、社会的セーフティネットは、社会保障の最重要部分と言う関係性で、かなり同義に近いと考えても良さそうです。

社会保障は、国家的事業で、主に社会保険(医療保険),社会福祉,公的扶助,公衆衛生,医療体制などで。
我が国では、たとえば憲法25条が規定する「健康で文化的な最低限度の生活」と言う社会権を保障するために、具体的に制度化されたものが社会保障と言って良いでしょう。
もう少し判り易く言えば、「ゆりかごから墓場まで」などとも言われますが、国家がその国で国民が生涯安心して暮らせる様な仕組みを講じたものです。

あるいは、本質的には個人が背負うべきリスクの一部を、国家が肩代わりしているものなどとも言えます。
国民が困窮とか健康を損なったり救急的な状態に陥った際には、それがたとえ個人の責によるものであっても、国家はほぼ条件を設けずに救済するネットワークを構築している訳です。
    • good
    • 0

アメリカには社会保険がありません


民間保険に入れない貧民は怪我や病気になったら死ぬしかない
だから、新型肺炎が蔓延し続けているのです
止まらない
それで国力全体が下がっていき、結局金持ちも損をしていく
アメリカ人の平均寿命はOECDなどの先進各国中最低
アメリカ人に生まれたら、長生きできないのが普通の国なのです
皆保険がないから
    • good
    • 0

生活保護等のセーフティネットがなければ社会はすぐにスラム化するから。

    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング