痔になりやすい生活習慣とは?

高校の物理の教科書によれば「静止した二つの電荷q1, q2の間にはクーロン力
 F = - q1・q2/(εr^2)
が働く。また電場Eの中の電荷q1には F=-q1E の力が働き、電荷q2の作る電場は
 E = q2/(εr^2)
で与えられる」というような説明だったと思います(手元に高校の教科書がないので確かめられませんが)。私はこのような説明の仕方は不適切であると考えます。このような説明ではほとんど全ての人が電場はクーロン力の単なる言い換えであり、ほとんど違いはないと考えてしまうでしょう。電場は「場」を実体と考え、荷電粒子同士が直接相互作用するのではなく、粒子と場が相互作用すると考える近接作用の理論です。近接作用論が自己相互作用にまつわる多くの困難にも拘わらず遠隔作用論に勝利をおさめたことを教えることは、宇宙の見方が天動説から地動説に変わったことを教えるのと同じくらい(あるいはそれ以上に)重要なことではないかと思います。近接作用論が正しい根拠として私が挙げることができるのは
1. 遠隔作用では相対論と適合させることが難しいこと
2. 近接作用と遠隔作用が異なる答えを与えるような問題では、実験は近接作用を支持している(例えば電子は自己相互作用によって異常磁気能率を持つ)
といったところですが、これ以外に電荷や電流で作られたのではない電磁場があり、そのような場の中で荷電粒子がローレンツ力を受けることが示せれば場が独立した実在である証拠になるのではないかと思います。マックスウェル方程式は電荷や電流が0でも電磁場は0でない解を持っています。電荷や電流はなしで(磁気単極子もなしで)電磁場だけ存在すると考えられるような例はないでしょうか。高校で近接作用と遠隔作用の違いを曖昧なままにしておくことは天動説を教えるようなものだといったら言い過ぎでしょうか。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

大学以前の物理学では静電場の近接相互作用の


概念は電気力線を通して説明されていたような
気がします。これは大学に行くとマクスウェル
の応力に拡張されます。

電場については重力における位置エネルギー
すなわちポテンシャルとして与えられ、高校で
はあまり場の概念には踏み込まないようです。
電場を本質として扱わないのは E = q2/(εr^2)
がr->0で発散してするのを気にする生徒に対応
できないと考えているからではないでしょうか。

また問題が解く時には、
F = - q1・q2/(εr^2)
の方が便利なことも多いですしねえ。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。まず電場の電荷に及ぼす力を F=q1E に訂正させて頂きます。
 電気力線はすぐれた考え方ですが、模型であるという見方もあるではないでしょうか。模型があまりにもうまく働く時には実体である可能性が高くなると考えることはできるとおもいますが。点電荷の電場が発散することは、まさに気が付いて欲しい所です。矛盾を隠してしまうことは正しい科学的態度を養うことにならないように思います。

お礼日時:2005/02/02 21:58

#1です。



一度、遠隔作用だけで考えたときに、発信機における
電子の移動が受信機の電子にどれだけ影響を与えうるのか
計算してみてください。
近接作用説に基づく場の考えがなければ、発信機から
受信機へのエネルギーの移動が説明できないことが
ありありと実感できると思います。

いたずらに難しいことを考えずとも、電磁場の実在を
示す現象など身の回りにいくらでもあるのです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。電磁場とポテンシャルは
 E=-gradφ-∂A/∂t,  H=rotA
という関係で結ばれているので、自分以外の荷電粒子に与える影響はどちらで計算しても同じで、自己相互作用を考える時のみ違いが出てくるのではないでしょうか。遠隔作用論者は「間に何かがあるという証拠を示せ」というと思います。

お礼日時:2005/02/09 23:13

電磁波の発信機と受信機の間の空間にはなにもありませんが、


電磁場はそこにも存在し、発信機における電磁場の変化が
受信機に伝わります。
この事実の発見が近接作用説の正しさの直接の証明になりました。

高校生にも電磁波について説明すれば十分だと思います。
テレビ、ラジオ、携帯などの技術の基盤となっている
現象ですので、興味もつかみやすいかと思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

御回答ありがとうございます。「間に何もなくても伝わる」というのは近接作用よりむしろ遠隔作用的な見方ではないでしょうか。近接作用であることを言うためには「間に何かがある」ことを言う必要があります。そのためには
 1. 電磁場はエネルギー、運動量、温度、圧力、質量
  などの物理的特性を持つ
 2. 電荷や電流がなくても電磁場は発生し得る。
ことが言えれば良いと思います。2の候補としてUnruh効果などが考えられると思いますがいかがでしょうか。

お礼日時:2005/02/01 18:35

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q変位電流ってなんですか!!!???

現在マクスウェルの方程式を勉強しています。

そこでアンペール・マクスウェルの方程式で、変位電流というものがでてきました。しかし、その教科書ではその名前のことしか教えてくれず、調べてもこれと言ったいいものがありません。

式の導出はいいから、結局変位電流ってなんなの?といった具合です。


教えていただけませんか?具体的にどういうものなのか、どういったときに見られる現象なのか?教えていただきたいです。

ちなみにいくつか調べた結果、変位電流は「実際には存在しない電流である」や「コンデンサで交流を流したときにでるものである」という情報を入手しています。


矛盾していて困っています。

Aベストアンサー

 平行板コンデンサーがあって交流電流が流れているとします。コンデンサーにつながる導線には電流(=電荷の移動)があり、導線の周囲には変動する磁場が生じます。コンデンサーの極板の間には移動する電荷が存在しないので電流がありませんが、では、極板間の空間(の周囲)には磁場は生じないのでしょうか。

 そこだけ磁場が発生しない、というのは不自然で、やはりそこにも磁場が生じるはずだと考え、磁場を生じる原因として電場の変化があると考えられたのだと思います。

 磁場を生じるので電流と同じ働きをするが、電荷の移動である普通の電流とは違う、ということで「変位電流」というような呼び方をするようです。
 ※なぜ位置の変化を表す「変位」という言い方をするのかは私にはよくわかりません。識者の回答を待ちましょう。

http://www.cqpub.co.jp/dwm/Contents/0083/dwm008301420.pdf

Q磁力とはなんですか?

磁石に鉄を地が付けると付くのは判ります。電磁力などについても理解しているつもりです。でも、磁力の本質がわかりません。
物理学の本を見ても、あたりまえのように磁力・磁力線と言う用語が出てきます。
そこで質問です。磁力とはなんですか?

Aベストアンサー

磁力の本質というのは根元的な質問でどう答えるのか難しいですね。
現状では単磁極粒子(モノポール)は見つかっていないので、磁石は必ずNS極の対で存在します。
その基は電子のスピンと軌道によります。もちろん原子核も同様のスピン等による磁力を持っていますが、
一般的な現象はすべて電子による物と言えます。

つまり、電磁石と同じ、電荷の移動によって生じる力が磁力と言うことになります。

通常スピンは上向き下向きが揃うとエネルギーが低いために一般的な原子は、その電子のスピンなどが中和されて、磁力を外部に出さないため磁力に反応しない
鉄や希土類などの強磁性物質は、一部の電子のスピンが揃って(中和せずに)、磁性が生じているために磁石によく反応します。

理科年表などを確認していただくと磁化率をわずかでも持っていますので、全く反応しないわけではありません。
また、歳差運動により反磁性も存在します。強磁界に水を入れると反発します。
うまくすれば蛙などが浮く実験をやることが出来ます。

場の理論により、すべての力は粒子が介すると解釈できるのですが、その場合電磁力を介する粒子は光子です。
つまり磁力は光子と言うことも出来ます。

と言うのが現象的な説明になりますが、根本的に何者なのか、逆に電気力とは電荷とは何ですかと言う根本的な質問には答えられないですね。
これも当たり前の様に電気力、電気力線などと言う用語が出ます。
電磁波と言う波を作ることから、この世界の根本的な構成体のゆがみなのかもしれません。

磁力の本質というのは根元的な質問でどう答えるのか難しいですね。
現状では単磁極粒子(モノポール)は見つかっていないので、磁石は必ずNS極の対で存在します。
その基は電子のスピンと軌道によります。もちろん原子核も同様のスピン等による磁力を持っていますが、
一般的な現象はすべて電子による物と言えます。

つまり、電磁石と同じ、電荷の移動によって生じる力が磁力と言うことになります。

通常スピンは上向き下向きが揃うとエネルギーが低いために一般的な原子は、その電子のスピンなどが中和...続きを読む

Q電磁気力は光子が媒介する?

電磁気力は光子が媒介するということですが、
電子A→光子→電子B
の様に電子Aが出した光子を電子Bが受けたとすると、
電子Aの運動量は光子の運動量分左向きに変化し、
電子Bの運動量は光子の運動量分右向きに変化するので
電子AとBの間に反発力が起きるのは良くわかります。

[質問1]
しかし、電子と陽電子間で引力が働く場合がわかりません。
電子→光子→陽電子
のように電子が出した光子を陽電子が受ける場合、
電子と陽電子に引力が働くためには、
光子の運動量が負でないといけないと思うのですが、
そういうのはありなのでしょうか?

[質問2]
電子と電子間は反発力、電子と陽電子間は引力が働きますが、
どちらの場合も光子が媒介するのだとすると、
電子は、光子が電子から来たものか陽電子から来たものかによって、
動く方向を変えないといきません。
光子に種類がないとすると、電子は、どうやって相手が電子か陽電子かを
判別しているのでしょう?

電場を導入すればどちらも当たり前のことだと思いますが、
光子が電磁気力を媒介するという話しを考えると、どうもわからないのです。
よろしくお願い致します。

電磁気力は光子が媒介するということですが、
電子A→光子→電子B
の様に電子Aが出した光子を電子Bが受けたとすると、
電子Aの運動量は光子の運動量分左向きに変化し、
電子Bの運動量は光子の運動量分右向きに変化するので
電子AとBの間に反発力が起きるのは良くわかります。

[質問1]
しかし、電子と陽電子間で引力が働く場合がわかりません。
電子→光子→陽電子
のように電子が出した光子を陽電子が受ける場合、
電子と陽電子に引力が働くためには、
光子の運動量が負でないといけないと思うのですが...続きを読む

Aベストアンサー

光子は一種類ですが、量子力学的には正と負の波動関数を持ちえ、それらは光子が放出されたときの電荷によっている。という説明になるかと思います。
通常はそれらを一つの光子が二つの性質を持つという風に考えて一種類の光子と数えています。

「一の実態の異なる側面を見ている」と「異なる実態をみている」は言葉の定義で、光子といったときには振幅の符号は一つの光子の違う側面という風に解釈されています。


この問題は深く考えると哲学の問題になってしまい兼ねません。なぜかと言うと光子は粒子のようでもあり波のようでもある量子力学でしか記述できないものなのです。+の振幅の波と-の振幅の波といってもこれを粒子の言葉で考えるのは難しいと思われます。また光子は通常の粒子と違ってゲージ粒子と呼ばれ、バンドル理論という非常に高度な数学をもって記述されるものです。そして、ゲージ粒子というのはいろんな物理的な解釈が出来るものなのです。例えばクーロンポテンシャルの解釈ですら光子が作っているのかどうかということは自明ではありません。あくまでゲージ場のある成分がクーロンポテンシャルだということが言えるだけです。私はクーロンポテンシャルを光子が作っているという立場で説明をさせてもらいましたが異なる見方もできます。

科学は数学の言葉を使って自然を記述するものなので、私たちの限られた日常体験に基づく理解では説明が難しいこともあります。一度電磁気学の本を読んでみたらどうでしょうか。砂川重信著 理論電磁気学 
なんかを読めば非常に参考になるかと思います。
光子と電磁場の関係は場の理論の本を読むと良いと思います。

光子は一種類ですが、量子力学的には正と負の波動関数を持ちえ、それらは光子が放出されたときの電荷によっている。という説明になるかと思います。
通常はそれらを一つの光子が二つの性質を持つという風に考えて一種類の光子と数えています。

「一の実態の異なる側面を見ている」と「異なる実態をみている」は言葉の定義で、光子といったときには振幅の符号は一つの光子の違う側面という風に解釈されています。


この問題は深く考えると哲学の問題になってしまい兼ねません。なぜかと言うと光子は粒子の...続きを読む

Q行列における固有値、固有ベクトルについて

少しばかり固有値、固有値ベクトルについて、分からないことがあったため質問します。
 
 添付画像に式を示します。

 この式を解くとλ=1という固有値が出ます。しかし、λ=1を行列式に代入すると全てが0になり固有値ベクトルを求めることができません。
 回答のページには、途中計算が省かれているため、過程がわかりません。こういった場合には、どう個体値ベクトルを求めれば良いのか、教えてもらえませんか?

Aベストアンサー

ANo.1です.少し補足を.

この問題を行列の対角化ととらえるとそれはすでに解決しています.単位行列は対角行列ですから.

また,固有ベクトルが何かという問題もすでに解決しています.任意の正則行列Pについて

P^{-1}EP=P^{-1}P=E

ですから,固有ベクトルは任意の一次独立ベクトルの最大セットで,任意の正則行列のすべての列ベクトルセットをとればよいです.

x=(s,t)^Tとしたベクトルは任意の2次元ベクトルですが,これのs,tを2組とって一次独立ベクトルを2つ探してもよいです.
例えば(s,t)=(1,1),(1,-1)として

x_1=(1,1)
x_2=(1,-1)

としてもよいです.無数にあります.しかし,求めろと言われればやはりもっとも簡単なのは基本ベクトルの(1,0)^T,(0,1)^Tの2つだということです.

どれをとるかは質問者様の自由です.

ただ,基本ベクトルの考えは物理学(古典力学や量子力学など)のような応用分野では重要です.


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング