システムメンテナンスのお知らせ

登録済み未使用車(即ち新古車)で、相場よりも安い車は、以下の様な理由があると聞いたのですが、本当にこんな事ってあるものでしょうか?

◼️安い理由
*陸送中にミスしてぶつけて、キャンセルになった車両
*保管中に冠水した。
*場内で整備の移動中にぶつけて、キャンセルになった車両。

これらの理由で値段が下がることもある。と聞いたのですが、こういう事はあるものなのでしょうか?

目星をつけている車があるのですが、それが相場よりも安く、安い理由が単に良心的な店なのか、それとも訳ありだから早く手放したいのか、、、。

実物を見ても素人には見分けがつくとは思えず、悩んでいます。

アドバイスいただけますでしょうか?

gooドクター

A 回答 (6件)

ない。


*陸送中にミスしてぶつけて、キャンセルになった車両
*場内で整備の移動中にぶつけて、キャンセルになった車両。
登録前なら修理して新車として普通に売ります。
登録後なら所有者、使用者に前の客が出てしまうので中古車になります。

*保管中に冠水した。
整備するのに金が掛かりますから安くは売れません。
保険会社が引き取るので新古車になりません。

殆どの新古車はノルマ達成のためにディーラーが買った物です。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

OnneName様
回答ありがとうございます。
実は、この案内2軒目に行ったディーラーで言われたことでして、、、。

勉強になります。
ありがとうございました。

お礼日時:2020/12/16 21:14

未使用車というのは、単純に売り上げの為の報奨金狙いで登録したという車両みたいですよ。



例えば、●月中に車をあと●台売れればメーカーからいくら報奨金が入るとかあるみたいです。

私の場合、昔「あの車良いね」 とディーラーに買いに行き、「値引きはどのくらいお考えで」 と訊かれ、○○万円と答えたら、「ご冗談でしょう」 と言われました。

4月くらいに大笑いされたのですが、その後5月とかに電話かかってきて、「前回お話のあったお車ですが、買いませんか」 と言われました。

ざっくり書いておきますと、あと○○台売れればメーカーから報奨金というボーナスが入るので、その制度ある為値引きして売りますという話でした。

当時6月中に登録した車がカウントされる為、6月、それも月初とかに登録させていただくということを条件にという話でした。

それで、「でも、新車を今からオーダーしたら6月に間に合わないのではないか」 と訊いてみたのですが、「在庫はあります」 と言われました。

それでとある倉庫に案内され、「ここにある車はオーダーかけてメーカーから納車された車なので、売れ線から売れる色とグレードとか用意してあります。 ファクトリーオプションは無理ですが、ディーラーオプションは取り付け可能です」 と言っていました。

そこに置いてある車は全部売り切れると言っていました。

そんなシークレット販売会に呼ばれたので、「じゃああの最高グレードでこの色を」 と注文しました。

本屋さんに行くと、「新車販売」 とかの雑誌があり、この車は値引き5万円引き出せば大成功ですと書いてあったのですが、私の場合○○万円の値引きでした。

お金は納車の時に全額頂戴できれば大丈夫ですと言われたので納車でもって来てもらう即金で支払いました。

営業マンの話では、チマチマお客さんからオーダーが来て発注すると、報奨金とかもらえないとかの結果となるので、オーダー来る前にこんな風にあらかじめ仕入れをしてあると言っていました。

その車はすべて1台残らずに売り切るらしくて、いつも報奨金がっぽり頂いている話でした。

ただ、登録が全部月末になると、それはメーカーから見れば、ただの”強盗キャンペーン” みたいに見えるので、登録は前倒しでしてほしいと言われていました。

車の値引きは上限設定されているので、「もうこれ以上は入れらないです」 となるとその上限で売ったことにしておき、納車時に即金でもらったお金にチョイ足しして会社に納付しておくと、後で報奨金がドンと入るので良いみたいな話でした。

彼はメチャメチャ成績がずば抜けていたみたいでしたが、人を見る目があるのでトラブルもなくいつも売り切っているという話でした。

でも、中古車雑誌とかにはよく昔から「新車の売り上げの為に第三者名義で1度登録され、使用されていない未使用車です」 とかはたくさん売られていました。

それを見た時に、1度登録までしないとメーカーに売り上げとしてカウントされないので、報奨金の為に登録だけしてあり、でも誰かが登録してあると新車と言えない感じも気分的にはあるので、値段下げて新古品という感じで売っているような気がします。

メーカー勤務で管理職とした人にはわかる話として、メーカー独自の報奨金制度というものが存在しています。

例えば、特定のエリアで販売力ある代理店があると、そこに行って、「こんな商品をこう買って、こういう風に売り切ってくれれば、1億円の小切手差し上げます」 とか独自の契約書を交わす。

そうすると、大企業の約束ですので、言われた通りにさえやれば、会社にいくらくらい利益が残り、赤字にならずにほかの社員のボーナス支払っても全然余裕と感じるので、他メーカーの商品を売る時間とかなくなる。

ちなみに報奨金とかはどこでも否定されますので知らない人は知らない。 余計なこと言わないという人が報奨金もらえる感じもあります。

トヨタならトヨタのディーラーに行って、「今月報奨金で安く買えると思って来ました」 と言っても、「えっ、何のことかわかりません」 という反応をされます。

冠水で修理していれば、たぶん売る際に訳ありの理由とか説明して売るとは思います。

ただ、気になるという感じでしょうから、買わない方が良いとも思います。

「この車は事故車に違いない」 とか、「1度人をひき逃げした車かもしれない」 とか、何か負のイメージのある車を運転していると何か精神的に悪そうな気がします。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

irisin様、回答ありがとうございます。
詳しいご説明も、大変参考になりました。

そう言う仕組みなのですね。

お礼日時:2020/12/18 18:49

大阪西成で聞いた話、お化けと安いものはないそうです。


注 安いもの=品質の割には安いもの。
    • good
    • 0

ないでしょう。


少々のキズなら、納車前に修理して、客にそのまま新車として納車しますから。ぶつけるとしても、大きなぶつけるってことはないはずですからね。

冠水したなら、全損扱いをするでしょう。冠水するってことは、整備に手間がかかるし、電気系統に不都合が出る場合もある。

大半の理由がディーラーの自爆営業・・・
メーカーから、販売台数に応じたインセンティブが支払われると言われている。
月の目標まで、あと1台とか数台なら、自爆営業をして目標に達成する。
不要だからすぐに売却って訳ありなパターンが多いです。

ディーラーの営業者のミスでって可能性はゼロではありませんが、ありえます。
契約者の都合で即売却
    • good
    • 0
この回答へのお礼

て2くん様
回答ありがとうございます。
実は、この案内2軒目に行ったディーラーで言われたことでして、、、。

勉強になります。
ありがとうございました。

お礼日時:2020/12/16 21:14

そ~言うのもありますが、その場合は新車に戻します



事故車と言うのは現実的に何かにぶつかって壊れた自動車という意味ではありません

車の購入契約を結んでローンが支払えなくなった車も事故車と言います
ローンの支払いが残っていますから、あなたが購入後しても名義は自動車会社です、一括で支払って名義変更すればいいですが

車自体はキレイだと思いますよ、車の裏の契約方法が複雑だったりするのが難点ですね

100万で買ったはずなのに、支払い総額が200万超えになった、なんてよくある話しです
    • good
    • 0
この回答へのお礼

スリープ様
回答ありがとうございます。
実は、この案内2軒目に行ったディーラーで言われたことでして、、、。

勉強になります。
ありがとうございました。

お礼日時:2020/12/16 21:14

*陸送中にミスしてぶつけて、キャンセルになった車両


*保管中に冠水した。
*場内で整備の移動中にぶつけて、キャンセルになった車両。
これ以外の場合もある
    • good
    • 0
この回答へのお礼

他に何がありますでしょうか?
また、その様なことがある可能性は実際にありますでしょうか?

お礼日時:2020/12/15 23:26

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

gooドクター

このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング