12万作品が月額500円(税別)で見放題なのはdTVだけ!! >>dTV(外部リンク)

昨年1月、義父が亡くなりました。
54歳という年齢での他界と、義父が懇意にしていたお寺さんがいらっしゃるので、
毎月、月命日にお寺さんがいらっしゃいます。
(こちらからお願いしているというよりは、お経をあげた後に「来月は○日でいいですか?」というような感じです)
月1回の事ですが、お経とその後の世間話が長い事で
正直な話、かなり月命日が苦痛です。
(義母に「月命日に家にいるのが、嫌です。」と素直に言えるわけもなく…)
私は長男の嫁ですので、もし義母が亡くなった時も
毎月しなければいけないのかと思うと、正直ゾッとします。

一昨年は私の伯父が亡くなったのですが、月命日にお寺さんをお招きしたのは1周忌までで、後は年忌の法要だけだと祖父母は言っていました。

その家のしきたりもあるとは思いますが、
義父には両親がなく、義母はお寺さんの言われるがまま
といった感じで、しきたりではなさそうです。

みなさんは月命日はどのようにされていますか?
また、月命日のお布施はいくら位包んでいますか?
(どのサイトも「気持ち」というあいまいな表現でなんの参考にもなりません)
また、お寺さんから言われる月命日のお経を断るとしたら、なんと言ってお断りしますか?

みなさんのご回答お待ちしております。
(申し訳ありませんが、
 「信心深くない!」等のご返答はご遠慮下さいませ)

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (4件)

我が家の場合は、月命日に関しては、毎月1回家に来ていただいて、お経をあげていただいています。


お仏壇には、祖父、祖母、母が入っていますが、1か月のうちで一番早く命日がくる母の命日(13日)にいらっしゃいますね。

私の場合も#3さん同様、子供の頃から(祖父が亡くなって30年なので)、「習慣」づいてますから、苦痛は全くないです。

お布施の額は、月5千円です。
かつて、お仏壇に入っていたのが祖父のみだった時は、3千円でしたが、3人(?)になったから増額されたのか、時代(物価)的な意味で増額したのかは分かりません。

我が家は、檀那寺がお隣のせいもありますが、とても仲良しのため、分からないことは全て和尚さま(といっても40歳代後半)にうかがっています。
葬儀・法要におけるお布施等についても、ずばり金額でおっしゃっていただけるので、こちらとしては大変助かっています。

ただ、お忙しい方(宗派の地区役員をされている&幼稚園を経営されている&お子さんが通っている小学校のPTA会長をされている)なので、月命日のお経をあげにみえても、10分以内で帰られることが殆どです。

月命日については、各ご家庭、地域、宗派によるのでしょうが、家に来ていただかずに、お寺でお経をあげていただく場合もあるようですよ。
分からないこと、疑問に思ったことは、お寺さまにお訊ねしても失礼にはあたらないと思います。
一般人が知らない「あたりまえ」があると思いますので、「お経の後の長い世間話」の折に、「こういったことには疎いので、教えていただきたいのですが…。」とか「無知を晒すようで恥ずかしいのですが…。」と謙譲して伺えば、

> 田舎のお寺さんのせいか、少々面倒見が良すぎるところが

ある方ならば、きっと喜んで教えてくださいますよ。
    • good
    • 9
この回答へのお礼

お返事ありがとうございます。

金額等も教えて頂いてありがとうございます。
みなさんのご意見を聞いているうちに
気の持ち様という気にもなってきました。

うまいぐあいに折り合いが付くように
頑張ってみます。

お礼日時:2005/02/15 12:02

うちは・・・といっても実家の方ですが、毎月来てもらっています。

どのくらい続けるのか? 50回忌まで見たいですね。いまのところ、月に合計、5回くらいです。お経を上げ、ちょっとした雑談ですね。もう、なじみになっているので、たまに実家に帰っているときなどはお会いするのが楽しみなくらいです。
私の場合。子供の頃からこういう感じですから、そういうもの、と思っていました。まあ、田舎のことですから、他の家では、留守にしていれば勝手に上がってお経を上げてそのまま、ということもあるそうです。

これはうちのやり方、ということでこだわることはないと思います。○○でなくては、ということは決してないと思います。1周忌までで、というのも一つの区切りだと思います。
お布施・・・。具体的な金額までは私はわかりません。でも、毎月のはそれほど多くはないはずです。そんなに払えるほど裕福でもないですから。まあ、年間契約、みたいな感じで1回あたりは安い、みたいな感覚だと思います。まとめて年間○万円?
安いとは思えませんが、逆になにかのとき、無理も利いてもらえます。檀家としてのつきあいの一つですね。
    • good
    • 9
この回答へのお礼

お返事ありがとうございます。

参考になりました。

お礼日時:2005/02/15 12:01

こんにちは



お寺さんによるかもしれませんので、ご参考までに。

当方の菩提寺はとても小さくて(失礼な言い方ですが、お墓を購入した祖父はそこが気に入ったようです)ご住職もまだお若くて(50歳になるかならないかというところ。母より少し年下です)兼業住職であるので、なんでもぶっちゃけてくれますし、些細な質問にもズバリ答えてくれるので、法事関係に疎い我が家ではとても助かっています。

我が家の月命日は「お墓参りの日」です。
車で5分くらいの距離にお墓があるので、新しいお花と掃除セットを持ってこちらから伺います。
天気が悪い日や用事ができてしまったときは、無理してまで行きません。別の日に振り替えます。
生前から「(自分が死んだ後は)無理しなくていいから」と言っていた祖父母なので、自分たちでできる範囲で行動しているようにしています。

月命日に自宅に来ていただいたのは、半年間だけです。
その時のお布施は5万円だったと思います。
ご住職にズバリ聞いたところ「他の檀家さんは3万円程度」(この金額自体が高いのか安いのかはわかりませんが)と答えられましたが、
「お布施に決まりがあるわけでもなく、自分もできる限りのことはしたい気持ちがあるから、正直、いくらでもいいんです。もしいただけるのでしたら、バイクで移動するのでガソリン代程度いただけると嬉しいです(w」ということでした。
その気持ちが嬉しくて、ちょっと多めにお渡ししました。

このような住職さんなので、無理強い等もしません。
月命日の来訪も「必要なければ言ってください。おうちによっては、自分たちだけで過ごしたいと思うこともあるでしょうし」ということなので、
「来月からはこちらからお墓に伺うので、結構です。お盆のときにはよろしくお願いします」と伝えました。

それ以来、月命日でお寺さんに行くときは、3000円くらいのお菓子や果物を持って、ご住職の家(すぐ隣なので)に届けるようにしています。

弔う気持ちが大事だと思うので、しきたりでもないようですし、イヤイヤ月命日を迎えるくらいなら、お義母さまとご相談されて、自分たちの都合と気持ちに合わせる方が、お義父さまのためにもなるのかな?と思います。

長々と失礼しました。
    • good
    • 5
この回答へのお礼

お返事ありがとうございます。
いいお寺さんをお持ちのようですね。
決して、家のお寺さんも悪い人ではないのですが
やはり田舎のお寺さんのせいか、少々面倒見が良すぎるところがあるのかもしれません。

お断りの方法も参考になりました。
「嫌だ嫌だ」という気持ちが先に立って、弔う気持ちがなくならないようにしたいと思います。
(ただでさえ、義父は婚約中に亡くなってしまいましたので、面識がほとんどないのです。それが、つい面倒だという気持ちに表れてしまうのかもしれません)

お礼日時:2005/02/13 13:11

毎月となると、苦痛ですね。


お気持ち、わかります。
私の父の死後、お寺さんは、兄に、「来月は○○日です」とおっしゃったそうですが、兄は、「家を留守にしますので」と断った、と言っていました。
共働きの家も多いので、お寺さんも「わかりました」と、あっさりしたものだったとか。
そのかわり、といっては何ですが、お盆のお布施をたくさん差し上げることにしているそうです。
ご参考までに。
お義母さんの気持ちもあるので、難しいですね。
    • good
    • 11
この回答へのお礼

お返事ありがとうございます。
参考にさせていただきます。
(というか人に聞いてもらって、気持ちを察してもらえるだけでだいぶ気持ちがラクになりました)

お礼日時:2005/02/13 13:06

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q月命日っていつまでもするものなのですか。

うちに仏壇があるので月命日に兄弟がきます。

しかし毎月毎月来られるのは正直いって負担です。

一周忌をメドに月命日をやめたいのですが。
重要な法事をやっていれば月命日は必要ないと思ってます。

月命日って延々とするものなのでしょうか。

Aベストアンサー

これは「決まって居ません」

法事は「先祖が来世で楽しく暮らせるように祈る」ためのもので、「先祖とかに自分を守ってもらう」云々の発想はありません。月命日などの法事は「喪主が個人を偲び、祈る」ためのもので、喪主が「止める」と言えば止めちゃっても問題はないんです。もっとぶっちゃけて言えば、仏教的には法事を全部止めちゃっても「自分が死んだ時や死んでしまった人があの世で色々言われるだけで、現世の自分たちには何の影響もない」ことになります。

ということで、「喪主が止めたい」と思った時が止め時で、一周忌・三回忌などは、ちょうどいい機会だと思います。ただ、祥月命日だけは、せめて七回忌位まではやった方が良いような気がするんですけどね。

Q17年も月命日にお坊さんにお経を上げにきてもらって

祖母が17年前に亡くなりました。

その後、長男である父の我が家に仏壇を置いています。
(父は5人兄弟ですが、他の兄弟は近所でもないので月命日には来ません)

それからというもの、毎月、月命日(下旬だったのと、我が家は商売をしているので毎月最終日曜日の10時~14時の間)にお坊さんに来てもらってお経を上げてもらっています。

我が家は普段、あまり掃除をしなく全員片付けが苦手なので、その日は朝から母が、「片づけて!片づけて!」と大騒ぎしています、、、。

お経は20分程度で、3000円と和菓子(200円ぐらい分)を包んで渡しています。

バチがあたるかもしれませんが、たったこれだけで3000円でお菓子付ってぼったくりに近いような無駄な気がします、。

こんな事を毎月17年もしているってちょっとおかしいような気がするのですが・・・。

母が朝からうるさいのも鬱陶しいし、もう止めてもいいと思うのですが、ずっと続けるみたいです。

ずっと続けないとバチがあたるのですかね?

一般的にはどれぐらい続けるのですか?ずっと続けるものなのですか?

Aベストアンサー

何宗でしょう。我が家は真言宗ですが、月命日に僧侶を読んで読経を唱え
て頂く事はしていません。月命日には家族が個人個人で仏壇に手を合わせ
て拝む程度です。お父さんは相当に信心深い方なのでしょう。悪い事とは
言えませんが、少しは家族の迷惑も考えるべきではないでしょうか。

相当に信心深い方のようですから、家族や親戚が何を言っても耳を貸さな
いでしょうね。お父さんが亡くなるまで月命日の読経は止めないでしょう
ね。もしかしたら遺言で月命日には僧侶を招いて読経を唱えるように書面
に書き残されるかも知れません。

これはお父さん抜きで御寺と相談し、御寺からお父さんに説得して頂いた
方が確実かも知れません。ただ御寺も年に36000円の収入があるので
すから、御寺としては損になるので素直に了承して貰えるかは疑問です。

どうしても止めないと言うなら、月命日には自宅ではなく御寺で読経を唱
えて頂きましょう。この時に出向くのはお父さんだけで構わないと御寺か
ら伝えて頂くのも方法です。

月命日に僧侶に来て頂いて読経を唱えて頂く家庭は少ないです。稀だと言
って間違いではないでしょう。ただ宗派によって教えも違うので一概には
正しいとか間違いだとは言えません。疑問であるなら御寺で説明を受ける
べきです。

御寺に御越し頂くのは一般的には、1回忌法要、3回忌法要、7回忌法要、
13回忌法要、33回忌法要、50回忌法要、100回忌法要です。
ほとんどの家庭では33回忌法要で法要は終わりにされます。
後は御盆前に御仏をお迎えするための読経は年毎に行われます。

要は供養しようとする気持ちの問題です。仏壇に手を合わせるだけで十分
に供養になります。他界された方の事を忘れずに、時々で構いませんから
思い出す事でも供養になります。

何宗でしょう。我が家は真言宗ですが、月命日に僧侶を読んで読経を唱え
て頂く事はしていません。月命日には家族が個人個人で仏壇に手を合わせ
て拝む程度です。お父さんは相当に信心深い方なのでしょう。悪い事とは
言えませんが、少しは家族の迷惑も考えるべきではないでしょうか。

相当に信心深い方のようですから、家族や親戚が何を言っても耳を貸さな
いでしょうね。お父さんが亡くなるまで月命日の読経は止めないでしょう
ね。もしかしたら遺言で月命日には僧侶を招いて読経を唱えるように書面
に書き残さ...続きを読む

Q七日ごとの法要でお布施は?

はじめまして。
先日祖母が亡くなり、葬儀(葬儀の時に初七日も一緒に)が終わりました。
我が家は、父(60歳)と兄と私の三人になりました。
父はあまり冠婚葬祭など詳しくなくて、現在困ることがたくさんあります。
葬儀は家族葬ということで、ごくごく身内でしました。
その時は、葬儀社の方がいろいろ教えて下さり、なんとか終えることが出来ました。
お布施は葬儀10万円 初七日1万円 (葬儀社の方が参考ですが・・・と金額を言われました)
お寺さんは、葬儀の日は朝10時から結婚式があるとのことで、
9時前に葬儀を始め、初七日までのお経?をすべて1時間くらいで終わらせてすぐ帰られました。
枕経と通夜はちゃんときていただいてます。

数日後に、七日ごとの法要があります。
お寺さんから連絡をいただき、平日午後七時に来られるとのことでした。
(お寺との連絡等は父がしています)
これから毎週来られると思います。
おそらく、父と私の二人だけしかいません。
父が仕事で遅くなれば私だけの時があるかもしれません。

わからないことだらけなので、教えて下さい。

1、七日ごとに来られる際に、毎回お布施をお渡しするのでしょうか?
する場合、いくらすればいいのでしょうか?
もしくは、49日にまとめてすればいいのでしょうか?その際の金額は?

2、お茶をお出しする気でいるのですが、午後七時って、夕飯時ですよね。。。
お食事の用意もするものなのでしょうか?

3、お経が終わったら、お茶とお菓子を出しますが、
来られたときにもすぐに一回目を出すものですか?
お菓子は、一個300円位する和菓子?
それとも一個100円くらいのスーパーで売っているもの?
お出しするのは、一つですか?二つですか?

4、お寺さんのお着替えの部屋とか必要なのでしょうか?
我が家には、生活感溢れる部屋しかないのですが・・・

その他、気をつけなければならないこと、しなければならないことなど、
細かいことでも教えていただければうれしいです。
読みにくい文章ですがどうぞ宜しくお願い致します。

はじめまして。
先日祖母が亡くなり、葬儀(葬儀の時に初七日も一緒に)が終わりました。
我が家は、父(60歳)と兄と私の三人になりました。
父はあまり冠婚葬祭など詳しくなくて、現在困ることがたくさんあります。
葬儀は家族葬ということで、ごくごく身内でしました。
その時は、葬儀社の方がいろいろ教えて下さり、なんとか終えることが出来ました。
お布施は葬儀10万円 初七日1万円 (葬儀社の方が参考ですが・・・と金額を言われました)
お寺さんは、葬儀の日は朝10時から結婚式があるとのことで...続きを読む

Aベストアンサー

前の回答者様の方が明らかに詳しそうなので私の回答は不要そうですが(笑)、
同じく今年家族が亡くなり、浄土真宗で七日ごとの法要がありましたので、ご参考に…

1.お布施はその都度でなくとも纏めてでも構わないのでは…とは思います。
 が、わざわざ足をお運びいただくので、1回ずつの方が丁寧ではあるかなと思います。
 金額は、自分が準備していない(義父母がやっている)のでいくら包んだかは分からず…(^^;
 まとめて渡すにしても、後ではなく先で、
 まとめてということがしっかり分かるように言葉を添えてお渡しするのがいいと思います。

2.わが家も7時でしたが、お食事はありませんでした。
 食事時とは言え、世の中で食事の時間が正確に決まっているわけではないので、
 毎週のことですしそこまで必要ない気もしますが…
 七日ごとのお経は日にちがずらせないので、スケジュールの都合上、
 あちらもこちらも夜が空けやすい…という理由でこの時間なのだと認識してます。
 気になられるのであれば、お寺の方に思い切ってお尋ねになるのも手かと思います。
 夕食時なので食事を準備させて頂こうかと思いますが、ご迷惑でしょうか?などといった感じで… 
 その家とご縁さんとの付き合い方にもよりますが、
 うちはかなり親しくフランクなので、聞ける感じの関係です。

3.お茶は、わが家はいつでも、来られた時とお経が終わった時の2回出します。
 お菓子は義母はいつも2つ出しています。
 が、これは多分決まりではないので1つでも大丈夫と思います。
 (実家は浄土宗ですが、1つです。これは多分宗派は関係ないかなと…)
 最初のお茶の時はまずお菓子は召し上がらないので、
 お経が始める時にお茶のみお下げし、お経の後にお茶だけ出す…という風にやってます。
 わざわざ高いお菓子を買ってきて出したりはしてませんが、
 頂き物などちょうど良いものがなければ、やはりわざわざ買ってきていました。
 スーパーで買ってきたようなのではなく、和菓子屋さんで買ってます。
 高価なもの(上生菓子とか)は不要だと思います。
 和菓子屋さんでも、150円も出せば美味しい和菓子が色々ありますよ(^^)
 お菓子は持ち帰られることが多いので、包んであるお菓子にするといいかもしれません。
 本来は個別包装でも取ってお出しするのが正式ですが、そのままの方が持ち帰りやすいので。

4.お着替えの部屋は不要だと思います。
 普段のお坊さんのお着物から、袈裟などの部分的なものを着替えられるだけなので、
 いつもその場で座ったまま着替えられています。


同じ宗派でもそのお寺によって違う部分もありますので、
「こうするのが正解です」というのは難しいとは思いますが…
少しでも参考になれば幸いです。
毎週来て頂けるなら、これを機に分からないことを全部お尋ねしておくのもいいと思います。
わが家のご縁さんはお話をたくさんしてくださる方で、
義母もその都度疑問に思ったことはお尋ねしていました。
こういう機会でないと、疑問に思うこと自体発生しないというのもありますし。
毎週は大変かとお察ししますが、まずは49日まで、無事に終えられますように…(^^)

前の回答者様の方が明らかに詳しそうなので私の回答は不要そうですが(笑)、
同じく今年家族が亡くなり、浄土真宗で七日ごとの法要がありましたので、ご参考に…

1.お布施はその都度でなくとも纏めてでも構わないのでは…とは思います。
 が、わざわざ足をお運びいただくので、1回ずつの方が丁寧ではあるかなと思います。
 金額は、自分が準備していない(義父母がやっている)のでいくら包んだかは分からず…(^^;
 まとめて渡すにしても、後ではなく先で、
 まとめてということがしっかり分かるように言葉を添え...続きを読む

Q浄土真宗の新盆の迎え方について

昨年秋、母が亡くなりました。
当然、今年は新盆を迎えるのですが、私の家は浄土真宗です。ネットなどで調べたところ、浄土真宗ではお盆に特別なことをしない(霊魂が帰ってくると言う考え方はない)ようですが、新盆にも当てはまるのでしょうか?
なぜこれで悩むかと言うと、私は早くに父を亡くし母と二人暮しでしたが、お盆には迎え火と送り火を焚きお飾りをし、という日本のごく普通のお盆の迎え方をしていました。ただ、菩提寺は現住所の他県にあって遠いため、お坊さんをお呼びしてお経を上げてもらったり、お墓参りはしていませんでした(数年に1度くらいは行ってましたが)。
父が亡くなったのは私が小学生のときでしたが、白いお盆ちょうちんを飾ったのは覚えてるんですが、それ以外の記憶はないんです。
母が亡くなったときは菩提寺がない状態でこちらにお墓を買っていたので、葬儀屋さんの紹介で葬儀の時にお世話になった住職さんに49日まではお世話になりました。実はその方から法要についての冊子をもらってあったんですが見つかりません。
お盆のときの作法はどうなのか、そもそもお坊さんには来てもらうのか、もう細かいところから全くわかりません。どなたか詳しい方がおられたら、教えていただけないでしょうか。
ちなみに、私の住所では7月にお盆を行うのが慣習のようですが、うちでは8月にやっていました。私の仕事の関係で、母の初盆も8月にしようと思っています。
よろしくお願いします。
また、文面中もし失礼なところがあったらご容赦ください。

昨年秋、母が亡くなりました。
当然、今年は新盆を迎えるのですが、私の家は浄土真宗です。ネットなどで調べたところ、浄土真宗ではお盆に特別なことをしない(霊魂が帰ってくると言う考え方はない)ようですが、新盆にも当てはまるのでしょうか?
なぜこれで悩むかと言うと、私は早くに父を亡くし母と二人暮しでしたが、お盆には迎え火と送り火を焚きお飾りをし、という日本のごく普通のお盆の迎え方をしていました。ただ、菩提寺は現住所の他県にあって遠いため、お坊さんをお呼びしてお経を上げてもらったり、...続きを読む

Aベストアンサー

自己紹介欄にあるように、浄土真宗の坊さんです(^○^)

>新盆にも当てはまるのでしょうか?

そのとおりです。お盆という行事は仏教のものではなく(他の仏教国にはそのような行事が無い)、中国経由で仏教が伝わる際に、シルクロードを通って伝わった他の宗教行事とミックスして、日本で独自に発展したもので、仏教の心を味わうには伝統的な意味で必要な行事でありますが、霊魂が帰ってくると言う考え方は仏教には無いので、浄土真宗ではそのような考え方につながるお盆での特別なことはいたしません。新盆でも同じことです。
なお、お盆の行事は、宗教行事というよりも地方独自の民族行事ともなっておりますので、日本全国一律の作法があるのではなく、地方ごとに、その土地の特産物などを取り入れた独自の飾りつけも残っています。その中には、浄土真宗では行わないことになっている提灯や灯籠等もありますが、迎え火や送り火は全国的に浄土真宗では行っていません。

なお、お母さまがご往生の際にご縁のお寺があるようですが、冊子等は、再度申し出ればすぐにいただけると思います。気にせずに「見つからないので・・・ください」と言えば良いのです。そのためのお寺です。

>そもそもお坊さんには来てもらうのか、
来てもらうか、来てもらわないかは、亡きお母様のご往生には関係がありません。したがって、亡きお母様にとって、どちらもプラスとかマイナスとかではないので、ご自身にとって、どのように新盆を迎えるのが良いかでご判断ください。自宅に呼ぶのも良し、よばないのも良し、本山や別院のお盆法要に参加するのでも良し・・・何でも良しです。
浄土真宗は、「ああしなければいけない」とか「高しなければダメ」ということは少ないです。ただ、他宗と比べると、「する必要が無いからやらない」ということが多いだけです。
合掌

自己紹介欄にあるように、浄土真宗の坊さんです(^○^)

>新盆にも当てはまるのでしょうか?

そのとおりです。お盆という行事は仏教のものではなく(他の仏教国にはそのような行事が無い)、中国経由で仏教が伝わる際に、シルクロードを通って伝わった他の宗教行事とミックスして、日本で独自に発展したもので、仏教の心を味わうには伝統的な意味で必要な行事でありますが、霊魂が帰ってくると言う考え方は仏教には無いので、浄土真宗ではそのような考え方につながるお盆での特別なことはいたしません。新盆でも...続きを読む

Q月命日のやりかた

義理の母になる人の月命日がまもなくあるのですが、初めてなので方法を教えてください。

宗派は宗道宗(漢字があってるか不明です)です。
煮物を作るとか、その他いろいろ準備が必要と聞きましたが、今までは主人になる人がやっていたのですが今回、仕事(自営)と結婚に関することで忙しく、今回はそこまで出来ないと言ったら主人の姉が母をないがしろにしていると怒ってるらしいです。ちなみに姉は独身で、毎月命日の日は仕事も休日をとっているそうで主人の状況を理解してくれないそうです。

以前会った時にやり方を聞いたのですが、お茶やお花を供えてくれたらそれでいいと言ってたんですが、それは日常の事だったみたいです・・・で、何か出来ることがあればやろうと思うのですが、今後のこともあるし、知っていたほうがいいなとも思っています。ご存知の方がいらっしゃればよろしくお願いします。

Aベストアンサー

お義母様、お気の毒でしたね。お悔やみ申し上げます。

私も、母を今年5月に亡くし、tamakusa様と同じく、曹洞宗でしたので、参考になればと思いまして。

地域によっても、違いがあるようですが、お仏壇(又は、お位牌)は、お姉さまの所にあるのでしょうか?
基本的には、お仏壇にお供えする物のようですので、お仏壇のある方がされるのが自然かと思います。
それと、小さなお膳はお持ちではないでしょうか?
四十九日や法要の際に使う、四角い塗りのお膳におままごとのようにお椀などが、セットされたものです。
一番大きな「親碗」には、ご飯
もう少し小ぶりな物「汁椀」には、お吸い物やお味噌汁
平たい「平椀」には煮物
背の高い杯のような「腰高」には、お漬物
やはり背の高いお椀「ツボ椀」には、和え物
を、お箸を添えて、お仏壇に向かって(仏様が召し上がると思ってください)お供えします。
もし、お膳が無ければ、普通の食器で構わないと思います。(ただ、大きいので、お仏壇には乗らないかも知れませんが)

お供えするご飯などは、炊き立てで、一番に仏様に差し上げてくださいね。
それと、お肉や魚などはNGです。
要は、今生きている私達がこうしていられるのも、全てご先祖様(仏様)の御蔭と、感謝の気持ちを表す、と思えば、何となくどうしたらいいのか、分かる気がしませんか?
まず、お仏壇を綺麗にし、お花を飾り、お線香を立て気持ちをご先祖様やお義母様の事に向けて、お膳をお供えすればよいと思いますよ。

私も兄が居て、仏壇はそこにあり、嫁に来た身なのですが、兄が独身で、細かい事が出来なかったので、慌てて色々勉強しました。これが、正しいのか、専門の方からのアドバイスを参考になさってくださいね。
サイトも色々調べましたが、曹洞宗、月命日等で、調べてみたらいかがでしょう?本当は、お墓参りもするのだと思いますよ。

お姉さまもご主人様がお忙しくて、お母様の事が忘れられてしまうようで、お寂しいのではないでしょうか?
お母様のお好きだった御菓子などを食べながら、皆で思い出話をするのも、よいご供養になると思いますが…。

亡くなった方をご供養するのは、とても素晴らしい事だと思いますが、やはり、今生きている人たちが幸せに、つつがなく日々を送る事が何よりだと考えています。

ご供養に仕方についても、お姉さまに「私に出来ることがあれば、教えて下さい」と申出られた方が、仲良くやっていけるかもしれない、とこんなに長々と回答をしていて、今、思いました。

お幸せになられる事を、お祈りしております。

お義母様、お気の毒でしたね。お悔やみ申し上げます。

私も、母を今年5月に亡くし、tamakusa様と同じく、曹洞宗でしたので、参考になればと思いまして。

地域によっても、違いがあるようですが、お仏壇(又は、お位牌)は、お姉さまの所にあるのでしょうか?
基本的には、お仏壇にお供えする物のようですので、お仏壇のある方がされるのが自然かと思います。
それと、小さなお膳はお持ちではないでしょうか?
四十九日や法要の際に使う、四角い塗りのお膳におままごとのようにお椀などが、セットされたもので...続きを読む

Q毎月の月命日について 

主人の母が亡くなり1周忌も終えたのですが、主人の父と同居で毎月お坊さんに来てもらいお経をあげてもらっています。来てくれる時間もお坊さんに指定してもまちまちで主人の父は出掛けてしまうし、1日拘束されてしまうので私は、月命日はお経のテープを流して、年ごとの法要だけでいいのでは・・・と思います。一般的に毎月の月命日もお坊さんに来てもらった方がいいのでしょうか?親戚のところは17回忌が終わっても毎月きてもらってるみたいです・・・

Aベストアンサー

多分、「一般的」が通用しない問題ではないでしょうか。
義父さまとご主人が「いい。」と言えばそれで済むし、「それは許されない。」と言われればそれまで-という、それぞれのお宅の考え方次第ですね。
しかも、感情的に「亡くなった義母の配偶者である義父が出かけてしまうのに、義理の娘でしかない私の時間が拘束されるのは納得できない。」という部分があるのでは?
お仕事ならば仕方ないのでしょうが、文面から拝察して、そうではない部分もあるので憤っていらっしゃるのかな…と。

ご参考までに、我が家は毎月来ていただいていますよ。
ここ5年の間に3人の家族を送りましたこともありますが、平成13年に私の母が亡くなるまで、お仏壇に祭ってあったのは昭和50年に亡くなった祖父だけでしたから、ご親戚と同じく「17回忌が終わっても毎月きてもらって」いた訳ですね。
今は、4人も祭ってありますし、昨年末に同居していた父の姉が亡くなったばかりなので(でもお寺様がいらっしゃるのは月1回だけ。4人分まとめてお経をあげる-というカンジですね)。
我が家の場合も、お寺様がいらっしゃる時間は月によってまちまちですが、殆ど父が家に居るようにしています。
我が家の檀那寺の和尚さまは大変多忙な方で、本当に時間の隙間を縫うようにして月命日のお参りに来てくださいます(檀那寺がお隣さんということもあるとは思いますが)。
どうしても父に外せない用事がある場合には、それ以外の誰かが必ず在宅するように暗黙の了解ごとになっています。
確かに1日拘束されてしまいますが、我が家にとっては「それが当然」のことなので、苦にもなりません。
月命日は仕事以外の予定を入れないのが当たり前-という感覚に慣れてしまった結果ですね。

ただ、以前、お寺様にうかがった時には、月命日は「家まで来ていただかなくても、お寺でお経をあげておいてください。」というお宅も増えていると言っていらっしゃいました(そんなお宅では、月命日でも特別なこともしないようです)。

最後に、これは私見ですが、形だけテープでお経を流すくらいならば、しなくても一緒ではないのか-と思ってしまいます。
これは、私が、毎朝30分くらいお経をあげている父の姿を見て過ごしているからでしょうね。

多分、「一般的」が通用しない問題ではないでしょうか。
義父さまとご主人が「いい。」と言えばそれで済むし、「それは許されない。」と言われればそれまで-という、それぞれのお宅の考え方次第ですね。
しかも、感情的に「亡くなった義母の配偶者である義父が出かけてしまうのに、義理の娘でしかない私の時間が拘束されるのは納得できない。」という部分があるのでは?
お仕事ならば仕方ないのでしょうが、文面から拝察して、そうではない部分もあるので憤っていらっしゃるのかな…と。

ご参考までに、我が...続きを読む

Q百か日法要の御布施について

だいたいの目安が知りたいのですが、四十九日や一周忌等は載ってても”百か日”は見つけられませんでした。
浄土真宗(西本願寺)です。

Aベストアンサー

こんばんは。

補足いたします。
私は浄土真宗(大谷派・東本願寺派)兵庫県です。
私の経験上ですが、初七日・たちび・三十五日・四十九日・百か日・一周忌・・・となります。

法要に出席する場合四十九日(仕上げ法要)一周忌には読経も三部経があがり、食事も頂きますので“ご仏前”“お供え”“上”を持参します。他の法要は(極近親者で執り行う場合が多いです)“お供え”を持参します。
私の住む地域では仕上げ法要の時“お礼呼び”と称しご仏前辞退をされる場合があります。

なお、施主の場合。三部経は5万円・お膳料1万円・お車代5千円を御寺院様にお渡し致します。
ご質問にあります“百か日”には“1万円”です。

法要に出席(呼ばれた立場)では、ご仏前3万円・お供え5千円・上2000円です。

不明な点は直接ご寺院様にお聞きするようにしております。(門徒総代の方にお聞きになられても良いかと思います)

Q浄土宗の檀家の費用と月参りについて

浄土宗の檀家です。お寺にお墓があります。父が存命中は、年30万円ほどお寺に支払っていました。内訳は、毎月の月参りのお布施 月1万円×12か月=12万円 護持会費年18万円です。

父が亡くなり世帯収入が減ってしまいました。弟はまだ大学生なので収入がありません。出来れば費用を下げたいと思っています。お寺に伺ったところ、護持会費は一口5000円ですが、口数はいくらでもよいとのことです。

しかしお墓の維持費もあることですし、どのくらいまで減額して良いものでしょうか。失礼のない額を支払いたいと思います。相場を教えてください。

また、家には仏壇があり、毎月お坊様に月参りに来ていただいていました。
しかし、仕事の都合があるため、家にお参りに来ていただくのをやめたいと思いますが、やめても大丈夫でしょうか。

弟はお盆だけでも来てもらえばと言っていますが、私はお盆にお休みがもらいにくい仕事なので困っています。弟もサークル活動などで忙しいことが多いです。

また、月参りをやめる場合、毎月支払っていた費用はどうすればよいでしょうか。

こちらは関西ですが、私のまわりの友人や知り合いで檀家として毎月家へお坊様にお参りに来ていただいている人はいませんが、今でも月参りをしてもらっている家は多いのでしょうか。

浄土宗の檀家です。お寺にお墓があります。父が存命中は、年30万円ほどお寺に支払っていました。内訳は、毎月の月参りのお布施 月1万円×12か月=12万円 護持会費年18万円です。

父が亡くなり世帯収入が減ってしまいました。弟はまだ大学生なので収入がありません。出来れば費用を下げたいと思っています。お寺に伺ったところ、護持会費は一口5000円ですが、口数はいくらでもよいとのことです。

しかしお墓の維持費もあることですし、どのくらいまで減額して良いものでしょうか。失礼のない額を支...続きを読む

Aベストアンサー

一般の檀家なのか、役員さんなのか書いてないので、一般の檀家の方として書きますと、
その寺で決められている最低限の金額で檀家として寺とつながっている状態を維持してみては如何でしょう。
書き込みからすると、護寺会費一口、5000円。
月参りはしない、お盆もお参りをお願いしない、するのは、年忌法要が当たっている年だけお坊さんにお願いする。
方法も、法事として客を招いて、お参りして、終わってから会食をするのではなく、時斎として、家族だけで寺に行って、お坊さんにお参りしてもらって、年忌当たりの一覧にお参りしたことを記入してもらうか、年忌当たり一覧から剥がしてもらって、終わりにする。

中途半端に、このくらい減らすとかでなく、一番下に並んで見て下さい。
年間に出している金額からすると、役員さん(総代さん、世話人さん)かも知れません、その時は、役員であることを続けるか、一般檀家に下がるかをまず決断して、今の地位にいるなら、最低限の負担が今の金額とお考え下さい。
一般檀家に降りるならその寺の一番下の席まで降りるつもりで。
そうでないと、上にあがりたい人からすると、中途半端に降りられると、邪魔です。

一般の檀家なのか、役員さんなのか書いてないので、一般の檀家の方として書きますと、
その寺で決められている最低限の金額で檀家として寺とつながっている状態を維持してみては如何でしょう。
書き込みからすると、護寺会費一口、5000円。
月参りはしない、お盆もお参りをお願いしない、するのは、年忌法要が当たっている年だけお坊さんにお願いする。
方法も、法事として客を招いて、お参りして、終わってから会食をするのではなく、時斎として、家族だけで寺に行って、お坊さんにお参りしてもらって、年忌...続きを読む

Q月参り、はいつまで?

4年程前に、母親を亡くしました。それ以来、毎月の命日に僧侶に来ていただき、
念仏を唱えて、お布施を渡しております。このような法事?は何年続けるものでしょうか?

Aベストアンサー

地方によって違いがあると思いますが、南大阪では、仏壇を
設置?してあるかぎり、「永遠に」続くようです。
しかも、新たに誰か亡くなった場合は、それぞれの命日に
きてもらうので、月に2回来て貰う場合もあるようです。
命日が近い場合は二人分を1回にまとめてもいいと
言っていましたよ。

Q四十九日までの自宅での供養を教えてください

四十九日まで、初七日や逮夜以外の日に、家族はどのように供養すればよいか教えてください。

数日前、喪主として母の葬儀を終えました。
(ちなみに父はずいぶん昔に亡くなっています)
今のところわからないまま、家族で毎夜般若心経を3回唱えています。
(般若心経の本がたまたま家にあったので、なんとなく3回です)

宗教は、私自身は信仰はありません。
私の実家(母の婚家)は浄土真宗です。
亡くなった母の実家は真言宗です。
葬儀は音楽葬という形でお坊さんはお願いしませんでした。
引っ越しを期に(浄土真宗)の檀家ではなくなり、仏壇は置いていません。
お盆やお彼岸はお墓参りだけで、自宅で祀ることはしていません。

現在、遺骨はローボードの上で、写真とろうそく立て・線香立て・花入れを並べています。
これもわからないまま、なんとなくです。
(住宅事情で後飾り壇・中陰壇というものを設置できません。)
仏壇があった頃は平常、仏飯器と華瓶を仏壇に供えていました。
この時期も同じようにしてもよいのかどうか。
故人の好物などを供えてもよいのかもわかりません。

お参りに来られる方も呼ぶべき人もいませんので、対面を気にする必要はありません。
信仰している宗教はないのだから好きなようにしていいのじゃないかと思いつつ、腑に落ちないまま日が過ぎています。
最初に初七日・逮夜・四十九日といった言葉を使いましたが、法要や、お骨やお墓をどうするかもまだ考えていません。
十分に悲しんで母との別れを納得したいです。
含めて助言をいただけたらと思います。
よろしくお願いします。

四十九日まで、初七日や逮夜以外の日に、家族はどのように供養すればよいか教えてください。

数日前、喪主として母の葬儀を終えました。
(ちなみに父はずいぶん昔に亡くなっています)
今のところわからないまま、家族で毎夜般若心経を3回唱えています。
(般若心経の本がたまたま家にあったので、なんとなく3回です)

宗教は、私自身は信仰はありません。
私の実家(母の婚家)は浄土真宗です。
亡くなった母の実家は真言宗です。
葬儀は音楽葬という形でお坊さんはお願いしませんでした。
引っ越しを期に(浄...続きを読む

Aベストアンサー

 お母様を亡くされてご愁傷様です。
 人間は死んだら物体になるだけと思っていますし、宗教はビジネスだと思っている者です。そんな人間の意見なので参考まで。
 
 三谷幸喜さんが若くして他界された、俳優の伊藤俊人さんの葬儀で、「人間は2回死にます。1回は肉体的な死。そして、もう1回は友人たちがその人のことを語らなくなった時です。僕たちは君のことを語り続けます」と言う内容の弔電を述べられました。
 また、居酒屋で知り合った男性は他界された奥様のことを今でも心から愛していると話されていました。奥様が他界される1週間前、病床で私は生まれ育った故郷の墓に入りたいと言われたので離婚届を提出され、奥様を故郷の菩提寺に供養されたそうです。お墓参りには中々、行けないけど、奥様と過ごした写真を部屋中に貼られているそうで毎日、行って来ます、ただいま、と声を掛けられ、、その日の出来事を奥様の写真に話しをされているそうです。
 何が言いたいのかと言うと供養の方法等どうでもよいのです。ただ、悲しみが癒えるまでお母様との思い出に浸り、納得が行ったときにお墓に供養されればいいのです。そして、たまには故人を思い出すことが大切だと思います。

 大体、多くの日本人はクリスマスを祝った1週間後に初詣に行き、春になったらお墓参りしているんです。質問者様がどうかわかりませんが、そんな宗教にいい加減な人が仏教の供養方法にこだわっても無意味だと思いませんか?

 お墓は、離婚をされていなければお父様のお墓に供養されればいいです。ただ、遠くてお参りできないのなら近所に建てるのも良い思います。質問者様がご結婚されていて息子さんがいらっしゃるのなら、外墓地を探されるのもよいし、未婚、あるいは息子さんがいらっしゃらないのであれば納骨堂での永代供養墓というのもあります。納骨堂は比較的、費用を安く抑えられると思います。
 お墓に納骨する時期ですが、一般的には四十九日前にされる方が多いですが、それを過ぎたらいつ納骨しても同じです。ただ、永代供養墓の場合、契約期間が、十三回忌までとか三十三回忌までとなっているので手元にお骨を置いて供養する期間が長ければ、お墓の使用期間が短くなります。納骨堂の場合、使用期間を過ぎると合祀墓に合祀されます。
 話が前後しますが、故人を忘れないために、法事を行い、子孫に故人を語り継いでいく、そのことで故人の2度目の死を避ける事ができます。

 お母様を亡くされてご愁傷様です。
 人間は死んだら物体になるだけと思っていますし、宗教はビジネスだと思っている者です。そんな人間の意見なので参考まで。
 
 三谷幸喜さんが若くして他界された、俳優の伊藤俊人さんの葬儀で、「人間は2回死にます。1回は肉体的な死。そして、もう1回は友人たちがその人のことを語らなくなった時です。僕たちは君のことを語り続けます」と言う内容の弔電を述べられました。
 また、居酒屋で知り合った男性は他界された奥様のことを今でも心から愛していると話されて...続きを読む


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング