ジメジメする梅雨のお悩み、一挙解決! >>

まもなく母の一周忌を迎えます。私の家では手狭なのでお寺の本堂をお借りして法要を営むことになりました。
(私が施主になり、当日は納骨式も行います。)
初めてのことばかりで何もわからずお伺いしたいのですが、

1、本堂の祭壇(?)へのお供え物、供花などはこちらで準備するのでしょうか?それとも必要ないのでしょうか?するとすれば具体的ににどの程度のものを?またお供え物などは出席者が持ってきてくれる可能性はありますが、それは法要のあと私共が持ち返るものなのでしょうか?それともお寺様に残してくるものなのでしょうか?

2、出席者が集まるのを待つ間、早く来た人にお茶などを出そうかとおものですが、お茶葉やお湯のみなどはお寺で貸していただけるものなのでしょうか?ちなみに「会場費は頂いておりません」とお寺様に言われました。(おときを仕出し弁当などにしてお寺で行う場合は使用料が必要なようですが、今回は近所の料亭に席を移します)

3、出席者に渡す引き物ですが、お寺様へは品物でもらうよりお金を包んだほうが喜ばれますよ、と石材屋にアドバイスされました。(品物でもらったものの多くは、処分に困ってバザーに出してしまうお寺さんが最近は多いのだそうです・・・)
この場合、包みの表書きはなんと書くべきでしょうか?法事のお布施、ご膳料などは別に包む予定ですので、「お布施」が2つでは変な気がします。

檀家ではなく聞ける知り合いもおらず困っています。
正直、わからないことばかりで頭が痛いです。
どうぞよろしくお願いいたします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (8件)

1、本堂の祭壇(?)へのお供え物、供花などはこちらで準備するのでしょうか?>>>>本来は、施主側の親族が準備するものです。

故人の好みも含め考えてください。なお、準備する、しないなど、電話で良いので、お庫裡さんに、伝えておきましょう。特に、本堂のお花は、持っていく、お寺で、お願いしたい。と、はっきり伝えましょう。なお、お墓の分のお華は、持っていきましょう。

親戚が持ってきた、お供え物は、参加者+寺で、全部を分けて、本日は、たくさんのお供え物をありがとう。故人に代わって、お下がりとして、お持ち帰りくださって、家路につきましたら、お茶でも飲んで故人を偲んでいただけばありがたいです。と、伝えます。

2.出席者が集まるのを待つ間、早く来た人にお茶などを出そうかとおものですが>>>>これも、基本的に、施主側で、用意するものですが、借りたいもの、ゆのみ、急須などあれば、事前に、寺へ、何人くらい出席です。急須は、貸してください。お茶の葉は持って行きます。30分前には、内輪のものだけでも伺います。と連絡しましょう。

「会場費は頂いておりません」とお寺様に言われました。>>>>これは、会場費として貰うと、営業行為になり、税金が掛かる場合があります。檀家の利用は、OKですが。で、お礼とか薄謝とか、のし袋に書いて、
湯のみの借り代、湯や会場の電気、暖房代、等、使った分+気持ちのお礼を包みましょう。

無料でも、良いと言われても、大人ですから、相当の費用は、払うべきです。電灯だって、ストーブだって、タダでは、ありませんので。


出席者に渡す引き物ですが、お寺様へは品物でもらうよりお金を包んだほうが喜ばれますよ>>>これは、ちょっとした菓子(千円程度でも可)に、渡したいお金をのし袋に入れ、引き出物=OO家とか施主のフルネームか書けばいいでしょう。

法事のお布施(納骨読経を含むと内袋に記入するか、別袋で、納骨御布施と書くか。)、ご膳料=OO家、お礼(会場経費等諸経費分)、引き出物(戒名を書いても良し、例、為、OO**大姉菩提  nathanとか)

です。

肝心なのは、きちんと連絡をして、お願いできることは、お願いして、自分達でやることは、自分達でやりますとはっきりすることです。

なお、卒塔婆をお願いする場合は、事前にお願いしてください。また、お墓の掃除道具、線香、お墓の花、ろうそく、マッチとお墓のお供えものは、お持ちください。
法要で、お供えされたものの一部をお供えしてもOK。
また、引き出物に付ける菓子も、法要で備えたものの流用で可です。ただ、親戚からのものは、のしになんて書いてあるか解らないので、内輪で、お供えした、中味が解ったものを、寺に出すといいです。表書きは、お供えでOK。

納骨の方法も予め、寺に聞いておいた方がよいです。
檀家でないとすると、納骨は寺墓地では無く、市営墓地とかでしょうか?

お坊さんに行ってもらうなら、その時間も、見てくださいと予め伝えてください。

なお、納骨ですから、お骨と位牌を忘れずに持っていってくださいね。位牌は、袱紗か、小さな風呂敷に包んでください。

骨箱などの処分は、その墓地の管理者の指示に従ってください。
ひしゃくや水バケツの手配もしてください。
    • good
    • 15
この回答へのお礼

たいへんご丁寧にご説明くださりありがとうございます。

会場費とすると税金がかかるんですね。自宅で行う場合を考えて、それより少し多めに法要のお布施とまとめて包むつもりではいましたが、別に包んだほうがわかりやすいでしょうか?

その他のことも自分なりに考えてはいたつもりでしたが、色々とアドバイスいただいて、細かいことがだいぶん抜け落ちていたことがわかりました。日にちがあまりないのですが、ぬかりないよう準備したいと思います。ありがとうございました。

お礼日時:2005/02/04 02:04

昨年私も父の1周忌を行いました。

宗派やお寺によって異なるかとも思いますが、私の経験談ということで。

1 お寺の本堂へのお供え物、供花は持参致しました。 お供え物は、お菓子類と果物を持参し、お寺に置いてきました。 供花は、お寺の花瓶が大きいので(^^; あまり小さいのは好ましくないかと思います。 普通は1対となっておりますが、家では1束だけでした。 1対で少量よりも、1束でも大きいほうが見栄えがいいです!

2 私のときは、親戚がみなさん結構時間に正確で、お茶を飲むほどの余裕は無かったので、それはわかりませんが、49日のときに部屋をお借りした際は、使用料はかかりました。 事前にお寺とご相談されるでしょうから、そのときに聞いておいたほうが良いでしょう。

3 お寺への引き出物ですが、家ではお茶とかお菓子を選んでいるので(他の参列者と同じものです)、そこも考えたことはありませんが、「志」や「お供物料」などでいいと思います。 ちなみに、上記のものと「お布施」「お食事代」の他に、「御車料」も包みます。お忘れなく。

私も檀家ではなく、先週3回忌を行いましたが、いまだにわからないことが多いです。

この回答への補足

<お答えいただいた皆さまへ>

たくさんのお返事をありがとうございました。
どなたのお話も具体的で大変助かりました。
伺ったことをヒントに、お寺様や石屋さんの話も聞きながら、かつ地元の慣習もふまえて、最終的なやり方を決めたいと思います。

また不明な点があれば質問させていただきたいと思います。
ではありがとうございました。

補足日時:2005/02/05 01:19
    • good
    • 19
この回答へのお礼

供物、供花の要・不要は一様ではなく、やはり様々なんですね。
お花は一対よりひとつで豪華に、というのは考えようですね。

時間に正確なご親戚・・・うらやましいです。
うちは1時間以上前に来てスタンバイする人がいる傍ら、遅刻してくる人もいますので(^_^;)

御車料は私の住む所では包む習慣がないようなのですが、念のためもう一度確認してみます。
ありがとうございました。

お礼日時:2005/02/05 01:14

余談ですが,「御布施」は宗教法人の収入となり,「御膳料」は坊さんの収入になります。

お斎に坊さんが来られれば,その食事がその坊さんの胃袋に入る訳で,お斎に坊さんが来られないときは,相応のお金が坊さんの懐に入るということです。 >>>>

これは、残念ながら間違いです。公益法人会計によれば、一度すべて、寺の収入として、改めて、給与として、法人から、源泉徴収して納税して、坊さんに支払うが、正しいです。

一応、宗教法人から派遣されているわけなので。。
ただし、施主が、特に、これはお坊さん個人へと渡せば、個人が、雑所得として、確定申告する訳ですね。

以上、余談でした。
    • good
    • 6
この回答へのお礼

こういう話を伺うと、お寺もビジネスだな、とつい思ってしまいますね。
ありがとうございました。

お礼日時:2005/02/05 01:03

 私の父の一周忌のことを書きます。


 
1 お寺さんに相談したところ,「遺骨だけお持ちくだされば結構です。」ということでした。
 御供え物は,御本尊様に差し上げる物ですから,基本的にはお寺に置いて帰ります。ただし,お寺さんの方から「仏様のお下がりです。お持ち帰りください。」と言われれば持ち帰ります。
 
2 お茶葉や急須,湯呑みなどもお寺さんが用意してくださいました。
 法要前にお茶を頂いて,そのままにして法要のために本堂へ上がり,戻ってきたら湯呑みが綺麗に洗ってあって驚きました。他の檀家さんにその話をしたところ,「うちのお寺は禅寺なので,使った湯呑みなどは自分で洗って返すものだ。それができない時は,茶葉の缶の下にそっと寸志を置いておくのだ。」と教えてもらい,三回忌の時は寸志を置いてきました。
 
3 うちも石材屋さんに品物よりお金の方が喜ばれると教えて貰いました。でも,品物で渡してます(^○^;
 別に包む必要はないと思います。別に包むのなら,御布施の他に,供花を用意してもらったなら「供花料」,ろうそくを用意してもらったなら「御灯明料」,線香や焼香用のお香を用意してもらったなら「御香料」など,家で法要をする時に準備する物をお寺で用意してもらった物ひとつひとつにお金を包まなければなりません。ですので,ひっくるめて「御布施」とされれば良いと思います。
 
 余談ですが,「御布施」は宗教法人の収入となり,「御膳料」は坊さんの収入になります。お斎に坊さんが来られれば,その食事がその坊さんの胃袋に入る訳で,お斎に坊さんが来られないときは,相応のお金が坊さんの懐に入るということです。
    • good
    • 14
この回答へのお礼

とても良心的な菩提寺様とお付き合いされているんですね。

私の方は今日、お茶の件を尋ねたところ「うちは用意していませんので・・」
とあっさり言われてしまいました(^_^;)
もしかして暖房も使わせてもらえないのかとちょっと不安になってます。
(自分たちは大丈夫ですが、出席者が老人ばかりなもので、そちらに気を使います)

宗派による違い以上に、お寺様も色々なんですね。
お布施の件、詳しくありがとうございました。

お礼日時:2005/02/05 01:02

とても忙しい坊さん>>だと、ご膳料コースですね。


当日、決まるのでしたら、この袋だけ、別に用意されると、臨機応変でしょう。

故人が、好きでも、酒、タバコは、お供えしない方が、無難です。
酒は、人を惑わすので、故人があの世で、惑わないよう、また、宗旨が判りませんが、禅宗系なら、山門禁薫酒と、書いてあり、酒とにんにくなど臭うものは、持ち込めないと石で、彫ってあると思います。
たばこは、線香の清浄を汚すと言って、本願寺でも禅宗でも、嫌います。

スマートに、と言うなら、手紙の便箋も幅、10センチくらいの、のし袋と同じサイズで、下方に草絵とか季節の絵が印刷してあるような便箋で、一言、読経のお礼を書いて、別席で、親族一同、会食のために、ご住職様に、きちんとお礼のご挨拶できず、手紙にて、失礼しますが。。。云々と、無事1周忌を終えたお礼を、お母様のエピソードを交えて、記して、お檀家、同様のお付き合いをよろしくお願いします。とでも、書けば、かなり寺とのコミュニケーションが取れると思います。
また、若いお坊さんなら、饅頭にこだわらず、しゃれた洋菓子でもいいですし。

なお、線香は、ちょっと香りの良いもの。伽羅とかを使うといいですし、抹香も伽羅を焚いてもいいですよ。

甘い香りがして良いです。

抹茶を、お出しになっても、いいですね。
しゃれた小ぶりの和菓子でも、つけてね。

だいぶ、余計なこと、書きましたが、宗旨や地方で、風習がかなり異なりますので、都会と田舎でも全くちがいますから、地元の意見を優先してください。

なお、納骨ですから、戒名が、石塔に、彫ってあるのですね。
そうすると開眼供養もあるのですか?

墓が新しくなったなら、大抵、石屋さんに頼むと、墓石の前に置く、お供えの机と三方という野菜や供物を備える台と、お供え物(野菜、塩、水、(日本酒、これは土地の神様用)など)用意してくれますが、その辺も、石屋さんとお寺さんに訪ねた方がいいです。

違う霊園なので、聞かないと、答えないと思いますし。
出入りの石屋さんも、その寺の石屋さんと違うでしょうし。。。で、お供えを頼めば、石屋さんにお礼をする訳ですが、石屋さんは、商売ですから、はっきりおっしゃると思います。
    • good
    • 5
この回答へのお礼

アルコールはやめたほうがよいのですね。

>だいぶ、余計なこと、書きましたが

いえ、具体的で助かりました。
本や他のサイトを探してもたいてい理想や通り一遍のことしか書いていませんので。それに細かい部分に気付かないことも多いですから、いいヒントをいただきました。
ありがとうございました。

お礼日時:2005/02/05 00:51

記入したら、他の方が、お答えでした。



お布施、1本で、まとめるなら、ちゃんと「本来は、親しく会食していただくつもりでしたが、お膳、お引き、納骨、会場のお礼ともども、お布施として、まとめさせていただきましたが、失礼があるかもしれませんが、よろしくお受け取りください。と、一言添えましょう。

大概、忘れてしまうので、メモでよいので、その旨を書いた手紙を、お布施の中にいれるのが、良いでしょう。

現代式の簡略もいいですが、言葉なり、手紙なりで、補足しないと、誠意が通じないと残念ですので。。。

で、みなさんがおっしゃるように、ひとまず寺に、聞くことです。

まあ、寺は、はっきり言いませんが、結納金みたいなものです。自分の月給と親戚の数で、相談して、決めればいいでしょう。
    • good
    • 7
この回答へのお礼

>誠意が通じないと残念ですので。。。

そうなんです。まとめて「お布施」としてしまうと「あれ、○○料は?」と思われるのが不安で・・・かと言ってたくさん袋をお渡しするのもスマートでないな、と。
でもメモと口頭できちんと伝えるというのは、非常に明快で具体的、かつシンプルでいいですね!
今回はぜひそうしようと思います。

とても忙しいお寺様なので、お互い勘違いのないようきちんと連絡を取ることは大切ですね。
当日気まずい思いをしないよう、念を入れ準備します。
重ね重ねご親切にありがとうございました。

お礼日時:2005/02/04 02:16

>1、本堂の祭壇(?)へのお供え物、供花などはこ>ちらで準備するのでしょうか?それとも必要ないの>でしょうか?するとすれば具体的ににどの程度のも>のを?またお供え物などは出席者が持ってきてくれ>る可能性はありますが、それは法要のあと私共が持>ち返るものなのでしょうか?それともお寺様に残し>てくるものなのでしょうか?



>2、出席者が集まるのを待つ間、早く来た人にお茶>などを出そうかとおものですが、お茶葉やお湯のみ>などはお寺で貸していただけるものなのでしょう>。か?ちなみに「会場費は頂いておりません」とお>寺様に言われました。(おときを仕出し弁当などに>してお寺で行う場合は使用料が必要なようですが、>今回は近所の料亭に席を移します)

>3、出席者に渡す引き物ですが、お寺様へは品物で>もらうよりお金を包んだほうが喜ばれますよ、と石>材屋にアドバイスされました。(品物でもらったも>のの多くは、処分に困ってバザーに出してしまうお>寺さんが最近は多いのだそうです・・・)
>この場合、包みの表書きはなんと書くべきでしょう>か?法事のお布施、ご膳料などは別に包む予定です>ので、「お布施」が2つでは変な気がします。


大変ですね。まだ「納骨」されていないのですね。納骨はそのお寺にされるのでしょうか。されるのであれば、今後は檀家の扱いになるかもしれませんね。

まず、お供え物は、ある程度持っていった方が無難でしょう。
また持ち帰るかどうかは、素直に和尚さんに
『お寺さんで食べられますか?』って聞いてみて反応で臨機応変に対応されるのが良いでしょう。

お茶ですが、まず一式用意されているでしょう。ただしセルフサービスですが。使ったらきっちり洗って返却しましょう。
不安でしたら、素直にお寺さんに聞くことです。

お寺さんへの品物はいらないでしょう。一緒に食事されないのなら『お布施』の1本化でいいと思います。『お膳料』も必要ないのでは・・・。

結論としてあまり形式に縛られなくていいと思います。最近ではスタイルも大きく変わってきています。法事もやらない家も増えてますから。宗派やお寺さん、都会、田舎によってもマチマチです。失礼が無ければOKです。
    • good
    • 2
この回答へのお礼

法要をお願いしているお寺様とは違うお寺が管理する霊園(宗派問わず)にお墓を作りましたので、多分檀家扱いにはならないと思います。

お供え物はやはり食べ物がいいのでしょうか?アルコール類は変でしょうかね?出席者が持ってきてくれる中には、お線香などの可能性もあると思うのですが。(質問ばかりですみません)

引物はおっしゃる通りお布施にまとめてもいいかもしれませんね。あまり袋が多くなるのも変ですし。
ご膳料はお寺様がおときを辞退されたら包むようにと、石屋さんに言われてしまいました・・・

うるさい親戚がいるので(汗)、間違いのないように頑張ろうと思います。
アドバイス大変助かりました。ありがとうございました。

お礼日時:2005/02/04 01:43

きっとお寺に聞けば教えてくれますよ。



私の経験上でいちおう分かる範囲で。全てが当てはまるとは思えませんので、気休め程度で受け入れてください。
1について
お供え物、供花ともにいつも用意します。ただし、お寺側でも用意しているので、本堂全てを飾るほどの花でなくても大丈夫です。
お寺に「供花はどこに飾りますか?」と聞いて、そこに見合った量のお花を用意すれば大丈夫でしょう。
お供え物などは基本的にお寺側が引き取ります。
お坊さんが「お持ち帰りください」と言ったら遠慮なく持ち帰りましょう。

2について
お寺で用意しているところが多いです。

3はよくわかりません。その石屋さんに聞いてみては?

檀家でなくてもお寺からすれば大事なお客さんです。
遠慮なく聞けば親切に教えてくれるはずです。
私はお布施の額まで聞きました。が、具体的な金額は言いませんでした。
金額は相場もあるので、またこの場で聞いてみてはどうでしょう?
    • good
    • 5
この回答へのお礼

早速のご回答ありがとうございます!

お供え物、お花は双方で用意なさってるんですね。
供花のことは花屋さんで尋ねてみます。
お供え物はどんなものがいいのか?悩むところです。

お茶のことはお寺様に聞いてみます。
お寺に聞くのがなんだか恥ずかしい気がして、先にこちらで聞いておこうと思いました。
でもお答えいただいて安心しました。

お布施の額は石屋さんが相場を教えてくれましたので、その通りにしようと思います。

準備に追われてパニックになっていましたが、ちょっとほっとしました。ありがとうございました。

お礼日時:2005/02/04 01:24

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q父親の一年忌をお寺で行います。持っていく用意するものは何でしょうか?御

父親の一年忌をお寺で行います。持っていく用意するものは何でしょうか?御布施以外に位牌や写真やら花やら持っていくのでしょうか?また、一年忌の一般的な流れも教えてください。

Aベストアンサー

昨年、一周忌の法要を済ませた者です。

お寺さん側から、持ち物を言われると思うのですが・・
私の場合は、お位牌と御花、供物を持参しました。
勿論、お布施もです。
後、塔婆代も用意しました。

身内だけでしたので、お寺でお経を上げて頂き
お墓にお線香をあげてお終いです。
その後、食事をしました。(お土産を用意)

地域によって違いますので、一度お寺さんと相談すると良いと思います。

Q法要を本堂で行った場合の供え物について

先日母の忌明け法要をお寺の本堂を借りて行いました。(喪主は父)

そこで父が和菓子を、祖母(母方=故人の母)は果物の籠盛をお供えものとして持参したのですが、父はお寺に置いていくつもりで、祖母は親族で分けるつもりだったようです。
法要が終わると折りたたみ机に置いてあった供え物を前に出し、机を片付けてお坊さんは一度帰られました。ここで微妙な空気に…。
その場は喪主の父の意見(母方の親族は祖父母のみでしたし)で置いて帰りました。

しかし、本日祖母と会ったときにやはり分けるべきだったと言われてしまいました。祖母の弟が亡くなり、同じように親族で法要をした時には分けて帰ったそうです。

今後の事もあるので父に祖母の話をします。こちらで調べたところ、どちらの意見も間違いでは無いようですが、すぐに納得して貰える可能性は低いです。
どちらも仕切るタイプなのでどちらを立てるか悩んでいます。

ちなみに母の実家は近いのですが、父の実家は他県です。宗派は父と母の実家で違います。地域性なら祖母、宗派なら父なので余計迷います。
お寺さんに聞ければいいのですが、ご住職があまりこだわらない方なのでかえって困っています。

早めに父に話したいのでお願いします。

先日母の忌明け法要をお寺の本堂を借りて行いました。(喪主は父)

そこで父が和菓子を、祖母(母方=故人の母)は果物の籠盛をお供えものとして持参したのですが、父はお寺に置いていくつもりで、祖母は親族で分けるつもりだったようです。
法要が終わると折りたたみ机に置いてあった供え物を前に出し、机を片付けてお坊さんは一度帰られました。ここで微妙な空気に…。
その場は喪主の父の意見(母方の親族は祖父母のみでしたし)で置いて帰りました。

しかし、本日祖母と会ったときにやはり分けるべきだったと...続きを読む

Aベストアンサー

坊さんです。レスが付かないようなので少し書きます。
地方習慣はありますが、宗派での違いというほどのことはありません。
そもそも、御供物(御仏前)は、本堂や仏壇の荘厳の一環として、ご本尊さまにお供えされるものです。
したがって、お下がりとして分けるかどうかは、持参した側ではなく、ご本尊をお預かりしているそこの主によって決められます。
ご自宅の仏壇でならそこの主、寺の本堂でなら住職です。
自宅での仏壇の場合には、長年の慣例で、地域や親族間でどうするかを習慣化してしまっている事が多いので、いちいち主の了解を取らずに勝手に下げて分けてしまうという(ある意味失礼)が常態化してしまっていることも多いですが、本来は、そういうものです。
したがって、寺院の本堂での場合にも住職が下げて、皆さんで分けるように指示があれば分ける事になりますが、そうでない場合にはそのまま寺に納め、法座・寄り合い等のお茶菓子として使われます。
特に注意が必要なのは、寺の場合には、お供物を内陣(僧侶以外寺の家族でも立ち入り不可)に置かれる事が多いです(宗派によって本堂の構造が異なりますが)。その場合には、当然ですが、勝手には下げれませんのでご住職がどうするかで判断するしかありません。

今回のケースで文面からは、
「法要が終わると折りたたみ机に置いてあった供え物を前に出し、机を片付けて」とあり、机の上の供物を皆さんの前に差し出したのか否かが判断の分かれ目でしょう。
合掌

坊さんです。レスが付かないようなので少し書きます。
地方習慣はありますが、宗派での違いというほどのことはありません。
そもそも、御供物(御仏前)は、本堂や仏壇の荘厳の一環として、ご本尊さまにお供えされるものです。
したがって、お下がりとして分けるかどうかは、持参した側ではなく、ご本尊をお預かりしているそこの主によって決められます。
ご自宅の仏壇でならそこの主、寺の本堂でなら住職です。
自宅での仏壇の場合には、長年の慣例で、地域や親族間でどうするかを習慣化してしまっている事...続きを読む

Q法事で僧侶に渡す菓子折りの表書きについて

タイトル通りですが、法事で僧侶に渡す菓子折りの表書きは、どのような表書きにしてもらったらいいのでしょうか?
また、お車代・お膳代を渡す場合、金額の表示は必要でしょうか??

Aベストアンサー

曹洞宗の僧侶です。
地域の習慣によっても違うのですが、私が頂戴しているものでは、引き物につけた菓子の表書きは「供」「粗菓」などが多いように思います。仏事ののし紙をかけてあって、お家の名前だけで表書きのないものもあります。

お車代、お膳料は、運転手さんや仲居さんへの心付けとは違いますから、正式の金封で金額もきちんと表示してください。

Qお寺へお金を包む表書きを教えて下さい

法事などは、御布施と書いて半紙で中包みをして、奉書紙で上包みをしたいと考えています。御膳料や御塔婆供養料・御車代はその通り書いて良いものでしょうか?奉書紙は、水引見たいなものが無くて良いのでしょうか?書くのはやはり筆ですか?宜しくお願いします。

Aベストアンサー

御布施の包み方は、それで構わないと思います。基本的には毛筆で書くのが
正しいと言われていますが、どうしても毛筆は苦手だと言われるなら、毛筆
ではなく筆ペンでも構いません。慶事の場合は薄墨で書くのだと思われてい
る方が多いのですが、実際には薄墨ではなく濃い墨で書きます。
絶対に駄目なのは鉛筆、ボールペン、マジックペン、ゴム印です。どうして
も書けないと言われるなら、表書きが印刷された物でも構いません。

慶事の場合は熨斗はつけません。

水引ですが、半紙の中包みに御金を納め、奉書紙で慶事方法の折り方をし、
水引をかけません。市販の既に印刷された封筒や、通常の白い封筒でも別に
構いません。我家では御盆の読経の御礼に御布施を出しますが、白い封筒に
御布施と書いて御渡ししています。法事では正式な方法で御渡ししますが、
それ以外の際は封筒に御金を入れて御布施と書いて渡しています。

御布施の他に御渡しする物は、御車で御越し頂いた時は「御車代」、卒塔婆
供養をされた時は「卒塔婆代」と書きます。
御寺により会食を参列者と一緒にする場合と、辞退する場合があります。
会食を一緒にされた時は、御布施、御車代と引き出物を御渡しします。
もし一緒の会食を辞退された時は、御布施、御車代、引き出物の他に、御前
料も御渡しします。ただ既に会食をされるものだと思い、用意がされていた
時は、御寺さんが食される予定だった料理は、持ち帰りが出来るように別の
容器に入れて御渡しします。

御布施等をお渡しする時には、それなりの作法と言うか決まりがあります。
御布施等は直接手渡してはいけません。
法事で使用される袱紗(ふくさ)盆の上に袱紗を敷き、その上に御布施等を
包んだ封筒(必ず御寺さんが文字が読める向き)を置き、御寺さんの前に出
します。御寺さんが頂戴されてから盆を下げます。
要は絶対に手渡ししては駄目だと言う事です。
「本日は有難うございました。これは御礼ですので、どうか御納め下さい」
と言って盆を前に出します。手を引っ込めて御寺さんが納められたら盆を下
げます。御布施等を御渡しするのは、必ず喪主が行います。
御寺さんが御帰りなられる時は、必ず御車まで同行し、最後まで御見送りを
します。
御寺さんが持ち帰られる御膳や引き出物は、御寺さんが持参せず、喪主の方
が御車まで御持ちし、御車に乗られた時点で手渡します。
御車が自宅から見えなくなるまで御見送りは続けます。

御布施の包み方は、それで構わないと思います。基本的には毛筆で書くのが
正しいと言われていますが、どうしても毛筆は苦手だと言われるなら、毛筆
ではなく筆ペンでも構いません。慶事の場合は薄墨で書くのだと思われてい
る方が多いのですが、実際には薄墨ではなく濃い墨で書きます。
絶対に駄目なのは鉛筆、ボールペン、マジックペン、ゴム印です。どうして
も書けないと言われるなら、表書きが印刷された物でも構いません。

慶事の場合は熨斗はつけません。

水引ですが、半紙の中包みに御金を納め、奉書紙で...続きを読む

Q引出物はお寺さんにも渡すのでしょうか

もうすぐ義父の四十九日があります。ネットで検索したところ、「僧侶にも引出物を渡す」といった説明がありました。引出物は僧侶にも渡すものなのでしょうか。ちなみに、法要後僧侶は食事に列席されます。どうぞよろしくお願いします。

Aベストアンサー

 忌明けの法要の「粗供養」ですね。

 お渡しされているのが多いですが、100%ではありません。

 法要終了後にお寺さんがすぐに帰られるときは、皆さんが持ってこられるお供えの「おさがり」をお分けしている時間がないので施主よりの粗供養だけお渡ししています。 
 今回は法宴までご一緒なら、おさがりも間に合いますからそれも入れられたらいいと思います。

 みなさん気づかれてないかと思いますが、法要だけでなく通夜・葬儀の時にも通夜供養・当日供養はお寺様にお出ししていることもありますよ。
 
 ただ、地域によって慣習は異なりますので、ご参考までに。

Q浄土真宗の新盆の迎え方について

昨年秋、母が亡くなりました。
当然、今年は新盆を迎えるのですが、私の家は浄土真宗です。ネットなどで調べたところ、浄土真宗ではお盆に特別なことをしない(霊魂が帰ってくると言う考え方はない)ようですが、新盆にも当てはまるのでしょうか?
なぜこれで悩むかと言うと、私は早くに父を亡くし母と二人暮しでしたが、お盆には迎え火と送り火を焚きお飾りをし、という日本のごく普通のお盆の迎え方をしていました。ただ、菩提寺は現住所の他県にあって遠いため、お坊さんをお呼びしてお経を上げてもらったり、お墓参りはしていませんでした(数年に1度くらいは行ってましたが)。
父が亡くなったのは私が小学生のときでしたが、白いお盆ちょうちんを飾ったのは覚えてるんですが、それ以外の記憶はないんです。
母が亡くなったときは菩提寺がない状態でこちらにお墓を買っていたので、葬儀屋さんの紹介で葬儀の時にお世話になった住職さんに49日まではお世話になりました。実はその方から法要についての冊子をもらってあったんですが見つかりません。
お盆のときの作法はどうなのか、そもそもお坊さんには来てもらうのか、もう細かいところから全くわかりません。どなたか詳しい方がおられたら、教えていただけないでしょうか。
ちなみに、私の住所では7月にお盆を行うのが慣習のようですが、うちでは8月にやっていました。私の仕事の関係で、母の初盆も8月にしようと思っています。
よろしくお願いします。
また、文面中もし失礼なところがあったらご容赦ください。

昨年秋、母が亡くなりました。
当然、今年は新盆を迎えるのですが、私の家は浄土真宗です。ネットなどで調べたところ、浄土真宗ではお盆に特別なことをしない(霊魂が帰ってくると言う考え方はない)ようですが、新盆にも当てはまるのでしょうか?
なぜこれで悩むかと言うと、私は早くに父を亡くし母と二人暮しでしたが、お盆には迎え火と送り火を焚きお飾りをし、という日本のごく普通のお盆の迎え方をしていました。ただ、菩提寺は現住所の他県にあって遠いため、お坊さんをお呼びしてお経を上げてもらったり、...続きを読む

Aベストアンサー

自己紹介欄にあるように、浄土真宗の坊さんです(^○^)

>新盆にも当てはまるのでしょうか?

そのとおりです。お盆という行事は仏教のものではなく(他の仏教国にはそのような行事が無い)、中国経由で仏教が伝わる際に、シルクロードを通って伝わった他の宗教行事とミックスして、日本で独自に発展したもので、仏教の心を味わうには伝統的な意味で必要な行事でありますが、霊魂が帰ってくると言う考え方は仏教には無いので、浄土真宗ではそのような考え方につながるお盆での特別なことはいたしません。新盆でも同じことです。
なお、お盆の行事は、宗教行事というよりも地方独自の民族行事ともなっておりますので、日本全国一律の作法があるのではなく、地方ごとに、その土地の特産物などを取り入れた独自の飾りつけも残っています。その中には、浄土真宗では行わないことになっている提灯や灯籠等もありますが、迎え火や送り火は全国的に浄土真宗では行っていません。

なお、お母さまがご往生の際にご縁のお寺があるようですが、冊子等は、再度申し出ればすぐにいただけると思います。気にせずに「見つからないので・・・ください」と言えば良いのです。そのためのお寺です。

>そもそもお坊さんには来てもらうのか、
来てもらうか、来てもらわないかは、亡きお母様のご往生には関係がありません。したがって、亡きお母様にとって、どちらもプラスとかマイナスとかではないので、ご自身にとって、どのように新盆を迎えるのが良いかでご判断ください。自宅に呼ぶのも良し、よばないのも良し、本山や別院のお盆法要に参加するのでも良し・・・何でも良しです。
浄土真宗は、「ああしなければいけない」とか「高しなければダメ」ということは少ないです。ただ、他宗と比べると、「する必要が無いからやらない」ということが多いだけです。
合掌

自己紹介欄にあるように、浄土真宗の坊さんです(^○^)

>新盆にも当てはまるのでしょうか?

そのとおりです。お盆という行事は仏教のものではなく(他の仏教国にはそのような行事が無い)、中国経由で仏教が伝わる際に、シルクロードを通って伝わった他の宗教行事とミックスして、日本で独自に発展したもので、仏教の心を味わうには伝統的な意味で必要な行事でありますが、霊魂が帰ってくると言う考え方は仏教には無いので、浄土真宗ではそのような考え方につながるお盆での特別なことはいたしません。新盆でも...続きを読む

Q自宅での身内だけの一周忌の服装は?

 近々母の一周忌法要をします。
母の姉妹お二人と、父と私の姉とその姉の旦那、私とで自宅にお坊さんを呼んで身内だけの法要をします。
 このときの服装は、喪服でないとダメなのでしょうか??
母の姉妹以外(←あまり交流がないので相談しにくいのです…)私たち家族で話し合って黒系の服装でいいのでは?思ってるのですが、それでもべつにかまわないのでしょうか?? 
 
 

Aベストアンサー

まぁ あまり仕来たりに拘ってしまうと ・・・
私は、実兄の一周忌には濃い目のグレーのスラックス、
Yシャツにネクタイだけは黒のフォーマルにしました。
時期が夏7月下旬ということもありまして。
うちも殆ど身内だけということです。
お客さんは殆ど一応喪服は着て(持って)おられましたが ・・・

私は体裁とか仕来たりには関わらない性格なので
一向に気にしませんでしたが。
これは質問者様の気の持ちよう次第ではありませんか。

Q一周忌のお返し物

タイトルどうりなんですが、親戚が母の一周忌に供養にきてくれるのですが、たぶん香典を包んでくると思うのですが、お返しは必要なのでしょうか?必要であれば、どのような物をお返ししたらいいのでしょうか?

Aベストアンサー

一周忌の法要のお返しとして引き出物は必要です。

「粗供養」または「志」という熨斗の表書きで、日常消耗品などを一世帯に一つお渡しするのが一般的です。

品物としては、「お茶」「タオルやシーツ類」「石鹸」など。私の経験ではお茶かタオルが一番多いと思います。仏事ですから華美でなく、荷物にならない軽いもの、消耗品がいいようです。金額的にはお包みの半額から三分の一程度。


法要列席者に食事(お斎)をふるまった後にお渡しするのが通常です。


列席者が親戚だけの場合は、親戚内で申し合わせがあると思いますので、一種類でいいと思います。

私方では、お付き合いによってお包みも差があるので、相手によって3種類ぐらい用意するか、同じものを2つ渡すこともあります。

参考URL:http://www.e-butsudan.com/03_howto_houyou.html

Qお寺への菓子折りの熨斗について。

四十九日の時に、お寺へのお布施とご膳料をそのまま渡すのは変かと思い、
菓子折りの上に乗せて渡そうと考えています。
この場合、菓子折りは熨斗無しでもよいでしょうか?
熨斗が必要だとすると、「粗供養」なのでしょうか?
又、お布施15,000円、ご膳料5,000円は少なすぎでしょうか?

Aベストアンサー

曹洞宗の僧侶です。
お菓子は熨斗紙を掛けた方が丁寧だと思いますが、無地熨斗(特に表書きを書かない)でも良いと思います。
お布施、お膳料は地域の習慣によってもちがいますが、一般的にはkeron8さんのお考えの金額で失礼にはならないと思います。

Qお寺の本堂で法事をするのですが、

お寺の本堂で法事をするのですが、

来月、母の17回忌の法事をお寺の本堂をお借りしてするのですが、
本堂をお借りする金額がわかりません。

お寺の方に尋ねたらいいとは思うのですが、
こちらで同じような質問がないかと探していました。

丁寧な回答を多く見ましたので、私も質問させてもらおうと思いました。

法事を主催するのは父ですが、
父は「自分がお寺の方に金額の事は聞きにくい」と言います。
それで私が色々調べていました。

本堂を1時間お借りするための金額と 
「お布施」などのように なんと書けば良いのかを教えて下さい。

本当に無知ですみません。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

うちの場合は下記のように準備します。
・御経料
・堂宇修築基金
 (お寺さんが文化財指定を受けていて修繕用基金があります)
・仏様へのお供え(お菓子やお花)
・ご住職やご家族への挨拶の品(お菓子や季節の果物など)

お寺さんから金額の指定はありませんが
「誰が何をどのくらい寄進した」という内容が
堂内に張り出されてますので
みなさんそれを参考に金額を決めているようです。
卒塔婆の習慣は宗派自体にありません。
本堂の利用料というのもありません。

法要のあとは外陣でお茶とお菓子をいただき、
(これはお寺さんの接待と言う形で、施主や参列者はお客です)
会席の場は近くの料亭などを使います。
お寺さんにご出席いただけない場合、
料亭からお料理を届けてもらっています。
また、移動がある際にはお車代も用意します。

同じ宗派でも別のお寺に属する友人のところはお金だけで済んだそうで
金額も指定があったそうです。
お寺さんに尋ねる事が無理なら
同じお寺さんに属するご親戚や役員さんに
確認を取ったほうがいいと思います。

1時間と言うことですから法要のみと思いますが、
もしもお寺さんで茶席や会席の場も設けさせていただく場合、
いろいろな手配などもあると思いますので
きちんと打ち合わせしたほうがいいと思います。

うちの場合は下記のように準備します。
・御経料
・堂宇修築基金
 (お寺さんが文化財指定を受けていて修繕用基金があります)
・仏様へのお供え(お菓子やお花)
・ご住職やご家族への挨拶の品(お菓子や季節の果物など)

お寺さんから金額の指定はありませんが
「誰が何をどのくらい寄進した」という内容が
堂内に張り出されてますので
みなさんそれを参考に金額を決めているようです。
卒塔婆の習慣は宗派自体にありません。
本堂の利用料というのもありません。

法要のあとは外陣でお茶とお菓子をいただき...続きを読む


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング

おすすめ情報