3年前にマンションを購入したのですが、その当時諸事情により妻65夫35の割合で住宅金融公庫より融資を受けました。
その時、公庫団体信用生命保険にも加入したのですが、最近ある方から「夫が死亡した場合夫の分(35%)分しか返済されないよ」と言われ驚いています。
そこで契約内容を確認したところ、以下のようになっていました。
 1.債務者   : 妻
 2.連帯債務者 : 夫
また、私(夫)の申し込みの際の申し込み書は「夫婦連生団信申込用」となっていました。

上記の場合、私(夫)が死亡した場合ローンの残額は団信により完済されるのでしょうか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (1件)

どなたもご解答されていないようなので・・・自信がありませんがアドバイスさせていただきます。



まず、似たような団信に親子ローンの場合がありますが、
それですと年の若い子供に団信がかけられます。
ですので、親が亡くなっても子供にはそのままローンが残ります。

これと同じ考えでいくと
あなたの場合はあなたに保険がかけられていますので、ご主人がなくなってもローンはすべて返済されません。

まったく返済されないか、その割合程度のみになるでしょう。

それの回避のためならば、民間の保険会社の逓減定期保険を一つ加入しておくといいのかもしれません。

融資額の多い方が主たる債務者となるわけですから、ローンの返済もあなたが行うべきものではないのでしょうか?

事情はどうであれ、法的にはあなたが家を買ったようなものです。

そして、あなたが亡くなれば65%の家の権利は夫に相続されることになるのではないでしょうか?

仮に夫婦連生で完済されたとしたら・・・皆さん夫婦連生にするんじゃないかと思いますけどね。

その方が得でしょうから。

的確なアドバイスできなくてすみません!
    • good
    • 0
この回答へのお礼

貴重な回答ありがとうございます。
世の中そんなに甘くはないということですね。
現状では妻65夫35の逓減制定期保険に入っているのと同様ということですね。
夫が死亡しても妻にローンが残るのでは意味がないので、夫のみの逓減制定期保険に切り替えるという方法もありということですかね?
検討してみます。ありがとうございます。

お礼日時:2001/08/23 07:22

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q団信のことを教えてください。団信は過去に入院したり病気にかかったりする

団信のことを教えてください。団信は過去に入院したり病気にかかったりすると加入できないようですが、過去に入院や病気の経験があるかどうかは、どうして解るのですか?自己申告ですか?
また、私の場合、返済期間が20年で、ローンが終わるのは75歳です。団信は年齢が70歳までとなっていると聞きましたが、返済期間がオーバーする場合は、団信に加入できないのでしょうか?ご存知の方がいらっしゃいましたら教えてください。宜しくお願いします。

Aベストアンサー

(Q)団信は過去に入院したり病気にかかったりすると加入できないようですが
(A)そのような単純なものではありません。
申し込みのときに、病歴を告知しますが、告知の質問に該当しなければ、
病気で入院したことがあっても問題ありません。

(Q)過去に入院や病気の経験があるかどうかは、どうして解るのですか?
自己申告ですか?
(A)告知の質問に答えます(記入します)。
言ってみれば、自己申告のようなものです。

この申告が正しいかどうかは、支払いのときに調査します。
契約時に調べると、全てを調べなければなりませんが、
支払い申請があった契約だけを調べるのが効率的なのです。

(Q)返済期間が20年で、ローンが終わるのは75歳です。
団信は年齢が70歳までとなっていると聞きましたが、
返済期間がオーバーする場合は、団信に加入できないのでしょうか?
(A)申し込み時の年齢は、70歳未満。
返済時の年齢は、80歳未満、です。
75歳で返済が終わるならば、年齢の問題はありません。

Q夫の死亡保障額、妥当な額は?(持ち家、団信は妻のみ)

夫38歳、妻32歳、子供3人(小3、小2、5歳児)。
会社員で年収800万(夫婦それぞれ400万)、持ち家は戸建で住宅ローン残32年約2500万。
子供達の進学に関しては、国立大程度しか考えていません。

住宅ローンを妻メイン(夫婦共同名義)で借りているため、団信は妻の死亡のみ有効な状況です。

現在、夫の保険は生命共済に900万しかかけていない状況です。
(医療入院も加入しています)
住宅ローンも始まり生活が落ち着いてきたとはいえ、まだまだ生活が苦しい状況です。
ただ、万が一のことを考えて死亡保障をもっと充実させたいと強く思っています。
死亡保障額はいくらくらいが妥当でしょうか。
また、どのようなタイプの保険がオススメでしょうか。
(保険屋さんに聞くと、結局自分のところの保険ばかり推してきて困るので…)
教えていただけると助かります。

Aベストアンサー

こんにちは。保険代理店を経営するCFPのおやじです。
今の状況でご主人に万一の場合、遺族年金が支払われます。年収からすると、取り敢えず月14万円程度、一番上のお子さんが高校を卒業すると、月13万円、その後二番目のお子さんが卒業すると11万円、三番目のお子さんが卒業すると9万円となり、その後はこの金額が基本的に一生涯支払われます。
この金額を基に、ご主人に万一に場合、月あといくらあれば足りるかを計算して、それを、月々年金が支払われるタイプの保険、家族収入保険(収入保障保険)でカバーするのが、一番合理的な方法かと思います。
保障期間、つまり、保険金が支払われる期間を例えば、ご主人が65歳になるときまでに設定し、月額を15万円とすると、保険料は月々7~8千円程度です。ご主人がタバコを吸わなくて健康であれば、月6千円ちょっとの保険料です。
現在の家計から考えると、医療保険は保険料の安いがん保険などでカバーされては如何でしょうか。保障は必要最低限に絞って考えるのが良いと思います。
以上、ご参考になれば幸いです。

Q公庫団信にはじめから加入できないことがわかっている場合

新築マンションの購入を検討している者です。
軽いうつ症状にて精神科に通院していますので、ローンを組む際の団信加入は絶望的な状況にあります。
公庫団信であれば、加入は任意とのことですので、公庫融資を利用しようと思っているのですが、私のように明らかに団信加入ができないとはじめから判っている場合、

・ローン申込時にはじめから団信加入しない。
・団信加入を前提に告知を行い、(予定通り)断られる。

上記2つのうち、どちらの手段を選択するのが賢明でしょうか?(あるいは、上記2つに何か違いはあるでしょうか?)

幸い、発症前に入っていた現在加入している生命保険があり、万一の場合でも死亡・高度障害保険金をローンの残債にあてられ、かつ家族の生活も何とかやっていける目処はついています。
団信の話題は頻繁に出ているようですが、同様の質問が見つけれられなかったので、質問させていただきます。
よろしくお願い申し上げます。

Aベストアンサー

我が家は、団信加入していません。
私が、生損代理店と言うのもあり、主人の保険に不足がないと、判断し加入しなかったのですが。
加入していない話は良く聞きますよ。

保険でローンに対応できる状態でしたら、団信加入は、しなくても良いのではないでしょうか?
申し込んで断られると、『断られた』と言うデーターが残ります。この際申し込みせず対応した方が賢明かと思います。

債務保険と言うのを損保会社で扱っています。
借金の金額ほど加入するものですが、団信より加入が簡単だと聞きました。銀行で扱っていますので問い合わせされてみても良いかもしれませんよ。
保険会社では、引き受けだけで扱いは銀行です。

Q公庫団信保険に加入できるでしょうか?

現在33歳男性ですが、1年ほど前に心房細動(不整脈)と診断されました。3ヶ月に1回ほどの通院で2ヶ月ほど前から投薬を始めました。仕事や生活にはまったく支障ありません。このような状態で加入できるのでしょうか?
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

(補足)について解答します。
「完治」であれば多分加入は出来ると思われます。手術後の経過日数は特段関係はありません。但し、あくまでも保険加入の可否は保険会社の判断で行われるので、今は「加入できる」と断言出来ません。申し訳ないですが・・・
保険会社も色々な会社があります(銀行系団信保険は住友生命・日本生命etc各金融機関により異なります)。住宅公庫は民間保険会社ではなく公庫独自の団体信用生命保険だったと思いますので、やはり銀行の公庫担当者に直接相談するのがベストですね。この場であれこれ考え込むよりも一番の近道だと思いますよ。
(会社では一般住宅ローンを担当してますが、住宅公庫の担当部署に就いたことがありませんので、あいまいな返事となって申し訳ないです。)

Q公庫団信の加入が認められず困ってます

はじめまして。
同様の質問が過去にも多数投稿されておりますが、若干内容が異なる為、投稿させて頂きました。
皆様のアドバイス宜しくお願い致します。

先月住宅を購入、住宅金融公庫のフラット35をノンバンク系で申し込み、融資可能との返答をもらったのですが、昨日、公庫団信への加入不可との連絡を受けました。
恐らく告知書に自律神経失調症(めまい)の治療中と記入した為に加入が認められなかったものと推測しますが、団信審査中に知人より紹介された病院を受診したところ、メニエール病との診断が出ました。現在、投薬治療中です。
実は過去に2箇所の耳鼻咽喉科で診てもらったのですが、何れも「耳鼻科としては異常なし」の診断で、辿り着いた病名が自律神経失調症(心療内科にて)だったのです。
そこでお伺いします。

1.現在、加入不可との回答が出ておりますが、今回の経緯を説明する事で再審査は可能でしょうか。

2.加入不可との回答が出ている場合、診断書等を提出しても判定は覆らないのでしょうか。

3.メニエール病も確固たる治療法が確立されていない病気の為、再審査は無意味でしょうか。

4.団信への加入を諦めて、現在加入の生命保険の補償額を見直す等の別の方法を模索すべきでしょうか。

子供の学校入学が決定しており、時間の猶予が殆ど有りません。私の認識の甘さが全ての原因なのですが、同じ様な境遇を乗り越えられた方、この様な問題解決がお得意な方がいらっしゃいましたら、ご支援何卒宜しくお願い申し上げます。

はじめまして。
同様の質問が過去にも多数投稿されておりますが、若干内容が異なる為、投稿させて頂きました。
皆様のアドバイス宜しくお願い致します。

先月住宅を購入、住宅金融公庫のフラット35をノンバンク系で申し込み、融資可能との返答をもらったのですが、昨日、公庫団信への加入不可との連絡を受けました。
恐らく告知書に自律神経失調症(めまい)の治療中と記入した為に加入が認められなかったものと推測しますが、団信審査中に知人より紹介された病院を受診したところ、メニエール病との診断...続きを読む

Aベストアンサー

業界人としてコメントです。

推測されているとおり不可の理由は「自律神経失調症」です。この言葉は殆んど日常単語になっていますが、たんに加齢による身体の変調だけの場合もあれば、免疫疾患・精神疾患・内臓疾患の発現症状も包含してしまうオールマイティな用語です。そのため、将来に向けた危険測定を主眼とする生命保険医学ではかなり深刻に捉えられるものです。貴方の場合「正式にはメニエールだった」ワケですから正式診断名として「告知訂正を受理してもらえれば」スムーズです。

ただし一旦提出された告知を「通らなかったから、じゃ病名変えるわ」という都合の良い話は保険会社もスンナリ受けるわけには行きませんので(たとえ自費となっても)メニエールの確定診断書と全身検査結果(ついでに人間ドックを受けてしまうのが理想)を添付して申請して下さい。団信は「死んだらローンを肩代わり」という生命保険ですから「この人死ぬかどうか」が関心事なのです。メニエール(だけなら)死にませんからね。

告知書の書き方ですが、
「1.最近3ヶ月以内に医師の治療・投薬を受けたことがありますか」には「ハイ」と告知、詳細記入欄にて病名・薬剤名・病院名等できるだけ詳しく書いた後「就業状況」欄の(正常就業中)と(投薬中)に○をするという書き方になると思います。以上でご質問1・2は終わり。

3、「確固たる治療法は確立されていない」というのは主治医のご説明でしょうか?
確かに今のところ原因不明とされていますが、内リンパ腫が要因らしいと分かってきていますので「標準的治療法」はあると聞いたことがあります。また長期的に見れば8割以上が症状軽減していくとも聞いております。詳しく医師にご確認して下さい。3もこれにて。

4、上記のとおり団信が「絶対ダメ」とは限りませんので4も保留。

>一般生命保険は面談や医師の診断書等を要求される分、本人確認が出来、審査の選択肢が増え、通りやすいと思っていたのですが

この理解は原則として正しいです。他方、#1mosupeさんの「現団信よりも一般生命保険の方が条件はきつい」もある意味では正しいです。JEGOさん、mosupeさんの正しい理解のため解説します。

生命保険といっても目的から商品を大別すると「死亡保障」と「医療保障」「年金」があります。ガン保険は「ガンに対象範囲を絞った」医療保障です。
いずれも「通院・投薬中」は現症といって原則は「お引き受けを見合わせます」になります。何故なら加入したとたん症状が急変して加入直後に保険を使われたなんてことが起きたら大変だからです。ましてや団信は金額が大きいので「死亡リスクのある疾病」に対しては狭き門となります。この意味でmosupeさんのご指摘は「正解」です。

しかし明らかに「入院はあり得るが、これじゃ死なんだろう」という疾患がありますよね。こうした疾患(健康状態)の場合、医療保障は確かに厳しいですが、でも死亡保障については「一定の条件を付けてのお引受ならしますよ」という結果を呈示されることもあるのです。こうしたことは団信ではありませんが、個人向け生命保険チャネルでは良くある話です。ここでJEGOさんが言う「選択肢が増え、通りやすい」というのも「正解」なのです。
ちなみに以前、高血圧治療中の男性が診査だけでなく小職のアドバイスにより過去の健診結果(5年分)を「任意提出」したところ死亡保障に割増保険料つきで加入できたケースがありました。ちょっとビックリの割増でしたが、この男性は「他社では入れないから」と言って承諾してくれました。

本へ。
団信はまだ可能性アリと推察します。
またフラット35は融資直後に金融機関が公庫に「債権譲渡(証券化)」する商品ですが、公庫は「団信強制」ではありません。ま、ノンバンクは「債権譲渡が完了するまでに死なれたら債権保全できない」ということだけでお決まり団信を組んできたものと思います。民間のプロパーローンでは「団信が必須」ですが、いざとなったら住宅金融公庫に直接ご相談されて下さい。

なおニッチもサッチも行かなくなった場合、既に加入している生命保険(残債以上の金額)があれば質権設定をしてもらうというD難度の技もあります。(この辺は下っ端のセールスパーソンじゃ分からんですが)

いずれにしろ正々堂々と行けば何かしら道は開けると思います。お子様の為にも拙速にならず慎重に行動して下さい。

住宅金融公庫↓

参考URL:http://www.jyukou.go.jp

業界人としてコメントです。

推測されているとおり不可の理由は「自律神経失調症」です。この言葉は殆んど日常単語になっていますが、たんに加齢による身体の変調だけの場合もあれば、免疫疾患・精神疾患・内臓疾患の発現症状も包含してしまうオールマイティな用語です。そのため、将来に向けた危険測定を主眼とする生命保険医学ではかなり深刻に捉えられるものです。貴方の場合「正式にはメニエールだった」ワケですから正式診断名として「告知訂正を受理してもらえれば」スムーズです。

ただし一旦提出さ...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報