半年位前,突然始動後にオーバーフローになり走行困難になりました。フロートバルブを交換してもらいキャブレータ単体ではオーバーフローしませんがエンジンに取り付け始動するとまたまたオーバーフローしていました。その後原因不明のまま直っていたようにみえていましたが,冬場1ヶ月間乗らないままで再び始動してみるとまたまたオーバーフローしてしまいました。ガソリンはキャブレータのエアベントジョイント?のチューブ(右側)から,かなり勢いよく出ています。どこが悪いのか教えてください。

A 回答 (4件)

オーバーフローは、普通フロートバルブとバルブシートにゴミが噛んだりして閉じなくなるのが主な原因ですが、フロートバルブ交換した時、バルブシートは代えたのかな?セットで代えないと十分ではなかったのかも。

フロートチャンバーにはゴミや砂が溜まってないかな?もっともここらへんは、バルブ交換した時に洗浄していると思うが?
もう一度フロートバルブとバルブシートを交換してもらい、洗浄もしてもらえば直るのでは?
又は、フロートの調整が悪く、油面が上がりすぎているのかも知れないですね。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

バルブシートは交換していないと思います。今度はサービスマニュアルを見ながら分解してみようかとも思っています。

お礼日時:2005/02/24 18:05

ガソリンタンク内に錆は出てないでしょうか?


こちらから先に確認してみて。
    • good
    • 0

フロートが何かの要因で中で引っかかり気味になってるか、フロート調整自体がマズイのかも。


該当車種がどうなっているのかは知らないのですが、前傾気味の取り付けで調整は水平位置でしてるなんて事はないですよね。
後は、フロートバルブ(円錐形のゴム付き部品)の作動がスムーズでないか、中にゴミ(サビ等)が残ってるとかくらいしか思いつきません。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

やっぱり分解してみるしかないみたいですね

お礼日時:2005/02/24 18:07

キャブのOHを勧めます。

    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

QCBR250RRの人気

自分でもくだらない質問かなと思ってしまうのですが、ちょっと気になったので答えてもらえたらうれしいです。
89年か90年くらいに本田でCBR250RRというバイクがありましたよね?
同じようなバイク(と思っている)でよく話題に上がるのはNSRとかでCBR250RRはあまり聞かない気がします。
自分はCBR系が好きなのでCBR250RRは人気がないのかな、と少しさみしく思いました。
これは気のせいでしょうか?
実際は人気があったりして…なんて期待してるのですが。
それとも乗ったことがないのでわからないのですがCBR250RRはダメバイクなんでしょうか?
古いバイクだから聞かないのかな…
CBR250RRの人気について、また乗ったことのある方の感想や俺も好きだ!なんて方がいらしたらなんでもいいので語ってもらえないでしょうか。
よろしくおねがいします。

Aベストアンサー

オートバイオークション関係で働いてます。

CBR250RRは90年からですので89年式はCBR250Rになります。
確かにCBR250Rや初期型のCBR250RRはあまり人気はありませんが高年式車になると結構高値取引されています。
決して不人気車ではありませんよ。

ちなみに同クラスのFZR250RやGSX-R250はかなり不人気車と言えます。
CBR250RRと同じくらい良いバイクなのにね・・・

Qチューブ車にチューブレスは可能ですか?

 スポークホイール車でノーマルはチューブタイヤです。これに、「チューブ」を使ってチューブレスのタイヤを使うことは可能でしょうか?
 時々、スポークホイール+チューブレスタイヤという組み合わせを見ます(SR400にTT100を履かせているとか)。メーカーHPでのTL/WT(チューブレス/チューブ)の違いって何でしょうか?

Aベストアンサー

SRにチューブレスのハイグリップタイヤを使っていたことがあります。
他の方の回答にあるように、中にチューブを入れれば使えます。
チューブタイヤとチューブレスタイヤの違いは、
○チューブレスは内側に空気を通さない層がある。
ゴムも僅かながら空気を通します。縁日で買った風船が数日で萎むのはそのためです。
チューブレスタイヤには内側に空気を通しにくい層が貼り付けてあります。
○ビート部のサイズが小さい。
ビートとリムを密着させて空気の漏れを防ぐため、かなりキツ目のはめ合いになってます。

チューブホイールにチューブレスを使ったときのデメリットは、上記のようにビートのはめ合いがきついため、タイヤ交換、パンク修理が困難になります。
チューブレスタイヤの場合はタイヤを外さず外面修理できますが、
チューブタイヤはタイヤを外さないと修理できません。
このときビートが落ちにくいため、人の手で外すのが難しくなります。
ショップであればタイヤチェンジャーという機械で外しますので、その限りではありません。
パンクはショップで直してもらうなら、特にデメリットはありません。

SRにチューブレスのハイグリップタイヤを使っていたことがあります。
他の方の回答にあるように、中にチューブを入れれば使えます。
チューブタイヤとチューブレスタイヤの違いは、
○チューブレスは内側に空気を通さない層がある。
ゴムも僅かながら空気を通します。縁日で買った風船が数日で萎むのはそのためです。
チューブレスタイヤには内側に空気を通しにくい層が貼り付けてあります。
○ビート部のサイズが小さい。
ビートとリムを密着させて空気の漏れを防ぐため、かなりキツ目のはめ合いになってま...続きを読む

QCBR250RRを業界オクにて購入

こんにちは。CBR250RRを業界オークションで購入しようとおもっています。希望金額に沿う車体が見つかったのですが、走行距離25000キロと過走行です。しかし、色々調べたところ、CBR250RRはかなり丈夫なエンジンらしく、整備は少ししてやるだけでかなりの期間不具合無く乗れるそうです(もちろん、消耗品の交換は覚悟していますが・・。)
実際のところどうなのでしょうか?CBR250RRの場合はあまり走行距離などは気にする必要はないですかね?あと、CBR250RRの良く起こる故障箇所など教えてくれると嬉しいです。
CBR250RRオーナーまたは前オーナーの方に答えてもらえると嬉しいです。よろしくおねがいします。

Aベストアンサー

確かにCBRエンジンは丈夫といっていいかもしれませんが。
さすがに25000キロとなると、前オーナーの使用、メンテナンス状況によってかなり変わってくると思います。
バイクの売買は、現物確認してからが基本かと。
現物確認できるのなら、バイクに詳しい人などと一緒に見てからの方がいいでしょう。
そうでなければ、お勧めしません。

Qエンジン始動部の鍵をオフにしてもエンジンがかかったままになる。

下の質問とはまた別の話なのですが、
スーパーカブに乗っていて
少し前から(2ヶ月くらい前)
エンジン始動部の鍵をオフにしても、
エンジンがかかったままになります。
それでしょうがないので
左ハンドルにあるチョーク部をあけるとやっと
とまります。
2ヶ月前まではなんとも無かったのに
なぜ急にこんなことになったのでしょうか?
改善するにはどうしたらいいですか?
(またいたずらされたのかな?)

Aベストアンサー

これは明らかに”ラン・オン”という現象です。

この現象はとくに圧縮比の高いエンジンで、吸入された混合気が電気火花によって発火する以外に、燃焼室の熱せられた部分によって加熱されて着火する現象です。

なおラン・オンを防ぐ方法として以下のものが考えられます。

(1) アイドリング速度を規定回転数にすること。これ はアイドリングが高いと、ラン・オンの発生原因に なります。

(2) エンジンに合ったオクタン価のガソリンを使用す ること。

(3) 点火時期の調整。点火時期の進みすぎや遅れが原 因でノッキングをおこしてラン・オンしている可能 性があります。

(4) 点火プラグを点検します。点火プラグが過熱した りプラグにカーボンの付着や故障が原因になってい る場合がある。

(5) 燃焼室内にバリなどがあったり、ヘッド・ガスケ ットの一部が燃焼室に出っ張っていたり、カーボン の堆積が原因となっていることがあります。これら をただちに除去してください。

(6) 高負荷で長時間運転したらすぐにエンジンを切ら ずしばらくアイドリングして各部を冷却してくださ い。

これは明らかに”ラン・オン”という現象です。

この現象はとくに圧縮比の高いエンジンで、吸入された混合気が電気火花によって発火する以外に、燃焼室の熱せられた部分によって加熱されて着火する現象です。

なおラン・オンを防ぐ方法として以下のものが考えられます。

(1) アイドリング速度を規定回転数にすること。これ はアイドリングが高いと、ラン・オンの発生原因に なります。

(2) エンジンに合ったオクタン価のガソリンを使用す ること。

(3) 点火時期の調整。点火時期の進みすぎや遅...続きを読む

QCBR250RRに流用可能な

私はCBR250RRに乗っているのですが、最近スイングアームの交換を考えています。
どなたかCBR250RRへ流用可能な車種のスイングアームをご存知の方いらっしゃいますか?
今色んなサイトでさがしています;
実際に流用された方や、見かけたことがある方いましたら教えてください!m(_ _)m

Aベストアンサー

>最近スイングアームの交換を考えています。
>参考程度に質問させて頂いてるので

何のため?
CBR250RRのスイングアームは、最近の普通二輪車の中でも作りや剛性などはトップクラスかと思います。

余程のカスタム(エンジンチューン)などしていない限り、交換の手間(加工やお金)、バランスなどを考えると交換する必要がないと思いますが。

Qロードスター,ルームミラーが,,

ユーノスロードスターNA6CEに乗っています.

ルームミラーに物を強くあててしまったら,はずれてしまいました...

破損箇所はないので自分でつけようとしたのですが,とても難しいのです.
接着剤でフロントウインドウについているタイプのものではありません.台座みたいな部品が車にネジでついています.ミラーの足には真中にでっぱりがあって,そのでっぱりが台座の真中に空いた穴の中にある金具にはまるしくみになっています.
しかし,この金具にでっぱりをはめるためには金具を広げなくてはいけませんが,金具を広げながらミラーをつけようとしても構造的に不可能です。台座をはずせばミラーと合体できそうなのですが,台座とミラーを先に合体させてしまうと,今度は台座を車につけられなくなります。

と,説明しても文章じゃ限界がありますよね.でも同じような構造の車でミラーがはずれた経験がある方がいればと思い質問させてもらいました.

よろしくお願いします.

Aベストアンサー

力で押し込んでください。だったと思う。
ぶつかったときに外れることにより、けがをしないようにそのような構造になっています。
ディーラーで着けてもらっても只です。
他社ディーラーで着けて!って言っても大丈夫だと思います。これぐらいなら。
ちょっとしたコツなんだと思いますけどね。

QCBR250RRのフレームについて

CBR250RRのフレームについてですが、前期中期後期とフレームには違いはあるのでしょうか?
現在車体番号MC22-105…(中期?)のCBR250RRを所有していて、MC22-100…(前期?)のフレームに乗せ換えを考えていたのですが、もし前期と中期のフレームに違い(ボルト穴等)があれば断念しようかな…と思ったので質問させて頂きました。
皆様の知恵をお貸しください。

Aベストアンサー

http://www.cmsnl.com/honda-cbr250rr_model14664/
こちらでフレームのOEM部品番号(ホンダの番号ではないと思う)を見てみると

RRL-前期(MC22-1000001~1020576) 50100-KAZ-000

RRN-中期(MC22-1050001~1056770) 50100-KAZ-000

RRR-後期(MC22-110001~)      50100-KAZ-780(50100-KAZ-000)
       ※Note: this part is superseded by 50100KAZ000.

要するに同じものだと思われますが…
私を全面的に信用されても困りますので、ご自分でご判断下さい。
信じるか、信じないかはあなた次第です。

QGM,CHEVROLET,Ford,オートバイ?

 大型バイクで、CHEVROLET,Fordの5700のエンジンを積んだバイクでボスって名前だったようなバイクのカタログや、詳しいページ教えてください。ボスジャパンってとこが担当してたような記憶がありますが?

Aベストアンサー

こん**は

 ボスホスJAPANと言う所で扱っているようです
 V8エンジンいいですよね
 1度乗ってみたい物です

参考URL:http://www.bosshoss.co.jp/in.html

QCBR250RRと400RRのカウルの違い

CBR250RRのカウルは400RRのカウルとそんなに違うものなんでしょうか?400RRに250RRのカウルは加工等しないと取り付け不可能なのでしょうか?知ってる人いましたらお願いします。見た感じ車体の大きさがそこまで違うとは思えないのですが・・・

Aベストアンサー

過去に’90CBR400RRに乗っていました。
RRの年式も解りませんが、全然違うものと思ってもらってよいと思います。
なおさら、400に250のカウルは無理でしょう(大きさ、幅の違いで車体に干渉するでしょう)。逆なら加工次第では付くとは思いますが。無加工では無理です。

Qキャブのオーバーフロー?

いつもお世話になってます。カブの50に乗ってます最近何気なくキャブのオバーフロー
した時にガソリンを出す管を見ていたら先っぽが
少し湿っていました地面にはオイルのシミ、跡
とかはありませんでした。ドバーっと出ている訳ではないのですが気になってます。

Aベストアンサー

 走行中に振動でごく少量の燃料がオーバーフローしたとか、エンジンの熱で気化したガソリンが、オーバーフロー用の管の出口付近で温度が下がり、再び液化したとか、理由は色々考えられると思います。
 バイクのエンジン付近なんて、オイル、ガソリンの滲みはしばらく乗ってれば当たり前みたいなものなので、余り気にしなくても良いと思いますよ。


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング