教えて!gooにおける不適切な投稿への対応について

結局雇用統計が悪くても米国株は上がっていきますか?

gooドクター

A 回答 (3件)

過去の失業率vs株価のチャートを見れば明らかですが、一般的には雇用統計が悪いと株式市場は悪化します。


しかし、今現在は雇用統計が悪化したにも関わらず株式市場が最高値を記録したりしています。過去の単なる不景気による高失業率とは状況が違うからです。
株が下がらない理由は、株式市場に影響を与える銘柄が高失業率に寄与していない、つまりこれらの銘柄は好調を維持している、とみられているからです。
コロナ禍において、経済的に困窮しているのは街中のレストランやバーなどですが、これらはS&P500などの指標としてリストアップされているわけではありません。一方、好調を維持している大手IT企業や製薬会社などが株式市場の指標としてリストアップされていて、指標に直接影響します。
S&P500にリストされている企業の業績が良い、あるいは将来もよくなる、考えられていれば、指標は上がるし、その一方で街中の失業率も上がる、という状況になり得ます。
とはいっても、限度はあると思いますが。あまりに失業率が上がれば結果的に人がお金を使わなくなり、好調な企業の売り上げも落ちるので、株は下がるでしょう。
    • good
    • 0

雇用統計は


即、為替に影響します。


株価には昔から大きく影響しません
次の季節は大丈夫なら問題ないのです。
株価は未来を買いますので
    • good
    • 0

うーん 結局は一番左右されるのは金利で、金利があがれば株などリスク高いものはやめて貯蓄や債権に金が回ります



金利があがるのは景気が回復して金融引き締めをするときです
その意味では、雇用の数値が悪いのは、景気回復してない=金融緩和継続すると見る
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

gooドクター

このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング