タイトルの通りです。
今度試験があるのですが、この違いが分かりません。教えて下さい。

また、センターラインの実線には白と黄色がありますが、この違いも分かりません。

アンサープラス

それぞれについて記載があります


Wikipedia
【路肩】https://ja.wikipedia.org/wiki/%E8%B7%AF%E8%82%A9
【路側帯】https://ja.wikipedia.org/wiki/%E8%B7%AF%E5%81%B4 …

A 回答 (3件)

 路肩は、ペイントによって分けられていない場合の、道路端から0.50mの部分をいいます。

道路としての機能を(破損などによって)損なわないために設けられるものです。自動車の通行は禁止されていますが、二輪車は特に制限がありません。
 路側帯は、ペイントで分けられている路肩といった感じですが、路肩と違うところは歩道の用を為すところです。ちなみに、点線と実線の二本で分けられている路側帯は駐停車禁止路側帯、実線二本の路側帯は歩行者用路側帯です。路側帯は、車両は進入禁止、横断の際は一時停止です。高速道路の場合はペイントがあっても路肩と呼んでいますが、路側帯でも差し支えないようです。
 ここでおせっかいにも付け足したいことがありまして、歩道と車道に明確な境界がある場合(例えばガードレールや縁石があるとか)は、路側帯に見える部分は「側道帯」といい、ペイントの事を「外側線」といいます。車両の通行は禁止されていません(自信なし…)。駐車の方法にやや違いが出ます。
・0.75m以上の幅のある路側帯の場合は、「道路端」から0.75m以上空けて駐車します(つまり路側帯に入っても良い。ただし、一時停止してから)。
・0.75m未満の路側帯、駐停車禁止路側帯、歩行者用路側帯の場合は、路側帯のペイントに沿って駐車します(つまり路側帯に入ってはダメ)。大体守られていませんけどね…
・側道帯である場合は「車道の端」に寄せます(側道帯には入ってもよい)。
・特にペイントがない場合は、「道路端」に寄せます。

 センターラインについては#1、2さんに同じですが、白と黄色の二本線の場合は、白線の側だけ追いハミ可だったと思います。ちなみに車両通行帯が黄線で分けられているときは車線変更禁止の意です。
 試験頑張ってくださいね。
    • good
    • 22
この回答へのお礼

よく分かりました。ありがとうございました。

お礼日時:2005/03/02 23:29

簡単に書くと、路肩は、道の端っこ(断崖絶壁の所だと肩といった感じがするでしょう)。

路側帯は,歩行者等が通る様に,ペイントで分けてある所。センターラインの白の実線ははみ出し禁止。黄色の実線は、補助標識が無い所では,追い越しの為のはみ出し禁止。試験があるという事ですから、教習所に通っていると思いますので、教官に具体的に聞いた方が良く分かると思います(せっかく高い教習料を払っているのですから)。
    • good
    • 7

路肩は道路より一段高くなっています。

路側帯は段差がありません。

センターラインの色は私も曖昧ですが色が違っていても意味(ハミ追禁止)は同じだったと思います??!
    • good
    • 3

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q防草シートの上に防犯砂利を敷きたいのですが、、、。

防草シートの上に防犯砂利を敷こうと思っています。そこで、防草シートについては適当な素材やシートの厚さ、敷き方のコツなど、防犯砂利については適当な素材や砂利を敷く適当な厚さその他敷く時のコツを教えて下さい!
優先順位は、1)防犯砂利の威力をきちんと発揮してくれる、2)水はけ良く、3)防草シート防犯砂利共に耐久性に優れ、4)雑草が出来るだけ生えない、5)コストパフォーマンスが良い、です。特に防草シートはケチると良くないようですので(http://oshiete1.goo.ne.jp/kotaeru.php3?q=828507)、5)は上記の満たした上での希望にするしか仕方ないかなと思っています。
ネットを見ると防草シートも防犯砂利も様々な情報があり混乱します。特に経験者の方、専門家の方の御意見を頂きたいです。

Aベストアンサー

防犯砂利は使用していないので紹介できませんが、以前下記の防草シートを使用していました。 丈夫なところが良かった点です。一度検討してみて下さい。

http://www.gfield.co.jp/boso.htm

参考URL:http://www.gfield.co.jp/boso.htm

Q道路のセンターライン(実線)、白と黄色の違い

まったく基本的な質問です。
普通の道路の、普通の中央線、白と黄色の違いは何でしょうか?
わたしはこれまで、白ははみ出さなければ追い越していい、黄色は追い越し禁止だと思っていたのですが、それって、違うようですね。

Aベストアンサー

車両通行帯が・・・
A)点線(破線)の白線
B)黄色線
C)黄色線と白線

A)は追い抜きも追い越しもOK。

B)追い越しのための右側部分ハミ出し禁止。
※追い越しとハミ出し禁止の違いは、標識の下に補助標識が付きます。追い越し禁止の標識は中々は見ることはありません。しかし、栃木県の日光市にあります。

C)追い越しのための右側部分ハミ出し禁止。但し、白線側からのハミ出しや追い越しはOKです。これも日光市にあります。

秋の紅葉狩りに出掛ける機会がありましたら、注意して見てください。

Qえ!!防草シートの下から雑草が・・・

いつもお世話になっています。

先月 戸建ての新居に引っ越し、早速庭への通路に砂利を引きました。
雑草がいやだったので防草シートを引き、その上に砂利を引きました。(予算をケチって3cmくらいの厚さ)

平日は何かと忙しく、外には出ていなかったのですが今日久々に出てみると
なんと!!防草シートを突き破りツクシのような雑草がいっぱい生えています。
これでは防草シートを引いた意味が・・・・

そこで質問です。
防草シートを引いて砂利を引いただけではだめなのでしょうか?
それとも、砂利の量をケチったのがいけなかったのでしょうか?
ご存知の方、アドバイスをいただければ助かります。

暑くなり、今以上に成長する前に手を打ちたいので
よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

NO1の方が述べられている様に防草シートは遮光により植物の光合成を遮断することにより植物の成長を妨げるものです。

>砂利の量をケチったのがいけなかったのでしょうか

防草シートを購入されたのは何処でしょうか、安価な防草シートは遮蔽率が少ないので効果に余り期待は持てません。

防草シートの施工は方法はシート敷設前に草根を削り取り防草様不繊布シート又はビニールシート(黒色厚手)等敷設の後に繊布シートを被せる二重の施工をしなければ防草効果は1.2年です。

今回の施工は知識不足と防草シートの有効性を過信した無知の為せる業でしょう。

小生も現役時代は送電線鉄塔の鉄塔敷地の防草には苦労しました。

一番防草効果があるのはやはりコンクリートとアスファルト舗装ですが費用が?
然しながら舗装の継ぎ目、風で吹き集めらられた土砂に草が?です。
人間・類が如何に努力しようが植物の成長を止める事は出来ません。
元来人間が自然を克服するのは難しい事です。

質問者が最施工なしで効果を持続するには定期的に除草剤を撒布する方法が最適でしょう。

NO1の方が述べられている様に防草シートは遮光により植物の光合成を遮断することにより植物の成長を妨げるものです。

>砂利の量をケチったのがいけなかったのでしょうか

防草シートを購入されたのは何処でしょうか、安価な防草シートは遮蔽率が少ないので効果に余り期待は持てません。

防草シートの施工は方法はシート敷設前に草根を削り取り防草様不繊布シート又はビニールシート(黒色厚手)等敷設の後に繊布シートを被せる二重の施工をしなければ防草効果は1.2年です。

今回の施工は知識不足と防...続きを読む

Q黄色の実線と白の実線(破線)の意味

今自動車学校に通っている者です。
まだ仮免を取っていないので初期の段階です。
学科の教科書等を読んでいて疑問に思ったことがあるので聞かせてください。

中央線での黄色の実線、白の実線(破線)と、車両境界線での黄色の実線、白の実線(破線)についてのことです。
中央線について自分の解釈では、黄色は追い越しのための右側へのはみ出し通行禁止なので、はみ出さない限りは追い越しでき、通行途中に道路工事があったり、緊急車両に道を譲る場合などやむを得ないときは、追い越しのためではないのではみ出しできる。
白の破線は追い越し禁止の標識がない限り右側にはみ出しても追い越しできる。
白の実線は幅が広いのでわざわざ右側にはみ出さなくとも追い越しできるので、右側にはみ出ること自体ダメ
というように思っているのですが、違っているところがあったら言ってください。

車両境界線についてですが、黄色は進路変更は禁止、白の破線は進路変更しても良いのだとは思うのですが、白の実線はどうなるのですか?
白の実線も進路変更が禁止なのだとしたら、黄色の場合との違いは何ですか?仮に交差点で右折するときに車両境界線が白の実線だった場合は右折のために進路変更はできないのでしょうか?
また、道路外にあるガソリンスタンドなどに寄るために道路を右折する場合などは、白の破線、白の実線、黄色の線ではそれぞれどうなるのでしょうか?

過去の同じような質問を見させてもらったのですが、人によって言ってることが違ってて何が正しいのか分からず、結局余計分からなくなってしまいました。自動車学校の教官にも聞きづらいです。
いろいろ分かりにくい質問だとは思いますが、疑問は残したくないので、どなたか分かりやすく教えてください。

今自動車学校に通っている者です。
まだ仮免を取っていないので初期の段階です。
学科の教科書等を読んでいて疑問に思ったことがあるので聞かせてください。

中央線での黄色の実線、白の実線(破線)と、車両境界線での黄色の実線、白の実線(破線)についてのことです。
中央線について自分の解釈では、黄色は追い越しのための右側へのはみ出し通行禁止なので、はみ出さない限りは追い越しでき、通行途中に道路工事があったり、緊急車両に道を譲る場合などやむを得ないときは、追い越しのためではないのでは...続きを読む

Aベストアンサー

こんにちは

>違っているところがあったら言ってください。

中央線の解釈については間違ってはいません。

中央線の白の実線は基本的に道路の左側部分の幅員が6m以上の道路になります。
従前は、道路の左側部分の幅員が3mに満たない道路に限り追越しのための右側部分はみ出し通行を認めていましたが、それでは片側の幅員が3m以上の道路においては、全く追越しができないことになり実情に即しなかったので、昭和39年の道路交通法の一部改正によって「6m未満」と改めました。
ここに「6m」とした根拠は、自動車の最大幅が2.5m(保安基準第2条)とされていることから、最大幅の自動車の相互間の追越しには、
5m(2台分)+0.5m(車両間隔)+0.5m(路肩部分または路肩相当部分)=6m
となるので、6m未満の道路で大型自動車が大型自動車を追越そうとすれば、例外なく道路の右側部分にはみ出さざるを得ないことになるところから「6m未満」としたと解されています。
つまり、はみ出さなければ追越しできます。
逆に、道路の左側部分が6m以上あれば、追越しのためであっても右側部分にはみ出して通行することは許されないことになります。

また、『追越しのための右側部分はみ出し通行禁止の交通規制は、道路の左側部分の幅員が、6mに満たない道路で行いうるものであるから、道路の左側部分の幅員が、6m以上の道路においては、この交通規制を行うことができない。』と謳われています。

>車両境界線についてですが、黄色は進路変更は禁止、白の破線は進路変更しても良いのだとは思うのですが、白の実線はどうなるのですか?

黄色の線の車両通行帯は公安委員会が必要と認めた場合、車両通行帯に黄線を引いて車両の進路変更を規制するものです。
たとえば、交差点の手前において進行方向別の通行区分の指定と併用する場合、横断歩道の手前での進路変更を禁止する場合、道路の屈曲部やトンネル内等危険な場所で進路変更を禁止する場合などがあります。

白の線で車両通行帯が区画されている場合は、実線でも破線でも、意味は同じで進路変更はできます。

>仮に交差点で右折するときに車両境界線が白の実線だった場合は右折のために進路変更はできないのでしょうか?

上記の理由で、進路変更はできます。

>道路外にあるガソリンスタンドなどに寄るために道路を右折する場合などは、白の破線、白の実線、黄色の線ではそれぞれどうなるのでしょうか?

中央線の種類には関係ありません。

車両横断禁止の標識があれば、道路外に出るために右折をすることができません。
車両横断禁止の標識がなければ、道路外に出るために右折することができます。

こんにちは

>違っているところがあったら言ってください。

中央線の解釈については間違ってはいません。

中央線の白の実線は基本的に道路の左側部分の幅員が6m以上の道路になります。
従前は、道路の左側部分の幅員が3mに満たない道路に限り追越しのための右側部分はみ出し通行を認めていましたが、それでは片側の幅員が3m以上の道路においては、全く追越しができないことになり実情に即しなかったので、昭和39年の道路交通法の一部改正によって「6m未満」と改めました。
ここに「6m」とし...続きを読む

Q防草シートする時は苔も取らないとダメ?

みなさんこんばんは

夏の草取りが大変なので庭にザバーンやエコナルなどの防草シートをして
その上に砂利を3cm程度の厚さで敷こうと思っています。
冬の今の時期だと草もそれ程生えていないので、
草取り(根っこから)はそれほど大変ではありませんが、苔(ゼニ苔、スナ苔など)が
自生しており、苔を取ろうとすると土がたくさん付いたままなので処分が大変です。

草だけ取ってしまい、苔はそのままにして、その上から防草シートと砂利でも
防草や防コケ(?)効果はあるでしょうか?

効果が薄れたり、防コケ(?)にはならない場合、
耕す様な感じで苔を土が付いた状態でバラバラにしてしまって、その上から防草シートなどなら
どうでしょうか?

おしえてください

Aベストアンサー

光が無い所では、植物は育たず消滅してしまいます。
当然コケ類も同じことで、防草シートが敷かれると自然淘汰をしてしまいますので、無理にむしり取る必要は有りません。
ただし、胞子は暗い中でも生き残って居ますので、防草シートを剥がしたときにはまた生えてくるはずです。

なお、コケ類も含めて全面的に枯らしたい場合は、毒性の弱い(土に触れると無害に成る)ラウンドアップと言う除草剤が有ります。
根っこから枯らしてくれますので、根の深い植物も殲滅できます。
ただし、種は破壊できませんので、光と水の供給が有れば3か月もすればまた生えて来ます。

ちなみに、防草シートの上に砂利を敷いても、風で飛んできた草の種や胞子が砂利の間に入り込み、その内に育ってきますので、定期的に砂利をかき回すなどの手入れが必要かも知れません。

Q白い点線を挟む両側黄色の実線

道路の中央分離帯で、
真ん中が白い点線で、それを挟む両側が黄色の実線
の場合、この意味はなんでしょう?

白の点線を黄色の実線で挟む意味はないと思うのですが…。
最初から黄色の実線だけでいいんじゃないですか?

Aベストアンサー

ただ単に夜間など見やすいという理由みたいですよ。
下記HPを見て下さい。

参考URL:http://www.tli.co.jp/3_q-and-a/drive.html#q15

Q家の周りについて…コンクリートか防草シート+砂利か。

家の周りについて…コンクリートか防草シート+砂利か。

新築中で、外構について検討中です。家の周り(南向きで北・東・西ともに隣棟間が50センチ程度です。)をコンクリートで固めるか、防草シート+砂利を敷くかで迷っています。

コンクリートだと水はけが悪いと聞きましたが本当でしょうか?
防草シートで、雑草はある程度防げますか?

どちらも一長一短あるとおもいますが、ご意見いただけたら嬉しいです。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

コンクリートでも砂利+防草シートのどちらでも構わないと思いますが、最終的には、貴方様の判断ですので、了解してください、
コンクリート施工だと、幾分、勾配をつけて排水施設が必要かと思います、コンクリートは、逆かまぼこ型に施工し、コンクリートの下に砂利を敷き均し、その下に排水パイプを敷設し、場合によっては、集水桝を設置しなければなりません、もしくは、コンクリートを片勾配にして排水用の側溝設置も考えられます、万一コンクリート施工をされるときは仕上げは、ほうき目仕上げをされることをお勧めします、滑りますので転倒防止のためです、
砂利施工ですが、砂利施工は、後々、自分または、家の都合で改良したいときに、再使用してどうにでもできます、また、砂利は歩くときに、音がするので泥棒避けにもなるのでは?と思います、コンクリートは後々破砕及び処分が費用や運搬処分地等が大変です、砂利の敷きならしの面積にもよりますが、私の場合は、運搬車を都合して、砕石山(砕石山がなければコンクリート会社でも売ってくれます、)で単粒砕石を買って自分で施工しました、ので車のレンタル料と砕石の材料代だけでできました、後々のこと(家族の方々の将来や手間も含めて)をお考えの上、結果を出してください。最後に、芝の敷設も如何でしょうか?

コンクリートでも砂利+防草シートのどちらでも構わないと思いますが、最終的には、貴方様の判断ですので、了解してください、
コンクリート施工だと、幾分、勾配をつけて排水施設が必要かと思います、コンクリートは、逆かまぼこ型に施工し、コンクリートの下に砂利を敷き均し、その下に排水パイプを敷設し、場合によっては、集水桝を設置しなければなりません、もしくは、コンクリートを片勾配にして排水用の側溝設置も考えられます、万一コンクリート施工をされるときは仕上げは、ほうき目仕上げをされることを...続きを読む

Qセンターラインは本当にセンターですか?

ドライブで峠を走っていると急なカーブのセンターラインが、ものすごく外側に書いてある場所があり、山を越えて隣の県に入ると真ん中に書いてあります。
制限速度は同じだしカーブの大きさも同じくらいです。
道路交通法とかで真ん中と決められていないのですか?
線を引く業者の気分ということではないでしょうが・・・

Aベストアンサー

>ある程度自由にセンターラインを書くことができるというのは、どうやってラインをトレースするようなセンターラインを決定しているのでしょう?

基本的な流れとして、図面の上で大体のセンターラインの引き方を決定します。
(ただ、この図面は道路が作られた当時の図面であり実際に現場に行ったら現場の判断で多少変更しなければいけないということが多々あったりしますが・・・)
それを実際に道路に目安となるマーカーを書き込みそれをなぞる形で線を引くような作業になります。
実際にセンターラインを引く作業のときは、大体引くラインに対しチョークなどでマーカーを書き込み
その上を通過するような形でセンターラインを引いていきます。
一発勝負で失敗ができない作業なので結構緊張するんですよね。
特殊な塗料を高熱で溶かし道路の上に縫った後冷やして固めるために
失敗してしまった場合取り返しの付かない状態になることもあったりします。

>また「道路構造令」という法律?で基準が決まっているのに、県によってひずみが生まれる理由がわかりません。

決まっている基準は、道路の最低の道幅、それに付随する路肩の広さ
カーブのある道ではカーブのRに対応した道路の制限時速などその程度のことです。
(厳密に言えば、落石がありそうな場合は防護柵を作らなければならないなど道路を維持管理する上で円滑で、安全に運用するための決まりごとだったりします)

その中では、舗装してある部分を全部道路としてみなさなければいけないということは書いておらず
最低限の道幅さえ確保しておけば、それ以外の部分はその道路を管理している団体が自由に使うことができるのです。

極端な話、幅100mの広さで舗装を行い、最低の道路幅さえ確保しておいて残りを空き地として利用することだってできます。
(ただし、そんなことはいらぬ予算がかかるだけなのでやるところなんて無いですが)
そのために、道路を管理している県がカーブの部分を少し余裕を持って作り安全に走れるように設計するという思想があれば
センターラインの位置は舗装してある部分の中心部分になってくるし

道路を管理している県が、カーブの部分に何らかの退避場所を設けるという思想を持って設計している場合は
最低限の道路幅+α分の広さでラインを引き残りは使用しないスペースとして使われている場所もあります。

これが県によってひずみが出てくる理由です。
県境をはさめば県道を管理している県が変わるために道の作り方が変わってきます。
良い例が、長野から新潟に抜ける県道18号線だったりします。
長野県側は最低限の車幅しか確保していないのに、新潟に入るととたんに道幅が1.5倍程度に広がり道の幅の使い方が大幅に変わる等
こういうことを見ていけば新しい発見が多かったりしますよ。
(昭和の時代で総理を排出した県は大抵、道の設計が余裕のあるつくりになっていたりします)

>まして、センターラインを書く決まりが無いがないなんて、そんな大体で決めているんでしょうか?

道路構造令で大体のセンターラインを書く位置は決められています。
しかし、センターラインの書き方については一切決まりがありません。
追い越し禁止とか車線変更禁止のラインについては指示があるもののそれ以外は結構自由だったりします。

感覚で話をするとするならば、紙の上で点を結ぶ線をフリーハンドで書いてるようなものです。
そのために、現場の判断で車の通行がスムーズに行えるように微妙に修正してセンターラインを書くということもあります。
(このあたりは現場監督の判断で、あまりにも変なことをしない限り大体はその通りにラインが引かれる)

道路の中心にセンターラインを引いてしまった場合、路肩に何らかの敷設物があったり通学路があるような場合
それらのものが邪魔になったり安全に走行できないというケースが住宅街ではかなりのケースであります。
それを、違法にならない程度の範囲で引くラインの位置をずらしたり等さまざまなことを現場の判断で行ってたりします。

>ある程度自由にセンターラインを書くことができるというのは、どうやってラインをトレースするようなセンターラインを決定しているのでしょう?

基本的な流れとして、図面の上で大体のセンターラインの引き方を決定します。
(ただ、この図面は道路が作られた当時の図面であり実際に現場に行ったら現場の判断で多少変更しなければいけないということが多々あったりしますが・・・)
それを実際に道路に目安となるマーカーを書き込みそれをなぞる形で線を引くような作業になります。
実際にセンターラインを...続きを読む

Q防草シートについて教えて下さい

こんばんは。
庭の雑草対策で防草シートを敷き、そこにガーデニング用の小石を敷き詰めようと思うのですが
我が家の庭にはアリや石を裏返すとダンゴ虫、ムカデ、ヤスデなどがいます。
特にダンゴ虫やムカデ、ヤスデはじめっとしたところを好みますので
ちょっとでも何か置いてあるとその裏に沢山いますよね。
防草シートの裏やシート上に巻いた小石の裏などこれらの虫はまたいるんでしょうか。
また、よく黒くなった四角い丸太みたいなやつがありますよね。
あれをステップとしていくつか埋めたいのですが
防草シートを切って埋め込んでも平気でしょうか。
詳しい方アドバイスいただけないでしょうか。
よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

「庭の雑草対策で防草シートを敷き、そこにガーデニング用の小石を敷き詰めようと思うのですが」

拙宅でもやりました。雑草取りが100~1000倍楽になります。残念ながら雑草が皆無にはなりませんが、妨草シートがあると根が張れないので楽々引き抜く事ができますよ。

「防草シートの裏やシート上に巻いた小石の裏などこれらの虫はまたいるんでしょうか。」

うーん、確かにプランターの下とか、あまったレンガを置いておいた下とかにはいっぱいいますが、妨草シートでは気になったことがないので、心配するほどいないのではないでしょうか。シートの下はめくったことがないので分かりません。

「防草シートを切って埋め込んでも平気でしょうか」

雑草はかなりしぶといので、妨草シートを切るとその隙間から生えて来たりします。「妨草」の効果を高めたいのであれば、あまり切らない方がいいと思います。それ以外に特に問題はないかと思います。

Qセンターラインが無い道路は追い越しOK?

今朝、煽られたあげく、追い越されました。

・住宅街
・センターライン無し
・制限速度30km/h
・休日の為道路で遊ぶ子供あり
・違法駐車車両あり

幹線道路なら私も制限速度+20km/hくらいで走る事もありますが、この道路の状況を考えて27km/hくらいで走ってました。

このような「追い越し禁止」表示が無い道路(黄色のセンターライン無し)は追い越しOKなのでしょうか?
(常識的に考えたら禁止ですよね)

Aベストアンサー

後続車は進路を変更して抜いていったのですから追い越しじゃないかな。
更に制限速度を超え、状況に応じていない危険行為を伴う追い越しですからもちろん禁止・違反になると思います。
こういう人間はたとえ黄色のセンターラインでも追い越しをかけますので、先に行かせてスルーしましょう。一台や二台先に行っても次の信号までたかだか数十秒しか変わらないのにね。


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング

おすすめ情報