【初月無料キャンペーン中】gooドクター

なぜ中国はアメリカと同じぐらいに国土が広いのに 中国に 移民する人間が少ないんですか。 アメリカと違って銃社会じゃないので安全ですしね。

gooドクター

A 回答 (8件)

都市部は豊かでビジネスチャンスが大きいが、コネ社会・ワイロ社会(よく言えば贈答・付け届け社会)なので兎に角人脈が大事なうえ、いつ共産党が介入してくるかわからない。



農村は今でも一揆が各地で頻発している。
よくあるパターンは、地方を監督している共産党行政官が、公害を垂れ流している企業と結託して農民を苦しめているパターンだ。
日本で云うと例えば講談の水戸黄門で「悪代官」と「越後屋」が組んで庶民を苦しめているパターンそのものだ。

中国には水戸黄門がいないので、いよいよとなれば農民が一揆という実力行使に出ざるをえなくなる。
悪代官ならぬ悪徳行政官も下手をしたら省政府や中央政府に睨まれるので単純に武力討伐とはいかないので、取りあえずはウソでごまかして曖昧なままにするとか多少は妥協して騒ぎが大きくならないようにする行政官もいるが、悪質の度合いがヒドイことが多いため農民が陳情から実力行使に移ることも多くなってしまう。

色々書いたが、そうはいっても中国には魅力的な部分も非常に多い。

米国も何が起こるか良く分からない部分が大きいが、中国も不安定な部分が大きいということは、それだけチャンスが大きいということでもある。

そして、日本からは企業人だけでなく、個人でも非常に多くの日本人が中国に移住している。特に「大連」方面には日本企業も多く、何年か前の反日大暴動の際も、大連のある省ではまったく暴動が起こっていない。
私の知人関係で、日本語教師や居酒屋経営など様々な仕事で中国社会に飛び込んだ人の数は、米国に移住した人の数よりも多い。
    • good
    • 0

なぜ中国はアメリカと同じぐらいに国土が広いのに


中国に 移民する人間が少ないんですか。
 ↑
1,政治が独裁で自由が無い。

2,人権が保障されないので、いつ何時
 国家権力でいじめられるか判らない。

3,そもそも、共産党員でないと
 夢も希望も持てない。
 中国で成功している人は、皆、共産党幹部
 と、特別な関係のある人ばかりです。




アメリカと違って銃社会じゃないので安全ですしね。
 ↑
1,犯罪発生率は米国を上回る、と
 指摘する人もおります。
 何しろ、政府が発表しないので判りません。

2,暴動が年に20万件も発生していると
 言われています。
 2008年に、年8万件、と発表されたの
 ですが、以降発表が無くなりました。
 20万件、というのは中国人の社会学者が
 調査した数字です。
 人によっては30万件だ、という人も
 おります。
    • good
    • 0

国土が広いと言っても


すべて共産党の土地です
国のものです

自分の土地はありません

建物を建てても
すべて上物だけで
土地は賃貸です

買う土地はありません

その点
アメリカは
いくらでも土地を売ってくれます
田舎に行くと安いです
    • good
    • 0

プロファイルのような者です。


アメリカに永住して暮らしています。
つまり、私はアメリカに移民した者です。

アメリカを選んだのは、生活全般にわたって満足できるものが得られるからです。
中国にも行ったことはありますが、それはありませんでした。
    • good
    • 0

中国に移民する人間が少ないと言うことはありません。

 このところの、欧米による中国の人権抑圧非難によって、現在の状況は変わってきているかもしれませんが、意外なことに、中国は移民先として魅力的な国と評価されています。 少し古いですが、2015年に中国国家民政部(民政省)傘下のシンクタンク、「中国与全球化智庫(Center For China and Globalization、CCG)」は、『中国国際移民報告』を発表し、地球規模の移民動向を俯瞰しつつ、中国国民の国際移民状況や外国人の中国への移民動向などについてまとめました。報告書は、移民先国家として中国が世界の注目を集めている点についても触れ、海外人材の受け入れ体制の強化を訴えました。

国連の統計によると、2013年、中国国内に在住する外国人は84万8,500人で、この先十数年の年平均増加率は3.9%で、1990年~2000年の3.0%よりもやや増加しています。 そのため上記報告書は、中国の移民先としての魅力はますます大きくなっていると指摘しています。

ロンドンに本社を置く世界最大級のメガバンク、HSBCホールディングスが2014年10月に発表した「Expat Explorer Report 2014」によると、「外国人にとって最も魅力的な国・地域」のランキングにおいて、中国はスイスとシンガポールにつぐ3位にランクインし、アメリカや日本、フランス、イギリスなどの先進国を上回る結果となりました。 迅速な経済成長と比較的安価な生活コストが、中国がますます魅力ある移民先国となっている理由と考えられています。 外国人を対象とする調査において、中国での経済状況指数(収入、財産、可処分所得など)は1位となっており、現地の経済満足度に対する調査においても、中国はトップ5にランクインしています。 また、収入からみると、アジアは最も外国人に歓迎される地域であり、年収が25万ドルを超える外国人の割合はヨーロッパの3倍(アジアは14%、ヨーロッパは5%)となっています。 中でも、中国はアジア地域で最も外国人に好まれる国で、年収が25万ドルを上回る中国在住の外国人の割合は世界平均の4倍(中国は29%、世界平均は7%)となっています。
    • good
    • 0

生活の自由がないから。

    • good
    • 0

移民を認めていないのが一番大きな理由でしょう。

    • good
    • 0

中国は国ではないからです


領土に住んでいるのは住民
主権がないのですから国民ではない
あの地域は共産党が支配する植民地なのです
なにか、中国の事を決定的に勘違いしているようですね
    • good
    • 5

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

gooドクター

このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング