今どこのメーカのどのオーディオを買うか迷っています。基本的にSONYが好きなのですけどKENWOODの音の方がいいという人もいます。オークションなどで古いものを買ったほうがいいのか新しいものを買ったほうがいいのか、よくわかりません。オーディオの良い買い方を知っている方、なにかアドバイアスがある方、どのようなことでもいいので教えてください。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (5件)

皆さんがおっしゃられているように、ハッキリ言って「一般的な良い音」などありません。


あくまでも個人の趣味です。

かと言って、じゃあ店で聴き比べて選ぶ・・・・というのも一般的な方法ですが、まったく無意味です(あんな環境で鳴らした音で何がわかる??)。

で、私の機材選びのポイントですが、「絶対にセット物は買わない」ことです。
amukunさんも書かれてましたが、回転メカを必要とするパーツとそうでないパーツでは寿命が大きく違います。

例えば私の場合、アンプやチューナーやスピーカーは10年以上使いますが、カセットは3年、DATは6年でだいたい交換しています。
※アナログプレーヤーとCDは壊れないな・・・・。
※あとMDはまだ初めて買って1年8ヶ月しかたってないのでわかりません。

そんなわけで予算と置く場所さえ許されれば絶対に単品をお薦めします。
※置く場所なんて何とかなるものです。

で、どのメーカーが良いか??という点ですが、好きなところを買えば良いのではないでしょうか?

私の経験から申しますと、機材の差よりも部屋の差(置き方の差)のほうが大きいと思うからです。
※同じスタイルの同じ価格帯の製品を比べた場合ですよ、勿論。

あと、同じメーカーで同じ価格帯であっても、新しいものほど音が良いとは限りません(中身が進歩していても)。

ハッキリ言って、今ではオーディオという趣味は過去の産物になってしまいました。
今の安価なコンポは冷蔵庫や洗濯機と同じような家電製品だと思っています(壊れなければ良い)。
メーカーもごく一部の高額商品しか本腰を入れていないのが現状です。

だけど、そんな中でもyohei98055さんが自分の気に入った製品を買って、自分の気に入ったように鳴らすことができたなら、それは立派に趣味のオーディオになり得ると思います。

素敵な音にめぐり会えますように応援します。
    • good
    • 0

オーディオと言うことですから、音にこだわっての選択としますと、音に一番影響するのは、部屋の音響効果です。


小さな部屋で小さな音で聞くなら、ミニコンポで十分で、どこのメーカでも良いので仕様書の機能や周波数特性を確認したら、後は、店で現物を見てデザインと予算で選べばよいでしょう。
ある程度の大きな部屋で、それなりのボリュームでお聞きになるとして、これから、オーディオを趣味とされるなら、一体型で無く、音響メーカーと言われるところのシステムを考えたほうが良いと思います。一例をあげれば、
スピーカー:デンオン、ダイヤトーン、BOSE
その他:デンオン、パイオニヤ、オンキョー
コンポーネントごとに、違うメーカーで選んでいくのも楽しいのですが、これは、後のことにしたほうが良いかもしれません。
置き方をいろいろ試して、その上で、スピーカーだけは、聞く経験を積むと、差が聞き分けられますので、こだわるとしたら、聞き比べたり、何度も買い換えたりするつもりでいたほうが良いと思います。
    • good
    • 0

メーカーから察するにミニコンポを検討されているのですよね。

(^_^)
私のお薦めはSHARPの誇る1ビットデジタルオーディオシリーズです。(参考URL参照)
ちょっとお高いですが、一度試聴されることをお奨めします。
尚、試聴に行かれる際はお気に入りのCDを持参で聴かせて貰うと違いが実感できますよ。

#尚、音の良さというのは好みに左右される部分も大きいです。
#重低音が好きな人もいれば抜ける様な高音が好きな人もいます。(私は後者)
#従って、やはり具に音を聴かれるのが一番だと思います。

参考URL:http://www.sharp.co.jp/sc/eihon/sdnx10/index.html
    • good
    • 0

SONYが好きならSONYを買った方がいいでしょう。


どのメーカーの方が音がいい!というのは基本的には無いと思ったほうが良いでしょう。
価格が高ければ、それなりにいい部品も使っているので音もいいはずです。安いものはどこかで機能を落としています。安くてMDがついていてお得なように見えても曲名がアルファベットでしか入れられなかったりします。予算が許す限りで高い物を買っておいたほうが、後で後悔しません。

CD,カセット、MDなどの、モーターや稼動部品のあるものは、古くなると不具合が起きやすいので、新品を買うことをお勧めします。
    • good
    • 0

音は好みがあるので、人に聞いたらその人の好きな音を薦めてしまうことが少なくないでしょう。


オーディオショップでは実際に音を聞かせてもらえるところが多いので、実際にご自分の耳で聞かれるといいですね。これがいいもの(自分の気に入ったもの)を買う最大のコツではないでしょうか。
求めるレベルも人それぞれ。MDラジカセの2万円から、それこそスピーカーだけでも数百万円、それ以上のものまで。。。

ちなみに私はソニーが好きです。音はそこそこでいいので機能面とか新しさの方に惹かれてしまいます。私の場合はオーディオファンではなくて、ソニーファンですね。(笑)
私のお気に入りはプロピクシーESPRIT(MHC-J970EX)です。もうずいぶん前の機種ですが、スピーカーやコンポの構成にこだわりがあって好きです。高音用スピーカーのエレクトロスタティック型は平面の板のスピーカーで珍しいです。綺麗な高音が出ます。今ではこのタイプは発売されていません。
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qカーオーディオ ツイーターのホワイトノイズ対策

ツイーターのノイズ対策

別の質問で得たヒントを元に、現在検討中です。
現在、カーオーディオのスピーカーを2Wayマルチアンプで組んでおりますが、ツイーターから無音時だろうとボリューム の大小にかかわらず、一定音量のホワイトノイズが発生しております。

電源周りやアースや配線の対策はやり尽くしたと仮定し、後は機器の故障を疑う前に、ツイーターにノイズカット用途のフィルムコンデンサを並列に入れてみようと思います。
そこで、まず試すとしたらコンデンサの容量はどのくらいの値から試すと良いでしょうか?
完全DIYで、一般的な工具は一通り持っておりますが、オシロスコープの様な専門的な機器は持っておりません。電子工作自体は問題無いですが、ノイズフィルターとしてのコンデンサの選び方は無知です。

困ってます。何卒アドバイスをお願いいたします。

Aベストアンサー

コンデンサーは「ノイズ」か「信号」かなんて判断はできませんから、SPと並列に居れれば周波数の高い信号をどんどんと自分経由で流してしまいます。

ホワイトノイズという事は高周波も低周波も含んでいる訳ですから結果としてツイーターから出るべき高い信号が届かずに低い周波数のノイズだけが聞こえるという事になります。

まずはアンプの出力に最短でSPを接続してノイズが出ているのか、エンジンを回さないで常時ONから電源を引いて動かしてみて電源や発電機からのノイズかどうかなど、どこでノイズが出ているのか突き止めるのが先です。

Qオーディオ機器のメーカ―で「トリオ」は今も健在ですか?

僕はトリオのコンポを持っているのですが、レコード針が壊れてしまい、新しいのを買ったら、トリオのものではありませんでした。もし、トリオの名前が変わったりしていたら教えて下さい。また長野県内か、その近くの県又はインターネットで扱っているところがあったら教えて下さい。

Aベストアンサー

トリオですか…懐かしい響きですね。
ナガオカレコード針のURLは下記のアドレスにありますよ。
一般の通販サイト(小売ショップ)ではないのでどんな質問にも的確に答えてくれます。
勿論、針からクリーナーアクセサリーまで総て販売しています。
純正針が希望ならば相談してみては如何ですか。

参考URL:http://www.seria-s.com/tenant/nagaoka/index.html

Qホワイトノイズ

今、大学の研究でホワイトノイズを扱うことになりました。データ数200で、プログラムでホワイトノイズを
作成したのですが、これが(この作成したホワイトノイズ)が本当にホワイトノイズ
といえるかがわかりません。
よくパワースペクトルが例にありますが、
どのようにしたら、ホワイトノイズである
ということがいえるでしょうか?
ご教授願います。

Aベストアンサー

ホワイトノイズとは全ての周波数成分を同じ強さで含む信号のことです。
ですからパワースペクトルが一直線ならホワイトノイズです。(現実的には高周波でパワーが落ちるが)
ちなみにインパルスも同様の性質を持ちます。

QPCとオーディオCDレコーダーではどちらのほうが音質がよいのですか?

音楽CD(コピーガードのかかっていないもの)をコピーしようと思っているのですが、パソコンを使いコピーするのとオーディオCDレコーダー(光デジタルケーブル接続)でコピーするのではどちらのほうが音質がよいのですか?

Aベストアンサー

所有しています。パイオニアPOR-D7です。音楽環境もある程度整っています。普通のパソコンの編集で作成したCDに比べて、音質が全然ちがいます。「格が違う」と言っていいでしょう。オーディオCDレコーダーのほうが上です。

パソコン用のCD-Rは使えません。音楽専用CD-Rを使うことになります。孫コピーは出来ないように制限を設けています。この事に納得できるのでしたら、専用レコーダーもご検討ください。

Qホワイトノイズ対策について

MMGVDA-100と言うUSBオーディオアンプを使っています。
サーと言うホワイトノイズが多く難儀しています。
アンプ自体の出力が大きいですので全体的にレベルを下げて
ホワイトノイズそのものを気にならない程度に抑えたいと思っています。
アッテネーターを抵抗などで簡単に安く自作出来ますでしょうか?
スピーカーはJBL CONTROL1(4Ω)です。

Aベストアンサー

質問の趣旨ですが、単にアッテネーターを作る際の “抵抗値” の
組み合わせの “値” が分からずに困っておられるということですか?

それとも、ノイズ の発生原因の 特定にも至らずに、苦慮されて
おられるということですか? どちらでしょうか。

まず初めに、“ ホワイトノイズ ” とありますが、文意通りに解釈すると
意図された返答とならなくなるので、ここでは 単に
『 ノイズに困られている 』 ということで、返答します。

それでは、総論から . . . .
今回のケースで 考えられるノイズの発生原因は、

 1) EMIに代表されるように、電磁的なノイズの影響
 2) 音声データの 【 有効桁 】 のビット落ちの問題

この二つがあげられます。
但し、今回の件では、最も疑われるのが、2)の “有効桁落ち” です。

というのも、D級アンプ であるが故に、その最大の特徴である ヒート
シンク無しでも、簡単に 大出力 (4Ω負荷、16W) が 得られると
いうことが “災い” し . . . . .

> アンプ自体の出力が大きいですので
       ・
       ・
       ・
着眼点:
 アンプに 『 余裕 』 があるから、まだまだ 『 下げる余地 』 が
 あるのではなくて、

問題点:
 もしろ、出力が大き過ぎるので、やむなく Windows 側のボリュームで
 音量 を下げていませんか?

 だから、『 有効桁 』 が落ちてしまう のです。
 → 結局は、S/N が非常に悪化し ノイズが増えてしまう。

解説:
 Windows 標準の USBのサウンド・ドライバーを使用されていると
 推測しますが、この場合の “PC” と “サウンドカード” との
 インターフェースは、
  ・Type I フォーマット
  ・Type II フォーマット
  ・Type III フォーマット
  ・MIDI フォーマット
の4方式のいずれかで行われます。

このうち 音声データを扱うのは、前者の三方式だけであり、圧縮の有無の
違いはあるものの いずれの場合でも、音声信号は “リニア” 即ち
“固定桁” による ビット表現となります。

したがって、例えば CDを聞くことを考えてみます。

もともとの有効桁は、16ビットあります。
しかし、音量を下げると、やむなく 有効桁 が 【 削ぎ落とされて 】

有効ビット数が 8ビット、7ビット、6ビット、 . . . . . へと、
好ましくない結果を招きます。
その結果が、今回のノイズです。 (S/Nが大きく悪化するので )

という訳で、umidnightさん の検討されておられる スピーカの直前に
アッテネーターを挿入するのは、良案かもしれません。

※理想的には、サウンド基板 の 回路パタンに 直接ナイフなどで
 切り込みを入れて、

 ・DAコンバータの出力 と
 ・D級アンプの入力

この間に ボリュームを挿入ができるとベストです。
( 私なら そうします )

あと、選ぶべき アッテネーターですが、可変式を選ぶと かなり金額が
高くなる (※1)ので、固定値の抵抗を使用された方が 今回のケース
ではベストです。

※1:
 ノイズ対策のコストが、サウンドカードの値段を超えてしまうと、
 本末転倒なので . . . . .

最後になりますが、私は かつて オーディオに非常に凝っておりました。
その経験を踏まえて言うなら、今回のサウンドカードは あまりにも
出力が大き過ぎます。 ( 出力が、4オーム負荷で16W もある )

参考までに、私のオーディオの最後のシステムでは、4Way のスピーカを
自作し、マルチアンプ構成としました。
(各音域のスピーカ・ユニット毎に専用アンプを、別々に用意します)

そこでのトータルでの出力は、3000Wクラス ( 3千ワット )にも
及びますが、( もちろん、電源は 住居 とは別 )

それでも 通常の 音楽のリスニングでは、アンプの出力は、
僅かに 1W程度、ないしは せいぜい 3W 程度です。
→ ここが、ポイント!!

この事を踏まえるなら、このサウンドカード ( MMGVDA-100 )は、
出力が 大き過ぎます。 ( ボリュームが付いていないので )

という訳で、アッテネーターを入れて ノイズが減るといいですねぇ。

質問の趣旨ですが、単にアッテネーターを作る際の “抵抗値” の
組み合わせの “値” が分からずに困っておられるということですか?

それとも、ノイズ の発生原因の 特定にも至らずに、苦慮されて
おられるということですか? どちらでしょうか。

まず初めに、“ ホワイトノイズ ” とありますが、文意通りに解釈すると
意図された返答とならなくなるので、ここでは 単に
『 ノイズに困られている 』 ということで、返答します。

それでは、総論から . . . .
今回のケースで 考えられるノイズの発生原因...続きを読む

Q既婚のオーディオマニアの方へ。独身でいたほうが良かったと思うことはありますか?

趣味の時間が取れないことに不満、離婚を考えたことなど、結婚したことに後悔はあるか、などほか既婚者ならではの悩み… 
独身の方の、「結婚なんて冗談じゃない」というようなコメントでもかまいません。
離婚を考えるほど、趣味にのめり込んでいない、という人のほうが多いのではないかとは思いますが、私の場合はかなりオーディオ好きなので、結婚した場合、上記のようなことを考える可能性は高いと思います。しかし実生活がどうなるかぼんやりとしか想像がつきません。よろしければ、教えて下さい。

Aベストアンサー

個人の生き方には誰も口を挟めないはずです。
ましてや趣味ともなれば、これは自由です。
趣味のために独身を貫き通すのも、ひとつの
喜びや満足感につながると思います。
人生楽しまなければ生きている意味がないと思いますので、
楽しみ、喜び、満足を主軸に生活設計を計画するべきですね。

既婚者ならば独身が良かったとは、言えませんよ。
パートナーの方に失礼ですから。

なので、家族ができたら趣味は二の次三の次と
想定するべきです。
両立は、金銭面、時間、ともに無理ですね。
ですので、家族を持ったら、家族との
相談で妥協点を探るしかないと思います。

離婚がちらつくようなら独身大いに結構なことです。

Qホワイトノイズとは具体的に何ですか?

現在、ノイズのことについて調べております。

ホワイトノイズや、ブラウンノイズ、ピンクノイズなどがあり、
wikiには「ホワイトノイズは全ての周波数で同じ強度となるノイズである。」と書いてあり、
他のページを見ると「音声に載るノイズ」というような事ばかり出てきました。

音に限らず、ノイズの形がすべての範囲で一定であるものはホワイトノイズなのでしょうか?
例えば、電子機器を用いてAを100回測定、Bを100回測定、Cを100回、Dを100回・・・・と測定したときにそれぞれで生じる偶然誤差が、すべて一定の範囲内にある場合、ホワイトノイズと言ってしまって良いのでしょうか?

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

 No.1です。

>回路内で意図的に発生させようとしない場合には、ホワイトノイズなどは発生しないということでしょうか?

 自然発生的にNo.1に書いたような「ホワイトノイズ」が発生することはないと思います。

 ただ、主にオーディオの世界で、オーディオ回路に乗っかっている「残留ノイズ」「デバイスノイズ」「定常ノイズ」といったような、原因の特定が難しい、広範囲な周波数のノイズ、という意味で「ホワイトノイズ」と称することがあるようですね。
 これは、その周波数成分がどうなっているかということとは無関係のようです。

 これらのノイズは、回路素子の中の非線形要素や熱雑音、電源からのノイズ(交流電源としては50/60Hzの低周波ですが、デジタル回路には種々のスイッチング電源や高周波が存在するので、そういったものの影響)、周辺からの電磁波など、いろいろな影響があると思います。オーディオ装置で無音状態(入力がない状態)でボリュームを上げていくと「サー」とか「ブーン」とか聴こえてくる音です。「ブーン」はほぼ50/60Hz電源のノイズなので、「サー」の方を世間では通称「ホワイトノイズ」と呼ぶことがあるようです。(ただし、これは物理用語とは異なることに注意)
 この「サー」は、古い音源の場合は元々の音源の「録音テープ」に含まれるヒステリシス・ノイズであることもありますし、最近の音源であれば、録音機材に含まれる残留ノイズ(音源そのものに含まれるので、再生機器での除去は不可能)、再生機器で付加される電源ノイズや残留ノイズということであって、必ず何らかの要因があります。ただし、人知では切り分け・特定が難しい、ということです。ご質問の中にある「測定したときにそれぞれで生じる偶然誤差」という「測定」に関する誤差とは、これまた切り離して議論しないといけません。

 質問者さんが問題にしたい「ホワイトノイズ」は、この「物理学」カテではNo.1に書いたような意味だと思いますが、どうなのでしょうか。学術的な議論に、Web上でググッた一般通称用語を持ち込むと、よくこういう混乱が起きます。注意して、用語の定義を明確にして議論しましょう。

 No.1です。

>回路内で意図的に発生させようとしない場合には、ホワイトノイズなどは発生しないということでしょうか?

 自然発生的にNo.1に書いたような「ホワイトノイズ」が発生することはないと思います。

 ただ、主にオーディオの世界で、オーディオ回路に乗っかっている「残留ノイズ」「デバイスノイズ」「定常ノイズ」といったような、原因の特定が難しい、広範囲な周波数のノイズ、という意味で「ホワイトノイズ」と称することがあるようですね。
 これは、その周波数成分がどうなっているかとい...続きを読む

Qデジタルオーディオを買おうと思ってます。

英語の勉強に使うのに、ソニー NW-E507 1G か パナソニック SV-MP730V 1G のどちらを買おうか迷ってます。 どちらのほうが使いやすいでしょうか。買おう前に、是非参考にさせていただきたいので特徴を教えてください。

Aベストアンサー

私的にはNW-E507(以下507)の方がいいと思います。
なぜなら、SV-MP730V(以下730)より、507の方が再生時間が長いからです。730は10時間に対して507は50時間です。
しかも、507はありがちなボタンではなく回すタイプのジョグシャトルという操作方法なので、操作性は高いと思います。

でも、どのような方法で英語の声を入れるのかはわかりませんが、英語の先生の声を録音して家に帰って復習するって言う感じの勉強方法ならボイスレコーダーの付いた730を買ってください。

Q何もないところでもホワイトノイズがあるのはなぜですか?

何もないところをスペアナで測定したとしてもホワイトノイズが検出されます。
またオペアンプでは、オペアンプ自身のノイズとは別にグラウンドからのホワイトノイズが増幅されてゲインノイズとして現れたりします。

これらのホワイトノイズというは、完全に消すことは出来ないのでしょうか?
例えば導線を絶対零度にして導線にあるジョンソンノイズはゼロにしたとしてもこのノイズは消えないのでしょうか?
他に発生原因がありましたら教えて下さい。

Aベストアンサー

ホワイトノイズは電子の運動です。それをとめれば消えるはず…ほんとうの意味の死の世界?
これでは、測定系も死にます…

質問前半の問いは、たぶん、測定系ノイズ(測定系が外部(被測定物以外)の影響を受けている)と思われます。

QKENWOOD K's の7002とR-K731

最近ケンウッドのR-K731を手に入れたのでLSF-777 と言うSPをリサイクルセンターで手に入れクラッシックやポップスを聞いております。
たまたまLSF-777 についてネットで調べたらコンポのSPでKAF-7002 DPF-7002がアンプ、CDレコーダーとしてあるとの事。そういえばリサイクルセンターにこれらも売っていたのを思い出しました。
そこで質問です。
秋の夜長に、たまにはじっくりと良い音楽(CD)を聞いてみたいと思うのですが、このSPはそのままで、アンプはR-K731とKAF-7002 では素人がCDを聞いていて、音質?などにわかるくらいの差がでてくると思われますでしょうか?

又DPF-7002ですが、CDをR-K731で聞くより、DPF-7002で聞く方が、所謂良い音楽を聞く事ができるのでしょうか?

リサイクルセンターにあったKAF-7002 DPF-7002が気になっているのですが、年代物であるために、購入後すぐ修理になったら嫌だなあとか、せっかく手に入れたR-K731は端子が多くて便利だし、かと言って置き場が無くなるなあとか、KAF-7002 DPF-7002の販売金額をも含めて、いろいろと考えてしまいます。

でも一度これらのアンプやCDレコーダーでバイオリンやピアノの音色を聞いてみて、どのくらいR-K731で聞くのと違うのだろうなど聞き比べをしてみたくて、ここ数日ずっと気になっております。

皆さまはどう思われますか?主観でも客観的でも良いので何か情報をお教え下さい。
購入するか否かの参考にさせて下さい。

又 DPF-7002の、DACとしての使用という意味がわかりかねます。例えばどういうふうに利用をしたらどうなったと言うような事もお教え頂きたいです。

最近ケンウッドのR-K731を手に入れたのでLSF-777 と言うSPをリサイクルセンターで手に入れクラッシックやポップスを聞いております。
たまたまLSF-777 についてネットで調べたらコンポのSPでKAF-7002 DPF-7002がアンプ、CDレコーダーとしてあるとの事。そういえばリサイクルセンターにこれらも売っていたのを思い出しました。
そこで質問です。
秋の夜長に、たまにはじっくりと良い音楽(CD)を聞いてみたいと思うのですが、このSPはそのままで、アンプはR-K731とKAF-7002 では素人がCDを聞いていて、音質?などに...続きを読む

Aベストアンサー

DPF-7002にはデジタル入力がついていて、
たとえば別のCDプレーヤーのデジタル出力から
DPF-7002のデジタル入力に入れれば、
DPF-7002を経由した音がでてくるっということです。
なので、ものすごく大雑把に言えば、この入力をつかえば、
どんなCDでも、DPF-7002の音がでてくる。っということです。

なので、DPF-7002の音が気に入っていたのに、CDが読み込まなくなってしまった。
残念だ・・・っと思っても、別のCDプレーヤーのデジタル出力から、
DPF-7002のデジタル入力に入れて、
DPF-7002の出力からアンプにつなげば、
またDPF-7002の音で音楽を聴くことができるのです。

または、MDのデジタル出力、DATのデジタル出力、
などをDPF-7002のデジタル入力に入れることによって、
DPF-7002の音で再生できるっということです。

MDやDATの特徴もあるので、まったく同じ音ではないと思いますが、
限りなく近い音で再生できるっというものです。


もし質問者さまが、KENWOODの音が好みの音だ。ということであれば、
KAF-7002 DPF-7002を使用することをお勧めします。

当時、ものすごい人気のシリーズでした。
この前のシリーズもすごい人気でした。
そして、3年間モデルチェンジはしない。っとメーカーが公言して、
3年後登場したのが、このKAF-7002 DPF-7002ほか一連のシリーズです。
記憶が間違っていたらすいません。

私は、このシリーズは、アンプ、CD、スピーカー、すべてセットの音を何回も聴きました。
当時の電気屋はかならずおいてありました。
しかし、システムコンポとしてはとても高級な製品です。
見た目はミニコンポです。なので、当時はオーディオに興味のない友人たちは、
「ミニコンポ」と同じ扱いをしていました。

イコライザー、カセット、チューナー、アンプ、CD、スピーカーなどなど・・・。
全部そろえたら、20万円を超えていました。

私の友達も「音はいいけど、高すぎるから手がでない」っといって、
みんな10万円弱のミニコンポを購入しました。

ケンウッドの音が嫌いな人は、このコンポをかなり悪くいう人がいますが、
私自身、ケンウッドの「力の入れた製品」は好きです。
このコンポは、人気機種なので、手を抜くどころか、非常に力を入れた製品だと思います。

今お使いの機種よりも、手間もお金もかかっているのは間違いないです。

しかし、聞き比べて音の違いがわかるか。っと聴かれると、疑問です。
小さい音でBGM程度に聴くなら、さほどの違いは出ないと思います。
休みの日に本格的に音楽と向き合うつもりで、大音量とはいわなくても、
あるていどの音量をだせば、違いは間違いなく出ると思います。

音を一番支配するのは、スピーカーです。
このスピーカーを私も使ったことがありますが、アンプを変えると化ける可能性があります。
当然、お持ちのスピーカーは、KAF-7002とDPF-7002で使われることを前提として
設計されております。なので、相性がいいのは間違いないです。
もっと質の高いアンプを使用すれば、もっといい音が出るのは間違いないですが、
オーディオはキリがありません。

しかし、質問者さまの言うとおり、「故障」したらいやですよね。
中古で、アンプとCDプレーヤーあわせてどれくらいかわかりませんが、4~5万くらいでしょうか。
もし故障したら痛い出費になりますよね。

でも、ケンウッドにいえば、今でも修理は受け付けてくれるのではないでしょうか。
オーディオショップでも修理を受け付けてくれるところはいっぱいあります。
ケンウッドに問い合わせてみて、修理を受け付けてくれるようであれば、
安心して購入しても損はないと思います。

今は、いろんな機能がつめこんであり、音よりも便利さを最優先した商品に感じます。
そこそこの音がでればOKっという商品もあるように思います。
そういう製品とは、まったく違う製品です。
ケンウッドは今はもう、あまり本格的なコンポを作っている印象があまりないですが、
このK’sシリーズは、見た目で損をしている印象がありますが、
中身はとても充実したコンポだと思います。

質問者さまがお使いのスピーカーを生かすのであれば、いい選択だと思います。

DPF-7002にはデジタル入力がついていて、
たとえば別のCDプレーヤーのデジタル出力から
DPF-7002のデジタル入力に入れれば、
DPF-7002を経由した音がでてくるっということです。
なので、ものすごく大雑把に言えば、この入力をつかえば、
どんなCDでも、DPF-7002の音がでてくる。っということです。

なので、DPF-7002の音が気に入っていたのに、CDが読み込まなくなってしまった。
残念だ・・・っと思っても、別のCDプレーヤーのデジタル出力から、
DPF-700...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報