会社で雑談中に出た問題です。
誰も分からなかったので質問します。

(1)離島で電力量の多い島はどこですか?その量はどの程度ですか?
(2)2000VKAの電力を建物に供給する時はどのような設備が必要ですか? 発・変電機器が必要ですか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

離島の定義がいまいちわからないので、なんとも言えませんが、 沖縄本島を離島と区分するなら、ここが一番消費電力が大きいと思います。


人が多く住んでいる島・大きな工場やホテルなどがあるとかいろいろ条件があると思います。
それ以外となると「淡路島」「佐渡島」なども多い方になるのではないですか?

2000kVAとなると、かなりの電力ですね。
電力会社から供給してもらうとなれば、6kVとなるかと思います。 それを使用の電圧(100V・200V)に下げなければならないため、開閉器(6kV用スイッチ)や変圧器などが入った、「キュービクル」を設けなければならないと思います。
発電設備でまかなうならば、ディーゼル発電機で間に合うかと思われますが、停電を防ぐ意味でも2台以上用意せねばならず、ちょっと採算面で問題があるかと思います。
この場合も、「キュービクル」などの設備は必要です。
土地があれば、太陽電池なんて手もあります。この場合はインバーターが別に必要となります。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございました。

お礼日時:2001/08/29 20:08

島別の電力量については公表されていません。

ただし、島ごとの発電所の出力が分かれば、なんとなくどこの島が多いかは類推することが出来るでしょう。また、少々強引ですが「認可出力=最大電力」と仮定して、電力会社ごとの負荷率から逆算して電力量を試算するくらいのことはできるかもしれません。

負荷率(%)=電力量(百万kWh)/(最大電力(千kW)×24×365×100000
で求めることが出来ます。でも、島ごとの発電所の出力を調べる方法が思いつきません。負荷率については多分電力会社のホームページにのっているでしょう。

2000kVAってのは大きいですね。離島に建てようとしても余力がないかもしれませんね。どうしても早く建てたければ自家発を導入しなくてはならないかもしれませんが、とりあえず電力会社に相談なさってはいかがでしょう。もちろん電線で本土と繋がっている離島については全く問題ありません。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございました。

お礼日時:2001/08/29 20:08

(2)のみ回答します。


「2000VKA」・・2000KVAですね。力率0.8として1600KWですので6000V受電となります。これを少し越えると30000V受電ですね。
いずれにしても変電設備が要ります。トランスで、100Vや200Vに落として屋内に供給します。発電所までは必要ないでしょう。自家発電は主に停電対策か、余剰エネルギーの有効利用の目的で設置します。
参考URLは東北電力の受電電圧、供給方式です。

参考URL:http://www.pref.yamagata.jp/sr/quest/07denryoku/ …
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございました。

お礼日時:2001/08/29 20:08

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q無料のイラスト素材

パワーポイントで会社の資料を作成中です。工場で働いている人や作業着を着た人、ヘルメットを着用したイラスト素材を探しています。(様々な表情や手の動きがあれば非常にありがたいです)
どなたかご存知でしたらお知らせください。

Aベストアンサー

仕事で使うのに無料でないとだめなのですか?

有料ですが、満タンWeb
http://www.dex.ne.jp/mantan/index.html
で「作業員」「ヘルメット」検索すれば、ご希望にかなうイラストが多数ヒットすると思います。

Q【電力会社の火力発電の電力使用量が100%を超えても国民に電気を供給出来た本当の理由とは】 電力会社

【電力会社の火力発電の電力使用量が100%を超えても国民に電気を供給出来た本当の理由とは】

電力会社が原子力発電を全て停止して火力発電で全て賄えたのは火力発電のピーク時に火力発電の排熱を利用して動作する予備発電機としてガスタービン発電機の設備があったから使用電力量が100%になっても実は排熱を利用したサブ発電設備が裏で稼働していたのでインターネット上から国民が見れた電力使用量標準サイトのパーセンテージは100%を超えても供給量は実際には100%以上の発電量能力があったというオチだった。


で実際のところ、サブシステムのガスタービン発電の稼働率はどれくらいだったのでしょうか?

全国の原子力発電が全て停止されていたときのサブシステムのガスタービン発電稼働率を教えてください。

Aベストアンサー

・・・って言うか、サブシステムに限らず、そもそも定検中とか休眠中の発電装置まで含めたら、大手電力会社だけの生産能力(原発含む)でも、ピーク需要に対し200%くらいはあるんですよ。

原発抜きにしても、150~160%くらいかと。
その内、50~60%くらいが、定検などで止まっている結果、100%となるワケですが。
現在は売電事業者なども増加してるから、もうちょっと余裕があるでしょう。

ただ・・90%台とか100%前後の操業状態ってのは、いつ停電が発生してもおかしくない状態です。
たとえば定格10アンペアの電気器具でも、始動時はその数倍~十倍以上の電流(突入電流)が流れるので、数百アンペアも使用する大きな装置が一斉に始動したりすれば、高確率で停電します。

一方、我が国の電力供給は世界でも屈指に安定してて、産業界も民間も、ほとんど突発停電は想定していません。
すなわち、突然、大規模停電などが発生したら、どの様な事態が生じるか、想像できないのです。
大規模な突発停電により、死人が出ても、全く不思議ではありませんが、我が国はそれだけ電力に依存していると言うことです。

従い、電力会社が公表している100%とは、まず停電が起らない安定供給能力であって、「100%以上、供給できたじゃないか!」なんて言うのは、ちょっとお門違いではあります。

ある大手売電事業者の方から話を伺う機会がありましたが、「原発停止の直後、電力会社からの要請で、夏場に最大供給を行った際、90%台後半の発電を行ったが、薄氷を踏む様な思いだった」とのことでしたし。
電力会社も、定期点検の時期を遅らせるなどして、供給に必死だったことなども報道されていますが、定期点検を遅らせるのも、出力(発電量)が落ちる原因にもなるし・・。
安定供給量の100%を超えると言う事態は、かなりリスクがあります。

・・・って言うか、サブシステムに限らず、そもそも定検中とか休眠中の発電装置まで含めたら、大手電力会社だけの生産能力(原発含む)でも、ピーク需要に対し200%くらいはあるんですよ。

原発抜きにしても、150~160%くらいかと。
その内、50~60%くらいが、定検などで止まっている結果、100%となるワケですが。
現在は売電事業者なども増加してるから、もうちょっと余裕があるでしょう。

ただ・・90%台とか100%前後の操業状態ってのは、いつ停電が発生してもおかしくない状態です...続きを読む

Q「無料で使ってもいい素材(ロゴとかイラスト)」を集めたサイトがあれば教えてください

具体的には、
めちゃイケとかバラエティでよく出てくる
「!」とか「?」のマーク、あと
ひらめいたときの豆球のイラストなんかを探しています。

他にも面白くて無料で使えるフリー素材があれば教えてください

Aベストアンサー

http://www.printout.jp/clipart/clipart_d/19_arrow/01_decoration/clipart2.html
↑こちらが使えれば・・・?
他にも下のトップページに有りますので、探して下さい。

Q関西電力電力供給力(揚水発電量)

関電でんき予報揚水発電量について、関電の需給検証委員会への今夏揚水発電量は、220~250万kwですが、でんき予報では、なぜ448万kwも確保できるのでしょうか?
電力関係の方、説明お願いします。
http://www.npu.go.jp/policy/policy09/pdf/20120423/shiryo3-2-5-5.pdf (関電報告徴収)
揚水発電量以外の供給力・・・7月:2235万kw 8月:2303万kw
でんき予報7月15日
自社 原子力          118万kW
火力              1,140万kW
水力               279万kW
揚水              448万kW
地熱・太陽光           0万kW
他社受電           530万kW
うち、融通 (他社からの受電) 110万kW
 - 中部電力から        58万kW
 - 北陸電力から       18万kW
 - 中国電力から        35万Kw
(他社への送電)         0万kW
合計               2,514万kW
でんき予報7月16日
自社 原子力           118万kW
火力               1,240万kW
水力                278万kW
揚水                448万kW
地熱・太陽光            0万kW
他社受電             604万kW
うち、融通 (他社からの受電) 124万kW
 - 中部電力から         58万kW
 - 北陸電力から         18万kW
 - 中国電力から         49万kW
(他社への送電           0万kW
合計                2,687万kW

関電でんき予報揚水発電量について、関電の需給検証委員会への今夏揚水発電量は、220~250万kwですが、でんき予報では、なぜ448万kwも確保できるのでしょうか?
電力関係の方、説明お願いします。
http://www.npu.go.jp/policy/policy09/pdf/20120423/shiryo3-2-5-5.pdf (関電報告徴収)
揚水発電量以外の供給力・・・7月:2235万kw 8月:2303万kw
でんき予報7月15日
自社 原子力          118万kW
火力              1,140万kW
水力         ...続きを読む

Aベストアンサー

揚水に要する時間は発電の3割増し位の時間がかかります。
夜間、需要が減って、揚水できる時間が8時間とすれば、昼間にフル運転で発電可能な時間は6時間ほどになります。
出力を半分にすれば、同じ揚水量でも発電時間を長くできます。
運転の仕方によって、設備容量と発電出力に差が出ます。

Q無料のイラスト素材

腕時計やお金(500円や1000円等)のイラストを探しているのですが、どこかこのようなイラストを扱っている素材サイト
を知りませんか?
探してみたのですが、年賀状や季節のイラスト等はよくあるのですが、なかなか見つかりません。

ご存知の方、お願いします

Aベストアンサー

MicrosoftOfficeをご利用なさっているのなら、クリップアートをダウンロードすることで豊富なイラスト群をダウンロードできますよ。時計のイラストもお金のイラストも豊富に用意されています。

参考URL:http://office.microsoft.com/clipart/results.aspx?lc=ja-jp&CategoryID=CM790019061041&Scope=MC,MM,MP,MS&CTT=4&Origin=CM790

Q電力の最大供給量と使用量の差はどこにいってる?

最近、電力会社が電力の最大供給量と使用量をネットなどで公開しています。

通常は、最大供給量と使用量には差があります。

この差はどうなるのでしょうか?

発電所を止めて、発電しないでおくとか?
発電するけど、どこかでわざと無駄使いするとか??
揚水とかして、エネルギーをためこんでおくとか???

Aベストアンサー

家庭で使われているエアコンも冷房であれば高暑に対応して余裕のある設計で
気温に応じて自動的に能力調整され最大で運転している訳ではありません。


例えば100台の発電機があれば、需要の少ない5月頃は10%程度の余裕を見込んで70台の運転しますが、余裕分は電圧と周波数を自動監視して発電機の能力を自動制御します。

夏の最需要時は100台の稼動となりますが、やはり余裕を持っている分は自動制御されます、然し夜間には需要が減るがこの分は揚水発電機を使い高所ダムに水を蓄えます、最需要時に発電し、火力などの発電量を平準化します。

土日など需要が減ると判明している分は発電機の運転を減らし効率化を図るが、時間単位で変化する分は発電機の能力を自動制御します。


「発電所を止めて、発電しないでおくとか?」       その通り
「発電するけど、どこかでわざと無駄使いするとか??」  ありえません
「揚水とかして、エネルギーをためこんでおくとか???」 その通りです

Qお勧めの無料イラスト素材

保育園の文章などをワード・エクセルで作ることになりました。
そこに、かわいいイラストなどを挿入したいのですが、オフィスサイトにも、ネットでそうとう数探しても、白黒画像でかわいいイラストって意外と少ないと言うか、あまり見つけられませんでした(カラーではたくさんありましたが)。
オフィスの機能でカラーを白黒にしても、あまりうまくキレイに表示(印刷)できないので最初から白黒かグレースケールのイラストでかわいい園児や動植物などがたくさん出ているサイトをご存知の方、お勧めサイトなど、教えてください。

Aベストアンサー

下記のサイトなどはどうでしょう
「モノクロ イラスト集」などで検索すると色々出てきますよ

参考URL:http://www.fumira.jp/

Q離島の橋を使った電力や水道の供給について。

離島はケーブルなどで本土から電力供給されるか、自家発電施設が島のほうにあったりして、電力が賄われていると聞きます。

そこで、電力が本土から供給されているケースについてお聞きしたいことがあります。

離島に対して本土から電力を供給する場合、恐らく手段としては海底にケーブルを張るか、橋が渡されていれば橋の車道の下に電力から水道、電話などを通すことができると考えます。

海底ケーブル、橋の下……どちらがどうメリットがあり、どうデメリットがあるのか教えていただきたいです。

あと日本だと海上を渡した橋は、だいたい2キロぐらいが最長だと聞きます。(古宇利大橋とか)
例えば古宇利大橋に水道管やその他電気や電話などのライフライン系ケーブルを併設することは可能なんでしょうか? また、併設した場合、メリットが見込めるのか? 
要するに現実的な話として、実現可能なのでしょうか。

変な質問ですが、よろしくお願い致します。

Aベストアンサー

 瀬戸内海の離島等で本州と陸橋で接続している場合、架橋
するか、海底ケーブルで施設するか、その判断は結構難しい
と思います。
 理由は、架橋する場合の国に対する許認可と、海底ケーブル
で施設する場合の許認可の難しさのレベルと、設備建設後の
点検保守のし易さがどうバランスしているかの判断があるから
と思います。また、橋梁添架の場合負担金を求められる
可能性もあります。
 民間企業(電力会社やNTT以外の通信会社)でこのような設備
工事をする場合、相当交渉力と資金力が必要になると考えます。
担当者としては余りやりたくない仕事の一種かと思います。

Q■無料イラスト素材を探してます!■

校内新聞を作成しているのですが、
海賊の宝地図みたいなものか、忍者の巻物っぽいイラストを探してます。
少し急いでますので、宜しくお願いします。

Aベストアンサー

下記URLは、キーワードを入力して素材が検索できるサイトです。
いろいろなサイトからの素材が一度に検索されます。

海賊の宝地図や忍者の巻物はむずかしいかもしれませんが、
「海賊」「地図」「忍者」「巻物」なら出てくると思います。

掲載素材の多さではかなりだと思います。
ご希望のものが見つかるといいですね。

参考URL:http://www.ran.co.jp/

Q既存受変電設備(6KV)に太陽光発電設備(20KW程度)を設置する場合

既存受変電設備(6KV)に太陽光発電設備(20KW程度)を設置する場合の
既存電気室側の対応についての質問です。
1)配電盤への接続点は漏電遮断器が必須でしょうか?
2)OVGRは発電出力が何KW以上の場合、必要でしょうか?
3)電力会社への逆潮流は有りませんが、低負荷時は別のトランスバンクへの流入
  が考えられます。この場合、計器類(電流計、電力量計)は、どの様な
  タイプに交換しなければいけないのでしょうか?
4)その他留意点があればご教授お願いします。

Aベストアンサー

ゼネコンで電気設備設計をやっております。
以下、回答させていただきます。
1.パワーコンディショナが絶縁トランス内蔵型ではない場合は、必須ではありませんがELBが望ましいと思われます。但し逆接続可能型とする必要があります。
一般的に20kW程度の場合は、非絶縁型10kWパワコンを2台使用すると思われるので、2台のパワコン出力を集合させるための交流集電盤にELBを設置する方法もあります。

2.系統連系規程では、OVGRは太陽光発電設備の定格が契約電力の5%以上となる場合には、設置が必須とされております。電力会社によっては3%程度でも設置を指導される場合があり、事前協議で良く打ち合わせしておくことが必要です。また消防認定キュービクルの場合は、厳密に言えばOVGR設置もキュービクル改造とされますので、消防への申請も必要となりますので、許可が出るまで相当な日数がかかるため注意が必要です。

3.契約にもよりますが、逆潮流無しの契約の場合、電力会社よりRPR(逆潮流継電器)の設置を指示される場合があります。また電力購入用計器は逆回転防止機能付きに変更する場合があります。これに対して売電有りとした場合は、VCT交換と共に売電用のメーターを増設する必要があります。費用負担は各電力会社によって違います。(東電の場合は機器類は東電負担で、工事費のみが必要)
また電圧計は交換不要ですが電流計は逆方向が表示される物に変更した方が逆潮流があった場合にわかりやすいですが、実際にはあまり交換しておりません。このあたりは主任技術者と相談して下さい。

4.3相での連系と思いますが、直流側が300Vを超過するため、C種接地が新たに必要となる場合があります。また太陽電池アレイの設置条件によっては、避雷導体の増設や盛替が必要となる場合があります。
設置方法によっては相当の正負風圧加重を受けますので、屋根や建物を含めてどのように設置するのか、安全性を十分に検討して設置する必要があり、設置形状や建物条件によっては新たに北側に発生する日陰にも考慮する必要があります。
その他影や地域性、設置方位、傾斜角など需要家によって発電状況が大きく変わりますので、一度信頼できる各メーカーの特約店にでも相談されると良いと思います。

ゼネコンで電気設備設計をやっております。
以下、回答させていただきます。
1.パワーコンディショナが絶縁トランス内蔵型ではない場合は、必須ではありませんがELBが望ましいと思われます。但し逆接続可能型とする必要があります。
一般的に20kW程度の場合は、非絶縁型10kWパワコンを2台使用すると思われるので、2台のパワコン出力を集合させるための交流集電盤にELBを設置する方法もあります。

2.系統連系規程では、OVGRは太陽光発電設備の定格が契約電力の5%以上となる場合に...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報