色彩を教える人になるための講座「色彩講師養成講座」の魅力とは>>

冗談で言ってないです。日本の食料自給率は40%です。従って世界的な飢餓がやって来たら、日本国民13000万の内、7800万人は餓死です。話半分としても、4000万人近くは死ぬでしょう。

従って「人肉」を食って生き延びるしか無いのです。人肉なんか食いたくないと言う奴は、餓死して他の奴に食われるだけです。多分、餓死する前に生きたまま食われるでしょう。

歴史的には珍しい事では有りません。日本の歴史では飢饉は何度も有りました。例えば方丈記にも飢饉の恐ろしい有様が書かれて有ります。

飢饉が何度も起こった江戸時代の人口は3000万人でした。3000万人でも飢饉が起こったのです。13000万人も居れば飢饉が起こって当然です。

しかし、政府の飢饉に対する対策は、大津波が来る前の福島第一原発と同じです。
全く、何も考えていません。福島第一原発は、大津波が来て、原発はメルトダウン、危うく日本終了に成る所でした。

日本国民には「人肉」を食う覚悟が有りますか?

「日本国民は「人肉」を食べる覚悟は有ります」の質問画像

質問者からの補足コメント

  • 世界の心配をする前に、まず、日本の心配をするべきではないですか?

    日本の食料自給率は40%以下です。人口1億を超える国では最下位です。

    No.3の回答に寄せられた補足コメントです。 補足日時:2021/10/06 08:44
  • 過去に何度も恐ろしい飢饉が有った事は歴史の事実です。勉強して下さい。

    No.8の回答に寄せられた補足コメントです。 補足日時:2021/10/06 08:45
  • HAPPY

    政治家には日本の農業をどうしようか?農業の未来に対するビジョンが何も無いようです。

    私には有ります。日本の土地は限られているのですから「植物工場」を多数建築するべきです。植物工場で食料を生産するのです。植物工場なら十階建ての工場も可能です。つまり農地面積が十倍に成ります。

    植物工場には大量の電力が必要です。従って地方には多数の太陽電池を設置し、風力発電施設も建設するべきです。

    植物工場の利点は夜も光合成が可能なことです。動物と違って植物は眠る必要が無いので、光さえ有れば24時間光合成が可能です。もちろん温度管理も容易ですから、一年に8回くらい米の収穫が可能になるでしょう。

    植物工場なら雑草も生えず、サバクトビバッタも入って来ないので無農薬農業が可能です。大幅な省力化も可能です。「工場」なのですから「豊田」や「本田」といった日本の有名な大企業の参入も認めるべきです。

    No.9の回答に寄せられた補足コメントです。 補足日時:2021/10/06 09:06
gooドクター

A 回答 (15件中1~10件)

そうなんだ


センスあるー
ステキです
しらなかったー
さすがです
    • good
    • 1

>世界では、既に餓死者が出ています。


既にと言いますか、恒常的に出ているでしょう?
日本がそうなる場合、どんなシナリオでなりえるのでしょう?
起こりえそうな事例は起きているのですか?
    • good
    • 0
この回答へのお礼

日本の食料自給率は40%以下です。

戦争などで、外国から食料の輸入が途絶えると、日本人の60%が餓死するということです。

お礼日時:2021/10/13 18:49

>世界の心配をする前に、まず、日本の心配をするべきではないですか?


世界的な食糧危機が起きなければ、日本は危機にはならないので。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

世界では、既に餓死者が出ています。

お礼日時:2021/10/06 18:27

覚悟はないと思うけど、切羽詰まったら喰う人も出てくるんだろうねえ。



 自給率の低さは質問者様の指摘するように本当は喫緊の課題なんだけど、政府はともかく当の日本人の大半がまじめに考えちゃおらんのだからどうしようもない。足りなきゃ買えばいいと思ってるが、いつでも思い通りに売ってくれるとは限らないのにね。
 ただ、野菜工場で栽培できるのは現代の技術だとかなり限られているので飢餓を回避できるほどの効果はないと思いますよ。それに野菜工場での栽培には化学肥料が必要不可欠ですが、その原料は99%輸入です。これがないといくら工場立てても電力があっても農作物は生産できません。
 どうします? 厄介なことに最大の輸入相手が中国なんですけど。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

肥料が輸入なのは、外国の方が電気代が安いからです。肥料の原料は空気と水です。空気中の窒素から、窒素肥料を作るのです。

お礼日時:2021/10/13 18:51

生きるために食べると思います。


神に反すると言って食べないで餓死した人もいますが
餓死する事も神に反するという賛否両論でした
アライブって映画ですが本当にあった話です。
    • good
    • 0

自分は人肉を食する覚悟はありません。

    • good
    • 0

日本国民は「人肉」を食べる覚悟は有りますか?


 ↑
その場になってみないと判りませんが
いざとなれば食えるんじゃないですか。



従って「人肉」を食って生き延びるしか無いのです。
  ↑
某ドイツの学者ですが、飢饉に備えて
何でも食べる研究をしているそうです。
そんで虫でもなんでも生き物なら食べる
ことが出来るそうですが、
ゴキブリだけはダメだったとしています。
それでも研究を重ね、シロップで煮込み
チョコで包むことにより、何とか
食べることが出来たそうです。

なお、ゴキブリですが、あのムツゴロウこと
畑正憲氏も、ゴキブリだけはダメだった
そうです。



しかし、政府の飢饉に対する対策は、
大津波が来る前の福島第一原発と同じです。
全く、何も考えていません。福島第一原発は、大津波が来て、
原発はメルトダウン、危うく日本終了に成る所でした。
 ↑
ホント、政府はなにも考えていませんね。
日本の自給率が低いのは、農民票が欲しい
からです。
農家ばかりを保護し、農業を放置した結果です。
そのため、国民はバカ高い農産物を喰わざるを
得ない羽目に陥っています。

ウルグアイランド関係だけで10年間に
40兆円も農家につぎ込みましたが
農業には何も貢献していません。
この回答への補足あり
    • good
    • 0
この回答へのお礼

過去の莫大な農業予算は、日本の農業を何も変えていません。政治家には日本の農業をどうしようか?農業の未来に対するビジョンが何も無いようです。

私には有ります。日本の土地は限られているのですから「植物工場」を多数建築するべきです。植物工場で食料を生産するのです。植物工場なら十階建ての工場も可能です。つまり農地面積が十倍に成ります。

植物工場には大量の電力が必要です。従って地方には多数の太陽電池を設置し、風力発電施設も建設するべきです。

植物工場の利点は夜も光合成が可能なことです。動物と違って植物は眠る必要が無いので、光さえ有れば24時間光合成が可能です。もちろん温度管理も容易ですから、一年に8回くらい米の収穫が可能になるでしょう。

植物工場なら雑草も生えず、サバクトビバッタも入って来ないので無農薬農業が可能です。大幅な省力化も可能です。「工場」なのですから「豊田」や「本田」といった日本の有名な大企業の参入も認めるべきです。

お礼日時:2021/10/06 09:06

異常者の発想だな。


動く物は何でも喰らう中国人かよ。
この回答への補足あり
    • good
    • 2
この回答へのお礼

過去に何度も恐ろしい飢饉が有った事は歴史の事実です。勉強して下さい。

お礼日時:2021/10/06 08:40

ドキュメンタリー映画 



ゆきゆきて進軍 原一男監督 主演 奥崎謙三

を観られることをお勧めします。

参考までに。
    • good
    • 0

昆虫がいっぱいいます。

    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

gooドクター

このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング