「水が摂氏100度で蒸気になったとき、その体積は約1700倍に膨張する。」という記述を読んだのですが、なぜそうなるのでしょうか。
手持ちの資料で調べたところ「あらゆる気体は圧力を一定に保っておく限り、温度が摂氏で1度変化するごとに摂氏0度における体積の1/273だけ変化する」という記述は見つけたのですが、液体から気体に変わった場合はどうなるのかは見つけられませんでした。
きっと探し方が悪いと思うのですが、物理はど素人なのでどこを探していいのか、どんな本を見ていいのかもわからないのです。
どなたかご説明していただけるととても嬉しいです。よろしくお願いいたします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

普通、水1グラムは1mlですね。

気体の状態方程式pV=(W/M)RTを使いp=1,M=水の分子量18、W=1(グラム)、R=0.082、T=273+100を代入するとV=1.699となります。
1mlから1.699lに体積が増えたので約1700倍ですよね。
    • good
    • 16
この回答へのお礼

なるほど、そうやって出てきた数字なのですね。気体の状態方程式というのが正確に何を意味するのかはまだよくわからないのですが、今回はまずこれで解決です。本当にありがとうございました。

お礼日時:2001/09/01 09:41

水や水蒸気は水分子の集まりです。

分子と分子の間には分子間力(またはファンデルワールス力とも言います)と言う力が働いています。これはきわめて近い距離では強い反発力となり、これから遠ざかると弱い引力となる力です。水はこの力と水素結合という力で引き合い、そのせいでまとまっています。温度が上がると分子の運動が激しく、つまり分子の動く速さが大きくなると、引きつけあう力が効かなくなります。そして分子は他の分子に関係なく飛び回ります。その温度が水では100℃(1気圧)というわけです。
面白い例えをあげます
分子を公園にいる子供たちとします、水の状態ではみんな手をつないでいると思ってください。このとき子供はある程度の範囲に全員います。みんな自由に遊びたいという思いが強くなって(温度が上がって)くると、あるときみんな手を離して走り回り、かってに遊び始めます。こうなると子供は公園中に散らばってしまいます。
手持ちの資料で調べたそうですが、その記述はだいたいあっていると思いますが多少違います。理想気体(分子に体積がなく、分子間力もない気体、絶対零度でも気体)の場合はそれでよいのですが実在の気体は分子に体積も分子間力もあるので厳密にはそうなりません。実在気体は温度を下げていけば液体にも固体にもなります。
    • good
    • 7
この回答へのお礼

公園の例はとってもわかりやすかったです。分子が遊びに熱中して(熱くなって)あちらこちらに散らばってしまうなんて考えると、ちょっと笑ってしまいますね。
理想気体と実在気体についてはこれから勉強してみます。どうもありがとうございました。

お礼日時:2001/09/01 09:53

定性的な(性質について)話をしますと、


物の温度はふつう、物の分子の運動の大きさで決まります。
つまり、分子の運動が激しいと温度が高くなり、
運動が小さいと温度は低くなります(ちなみに分子の運動が
完全に止まってしまうと絶対零度(約-273℃)になり、
それ以上に温度が下がることはありません)。
ということですので、水が暖められて沸騰し気体になると
水分子の運動が激しくなります。
この時、液体の時に比べて分子が大きく動くきます。
したがって、ひとつの水分子が占める空間が大きくなるため体積が増えます。
↓こんな感じです
(●は水分子、矢印は運動の大きさ)

(液体の時) (気体の時)
←●→ ←--●--→
    • good
    • 1
この回答へのお礼

「ひとつの水分子が占める空間が大きくなるため体積が増えます。」というところを見て、なるほど!!と思いました。
また、前からなぜ温度の低いのには限界があるのだろう(絶対零度)と思っていたのですが、そのなぞも解けてしまいました。分子の動きが止まるから熱エネルギーが発生しなくなるということですね。こう考えると物理もちょっと面白い気がします。どうもありがとうございました。

お礼日時:2001/09/01 09:47

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q単位体積重量と密度の違い

 単位体積重量と密度ってどう違うのでしょうか?

 密度=ρ で、単位体積重量=ρg
 
 というだけで、ただ重力加速度が
 かけられているだけという意味な
 のでしょうか?

 工学関係の教科書を読んでいると、どちらも
 よくでてきますが、意味的になにか違うのでしょうか?

Aベストアンサー

物理屋の siegmund です.

密度は (質量)/(体積),すなわち単位体積あたりの質量です.
質量とは,物質の量.
SI単位なら,kg が単位です.

重さ(重量)は,(通常は地球上で)物体に作用する重力の大きさで,
その物体の質量と重力加速度gとの積に等しい.
力の次元をもった量で,SI単位なら,N(ニュートン)が単位です.
N = kg・m・s^{-2}
したがって,単位体積あたり重量は,N/m^3 がSI単位です.

結果的には質問の文にあるように,両者の違いはgがかかっているかどうかです.

物質を月に持っていくと,物質の量は変わらないので質量は不変ですが,
重力加速度が変わるので重量の方は約1/6になります.

9766 さんの比重はちょっと誤解があるようです.
比重は,ある体積の物質の質量を同体積の標準物質の質量で割ったもの.
固体や液体に対する標準物質は,通常は4℃の水ということになっています.
質量÷質量ですから,比重は単位のない量です.
同じ場所で測ればその物質と標準物質の重さの比をとってもよいので
(gがかかるだけだから,割り算の分母分子でgはキャンセルする),
比重という名がつけられたのです.
水は 1 cm^3 でほぼ1gですから,密度を g/cm^3 単位で表すと,
密度の数値と比重の数値は実用上は同じになります.

物理屋の siegmund です.

密度は (質量)/(体積),すなわち単位体積あたりの質量です.
質量とは,物質の量.
SI単位なら,kg が単位です.

重さ(重量)は,(通常は地球上で)物体に作用する重力の大きさで,
その物体の質量と重力加速度gとの積に等しい.
力の次元をもった量で,SI単位なら,N(ニュートン)が単位です.
N = kg・m・s^{-2}
したがって,単位体積あたり重量は,N/m^3 がSI単位です.

結果的には質問の文にあるように,両者の違いはgがかかっているかどうかです.

物質を...続きを読む

Qヘリウム気体の温度による体積変化

ヘリウムの風船が一般的な気温域で
どれくらい変化するかを調べております。
0度から45度付近でどれくらい体積が変化するのでしょうか?
ご存知の方がおられたら教えて頂けないでしょうか?

Aベストアンサー

圧力が一定として仮定してよいなら,単純に
45/273だけ膨張します。
ただしゴム風船の場合ゴムの弾性により内圧が一定ではなく,膨張とともに内圧もあがりますから,正確な数字を計算でだすのは非常に難しくなります。
大雑把には上記の値より若干小さいと考えればよいと思います。

Q比熱の単位が体積当たりの場合もあるか?

比熱というと、1gのものを1℃あげるのに必要な熱量という定義です。
ですから、単位はJ/℃・gとかだと思うのですが、
定圧比熱とかいって、単位が1.7KJ/m^3・K っていう、体積あたりのものがでてきました。
一体どういうことなのでしょうか?

比熱は体積あたりで使う場合もあるということでしょうか?

Aベストアンサー

> ノルマル立米です。

ここが肝ですね。
ノルマル立米は体積の単位ではなく、物質量の単位であるということが理解できていればいいわけです。

QCO2とNOの二つが混合気体を形成する時 混合気体の中のCO2の体積百分率を求めよ 密度=1.9

CO2とNOの二つが混合気体を形成する時

混合気体の中のCO2の体積百分率を求めよ

密度=1.964g/ℓである

この問題の解き方わかるかたいますか?

Aベストアンサー

理想状態(1気圧0°c)と仮定。
気体CO₂:分子量44.01
気体NO:分子量30.01

混合気体中のCO₂、NOの体積をα,βとする。
CO₂の重さはα・44.01/22.4
NOの重さはβ・30.01/22.4

密度=重さ/体積だから
(α・44.01/22.4 + β・30.01/22.4)/(α+ β) = 1.964

これをαについて解く
0.0064α=13.9836β

αの比率=13.9836/(0.0064+13.9836)=0.99954=99.954%

Q体積の単位(m^3)_Nについて。

体積の単位(m^3)_Nについて。

ある化学関連の書籍を読んでいたところ、体積の単位として(m^3)_N(立方メートルの右下に小さい大文字のN)という見慣れない単位がでてきました。標準状態で使う体積と書かれていたので体積以外に摂氏零度1気圧という条件付きなのだろうと思いましたが、肝心の換算係数が書いてありません。

その前後の計算式を見る限り、dm^3(10センチ立方=1リットル)と同じに見えました。もしそうだとすると記法からの類推で摂氏0度1気圧のときの体積をm^3で表したものと同等ならばまだ納得できそうなのですが、何故(dm^3)_Nでなくて(m^3)_Nなのかが納得できません。

手持ちの化学の本や理科年表を探しても見つからず、ネットで探しても文学的な表現しか見つからなかったのでお聞きします。
(m^3)_Nの厳密な定義を教えてください。

当方、仕事で化学の知識が必要なため、基礎から勉強している者です。
レベルは、はるか昔に高校と大学の教養課程で化学を習ったのですが当時理解できずにいた程度です。

Aベストアンサー

(a)

Q体積比1700倍?の求め方をお願いします。

体積比についての質問なのですが、水の体積が水蒸気になると1700倍になって危険だ!とか良く文献に「1700倍になる」とか描いてあるのですが、具体的な求め方が分かりません・・・
 どなたか説明してもらいたいのでよろしくお願いします。

Aベストアンサー

 液体状態で水18gはほぼ18cm3です。これが蒸発して大気圧のもとで100℃の水蒸気になるとすると、気体の状態方程式は
pv=nRT なので
v=nRT/p
 =1*0.082*(100+273)/1
 ≒30.6L
になります。

Q単位格子の体積について

セレン酸カリウム(斜方晶)の単位格子の体積が知りたいです。お願いいたします。

Aベストアンサー

物性系出身ですが、セレン酸カリウムの格子定数等は詳しく分かりません。しかし、斜方晶系なので三辺a,b,cが異なりますので、単位胞の体積はV=abcです。
a,b,cは化学辞典等を漁ってみると良いかもしれません。

Q理想気体の体積の計算

0.035molで温度20℃、気圧は0.1MPaとする Rを8.31JK^-1mol^-1としたとき体積はいくらか?
dm^3で答えよ

とありました。


0.035*8.31*293=85.21905

85.21905/0.1*10^6=0.00085

この0.00085はm^3なので dm^3に直すと

0.85dm^3

でいいのでしょうか?
違っていたら御教授お願い申し上げます。

Aベストアンサー

PV=nRTからVを出す計算は、問題ありませんね。
 P [Pa=N/m^2]
 n [mol]
 R [J/K/mol=Nm/K/mol]
 T [K]
の単位を組み合わせると、算出される体積の単位は[m^3]です。
0.00085 [m^3]ですね。

これを、普段は使わない [dm^3]に直すのが、この問題の肝です。

『d』(デシ)は、10分の1を表す接頭辞ですので、1m=10dm が成り立ちます。
1m^3=(10dm)^3 = 1000 dm です。

従って、0.00085 [m^3] = 0.85 [dm^3] となり、算出した回答で間違いありません。

Q単位体積(1m^3)当たりに占める原子の個数

こんにちは、

ある金属(金、銀、銅)の単位体積に、何個の原子があるのか?どうやって計算すれば良いのでしょうか?

Aベストアンサー

単位体積の重さを計算します。それは密度から計算できるはずです。
それをグラム単位で表し、それを原子量で割れば、その原子の物質量(モル数)が計算できます。
1モルの原子数は約0.02x10^23個(アボガドロ数)ですので、それを上記の物質量にかければ原子数が計算できます。

Q物理IIの気体の分子運動の体積の定義

ある容器に気体を閉じ込めると、それがその気体の体積Vになります。
その中で気体分子が飛びまわると言っておりますが、その飛び回っている所は
真空なんでしょうか?何かあるのでしょうか?
体積の定義がいまいちよく分かりません。

よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

もちろん真空です。
小学校の理科の教科書に載っていたシリンダーに球を入れて下のピストンを上下させて、上のピストンの動きを想定する図があったかと思いますが・・

 体積が存在すると言う事は、かならずその外側からも押されているという事ですね。真空だったら皆好き勝手に飛び去ってしまう。互いに衝突しながら壁を外に押す。
 だから、分子数、温度に比例して、圧力に反比例する。
  PV = nRT
 この方程式、気付かれていると思いますが、浸透圧も凝固点降下も沸点上昇も皆同じ形の式ですね。
 それは壁(半透膜であったり、界面であったり)にぶつかる粒子の数と温度(ぶつかる速度)が増えれば、圧力が増し、体積が増える。体積が減ると密度が高くなり衝突する数も増える。


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング

おすすめ情報