[PR]ネットとスマホ OCNでまとめておトク!

回答で、「サンプリングレートが48000HzのCDがある」というものを見つけたんですが、本当に存在するんですか?
DVDとかならともかく、一般の音楽CDの場合は44100Hz以外あり得ないと思っていましたので、もしご存じの方がいらしたら教えていただければと思います。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

その回答を私も見たことがありますが、いわゆるオーディオCDでは、44.1のはずです。

そうでなければ「CDプレーヤー」と呼ばれるもので再生できません。

スタジオなどでは48kやそれ以上のサンプリングレートで録音するのが普通で、それを「音楽CD」にするときには44.1kにしているので、一般の音楽CDとして売られているもので44.1k以外の音楽CDはない!ということでよいと思います。

規格化された48kのCDが存在するとするならば、CD2とかCD48とか、従来のCDと区別して販売されていなければなりません。
ビデオCDの拡張規格として中国ではスーパービデオCDというものが普及しましたが、48kのCDがあるならこれと同じように48k対応CDプレーヤが世に出ているはずですが、そんなものは無いはずです。
ソニーが発表したまったく新しいCD規格であるスーパーオーディオCDというものは存在します。(URLを紹介します)

あくまで音楽CDは44.1kHz16bitステレオです。mentamaさんのお考えで間違いないと思います。
もし間違っていたらすみません。

参考URL:http://www.sony.co.jp/sd/products/sonyaudio/AU/s …
    • good
    • 1
この回答へのお礼

早速の詳細なご回答をありがとうございました。
納得しました。

お礼日時:2001/08/31 10:53

ただ単に、「48Kサンプリングの音データを記録したCD」じゃないでしょうか。


これは音楽CDとは呼べませんが、データCDとしては何も問題ないですよね。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。
元ネタの方に「普通のプレーヤーでも再生できる」とあったので、CD-ROMではないです。

お礼日時:2001/09/01 09:57

作れないことはない(データCDとして)ですけど、RedBookには準じませんから、再生できません。


48KHzはDAT、パソコン、DVD、SACDには使われていますが、CDはRedBookに記載されていませんから、でたらめですね。
スーパービットマッピングを利用して48KHzのサウンドを44,1KHzにダウンミックスする方法がありますが結局はCDには44,1KHzでRECされます。

たぶん、上の技術がだんだんと伝わるうちに48KHzでRECできるとなったのでしょう。

ちなみに、SACDは2.8224MHz(64fs1ビット)対応となります。(CDなどのサンプリング計算とは異なる)
DVDは96~192KHz(リニアPCM)まで対応です。
ということで、ポストCD-DAとなりうる次世代CD規格は格が違います。

参考URL:http://www.super-audiocd.com/technology/format.h …

この回答への補足

ありがとうございます。
結局のところ、CDでは48000Hzのサンプリングレートは存在し得ない、ということでよろしいですか?
みなさんに示されてSACDを調べてみたんですが、サンプリングレートという考え方がSACDのDSDでは違っているようですね。
高周波でデルタシグマ変調を行って、そのストリームを記録するというのは、目からウロコでした。

補足日時:2001/08/31 10:55
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

QCDにするときって24bitで焼いては問題あるのでしょうか?

自分で作った曲をCD-Rに焼いて友人に配布予定なのですが、
市販のCDって16bit、44khzですよね。なぜ24bitが可能なの
に16bitが支流なのでしょうか?

高音質で楽しんでもらいたいので24bit、96khzでCD-Rに焼いて
配布しようと思うのですが。。。

24bitで焼くと何か問題があるのでしょうか?

Aベストアンサー

CD-DAの規格で決められているから16bitのみなのです。
24bitで記録すると「オーディオCD」の規格を逸脱します。
CDプレイヤーで再生出来ません。

http://e-words.jp/w/CD-DA.html

QCD音質と音楽ファイルのビットレート

こんにちは。
CD音質と音楽ファイルの音質について疑問を持ったため有識者の方ご回答のほうどうかよろしくお願いいたします。

1.CD音質と音楽ファイル音質について
CD音質は44.1kHz/16bitですが、MP3やWAVなどの音楽ファイルの音質はkbpsという単位で表されます。
この単位が違うのでCD音質と音楽ファイル音質を数字的に比較することはできないのではないでしょうか?

2.CD音質は44.1kHz/16bitですから、どんな高いビットレートで取り込んだとしてもそれより高音質にはならないわけですよね。
ということはCD音質と同程度になる数字で取り込むのがもっとも効率的だと思います。
具体的にそれはどれぐらいの数字になるのでしょうか?

3.私は128kbpsと320kbpsではなんとなく臨場感が違うかなぐらいしか差を感じないのですが(つまりほとんどわかりません)、普通はどれぐらい違いを感じられるものなのでしょうか?
一般的な話でも、自分はこれぐらいという内容でも構わないのでお願いします。

上記3点についてどうかご解答のほうよろしくお願いします。

こんにちは。
CD音質と音楽ファイルの音質について疑問を持ったため有識者の方ご回答のほうどうかよろしくお願いいたします。

1.CD音質と音楽ファイル音質について
CD音質は44.1kHz/16bitですが、MP3やWAVなどの音楽ファイルの音質はkbpsという単位で表されます。
この単位が違うのでCD音質と音楽ファイル音質を数字的に比較することはできないのではないでしょうか?

2.CD音質は44.1kHz/16bitですから、どんな高いビットレートで取り込んだとしてもそれより高音質にはならないわけですよね。
というこ...続きを読む

Aベストアンサー

まず、「44.1kHz/16bit」は、ビットレート(kbps)ではありませんので勘違いしないでください。
音楽CD(CD-DA)にもビットレートはありますが、「44.1kHz/16bit」ではなく、「1411.2kbps」です。
http://ja.wikipedia.org/wiki/CD-DA#.E4.BB.95.E6.A7.98

特別な設定をせずに圧縮した場合は、ビットレートのみ変化し、「44.1kHz/16bit」は変化しません。

ちなみに、↓のページでは、あえて「44.1kHz/16bit」を「96kHz/24bit」に変換した実験結果が載ってます。(実際の音で聴けます。)
http://www.watch.impress.co.jp/av/docs/20050829/dal203.htm

音質を判断する目安として波形を参考にする事が多いのですが、波形だけで音質判断の目安にはなりません。

最終的には、自分の耳が判断材料になると思いますので、余り数値に惑わされず、ご自身が聴いて心地良いと思う設定で充分だと思います。
http://anonymousriver.hp.infoseek.co.jp/Audio-Codecs.html

まず、「44.1kHz/16bit」は、ビットレート(kbps)ではありませんので勘違いしないでください。
音楽CD(CD-DA)にもビットレートはありますが、「44.1kHz/16bit」ではなく、「1411.2kbps」です。
http://ja.wikipedia.org/wiki/CD-DA#.E4.BB.95.E6.A7.98

特別な設定をせずに圧縮した場合は、ビットレートのみ変化し、「44.1kHz/16bit」は変化しません。

ちなみに、↓のページでは、あえて「44.1kHz/16bit」を「96kHz/24bit」に変換した実験結果が載ってます。(実際の音で聴けます。)
http://www.watch....続きを読む

QCDのリッピングとサンプリング周波数

CDは「44.1 kHz/16 bit」となっていますが、これを「48 kHz/16 bit」に変換すると、何か不具合はありますか。 例えば音質が劣化するとか、ノイズが増えるとか、、、。 
 マスタークロックを導入すると、「44.1 kHz系統」と「48 kHz系統」の切り替えをしなければならず、もし問題がないなら「48 kHz系統」に統一してしまおうと考えております。
詳しい方からのアドバイスを頂ければ幸いです。

Aベストアンサー

音質的には最悪の選択だと思います。

なぜなら、44.1KHzから48KHzへの変換は必ずリサンプリングが必要であり、しかも44.1と48は非整数倍の関係であるため、必ず変換誤差を生じるからです。これではマスタークロックみたいなものを持ち出す意義を全否定するに等しいのではないですか?下手すると一度D/AしてからA/Dを通す方がマシな結果になるかも知れません。

ただしリサンプリングが絶対悪と言う訳ではなく、誤差なく行えれば問題はありません。例えば44.1KHzから88.2KHzや132.6KHzのような整数倍の周波数にするのであれば、誤差や欠落が生じません。

Q24bitのWAVEファイルをCDに焼くと

こんにちは。

DTMをやっています。

Cubaseで録音した音を24bitや32bitでWAVEファイルに書き出し、それをWindows Media Playerで音楽用CDに書き込んだ場合、一般のCDプレーヤーで問題なく再生できるでしょうか?書き込む際に自動的に16bitに変換されるのでしょうか?

ネットでいろいろ見てみたのですがいまひとつ分かりません。ご存知の方がおられましたら教えて下さい。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

貼付の写真の通り、記録形式を「オーディオCD」に設定していただければ、一般的なCDプレーヤーで再生可能です。自動で16bitに変換されます。

ちなみに、No.3の回答で、SACDプレーヤーなら、24bit 96kHzで録音しても再生可能とありますが、これは間違いです。
SACDはそもそも1bit DSD収録で、個人で書き込むことはできません。また、容量的にもCD-Rに収録できません。

QMP3やwav、WMAの違いは?

MP3形式やWMA形式やWAV形式など、色々ありますが、どう違うのでしょうか?
なぜ、こんなに複雑にするのでしょうか?

Aベストアンサー

Wav:無圧縮の音楽データ。音楽CDはこれで記録されている。
容量が大きく、CD1枚あたり=約1時間で600MBにもなる。
データの劣化はない。

MP3;音楽の圧縮形式の1つ。MPEG規格の中の音声圧縮形式の1つ。
Wavに比べデータが劣化している。しかしよほど耳がいいとか、よい再生装置を使っているとかでない限り、差はわからない。
CD1枚あたり、Wavに比べて約10分の1の60MBに圧縮できる。(設定によって異なる)
AVI系動画の音声部分として使われていることもある。
対応している機器が多いので利用しやすい。

WMA:音楽の圧縮形式の1つ。MicroSoftが作成した形式。WMVの音声部分にも使われている。
MP3より高音質とされる。MP3と同じようにデータは劣化する。
MP3と同様に、設定によるがWavを10分の1程度くらいに圧縮できる。
MP3ほどではないが対応している機器もあるので、利用しやすい。

ほかにもいろいろな音楽の圧縮形式がありますが、それぞれ圧縮率や音質に差があるという違いがあります。
こんなにたくさんあるのは、これで1発当てようとする会社がいろいろ開発していたり、
より高音質で、かつ高圧縮に圧縮できるようにいろいろ改良され足りしているからです。

つまりWavは音楽CDのデータそのものですが、データが大きすぎ利用しくいのです。
たとえばメモリカードを使ったプレイヤーでは、512MBのメモリカードを用意してもCD1枚分も入りません。
しかしMP3やWMAにすると、8枚分くらいは入ってしまいます。
また音楽をネット配信するにも、容量が大幅に少なくできるこれらの圧縮形式は有用です。

Wav:無圧縮の音楽データ。音楽CDはこれで記録されている。
容量が大きく、CD1枚あたり=約1時間で600MBにもなる。
データの劣化はない。

MP3;音楽の圧縮形式の1つ。MPEG規格の中の音声圧縮形式の1つ。
Wavに比べデータが劣化している。しかしよほど耳がいいとか、よい再生装置を使っているとかでない限り、差はわからない。
CD1枚あたり、Wavに比べて約10分の1の60MBに圧縮できる。(設定によって異なる)
AVI系動画の音声部分として使われていることもある。
対応している機器が多いので利用しやすい。

...続きを読む

Qサンプリング周波数を調べたい

mp3形式ファイルのサンプリング周波数を調べられるソフトってないですか?
できればフリーソフトであればありがたいんですが。
また、mp3形式ファイルのサンプリング周波数って変更できるものなんでしょうか?

Aベストアンサー

M3U List Maker http://www.vector.co.jp/soft/win95/art/se185526.html
こちらのソフトで開くと、ファイルの詳細が表計算ソフトのような形で見ることができます。
デフォルトではサンプリングレートは表示されていませんが、
表示>カラム>サンプリングレート
で表示できるようになります。

再エンコードは
Lame Ivy Frontend Encoder
http://www.vector.co.jp/soft/win95/art/se233905.html
Rip!AudiCO FREE
http://www.vector.co.jp/soft/win95/art/se202196.html
あたりでどうぞ。

QDVDとCDの音質はどちらがいい?それとも同じ?

DVDビデオの音楽とCDの音楽とどっちのほうが音質はいいことになっているのでしょうか?

Aベストアンサー

DVD-Videoの記録方式がPCMであれば、CDと同じ音質と言えるものが記録できます。
この場合、記録する元となるデータが同じ品質という前提がありますね。

さて、たいていのDVD-Videoではドルビーデジタルという方式で記録されていますので、CDより音質として劣っています。
売られているDVDであれば裏面などに記録方式が書いてありますので、PCMかそれ以外かで判断できるかと思います。

しかしながら、映画のように多チャンネルのサラウンドという機能面でみるとDVD-Videoの方に分があるかと思います。

また、DVD-Videoや通常のCD以外の規格となるDVD-AudioとSACDについてはそれぞれ一長一短があり、発売されているタイトルなど、長を活かす作品ばかりですので一概に良い、同じという回答は得られないのではないかとは思います。

QiTunesの設定について質問です。

こんばんは。

ちょっと多めに質問させていただきます。appleHPで、検索しましたが、見つからなかったため投稿します。

(1)サンプルレートは44.1kHzと48kHzがありますが、どちらがどっち(いわゆる音質の差)ってわかりますか?
また48kHzに変えた場合、音質はかなりあがるのでしょうか?

(2)ビット数とありますが、8ビットと16ビットでは、何が違うのでしょうか?どちらがよいのかもわかりません。

(3)今はAAC128で聞いていますが、みなさんは、どのビットレートでお聞きになられてますか?また、AAC128は何がいけないのかもよろしくお願いします。
参考にさせて頂きます。

mなさん、どうぞよろしくおねがいします。

Aベストアンサー

(1) iTunesの設定に関する限り、44.1kHzで問題ありません。CDは、もともと44.1kHzに設定されています。48kHzでサンプリングし直しても、CDに入っている以上の情報がどこかから湧いてくるわけではありません。以前、Macユーザ向け雑誌に「48kHzにし直すと音質が向上した云々」の記事がありましたが、多分に気分の問題かと思います。仮に音質が向上するとしても、AACやMP3にするなら、ビットレートを上げた方が効果は顕著です。したがって、いずれにせよ意味はありません。

(もっとも、これが生音をマイクで拾って録音する段階なら、情報量が多いに越したことはないので、48kHzを選択するべきです。)

(2) ビット数というのは、1サンプルを何分割するかという数値です。より具体的にいえば、サンプリングレートは1秒間を時間方向に何等分するか、ビット数はその1サンプルを縦に何等分するかという話です。

たとえば、方眼紙を思い浮かべて下さい、ここに、適当に波線を描きます。すると、縦横一意のマス目に線が通ります。このマス目を黒く塗りつぶすと、ギザギザの線ができ上がります。これがデジタルで表現した音声情報です。このとき、横の位置を決めるのがサンプリングレート、縦の位置を決めるのがビット数です。

したがって、8bitより16bitの方が、縦方向の細かさが倍になりますから、それだけ多くの情報を記録でき、より元の滑らかな波線に忠実になります。つまり、単純にいえば、8bitより16bitの方が、2倍、音が良いということになります。

CDのビット数は16です。したがって、通常は16bitを選択するべきです。

(3) 私の場合、AACよりMP3を好みますが、ビットレートはVBRで平均210kbpsくらいのようです(したがって、CBRとの単純比較はできませんが)。

128kbpsのAACが良くないと言われる理由は、単純に、聴いたとき、音が悪いと感じられるからでしょう。そして、実際、192kbpsや256kbpsくらいになると、明らかに音質に差が生じます。これはMP3でも同様です。

なお、CDのサンプリングレートは44.1kHz、ビット数が16、ステレオで2ch分ですから、bpsで表せば、44100 x 16 x 2 = 1411200bps (1411kbps) ということになります。

したがって、128kbpsのAACは、実に11倍の圧縮(もとい情報の切り捨て)を行っているのに対し、256kbpsでは5倍強ということになり、情報量の欠損が半分ですむということです。それゆえ、音質も元のCDにより近くなります。

もっとも、AACもMP3も、それぞれのアルゴリズムで切り捨てる情報を最適化しているので、128kbpsのAACやMP3が、単純にCDより10倍も音が悪い、ということはありません。音楽の録音・再生に耐えるだけの音質は維持しています。

また、音の感じ方は人それぞれ、また周囲の環境にも左右されますから、最適なビットレートというのも人によって異なります。128kbpsでも、もちろん構いません。いろいろ試してみて、最適な値を見つけるのが良いでしょう。

(1) iTunesの設定に関する限り、44.1kHzで問題ありません。CDは、もともと44.1kHzに設定されています。48kHzでサンプリングし直しても、CDに入っている以上の情報がどこかから湧いてくるわけではありません。以前、Macユーザ向け雑誌に「48kHzにし直すと音質が向上した云々」の記事がありましたが、多分に気分の問題かと思います。仮に音質が向上するとしても、AACやMP3にするなら、ビットレートを上げた方が効果は顕著です。したがって、いずれにせよ意味はありません。

(もっとも、これが生音をマイクで拾っ...続きを読む


人気Q&Aランキング