外気が寒い時は、上半身、下半身どちらを優先して、保温すれば、一番効率的に体温、体調が、維持できますか、教えてください。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (6件)

私も雪国に住み、ウィンタースポーツを頻繁にやってるんですけど(スキー場より高い山に登って滑るバックカントリーも含む)、♯4さんと同じことを感じています。


首元の保温をするとしないとでは体感温度がまったく違います。
寒い時にネックウォーマー無しだと長時間は耐えられません。

あと、温度調節に使っているのがグローブと靴下です。
寒い時は厚手で風を通さない物、暖かい時は薄くて通気性が良い物を使います。

それから、これは聞いた話ではっきりしないんですが、両肩というか背中の上のほうを2ヶ所冷やすとなぜか体は温まるとか・・・。
私も試してみましたが、気のせいか少し効果はあったかも。
(↑ ただの思い込みとか気の持ちよう だけかもしれないので間違ってるかもしれません。はっきりしなくてすみません・・・。)

寒い時は風が強いと寒さも増し、体感温度も下がるので、肌が直接冷たい風にあたらないような風対策をすることも重要だと思います。
普段の生活ではまず隠れることがない顔や耳、頭などを覆うことで、だいぶ暖かく感じます。

腰も暖めると良いみたいですよね。

上半身・下半身どちらを優先?
についてはどうなんでしょう??
私は、首と頭・手足・腰が暖かいとだいぶ違うと思ってますけど・・・。
    • good
    • 2

岩手県で、冬に船釣りなどしてますが・・・。



簡単に言うと「慣れる」のが一番か??
答えになってないけど。何回も行ってると、
寒いときにも指がかじかんだり、膝が笑ったり
しなくなります。

後は、場所が許せば「飲む」。

ワカサギ釣りも寒いけど、船の上も寒い。
スキー場より寒いかも。

暖めるなら、足。遠赤外線の靴下履いて、
ボア付きの長靴でしのぎます。
    • good
    • 0

真冬でも、バイク、ヨット、キャンプ、その他諸々やってます。

身体の中でいちばん寒さを感じる箇所は人それぞれのようで、私は厳冬期でも短距離ならGパンでバイクに乗るほど足が寒くないタチですが、逆に手がダメで、いちど冷えるとなかなか回復しません。ただ、保温という観点からすると、#3さんのおっしゃるとおり、基本は体幹部(胴体)だと思います。
そうした中でも、私が特に気を付けているのが首周りの保温です。ぴったりしたニットのネックウォーマーは、冬季のアウトドアの必需品です。どんなにダウンなどを着込んでいても、首筋がスースーして身体が温まらないという経験はありませんか?
以前に「あ○あ○大事典」か何かでやっていたのを見た覚えがあるのですが、首筋の冷えによる全身の冷え感というのは単なる保温だけの問題ではなく、交感神経だか副交感神経だかの関係する生体反応であることが実験で確かめられていました。ヨン様のぐるぐるマフラーも、寒い地方なら決してダテではないわけですね。
実際、雪山で昼寝をするときでも、首と耳だけカバーしておけば案外寒くなく寝られるし、少し運動して身体が温まると、最初にネックウォーマーが邪魔になりますから。
いちど「首筋保温」を試してみられることをお勧めします。
    • good
    • 0

「山と渓谷」かなにかの雑誌で見ましたが、冷え・暑さは背中で感じるそうです。

 一般的に冬山では「下半身は鈍感」として、一枚薄目の衣類でも大丈夫と言われます。
 ちなみに体調・生命維持の観点では、上半身(内臓)保温が必須です。凍傷で末端から症状が出るのは、暖かい血液を内臓にためるため(冷えた血液を内臓に入れないため)とも言われます。(逆に、凍傷応急処置では冷えた末端を急に加温・マッサージすると、内臓が冷えてショック症状を起こします)
 長文なりましたが、行動中・幕営中は上半身を薄手衣類(化繊Tシャツ等)の重ね着で調整します。就寝時は靴下・手袋を乾いた物に替える・予備衣類等をかぶせて末端を保温するに加えて、ザックを背中に敷くなどして背中の冷気を抑えることも効果的です。
    • good
    • 0

体の部分で温めて効果のある場所は動脈が走っている側近です。

わきの下へその下股間部脈が取れる場所です。
逆に熱が高い時もそこを冷やすと効果的です。でも首にカイロを着けるのは、頭がのぼせてボーとするかも知れないですね。
    • good
    • 3

専門家ではありませんが。



足ではないでしょうか?
足が冷えて血液の流れが悪くなると上半身へ押し上げる
力がなくなります。
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qシュノーケリング時の保温にはどれがいいでしょうか

ダイビングではなく夏季だけシュノーケリングをしようと思いますが、夏でも長時間水の中に居るには保温が必須だと思います。
夏も目前であり近々保温用にウエア購入を考えていますが、何がいいか解らなくて迷っています。
ダイビングのウエットスーツがいいいのでしょうけれども、大げさでなく、安く、かさばらず、上下セパレートで、半袖・半ズボンで、と考えています。

そこで探してみたのですが、
・GULL 1mm SCS・・・
・AQA・・・・2mm クロロブレン合成ゴム
・リーフツアラーパンツ・・・1.5mm クロロブレン
・リーフツアラーラッシュ・・・胴部分2mm クロロブレン
・ウォータームーブ保温水着
などがありました。

ただしQ/Aなどを見ているとSCS素材などはウエットと同じように劣化が激しくて長持ちしないとか、丁寧に扱わなければいけないとかありました。

そこでお伺いしたいのですが、SCS1mm/クロロブレン2mm/ウオータームーブを比較すると、
保温性がいい順は?
長持ちする順は?
扱いが簡単な順は?
その他注意点は?
またこれら以外にいいものがありますでしょうか?

お持ちの方、ご存知の方、よろしくお願いいたします。

ダイビングではなく夏季だけシュノーケリングをしようと思いますが、夏でも長時間水の中に居るには保温が必須だと思います。
夏も目前であり近々保温用にウエア購入を考えていますが、何がいいか解らなくて迷っています。
ダイビングのウエットスーツがいいいのでしょうけれども、大げさでなく、安く、かさばらず、上下セパレートで、半袖・半ズボンで、と考えています。

そこで探してみたのですが、
・GULL 1mm SCS・・・
・AQA・・・・2mm クロロブレン合成ゴム
・リーフツアラーパンツ・・・1.5...続きを読む

Aベストアンサー

お子さんと一緒なら、なおのことウエットスーツの方がいいと思う
んですが。子供用のウエットスーツもちゃんとありますし・・・
(特に子供はウエットスーツの方が安全で良いと思います)
http://www.d-aquos.com/c_kids/rushguard.html#wet1

ちなみにダイビング用のウエットスーツは、10年くらい当たり前で
持ちますよぉ。それに「使った後は真水洗い/陰干しする」を守る
程度でよく、結構使いっぱなしでも大丈夫です。3mmウエットは伸縮
性に優れていますから、既成品でもそれほど着心地に問題はないです
し、デザインを気にせずアウトレットで探せば、それほど高価では
ないと思います。たとえば・・・
http://www.d-aquos.com/c_wetsuits/wetsuits/spro_2mmladies07.html

便所の問題(苦笑)以外は、ウエットスーツのデメリットはそれほど
大きくないような・・・。

それでも、と言われるなら「なるべく厚めの素材」で、できれば
「ロングパンツ」か「ひざ下丈」のものが安全で良いですね。
保温性は単純に生地の厚さに比例すると思っていいですから、
2mmクロロプレンが正解と思いますよ。海で使うものはやっぱり
「保温性」「安全性」第一です。

・・・1mmで上下セパレートじゃあ、保温性はほぼゼロですものね。

ちなみにどの素材でも、基本的な手入れはウエットスーツと同じ
「使用後は真水洗い/陰干し」で大丈夫ですから、その点は水着と
同じ程度と思って差し支えないです。

お子さんと一緒なら、なおのことウエットスーツの方がいいと思う
んですが。子供用のウエットスーツもちゃんとありますし・・・
(特に子供はウエットスーツの方が安全で良いと思います)
http://www.d-aquos.com/c_kids/rushguard.html#wet1

ちなみにダイビング用のウエットスーツは、10年くらい当たり前で
持ちますよぉ。それに「使った後は真水洗い/陰干しする」を守る
程度でよく、結構使いっぱなしでも大丈夫です。3mmウエットは伸縮
性に優れていますから、既成品でもそれほど着心地に問題はない...続きを読む

Q防風、保温、軽量を兼ね備えた女性用ウィンドブレーカ

防風、保温、軽量を兼ね備えた女性用ウィンドブレーカーを探しています。

スポーツ用品店でも色々見たのですが機能表記がわかりにくく、ネットで商品を見ても特色の説明があまりされてないとこもあり、こちらで質問した次第です。

用途は屋外イベントで着るためです。
海沿いでのこともあるので、それなりに防風と保温が欲しく、屋内に移動して上着を脱ぐ可能性もあるのであまりかさばらないものが良いです。
価格は15000円くらい。

コロンビアやモーマット、ノースフェイスあたりはチェックしたのですが、他にもありましたら教えてください。
ブランド、商品名(できれば品番)を記入してくださると助かります。
もしくは商品のリンク。

上記3ブランドの中でも、これがオススメ!なものがあったら是非。
今のところチェックしたのは、
コロンビア ウィメンズモレラIIジャケット、品番:PL3209
Marmot WS HEAT NAVI SHELL J、品番:MJJ-F4506W
THE NORTH FACE コンパクトジャケット、品番:NPW21430
です。

よろしくお願いします。

防風、保温、軽量を兼ね備えた女性用ウィンドブレーカーを探しています。

スポーツ用品店でも色々見たのですが機能表記がわかりにくく、ネットで商品を見ても特色の説明があまりされてないとこもあり、こちらで質問した次第です。

用途は屋外イベントで着るためです。
海沿いでのこともあるので、それなりに防風と保温が欲しく、屋内に移動して上着を脱ぐ可能性もあるのであまりかさばらないものが良いです。
価格は15000円くらい。

コロンビアやモーマット、ノースフェイスあたりはチェックしたのですが、他に...続きを読む

Aベストアンサー

コスパ抜群の国産登山用品メーカー、モンベルはどうでしょうか。
同じ値段ならコロンビアやマーモットの数段上の性能があると思います。
ただ、山に来ていくとみんな着ているので被る可能性がありますが(^_^;)

↓のウインドブレーカーならなんと40g、コロンビアのモレラ338gとくらべて圧倒的に軽く、折りたたむとポケットに入ってしまいます。
http://webshop.montbell.jp/goods/disp.php?product_id=1103234

防風性だけでなくもうすこし保温性を重視するならソフトシェルジャケットと言われる↓もいいですね。
http://webshop.montbell.jp/goods/disp.php?product_id=1106510

Qパタゴニアのダウンセーターの保温性は?

通販でパタゴニアの薄手のダウンセーターを購入しました。
普通の厚手のダウンは何枚か所有していて、真冬に愛用しているのですが、購入したダウンセーターの薄さと軽さに驚きました。
パタゴニアのダウンセーターは、真冬でも通常のダウンジャケット並みに保温性は高いのでしょうか?
ちなみに私の住んでいる所は、東北の積雪地域です。

Aベストアンサー

商品名どおり「セーター」ですので、ダウンジャケット並の保温性はありません。

パタゴニアのダウンセーターは、他社製のダウンセーターに比べても格段に薄く、どちらかというとファッション性に重点を置いていますので、アウターとしての使用には不向きです。セーターと割り切ればいい商品ですが。

Q衣類を濡らすと保温力がどれ程下がるか

 アウトドアで衣類を濡らす=表面の生地が水を吸い込むと、どれだけ保温力が落ちるのかを実験した結果を探しています。できればダウンのウェアを濡らした場合の結果を探しています。
 きっかけですが、先般冬山登山をしました。ゴアテックスのアウターではなくダウンのミドラーを着てハイクしていた所、雪で濡らしてしまいました。その後急激に寒さを感じてきたので、ウェアを濡らすと本来の保温力からどれ程落ちるものなのかを把握したいからです。

 7割落ちるのなら絶対アウターとしては着ないでしょうし、落ちても15%ぐらいなら、他の要素が寒くなった原因かな、と。例えば汗で湿った下着が寒くさせた原因だな、と分かると思いまして。

 アウトドア衣料メーカーのサイトをぱっと見たところありませんでした。また当サイト内で”保温 落ちる 衣類”などのキーワードで該当するQ&Aがなかったので、お力添えをお願いします。

検索用:水濡れ、ウェアイング、化繊、Thinsulate、シンサレート

Aベストアンサー

衣類を濡らした場合に寒く感じるのは、保温力は関係ありません。関係ないからこそ、誰も実験して調べたりしませんし、Q&Aも無かったのでしょう。

衣類を濡らした場合に寒く感じるのは、濡れた衣類が乾く際に「気化熱」として体温を奪うからです。

で、衣類が乾く、つまり、水が気化する際の「気化熱」の量は衣類の素材には無関係で、濡れた量に比例しただけ熱を奪います。

撥水、防水加工がしてあって、外気に触れている部分だけ濡れて内側が湿らない衣類であれば、どんな素材であれ、濡れても寒くは感じません。外側が濡れっぱなしか凍るだけですから。

但し、撥水、防水加工し過ぎの衣類は、内側の水分も外に発散しないので、運動中にかなり激しく蒸れます。結果、身体を休めている際に、蒸れて湿った下着が乾こうとして気化熱を奪って…、と、寒い思いをする事になります。

蒸れを防ぐには通気性を良く、通気性を良くすると濡らした時に沁み込む、沁み込まないようにすると通気性が悪くなる、と言う感じで、なかなか良い解決方法は無いみたいです。

素材をあれこれ悩むより、衣類の替えを装備しておき、濡らしたら乾いた衣服に着替える、と言うのが一番でしょう。

衣類を濡らした場合に寒く感じるのは、保温力は関係ありません。関係ないからこそ、誰も実験して調べたりしませんし、Q&Aも無かったのでしょう。

衣類を濡らした場合に寒く感じるのは、濡れた衣類が乾く際に「気化熱」として体温を奪うからです。

で、衣類が乾く、つまり、水が気化する際の「気化熱」の量は衣類の素材には無関係で、濡れた量に比例しただけ熱を奪います。

撥水、防水加工がしてあって、外気に触れている部分だけ濡れて内側が湿らない衣類であれば、どんな素材であれ、濡れても寒くは...続きを読む

Q釣り用の寒具について

釣りとは関係ないのですが、釣り用の防寒着をスキーで使おうと思っているのですが、スキーのブーツを履いたときにパンツの裾はブーツを覆うぐらいの余裕はあるのでしょうか?
あと釣り用でスキーは大丈夫でしょうか?

Aベストアンサー

デザインにも寄りますが
スキーブーツを覆う程の裾の広さは無いでしょう
スキーパンツは 裏地にゴムが付いていて ブーツにかぶせ パンツ内に雪を入れ無いような作りです。
ブーツにかぶるか 確認された方がよいでしょう
裾内側には エッジによる傷ガードのゴムパットが付いています。
使って使えないこは、ありません
防水性能は 素材により 良し悪しはあるでしょう。
ゴアテックスの防寒なのでは良いのでは?

スキーウエアーは パンツ膝の曲げやすさ ブーツとの密着 上着はストックワーク性能で作られてる

釣り用防寒ウエアーは、
パンツは、長靴使用前提
上着は 竿裁き用なので スキーの動作には問題ないでしょう

上手な人で カッコ付けの人は ジーンズで滑ってます。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報