家の新築を考えています。
田舎なので神棚、仏壇、床の間をおきたいと思っています。
玄関から入って左側に8畳間が二つ並び、奥の部屋の奥にもう一部屋和室を
作ります。(和室が3つL字型に並びます)
その中に、神棚、床の間、仏壇を作るわけですが、それぞれのいい位置を
教えていただけますか?
神棚と仏壇を一緒の部屋にしていいのか、普通仏壇は手前なのか、奥の部屋
なのか悩んでいます。
風水とかいろいろな情報に踊らされています(>_<)

ちなみに壁の仕切りについてはまだ検討中ですし、その中のひとつを祖母の
部屋にしたいと思っています。
祖母の部屋は仏間ではない部屋にしたいんです。
住宅の間取りの常識?に詳しい方、ぜひよろしくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

床の間の上(2階)は、押入や収納、納戸にするのが良いと思います。

部屋や廊下などを配置することは床を踏むといって昔から避けられていることです。
仏壇と、神棚は地域や宗教によっていろいろあると思いますが、私は同じ部屋に配置しないほうが良いと聞きました。(仏様と神様が喧嘩するらしいです)
    • good
    • 0
この回答へのお礼

 ありがとうございました。
 床の間の上も歩かないような配置にするんですね。
 神棚の上はダメってのは一般常識程度に知っていたのですが。
 やはり奥が深いです。

 三部屋を神棚と仏壇と、祖母の部屋と分けたいんですよね。
 (祖母が仏壇、または神棚と一緒ってのはいいんですけど)
 神棚と、仏壇のどっちが手前でどっちが奥。のようなことを
 ご存じでしたら、またよろしくお願いします。

お礼日時:2001/09/03 22:34

下記のページを参考にしてください。



お仏壇の安置場所
http://www.imj.ne.jp/naradaibutsudo/setsumei.html

神棚の位置
http://www.shikoku.ne.jp/jinja/kamidana.html

仏壇、神棚の正しい祀り方
http://www.kumokiri.net/betu/gai4.htm

間取り
http://www1.harenet.ne.jp/~tm999/sub3.html

間取り作成
http://www.mukai.com/htmls/madori/madorikouza.html
    • good
    • 0
この回答へのお礼

 回答ありがとうございました。
 オススメの具体例がありましたらまた教えていただければ幸いです。

お礼日時:2001/09/03 18:54

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q床の間かかっている掛け軸の意味をおしえてください。

「竹憐新雨後山愛夕陽時」とあります。
この句はどの様な意味でしょうか。出典は何かあるのでしょうか。
お教えください。

Aベストアンサー

以下のとおりです。
参照 http://www.zwbk.org/zh-tw/Lemma_Show/2783.aspx
中国語なので訳しておきます。
 穀口書斎寄楊補闕
    唐代 五言律詩 作者:銭起
  泉壑帯茅茨,雲霞生薜帷。
  竹憐新雨後,山愛夕陽時。
  閑鷺栖常早,秋花落更遅。
  家童掃蘿径,昨与故人期。
註釈
  ・ 穀口=谷口:古地名,現在の陝西涇陽県西北。
     穀 の簡体字(中国大陸現代標準字体)は 谷.      
  ・ 楊:人名。
  ・ 補闕:官名,職責は皇帝に諫言を言上。
  ・ 茅茨:茅屋(ぼうおく、あばら家、質素な住居)。
  ・ 泉壑:この詩では山水、溝や谷のこと。
  ・ 薜:桑科の匍匐性植物。
  ・ 憐:日本現代語のあわれでなく、可愛い,愛しい.
  ・ 新雨:今しがた降りやんだ雨。
  ・ 山:自分の住む山、穀口のこと...であろう。
  ・ 家童:召使の少年。
  ・ 蘿径:幽径、小径。
  ・ 昨:以前、もと。

*漢文読み下しは、漢詩ノート碌碌山房
 http://rokurokusambo.web.fc2.com/pages/oi/senki/137/senki137.htm
*書籍は(招請未見です)、
 http://webcatplus.nii.ac.jp/webcatplus/details/book/5697978.html
  下から5番目 楊君に = 谷口書斎寄楊補闕

☆念のため意味を解釈しておきます。
「穀口の書斎にて楊補闕に寄す」
 山水や谷がこの茅屋を擁し(=山の水流や溝に囲まれたあばら家)、
   雲霞は垣の上の蔓草を五彩の幕のように際立たせる。
           (垣根のつる草が霞で五色の幕の様だ)
 雨後の竹の姿は愛しく(=人の心を惹く)、
   山は夕陽の時を愛しむ(=夕陽の山が美しい)。
 のんびりした鷺はいつも早々と巣に就き、
   秋の花の落ちるのは余所よりも遅い。
 家僕は幽玄の小径を掃除する、
   既に知人と約束した(=知人が来る)からだ。

*作者銭起とは、
  http://baike.baidu.com/view/16910.htm
   銭起(751年前後在世),字(あざな)仲文,漢族,
   呉興(現在の浙江省湖州市)の人,若い頃科挙試験を数回受けるが落第,
   唐天宝七年(748年)進士。唐代詩人。

註:漢文読み下し(上記URL碌碌山房)では
 雲隨生薜帷。とあるが 雲霞生薜帷。を採りました。
   漢詩は時代による改変が多いのですが、後者が出典明確のため。
 参照 http://ctext.org/text.pl?node=153440&if=gb
 なお、簡体字以前の字体を使用の出典には「穀口」とあるので、
    「谷口」表記は新しいと推定。
    この推定が正しければ、
     簡体字が施行された1956年以降の書だと考えられます。

ついでに--単純な誤記とは思いますが、
「床の間かかっている掛け軸」は、
  床の間にかっている掛け軸 or 床の間の掛け軸 としましょう。
  床の軸 でも充分です、日本語では ゆかのじく とは読みませんから。

以下のとおりです。
参照 http://www.zwbk.org/zh-tw/Lemma_Show/2783.aspx
中国語なので訳しておきます。
 穀口書斎寄楊補闕
    唐代 五言律詩 作者:銭起
  泉壑帯茅茨,雲霞生薜帷。
  竹憐新雨後,山愛夕陽時。
  閑鷺栖常早,秋花落更遅。
  家童掃蘿径,昨与故人期。
註釈
  ・ 穀口=谷口:古地名,現在の陝西涇陽県西北。
     穀 の簡体字(中国大陸現代標準字体)は 谷.      
  ・ 楊:人名。
  ・ 補闕:官名,職責は皇帝に諫言を言上。
  ・ 茅茨:茅屋(ぼ...続きを読む

Q中古住宅を購入しました。仏間や神棚について、一般的にしておくと良いことなど教えてください

中古住宅を購入しました。
和室に仏間と床の間が有りますが仏間に仏壇を入れる予定はありません。
現況はまだ売主が居住中で、売主は仏壇をいれています。

床の間、神棚は確認しませんでしたが

1,仏間とはいえ仏壇が入っていた場所ですが、使用予定がなければクローゼットや物置として使ってもいいものなのでしょうか。使ってはいけない場合、どうすれば良いのでしょうか。

2,戸建ての住宅というのは、神棚を設置するのは常識なのでしょうか?信じる、信じないは別として、一般的にという意味です。設置しないと、なにか災いがある、とか。

3,仏壇は仏教、神棚は神様で別々だと思いますがどちらかは祀ったほうがよいのでしょうか。
  仏壇が有るなら神棚は要らない、とかいった考えはあるのでしょうか。


当方、恥ずかしながら夫婦ともにこうした慣習に接したり教えられたりした経験がなく
両父母とも疎遠・死別していまして、どうしていいものかわからず質問させていただきました。

どうぞ宜しくおねがいします。

Aベストアンサー

質問の答えは貴方が信じるか?信じないか?の判断ですから誰にも答えは出せません。

言い換えれば、正月に初詣に行くべきか?行かなくても良いか?という質問と同じです。


>設置しないとなにか災いがある

と思うなら、設置して安心できるなら仏壇や神棚を置く意味があるんじゃないですか?

Q床の間の効用

http://www.kantei.go.jp/jp/kyouiku/1bunkakai/dai4/1-4siryou1.html
上記リンクに
>団地、マンション等に「床の間」を作る
というのがあるのですが、
「床の間」をつくることによって、教育にどのような効用があるのでしょうか。
その他の項目に関しては、良し悪しは別として、意図するところはわからないでもないのですが、この項目だけが意味がわからないです。
家庭に床の間をつくることが、どのような教育(もしくはしつけ)に関する役割をはたすのでしょうか。

Aベストアンサー

床の間がある処は、お客様をもてなすところです。
茶道で言うところの茶室がそうでしょう。
茶道の精神は「和敬」だそうです。
相手を敬い「和」することです。
其処には花が生けられ、掛け軸が飾られることで、季節を愛でて、全ての自然を尊重するようにお客様をもてなすという「場」だと思います。
つまり人間も含めて全てを「生かす」精神の場としての床の間です。
ですからもともと、茶室に段はついてないし、上座も下座も上下関係という意味ではなく、もてなす側ともてなされる側が同じレベルにいるのです。
もともとの精神がそうだとしたら、つまり「生かす工夫」を求められる場といえると思います。
この提言をまとめられている人たちは、戦前の何らの「工夫」も無く、国民に犠牲を強いた人たちの責任はないと考える人たちなので、自分たちの「工夫」より国民の「犠牲的精神」が大事だと考えるので、そう提言しているのでしょう。
この人たちが、勝手に考えている「床の間」という意味はそういう意味だと思います。

Q台付仏壇の上だけを地袋付仏間に置くのはおかしいですかね?

先日、父が他界しました。実家の仏壇を引き取りたい気持ちはあるのですが、サイズが大きく、自宅の仏間には収まりません。自宅の仏間は半間の押入れの上半分をスペースにあてたもので、地袋付仏間というのだそうです。実家の仏壇は普通の台付仏間で150cmほどの高さがあります。台を除くと99cmほどなので、天袋の半分をつぶして、仏間部分の天井を嵩上げすれば、なんとか収まるサイズではあります。とりあえず、大工さんに見積をお願いしようとは思っているのですが、そもそも台付仏壇の上物だけを置くのは、やはりおかしな感じがするのではないかと少々気になっています。
ご意見をお聞かせ願えればありがたいです。

Aベストアンサー

>台付仏壇の上物だけを置くのは、やはりおかしな感じ
です。写真を撮ってきて合成してご覧なさい。

 地袋を取り除く、あるいは下げることもできるはずですが??
 周囲の壁を仕上げなおさなければなりませんが、それで収まれば検討されたら良いでしょう。

Q祖母が亡くなりました。床の間のことで質問です。

先月、祖母が亡くなりました。葬儀も無事に終わり、現在お骨や遺影は仏間の床の間の上に三段の台を作りそこに置いてあります。(葬儀屋さんがやって下さったので実際は見てませんが)
私の家は浄土真宗で大谷派です。なので掛け軸は"南無阿弥陀仏"と書いてあるものを床の間に掛けてあります。
私は葬儀屋さんがそうやって置いて下さったのでそれで良いと思っていたのですが、この間知り合いのお婆さんが来て床の間を見るなり(遺影やお骨の置いてある台は床の間の一段上がった所にそのまま置いてあるので)これでは先祖に失礼だと言っていました。
南無阿弥陀仏はご先祖様だから遺影をこんな所に置くのはご先祖様にお尻を向けているのと同じだと言って、南無阿弥陀仏の掛け軸を外すか遺影の置いてある台を床の間から下ろせと言います。南無阿弥陀仏は阿弥陀様に帰依するという意味だったと思うので(曖昧ですみません)ご先祖様はあまり関係無いような気がするのですが。仏壇は床の間の横にあります。
それに私が記憶している限り、他の方の家に行った時も遺影の置いてある台は床の間の上に置いてあった気がするのです。

それとこれはただの私の考えなのですが、床の間の前に遺影の置いてある台を置くと床の間の横の仏壇よりも前に出てしまいます。それは少し不恰好かなと思う気もするのです。部屋も狭いので…。

お婆さんの言う通り、遺影の置いてある台を床の間から下ろすべきなのでしょうか?
普通はそのようにしてあるのでしょうか?
親戚の方々も何も仰らなかったのでそれで良いように思うのですがこれではご先祖様に失礼でしょうか。
回答お願いします。

先月、祖母が亡くなりました。葬儀も無事に終わり、現在お骨や遺影は仏間の床の間の上に三段の台を作りそこに置いてあります。(葬儀屋さんがやって下さったので実際は見てませんが)
私の家は浄土真宗で大谷派です。なので掛け軸は"南無阿弥陀仏"と書いてあるものを床の間に掛けてあります。
私は葬儀屋さんがそうやって置いて下さったのでそれで良いと思っていたのですが、この間知り合いのお婆さんが来て床の間を見るなり(遺影やお骨の置いてある台は床の間の一段上がった所にそのまま置いてあるので)これでは先...続きを読む

Aベストアンサー

早速のご返答、ありがとうございます。

>知り合いのお婆さんは親戚でも無く、ただの近所のお婆さんなので
>いつも言いたい事や気に入らない事があると、自分がルールだと言わんばかりに
>私の家に来ては文句を言います。ただお婆さんが言っていることもよく分かるし、
>貴重な意見なので有難いのですが…
>親戚の長老にあたる方は(亡くなった祖母の兄)その床の間に置いてある
>台を見ても遺影を見ても、何も言いませんでした。
そうでしたか、お婆さんは親戚でもない、ちょっと口うるさいおばちゃんなのですね。
そして、本当の長老であるお祖母様の兄である伯父様は、異を唱えないのならば…

御坊さんには、とりあえず宗派本来の形式を伺った上で
現在の遺影台の置き方が宗派の形式上差し支えがないかも尋ね、
それを踏まえて伯父様にもそれとなしに聞いた上で、問題が無ければ
できれば伯父様の意見に沿ってあえて遺影台を動かさずそのまま押し通しても
いいかと思いますし、逆に「お婆さんの意見が正しい」と伯父様も仰ったら、
移動した方がいいと思います。
…「南無阿弥陀仏」の掛け軸は、うちでは四十九日の法事まで外しませんでしたから。
いわば真宗の心ですから(地域柄もあるでしょうが)、お祖母様が深く帰依されてたのなら
外さない方がいいと思います。

御坊さんは檀家さんの意見を尊重し、これ以上の檀家離れを食い止めたい気持ちから、
そして伯父様は母親を亡くした妹の息子家族に対し、あえて辛いであろう遺族に対し
口を挟まないでおこうと、双方が配慮され指摘しなかった背景もあるやもしれません。

お婆さんは、おそらくお祖母様のいってみれば「茶飲み友達」じゃなかったかと
お見受けします。うちの祖母(かなり衰えてきてますが健在、90代)にも
かつてそういう茶飲み友達が頻繁にうちにきて、話をしにきてましたから。
お祖母様が亡くなられたことで、今後足が遠のくことも考えられますね。
…ご返答から、あえて一番に尊重することもないかと思いました。

上記のように、対処してみてはいかがでしょうか。

早速のご返答、ありがとうございます。

>知り合いのお婆さんは親戚でも無く、ただの近所のお婆さんなので
>いつも言いたい事や気に入らない事があると、自分がルールだと言わんばかりに
>私の家に来ては文句を言います。ただお婆さんが言っていることもよく分かるし、
>貴重な意見なので有難いのですが…
>親戚の長老にあたる方は(亡くなった祖母の兄)その床の間に置いてある
>台を見ても遺影を見ても、何も言いませんでした。
そうでしたか、お婆さんは親戚でもない、ちょっと口うるさいおばちゃんなのです...続きを読む

Q床の間に神棚

現在家を新築中なのですが、神棚を置く場所が和室の床の間しかありません。問題ないのでしょうか?(神棚の上を歩いてはならない、「雲」と書いた紙を貼ればよい、などある程度の知識はあります。)

Aベストアンサー

信じている宗派によっても違うようです。
神棚セットなどでは木で雲をかたどったものがつきますのでご安心を

家相相談に成田に何度か連れられていったのですが、そこは神道なわけで考え方は神様中心となります。「床の間の隣を押入れにして押入れの上部を(天袋の位置です)オープンにしてそこにまつって下さい。仏様は押入れ横つまり床の間と反対側に」といわれましたね。

でも、旧家のときは仏が中心だ。端っこでは拝めない。といわれました。

神棚に朝拝むのでダイニングにという方もいました。

ただ、床の間の中にまつるのはまだ見たことないですね。
でも、家屋にまつわる神様が存在する場所ということもいわれているので床の間でもいいのだと思います。

どちらに置くにしろ神棚に拝むことを滞らないようにすれば神様もお怒りにならないのではないでしょうか。

Q床の間の上に仏壇は、良くないのですか

今現在、床の間の上に仏壇を置いております。ある方から、本来床の間は、神様の場所であり、仏壇をおくのは良くないこと。ご先祖様も大事ですが、床の間は、神様の場所なのだと聞かされました。また床の間に仏壇を置くと男子の子孫が繁栄されないので良くないとも聞かされました。(細木数子の先祖の供養にも書いてありました)実際、床の間とは仏壇の置くところではないのですか。ご存知の方、教えて頂けますか。よろしくお願い致します。

Aベストアンサー

 こんにちは。

<床の間の上に仏壇は、良くないのですか>
 床の間の起源には諸説いくつかあります。
 (1)室町以前は部屋に畳は無かったので、部屋に畳を置きその上で寝起きしていたものが、だんだんその上は使われなくなって床の間へと変化していった。
 (2)部屋の一方の壁に高さが7寸ぐらいで板を取り付けて(現在の棚です)その上に物(茶器や香炉の類)を置いていた。
 この板の長さは2間あり、現在の床の間より大きい(長い)。ここからだんだん現在の床の間へと変化していった。
 (3)部屋の奥の壁に軸や絵などを飾り(掛け)その前に低い台を置き部屋の飾りつけとして使用していた。この場合、部屋全体が現在で言う床の間であり、現在より大きい(と言うか、機能が違う)。この考え方から現在の床の間へと収斂して行った。

 室町の後期に成立した床の間は、桃山に入って完全に現在の意匠が出来上がっています。

 色々ありますが、床の間がある部屋はその家の中でも上等の場所であり、格式が高い部屋である事は間違いないと思います。
 来客があった場合、床の間がある部屋に通すのは理に叶っています。
 
 私の地域では「奥床」といって、田の字の部屋構成の奥の後ろ側の部屋(八畳)に床の間を作ります。
 お葬式の時は、その部屋(床の間がある部屋)全体に祭壇を飾り、前の八畳、隣の十畳を使い式を行います。

 ご質問者さんの疑問ですが、その家の一番高級な場所にご先祖様の位牌の入る仏壇を置かれたとしても、何か障(さわ)りが有るとはとうてい思えないのですが。
 ご先祖様に感謝されても、罰当たりにはなり得ないと思います。

 私の地域では、天台宗は床の間のある部屋には仏壇は置きません。その一つ手前の部屋に仏壇は置きます。仏壇の上は神棚です。例外はありますが、ほとんどこのように作ります。
 浄土真宗では床の間の隣が仏壇が入る場所です。本来はここは他の宗派は違い棚と天袋地袋が造られ、反対側には出書院があり、床の間と共に奥の高級な部屋の意匠を構成する部分ですが、浄土真宗ではここ(床間の隣)が仏様(仏壇)の場所です。

<本来床の間は、神様の場所であり、仏壇をおくのは良くないこと。ご先祖様も大事ですが、床の間は、神様の場所なのだと聞かされました>
 前出の通り「そんなことはないでしょう」。

<床の間に仏壇を置くと男子の子孫が繁栄されないので良くないとも聞かされました>
 ほんとですか?・・・なんか怪しいですね・・・。
<細木数子の先祖の供養にも書いてありました>
 何かを信じることは悪いことではありません・・・が、信じる物はご自分の判断で確り探すのが良いと思われます。

<床の間とは仏壇の置くところではないのですか>
 私の地域では、その様にしているご家庭は沢山あります。

 ご質問者さんのお心が健やかになる事を祈っています。

 こんにちは。

<床の間の上に仏壇は、良くないのですか>
 床の間の起源には諸説いくつかあります。
 (1)室町以前は部屋に畳は無かったので、部屋に畳を置きその上で寝起きしていたものが、だんだんその上は使われなくなって床の間へと変化していった。
 (2)部屋の一方の壁に高さが7寸ぐらいで板を取り付けて(現在の棚です)その上に物(茶器や香炉の類)を置いていた。
 この板の長さは2間あり、現在の床の間より大きい(長い)。ここからだんだん現在の床の間へと変化していった。
 (3)部屋の...続きを読む

Q床の間や仏壇置場を軽視していると指摘されました・・・・

建売住宅のプランを考えていると、とにかく少しでも収納を多くとりたい、という想いから、和室といえば押入いっぱいというプランにしてしまうワタシ…。
床の間や仏壇置場を軽視していると、ある方から指摘を受けました(>_<)

私の年代(30代)では親は健在が一般的。
よって子育て世代の家には普通仏壇ってないと思うんですよね。
(早々にご両親を亡くされたりした場合は別ですが…)
今、私が計画しているのは、30代~40代前半をターゲットにした住宅です。
この年代の方には私も含めて、床の間だって結局収納スペースとして使っている友達のお家も多いし、少しでも収納が多い方がうれしいと思っていたのですが…
そりゃワタシだって、ひろ~いお家のプランなら床の間や仏壇置場もプランに入れますどね~。せいぜい30坪程度の中の6畳前後の和室ですよん…
(あッ!グチッぽくなってしまってすみません…)

将来的には必要になるかもしれませんが、そんな先の為に貴重なスペースを空けておくというのもちょっと抵抗が…。
ワタシって間違っているかしら…?

みなさん、ご意見くださ~い(^O^/

建売住宅のプランを考えていると、とにかく少しでも収納を多くとりたい、という想いから、和室といえば押入いっぱいというプランにしてしまうワタシ…。
床の間や仏壇置場を軽視していると、ある方から指摘を受けました(>_<)

私の年代(30代)では親は健在が一般的。
よって子育て世代の家には普通仏壇ってないと思うんですよね。
(早々にご両親を亡くされたりした場合は別ですが…)
今、私が計画しているのは、30代~40代前半をターゲットにした住宅です。
この年代の方には私も含めて、床の間だって結局収納...続きを読む

Aベストアンサー

30代男です。長男ですので仏間は考えました。床の間もあると和室のゆとりが違うと思います。
最近建てたのですが、悩んだ結果下記のようにしました。
○4.5畳が畳スペース
○1畳が吊り押入れで下が床の間風、その隣に半畳の観音扉つき納戸(扉を外すと仏間になるように白木を入れました)
○和室はリビング隣接で、内装は洋風クロス仕上げ。障子は素地色のアルミ障子、畳は琉球畳でリビングとのマッチングをだしました。
狭いながらも落ち着きのある部屋になりましたし、客間として使えるだけの品格がでたので満足してます。
仏壇はいつかは受け継ぐものですし、簡単に置き場所が決まるものでもないので、最初から決めておく方が良いと思います。家相(○向き、天井を踏まないetc)なども、本人が気にしなくても兄弟や親戚がきにするケースもあるかもしれません。)特に「天井を踏まない」は、家相としてでなく心情的に抵抗感があります。この条件は設計段階から考えておかないと場所が定まりませんのでプラン作成時の配慮を望みます。

Q床の間は潰してはいけない?

現在3LDKの所有マンションに住んでいます。
そのうち1室が6畳の和室になっていまして、押入れのすぐ横に小さな床の間があります。
その床の間にぴったり6段の収納ボックスが収まったので置いて使用していますが、最近「床の間を潰してはいけない」ということを耳にしました。

本当に床の間を潰すと良くないのでしょうか?

Aベストアンサー

家相や風水を気にされるのなら関係するかもしれませんが、
個人的にはリフォームと同じなので潰しても問題ないかと思います。
元々ない家もありますし。

参考URL:http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%BA%8A%E3%81%AE%E9%96%93

Q仏間の上の部屋。

自宅を新築しようと思っています。田舎なもので、現在の自宅の仏間は意外に広く、その配置はなるべく崩さず、建て替えを考えていますが、問題は、仏壇の真上、2階部分は部屋になります。空けて置くほどの余裕などありません。誰かの部屋にするか、それとも物置代わりにするか?悩みどころですが、仏壇の上を人が歩くなど聞いた事もありませんし、かといって、物置にすれば、それはそれで片付かない汚い部屋が、仏壇の上に来ると言う事になります。どうすれば良いものでしょうか?物置にするくらいなら、まだ、誰かの部屋のほうがマシではないのか?とも思うのですが?

Aベストアンサー

 そういう場合は
 仏壇の中の上に
 「雲」「天」などを書いた紙を貼るのです。

 そうすれば、そこが「天」になるので、二階部分をだれが使っても大丈夫。

 また、仏壇は多分に床の間のように奥まった位置に置くと思うのですが、その上に必ず人が足を踏み入れるとは限りません。押入れにするとか・・・。クローゼットにするとか・・・。

 その場合でも紙を貼っておくのは無難ですけど。


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング