竹炭って何かのテレビで、めちゃめちゃ高価だとやっていたのに、親父に聞くと、「竹炭なんか、木がないところで作ったもので、安い」というのですが、どちらが本当なんでしょうか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

chisaburouさん、こんにちは



参考URLを見ると同じような値段で売ってます。
単純に燃料として使うなら、木炭の方が使いやすそうなので、昔燃料として使ってた時は、きっと木炭の方が高かったんじゃないんですかねえ。
最近は健康用品とか観賞用なので高価なんだと思います。
自分で作ろうと思った場合は木炭より竹炭の方が手軽に出来るみたいですよ。
親戚の家で趣味で竹炭作ってますから。

参考URL:http://www.mokutan.net/cago/list.html
    • good
    • 0
この回答へのお礼

 おお!こんなマニアックな炭サイトがあったなんて!
 リンクありがとうございます。竹炭は場所によって値段がまちまちなんですねぇ。趣味で竹炭作るってうらやましいです。僕も作ってみたいです。
 ご回答ありがとうございました。

お礼日時:2001/09/04 20:14

竹炭でも、〇〇が治ったと書いてある


ようなは竹炭は、かなり効果です。
同様に、備長炭も、効能書きがあると、
同じように高価ですが・・。
しかし、本来の備長炭は、ある程度出荷もまとまり、
相場もハッキリしていますが、
竹炭は、産地や原料の竹によって
値段にばらつきがあるかも知れませんね。
それに比べ竹は希少価値と言う意味かも知れません
木さく液ならぬ、竹さく液は、入手すら難しいかったようです。

手軽に手に入る輸入木炭は、
最近品質がかなり落ちたような気がします。
臭いし、はぜるし、日持ちがわるい。
囲炉裏でつかうのは少し気が引けますよね。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

 産地や原料によって値段がまちまちという訳ですねぇ!
 竹さく液なんかあるんだ!ちょっと見てみたいです。
 輸入木炭ってそんなに質が悪いんですか!?買ったことがないので分かりませんが、この冬は七輪でも買って炭でもちを焼いて食べたいものです。
 ご回答ありがとうございました。

お礼日時:2001/09/04 20:21

最近、時々見かけますが、一般に売っている炭と比較すると、割高ですね。


炭その物が昔は量産されていたのが、今は作っている所も少ない上、需要が少ないので、結構高いですよ。
特に竹炭は、作って居る所が、他の炭より少ないので余計に高いのだと思います。
先日、中央道の談合坂SA で売っているのをみましたが、やっぱり高かったです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ですよね!高いですよね!
 まったく親父めがせねたを掴ませよって・・!(--〆)
 ご回答ありがとうございます。

お礼日時:2001/09/04 20:11

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q竹炭の粉で白色を探しています

家族の健康を考えて、家の内装に塗り壁を検討しています。
(現状はビニールクロス)
素材は漆喰を予定していますが、そこに竹炭の粉を混ぜたいのです。
ただし、通常 竹炭の粉は黒色なので、漆喰の白色に混ぜるとグレーになってしまいます。これは避けたい!白が希望なんです。
ネットで検索しましたら「白竹炭」という製品がありましたが、漆喰材はもう決めてあるので、あくまでも「竹炭の白い粉末」を探しています。
それとも、竹炭の調湿機能などの自然の力を備えた天然成分であれば、竹炭でなくとも良いかと思っています。
どなたかご存知でしょうか?

Aベストアンサー

以前、炭漆喰言うものを聞いたことがあります。そちらを調べてはどうでしょうか?トイレなどに使用され比較的白い色が出るようです。
ただ炭漆喰は備長炭(木炭)の粉末を混ぜたものですから、竹炭よりは調湿・消臭効果は劣ると思います。また炭は多孔質=炭の表面に無数の微細な孔があることで効力を発揮しますが、長い間使用していると孔が塞がり効果が少なくなりますので、長期的に使用される場合はやはり専門の方に相談された方が良いと思います。(私は炭漆喰は専門ではないのですみません)
もし調湿・消臭により多くの効果を求めるのであるなら、私個人としては、1坪当たり3~4kgを目安にホームセンターや直販などで竹炭を購入し、インテリアとしてまたは目立たない部屋の隅に置かれたら良いと思います。炭は1ヶ月程度毎の天気の良い日にでも水洗いと乾燥をさせると再使用が可能ですから効果及び経済的にも良いと思います。また、古くなったら植木や庭に撒くと防虫や土壌改良の効果もありますよ。

Q木と木を釘やネジで固定するときに木が裂けてしまう

日曜大工を年に数回やるのですが、木と木をネジや釘を打つとたまにその部分から裂けてしまいます。

これを避けるにはどうすればいいのでしょうか?
もしかしたら、木に予め穴を開けておけばそれだけ裂けにくくなるのでは?でも穴を開けるときに同様にチカラがかかれば同じく裂ける?
とも思っているのですが、実際どうなのでしょうか?

もし事前に穴を空けるのが正しいとした場合、どのくらいの穴をあければいいのでしょうか?またその穴はネジ(釘)の長さを5cmと仮定した場合、何cmくらい空けるのが正しいのでしょうか?

また、木と木を重ねて穴を空けるときは、皆さんどのように固定して空けてますか?

Aベストアンサー

 ネジの直径の2/3程度の下穴をあけるべきです。
 ドリル等で穴を開ければ、木が裂けることはありません。穴の深さはネジの長さの8割程度でよいと思います。

Q竹ガードという竹用の保護塗料について

この塗料の注意書きを見て驚いたのですが、目、鼻、腕などを覆うようにして塗らないとダメとの表示があります。

竹のラティス2枚程度を屋外で塗るだけなんですが、ここまで、しないといけないのでしょうか?

また、これほど、防護が必要な塗料なら、近所に風で吹いていっても大丈夫なんでしょうか?

※もしかしたら、この防護の表示は大げさなんでしょうか?

一応、撥水性ステインとかの注意書きを見たんですが、こんな防護の記入はありませんでしたので、どうも気になりました。

すいません、ご教示いただければ幸いです。

Aベストアンサー

ネットの資料で見る限り「防カビ剤を含む浸透性の液」となっています。
作業上の注意としては、(気分が悪くならないように)通気性を保つようなっていますね。

個人差はあると思いますが、また下処理の必要時シンナー等でも特異的に酔われる方もあります。

実際に使った事はありませんので分かりませんが、メーカーとしては安全サイドの表示かとも思います。
少なからず原因の発生はあるわけでありますから、用心に越したことはありません。

商品については、青竹・固い被膜・油分のある所は、浸み込まず効果がないとありますので念のため。

Q木枠梱包をしたいのですが、何かコツがあれば

木枠梱包をしたいのですが、何かコツがあれば教えてください。外枠の木と内側の木がうまく交互になっているのを見かけるのですが・・・・・

Aベストアンサー

透かし梱包のことでしょう。 参考サイト出てきました。
(密閉箱では船便で支障が出るときや費用的簡素化で使います)

http://www.oami.co.jp/
http://image.search.yahoo.co.jp/search?rkf=2&ei=UTF-8&p=%E6%9C%A8%E6%9E%A0%E6%A2%B1%E5%8C%85

・要点は部品的パネルで先に組み立てる。
・底板は丈夫に造り、リフトで運べるような構造にする。
・内容物は、仮のボルトで底板にしっかりと固定する。
・必要に応じ補強材・補強金具の使用や、品物の固定のための補助材を使う。
・最終的にはスチールバンドで固めたり、UP(上を表す)表示を付ける。
・その他輸出などでは、箱の最小規格やシッピングマーク・通関面などは専門業者に聞いてください。

何よりも、荷役の取り扱いで壊れないことが最低の条件です。
何回も使うところでは、折りたたみ式に改良されているものも見かけます。

Qホームセンターの木じゃなくもっと味わいのある木

店舗を経営しているのですが店舗などの改装をすべて自分でしました。ホームセンターなど木を買いに行ってある程度満足に仕上がったのですがお店の商材がアジア雑貨なのでやはりコーナンだけの木じゃ何か味が出ません。
 
 そこで質問なのですがコーナンみたいに正確な木じゃなくて古びた木や曲線、さびれ、面白い形の木などどこかで販売しているところはないでしょうか?飾りだけの木じゃなくてしっかりそれらの木で土台ができる木が欲しいです。
 
 当方大阪です。近くにそういった場所がありましたら教えてください。

Aベストアンサー

兵庫県宍粟市(しそうし)に木材市場があります。
原木や間伐材の販売をしています。
近所の人はログハウスの材料を買いに行ってました。
また、姫路市の網干港(あぼしこう)通称「木材港」と言いますが
材木商など木材の輸入会社などありますので、加工してるところも
小売してくれると思います。
私は切れ端はタダでもらってました。
最近は処分するのにお金がいるので半端はタダでくれます。
同じ網干港に木材のチップ工場がありますので近隣の廃材も集まってきます。
交渉すれば格安にて売ってくれますよ。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報