祝Queenの日!フレディ・マーキュリーの年代別ファッション&ヒットソングまとめ

水晶石(珪石SiO2)から抽出して水に溶解した物らしいのですが、珪酸塩は人畜無害って書いてあるのですが、この溶解した水を薄めて飲用しても大丈夫でしょうか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

>晶石


に関係したことがないので.珪酸一番で。
地盤凝固剤に可溶かされた珪酸園が使われています。これの中毒が.日本中毒学会の機関紙に乗っていたような気がします。
毒性があります。アルカリ性を示すので.アルカリによる粘膜の腐食.酸と反応して.固体珪酸園ができで.イチョウ館内に遺物生成。のないようだったかな。吸収されて.どうのうこのの内容は覚えていません。ただ.「未知の毒性」二巻する警告がかかれていたような気がします。

家の前の電柱工事で使われていたので.興味本位で呼んだために.内容をよくおぼえていません。図書館で探してください。
    • good
    • 0

水晶はほとんど水に溶けませんので(表面積が小さくて溶けるのに時間もかかるし)同じ成分の「石英」やそれを主成分とする「珪砂」(けいしゃ、けいさ)の抽出物で、各種金属のケイ酸塩が主成分の「ハズ」ですが、誰が作ったのか分からない物は飲まない方が…。

ただの川砂かも知れません。(その程度なら良心的)
ケイ酸イオンは炭酸イオンと同じ形のSiO3(2-)でナトリウム塩ですと「水ガラス」。
啓林館様のケイ酸塩のページを添付しました。
多少の鉄を含む水晶は「紫水晶、アメジスト」下記URLは宝石の成分のページ:
http://homepage3.nifty.com/such/shumi/shumi2/sto …
普通「湧水」は多少ともケイ酸塩を含んでいます。富士山の麓の湧水なんか沢山含んでるだろうな。(おいしそう)
もちろん石灰質の地層から出る水はそれより圧倒的に多量の炭酸塩を含みます。(カルシウムが多すぎるとちっともおいしくない)

参考URL:http://keirinkan.com/kori/kori_chemistry/kori_ch …
    • good
    • 0

ケイ酸塩といいましても、色々な種類があります。


ケイ酸と、何かを中和させたものが、ケイ酸塩です。
通常は、ナトリウムと反応させたケイ酸ナトリウムが多く見うけられます。
ケイ酸ナトリウムをそのまま飲むことは、危険です。
水と激しく反応して、火傷のような症状を引き起こします。
また、水溶液にしても、PH12程度の強アルカリですので、内臓をいためます。
かなり薄めれば、飲めない事はありません。
胃酸の効果を低下させますので、胸焼け等の時、ごく薄いケイ酸ナトリウムを呑むのも効果が有るかもしれません。
ただし、責任はご自分でとってください。

ケイ酸塩が無害というのは、人体内で、なんの反応も起こさないという意味です。
飲んだケイ酸ナトリウムは、そのまま体外に排出されます。
    • good
    • 1

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qケイ酸ナトリウムが水と接触すると,pHがアルカリにシフト?

ケイ酸ナトリウムを水に接触させると,
その水のpH値ってアルカリサイドにシフトしますよね。

その理由として,Na成分が溶出しているから,とよく聞くのですが,
なぜ水のなかにNaが増えると,アルカリにシフトするのですか?

単純に,電離しているOHと「NaOH」として結合するから,
という理由なんですか?

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

pHというのはH+の濃度をあらわしているのはご存じですね。
ケイ酸は弱酸ですので電離しにくく、Naは強アルカリですので電離しやすいのも理解できますね。
では、水のなかではケイ酸はイオンで居づらくなるのも理解できるでしょうか。ということは水の分子のH+とOH-のうちH+はケイ酸と結合しやすくなり、水の中のH+が減少するのはわかるでしょうか。(結果、イオンとしてはNa+とOH-が大多数を占める)
そうするとH+濃度が減少し、pHがアルカリ側にシフトするのも理解できると思います。

Qキレート剤とは?。

キレート剤とはどのようなものなのでしょうか?。
そしてどのようなところに利用されているのでしょうか?。
教えてください。

Aベストアンサー

無電解銅めっき液に関して、キレート剤が関与するのは、銅イオンの可溶化、溶解生の安定化が大きな作用と思います。通常、無電解銅めっき液は、アルカリ性であるため、銅イオンは容易に水酸化物となって沈殿してしまい、めっき液が成立しません。そのため、EDTA(エチレンジアミン四酢酸のナトリウム塩)や、クエン酸、酒石酸などのオキシカルボン酸塩(ナトリウム塩など)を配合して、めっき液を調製します。このままでは、金属が析出しないため、ホルマリンや次亜燐酸塩などの還元剤を使用して金属を析出させます。
また、アンモニアは、銅イオンと容易に結合し「銅アンモニア錯イオン」を作り、めっき液に重要なファクターとなっています。アンモニアは、キレート剤、pH緩衝剤の両者に有効に働いていると思います。
キレート剤には、広い意味があるため一言での説明は難しいです。
一般的には、可溶化、安定化作用を利用して、溶液の調製に使用されますが、ある種の金属と特異的に結合する性質を持つ物は、沈降剤(排水処理など)、金属回収(キレート樹脂による交換など)に利用されています。
また、金属イオンと結合し(錯体を形成)することにより、元の金属の特徴を変化させることが可能となるため、電気メッキにおいても合金メッキに利用されています。この場合は、析出電位が大きく異なる異種金属の析出電位を近づける事が可能となり、合金皮膜として析出させることができます。また、めっき液の金属溶解安定性を維持することにも寄与しています。
回答になっていなかったらごめんなさい。参考になったでしょうか?                           

無電解銅めっき液に関して、キレート剤が関与するのは、銅イオンの可溶化、溶解生の安定化が大きな作用と思います。通常、無電解銅めっき液は、アルカリ性であるため、銅イオンは容易に水酸化物となって沈殿してしまい、めっき液が成立しません。そのため、EDTA(エチレンジアミン四酢酸のナトリウム塩)や、クエン酸、酒石酸などのオキシカルボン酸塩(ナトリウム塩など)を配合して、めっき液を調製します。このままでは、金属が析出しないため、ホルマリンや次亜燐酸塩などの還元剤を使用して金属を析出さ...続きを読む

Qシリカの溶出のメカニズム

土に石灰を混ぜて供試体をつくり水の中で養生させ、その水を採水しその中のシリカを計ったときpHが酸性のときよりアルカリ環境のときの方がシリカが溶出しやすいらしいのですがその理由と溶出のメカニズムを教えてくださいお願いします。

Aベストアンサー

シリカの水への溶解は次の5つの反応式が関係します。
 (1) SiO2 + 2H2O → H4SiO4
 (2) SiO2 + 2H2O → H3SiO4- + H+
 (3) SiO2 + 2H2O → H2SiO42- + 2H+
 (4) SiO2 + 2H2O → HSiO43- + 3H+
 (5) SiO2 + 2H2O → SiO44- + 4H+

(1)式はPHに関係なく一定で、溶解度にすると常温で約100mg/L(as SiO2)です。(2)-(5)式は溶解はPHに依存しH+イオンが少ないアルカリ領域で反応は右側に進み、シリカの溶解量が増えることになります。詳しくは参考URLをご覧下さい。

http://chem.agri.kagoshima-u.ac.jp/~chem/Shokuryo/soil/clay_1/text.html
http://www.geol.sci.hiroshima-u.ac.jp/~geohist/kano/EducFolder/silica.html
http://wwwoa.ees.hokudai.ac.jp/edu/mag/lecture/collo2000/232.html

参考URL:http://chem.agri.kagoshima-u.ac.jp/~chem/Shokuryo/soil/clay_1/text.html

シリカの水への溶解は次の5つの反応式が関係します。
 (1) SiO2 + 2H2O → H4SiO4
 (2) SiO2 + 2H2O → H3SiO4- + H+
 (3) SiO2 + 2H2O → H2SiO42- + 2H+
 (4) SiO2 + 2H2O → HSiO43- + 3H+
 (5) SiO2 + 2H2O → SiO44- + 4H+

(1)式はPHに関係なく一定で、溶解度にすると常温で約100mg/L(as SiO2)です。(2)-(5)式は溶解はPHに依存しH+イオンが少ないアルカリ領域で反応は右側に進み、シリカの溶解量が増えることになります。詳しくは参考URLをご覧下さい。

http://chem.agri.kagoshima-u....続きを読む

Q銀が有害金属だと聞いたのですが

銀が有害金属だと聞いたのですが、銀イオン抗菌剤入りなどはもんだいがあるのでしょうか

銀抗菌プラスチックなどはやたらに破棄出来ないのでしょうか

Aベストアンサー

こんばんは。
前の方々が紹介しているURLの内容にちょっと疑問です。

物質が体内に入る際には様々な経路を辿ります。つまり経口、経皮、経粘膜などの人体に侵入する経路によって毒性の発現には差が生じます。
口から(経口)では消化管上皮から門脈を通じ、肝臓を経由します。(一度肝臓で代謝されます)。しかし経粘膜、経皮吸収の場合は、付近の血管から直に人体の広範囲に運ばれ、それらの毒性は経口毒性を上回る場合が多いんです。

銀は重金属の一種ですが、過度な摂取で「argyria」(銀中毒)を起こします。これは主に経粘膜等で侵入した銀イオンによるものです。決して無毒性とはいえません。

銀イオンは微量で細菌の細胞に存在する-SH基の水素を銀イオンが-SAgと置換することで殺菌効果をしめします。
抗菌素材を作る場合は、作った製品にたいしJIS規格の抗菌試験を行います。その試験の資料を参考にして、様々な法律(安全基準)に照らし合わせ、同時に製品の性能を損なわない量で、且つ溶け出した銀イオンの濃度が人体に安全になるような量の銀を添加します。決して毒性を無視しているわけではありません。

※国内の抗菌製品に関しては、日常生活上、銀から銀イオンが溶出しても人体に影響を与えないだけの量の銀が添加されていて、日常的に使用するには「安全」です。

抗菌ステンレス鋼に関しては、全重量中0.4%程度の銀が添加されていますが、環境保全への配慮と同時に、今後希少金属として改修する方法で調整されています。

産廃に関しては、銀には厳しい基準が提示されつつあります。一例としてを下記URLをご参照下さい。

>(4)他の金属(例 写真廃液からの金属回収)
http://t-kimura03.cc.yamaguchi-u.ac.jp/classic/kaizen01/h13-5c/5c40c.htm

参考になれば。

こんばんは。
前の方々が紹介しているURLの内容にちょっと疑問です。

物質が体内に入る際には様々な経路を辿ります。つまり経口、経皮、経粘膜などの人体に侵入する経路によって毒性の発現には差が生じます。
口から(経口)では消化管上皮から門脈を通じ、肝臓を経由します。(一度肝臓で代謝されます)。しかし経粘膜、経皮吸収の場合は、付近の血管から直に人体の広範囲に運ばれ、それらの毒性は経口毒性を上回る場合が多いんです。

銀は重金属の一種ですが、過度な摂取で「argyria」(銀中毒)を起こ...続きを読む

Q柔軟剤のにおいを消したい

友人に洋服を貸し、洗濯+丁寧なアイロン掛けがされて戻ってきました。

クローゼットに戻そうとしたところ、
洗剤だか柔軟剤のにおいがきつくて一時中断しました。

私はにおい系が嫌いなので、普段香水など使いません。
洗剤もずっと『アタック』で、太陽のにおいが好きです。笑

そのアタックで2回洗い直しましたが、においが取れずどうしたものかと悩み中です。
何か、においをとる洗濯方法はありますか?

クリーニングに出すとにおいってどうでしょうか?

Aベストアンサー

最近はきついニオイの柔軟剤が多くて、私もイヤな思いをすることがよくあります。

ニオイが残ってるってことはおそらく何か化繊でしょうね?
綿の白物ならブリーチって手もありですが、それでも特有のニオイが残りますね。

色物にしろ白物にしろ酸素系漂白剤で少しつけ込んでみたらどうでしょうか?
あまり濃い液だったり長時間だと変色する可能性もあるのでほどほどに・・。

柔軟剤の代わりに仕上げは酢を少し落とせば消臭効果もあるんじゃないかと思います。
後は風通しの良いところにしばらく掛けておくことでしょうか・・
クリーニングも独特のニオイが残りませんが?

嫌いなニオイって特に強く残ってる気がするんですよね。
うまく取れると良いですね。


人気Q&Aランキング