プロが教えるわが家の防犯対策術!

自転車のブレーキでディスクブレーキ、Vブレーキ、ローラーブレーキとありますが、どれがいいんですか?

A 回答 (6件)

油圧式もあり強力、対雨、コントロール性などで


ディスクブレーキ有利
リム、ホイールに対するダメージもない
全般的に主流になりつつあるブレーキです
構造が複雑、重量、メンテナンス、高コストなど弱点

Vブレーキ
制動は強力、単純構造、軽量、メンテナンス楽
主にオフロード、クロスバイクに使われる
クロスバイク用はショートアームが多い
(強制動で転倒防止)

ローラーブレーキ
ママチャリ系内装変速と併用が多い
雨には強い

カンチブレーキ
オフロード系
Vブレーキに置き換わる>ディスクブレーキへ

キャリパーブレーキ
高価格帯はロードバイク用
コントローラブル

自転車世界は 「1グラム1万円」
1グラムの軽量化をするのに1万円のコスト
と言われています

どれが良いかと言われれば

同系列や同一車種なら
よりよいパーツで組まれている
高いのが良い

ディスクブレーキが潮流なので
それが選択枝にあればそれで
    • good
    • 1

ローラーブレーキも、バンドブレーキより制動力が高く、音鳴りがしづらいタイプで、上位モデルに取り付けられていることも多いブレーキです。



Vブレーキは、クロスバイクやミニベロなどでも、使われることが多いブレーキです。ゴム製のブレーキシューがリム部分を押さえつけて、ブレーキがかかります。
テコの原理で、高い力を生み出すブレーキで、部品数が少ないのでメンテナンスしやすい特徴もあります。

ディスクブレーキは、ホイール中心部のディスクを挟んで、ブレーキをかけます。車やバイクなどのブレーキとほぼ同じ仕組みで、最近のスポーツバイクの主流にもなっているブレーキです。

このディスクブレーキには「機械式」と「油圧式」の2種類があり、雨天時や路面状況などに左右されずに、安定してブレーキができるのが特徴です。

Vブレーキの利点は、制動力が高いことと軽量なこと。デメリットは、リムとの隙間がキャリパーブレーキより狭いので、調整がやや面倒なことです。
ローラーブレーキorバンドブレーキモデルを選ばなかったのは、ホイール交換が面倒なのと、内部抵抗が存在するのを嫌ってのことです。

選ぶときは、用途に応じてで良いと思います。荷物を積んで低い速度域で走るならローラーブレーキ。クロスバイク的に速く走りたいのならVブレーキということです。

高速域から動作させるのであればVブレーキよりディスクブレーキの方が効くのでは無いでしょうか。
    • good
    • 0

聞いてどうするの?



ローラーブレーキは、別として。

リムブレーキというのもあるのよ。
すべて、性能は値段ですよ。値段。
    • good
    • 0

ママチャリに使われているキャリパーブレーキで十分。


 ゴムがすり減ったらホムセンで買えるし、調整なども簡単な工具有れば自分で出来る。
 ディスクブレーキやローラーブレーキは素人では先ず無理。自転車屋にそれなりの作業工賃を払うハメになる。
「自転車のブレーキでディスクブレーキ、Vブ」の回答画像3
    • good
    • 0

メリットとデメリットがある。



1.ハブブレーキ:
1)バンドブレーキ/サーボブレーキ(回転するドラムに、「バンド」や「ブレーキシュー」を当てることで停止させる)
2)ローラーブレーキ(バンドブレーキやサーボブレーキよりも悪天候に強く、音鳴りに強い)
3)コースターブレーキ(ペダルを逆回転させることでブレーキをかける)

2.リムブレーキ(タイヤ内側の金属部分リムをブレーキシューで挟んで止める。効きが強いのが特徴、一般車の前輪ブレーキや多くのスポーツ車に採用)
1)Vブレーキ:クロスバイクやマウンテンバイクで多く採用。ブレーキ力が強いメリット、Vブレーキ用のブレーキレバーが必要や左右のブレーキとリムの幅調整が必要のデメリットあり。
2)カンチブレーキ:泥が詰まりにくいことや互換性があるメリット。調整がVブレーキより難しいことや、ブレーキシューが減りやすいのがデメリット。
3)キャリパーブレーキ:ロードバイクや一般車の前輪側に多く採用。本体が軽量で、構造がシンプルが特徴。
(シングルピポットとダブルピポットの2種類あり)

3.ディスクブレーキ:マウンテンバイクやe-bikeに採用されている、高い制動力で悪天候や泥にも強い。デメリットは、メンテナンスや輪行の際にディスクをどこかにぶつけるなどして無理な力が加わり、変形しやすい。
(機械式と油圧式がある)

4.回生ブレーキ:発電するブレーキ(一部のアシスト自転車に採用)
    • good
    • 0

使用目的により最適なものが良い。



ディスクブレーキ:ロードバイクなどのハイスピードで過酷なブレーキングを繰り返す乗り方に適している。

Vブレーキ:ママチャリなどに使用、安価、古典的な構造で低速なら十分な性能。
ローラーブレーキ:密閉されているので水濡れに強い。最近のママチャリのも使用されている。

ママチャリにはローラーが性能でお勧め。
ロードバイクにはディスクを選択すべき。
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング