出産前後の痔にはご注意!

現在、妻と2人暮らしです。
自分は中学のころから、
電子キーボードをずっと弾いてきました。
並行して、自己流ですが、クラシックギターで
ジャズやボサノバを弾くこともあります。
一方妻は子供のころからピアノを習っていて、
一時期は音大を目指すほど熱心にやっていたそうです。
現在、我が家には2台の電子キーボードがあり、
時々妻も弾くことがあるのですが、
ピアノとかなり感覚が違うらしく、
かなり不快に感じるようです。
(61Keyで足りないのも理由)

それで、楽器店に行ってデジタルピアノを
見に行ったのですが、それでも納得がいかず、
「誰が弾いても同じ音がするのでつまらない」
と言われてしまいました。

現在住んでいるのがせまい2DKのアパートなので、
ピアノを導入することもできず、
困っています。考えられる選択としては、

1.ピアノのおける環境に引っ越す。
2.ピアノが弾けるような環境になるまで一切楽器はやらない。
3.何とか説得する。

自分は今までジャズやボサノバなどを
自分なりに楽しんできたので、
ピアノが弾ける彼女に何とか参加
してほしいと思っています。
彼女自身もそうしたいと思っているようですが、
今までの経験上、電子キーボードでは
楽しめないようです。
音大に行きたかったが、実は事情で
いけなかったので、それに対する未練が
強いのでしょうかねぇ・・・

自分はピアノはさわった程度で、
ずっと電子音漬けだったので、
その辺のところが経験的にわかりません。
生ピアノのCDを聴いたところで
所詮は電子音に変換されているわけですから。

クラシックピアノをやっていた方で、
デジタルピアノを弾いている方がおられましたら、
使用感など話してくだされば幸いです。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (9件)

我が家の環境に少し似てますね(苦笑)


幸い私には6歳の息子がおり、ピアノ教室に習い始めた事もあって安いキーボードを購入しましたが、妻も息子教えながら弾いています。私が弾いているともっといいのが欲しいと愚痴っています…(汗)

さて、奥さんの事についてあくまで推測ではありますが、ピアノ演奏にも結構ブランクがあるのでしょうか?事情で音大に行けなかったという事でやはりそれ相応の思い入れがあるのでしょうね。
まずは奥さんに一度、生ピアノを思う存分弾かせてあげてはいかがでしょうか?
少し大きめな楽器店であれば、ピアノ教室なども併設しているところも多いですし、体験レッスン等で安く受けれるチャンスも色々あると思います。

その結果、気持ち的にやはりまたピアノを弾きたいと願うようでしたら、#2の方も言われるとおり定期的に、ピアノを弾ける機会を作ってあげるのが良いと思います。

私の勝手な思い込みかもしれませんが、上記のような環境が整い、演奏そのものをまた楽しむ事が出来るようになれば、これまでとは少し変わって電子ピアノに対する意識も変化していくのではないでしょうか?
確かにまだまだタッチ、音ともに生ピアノには遠く及ばないかもしれませんが、

音やタッチの違いによる不満<演奏する事の楽しみ・喜び

といった精神的変化が得られれば、家庭で少々不平・不満を口にしながらも、レッスンに対する気持ちが先行して行けるかもしれないのでは?と思います。

やはり何をおいても音楽は楽しくないと…と私は考えています。何かを押し付ける事よりも、奥さんが内面的に変化していける環境作りを頑張ってあげて欲しいです。
そうして相互理解が得られ、楽しくセッションを続けて行き、家庭内にいつも楽器のある暮らしを築いて行く事が出来れば、いつの日か本当にピアノの置ける暮らしが二人の夢となっていくかもしれませんね。
その時に備えて仕事と貯蓄の方も頑張りましょう…お互いに!(笑)
    • good
    • 0
この回答へのお礼

私どものために真剣に考えてくださり感謝いたします。おっしゃるとおり、音楽は楽しくなければならないと感じています。そのためには彼女の内面的な変化が必要なのですね。わかっていたつもりが忘れかけていました。ただ同時に、この問題はとても時間がかかることなんだとも気づかされました。即座に解決するのではなく、音楽に対してポジティブな気持ちを持てるように励まし続けないと・・・・じっくり取り組みたいと思います。ピアノを思う存分弾いたほうがいい、というかそれをせずして次のステップに行くことはできない、とは日々感じていましたが、そのような意見をここで聞いて確信を深めることができましたので、実行に移してみたいと思います。

お礼日時:2005/03/30 09:18

No.8へのお礼への補足です。

私はクラシックピアノで仕事していますが、ジャズやボサノバなども好きで時々弾きます。ポップスバンドのピアノパートもやったことあります。それは別世界で楽しいです。クラシック曲を弾く場合は生ピアノでなければ対応しきれませんが、ジャンルによってはデジタルピアノや、昔はやったローズやDX-7などもかえって味がでたり便利だったりします。生ピを使う場合でもクラシックと違うタッチで弾きますのでクラシックほどのこだわりはでません(私の場合)。問題はクラシックに加えて奥様がご主人の好きなジャンルのピアノパートもやってみたい・・・と思えるか、ということですよね。同じ趣味をもてたら2倍楽しいと思います。楽器やテクノロジーの発達と音楽のジャンルや様式の変化は抱き合わせだと思います。クラシックピアノはすでに過去に完成されたクラシックという音楽様式(一部現代)のための楽器なので、そのために年月をかけて発展して今の仕様に完成したわけです。その最高峰の生ピアノがある以上、それをうわまわる電子楽器をそのために作る必要はないし、すでに開発されたシンセサイザーなどは別ジャンルの音楽に利用されていますよね。それぞれの音楽の特徴や良さが楽器そのものに文化として現れていると思います。大好きで大切な分野なのでつい熱くかたってしまいました。(笑)

この回答への補足

もうひとつくらい回答があればと思いましたが、かなりディープな内容であり、これ以上議論すると混乱しそうなので締め切りたいと思います。回答を通して思いのたけを私たちにぶつけてくださった皆様、本当にありがとうございました。とりあえず自分としては自分のやっている音楽が彼女にとってさらに魅力あるものとなり、「自分もやってみたい」という時が来るまで精進していきたいと思います。

補足日時:2005/04/01 16:29
    • good
    • 0
この回答へのお礼

何度も私たちのために丁寧な回答をありがとうございます。回答される皆さんの熱い気持ちが伝わってきて、とても感動しています。皆さんの字数が半端ではないですよね。No.6のお礼でも述べていますが、この問題は「割り切って弾く」もしくは「区別して引き分ける」といった器用なワザができるかどうかにかかっていると思います。どんな音楽でもそうですが、「いやいや」弾きながらいい音が出るわけがないと思います。我慢して弾いてやがてそれがプラスに転換されることがあればと思います。かつてマイルスデイビスがいち早くフェンダーローズの可能性に着目してバンドのピアニストに「ローズを弾け」と言ったときに、バンドのピアニストは皆「えーっ!?」って一同に不満を漏らしたそうなのですが、今では皆好んで弾くようになっています。ただこの楽器は電気とはいえ、ハンマーが金属棒をたたく構造ですので、デジタルピアノとは明らかに違いますけどね。クラシックピアノが完成されていて、その音色変化の多様性を追及することはすばらしいことだと思いますが、そうすることが他の音楽の可能性の芽を摘むようなことにだけはなってほしくないと思います。どうもありがとうございました。

お礼日時:2005/04/01 08:57

電子ピアノと生ピアノの一番の違いは電子ピアノのタッチが「強弱」のみに対応するのに対して、生ピアノは「音質」を変えるということができる点でしょう。

深く暖かい低音のうえに木の葉のさざめきのような軽やかなアルペジオを溶かして鐘のように明るく響くメロディーを載せる、ということが生ピアノならできます。「誰が弾いても同じ音」にならないのは、どういう種類の音を作りたいかという弾き手の音楽性がタッチにを通して音色に現れるからで、それを専門家や学生は追求し、学びます。演奏家がCDで弾いているのはその「音色の違い」が録音されたもので、プロが電子ピアノを弾いたものをCDに録音したのとは違います。音量についても、電子ピアノは付属スピーカーも20w程度です。生はもっと倍音の種類が多く、周波数が広いので、音量以上のふくよかさがあります。私は電子ピアノを演奏する場合は生ピアノと違うタッチで弾いています。そうしないとバランスの悪い音楽になってしまうのです。気になるアクションですが、電子ピアノは「ピアノという音の波形を電気的に再現したもの」です。ピアノのアクションがフェルトを巻いたハンマーで弦をうつのとちがって直接鍵盤を打った速度をセンサーがよみとって強弱に変換するのでこれも生に馴染んだひとには、かなり感覚誤差がでるでしょう。そして、「乱暴にひいても、殴っても」強弱だけの感知では波形コピーされた「きれいなピアノ音」が鳴ります。ゲームで人を殴っても痛いと感じないようなバーチャルリアリティの世界です。発表会などでは電子ピアノで練習を続けた生徒は音が単一でバチバチとタイプライターのように叩くのでわかります。それが「乱暴な音」と自分では気づかなくなっていることもあり、特にクラシックでは致命的です。でも電子ピアノは重さ、消音などで便利な道具でもあります。クラシックピアノに親しんできた奥様はピアノは食生活のようにしみこんだものだと思います。電子ピアノは「道具」とわりきれる程度のものを買ってとりあえず我慢して、住環境をグレードアップしていってほしいな、と応援します。賃貸では不可のところが多いので、是非理解してさしあげてください。専門家だからとか関係なく心の満足度の問題なので。生ピアノもサイレントピアノなど便利なものもあります。中古でも品質のよいものをおすすめします。最近は「安かろう悪かろう」の音やタッチの悪いものがではじめていますので。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。ピアノの発声の仕組みを詳しく教えてくださいありがとうございます。自分的にはデジタルピアノもかなりのところまで来たように感じていましたが、まだまだデジピから見たら雲の上の存在ですね。自分の持論として、「音楽の進歩はテクノロジーの進歩と関係がある」と思っています。曲がりなりにもデジタル楽器の進歩により世界の音楽は革命的な変化を遂げました。しかし音色のコントロールという観点では、ピアノ職人が作り上げたテクノロジーはいまだに誰も超えることができないということを理解いたしました。とにかく彼女がピアノを弾ける環境にできたらと思います。ただ、僕らと一緒にやるということは不可能ですね。残念です。クラシックピアノのあの音色を知ってしまった人をポピュラーの世界に引き込むのはやはり無理ですね。

お礼日時:2005/03/31 21:22

 ピアノと電子ピアノは全然違います。

私はまだ(新)高校生ですがとても分ります。だから、私は電子ピアノではなく、普通のピアノに消音装置をつけて弾いています。(マンションなので、以前調律してもらった=週十分音を出して弾いただけで 苦情が来るで、ピアノ弾く約束として夜も9時までと決めています。)それより前は、キーボードを使っていました。
 まず、音について。前回の回答のように、ピアノは弾く時の気持ちによって音色がちがいます。激しい曲の時はとげとげしく、可愛い曲はやわらかく・・・といった感じですかね?!でも、電子ピアノはどんな時でも同じ音色。だから、私の立ち場からすると レッスンの時上手くできないし、音を出した時の あのペダルの響きは身につきません。キーボードよりは消音装置の方がまだ 音色の幅が多いと思います。
 次は タッチについて。ピアノの鍵盤は、木でできていますよね?!電子ピアノはプラスチック(?)です。この違いは言葉で表現するのが難しいのですが、私の後輩を例にお話します。その後輩はヤマハのコンクール(どんなものかは知りません)で賞を取ったり、小学校から伴奏をやったりする子でした。しかし、家のピアノが壊れてしまって、数ヶ月電子ピアノで練習していたら、ピアノの先生に「それは『ピアノ』を弾く手じゃないね」と言われてしまったそうです。それからはレッスンが憂鬱で、ピアノを止めるところまで考えました。今も頑張って続けているようですが、卒業式の伴奏を止まってしまったりと、トラウマになってしまいました。
 だから、お金に余裕があるなら絶対引っ越してピアノを弾ける環境にした方がいいと思います。3.何とか説得する。は99%無理でしょぅ・・・?!
 ガキが大人の問題に首を突っ込んでしまい、すみませんでした。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございました。ピアノに対する熱意がとても感じられますね。ペダルの違いはわたくしでも分かります。これは明らかに違うと思います。消音装置についてももっと調べてみたいと思います。ただ、うちらは既に30代後半なので、これからコンクールを目指すわけでもなく、ピアノ教室を開くでもなく、本人も15年くらいのブランクが出来てしまっているので、たとえピアノがあっても極める余裕もないんですね。でも、クラシックピアノをやってきた人をポピュラーの世界に無理に引きこむことが不可能だということをはっきり理解しました。ありがとうございました。

お礼日時:2005/03/31 21:11

 音楽愛好家の一人として、個人的体験、意見を申し上げます。


 結論から言うと、自分の行為(演奏操作)は、結果予想(この楽器はこう反応して、こういう音が出る)と結びついて行なわれるもので、その二つが離れていれば離れているほど、演奏時に不快感が起こります。どのくらい離れていれば不快になるかは、その人がその楽器とどのくらい一体化(?)しているかによるようです。
 私個人は、キーボードでピアノの音にして弾いても、生ピアノを弾いても、特別違和感ありません。がこの前別のシチュエーションで違和感を感じました。いつもとは違う調律師に調律してもらったあと、もう全然弾けませんでした。思ったのと違う反応をピアノがする、思ったのと違うタッチでキーが動く、その結果、意図したのと違う音が出てしまう。ピッチも音色もキータッチも変わってしまって、不愉快極まるといった状況でした。結局、もとの調律師に調整し直してもらいましたが、なかなか元には戻らず、4~5回の調律をしてもらってようやく許容範囲内に戻りました。
 私の配偶者(のピアノです)はそれにはまったく平気だったのに、キーボードの方は本当に必要に迫られない限りはピアノの音で弾こうとはしません。気持ち悪いそうです。別の楽器としてならいいみたいでした。
 昔、チェンバロが弾ける環境にいたのですが、チェンバロなので半音低いバロックピッチに調律してありました。大概の人はそれで平気なのですが、ある人は最初の音を弾いた直後に固まってしまって、あと数音弾いてギブアップでした。思ったのとは半音低い音が出てしまうので、非常に苦痛であるという話でした。
 ということで、人によってその許容範囲というのがかなり違い、それはその人当人にしかわからないものだと思います。自分が平気だから人も平気だろうというのは通用しませんし、自分が嫌だから人も嫌だろうというのも通用しません。
 結局、演奏というのは、気分が非常に重要でプロでも気分が乗っているときと乗っていないときでは音楽の出来がかなり変わってきます。これは意図してコントロールできない領域だと思います。(これはプロのスポーツ選手だって同じことがいえると思います)。
 まったく別の楽器と思って弾くか、無理にでも馴れるか、不快になるからやめるか、ですが、無理にでも馴れるというのは「そうまでしてするか?」という感じですし、不快を押えて弾くなんて、仕事なら仕方ないでしょうけど、趣味としてするときには考えられないことだと私は思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答どうもありがとうございました。ここに書かれていることにはすべて同感いたします。自分と楽器が「一体になる」ということがどういうことなのかとてもよく理解できました。ジョーサンプルが最近、「自分はいくら弾いても一体になれないので、デジタルキーボードを弾くのを一切やめた」という意味のことを雑誌のインタビューで言っていましたね。あとは気持ちの問題で、割り切って弾けるかどうかがカギになりそうですね。そうできない人に無理に弾かせたところで、決していい演奏にはならないでしょうし、周りの士気に影響するでしょうね。

お礼日時:2005/03/31 21:01

こんにちは。



ピアノとデジタルピアノでは、やっぱり重さが違いますし、音が全然違います(苦笑)

私が大学生の頃、副専攻が音楽(ピアノ)で、リサイタルなんかでもピアノ演奏をしていましたので、それで、アパートで一人暮らしをしていた私は、デジタルピアノを購入することにして、それで時間があるときは大学内にあるピアノで練習をしていました。でも、結局、アパートでもピアノ練習をしたかったので、アパートにデジタルピアノはありましたけど、生のピアノをレンタルすることにしたんです。

ピアノの練習はやっぱりアパートだとうるさいですけど、でも、昼間とかであれば、大丈夫であることはあります。で、夜はデジタルピアノで我慢する(苦笑)

デジタルピアノは、確かに生のピアノとは違いますが、限度はありますけど、夜、練習する分には問題はないと思います。

でも、chorinhoさんの今住んでいるアパートの住人があまりにも文句を言ってくるようだったら、やっぱり引越しをするほうがいいと思いますし、また、今、現在2階とかに住んでいるんだったら、1階に移ることも考えるほうがいいと思います。又、お隣さんで赤ちゃんがいたり、いなかったりでもピアノが弾ける、弾けないがあるので、出来るなら、お隣さんに赤ちゃんがいないアパートに引越しするのが一番かなって思います。

ピアノとデジタルピアノだとやっぱり全然違います。それに、生のピアノを弾いたとき、自分の指から魔法のように奏でるあのピアノの音には感動するものがあります。

デジタルピアノでも、やっぱりうまい、下手がありますから、プロの人が弾くデジタルピアノの演奏はアマチュアの人がデジタルピアノを弾いた演奏とは違うものにはなります。けど、同じ曲をデジタルピアノと生のピアノで弾いた音の違いは、やっぱりはっきりしています。デジタルピアノだと生ピアノと違って、音にやっぱりふくらみがないんです。とにかく、ピアノとデジタルピアノでは全然音の質が違いますので(ピアノのほうが澄んでいる音がします)、ピアノ好きな奥さんがどうしてそういってしまっているのかは理解は出来ます。

ただ、現在はデジタルピアノでも高性能な物も出てきていますから、そういったピアノで少し我慢してもらって、それで、ピアノがおけるアパート、マンション、または一戸建ての家に引越しをしてから、ピアノを購入してみてもいいかもしれません。又は、ピアノを購入するのではなく、レンタルするという手もあります^^
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答どうもありがとうございます。とても参考になりました。やはりクラシックピアノをやっていた人にとってデジタルピアノを弾くということは決して代替手段ではなくて、「我慢して弾く」ということになるのですね。この点ははっきりと理解できました。妻が音楽的に満足できるためにはデジタルピアノだけでは無理だという結論になりそうですね。彼女がピアノを弾くのは問題ないですし、自分もそういう環境でやることにも異論はないのですが(出来れば自分も加わりたいですけど。自分は全ジャンルに対して寛容な人間を目指しています)、いかんせん自分が今やっている環境に彼女がどれだけ合わせられるかということに解決の手段を求めています。携帯できるキーボードをがないとどうしても無理なもので・・・しばらくは別々にやるしかないですね。

お礼日時:2005/03/31 20:53

あくまで一意見ということで・・・



私はアマチュアで、弦楽器はいくつかの楽器を自己満足レベルで弾けるのですがピアノは独学に近く、人前では演奏できないレベルです。今、家にある鍵盤楽器は150年前の年代物の生ピアノ(アップライト)と電子ピアノです。よく触るのは圧倒的に電子ピアノの方です。

生ピアノの良さは、表現力の豊かさでしょう。演奏者がある程度のレベルの人なら、これは譲れないところだと思います。鍵盤から指に伝わる弦の振動なんかも快感の一要素だと思います。

しかし、私としては、生ピアノは温度変化などの外的環境によるピッチの変化の方がどうしても気になります。部屋の温度を一年中ある程度一定に保つのは、環境負荷も高いですし、自分で調律する技術はないし、調律を頻繁に依頼するコストも負担できません。

この辺りは私の知り合いのプロ(ソリストとして一応ピアノだけで飯を食っている、そこそこ知られた人)も同意見です。さらにその人の言を借りれば、演奏家によって音が変わるというのは演奏家の思い込みによるものが強い。電子鍵盤のヴェロシティ(ご存知のように電子鍵盤は鍵盤が下がる速度を感知して音量と倍音構成を変化させるのが一般的です)が256段階で足りないなどという演奏家は世界にいてもせいぜい10人ではないか。それが証拠に、自分が弾く単音の最小音量から徐々にタッチを強くしていって最高音量になるまで何段階あるか試しに数えてみるとよい。アマチュアで50段階を超える人はまず皆無に近いであろう。ピアノ自体にしても、演奏家によって明確かつ客観的に音が変わるといえるのはベーゼンドルファーなど一部の最高器に限られるであろう。自分も自宅練習では電子ピアノを使っている、ただし生ピアノとは別の楽器であることは否めないから割り切りは必要、とのことでした。

また、20数年前ですが、Kurtzweilというシンセサイザーメーカーが作った電子ピアノが一世風靡した際、その発表の席でSteinwayとの比較が行われ、プロの演奏家やオーディオの専門家を含めたブラインドテストで音の差を認識できた聴衆は殆どいなかったという話も聞いたことがあります。

それから、長年アコースティック楽器に慣れ親しんでいて思い入れの深い人には、電子楽器を毛嫌いする人も多いので、そういう方を説得する場合は生ピアノと電子ピアノの「近さ」を強調するよりも、「全然別の楽器と割り切る」考え方もあるよと言ってあげた方がいい場合もあるかもしれません。

>生ピアノのCDを聴いたところで
所詮は電子音に変換されているわけですから。

全く同感です。生じゃないと許せないというレベルで会話するなら、家でCDを聴くのも堪えられないはず。生の演奏会でしか音楽を聴かない、というなら別ですが。
ただ、再生環境を最良のものにする努力はしたほうがいいんじゃないかとは思います。

そういえば、Pat Methenyもインタビューの中で「俺はアコースティックギター命なんだ」みたいな人に限ってライヴになると「マイクはどこだ?」なんて言うんだよ。みたいなことを言ってました。アコースティック命なら何故電気信号に置き換えるのにそんなに躍起になるのだ、と。

あくまで一意見ということで・・・
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。自分ととても考えの近い意見をいただき、励まされました。エレクトリック派はアコースティックなものに対する嫌悪感はないのですが、アコースティック一本の人は決まって、電子音を毛嫌いしますね。すべては自然現象を利用した音なのに・・・これは今回に限らず自分の音楽人生の中で常に直面してきた問題でした。確かにデジタルピアノはピアノとは別の楽器なんだという認識は絶対必要ですね。何はともあれ、知識の不足というものが誤解の最大の原因だと思います。いわゆる食わず嫌いにならず、一般に支持されている音楽また楽器にはそれぞれうまみがある、ということも音楽に携わる人は知るよう努めるべきですね。あといつも感じることですが、デジタルピアノのスピーカーと生ピアノの響板を比較するのもどうかと思います。再生方法に気を配れば、デジタルでもカーツウェルの実験のようなことは可能なのでしょうね。とにかく彼女にはいろいろな音楽体験をこれからもさせてゆきたいと思います。

お礼日時:2005/03/30 09:37

No.1です。


奥様のお気持ちを第一に考えると、ピアノのおける環境に引っ越すのが一番なんでしょうね。
すぐに引っ越せないなら、引っ越せるまではピアノを貸してくれるスタジオ・施設やピアノ教室で弾く、とか。
あとは、楽器屋さんで、ピアノと同じような感覚で弾けるデジタルピアノがないかどうか聞くくらいでしょうか(もう聞かれたかもしれませんが)。
良い解決法が見つかると良いのですが><
    • good
    • 0
この回答へのお礼

引き続き私どもに親身になってくださり感謝です。おっしゃるとおり、自分も「一度スタジオで思いっきり弾いてみたら?」とは言ってみたことはあるのですが、ブランクがあるからなのか、あまり乗り気になってもらえませんでした。
昨年の秋に知人たちとジャズのセッションをした時スタジオにアップライトピアノがあったのでそれを弾いたとき、「やっぱりピアノだとうまく弾ける」といっていました。とはいえ、自分は場所を選ばずどこでも演るスタイルでやってますので、楽器が携帯できるということが必須なのです。それゆえ自分としてはピアノとは別にキーボード類の演奏もなれてほしいのが本音です。でもこれを読んで一度ピアノのあるスタジオで試してみたほうがよいと思いましたので、チャレンジしてみます。

お礼日時:2005/03/30 09:02

こんにちは。


ピアノをやめて以来、家にピアノはあるものの、音の大きさが気になって、最近はデジタルピアノを弾いてます。
両者の違いは、まず鍵盤の重さが違う点。
デジタルピアノの鍵盤は軽すぎて、オモチャをさわってるみたいで、慣れてしまうとピアノを弾くのが辛くなりそうだなぁと思いました。

>「誰が弾いても同じ音がするのでつまらない」
 
これ、同感です。
ピアノ演奏の際、弾き方によって、感情のこもり方が違うんです。
優しい音色や激しい音色、その人の持ち味が、デジタルピアノでは生かされない気がします。
ただ、質問者様の現状では、何とか説得してデジタルピアノで我慢してもらうのが一番良いのでは・・と思いました。
ピアノを設置できる状況でも、ご近所への音の迷惑など考え出すと、防音室も必要になってきますしねぇ。
以上、ご参考になれば幸いです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございました。
やはりデジタルでは限界があるんですね。
ピアノの表現力を超えた電子楽器が
出るまで難しいようですね。
我慢してまでやって貰うのも本人には気の毒ですし、
こちら側の士気にも影響しますので、
どうしたらいいんでしょうね。
ま、とりあえず説得を続けてみます。

お礼日時:2005/03/29 12:41

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q電子ピアノを買ったのですが、だめだったんでしょうか。

6歳の娘がヤマハ音楽教室に通っている時、電子ピアノのクラビノーバCLP-120を買いました。(今年の4月)8月に入って個人で教えている先生のピアノ教室に変わったんですが、その先生から電子ピアノで練習している子とピアノで練習している子では差がで出てくるから折角買うならピアノにすればよかったね~と言われました。

私はピアノに全く無知で、クラビノーバを買うときは、続くかどうかわからないし、もし続けばその時ピアノを買えばいいや。位の軽い気持ちだったんです。

先生のお話を聞くうちに小さい時も大切なんだということがわかってきましたが、クラビノーバを買ったばかりなのでまた買い換えるのももったいない気もします。

現在1年生ですが、最悪何年生位を目安にピアノに変えたら良いでしょうか。
また、うちはマンションですが騒音面でも気になっています。今クラビノーバは角部屋なのでどことも隣接していない壁面に置いています。げたばきマンションの2階なので下は駐車場です。
あわせてアドバイスお願いします。

Aベストアンサー

電子ピアノとピアノでは音色や響きの余韻が違ってしまします。たしかにピアノの方がいいですが、最初のうちは、とりあえずは、電子ピアノでもそれなりの力はつくと思いますよ。
私は幼稚園の時はオルガンで練習していて、その後、小学生からはアプライトピアノを買ってもらいました。高校の頃は、アプライトピアノだけだと、隣の家のことを考えると、夜10時くらいまでしか練習できないので、自分でお金を貯めて夜の練習のために電子ピアノを買いました。昼間はアプライト、夜は夜中まで電子ピアノで練習をしていたので、試験勉強で追いつめられた時も、朝の3,4時にピアノを練習することがありました。なので、電子ピアノも使いようによっては、便利なものになります(私はその後、音大に行ったので、高3の時にアプライトを売り、グランドピアノを買いました)。

電子ピアノをアプライトピアノやグランドピアノに切り替える時期ですが、中学生くらいまでは電子ピアノで様子をみてもいいのではないでしょうか。
その子の上達の度合にもよりますが、もしその子がいつまでもピアノが好きで、これからもずっと続けたという意志を強く持っているなら、いつの日か、その子の方から、電子ピアノではもう自分の表現したいことを表現しきれないから新しいピアノを買って欲しい、という風に言う時が、必ず来ると思います。そうしたら、その時に、買ってあげればいいと思いますよ。
また、それが音大受験にまでつながる情熱と能力である場合には、アプライトではなく、グランドピアノが必要になります。

お子様の上達に合わせて、その子の方から、新しいピアノが欲しいと思えるような、そういう実力がついたときに、買ってあげてください。
私の場合は、高校生の時にすでに、アプライトピアノでも響きに不満を感じるようになって、自然にグランドピアノを求めるようになりました。中学の時まではアプライトで十分に満足していて最高のピアノだと思っていたのですが、自分の力が上達していくと、自然に新しいピアノを求めるようになるものです。

ピアノが上達する鍵は、ジャンルを問わず、多くの音楽をCD,DVDで聴くことです。そして、川の流れをみても、山にいっても、海に行っても、自然そのものに音楽を感じられるようになる力をつけることです。
いろいろな音楽をたくさん聴いて、いろいろなところに旅行することも、ピアノの上達につながります。さらうことだけではないということを、どうか忘れないでください。

電子ピアノとピアノでは音色や響きの余韻が違ってしまします。たしかにピアノの方がいいですが、最初のうちは、とりあえずは、電子ピアノでもそれなりの力はつくと思いますよ。
私は幼稚園の時はオルガンで練習していて、その後、小学生からはアプライトピアノを買ってもらいました。高校の頃は、アプライトピアノだけだと、隣の家のことを考えると、夜10時くらいまでしか練習できないので、自分でお金を貯めて夜の練習のために電子ピアノを買いました。昼間はアプライト、夜は夜中まで電子ピアノで練習をしてい...続きを読む

Q電子ピアノを買うか アップライトにサイレント機能を付けるか・・。

お隣にピアノの音がよく聞こえるのでできれば6時をめどに練習を控えてほしいとの連絡がありました。戸建住宅です。
使うのは子供で5才の年長です。ピアノ歴1年半現在バイエル80番台です。幼稚園から帰るのが4時でクラブなどで5時過ぎる時もあります。10月の発表会の曲も練習中ですので早めに対処したいと思っています。

いろいろ調べたのですが結局どうしたらいいものか迷っています。
ひとつは1Fに置いてる今のヤマハのアップライトピアノにサイレントユニットを後付けする。
(ただしピアノは30年以上前のもので状態は良いようです)
ヤマハに相談すると取り付け等20万弱かかるようです。営業の方はピアノの年数からして最初からサイレント機能付きの新品(あるいは中古)に買い替えるのも一つの案とのことでしたがそれは予算的に無理があるし検討してません。

また、あるいは、2台目として2Fに6時以降用に電子ピアノを購入するかです。

迷っている理由ですが、
・アップライトにサイレントユニットをつけると微妙にタッチが変わるしあまり細工するのはせっかくのピアノが勿体ない、
・サイレントユニットも電化製品の一つなので故障したらまたピアノをいじることになる。
・サイレント機能を使うと結局は電子ピアノのような音とタッチになるので?取り付け費用等を考えると安い電子を買うほうが得かも。

電子ピアノ購入を迷っている点は、
・タッチの良いカワイ木製鍵盤(CA71)を20万円で購入できるとのことで検討しましたが音がどうしても気に入らないのと、木製鍵盤と他の鍵盤とそれほど違いを感じなかったのと、かえって木製のほうが違和感を感じたのでこの機種は却下。
・できるだけアップライトで練習させるつもりですがそれでも電子ピアノを使うとやはりタッチや音の違いで子供の練習に影響がでるのか・・?(この点はアップライトのサイレント機能を使うのとではあまり大差ないのかはよく判りません)
電子ピアノを買うなら予算的な事(10万円まで)や音がまだましかなと思う点でヤマハのYDP151が良いかなと思っています。

いろんな意見があるようですが実際はどうなのか・・結局は自分で決めないといけないところですが何か参考になる意見があれば教えてください。
また好みもあると思いますが電子ピアノで安くてお勧めがあれば教えてください。
よろしくお願いします。

お隣にピアノの音がよく聞こえるのでできれば6時をめどに練習を控えてほしいとの連絡がありました。戸建住宅です。
使うのは子供で5才の年長です。ピアノ歴1年半現在バイエル80番台です。幼稚園から帰るのが4時でクラブなどで5時過ぎる時もあります。10月の発表会の曲も練習中ですので早めに対処したいと思っています。

いろいろ調べたのですが結局どうしたらいいものか迷っています。
ひとつは1Fに置いてる今のヤマハのアップライトピアノにサイレントユニットを後付けする。
(ただしピアノは30年以上...続きを読む

Aベストアンサー

2台目なら1台目と違うタッチのものを購入しましょう。
タッチの違う2種類のピアノを1日に弾き分けるのは、理想的な練習方法です。
幼い頃から、ピアノの音色とはこんなもんだ、ピアノのタッチとはこんなもんだという固定観念を抱かせるのは、あまり良いことではありません。
将来的に音色やタッチに好みが生じるのは当然ですが、子供のうちはそれを意識させないようにすることも大事です。
そういった意味でグランドをお勧めしますが、それは無理な相談でしょう。
であれば、安価で数種の音色が選択できる電子ピアノをお勧めします。
1台目なら木製鍵盤をお勧めしますが、2台目なら鍵盤の材質に拘ることもありません。
かえって、ULとはタッチや重さの異なるプラ鍵盤の方が良いと思います。

Qピアノ設置場所の床補強について。

6歳の娘が今は古い電子ピアノで練習していますが、いつかはアップライトを買ってやりたいと思い、ピアノの卸売り店へ足を運びました。一戸建てとはいえ隣家とは人ひとり通れるほどしか離れていなし、我が家は床の補強もしていません。で、店員さんのお話では
(1)とりあえずサイレントより弱音ペダルを踏んで練習すれば? 音量もテレビぐらいだし。サイレントはどうしても必要になったときに後付けすれば?始めからついていても、使う時になったら故障してるなんてこともありえる。
(2)アップライトなら壁際に設置するし、壁の下は部屋の真ん中と違って床の下も強くできているから、築5年のおうち(我が家です)なら補強はいらないのでは? 新築にあわせて購入されるのでなければ、わざわざアップライトのために補強される方はあまりいませんよ。かえって、補強したらその部分だけ床が浮いてきたってお宅もありましたし。アップライトは、中身を入れた食器棚や本棚と重量的にはそうかわりませんよ。そりゃ工務店さんに聞けば、「必要です」と言われるでしょうけどねぇ。
とのことでした。私はピアノを弾かないので全くわかりません。(2)に関しては、家を購入した工務店は倒産しているので、設計の方に聞くこともできないのですが、確か、「ピアノ置かれますか?」と聞かれたように思います。似たような建売住宅を購入した友人が、工務店の人に「今どきの家は新建材も昔と違うから、ピアノぐらいじゃ床の補強はいらないよ」と言われたそうです。以前住宅のカテでも同様の質問があり、補強する場合、フローリングをはがしてするので20万弱かかると回答にありました。ピアノを弾くかた、所有しているかた、(1)(2)について教えてください。

6歳の娘が今は古い電子ピアノで練習していますが、いつかはアップライトを買ってやりたいと思い、ピアノの卸売り店へ足を運びました。一戸建てとはいえ隣家とは人ひとり通れるほどしか離れていなし、我が家は床の補強もしていません。で、店員さんのお話では
(1)とりあえずサイレントより弱音ペダルを踏んで練習すれば? 音量もテレビぐらいだし。サイレントはどうしても必要になったときに後付けすれば?始めからついていても、使う時になったら故障してるなんてこともありえる。
(2)アップライトなら壁際に...続きを読む

Aベストアンサー

こんにちわ。楽器店でピアノ講師をしている者です。ピアノ設置のご相談も生徒から伺うことが多いです。都合のいいことに主人は工務店に勤めているので、おうちの件と合わせて書いておきますね。

まず『アップライトを買ってやりたい』とのことわたしは賛成です。それからサイレント機能搭載の生ピアノをご購入されることに関しても賛成です。いくら技術が上がったとはいえ、電子ピアノは生ピアノとは決定的に表現力に差があります。(このへんのことは話すと長くなりますし、dreamchanさんもご存知のことと思いますので割愛します)

(1)についてですが、その卸売り店の店員さんのお話にはかなり疑問を感じる部分があります。

「使うときになったら故障」ってどういう意味なのでしょう。メーカーさんだってそんないい加減な機能、つけるわけがありません。値段だってバカにならなのですから。dreamchanさんは隣家に迷惑にならないかお気にされているようなので、あれば絶対に助かると思いますよ。

弱音ペダルでの練習よりも、圧倒的にサイレントが適していると思います。弱音ペダルでの練習は弾いている本人の耳に細かな音や強弱が確認しづらいため、結構ストレスがたまります。サイレントを使用すると電子音にいったん変換されると言っても自分の弾いたタッチでそのままかえってくるので近所に迷惑にならないように練習したい場合は最初からサイレント機能のついたアコースティックピアノを購入されることをおすすめします。

(2)について、ピアノを設置する床の強度が気になるのですよね。たしかにアップライトを設置するのに床を補強した、という話はあまり聞いたことがないです。が、アップライトといえど重さは210~250キロほどあります。

主人に「ピアノを置くのに床を補強しなければいけない場合はどういうときか」をたずねたところ、床が二重に構造になっているかどうか、がネックなんだそうです。(つまり基礎の上に垂木が並んでいて、その上が「コンパネ+フローリング(または床材)」という二重の構造になっているかどうか。※ともに12mm程度以上

そういう構造になっていれば補強は要らないとのこと。

家を建てられた工務店さんが倒産されているようなので、床がどういう状態か確かめるだけでしたら、良心的な工務店さんに相談されてはいかがでしょう。
(ちなみに「見るだけお金取る?」と聞いたら「うちなら無料で診る」と言ってました。ドリルで穴をあけて見るんだそうです穴は元通りふざぎます)。

そして実際に補強する場合ですが、ピアノを設置されるお部屋の状態がわからないので[フローリング 6畳]と仮定しますね。方法は2つあります。

【本科的な補強】床をはがして補強する場合→10~15万ぐらいでできるそうです。20万は高い!と言ってますが……

【簡単な補強】上からフローリングを重ね貼りして補強→今のフローリングを捨て材と上から新しくフローリング材を重ねます。こちらのほうが安く上がるそうで5万程度でできるとか。

極端な話、ピアノを置く予定の床の上でピョンピョン飛び跳ねてみてビクともしないようなら大丈夫、たわむようなら補強の必要ありかも、という感じのことを言ってました。(ほんとに極端な確認法ですけど:笑)

参考までになれば幸いです。

こんにちわ。楽器店でピアノ講師をしている者です。ピアノ設置のご相談も生徒から伺うことが多いです。都合のいいことに主人は工務店に勤めているので、おうちの件と合わせて書いておきますね。

まず『アップライトを買ってやりたい』とのことわたしは賛成です。それからサイレント機能搭載の生ピアノをご購入されることに関しても賛成です。いくら技術が上がったとはいえ、電子ピアノは生ピアノとは決定的に表現力に差があります。(このへんのことは話すと長くなりますし、dreamchanさんもご存知のことと思い...続きを読む

Qカワイ又はヤマハのピアノの購入

子供がピアノを習い初めて1年が過ぎました。
現在電子ピアノなので、アップライトを購入予定です。
カワイ音楽教室に通っていますので、流れ的には、カワイのピアノ・・と、思っていましたが、ある調律師さんから、カワイのピアノはヤマハに比べてプラスチックを沢山使っているから、湿気に弱い。修理(調律?)にも手間がかかる。また、将来中古市場に出す事になっても、ヤマハの方が人気で高く売れるしヤマハがいい!・・と言われました。どうしましょう・・と悩んでいます。子供の先生は、やっぱカワイじゃないとーなんておっしゃるような方では、ないのですが。本当のところお詳しい方教えて下さい。

Aベストアンサー

ぼくは、ピアノを弾きませんが、家内がカワイのグランドピアノを弾いています。
そういった立場からの話ですので、ややカワイよりの意見になってしまいそうですが、できるだけ公平に書こうと思います。

ヤマハがメージャーなのはいうまでもありません。
シェアも大きいですし、海外のホールなどでもかなり使われているようです。
しかし、大企業(楽器と関係のないものもいろいろ手がけている)の量産品的な製品であるともいえそうです。
有名ピアニストが使っていたり、海外のホールに置かれているものは、車でいえばF1レーシングカーのようなもので、特別なスタッフが力を入れて製作していて、一般の市販品とはまったく別物だという話を聞いたこともあります。
もちろん、量産品といっても、世界的に高い水準のものであることはほぼ間違いないと思います。

ヤマハに比べてカワイは、規模は小さいですが、楽器の専門メーカーであり(一部幼稚園で使う遊具みたいなものも作っているようですが)、市販品でも、ヤマハよりやや良心的なイメージがあります。(個人的な印象に過ぎませんが)。
ピアノの構造の専門家ではないので、なんともいえないのですが、「プラスティックをたくさん使っている」という話は、ちょっと眉唾な感じがします。
ヤマハに水をあけられているとはいっても、強力なライバル関係にあるので、そんなあからさまな品質差をつけているとは思えません。
また、プラスティックはある程度経年変化はするとしても、木材のように湿気の影響を受けるとは考えられないので、湿気に弱いというのも納得のいかない話です。

あとで売るとかいうことを考えれば、やはりヤマハがやや有利かもしれませんね。

家内は、購入時にヤマハ、カワイそれぞれのピアノを弾いてみて、音色の好みでカワイを選んだようです。(ここでカワイよりの私見をいえば、ヤマハの音色はちょっとキンキンする印象が・・)。
近所の子供たちに教えていて、購入の相談も受けるようですが、とくにカワイを勧めることもしていません。

結論をいえば、どちらでも品質、性能的には優劣をつけがたいだろうと思います。
お母様とお子さんで両方試奏してみて、相性のいいほうを選ばれてはいかがでしょうか。初心者で違いがわかるものだろうかと思われるかもしれませんが、案外自分にあった楽器、音というのは、ぴんと来るものがあるみたいです。

ぼくは、ピアノを弾きませんが、家内がカワイのグランドピアノを弾いています。
そういった立場からの話ですので、ややカワイよりの意見になってしまいそうですが、できるだけ公平に書こうと思います。

ヤマハがメージャーなのはいうまでもありません。
シェアも大きいですし、海外のホールなどでもかなり使われているようです。
しかし、大企業(楽器と関係のないものもいろいろ手がけている)の量産品的な製品であるともいえそうです。
有名ピアニストが使っていたり、海外のホールに置かれているものは...続きを読む

Q電子ピアノの騒音、困っています。

同じ事で、前にも質問したことがあります。その時は、電子ピアノの騒音ではないだろうということで回答いただきました。しかし、日曜の夜10時に電子ピアノをヘッドホンで練習していましたところ、マンションの下の階の方から、「うるさいねん、音が」と注意を受けました。結構怒っていらっしゃいました。バイエルを練習していました。一体どういうことかわからなくて困っています。今日注意を受けたときは、驚きと、相手の怒りように何も聞けませんでした。明日の夕方頃、下の方に伺おうとは思いますが、騒音についてわかる方いましたら、アドバイスお願いします。

Aベストアンサー

こんにちは。
ヘッドフォンの音量がそのまま下に抜けるという事はありえないのでいくつか考えられる可能性を書いてみましょう。
●足で拍子をとってませんか?
●打鍵が強い場合、がっしりしたタイプだと、その音が下に抜ける可能性があります。
この場合は、床と電子ピアノの間に、防振ゴムでも入れるとずいぶん違うでしょう。
●上と関連して電子ピアノを壁にぴったりつけてませんか?
壁の隙間の空間に音が入るとかなり筒抜けになります。
壁に近かったら話してください。
●最後に非常に考えにくいのですが、通常人に聞こえない音域が聞こえる人がいることはいます。
私は周波数はそれほどでもないレベルですが、テレビの水平同期信号が聞こえるため、隣の家のテレビがついてるかどうか判っちゃったりします。
この場合だと、スイッチを入れただけで騒音が出るので非常に難しいですね。

とにかく、お詫びに行ってどんな音が抜けてるのか、情報が少しでもほしい所ですね。
それが判れば対処の方法も考えようがありますから。
情報が得られる事をお祈りします。

Q大人のピアノ上達方について

よろしくお願いします。

現在34歳、男です。ピアノをはじめて4年になります。

最近ユーチューブなどでまだ10歳にも満たない子供がショパンなどの難易度の高い曲を弾くのを
みるのですが、この様な子供たちは毎日どのような練習方法を実施しているのでしょうか?

おそらく子供は3歳くらいからピアノをはじめたとしても、わずか6年たらずで、難易度の高い曲を弾くのが私にとって不思議でなりません。

私も仕事で忙しいですが、とりあえずは毎日30分は演奏するようにしているのでが
いまだに『初めて演奏する大人のピアノ』のような楽譜を使用しての練習から抜け出せません。

また、ぜんぜん成長しているような気がしません。(独学での練習ということも原因かもしれませんが…)
このまま5年、6年と毎日ピアノに触れたとしても、子供のような上達は、まず無理だと思ってます。

なにか子供のように、ぐっと成長する効率よい練習方法など教えていただけないでしょうか。

ピアノは大好きで一生の趣味にしていきたいです。
目標はショパンの幻想即興曲が弾けるようになることです。
40歳までに弾けるようになりたいです。

何卒、アドバイスのほど宜しくお願いいたします。

よろしくお願いします。

現在34歳、男です。ピアノをはじめて4年になります。

最近ユーチューブなどでまだ10歳にも満たない子供がショパンなどの難易度の高い曲を弾くのを
みるのですが、この様な子供たちは毎日どのような練習方法を実施しているのでしょうか?

おそらく子供は3歳くらいからピアノをはじめたとしても、わずか6年たらずで、難易度の高い曲を弾くのが私にとって不思議でなりません。

私も仕事で忙しいですが、とりあえずは毎日30分は演奏するようにしているのでが
いまだに『初めて演奏す...続きを読む

Aベストアンサー

ただ弾けばいいってもんじゃない。
色々ノウハウがあります。
家庭では、
バイエルなどの簡単で基本的な
練習用の楽譜で反復練習をします。
練習用で二冊です。
その後でメイン曲の練習をします。
普通によく練習する子なら練習曲で15~30分程度。
本格的にやる子なら難しい曲を一日何時間も弾いて
完成度を上げます。

他にも教室ごとにやる内容は変わりますが、
先生の伴奏で歌を歌ったり(ヤマハなど)
和音(ギターでいうところのコード)の練習や
聞き取り(先生が生徒のレベルに合ったメロディや和音を
ピアノで弾き、それをその通りに弾く)などがあります。

私も幼児期から習っていました。
個人的にはかなりサボる方で
独自で独学的な方法で
好きなジャンルの好きな音楽を
弾いていました。
先生がやれと言った事はほぼやってないです笑
まずクラシックならプロのCD(先生が下手だったんで)を聞いて
表現方法のお勉強。
それでやりたいジャンルはJポップなんで
書店でレッスンとは関係のない楽譜を買って
レベルに合ってないけど
譜読みを頑張って弾きました。
TVで聞く曲を聞き取り
始めは主旋律を正確に聞き取る事から。
ベース部分を聞き取り
コード譜に従って和音を足していく。
後は自分のセンスで足りない音を足して
盛り上がり部分の調節をして
不要な音を省く作業。
レッスンは毎回初見(初めて見た楽譜を速攻で弾くやつ)同様に
なってしまっていましたが毎日一時間練習していると
嘘ついていました笑
だって先生Jポップ知らないから。
弾きたい時に好きな曲だけ弾く方法でも
嫌々やって全く弾かない人と比べるとかなり上達しますよ。
でもちゃんとした練習をすると全然違います。
上達法は人それぞれです。

普段からしといたら良い事
・指肩首のストレッチ(特に中指と薬指の間を広げる動作はしておきましょう)
・基本姿勢を保つ(どうしても嫌ならどんな姿勢でも良いけど、
色々な副産物があります。腰痛防止、スムーズに色んなテクニックに移行しやすい
所作が美しい、同じ姿勢で弾く方が体が動作を正確に覚えられる)
・多種多様な曲をたくさん聞いて耳を鍛え表現力を養う
・本物のピアノならメンテナンスを定期的にする
・録音して自分の演奏を良く聞く
・薬指と小指は大人でもコントロールし辛く音も弱いので
毎日トリルの練習でもすると良い

苦手別練習法
(1)リズム音痴なら→メトロノームを使う
(2)速い曲が弱いなら→弾けるようになった曲を何回も反復練習し、
正確性を養うとそのうち勝手に指が止まらなくなる
(3)和音がバラバラ→黒鍵の方が出っ張ってるので普通に弾くとバラけます。
全ての所定の鍵盤にまず各指を軽く置き、そこから指の力だけで、
筋肉を使うより反射神経で弾くように意識してキレよくスパッと鍵盤を押さえる。
(4)メロディラインがいびつ→スラー、ノンレガート、スタッカートの違いを意識する。
スラー・・最初に引いた鍵盤が上がりきる前に次の鍵盤を弾いて連続的に音が鳴るように。
ノンレガート・・最初の鍵盤が上がりきったと同時に次の鍵盤を弾いてキレよく。
スタッカート・・音を短くハッキリと切るように。
スタッカートにスラーがかかっている・・手首のスナップを利かせて柔らかく鍵盤をはじく。
鍵盤の表面より奥の方を意識して。音が大きくなりやすいので注意する。
(5)音のバランスが悪い→和音は音が大きくなりがち、控えめに弾く。
主旋律を大切に弾く。初心者は力み勝ち。無駄に力まず
メゾピアノ位の力加減で、指のコントロールによって強弱をつけるように。
(6)精神集中→余計な事は考えない。自分は天才だと思い込む。

とりあえずこんなけ(^^)v
よく勘違いする人が多いのは、
同じ難易度の曲でも完成度によって全く別物なんだけど
曲そのものの難易度だけで人のレベル測っちゃう人ね。
完成度上げるのはとっても大切です。
しばらくブランクがあって弾かなくなったとき
全盛期のレベルが高い程
腕が落ちても上手に弾けますが、
すぐに曲をマスター出来ても
ずっと弾かないと何も弾けなくなってしまいます。
あくまで私の経験上です。
一つの曲を完全にマスターする方が
色んな曲を適当に弾いてくよりも大事です。
大人なら幼児と違い有利な点もあります。
指の長さがもう既に発達していて力もあり、
これ以上指が伸びないから誤差で狂わない。
ピアノ初めて4年(毎日キッカリ30分練習)なら
ちゃんとした練習さえしていれば
ショパンの簡単な曲ならもう弾けてますね。
大人だから時間取るのが難しいことと思います。
お仕事でお忙しい場合は、
↑の中からピアノがなくても出来るものを
空き時間などを利用してやってみて下さい。
案外仕事しながらでも出来るものもありますよ。

ただ弾けばいいってもんじゃない。
色々ノウハウがあります。
家庭では、
バイエルなどの簡単で基本的な
練習用の楽譜で反復練習をします。
練習用で二冊です。
その後でメイン曲の練習をします。
普通によく練習する子なら練習曲で15~30分程度。
本格的にやる子なら難しい曲を一日何時間も弾いて
完成度を上げます。

他にも教室ごとにやる内容は変わりますが、
先生の伴奏で歌を歌ったり(ヤマハなど)
和音(ギターでいうところのコード)の練習や
聞き取り(先生が生徒のレベルに合ったメロディや和音を
...続きを読む

Qヤマハのアップライトピアノを買う予定なのですが、、、

幼稚園児の息子にアップライトピアノを買う予定です。

ヤマハに行ってみたところ、中古と同じぐらいの値段でインドネシアで作られた背が低いコンパクトなものを発見。お店の人によると、海外輸出用モデルで、ヨーロッパ諸国に輸出してるものをニーズが高まってきたので日本でも売るようになったとのこと。最近の住宅事情を考慮して、なるべくスペースを取らないように背が113センチになっているそうです。見た目は電子ピアノのような存在感です。

気になるのは、やはりクオリティーです。新品でそのモデルを買うか、中古でもいいので日本製のモノを買うか。そもそも、ピアノを中古で買うというのは、車を中古で買うように、購入価格は安くても維持費(調律など)が高く付くのでしょうか?

素人ですいません。アドバイスがあればお願いします。

Aベストアンサー

音大のピアノ科を出て30年以上経つ者です。
親御さんの考え方、予算、また、お子さんの年齢や進度によって様々な考え方があるとは思いますが、私個人的な意見で言えば、高さ113センチ、また特にインドネシア製という条件はお勧めできません。
身内や教え子等なら、買わないようにというと思います。
反対の理由は2つ。

まず、高さが低いアップライトピアノは昔からありました。
私が個人のお宅などで見かけた程度ですが、思い出すに、わずか数件です。
いちいち高さを測っていたわけではないですが、メーカーの型によっていろいろでしょうけど、110センチ台、120センチ台、普通はアップライトと言えば、学校等にあるるサイズは130センチ前後、おそらく今も多少リニューアルされていたりするとは思いますが、おおよその区分けはそんな感じではなかろうかと推測します。

ピアノに関しては、たとえ同じメーカーの新品の同型であっても、並べて引き比べれば、長年ピアノを弾いてきた人間なら、おそらく個体差がわかるだろう、あるだろう…と思うくらい、実際弾いて、聞いてみないと何とも言えません。
ただ、経験から言わせていただくと、高さが低いピアノで、その割にいい音が出ているなと思ったことは1度もありません。
むしろ、カタチはピアノだが、その音色、音のムラ…簡単な言葉で言えばキンキンした安っぽい音と言えばいいのでしょうか…こういう音をずっと聞き続けるのはどうかなぁ、と思いました。
私は、やはり出来るだけいい音を出してくれるピアノが望ましいと思っています。
そういう音しか知らなければそれで慣れ親しんでしまうだろうし、逆にどこかで、先生のお宅なりでよいピアノの音に出会うと、家のピアノの音が不満に思えるかもしれません。
音の好き好きは人それぞれですが、音色の良さ、無難さは、アップライトなら高さに比例していると言っても過言ではないでしょう。

それでも、長年私は日本製と思っていましたが、今はインドネシア製もあるとは驚きです。
ヨーロッパ諸国とのことですが、中国や東南アジアなどが、このところの経済発展から、中流階級層が、手ごろな大きさと値段で買い求めやすいように、さほど弾かなくてもインテリア的な部分もあるかもしれないし、消費地に近い拠点としてインドネシアで作り始めたのではないかと、勝手に想像しています。
ピアノは重くて大きくて、輸送が大変です。
ヨーロッパにはピアノメーカーがいくつかあるので、ヨーロッパも広いので、そういうコンパクトなピアノが売れる国もあるとは思いますが、国産とインドネシアの二者択一なら、どう考えても国産の方がいいと思います。

私は海外で生活していたことがありますが、その際ピアノを移動させていますが、当然船便、約1か月ほど、その間ピアノにはよくない環境だろうなと思っていました。
また、海外では日本の電機メーカーの電化製品を出来るだけ購入していましたが、その故障、使えなくなる頻度は、日本にいて日本製または中国製などを購入した時よりはるかに高かったです。
例えば、掃除機、たしかシャープかサンヨーの、インドネシア製だったように記憶していますが、すぐに故障しました。
日本で購入した物は、全部変圧器を通して使っていたにもかかわらず1つも故障しませんでした。

海外に行って改めて痛感したことは、電気製品にかかわらず、日本製品の品質の良さです。
おそらく職人としてのプライド、常により良い製品を作ろうという向上心などの違いからくるものだろうと思っているのですが、ピアノに関しても、私は言えるのではないかと思います。
高い買い物、1代だけでなく次の世代でも充分使っていけるものなので、安物買いの銭失いにならないようにしていただきたいと思います。

130センチ前後ない高さであること。
そこから出る音は、けしてよい音色とは言えないのではなかろうかと思うこと。
日本製ならまだしも、インドネシアから船で輸送され、高温多湿の天候、コンテナや倉庫など、条件の厳しいところを長時間経てきたのではないかと思われるようなピアノより日本製の方が無難ではないかと思うこと。
以上が113センチのアップライトがお勧めできない理由です。

調律に関して。
調律とは簡単に言えば音の高さを合わせてくれることです。
ついでにピアノに中のホコリも必ず掃除機で吸い取ってくれます。
おおよそそこくらいまでが調律の範囲でしょう。
ピアノには湿気がよくないようなので、おかれていた場所、使っていた頻度、弾かずにほったらかしも逆によくないはずなので、そういう諸々の条件で中古のピアノは判断はなかなか難しいとは思います。
私も中のことは見ても全くわかりません。
が高温多湿の日本で、これだけピアノが普及し、尚且つ特段の不具合もあまり聞いたことがないので、そう外れたピアノが流通してはいないだろうという気がします。
普通に使っていれば、途中から高額な維持コストがかかるということはまずないように思います。
一般家庭においては聞いたことがないです。
私の実家には、子供のころから常に複数のピアノがありましたが、幼少期に使っていたピアノがいまだ健在であり、手元にある私自身が買い求めたピアノも、かれこれ30年、特に問題ありません。
車は10年も経つとだんだんあっちもこっちも…ですが、その点ピアノは優秀だと思います。

ある調律師さんは「調整」と言っていましたが音の高さ以外の事で、ちょっとした錆びを落としたり、ハンマーだかフェルトだったか、過去2回程、私が音色やタッチのことを言ったので調律の時、見てもらったことがありますが、大がかりなことはしていません。
音大出ているから気が付いてしまいますが、私自身、もう受験や音大時代ほどピアノに向かっていないので、そう高度なレベルを求めてもいないので、調律していれば普通に使用する分には、ほぼ問題はないと感じています。
ピアノは製品の劣化より、誰も弾くものがいなくなった…が先に来るのではないでしょうか。
それくらい長持ちしてしまう物…ということが言えるのかもしれません。

店頭にいるのは営業マンです。
売りたい在庫を勧めるかもしれません。
出来れば、ピアノの先生なり、周りの誰かピアノが弾ける人に意見を聞いて、実際いっしょに行って引き比べてもらうといいと思うのですが。

お子さんは幼稚園児とのこと。
何歳なのでしょう。
手や指に関しては非常に個人差があります。
年少と年長では随分違います。
今何を使って弾いているのでしょう。
どんなレベルなのでしょう。
予算はどれくらいなのでしょう。

私の考えですが、指の弱い、柔らかい幼稚園児くらいだと、ピアノがご家庭にある事自体はよいのですが、いわゆるキーボード等に比べて鍵盤が重く、子供の年齢によってはまずそれが大きなハードルになることがあります。
個人差がありますが、時に関節がふにゃっとしてしまいがちなお子さんも見かけます。
手もまだまだ小さいです。
早くにピアノを始めるメリットは計り知れないものがありますが、その頃で大事なことは、弾くことが楽しいと思うことであり、将来思うように動いてくれるように一つ一つの指を独立させる事であり、正しい手のカタチ、体や腕などに変な力が入らないようにしたり…とピアノでなくても、むしろピアノでない方が今はよいかも、と思うことがあったりもします。
これは私が自宅でレッスンだけしていた時には思わず、以前幼稚園児2人のお宅に出張レッスンで出向いていた際、思ったことです。
2人とも全く初めてのピアノでした。
1~2年後、いずれ実家に戻る予定であり、実家にはピアノがあるので、それまでこれでやりたいとの親御さんの考えで、正確には電子ピアノというかキーボードでした。
充分基本的な事は出来たように思いました。
実家に戻って、最初の発表会に私は招待してもらいましたが、特に問題はないように感じました。
ヤマハの幼児教室に関しては、どちらかというと私は否定的な意見を持っていますが、幼児科、特に3歳4歳くらいでスタートの楽器としては、30年以上前、当時は教室にエレクトーンが並べられていましたが、指の負担が少なく、あえてピアノでなくてもいいだろうと、その点だけはヤマハを評価しています。
小学校2年位になるとだいぶ指がしっかりしてくると思います。

家での練習は鍵盤の軽いキーボード、先生のお宅でレッスンの時だけピアノは困る…というお考えももっともでしょう。
お子さんの年齢、弾いている曲のレベルによると思うのですが、今が買い時なのか、1年2年お金をためて、中古でなく新品を買うことは出来ないのか、それが可能であればそれでもいいのではないかと思ったりもします。
ここでは一般的な事しか言えません。
ピアノは1台1台全部違いますので、音だけは実物を聞いてみないと何とも言えません。
個人の好みの音も違います。
身近な方で、詳しい方をお探しになり、アドバイスをもらうのがよいかと思います。

最後に、住宅事情云々ですが、グランドピアノと違い、アップライトの違いは高さですが、幅、奥行きはほぼ同じだと思うので、違うとしたら部屋に置いた時の圧迫感くらいかと想像しますが、弦を張る構造を考えると20センチの違いかもしれませんが、それと引き換えに失うものもあります。
アップライトなら、高さの条件は無視して欲しくないというのが、私の意見です。

音大のピアノ科を出て30年以上経つ者です。
親御さんの考え方、予算、また、お子さんの年齢や進度によって様々な考え方があるとは思いますが、私個人的な意見で言えば、高さ113センチ、また特にインドネシア製という条件はお勧めできません。
身内や教え子等なら、買わないようにというと思います。
反対の理由は2つ。

まず、高さが低いアップライトピアノは昔からありました。
私が個人のお宅などで見かけた程度ですが、思い出すに、わずか数件です。
いちいち高さを測っていたわけではないですが、メーカ...続きを読む


人気Q&Aランキング