電子書籍ギフト♪ 最大10,000円が当たる!

石原慎太郎さんは、明らかに天皇を中核とした日本というものを否定していたと思いますが、彼の愛国心、国家観の中核にあったのは何なのでしょうか?

教えて!goo グレード

A 回答 (5件)

天賦人権論・天賦人権説


 天賦人権説(てんぷじんけんせつ)とは、すべて人間は生まれながらに自由かつ平等で、幸福を追求する権利をもつという自然権思想。
  https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%A4%A9%E8%B3%A6 …

 17、18世紀の近代国家成立時に民主主義政治原理として欧米において唱えられた自然権natural right思想の訳語。社会契約説に儒教の自然や天の理念を結び付けて構成した日本版人権・国家思想。
  https://kotobank.jp/word/%E5%A4%A9%E8%B3%A6%E4%B …  //


 https://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%A4%8D%E6%9C%A8 …
 https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%8A%A0%E8%97%A4 …
 https://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%A6%AC%E5%A0%B4 …



 学閥の筋でも絡むのかもしれないですね。



おまけ.

    • good
    • 0

『「NO」と言える日本』や筋を通すなどと言われ


中国や韓国を批判し続けてきたが
「東京オリンピック」誘致など他国にも協力を願う時は
いきなり友好的になったことを覚えています

その場しのぎの単なる我儘なオヤジ
大きな政治的構想がある人間ではない
    • good
    • 0

素人ですが


国家には寄り添ってなかったのでは。
個人がすべてだと思っていたのでは
と思いますよ。

終戦時13歳だから
国家というものに憧れも幻想も持って
いなかったのでしょう。

敗戦でそれまでの常識が一気に変わったのだから。
中学の教科書も墨だらけ。
いままでの俺はなんだったんだろうって
考えたのでは。
    • good
    • 0

私は憲法改正よりもこのごろはむしろ憲法廃棄論を言っているが、廃棄というと字面は荒っぽいが、手続き上は国会の過半数をとればできるのですから、改正よりもむしろ実現性は高い。



創造のために憲法を一度すべて否定して一からつくり直す。その際に国家元首は天皇であると明記し、そして総理大臣は公選で決める。三島由紀夫氏は首相公選制に反対でした。

「首相公選制では共和制になって、結局、天皇は形骸化してしまう」と言っていましたが、しかし元首であると明記することで、権力を持たない権威としての天皇のあり方を民衆にも政治家にも示すことができる。

『「アメリカ信仰」を捨てよ』石原慎太郎著(光文社)

天皇を国家元首にせよ、と言われています。
質問前提に誤りがあるから、疑問になっているのではないですか?
    • good
    • 1

彼は弟が俳優で半島の人と結婚されていたので日本人ではないのでしょう

    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

教えて!goo グレード

このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング