市街化調整区域(田)にショッピングセンターを計画したいと思っています。
3年後位に開通する計画道路の隣接地です。
道路開通後すぐに市街化区域に編入される予定はないようです。

市街化調整区域の場合、○ヘクタール以上の面積で、大規模開発を行うことによって、住宅や、レジャー施設や、ゴルフ場等の建設は可能であるという話は聞いたことがありますが、ショッピングセンターの建設は可能なものでしょうか?

もちろん、自治体、現況等によって諸条件が変わることとは想像しております。

どなたか詳しい方、宜しくお願いいたします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (1件)

都市計画区域内において一定の規模の開発行為を行う場合、基本的に都道府県知事の許可が必要です。



市街化調整区域は都市計画区域の一部であり、最も規制が厳しい区域です。その区域内において建築等開発行為をする場合は、原則規模に関係なく許可が必要です。一部の行為については、許可が不要の場合がありますが、商業施設については許可が必要です。

市街化調整区域は、基本的に開発行為を抑制する地域ですので、開発許可がおりるかどうかは都道府県知事及びそのアドバイザー的存在である審議会の判断によりかわりますので、可能かどうかは、その地域の地域性や内容によってケースバイケースといえると思います。

また、計画地の現状が市街化調整区域の農地(田んぼ等)である場合は、その土地を農地以外の目的で使用にするには、農業委員会の許可も必要です。こちらはかなり厳しい規制をしているところが多いです。

このほか、大規模のショッピングセンターを建設する場合、環境アセスメントの検討を必要とする条例を定めている自治体もあります。
これにかかると自然環境および生活環境に悪影響を与えないかどうかなど、十分な調査・検討が必要であり、調査・検討期間だけでも数年要します。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答をありがとうございます。

十分な調査、調整、検討が必要なようですね。
まともに自治体に相談しても、話が進まないような気もしますし、本当に十分に情報を収集したいと思います。

ありがとうございました。

お礼日時:2005/04/05 12:42

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q運のしくみって一体何ですかね?

私は、運の詳しいしくみがよくわかりません。

運のしくみって一体何なんですかね?

教えて下さい。

Aベストアンサー

運というものは、運気と運勢と運期の3つで出来ています。
運気というのはその人の性格や特性などの資質のことです。この資質に財運や仕事運や適性や結婚運等々といたものがあります。
運勢というのは、運気が発動しているときの勢いの状態です。仕事運が盛んであるとか衰えているとかといった状態を指します。
運期というのは運気が発動するのに適しているのかいないのかといった時期のことです。仕事運に適している吉の時期であるとか適していない凶の時期であるとかといった時期のことです。ただ、運期は仕事運に吉の時期であっても家庭運には凶に時期であるといいたことがあります。
運勢や運期は占い師の殆どの人が言うような何にでも吉であったり何にでも凶であったりというものではありません。
運気と運勢と運期との組み合わせと、併せて個人の考え方と行動とで「運」が形成されていくと考えています。

Q市街化調整区域(宅地)の建設について

競売物件で取得希望地域で物件を見つけました。地目は宅地・建造物有りなのですが、市街化調整区域です。

もしもできるのならば学習塾兼キリスト教会を建てたいと思っているのですが、市街化調整区域に住宅以外の建物の建築を申請し、許可を受ける事は可能でしょうか?

地元の不動産業の方々からは具体的な答えをいただけないので教えていただけると助かります。
どうぞよろしくお願いします。

Aベストアンサー

市街化調整区域は、市街化を抑制することが目的で都市計画法に定められた区域です。したがって、原則としてそこに農地を持っている方の住宅や、生活必需品を売るお店、などしか建築できないことになっています。
しかし、お住まいの地域の条例等によって、申請が通ればその他の建物も建築することができる、という制度を採っているかもしれません。
No.1の方もおっしゃっているように、資料を持参の上、当該区域の自治体にご相談されるのがよろしいかと思います。

コチラのサイトに詳しく載っていたので、ごらんになってください。
http://www.2550.net/estate-tyousei.htm

Q年金のしくみ

中一・女子です。

単刀直入に言うと、年金のしくみがよくわかりません。
…「年金のしくみ」などのホームページなどを読んでいるのですが、イマイチよくわかりません。

…私の世代の人には年金が返ってくるのでしょうか?

年金のしくみを、私にもわかるように教えていただきたいです。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

公的年金は、それぞれが積み立てるものではありません。

今の若い世代が、今の高齢者の面倒をみる仕組みです。
現在は、給付されるお金のうち、若い人が支払う金が2/3、税金が1/3となっています。

税金を1/2にするために、不況の時にはじめた定率減税をやめるという話だったと思います。

ですから、「年金が返ってくる」と言う表現は間違っています。

年寄りと、若い人の比率が変わると、負担と給付の額も変わってきます。

1970年代は、年寄り1人を7人の若い人が支えていました。
現在は、年寄り1人を、若い人3人が支えています。
最悪の時期には、年寄り1人を、若い人2人が支えるようになると言われています。

ですから、年金が崩壊するということは、民間の生命保険会社が破綻するようにイメージしている人がいれば、大きな間違いです。

こうした推計は、今の年寄りのように、我々も長生きするという前提で計算していますが、団塊の世代以降の年寄りは、戦前世代のように長生きするでしょうか?医療費はかかりそうですが、早死にするようでしたら、思ったよりひどい事態にはなりません。

一応、最も年寄りが多い時期は、今よりも社会保障費(年金、健康保険、介護保険)が年間100兆円必要になると言われています。
自己負担を50%(今は医療は30%,年金は66%)とすると、負担増は消費税換算25%分となります。

税金も増えますので、北欧のように、稼いだ金がほとんど消えるという世の中になるのは確実です。
これは、どこが政権を取っても同じ事です。

覚悟しましょう。

公的年金は、それぞれが積み立てるものではありません。

今の若い世代が、今の高齢者の面倒をみる仕組みです。
現在は、給付されるお金のうち、若い人が支払う金が2/3、税金が1/3となっています。

税金を1/2にするために、不況の時にはじめた定率減税をやめるという話だったと思います。

ですから、「年金が返ってくる」と言う表現は間違っています。

年寄りと、若い人の比率が変わると、負担と給付の額も変わってきます。

1970年代は、年寄り1人を7人の若い人が支えていました。
現在は、年寄り...続きを読む

Q市街化調整区域

家を建てるための土地を探しています。
市街化調整区域には家を建てられないと聞きましたが、ネットなどで土地を探すと、市街化調整区域にも関わらず、地目が「宅地」になっているのはどうしてでしょうか? この土地には家は建てられるのでしょうか? また、市街化調整区域はどういった用途になら使っていいんでしょうか? 都市計画区域は家を建てるのに建築許可がいると本に載っていましたが、では都市計画区域以外の家を建てられる土地は、どんなところでしょうか? 山地などに小屋や家を建ててもいいんでしょうか?

Aベストアンサー

>市街化調整区域には家を建てられないと聞きましたが、

原則禁止ですが、都市計画法29条の開発許可で可能な場合があります。。

http://www.pref.aichi.jp/kenchikushido/5/kaihatu0_1.htm

http://www.pref.aichi.jp/kenchikushido/5/kaihatu0_2.htm

>市街化調整区域にも関わらず、地目が「宅地」になっているのはどうしてでしょうか?

市街化区域の説明は省略します。
都市計画区域内の調整区域の登記簿地目が宅地では
旧宅地=線引き前宅地
新宅地=線引き後宅地
2種類に区分されます。
市街化、調整区域を決定した日を
「線引き」と言います。
私の都市計画区域は
昭和45年11月24日を線引きと言います。
この年月日以前の宅地が
旧既存宅地=現行の17号基準です。

平成13年の改正都計法により
既存宅地制度は廃止になり
http://www.pref.aichi.jp/kenchikushido/5/kaihatu2.htm
愛知県では17号基準となり
http://www.pref.aichi.jp/kenchikushido/5/kaihatu0_12.htm#17
許可制へ移行されました。
よって
あなたの県の取り扱いを確認しないと何ともいえません。
この基準あてはまれば
分筆規制があるものの住宅なら建築は可能です。

もうひとつ
線引き後の新宅地について
都市計画法施行が昭和43年で
既存宅地は昭和45年以前の宅地と説明したとおり
その後、宅地になった土地を
新宅地と言い
都市計画法の許可で宅地になった場合です。
http://www.pref.aichi.jp/kenchikushido/5/kaihatu0_2.htm

法34条14号

http://www.pref.aichi.jp/kenchikushido/5/kaihatu0_12.htm

これらの許可は
業種による許可
属人に対する許可ですから
誰もがあてはまるとは限りません。

>また、市街化調整区域はどういった用途になら使っていいんでしょうか? 都市計画区域は家を建てるのに建築許可がいると本に載っていましたが

上記のとおりです。

許可から確認申請までの流れ図

http://www.pref.aichi.jp/kenchikushido/5/nagare.html

>市街化調整区域には家を建てられないと聞きましたが、

原則禁止ですが、都市計画法29条の開発許可で可能な場合があります。。

http://www.pref.aichi.jp/kenchikushido/5/kaihatu0_1.htm

http://www.pref.aichi.jp/kenchikushido/5/kaihatu0_2.htm

>市街化調整区域にも関わらず、地目が「宅地」になっているのはどうしてでしょうか?

市街化区域の説明は省略します。
都市計画区域内の調整区域の登記簿地目が宅地では
旧宅地=線引き前宅地
新宅地=線引き後宅地
2種類に区分されます...続きを読む

Q原子力発電のしくみ

原子力発電の発電のしくみを知りたいのですが、原発はウランなどの放射線物質のどんなしくみでエネルギーを作るのでしょうか?また、クリーンなエネルギーとして注目されていますが、二酸化炭素を発生しないのでしょうか?

Aベストアンサー

電気を作る原理は簡単で、何らかの力で発電機のタービンを回せばよいのです。

(1) 原子力発電のしくみ. 現在、世界の原子力発電所は軽水炉が主流となっています。
 これは 原子炉の中で燃料のウランを核分裂させ、その時に発生する熱によって水を蒸気に変え、
  この蒸気の力でタービンを回し、発電機で電気を起こすというしくみです。
  この方法では事故などにより放射線の外部への放射さえなければクリーンなエネルギーとも言えます。

(2) 火力発電は重油などを燃やして蒸気を沸かせてその蒸気によって発電機のタービンを回します。
  ※この方法では重油などを燃やした時にCO2を発生させるので問題視されています。
(3) 水力発電はダムなどで水を高い所から落とす力によってタービンを回します。
(4) 風力発電は風の力で発電機のタービンを回します。
(5) 波力発電は波の上下する力で発電機のタービンを回します。
(6) 地熱発電は地球の内側で発生する地熱で蒸気を沸かしてタービンを回す方法。

(7) これとは別に太陽ソーラーによる発電が徐々に普及しつつあります。
他にもいろんな発電方法は考えられるかもしれません。

このうち(1)の原子力以外は寿命が来たらいつでも停止、つぶすことは出来ますが、(1)の原子力発電の場合は
一般的に寿命が30年とか40年とかと言われながらも、簡単には作り直すことが出来ないので、寿命がきている
ものでも40年から50年も過ぎてもまだまだ使用されるのが現状です。
しかも、一旦運転を始めると廃炉するまで水で冷やし続けないといけないですし、寿命に近づいたからと運転を停止しても
完全に廃炉するには30年もの年月と費用がかかると言われています。
とにかくこんなに問題の多い原子力発電が最もクリーンな安全な方法だと、政府、電力会社の安全神話に踊らされてきたわけです。

電気を作る原理は簡単で、何らかの力で発電機のタービンを回せばよいのです。

(1) 原子力発電のしくみ. 現在、世界の原子力発電所は軽水炉が主流となっています。
 これは 原子炉の中で燃料のウランを核分裂させ、その時に発生する熱によって水を蒸気に変え、
  この蒸気の力でタービンを回し、発電機で電気を起こすというしくみです。
  この方法では事故などにより放射線の外部への放射さえなければクリーンなエネルギーとも言えます。

(2) 火力発電は重油などを燃やして蒸気を沸かせてその蒸気によっ...続きを読む

Q市街化調整区域の農地を青空駐車場にできますか

今、会社で、従業員が増えるため駐車場の確保が必要となっています。
現状の敷地には既に駐車するスペースもなく、近隣に賃貸駐車場も借りていますが足りませんし、空きもありません。

そこで、道を挟んだ隣地が市街化調整区域で田んぼが沢山あるため、可能であれば地主さんと交渉し駐車場として貸していただけないかと考えています。もちろん、田んぼから駐車場への工事は会社で負担をするつもりです。

地主さんが土地を貸していただく事に了解をもらっている場合、市街化調整区域にある農地を青空駐車場にする事は可能でしょうか?
また、可能な場合、どういった届出・許可が必要となるのでしょうか?

Aベストアンサー

No.3です。
農業振興地域かどうかは、市役所の都市計画課などでわかる場合もありますが、農業委員会が一番確実です。

しかしまずは地主さんに聞いたほうが良いと思いますよ。農地を持ってる人は農地転用の件もある程度わかってるはずですし、あそこの田んぼはこんな方法で転用した、なんて情報も知ってるかもしれません。
専業農家で大規模に農業をやってるような地主さんでない限りは、借りてくれるならありがたい、と思ってる人が多いと思います。苦労して米を作るより、駐車場にでも貸した方が楽で収入の増えるケースが多いですから。

Q株のしくみついて

株はどんなしくみかよくわかりません
株のしくみならなんでも結構です
何か教えてください

Aベストアンサー

こういうサイトで勉強すると良いですね。

このページの右にあるgoo関連リンク、株式投資講座、マネー用語集は、情報が古く間違っている場合があるので、見てはいけません。

参考URL:http://biz.yahoo.co.jp/docs/howto/

Q市街地調整区域でできること

市街地調整区域の400世帯の団地に住んでいます。(ただし地方ですが)20年ほど前に住宅供給公社が土地を買い取り土地・住宅を供給してできた団地です。私の家の隣は、地主が土地を公社を売らなかったため、800坪程の農園になっています。
今は農園ですが、近所の人の話では、借り手がいなくなったら駐車場になるのでは?との噂があります。市街地調整区域では、駐車場を経営したり何か商業活動ができるのでしょうか?ご存知の方よろしくお願いします。

Aベストアンサー

 800坪程(2700m2)の農園というと、農地ですね。
 駐車場を経営するなら、農地転用して知事の許可が必要ですし、さらに商業施設を建設するなら、建築確認を取得すれば、可能です。
 ただ、市街化調整区域は、「都市計画法」で市街化を抑制すべき土地(緑地保全)になっておりますので、市街化区域並みに簡単に許可されるという訳ではありません。(その自治体の意識レベルにもよりますが)
 住環境の悪化をご心配しているのであれば、都道府県知事や建築確認の担当行政庁へ確認したらいかがでしょう。場合によっては、市街化調整区域の本来の目的を盾にとって、町内会を通じ、知事宛に要望書を提出するのも無駄ではないと思います。

Q運のしくみは科学的に研究されている?

運命や運のしくみや、神様のしくみって、科学的(物理的に)に研究されているんですか?

Aベストアンサー

 お尋ねのことは、大別すると三つの側面があります。

 一つは物理的、客観的なものです。運がいい悪いというときは、必ずこうなるといったことではなく、不確定な事象についてですから、確率ということになります。

 物理学では物事の本質は確率論的だとされています。ミクロな世界の物理学である量子力学では、あらゆるものの存在は不確定で、確率的な振る舞いをします。他に、熱力学を説明できた統計力学も同様の考え方をします(熱したら冷えることもあり得る、としている)。

 19世紀の物理学(を含む自然科学)では、宇宙が始まった瞬間に全ては予め決まっていると考えていました。今回のご質問も、私がこうして回答を書いているのも、宇宙誕生の瞬間に決定済みだということです。そう考えられていたのは、物理学の全ての数式は「こうすればこうなる」というものばかりだったからです。

 そのため「どの瞬間(時刻)でもいいので、宇宙の全粒子の位置と速度が分かり、無限の計算能力があれば、過去から未来まで全て分かる」という俗に「ラプラスの悪魔」と呼ばれる考え方があったりもしました。この考え方を決定論と呼んでいます。

 しかし量子力学ができて、その正しさが確かめられるにつれ、決定論は退けられるようになりました。代わって台頭したのが確率論です。物理的に不可能でないなら起こり得る。途方もなく低確率のことであっても、対象の数や全試行回数が充分多ければ、必ず起こる。そういう考え方です。

 では確率が神さまかといえば、さすがに無理な感じです。サイコロは神さまではないでしょう。

 物理学では「神」と表現することがあります。この宇宙がビッグバンで誕生したのは、「神の一撃」があったから、などと言われます。では、その神の一撃をどう確かめたのかと言えば、全く何も分かっていません。宇宙誕生以前だと時間すらないので、物理学では手の出しようがないのです。物理学で「神の」と言うとき、それは「お手上げ、分かりません」ということを意味しています。

 ホーキング博士などですと、そういう逃げ口上が嫌いなようです。宇宙の誕生についても、普通の時間がないのなら、虚数の時間も考えよう、ということで、時間を複素数にして、今の宇宙では虚数の時間が隠れ実数の時間が目立っているが、宇宙誕生以前は実数の時間はないものの虚数の時間があり、宇宙誕生の様子を記述できる、と主張しています(まだ仮説レベルで、検証は難しそう)。

 そのホーキング博士は「この宇宙は神が造ったものではない」と言っています。物理学では神の存在はもちろん、神が何かを為した痕跡すら見つかっていないからです。実験・観測はもちろん、理論的ですら神の痕跡は何もありません。

 ですので、現状では「神や神の業は見つかっていない」とするしかありません。運、運命は単なる偶然、確率論です。

 もう一つは心理的、主観的なものです。例えば、大事故に遭遇しながら、奇跡的に怪我一つ無く助かったりすると、大変な幸運だとします。でも、災難に遭わないほうが幸運だと考えるのも理があります。

 自分(あるいは他の誰か)が運がいい・悪いとは、多分に主観的なものです。ほとんど同じ境遇でありながら、ある人はそれが不遇だと不満に思い、別の人は満ち足りていい人生だと思っていることは、よくあります。同じ人であっても、例えば年収1千万円だとして、年収が増えて1千万円になったときは嬉しく、年収が減って1千万円になったときは悲しかったりします。

 さらに他の要因として、自分の気が付きにくい微妙な変化があります。以前に麻雀のツキ(または運)について質問があったのですが、上級雀士はツキというものを実感として感じるそうです。ツキが回って来ればよく勝ち、ツキが落ちれば負けが込む、そういう勝ち負けの波がある、だから確かにツキがある、ということですね。

 これは、麻雀が将棋などと違い、ゲームの情報の一部が隠されており、相手の微妙な変化を読んだり、自分の微妙な変化(ポーカーフェイスなど)で勝負の行方が左右されるのですが、上級者同士だと少し調子が悪くなると、相手の手の内が読みづらくなり、自分は読まれやすくなる、調子がいいとその逆、といったことがあるからと思われます。

 麻雀に限らず、日常生活でも数多くの意思決定を繰り返しています。心身の調子がよくていい選択が多くなるといい方向に行くし、逆に調子を少し崩してまずい意思決定が多少増えると、何をやってもうまく行かなくなります。

 一つの意思決定の良し悪しの差は僅かでも、それが次第に大きな差になるのは俗に「バタフライ効果」として知られています。これは気象シミュレーションで、どうでもいいような誤差程度の違いでも、台風が発生したりしなかったりすることから発見された現象です。気象だけでなく、いろいろなもので起こることで、もちろん人間の人生でも起こります。

 現状はそんな感じですが、ではいずれは運は解明されるのかどうかということですね。人間が全く介在しないことなら(天災など)、解明されるかもしれません(個人的な予想では「運は無い」という結果になりそう)。

 問題は人間の意思決定が関わる場合です。これは予想すら困難です。人間の意思決定は自由意思が関わるわけですが、自由意思がどうしてあるのか、今のところ全く分からないに等しいからです。

 コンピュータプログラムのように完全に決定論的なものではなさそう。かといって、それに乱数(要はサイコロですね)を取り入れて自由度を入れたものでは、人間の知性にはならなさそう。人工知能研究が行き詰っている点の一つです。

 ペンローズは量子力学的な確率過程が人間(さらには脳を持つ動物)の知性にあると考えていますが、生物学者などからは人間(や脳を持つ動物)の治世は、そのような確率論に従っていないと反論しています。もし両者とも正しいのなら、人間の脳は量子力学的な確率を操作できるということになるかもしれません。もちろん、物理学的には破天荒すぎますが、そういう可能性も考慮したくなるくらい、運(さらには知性)は予想もつかないくらい難しい問題です。

 運そのものについては、難しすぎて直接的なアプローチはできていません。周辺的なことから、徐々に知見が溜まるだろうと思いますが、長い道のりになりそうです。

 お尋ねのことは、大別すると三つの側面があります。

 一つは物理的、客観的なものです。運がいい悪いというときは、必ずこうなるといったことではなく、不確定な事象についてですから、確率ということになります。

 物理学では物事の本質は確率論的だとされています。ミクロな世界の物理学である量子力学では、あらゆるものの存在は不確定で、確率的な振る舞いをします。他に、熱力学を説明できた統計力学も同様の考え方をします(熱したら冷えることもあり得る、としている)。

 19世紀の物理学(を含む...続きを読む

Q市街化調整区域への建築物

約200坪の現状更地の市街化調整区域の購入を検討しております。隣地も市街化調整区域ですが、そこには老人ホームが有り、上下水道や電線・電話線等は取りやすい場所です。
用途は資材置き場で、購入後は商品の保管用に、柱は鉄骨を土中に埋め込むだけの倉庫を設置しようと考えております。大きさは間口20M, 奥行4M, 高さ6M程で、間口20Mの面には扉は付けず、雨が吹き込みますが奥行方向4M x 2面と背面20Mには壁を作り屋根もかけます。照明は倉庫内には取り付けず、空いた屋外スペースに簡易電柱を取り付けて使用するつもりです。このようなつくりの倉庫の建設は許可される可能性はあるのでしょうか?
宜しくお願い致します。

Aベストアンサー

#1です。
市街化調整区域は規模の大小にかかわらず開発行為(土地の造成のこと)も許可を受けなければなりませんが、倉庫を建てる目的ならば許可できないでしょう。

建築物とは建築基準法に定義があり、
土地に定着する工作物のうち、
1. 屋根及び柱若しくは壁を有するもの(これに類する構造のものを含む。)
2.1.に附属する門若しくは塀
3.観覧のための工作物
4.地下若しくは高架の工作物内に設ける事務所、店舗、興行場、倉庫その他これらに類する施設(鉄道及び軌道の線路敷地内の運転保安に関する施設並びに跨線橋、プラットホームの上家、貯蔵槽その他これらに類する施設を除く。)


人気Q&Aランキング

おすすめ情報