分析心理学(Analytical Psychology)自体かなり範囲が広く、また奥深いもので、私自身とてもその全てを理解したとは言えませんが、その中から恋愛・結婚を考える上で有効と思った「アニマ・アニムス」について調べ、また自分なりに考えるために、ワード28ページ分の資料を作成しました。

ごく簡単に言えば、人間はもともと両性具有的存在で、大人になるにつれてどちらかの性を発達させなければならず、顧みられなかった方の性が「アニマ」や「アニムス」として無意識の深奥に封印されます。「アニマ」は男性の無意識の中に存在する女性像で、ある男性が女性だった場合の可能性やその男性の持つ女性的な部分を表します。一方「アニムス」は女性の無意識の中に存在する男性像であり、ある女性が男性だった場合の可能性やその女性の持つ男性的な部分を示します。

結論としては、相手に意見を言いながらも、自身の態度を鑑み、あるいは、相手の意見に耳を傾けながらも、自分の主張もする。そういった折り合い、バランスを大事にしながら、パートナーとの関係も自分自身の内面である「アニマ」「アニムス」との関係も成熟していくと思う、としました。

このことを説明するために、「集合的無意識」、「元型」、「影」(シャドー)、「タイプ論」、「ペルソナ」(仮面)の順に説明を行い、これらに、「コンプレックス」、「投影」、「自我」(エゴ)、「トリックスター」、「同一視」といった概念の説明も途中で交えました。

しかし、実際に女性に読んでもらうとどうも評判は芳しくないようで、見合い用の資料として出すと必ず拒絶されてしまいます。これについてどう思われますか?

参考資料:「城太郎日記 ユング心理学とカウンセリングhttp://starpalatinatheworld.hp.infoseek.co.jp/in …」他

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (4件)

ジョージ・ルーカスは


比較神話学者ジョーゼフ・キャンベルの講義と著作に触れて
「スター・ウォーズ」の着想を得たと言われています。
このキャンベルはユングから大きな影響を受けた人物です。
http://www.bookclubkai.jp/people/contents/people …

ヘルマン・ヘッセは
40代に差しかかった第一次大戦下の1917年ごろ,
ユング派のラングという分析家に分析を受けていました。
この時期に書かれ,大戦後エーミル・シンクレア名義で発表された作品が「デミアン」です。
http://www.asahi-net.or.jp/~fn3h-med/seirei/book …

その後,ヘッセはユングとの親交を深め,
50歳になった年に発表されたのが「荒野の狼」です。
「デミアン」と「荒野の狼」は
ヘッセの作品の中でもユングの影響が色濃く表われている作品です。

もうひとつ付け加えると,
南アフリカ出身で英国王室とも親交の深い作家サー・ローレンス・ヴァン・デル・ポストに
「影の獄にて」という作品があります。
これは自身の第二次大戦中の経験に基づいた作品で
大島渚監督の映画「戦場のメリークリスマス」の原作です。
映画の原題「Merry Christmas, Mr.Lawrence」のMr.Lawrenceは原作者のことなのですね。
このヴァン・デル・ポストもユングの影響を強く受けた人で,
タイトルにある「影」はユング的な意味での影なのです。
このような視点で映画を見直すと新しい発見があるかもしれません。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

素晴らしいご回答、誠にありがとうございます。とても勉強になった、というか、感動した、というか…。そんな風に繋がっていたなんて、という新しい発見でした。わざわざURLも示して頂き、とても感謝しています。時間があったら腰を据えて見てみたいと思います。

お礼日時:2005/04/02 22:53

#1です。



御自分のサイトではなかったのですね。
失礼しました。

それにしても
見合い用に分析心理学の解説資料を出されて食いついてくる女性は稀でしょう。
ユングの理論が単なる知識ではなく知恵としてあなたの血肉になっているのなら
資料など読ませる必要はないと思います。

どうしてもユングを語りたいのなら,
映画好きの女性に「スターウォーズ」の登場人物を元型という視点から語るとか,
読書好きの女性に「デミアン」と「荒野の狼」の間に横たわるヘッセの内面的変化を語るとか,
もう少し工夫をしてみてはいかがでしょう。

私自身,日本におけるユング・ブームの初期に
その周辺に身を置いていたこともありますが,
アカデミックな心理学の世界では
ユングの理論に価値を認める人が少ないことも知っておいてください。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

>映画好きの女性に「スターウォーズ」の登場人物を元型という視点から語るとか,
>読書好きの女性に「デミアン」と「荒野の狼」の間に横たわるヘッセの内面的変化を語るとか,

それは面白そうですね。ただ、「スターウォーズ」を観たことがありませんし、「デミアン」と「荒野の狼」に至っては名前すら知りません。ぜひどういうことなのか、教えて頂きたいです。よろしくお願い致します。

ご回答、ありがとうございました。

お礼日時:2005/04/01 20:32

すみません、仕事中なのでご紹介くださったサイトに目を通す時間が有りませんでしたが、書かせていただきますね。



まず、質問から

ワード28ページ分の資料と有りますが、ワードは単にワープロソフトの「ワード」ですか?  恐らくA4判で28ページにもわたる小論文を書かれたということかと推測しましたが・・・。

お見合いの資料として出されたと有りますが質問者さんご自身がお見合いされる際の、添付資料として出されたのでしょうか?

何でこのような些細な事をこだわっているか、不愉快にお感じになりましたら、お詫びします。  理由としては質問者さんがユングをあげておいでなので、つい、分析的な捉え方になっています。とはいえ、私も素人です。念のため。その上での質問なのですが・・・。 

私が読んだユング関連の書物には、質問者さんが書かれている「本来は両性具有」「顧みられなかった性が・・・」とい記述は無かったようです。その2点が前提に無くても充分「アニマ」「アニムス」は実感できます。

質問者さんが資料として出されたのは「自分を良く知る」為のツールとして提供されたのだとしたら、いきなり、ユングの下地がない方に、ユングの見解をといても、受け入れがたいと思いますよ。 ;^^
むしろご自分はユングを知った事によって、このように自分自身を掘り下げ理解し、結果、生き方が安定した、等、身近に引き付けたお話しを導入部としてされるほうが「拒絶」されないのでは? こなれた形といいますか、自身の生き方の上に消化される、つまり「熟す」という事が、ユングの一つの結果かと思えるので。
こんなんで参考になりますか。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご質問に対する回答から。ご推察通りMicrosoftのWordです。それと、確かにご指摘の通り私自身まだユングの言っていることを完全に消化しているわけではありません。そういう意味ではいわば「生」の状態かもしれません。ただ、分からないことに対して自分なりに考えをアレンジしてみたり、それなりの工夫はしてみたつもりなのですが。

この資料の目的は、恋愛とは何か?結婚とは何か?を考えるために「アニマ」「アニムス」を借用したので、私は別にユング派でも何でもありませんから、フロイトだろうと誰だろうとよかったんです。たまたまユングが答えを出しているんじゃないかと思ったんです。

もし、もっと分かり易い考え方があれば、教えて頂きたいくらいです。

ご回答ありがとうございました。

お礼日時:2005/04/01 20:25

>見合い用の資料として出すと必ず拒絶されてしまいます。



この事実がすべてを語っています。

ついでながら
こういう場所を御自分のサイトの宣伝に使うのはいかがなものかと。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

>こういう場所を御自分のサイトの宣伝に使うのはいかがなものかと。

自分のサイトではありません。私は心理学に関しては素人で、また、ワードの資料の出典元を参考資料として書いたに過ぎません。質問文だけでは内容が分かり辛いと思われたため記載したもので、これをお読み頂けると、私の説明も理解して頂けると思い掲載しました。

お礼日時:2005/04/01 15:18

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qユング心理学とトランスパーソナル心理学

ユング心理学とトランスパーソナル心理学に大変興味を持ちました。初歩から学びたいのですがおすすめの本があったら教えてください。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

以下URLの本から入ることをお奨めします。

(コピー&ペーストしてください。)
http://www.bookclub.kodansha.co.jp/Scripts/bookclub/bookslink/bookslink.idc?isbn=ISBN4-06-256343-6
「ユングと心理療法」

http://www.bookclub.kodansha.co.jp/Scripts/bookclub/bookslink/bookslink.idc?isbn=ISBN4-06-149465-1
「トランスパーソナル心理学入門」

理由は、どちらも、(1)著者が第一人者であること、(2)入門書として書こうという明確な目的で書かれていること、(3)すぐ手に入りやすいこと (4)臨床家としての視点があること です。

加えて河合隼雄氏には著書が多くありますが、深層心理学の入門書として「無意識の構造」は必読です。少し前の著書ですが、古典的名著といえるのではないでしょうか。

あとは私の個人的な思い入れですが(笑)、いろいろと読み進んできたら、
水島恵一著「人間性心理学体系」のシリーズは機会があったらぜひ読んでください。トランスパーソナル心理学・ユングの心理学のみについての本ではありませんが、もちろん詳しく述べている個所はあります。
理論的側面もさることながら、心理療法の実際と、迫力がよくわかります。
専門書なのでちょっと買うのは大変と思いますが、もしかしたら図書館にあるかもしれません。

以下URLの本から入ることをお奨めします。

(コピー&ペーストしてください。)
http://www.bookclub.kodansha.co.jp/Scripts/bookclub/bookslink/bookslink.idc?isbn=ISBN4-06-256343-6
「ユングと心理療法」

http://www.bookclub.kodansha.co.jp/Scripts/bookclub/bookslink/bookslink.idc?isbn=ISBN4-06-149465-1
「トランスパーソナル心理学入門」

理由は、どちらも、(1)著者が第一人者であること、(2)入門書として書こうという明確な目的で書かれていること、(3)すぐ手に入りやすいこと (4)臨床...続きを読む

Q近畿圏で分析心理学(ユング心理学)を学べる大学

他カテゴリーで質問しましたが、回答が得られなかったので同じ質問をここでもさせていただきます。

近畿圏で分析心理学(ユング心理学)を学べる研究室のある大学を探しています。
今のところ大阪大学人間科学部、大阪府立大学人間社会学部、甲南大学文学部、京都文教大学臨床心理学部で確認済みなのですが、他を見つけることができません。

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

京都大学大学院。大学院なので回答になりませんが、学部からユング派だけ学ぶという「早道」は、かえって危ういところもあります。

どこで単位を取ろうと、師事したい学者がどこにいようと、学ぶことはできます。

Qユングの著作について

ユング著作集とユング・コレクションでは内容が同じ論文が入っているのでしょうか?
ユングのthe transcendent functionという論文の邦訳は何という名前で出ていますか。
能動的想像について書かれた物も捜しています。
ユングやユング関連または心理学等でオススメがあれば教えて下さい。
私の周りには詳しい人が居ないのでよろしくお願いします。

Aベストアンサー

参考URLに、
『The Transformative Process:
Psyche and the Transcendent Function

変容のプロセス-心と超越機能』
…とあります。
実はその論文は見たことがないのですが、『超越機能』はユング心理学で使われる言葉ですし、邦訳されているとすれば『超越機能』ではないでしょうか。

ユング関連のオススメはやはり、(もう読まれているとは思いますが)河合隼雄さんの著書です。

参考URL:http://square.umin.ac.jp/tsusa/open_lec.html

Q恋愛・結婚を考える上で効果的な心理学を教えて下さい。

以前はユングの「アニマ・アニムス」が恋愛・結婚を考える上で効果的だと思っていたのですが、このカテで行った質問:「ユングの『分析心理学』は恋愛・結婚を考える上で有効だと思われますか?」(http://oshiete1.goo.ne.jp/kotaeru.php3?q=1304759)で回答を頂いた結果、どうもそうではなさそうな気がしています。考えてみればもともと分析心理学にしろフロイトの精神分析学にしろ、領域としては臨床心理学に属しますから、ズレていて当然とも思えます。

また、このカテで教えて頂いた、筑波大学の社会心理学系の院生さんがHP上にアップされている「週刊心理学ショートショート」というコラム(URL:http://www.shinrigaku.com/column/index.html)や、別のカテで教えて頂いた、「恋愛科学辞典」(http://www.so-net.ne.jp/renaikagaku/dic.pict/scdictionary_cont.html)もとっつき易く、なかなか興味深いと思いました。

ただ、例えば分析心理学と比較するとこれらはどうも簡単過ぎるような気がします。かといって分析心理学は体系的になっていて、この概念を知る前提としてある概念を理解しておかなければならない、ということがあったりして大変でした。

しかし、私にとっての目的は「恋愛・結婚を考える」ことであり、臨床心理学や社会心理学の研究を行うことではありません。「恋愛心理学」とか「結婚心理学」といったジャンルの心理学はどうやら存在しないようです。

もっとも心理学者が恋愛・結婚の心理について書いた本を読んだことはあります。私が読んだのは国分康孝氏の『恋愛の心理』で、同氏は「交流分析」という心理学上の考え方に基づいています。別の心理学者もそれぞれの立場から書いているようです。

もし「恋愛心理学」や「結婚心理学」に近い心理学とその著作等があれば教えて下さい。よろしくお願い致します。

以前はユングの「アニマ・アニムス」が恋愛・結婚を考える上で効果的だと思っていたのですが、このカテで行った質問:「ユングの『分析心理学』は恋愛・結婚を考える上で有効だと思われますか?」(http://oshiete1.goo.ne.jp/kotaeru.php3?q=1304759)で回答を頂いた結果、どうもそうではなさそうな気がしています。考えてみればもともと分析心理学にしろフロイトの精神分析学にしろ、領域としては臨床心理学に属しますから、ズレていて当然とも思えます。

また、このカテで教えて頂いた、筑波大学の社会心理...続きを読む

Aベストアンサー

恋愛や結婚というのは、結局はいかにして自分の遺伝子を増やすかの行動なので、もっと生物的生態的なものなのだと思いますよ。なぜヒトは一夫一婦制なのか、配偶システムやオス間競争、メスの選り好みなどは、進化心理学で研究されていたと思います。私の手元の進化心理学の資料に参考文献としてデイビッド.M.バスの著書が2冊掲げてあるので、うち1冊を参考URLに入れておきます。私は読んでいないのでご希望に添うものかは不明ですが、百年の恋も冷めてしまうかもしれません。
進化心理学とは何かは、ここ↓が参考になるでしょうか。
http://homepage1.nifty.com/NewSphere/EP/b/ep.html

参考URL:http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4794209517/qid%3D1113138736/250-3908830-1992223

Qフロイトとユングの違い。

深層心理の第一人者のフロイトと、その後出てきた(?)ユングの違いがあまり分かりません。
二人とも人間の深層心理について研究したのは分かるのですが、どの辺がどう違うのか教えて下さい。

Aベストアンサー

こんばんは。

フロイトとユングは十数年交友がありました。
しかし、特に夢においての無意識の考察で意見が対立し決別しました。
その後、ユングが独自の分析的心理学を考え出したわけです。
ユングの説では精神を意識と無意識に区別します。
この無意識を重視することはフロイトと変わりません。
が、無意識の内容が全く違いました。
ユングの説では無意識を個人的無意識と普遍的無意識に分けます。
現代ではフロイトの流れを「精神分析(Psycho-ana
lysis)」、ユングの流れを分析心理学(Analytic Psychology)と呼んでいます。

夢分析に対する二人の対立はほかにもあります。
フロイトとユングとの夢分析における最大の相違点は、
フロイトが性的なイメージを文句通りに受け取ったのに対して、
ユングはそれを霊的シンボルとして解釈しようとした点にあります。
たとえば近親相姦イメージにしても、フロイトはそれを具体的な家族の関係として
受け取ったのに対して、ユングは対立するもの同士の結合のシンボルとして
理解しようとしました。

ほかにも細かい相違点はたくさんあると思います。

こんばんは。

フロイトとユングは十数年交友がありました。
しかし、特に夢においての無意識の考察で意見が対立し決別しました。
その後、ユングが独自の分析的心理学を考え出したわけです。
ユングの説では精神を意識と無意識に区別します。
この無意識を重視することはフロイトと変わりません。
が、無意識の内容が全く違いました。
ユングの説では無意識を個人的無意識と普遍的無意識に分けます。
現代ではフロイトの流れを「精神分析(Psycho-ana
lysis)」、ユングの流れを分析心理学(Analytic Psyc...続きを読む

Q言語心理学・文章心理学・創作心理学の最近の研究はありますか

最近、言語心理学の本を読みました。(言語心理学入門 芳賀純著 有斐閣双書)この本は、1988年に初版されていますが、関係する本で、現在本屋に並んでいるものはありません。
そこで、この分野の最近の研究はどのような状況なのでしょうか?その他、興味があるものは、文章心理学、創作心理学(以上波多野完治氏著あり)というものです。こちらも、その後の研究というものはどのように発展しているのでしょうか?私は、心理学にはまったく門外漢で、単なる興味だけなのですが、お分かりの方いらっしゃいましたら、教えてください。

Aベストアンサー

昔、大学で心理学を専攻していた者です。
言語心理学やおっしゃっているような系列の心理学の分野は、認知心理学や心理学から離れて言語学の分野に行っているような感じです。
途中記号論が流行ったときにも、これらの心理学と混交して、また派生すると言う繰り返しで、心理学の一分野として一定数の研究者を擁していると言うところまで行ってません。
もし、もう少し進められるのでしたら、心理学の専門書のコーナーで「心理学の基礎知識」のような本に現在の心理学(心理学界)の状況が著されていますので、そこから当たられるのも良いかと思います。
また、専門的ですが、ノーム・チョムスキーという有名な言語学者がいますので、そこからアプローチされるのも面白いと思います。

Qユングの性格の分け方について

ユングはタイプを内向的と外交的、さらにそれを直感、感覚、思考、感情に分けさらに意識、無意識、合理、非合理 などにわけているのですがどのような観念か詳しく知りたいのですが。もしひまがあったらお願いします。

Aベストアンサー

 
  ユングの『心理学的類型』(みすず書房での訳書名「タイプ論」)は、大著であり、ユングの若き日の学者的立場を総合したものです。普通、これから読むと、分からないはずです。特に「類型総論」は、具体的な例をあげて説明しているようで、結局、幾度読んでもよく分かりません。
 
  ですから、まず、ユング心理学の入門書でも読まれることです。大抵、簡単な説明が載っています。
 
  以下に非常に簡単に説明してみます。
 
  1)「内向と外向」 : ユングは、心のエネルギーが向く方向というものを考えました。ユングの心理理論は、「自我」を意識の中心とし、無意識の上に意識が、層としてあるというモデルになります。「無意識+意識」が、人間の「魂=心 Seele」で、魂の外に、「外的世界」が存在します。
 
  主な意識の関心(心的エネルギー)が、外的世界に向かうか、自我の底の「無意識=内的世界」に向くかで、「外向」型と「内向」型を決めました。現実の人間は、外的世界にも、内的世界にも関心を持って生きていますから、この分け方は、極論で、理想タイプの設定で、「理念型」と呼ばれます。
 
  2)「心的機能類型」 : 心的機能類型には、「合理機能」型と「非合理機能」型があり、それぞれが、更に、二つの機能型に分かれ:
 
  「合理機能」……「思考機能」と「感情機能」
  「非合理機能」……「感覚機能」と「直観機能」
 
  という風に四つになります。合理機能は、論理学の法則のように、事象や対象、状況の「判断」が、演繹的に、体系的に行われるような心の判断機能のことです。これは普通、「思考機能」のことでしたが、ユングは、真偽を問う、思考機能以外に、善悪・好悪を問題にする、「感情」も、その判断が演繹的に、体系的に行われるとして、合理機能に入れました。ユングのいう「感情機能」は、かなりに秩序のある判断機能で、「気まぐれな感情」というのとは、大分、違ったものです。
 
  非合理機能は、感覚を通じて、事物や事象や状況を判断する、つまり、思考や感情の真偽判断、好悪判断からすれば何も判断していないで、感覚を感受しているだけに見える「感覚機能」型と、無意識のレベルで、総合判断を行い、意識では見通しのつかないことを、判断する、「直観機能」型の二つになります。直観機能は、何故かそういう答えがでるが、理由は分からない、というもので、無意識が総合的な判断を行っているのだということで一応説明にします。
 
  例を示します。花壇を四つの心的機能類型の人が見たとします:
 
  A)「思考型」は、花壇の設計が、花がうまく育つように、合理的に適切な間隔を置いて花を植えているとか、水をうまく与えやすいように、撒水装置を置く場所が取ってあることを見て、「合理的で、良い花壇だ」と判断します。
 
  B)「感情型」は、花壇の設計を見て、個々の花がいかにもよく見えるように配置されているのを好ましく思い、花の種類がチューリップであるので、これはわたしの大好きな花、それに、この品種も大好きなので、「好ましい花壇」と判断します。
 
  C)「感覚型」は、花壇の囲みの石の色や感じを見て、しっくりしていると感じ、チューリップを見て、花それぞれに僅かな違いがあり、それが風に少し揺れている風情は、デリケートだと感じ、花の香りが、有名なポプリを思い起こさせるので、「こういう花壇」と判断します。
 
  D)「直観型」は、花壇や花を見回して、チューリップだなあ、と思いながら、真ん中の花が数本、折れていることを見、ふと空を見て、「危ないなあ」と判断します。この場合、何が危ないのか、直観型にも分かりません。
 
  同じ花壇を見て、心的機能類型が異なる人は、違う所に関心を抱き、違うところで判断するのです。直観型の「危ない」という判断は、花壇を見たあと、建物のなかに入ると、突然、珍しく、雹が降って来て、あのまま、花壇にいると、怪我をしたかもしれない、危なかったという結果になるかも知れませんし、何も起こらないかも知れません。
 
  以上の四つの心的機能と、内向・外向の心のエネルギーの向かう方向の類型は、独立しているので、全部で、八個の性格類型があることになります。
  

 
  ユングの『心理学的類型』(みすず書房での訳書名「タイプ論」)は、大著であり、ユングの若き日の学者的立場を総合したものです。普通、これから読むと、分からないはずです。特に「類型総論」は、具体的な例をあげて説明しているようで、結局、幾度読んでもよく分かりません。
 
  ですから、まず、ユング心理学の入門書でも読まれることです。大抵、簡単な説明が載っています。
 
  以下に非常に簡単に説明してみます。
 
  1)「内向と外向」 : ユングは、心のエネルギーが向く方...続きを読む

Q大学で心理学を学んでいる人教えてください。 僕は今高校生で大学では心理学や哲学などを学びたいと思って

大学で心理学を学んでいる人教えてください。
僕は今高校生で大学では心理学や哲学などを学びたいと思っています。
僕のいとこが心理学部に入っているのですが統計学ばかりでつまらないと言っていました。
心理学とはどういうことをするんですか?
日常生活などで使えることは勉強しますか?

Aベストアンサー

臨床心理士を修得するためには大学院まで行かなくてはならない。
行って公的な資格はないです。民間の資格を取っても生かせる人は収入になって生活できる人は少ないようです。
電話帳でカウンセラーで調べてください。どれだけ少ないかですね。

Q夢分析や箱庭療法について

夢分析や箱庭療法について

私は今春から大学で心理学を学んでいます。

近頃夢分析や箱庭療法に関心があります。
どちらも、どのように解釈していくのか(何が何を象徴してるか)に興味があります。両方どんなものかは知っていますが、どうやって解釈してるのかがわかりません。
例えば虎は攻撃性の表れである、とかをどうやって判断してるのでしょうか?


また夢分析や箱庭療法の治療の仕方や象徴(虎→攻撃性 のような解釈)についてまとめられた本がありましたら教えて下さい。初心者にわかりやすいものがあれば、そちらも教えて下さい。よろしくお願いしますm(_ _)m

Aベストアンサー

深層心理学に興味がおありのようですね。
「フロイトは本人から話を聴け」,
「ユングは河合隼雄に案内させろ」が私の持論です。

というわけで,フロイトについは
まず『精神分析入門』を読んでから
大著『夢判断』に挑戦してはいかがでしょう。
岩波書店から新訳のフロイト全集が刊行されており,
前者は『精神分析入門講義』,
後者は『夢解釈I・II』という新タイトルで予告されていますが,
2010年4月現在『夢解釈I』以外は未刊です。
新潮文庫か,人文書院版のフロイト著作集を探してみてください。

ユングには『分析心理学』という
フロイトの『精神分析入門』に相当する入門編的講義録があるのですが,
現在は手に入りにくくなっているようです。
ロングセラーとなっている河合隼雄の
『ユング心理学入門』あたりから入るのがよろしいかと思います。

箱庭療法についても
河合隼雄の『箱庭療法入門』から始めて,
本家カルフの『カルフ箱庭療法』へと進むほうが良いと聞きます。

ところで
21世紀の今,あえて深層心理学を学ぼうとする者は
批判の声にも充分耳を傾けなければなりません。
アイゼンク『精神分析に別れを告げよう』,
ホブソン『夢に迷う脳』といった著作にも目を通しておくのが
健全な心理学徒のありかたでしょう。

フロイトやユングを教養として読むのは悪くないけれど,
どうせなら今のうちに
ウィトゲンシュタインやメルロ=ポンティを
読んでおいて欲しいというのが先輩の本音です。

深層心理学に興味がおありのようですね。
「フロイトは本人から話を聴け」,
「ユングは河合隼雄に案内させろ」が私の持論です。

というわけで,フロイトについは
まず『精神分析入門』を読んでから
大著『夢判断』に挑戦してはいかがでしょう。
岩波書店から新訳のフロイト全集が刊行されており,
前者は『精神分析入門講義』,
後者は『夢解釈I・II』という新タイトルで予告されていますが,
2010年4月現在『夢解釈I』以外は未刊です。
新潮文庫か,人文書院版のフロイト著作集を探してみてください。

ユング...続きを読む

Qユングの心理学 アニマ・アニムスについて

アニマ・アニムスについて興味があります。
そこで質問があるのですがお願いします。

人は時々、第1印象とか外見でこの人はいい人だ、やさしい人だと思い込んでしまうことがあると思います。逆に、この人はちゃらちゃらしてるなとか、不良だなとか悪い印象を外見だけで、思い込んでしまう事があると思います。で、もし、第一印象で良い人だと思われた人が、例えば、良い事、人のためになる事などをやっていたら、やっぱりいい人だなと思うと思います。それでやっぱりいい人だなってどんどん、勝手にイメージを膨らませていく事があると思います。でも、日が経つにつれて、その人のやっている親切な事も当り前だなに変わる場合があると思うんです。で、その人が、もし不親切な事などをしたとします。そうすると、一気にイメージががた落ちして、過小評価してしまうと思います。
逆に、最初に悪いイメージをもたれた人が、ほんの少しでも良いことをすると、「あれっ、意外だな。良い人なんだな」って過大に評価してしまう事があると思うんです。
これってユングの心理学(アニマアニムス)に関係しているのでしょうか??なんかよく分からない質問になってしまいましたが、何でも良いので意見くださいm(__)m

アニマ・アニムスについて興味があります。
そこで質問があるのですがお願いします。

人は時々、第1印象とか外見でこの人はいい人だ、やさしい人だと思い込んでしまうことがあると思います。逆に、この人はちゃらちゃらしてるなとか、不良だなとか悪い印象を外見だけで、思い込んでしまう事があると思います。で、もし、第一印象で良い人だと思われた人が、例えば、良い事、人のためになる事などをやっていたら、やっぱりいい人だなと思うと思います。それでやっぱりいい人だなってどんどん、勝手にイメージを...続きを読む

Aベストアンサー

よくは知らないのですが、「アニマ・アニムス」というのは「男性における女らしさ・女性における男らしさ」ということではなかったでしょうか。
よって、ご質問の内容とは関係が無いように思います。

ご質問の内容は一種の「刷り込み」に関係するのではないかと、素人の私見としてですが考えます。
本来の「刷り込み」は、瞬間的なイメージが長時間持続する様子を言うと思います。
あるきっかけ(刺激)によって「普通の人」から「良い人」というイメージが刷り込まれた場合、その『変化(落差)自体』が瞬間的(短時間的)には価値あるものとして興味をひくのではないでしょうか。
しかし、長時間経つうちに刺激が薄れて「飽きてくる」という状態のように思います。
しかし、「良い人」という「刷り込み」は無意識の中で継続していますから些細なきっかけで「悪い人」に評価を落とし易いのも事実でしょう。


つまり「良い悪い」といった理屈よりも、「変化自体」に焦点が当てられやすいということだと思います。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報