キャノンのスピードライトを友人から頂きました。
本体に三角形が3つ並んだ記号があり、切り替えられるようになっています。何の切り替えかを聞いたら「先幕発光と後幕発光の切り替えだ。左にしとけば大丈夫!なぜなのかは、わからない。」とのことでした。
右にすると後幕発光になってしまうとのことですが、どういうときに後幕発光に切り替えて撮影したらよいのでしょうか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (5件)

一眼レフに使われるFP(フォーカルプレーンシャッター)には、


先幕と後幕の2枚の幕が付いており、先幕が開いて露出し、
一定時間(シャッター速度による)後、後膜が閉まって露出を終わるようになっています。
このため、FPでは先幕と後幕が完全に開いているときにシンクロ(ストロボ発光)させます。

撮影技術(カメラの機能)にスローシンクロと言うのが有ります。(参考URL)
露光時間を長く取って、ストロボを弱く短時間発光させることにより、
夜間、人物と背景を両方ともきれいに写すものです。

このスローシンクロの時に動きのあるものを撮影すると
1.先幕シンクロ(先幕発光)・・・先幕が開いたらすぐストロボを発光する
  先に被写体が濃く写り、そのあと光を引く。つまり被写体の前方に残光が写ります。
2.後幕シンクロ(後幕発光)・・・後幕が閉じる直前にストロボを発光する
  光を引いたあとに被写体が濃く写る。つまり被写体の後方に残光が写ります。

ということで、後幕発光の方が自然に見えるので後幕発光を選んだ方がいいのです。

参考URL:http://aska-sg.net/glossary/pages/sa/surooshinku …
    • good
    • 0
この回答へのお礼

なるほど!!わかりました。URL、大変参考になりました!ありがとうございます。

お礼日時:2005/04/03 13:05

後幕発光は、スローシャッターで、動いている被写体を、自然な感じに撮影するときに使うことが多いと思います



後幕発光では
動いてきた物の後ろに残像が、有るように写ります

普通(先幕)発光では
ハッキリ写た物の前に残像のような物が写ります
    • good
    • 0
この回答へのお礼

暗いところでだけの活用方法だけではなさそうですね。日中に試して、その違いを比べてみたいと思います。ありがとうございました。

お礼日時:2005/04/03 13:13

No.2です。


説明不足がありましたので訂正・追加します。

> 先幕と後幕の2枚の幕が付いており、先幕が開いて露出し、
> 一定時間(シャッター速度による)後、後膜が閉まって露出を終わるようになっています。

先幕と後幕の2枚の幕が付いており、
シャッタースピードの早いときには先幕が開いていく後を後幕が少し遅れて閉まっていきます。
シャッタースピードの遅い時には先幕が開いて露出し、
一定時間(シャッター速度による)後、後膜が閉まって露出を終わるようになっています。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

2枚の幕があるなんて、知りませんでした…。ありがとうございます。

お礼日時:2005/04/03 13:10

夜に、動いている自動車のライトから、彗星のように光が長く尾を引いている写真を見たことありませんか?



あのような写真を撮る時は、シャッタースピードを遅くしてストロボを発光させるのですが、ストロボを発光させるタイミングが、先幕が開いた直後だと、光の尾がライトの前方に出来てしまい不自然になってしまいます。

そこで、後幕が閉じる直前に発光させれば、尾がライトの後方に出来るので自然な感じになるのです。

しかし、それ以外に用途はないし、後幕シンクロだと、シンクロスピードの上限が遅くなる(例えば、先幕シンクロなら1/250までシンクロするが、後幕シンクロだと1/60までとか)などの制限があるので、普通は先幕シンクロを選択します。

光の尾が前方に出来たり、後方に出来たりする理由については、長くなるので写真関係の本を参考にしてください。

ヒントとしては、光の尾はライトのブレであり、そのブレが出来る前に発光させるのが先幕シンクロ、ブレが出来た後に発光させるのが後幕シンクロと言うことです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

光が動くような写真を撮りたいときに、後幕発光に設定すればいいのですね。ありがとうございます。

お礼日時:2005/04/03 13:08

先幕発光はふつうのシャッターが開いた直後にフラッシュが光るのに対して、後幕発光はシャッターが閉まる直前に光るので光が流れる写真を取りたいときなどに使うそうです。

    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。花火とかの撮影に後幕発光に設定したらいいのかもしれませんね。

お礼日時:2005/04/03 12:58

このQ&Aに関連する人気のQ&A

ライト 自動車」に関するQ&A: HIDの寿命は?

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q祭り撮影時の肖像権について

こちらのカテゴリでよいのかどうかわかりませんが質問があります。

1、祭りやイベントで、素人カメラマンがプロのタレントではない人たちを写真に撮ることに問題は発生するのでしょうか?

2、アサヒカメラなどを読んでいると、プロの写真家が祭りの女の子を撮っていたりしますが、これは本人に承諾書を書いてもらったりしているのでしょうか?

例えば街角を歩く人を写真に撮り、それをなんらかの形で発表したり出版したりする際、顔の写っている人には肖像権がありますから、写された人はクレームをつけることが出来ますよね?掲載を中止させるとか。

お神輿を担いでいる人を撮ったとしても、もともと撮られることが当たり前の状況ですから、どうなのか疑問に思っています。

Aベストアンサー

 magokoro009さん こんにちは

 #3です。

「>神輿渡御等イベントの風景写真(または神輿・山車等の写真)を撮る中で致し方なく写ってしまう人物には肖像権が無い(大勢の中の1人と言う判断)・同じ祭り等のイベントの写真でも特定の誰かを撮った写真の場合はその方に肖像権が発生する 
これは、撮る方が後で何とでも言えませんか?特定の人物を狙って撮影しようとします。そこで言い訳のために神輿を入れたショットを撮ります。「あの時は神輿を撮るつもりが、あなたが偶然写ってしまったのです」とか。
例えば綺麗な女性が祭りに参加している時に、その人を意図的にアングルに入れて撮影するということは容易に想像できますが、その後で「いや、あなたはたまたま写っただけ。神輿を撮るためだから仕方ない」と言うのも苦しいような気がします。(これは、その場で承諾を取っていない場合の例です)」
 これに付いては、意図その人物を撮ったか・撮った中に致し方なく入ってしまったのかは写真を見れば解る場合が殆どかと思います。どうしても判断が難しい場合は、司法の判断を仰がないとならない場合もあるかと思います。
 少し難しい話をすれば、憲法9条では「日本は軍隊を持たない」と規定されていたと思います。では自衛隊は何なのでしょうか??政府の判断では「日本が外国から攻め込まれた時に日本を守る為の組織で、諸外国で言えば軍隊と同等の訓練を受けている組織」と言う判断で「軍隊ではない」と言う事で容認しています。しかし日本以外の諸外国は、自衛隊を「軍隊でない」と考えている国は何所にも有りません。それでも上記の様な解釈が日本の解釈な為、法律違反の組織では無いと判断されています。この様に法律の解釈は難しく、今回の件も判断次第ではどちらとも取れてしまう写真も有るかと思います。その写真を公の場に発表して写された方からクレーム付けられた場合は、弁護士等専門の方の判断を仰がないとならないでしょう。
 しかし、今まで神輿の写真集を出した経験からすれば、祭り関係者はそんな細かい事に目くじらを立てない肝要な方が多い様です。「俺が写ってる~~。私が写ってるわ」と言う事で購入して頂ける方が殆どですから・・・・。

 それともう1つ。祭りの場で多い893な方々ですが、写ってしまったとしてもそう言う写真を極力公の場では許可が取れてない限り使わない事。これはJPSの通達で出ているそうです。

 magokoro009さん こんにちは

 #3です。

「>神輿渡御等イベントの風景写真(または神輿・山車等の写真)を撮る中で致し方なく写ってしまう人物には肖像権が無い(大勢の中の1人と言う判断)・同じ祭り等のイベントの写真でも特定の誰かを撮った写真の場合はその方に肖像権が発生する 
これは、撮る方が後で何とでも言えませんか?特定の人物を狙って撮影しようとします。そこで言い訳のために神輿を入れたショットを撮ります。「あの時は神輿を撮るつもりが、あなたが偶然写ってしまったのです」と...続きを読む

Qストロボのズーム機能

Canon スピードライトの紹介ページを見ていると、「自動ズーム」とか「ズーム」と言う言葉を見かけます。
このズームとは何のことなのでしょうか?
初歩的な質問で申し訳ないのですが、よろしくお願いします。

Aベストアンサー

ズームレンズは焦点距離と画角を変えられるレンズのことです。例えば28-105mmズームなら、28mmから105mmまで焦点距離を変化させられます。28mmの広角は広い範囲を撮影できます。105mmの望遠は28mmに比べ、狭い範囲を撮影します。

ストロボのズーム機能とは、ズームレンズの焦点距離にあわせて、ストロボの光の照射範囲が変わる機能のことです。ズームレンズが広角の28mmのとき、ストロボは広い範囲を照らします。望遠の105mmなら狭い範囲を照らします。同じ光量で照らす範囲が狭くなるため、光がより遠くに届く、という作用もあります。

自動ズームとは、撮影者がズームレンズの焦点距離を変化させると、ストロボの照射範囲も自動的に切り替わる機能を指します。レンズのズームリングを広角28mmから望遠105mmに向かって回していくと、ストロボは自動で28mm,35mm,50mm,85mm,105mmと照射範囲を狭めていきます。

以上がストロボのズーム機能の説明です。ご理解いただけましたか?


人気Q&Aランキング