民間と公務員の給与の決め方はどのようにちがいますか?
またなぜちがうんですか?

A 回答 (7件)

こんにちは。

。「公務員の給与ことですね」

官公に付いては、国家公務員「役所によて給与に違いが有ります、


官公に付いては、地方公務員に付いては、市町村「区」によて給与に違いが有ります。

公務員は「階級によて給与がかわてきまっす。

$::#6に内容によるものです 「#1,2,3,4,5内容正解でっす」
    • good
    • 0

naokiman5さん、こんにちは。


ある自治体に勤める者です。

no.1~5の皆さんのご回答を読んでいただければ大体のことはお分かりかと思いますので、若干の補足をさせていただきます。

ます、人事院についてですが、民間の平均所得等を調査して、次年度の国家公務員の給与(その人の役職等を考慮した基本給の表)を勧告しますが、no.4さんのおっしゃるとおり地方公共団体においては、その都道府県または市町村の人事委員会が勧告を行います。
ただし、地方の人事委員会の勧告は国の人事院の後に行っているので、実際には人事院勧告の内容が地方にも影響を与えています。
また、通常は国家公務員よりも地方公務員のほうが若干高目に給料が設定されています。
こうして出された勧告の内容は、組合との交渉を経て議会に提出され、no.1さんのおっしゃるように法律・条例として承認されていくことになります。

このようなやり方で給料が決められるとどうなるかというと、民間における給与の経年変化の曲線を、官公庁のそれが追いかけていく(同じ形のカーブが遅れてやってくる)ようになるようです。
つまり、民間の給料が下がると少し遅れて役所でも下がり、民間で上がると少し後で役所も上がるという感じです。

組合についてですが、公務員は国家公務員法または地方公務員法によって「職員団体」の結成は認められていますが、労働基準法上の「労働組合」は認められていないため、基本的に労働三権もまた認められておらず、法的な根拠のない活動をしているというのが現状です。
ただしこれは日本についての話で、海外では公務員によるストライキなどが行われている所もあります。

あと、全体的な話ではなくて個人に対する給与の決め方ですが、未だにというか、残念ながら役所は年功序列・終身雇用であり、成果主義はほとんど導入されていないため、ほぼ年齢とポストだけで基本給・ボーナスが決まり、業績はまずほとんど関係しません。
偉くなれば昇給していくわけですが、仕事ができるからといって必ずしも偉くなれるわけではないし、昇進のスピードも遅いので、実感としては全然上がらず、最近はむしろ(民間の)不景気のせいで下がっていくばかり、という感じなのですね。
(生涯賃金など、計算したくもないですね^^;)
また、手当等の関係で、所属長よりも部下のほうが遥かに給料が高いといった矛盾も普通にあります。
はっきり言って給料のことだけを考えると、役人はやってられません^^;
    • good
    • 0

民間は基本的に労使交渉によってきまります。

テレビや新聞などで、春闘という言葉を聞かれると思いますが、それがそうです。労使交渉で話し合いがまとまらないと、労働者側の組合員などがストライキ(団体行動権)を行ったりして、自分達の要求を認めてもらおうとすることもあります。

公務員は、基本的に「民間準拠」といいまして、民間の企業を調査して、公務員の給与(俸給)を決めています。
ただ、公務員は国民全体の奉仕者と位置づけられ、団体行動権(争議権)は認められていませんので、その代償措置として人事院という機関があります。その人事院が民間企業の春闘を踏まえ、調査を行い国に勧告を行います。国会で議決されれば、勧告の内容が給与に反映する形となります。
ただ、一部公務員を除いて、団体交渉権は認められているので、使用者側(国)と組合側とでの交渉は可能です。
    • good
    • 2

公務員の場合も、職種によっては多くの場合、組合(職員団体)があり、勧告通りの給与にするかどうか、当局側と交渉を行っているのが現状です。

労働三権は公務員の種類によって制限の度合いが違いますので調べてみてください。

なお、国の場合は人事院、地方の場合は、各自治体に人事委員会または公平委員会が設置されています。
    • good
    • 0

基本的に給料は、労使交渉によって決定される事項です。



しかし、公務員の給料は労使交渉によって給料が決定するものではありません。
公務員に代わって人事院が給料額や労働条件を勧告し、それに基づいて定めています。
そもそも公務員の使用者は、市長や知事、大臣などではなくて国民であり、その国民を相手に労働条件や給料額等について団体交渉や争議行為を行うことは、なじまないため、認められていなかったり、一部制約を受けています。
よって公務員に代わって給料や労働条件等をそのを担う機関として人事院が設けられています。
    • good
    • 0

オマケです。



民間の小さいところは、社長の考えだけで決まります。
    • good
    • 0

民間は会社側と組合側が交渉して決めます。


役所は条例で給料を決めます。したがって議会を通す必要があります。
役所は公僕なので何につけても条例制定がないと動けないのです。
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q国家公務員と地方公務員の違い(転勤の有無と給料の違い)

国家公務員と地方公務員ってどう違うのかわかりません。
国家公務員は省庁の本部が東京にあるから東京に転勤になる事が多いのですか?

地方公務員はその地方に配属されてるから転勤にはならないのでしょうか?

それから、給料はどちらが多いのですか?

ちなみに30代前半の男性(国家公務員)の方で年収900万ある方っていらっしゃるのですか?

Aベストアンサー

 簡単に言えば、国家公務員は国の機関の職員です。国会議員をはじめとして、各省庁(本省)やその出先機関の職員ということです。一方、地方公務員は地方自治体の機関に所属する職員です。市役所や市立図書館、消防署員などが該当します。

 転勤については、地方公務員は文字通り、その地方自治体の職員ですから、その自治体以外への地域へ転勤することはまずないでしょう。あったとしても短期間(長くて半年くらい?)研修を行う程度だと思います。

 それに対して、国家公務員は国の職員ですから、守備範囲は全国区となるので、各地方へ転勤する事も少なくありません。特に昇格(係長次席から係長、係長から課長補佐など)する前に、一旦約2年間地方の出先機関へ転勤し、戻ってくると1つ上の役職に昇格するというパターンが多くなっているようです。

 給料については、一般的には地方公務員の方が国家公務員に対してやや多い傾向にあると思いますが、省庁や配属先にもよるでしょう。

>30代前半の男性(国家公務員)の方で年収900万ある方っていらっしゃるのですか

 私は、約10年前(30代半ば)で家の事情により国家公務員を辞めましたが、その時の年収は税込みで約750万円でした。
 キャリア組や技術のある技官ならば、900万円ある人も多くはないでしょうが、いると思いますよ。

 余計なお世話かもしれませんが、お見合いということなら、地方公務員の方をおすすめします。
 理由は、国家公務員は、結構帰りが遅くなることが多いからです。これも人に(というより配属先)によりますが、国会開催中などは、待機が命ぜられることや、予算審議の時期になると、毎日終電で帰ることも珍しくありません。
 家庭を大事にし、子供とのふれあい等を重視するなら、国家公務員より地方公務員の方がいいと思います。

 ただし、重複しますが公務員といえども、地方も国家も定時に出勤・退勤できるところは少ないですし、世間で思われてるほど楽な仕事では無いということは事実です。

 簡単に言えば、国家公務員は国の機関の職員です。国会議員をはじめとして、各省庁(本省)やその出先機関の職員ということです。一方、地方公務員は地方自治体の機関に所属する職員です。市役所や市立図書館、消防署員などが該当します。

 転勤については、地方公務員は文字通り、その地方自治体の職員ですから、その自治体以外への地域へ転勤することはまずないでしょう。あったとしても短期間(長くて半年くらい?)研修を行う程度だと思います。

 それに対して、国家公務員は国の職員ですから、守備...続きを読む

Q公務員の年収って実際どうなんですか?

自分は公務員の給料は低いと思っていました。

いくつかのサイトで調べてみると、公務員の給料は低い、高いという意見がわかれます。

実際のところ公務員の給料はどうなのですか?
各種手当や福利厚生の面などを含めて教えてください。

また現在公務員の方は満足していますか?

Aベストアンサー

地方公務員であれば自治体によって変わってきます。
県より市のほうがいいところが多い気がします。
どちらにしても、給与はいいとは言えません。
サービス残業もつきものです(これも自治体によって変わると思いますが)。
公務員は給料がいいだの手当がいろいろあるだのマスコミで見た、しかも一部分だけを捉えてイメージで語る方がいらっしゃいますが、実際はそうではありません(実態を知っている人かどうかよく吟味してください)。

ただ公務員は全国どこへ行こうとも福利厚生はしっかりしているので、地方の小さい企業で働くより福利厚生がしっかりしていて潰れる心配もない公務員のほうがいいとも言えます。
これはその人の価値観次第です。

また、特殊な業種でない限り特別な手当はほとんどありません。
(これも自治体によって異なる部分があると思いますが、話題になった大阪は異例です。あれは同じ公務員としてうらやましい限りというかそんな自治体があるなんて・・と驚くばかりです)

実際私は33歳、独身、年収400万くらい。地方に住んでいます。
月の手取り20万くらい。結婚すれば共働きでないと生活できません。定年時点で年収700~800万くらいになるでしょうか。
多少の差はあれど年功序列が基本なので、他の人もそう変わらないでしょう。
これをいいと思うかどうかはその人次第。
ただ東京23区の公務員の給与は悪くはないと思います。地方より都会になるほど年収は大きく、東京と比べると結構差が出ます。
平均年収700万などどいったサイトもがあるようですが、あれはデータの出し方に疑問があります。
国の機関で働く医者もデータには含まれているため、医者の年収入れて平均を出されても・・・といった具合です。
医者は30歳を超えれば年収1000万以上になります。
また、裁判官・検察官・看護婦・教職といった高い年収を持っている人も含まれていたと記憶しています。

ちなみに私は大卒。同じ大学を出た民間で働いている同級生は年収600万以上あります(東京在住ですが)。
それを考えると公務員なんてなるんじゃなかったと後悔しています。

地方公務員であれば自治体によって変わってきます。
県より市のほうがいいところが多い気がします。
どちらにしても、給与はいいとは言えません。
サービス残業もつきものです(これも自治体によって変わると思いますが)。
公務員は給料がいいだの手当がいろいろあるだのマスコミで見た、しかも一部分だけを捉えてイメージで語る方がいらっしゃいますが、実際はそうではありません(実態を知っている人かどうかよく吟味してください)。

ただ公務員は全国どこへ行こうとも福利厚生はしっかりしているので、...続きを読む

Q公務員試験の客観的な難易度などは。

(カテゴリ間違いをしてしまい、2度目の質問となります。すいません。)

現在、大学生2年の経済学部の者です。
選択肢の1つとして公務員も考えて、色々な書籍を見ているところですが、
客観的な難易度がわからないので、目指せるものなのか、目指して勉強をしだしても良いものか等と疑問に思っています。
(国2~市役所までを考えてます)

◆それぞれの公務員試験の難易度を知りたいのですが、
◆だいたい教えて頂けませんでしょうか?
◆もしくは、どこかにそういったサイトや書籍はないでしょうか?


LECのサイトに難易度と称した表があったのですが、公務員試験の中での難易度の「順番」を並べてあるだけですので、あまり参考になりませんでした。

Aベストアンサー

こんにちは、

 LECの公務員難易度サイト見ました。難易度判定には十分だと思います。(地方公務員が大きな自治体と小さな自治体で結構差があることが明記していなかった点が、多少不満ですが...)

 が、それでも不十分というなら、もしかして、高校入試や大学入試のように「内申点」と「模擬テスト」の結果で、「ここなら99%合格」、「ここなら五分五分」とかいう、学校の進学担当の先生のアドバイスのようなものを求めているのでしょうか?

 だとしたら、誰にもアドバイスは不可能だと思います。(公務員にせよ一般企業にせよ)就職の採用専攻は受験とは異なり、「学力」という単一の「ものさし」で、貴方を測るのではありません。

 何十、何百という「ものさし」で、貴方を測定した結果、採用/不採用が決まるのです。

 もし、貴方と酒でも酌み交わしながら、3日間も語れば、かなり正確な合否予測は可能ですが、そうでもしない限り、全く判りません。就職試験というものは、そういうものなのです。

 御参考になれば幸いです。

 
 

Q公務員で年収1000万以上は可能なのか?

私は、公安系と、キャリア官僚以外の大卒レベルの公務員試験を視野に入れている大学2年の男です。

いきなり漠然と思っていたことを質問します。

1 公務員を志望している人って、必ず、面接では言えない志望動機、たとえば、身分保障とか、休暇とか、福利厚生とか…が必ず奥にあると思っています。もちろん、住民の役に立ちたいという動機もあると思いますが。実のところ、私が公務員を志望している動機は、前者が圧倒的に強いのですが、私はおかしいですかね。公務員になった人から見れば、そんな所にしか目がいかないのは信じられんという感じなのでしょうか!

2 キャリア官僚以外は上級公務員でも、年収1000万〔課税前〕は不可能なんでしょうか可能なんでしょうか?

3 2とも関連するのですが、行政職員などのさまざまな職種の棒給表が見れるサイトを教えてください。

以上1つでもいいのでたくさんの回答お待ちいたしております。
お礼ポイント発行締め切りは必ずいたします。

Aベストアンサー

わかる部分だけ回答しますね.

[2に関して]
現行の人事制度や給与制度という前提であれば,年収1千万円も可能ではないかと思われます.しかしながら,公務員にも民間と同じような成果給が広く導入され始めると,年齢などが上がるにつれて同期でもかなりの給与格差がつくでしょう.

[3に関して]
さまざまな職種の俸給表を閲覧できるサイトは,たとえば人事院や総務省のサイトでしょうか.

人事院:平成17年人事院勧告
http://www.jinji.go.jp/kankoku/h17/heisei17-top.html

総務省:国家公務員の給与等
http://www.soumu.go.jp/jinji/kyuyo.htm

[その他]
公安系というのは,各都道府県の警察などをお考えということでしょうか.警察は業務内容によっては4日に一度夜勤があったり,盆暮れ正月などの勤務も普通にあります.[1] の質問文中で「休暇とか」ということで大きな動機のひとつになっているようですから,このあたりは十分調査することをおすすめします.
ちなみに,警察は警察庁のキャリア官僚を除き,昇進は試験で選抜されます.ある程度の給与を目指したいのであれば,休暇中やオフタイムの試験勉強が欠かせません.

わかる部分だけ回答しますね.

[2に関して]
現行の人事制度や給与制度という前提であれば,年収1千万円も可能ではないかと思われます.しかしながら,公務員にも民間と同じような成果給が広く導入され始めると,年齢などが上がるにつれて同期でもかなりの給与格差がつくでしょう.

[3に関して]
さまざまな職種の俸給表を閲覧できるサイトは,たとえば人事院や総務省のサイトでしょうか.

人事院:平成17年人事院勧告
http://www.jinji.go.jp/kankoku/h17/heisei17-top.html

総務省:国家公務員...続きを読む

Q現業公務員と非現業公務員

大学の講義で、現業公務員と非現業公務員がでてきたのですが、違いがよく分かりません。
違いを簡単に教えていただけませんか?

Aベストアンサー

現業公務員(非権力的公務員)は、用務員、学校給食調理師、公用車の運転手のように、公権力に直接係わらない仕事をする公務員のことです。例えからもお分かりだと思いますが、用務、調理、運転手など、仕事の内容自体は民間でもやっていることです。

逆に、非現業公務員(権力的公務、主に事務職)は、公権力に直接係わる仕事をしています。例えば、市長名で文書を作る、規則の案を作る等です。これは公権力の行使に直接係わる仕事ですので、公務員のみが行えるもので、民間業者では行っていませんし、代わりとなりません。

以上から、公務員の労働基本権の制限の可否(現業公務員への制限は緩やかでよいのではないか)、公務執行妨害の成否(現業公務員への暴行は公務執行妨害といえるか)等が問題となります。

Q市役所(公務員)は民間に比べて仕事が楽と聞きますが、本当でしょうか?

市役所(公務員)は民間に比べて仕事が楽と聞きますが、本当でしょうか?

26歳・男性、現在民間の金融業に勤務しております。

幸い大手なので福利厚生と給与は良いのですが、
短いスパンで繰り返される全国転勤と、出世競争、利益追求による
ノルマ達成など、神経をすり減らす毎日で、心療内科に通院しながら耐えています。

先日、30歳になる先輩社員が公務員試験に合格し、晴れて公務員となったと
聞き、私の同僚たちが口々に羨ましいと噂していました。

そこで質問なのですが、公務員、たとえば市役所などの仕事は
民間に比べて楽などと一般的に言われていますが、実際にはどうなんでしょうか?
(残業時間や人間関係など)

仮に公務員試験が少なくとも民間より楽なら、どんな苦労をしても
公務員を目指そうと思うのですが。

ご存知の方がいらっしゃったらアドバイス等お願いいたします。

Aベストアンサー

楽な仕事もありますし、とんでもない激務のところもあります。
部署によると思います。

県庁勤務の友人は、激務で内臓の疾病とひどい腰痛を起こし、それでも完治を期して長期休暇を取ることさえ出来ず、必死で頑張っています。

又、区役所窓口の友人は、8時半から17:00までの非常にラクな勤務で、年に十何日も有休をとって海外旅行に行き、のんびり過ごしています。
育児休暇もたっぷり取ってね。
(公務員の窓口業務のローテーション勤務は、複雑な仕事なので代わりが居ないから無理である、という意見をいつだったかここで聞いて、びっくりしたことがあります。代わりがないなんてとんでもありませんよ。むろん複雑な窓口業務もありますが、そうでないところのほうが圧倒的に多く、代わりは同僚がきちんと勤めています)

ですから、一概に「公務員のほうがラク」とは言えないと思います。

公務員になって市民に尽くしたい、というお気持であれば、「是非なって下さい」とお勧め致しますが、単に「民間よりもラクそうだし」ということであれば、激務の部署に行くかもしれませんからやめておいたほうが無難かと思います。

あと、病気になった時の保証(休業等)は、断然公務員がいいです。
ものすごい大企業ならともかく、普通は中々、何年も休むなんてことは出来ません。クビになります。
ですが、公務員なら大丈夫です。
気分的に、とても安心だと思います。

楽な仕事もありますし、とんでもない激務のところもあります。
部署によると思います。

県庁勤務の友人は、激務で内臓の疾病とひどい腰痛を起こし、それでも完治を期して長期休暇を取ることさえ出来ず、必死で頑張っています。

又、区役所窓口の友人は、8時半から17:00までの非常にラクな勤務で、年に十何日も有休をとって海外旅行に行き、のんびり過ごしています。
育児休暇もたっぷり取ってね。
(公務員の窓口業務のローテーション勤務は、複雑な仕事なので代わりが居ないから無理である、という意見を...続きを読む

Q「宜しくお願い致します」はおかしいですか

「宜しくお願い致します。」もよく使っています。
それで正解だと思っていましたが、平仮名が標準なんですか

お礼は「有難う御座います」で良いか? - 国語 - 教えて!goo の
 http://oshiete.goo.ne.jp/qa/4554008.html の最後のお礼の文が気になります。
教えてください

Aベストアンサー

私個人の感覚では、それは漢字が多すぎる気がします。
つまり、いかにも取ってつけたようなというか、わざとらしいと受け取られる危険がないともいえないような気がします。
むしろ、素直に 「よろしくお願いいたします」 くらいの方が好感が持たれるかもしれない。
「有難う御座います」 に至っては、「どうせワープロで漢字変換できるから漢字にしただけだろう」 という受け止め方をされるかもしれない (もちろん、いちいちそんな意地悪なことを考えるものかどうかは疑問ですけれども、あえて意地悪な受け止め方をすればの話です)。
「ありがとうございます」 というように仮名で書くと、言葉がそのまま聞こえてきそうで、和語のやわらかさがあり、好感の度合いは高くなるのではないかと思います。
もちろん、漢字にして悪いというわけのものではありませんし、あまりにも仮名ばかりだと、読みづらいという場合もあるでしょう。ただ、挨拶の言葉ですから、そのあたりはやわらかく表現されてもいいんではないかな、という気がします。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報